今年夏にスイーツ激戦区・西荻窪にオープンしたケーキ屋、


「Patisserie Lotus パティスリーロータス」へ。


f0232060_22373467.jpg


f0232060_22373712.jpg











店主は、神楽坂のカウンタースイーツの人気店「アトリエコータ」のご出身で、


「パティスリーロータス」もただのケーキ屋ではなく、


テイクアウトできるケーキの他に、店内にはカウンター席があり、


パティシエが直接作ってくれる豪華なスイーツが食べられるのが特徴。


f0232060_22412118.jpg










数種のデザートメニューから秋なので「モンブランカシス」を選択。


バニラアイスとメレンゲの上に、たっぷりモンブランクリームとカシスソース。


f0232060_2243558.jpg


f0232060_2243796.jpg











プロのパティシエさんによる作り立てスイーツだけあって、


見た目にも美しく、甘さもちょうど良く、美味しい。


フランス料理のコースデザートのようなスイーツが、


1000~1200円で気軽に西荻で食べれるのは嬉しいなあ。


f0232060_2247257.jpg










■「パティスリーロータス」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13210549/








# by meshi-quest | 2017-11-03 08:06 | 西荻窪








秋の味覚と美味しい和食をいただきに、


麻布十番の路地裏にあるミシュラン星獲得店、割烹「喜作」へ。


f0232060_13405888.jpg


f0232060_1341096.jpg


f0232060_1341378.jpg


f0232060_1341580.jpg











大将の森さんが常々、


「お客さんをちゃんとお腹いっぱいにさせてあげたい」と言うように、


「喜作」の料理は1つ1つ上品で、繊細なのだが、ちゃんとボリュームがあって、


食べ終わった頃には、しっかりお腹が膨れて、満足している。


f0232060_13451451.jpg


f0232060_13451682.jpg


f0232060_13451890.jpg


f0232060_13452099.jpg


f0232060_13452375.jpg


f0232060_13452635.jpg










茶碗蒸しのすじこのボリューム、すごかったなw。


f0232060_1347167.jpg











〆は、「喜作」名物のしっかり食べれる揚げ物付きご飯。


今日は、なんと揚げ立てのヒレカツが食べ放題!


f0232060_13482456.jpg


f0232060_13482672.jpg








ヒレカツが美味しすぎて、結局お代わりを繰り返し、3枚いただいた。


普通にコース料理の後に、ヒレカツ定食食べてるのと同じだw。


f0232060_13494596.jpg










上品な割烹にありがちな、


「なんか食べたりないから、この後、ちょっとどこかで・・・」的なことは、


ここ「喜作」では一切起きない。


ちゃんとしっかりいただいて、「喜作」だけで最後まで満足して帰れる。






■「割烹 喜作」
http://www.kappou-kisaku.com/








■今日のカメ

■「割烹 喜作」
f0232060_13405888.jpg
大江戸線、南北線「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。路地裏にある飲食ビルの5階。









■店内の様子
f0232060_1341378.jpg
カウンターと個室の座敷。楽しい大将とおしゃべりできるので、カウンターの方が好き。









■テーブルセット
f0232060_1341580.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_13553252.jpg
石川県宗玄酒造「宗玄」。










■1品目
f0232060_13451451.jpg
ムラサキウニと冬瓜のすりながし。









■2品目
f0232060_13451682.jpg
鱧と松茸の小鍋。









■3品目
f0232060_13562592.jpg
本日のお造りは、明石の鯛。









■4品目
f0232060_13571469.jpg
焼物は、のどぐろのたれ焼き。脂が乗ってて、すごく美味しい。









■5品目
f0232060_13452375.jpg
春菊と、大徳寺麩と、海老の白和え。大徳寺麩の、肉にも似たしっかりとした食感がアクセントになってます。








■6品目
f0232060_1347167.jpg
すじこの茶碗蒸し。下の茶碗蒸しが全く見えないほど、プリプリのすじこがぎっしり乗ってます。









■7品目
f0232060_13452635.jpg
三重県の黒アワビ煮。









■8品目
f0232060_13482456.jpg
「喜作」名物の揚げ物付きご飯。前回は鱧カツでしたが、今回はヒレカツ!〆に揚げ物が出る割烹は、私が知る限りでここだけかも。








■カツ、アップ
f0232060_13482672.jpg
お代わり自由のヒレカツ。お代わりの度に、ちゃんと揚げてくれます。軽くて、サクサクなので、何個でも食べれてしまう。








■タルタルソース
f0232060_1425717.jpg
しば漬け入りの手作り和風タルタルソース。タルタルソースも美味しいので、揚げ物が進む!









■9品目
f0232060_1442565.jpg
水菓子は、いちじくと、わらびもち。








懇意にさせていただいているお気に入りのフレンチ、


外苑前「Hiroya ヒロヤ」で食事。


相変わらず、見た目にも美しく、何食べても美味しい。


f0232060_1325940.jpg


f0232060_13317.jpg


f0232060_1331245.jpg


f0232060_1331455.jpg


f0232060_1331827.jpg











やたら肉気分だったので、メインのは、


チャーシューローストハンバーグの3点盛り。


f0232060_1333285.jpg


f0232060_1332512.jpg


f0232060_1332920.jpg











〆のご飯も、ガッツリ肉でお願いしたら、


ヒロシシェフが本当にガッツリ肉にしてくれた(笑)。


炊き込みご飯の中に牛もも肉、さらに上から牛サーロイン


ご飯の余熱で、いい感じに火が通る。


f0232060_13193229.jpg


f0232060_13193444.jpg









こんな肉々しいご飯食べたの初めてかもw。


美味しかった!






■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721








■今日のカメ

■白ワイン
f0232060_1325940.jpg
酸味少なめ、やや甘めのピノブラン。私好み。









■1品目
f0232060_13317.jpg
「柔らかい牛タンのサラダ仕立て」。厚切り牛タンが、想像以上に柔らかくて、驚いた。









■2品目
f0232060_1331245.jpg
「海老とポルチーニ」という料理。シンプルなソテーですが、火の入れ方が抜群で、ややレア気味に火が入ってる海老に、風味良いポルチーニがすごく合ってました。







■3品目
f0232060_13253135.jpg
「ウナギの炭焼き」。皮まで美味しく、上手に焼きあがってます。









■赤ワイン
f0232060_1331455.jpg
お店オススメの赤。









■4品目
f0232060_1333285.jpg
メインは、悩んだ末、和歌山県産の猪に。左から、猪のチャーシュー、猪のロースト、猪のハンバーグの3種盛り!臭みは全くなく、すごく食べやすく、柔らかい猪でした。







■5品目
f0232060_13193229.jpg
「ヒロヤ」の〆のご飯やパスタは決まったメニューはなく、その日の気分で食べたいものを言うと、なんでも作ってくれるスタイル。

今日は「ガッツリ肉で!」というオーダーで、牛ももとキノコを炊き込んだご飯に、さらに上からサーロインが乗る、本当にガッツリ肉ご飯になりました。美味しかった!








懇意にさせてもらっている新宿御苑前「せお」で食事。


f0232060_12323470.jpg


f0232060_12323768.jpg












日本酒を飲みながら、絶品つまみをいただく。至福の時。


f0232060_12333942.jpg


f0232060_12334138.jpg


f0232060_12334536.jpg


f0232060_12334916.jpg


f0232060_12335384.jpg












私が都内でNo.1だと思っている湯葉


甘味があって、こんなに美味しい湯葉は他じゃなかなかない。


f0232060_12354557.jpg











手作りのあん肝も、厚切りで3切れも!


ボリュームたっぷり、日本酒がいっぱい飲めそうだ。


f0232060_12363534.jpg











そして、今日の一番のお目当てはコレ。


松茸と鱧の土瓶蒸し


f0232060_12411494.jpg


f0232060_12411820.jpg










めちゃくちゃいい香り。


松茸と鱧からしっかりと出た美味しい出汁を猪口に注いで、


ちびちび飲む瞬間がたまらなく好き。


この時期だけの、秋の大人のお楽しみ。








■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/








■今日のカメ

■「せお」
f0232060_12323470.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。新宿通りの1本裏手にあります。









■テーブルセット
f0232060_12323768.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_12334138.jpg
お店オススメのスッキリ辛口、奈良県今西清兵衛商店「春鹿」。









■1品目
f0232060_12334536.jpg
根三つ葉おひたし。









■2品目
f0232060_12354557.jpg
「せお」さんの絶品湯葉。ホント美味しいです。









■3品目
f0232060_12463587.jpg
手作りあん肝。









■4品目
f0232060_12334916.jpg
ふわふわの出汁巻き卵。









■5品目
f0232060_12335384.jpg
のどぐろ。









■6品目
f0232060_12411494.jpg
秋の風物詩、松茸と鱧の土瓶蒸し。









■中はこんな感じ。
f0232060_12411820.jpg
松茸と鱧からしっかり出汁が出ています。まずはこの美味しい出汁をちびちび飲みつつ、最後に中身の具をいただきます。

土瓶蒸しの幸福感はハンパないなーw。
# by meshi-quest | 2017-10-31 08:08 | 新宿








大手グルメサイトのうなぎ部門1位、評点4.5を超える、


1年先まで予約が取れない鰻店の超有名店、


池袋「かぶと」に1年ぶりにやってきた。


f0232060_16301971.jpg


f0232060_16302252.jpg











若大将もお元気そうで、お店の雰囲気も活気も変わりなく、


f0232060_16314932.jpg











こんないい席で、いいうなぎが食べれるとあっては、こりゃ、飲むしかない!


f0232060_16323019.jpg










うなぎの神様が微笑んでくれて、


いつも運次第の天然うなぎの入荷が本日アリ!


本日は、熊本県産の天然モノとのこと。


迷わず、天然と養殖の食べ比べコースをいただくことにした。










これは、熊本県の天然頭(左))と養殖頭(右)。


香りと、太さと、色と、活き、すべてが全然違う。


f0232060_16352175.jpg










こっちが、養殖


f0232060_164012.jpg


f0232060_16404548.jpg


f0232060_16404859.jpg


f0232060_164118.jpg


f0232060_1641534.jpg












こっちが天然


f0232060_16422073.jpg


f0232060_16422483.jpg


f0232060_16422773.jpg


f0232060_16423038.jpg











事前にうなぎをさばいて置くのではなく、


新鮮なままお客さんの目の前で生きたままさばくからこそ出せる心臓


まだ動いてる心臓を丸飲み。


f0232060_16444960.jpg


f0232060_1645895.jpg










最後は、天然と養殖のかば焼きでフィナーレ。


言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しかった。


f0232060_1646559.jpg


f0232060_16463246.jpg










ちなみに、予約に関する重要なお知らせ


今までは来店時にそのまま次回の予約をして、


来る方のほとんどがリピーターで予約を取り続けるので、


ちょうど一年後にまた・・・みたいな感じだったが、


今年からシステムが変わり、


月初の木曜日に電話予約にて、


1か月ごとの予約をする形に。








今年の途中までの予約分があるので、


最短でも10月月初木曜日からの電話→来年2018年9月からの予約だが、


今まで全く予約が取れなかった人に取っては、ある意味チャンス。


電話さえ繋がれば、予約が取れる可能性がある。









なお、余談だが、新システム下において、


なんとか私も無事来年9月の予約が取れたのだが、


電話が全くつながらず(苦笑)、


時間を変えながら60回近くかけたことだけお伝えしておく。


逆に言うと、それくらいかければ運良く繋がる、とも言える。








なかなか楽に行けるお店ではないが、


それだけ鰻人に愛されてて、行く価値のあるお店でもある。








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/









■今日のカメ

■「かぶと」
f0232060_16301971.jpg
JR池袋駅西口から徒歩5分ほど。1年先まで予約でいっぱいの名店。フラッとは絶対入れず、予約必須。









■店内の様子
f0232060_16314932.jpg
先代から引き継いで、若大将が切り盛りする。カウンターとテーブルと座敷があるが、席数は少なめ。本日は、若大将のうなぎさばきが見れるアリーナ席に着席。







■日本酒
f0232060_16323019.jpg
酒道庵の「くくみ酒」。うなぎには日本酒!









■豆腐
f0232060_1742497.jpg
決まっているコースのみだが、希望者だけ別注で豆腐とおしんこが頼める。豆腐が甘くて、すごく美味しい。塩で食べる。







■おしんこ
f0232060_1753777.jpg
いい味に漬かってるぬか漬け。「かぶと」の豆腐とおしんこは美味しいので、別注することをおすすめする。








■えり焼き(たれ、養殖)
f0232060_164012.jpg
養殖のえり焼き。頭の部分で、少し小骨があります。









■えり焼き(塩、養殖)
f0232060_16404548.jpg
今度は塩で。









■ひれ焼き(たれ、養殖)
f0232060_16404859.jpg
腹びれ、背びれなどを巻いたもの。









■きも焼き(塩、養殖)
f0232060_16421452.jpg
うなぎの肝。肝が苦手なので、写真だけ。









■うなぎの心臓
f0232060_1645895.jpg
噛むと苦いので、そのまま噛まずに飲み込みます。元気の源。








■えり焼き(塩、天然)
f0232060_16422073.jpg
熊本県産天然うなぎのえり焼き。

まず、香りが養殖と全然違う。いい意味で川の野生の香りがする。味も養殖より、さっぱりしてる。






■ひれ焼き(塩、天然)
f0232060_16422483.jpg
天然はそのままの香りを楽しむように、すべて塩で。入荷数も少ないので、2人で1本。









■白焼き(塩、養殖)
f0232060_164118.jpg
「かぶと」は関東の蒸すうなぎではなく、関西風の焼くうなぎ。皮がパリッとしてて、養殖でも十分美味しい。








■白焼き(塩、天然)
f0232060_16422773.jpg
養殖の後に天然食べると、違いが明らかにw。さらに天然は美味しいw。









■かば焼き
f0232060_1646559.jpg
左側が養殖、右側が天然。脂の乗り方やキレが違う。









■ご飯セット
f0232060_16463246.jpg
炊き立てご飯と肝吸い。かば焼きをたっぷり堪能しました!
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ