先日、墓参りに行ってきた。

10月27日が母の命日なのだ。
前日の土曜日は雨で天気が悪かったが、27日の日曜日はカラッと晴天になった。

絶好の墓参り日和。
神奈川県・横須賀にあるお墓まで車で連れていってもらった。
窓を全開にし、高速道路でうける風がとても心地よかった。


3年前の10月27日、母は大学病院で亡くなった。
私の『一番大切なもの』を失った日だ。

これ以上大切なものは、もう私にはない。
もう「失う」こともない。
もう二度とあれほどまでの「カナシミ」に襲われることもない。


お墓に行く間、車の中で3年前のことを思い出しながら、私は助手席でこんなことを話し始めた。



当時、私は家と会社と病院の往復を毎日繰り返していた。

朝、会社に行く前に病院に寄って、前の日に洗濯した洗濯物を届け、会社に行って、夜また病院に戻って、消灯したら今日の洗濯物を受け取り、看護婦さんに後を任せて家に帰る。
それを繰り返した。

母が入院したのが9月末、亡くなったのが10月の27日だったので、1ヶ月も持たず入院生活をしてすぐに亡くなってしまった。

それだけ、本人も気が付かない内に病状が進行しており、またその病気の勢いもすごかったのだが、何よりもギリギリまで母は気丈に頑張っていたのだと思う。

母の病状は素人の私の目にも日々悪くなっていることが明らかだった。
母の肝臓を写したレントゲン写真の黒い部分が日々大きくなっているし、日に日に私の呼びかけにも反応しなくなった。

いつも気丈で元気な母を、生まれてから20数年間見続けていただけに、今、目の前にいる母を見るのがつらかった。

きっと母もつらかったと思う。
かなしそうな顔をして自分を見ている娘を見るのは。
「言葉」では何も言わなかったけれど。


10月27日12時20分、母は亡くなった。

前の日遅くまで病院にいて、朝、病院に来るのが昼前になってしまった。

病院に着いたらまず真っ先に必ず母に話しかけていた。
何も言わなかったけど、きっと聞いてるはずだと思った。

その日もいつものように病室に入って話しかけて、母の手を握った。
握った瞬間、横にあった心拍数を知らせる数値とメーターが急に下がり始めた。

一瞬、私が何か間違ったスイッチでも押してしまったのかと思ってあせった。

担当医と看護婦が一斉に病室に駆け込んできて、心臓マッサージを始めた。
おじいちゃんと、母の妹にあたるおばさんが駆け込んできた。

数分後、山を描いていたメーターが一直線になり、数字が「0」を示した。


実はそこからの記憶があまりない。

まず真っ先に会社の、当時私の直属上司である事業部長(現・弊社社長)に電話をした。
「当分、会社にはいけなくなると思います」と。

そこから廊下に出て、たぶん気を失ったのか、次に気が付いたときには待合室に座らされていた。
横にはおじいちゃんと婦長さんがいたのを覚えている。

またそこからの記憶がない。
下を向いて何を言っても反応がない私を、数回おじいちゃんが叱っていた気がする。
「今、おまえがそんなになってどうする、しっかりしろ!」と。

あの後、病院からどう帰り、葬儀屋と何を話したのかも覚えていないが、夕方頃家に着いたら親友が集まってくれていて、私の帰りを待っていてくれた。すごく嬉しかった。

無事葬儀が行えたことを考えると、何かリモートコントロールのようなもので私のカラダが動かされていたのだと思うが、少なくともココロは停止していた。


人生の中で記憶が飛んでいるのは、あの日一日だけだった。


そんな話を墓参りの車の中、3年ぶりに思い出して話をしていた。
ただただひたすら話をしていた。

思い返しても、大変だったなと思う。
自分のことながら、よくやったと思う。
いつもは「自分」を誉めないが、これだけは誉めよう思う。

夜の病棟に足を踏み入れることと、テレビで心拍数を知らせる機器が映るシーンを見るのができなくなった。
足がすくむ。トラウマになってしまった。




母は今、どこで何をしているのだろうか。

絶好調ではないけれど、あなたの娘は何とかこの世で頑張って暮らしています。
# by meshi-quest | 2002-10-30 18:11
このコラムを始めるにあたって、連載当時から2つの「決め事」を守ってきた。

自分で勝手に決め、自分で勝手に守ってきた1人遊びに近い小さな「決め事」であったが、ずっと守ってコラムを書いていた。



1つは、「身内にしか分からないような極端な話、極端に難しい仕事話、極端な感情論になりそうな時事問題には言及しないこと」である。

理由は、簡単に言うと「伝わらない」のが「恐い」からである。

ただでさえ、皆様のカオが見れないという感情と雰囲気が伝わりにくい状況の中、その話題が自分の身内ネタや仕事話や時事問題になってくると複雑さを増す。

かといって、これらのことを話したくないわけでは、決してない。
むしろ、酒飲みながら朝まで語りたいくらいだ。
「今夜は帰さねーぞー。」とか言いながら(笑)。

私の仕事は・・・何をもって『特殊』とするかは議論が残るが・・・特殊な部類には入っていると思う。
だからこそ、知りたいこともいっぱいあるかもしれないが、せっかく伝えるのであればきちんと伝えたい。
自分の考えや気持ちとセットで。

相手と向き合って話がしたい。特にこういう話は。
それだけ自分も真剣に話をするつもりだし、受けたボールは私の目を見てしっかり返球して欲しい。
そんな機会があれば、その時にはいつでも話をしたいと思う。

時事問題も、同様。
話したいことはいっぱいある。
北朝鮮の拉致疑惑、ノーベル化学賞受賞・・・そして、神々の楽園バリ島で起こった悲劇。

こと、バリ島テロ事件に関しては、本当に残念でならない。
下記「番外」にて、自分の「決め事」ギリギリのところまで少々バリ事件に関して言及させていただく。


さて、2つ目。
それは、必ず「デジカメの写真を掲載すること」である。

上記の「伝わる・伝わらない」の議論にもつながっている部分であるが、私のつたない文章を少しでも補填するため必ずデジカメ写真を一緒に載せようと決めた。

ずっとそれを貫いていた。
写真が間に合わない時は、それを待って原稿のアップを遅らせたこともあった。


ところが、先日、マイ・デジカメが故障してしまった。
頂き物のsonyサーバーショット。私の日常を克明に記録し続けてきたコイツは天寿を全うした。

今日まで、長らくコラムを休止させていただいてたが、理由の1つにデジカメ故障があった。
が、本日とうとう2つ目の「決め事」を破ってコラムを書くことにした。
買う!買う!!と周りに言いながら、とうとう今日まで買う機会を逃してしまった。
「これ以上延ばすのは・・・」と思い、悩みながらも筆を執った。
いや、「キーを叩いた」が正解だ。

なので、私が新デジカメを買うまで、写真がない。
今日もない。
次回も(たぶん)まだない。
申し訳ない。




■今日のカメはお休みです。

■番外

事件が起こったクタ地区「サリ・クラブ」は、バリ島ガイドブックとかにも必ず載っている有名なクラブだ。
実際入ったことはないが、その近辺にはよく行く。現に今年の夏にも付近を通っている。遅くまで大勢でにぎわってるクラブだ。

クタ地区はバリでもっとも栄えている繁華街で、欧米、豪州人、日本人のみならず、現地の若者も多く集まるスポットである。
東京と違って若者の遊び場が色々なところにあって分散しているわけではないので、みんなそこに繰り出す。
昼はクタビーチへ、夜はショッピング、ディナー、クラブetc。現地の子が日本人の女の子達をナンパしていたり、観光客と戯れていたり、商売したり・・・みんなが「楽しみ」を求めて集まってくる。

時には観光客との間に問題が起こったりもするが、心底は悪気はないと思われるものがほとんど。
「テロ」「事件」という重いコトバは全く似合わない。
それだけに、観光客だけでなく現地の方のショックは大きいと思う。

夜、11時台に事件は起こったと聞いた。
みやげ物屋は閉まっているが、レストラン、バー、クラブの夜はまだこれから。
ニュースでは「テロ」というコトバと共に観光客の死亡がとかく厚く語られていたが、その周りで多くの現地の人が犠牲になっていると思うと悲しい。

みんながココロとカラダをリフレッシュするために訪れるバリ島。
ここ東京・新宿のビルからじゃ、その惨劇は「想像」と「報道」の範囲でしかないが、近々、もう少し落ち着いてから現地の友達と連絡を取ってみようと思う。

今回、各方面の様々な方からメールをいただいた。
「ご無事ですか?」
「心情をお察しいたします。」
私とバリの印象が強いのだろうか、こんな事件を前にして不謹慎かもしれないが、それはちょっと嬉しかった。




ご心配いただきましたが、成沢は日本におります。
今年のバリ行き予定はございませんが、来年はまた行きます。必ず。

テロに対して、私は何もバリにはしてあげられないけど、観光客がまたいつものようにいつもの場所に戻ってくること、これが今後のバリ惨劇の傷を癒すことだと思っております。


2002年10月21日 
新宿某所にて

成沢理恵
# by meshi-quest | 2002-10-21 18:10
9月も半ば、涼しくなって参りました。
ということは、このバリ夏休みネタも涼しく・・・、いやむしろ、寒くなってしまう恐れがあるので(笑)、賞味期限間近の最終章ということで。


さて、今までホテルやら環境やらスパやら、バリをベタ誉めしてきましたので、最後は「食」のベタ誉めを。

今まで中国、韓国、ベトナム・・・と結構好んでアジアに行っているのだが、実は辛いモノが一切食えない。
アジア好きとしては致命的なウィークポイントだ。

しかも、香草(パクチーとか)など香りの強い刺激物も食べられない。
これまた、自分で言うのもなんだが、致命的だ。

中国では、麻婆豆腐でかなりヤラれた。
四川風を食べたのだが、運ばれてきた物体は「豆腐」ではなく、「赤い何か」であった。
その赤い何かの上に、さらに黒い何かが乗っていて、すごい色の何かとして食卓を飾っていた。
その「赤い何か」は唐辛子であり、「黒い何か」は黒胡椒である。

韓国では、全般的にヤラれた。
基本的にほとんどのものが辛かった。
さらに、私はキムチが食えない。
辛いのと刺激が強いののダブルパンチだ。
キムチ愛好家の友達にこの話をしたところ、「おまえは人生の楽しみの80%損している。」と言われたのだが、そんなに損をしているのか・・・。

ベトナムでの最大の敵は、香草パクチーだった。
「フォー」と呼ばれるうどんやチャーハン、生春巻き、あらゆるところにヤツは現れ、腹を空かしている私に「パクチーを1枚1枚取り除かせる」という行為で足止めを図ってきた。ただ、入っている食事が限定されていたので、割と淡泊な戦いで済んだ。

こんなことを書いているが、アジア旅はやめられない。
中国、韓国、ベトナム共に、基本的にはどの食事もかなりの美味であり、またいつか行きたい。


さてさて、肝心なバリの料理についてだが、インドネシア料理と、その他アジア各国料理の混合メニューという感じだろうか。

要は、何でもあるのである。
その辺は日本と変わりない。
味付けも、日本人の舌に合っている。

インドネシア料理としては、海の幸を活かしたシーフードをメインに、ナシゴレン(インドネシア焼き飯)、ミーゴレン(インドネシア焼きそば)、サテ(ヤキトリみたいなもの)など、かなりウマイ。しかも、安い。

現地ではほぼ毎日のようにナシゴレンとサテを食っていた。
店によって、美味いところとまぁまぁのところの差がある。

ヌサ・ドゥア地区にギャレリアという超巨大ショッピングモールがあり、その一番奥にあるレストラン「Sea Breeze」という店にずっと通っていた。

そこには一昨年にバリに行ったときに友達になったカリアニという友達が働いていて、彼女のダンナの相談を受けるほど仲が良いことは以前のコラムでも書かせてもらった。

宣伝ではないが、ここのナシゴレンは色々食べた中で一番美味かった。
高級感はないが、庶民的な優しい味。味付けが絶妙。

付け合わせも、からあげ、サテ、サラダ、えびせん、目玉焼きと、十分満足できる。
店によっては、からあげがなくサテだけだったり、目玉焼きがなかったりするが、ここは盛りだくさん。
しかも、えびチャーハンならぬえびナシゴレンなので、プリプリえびがいっぱい入っている。

なぜかいつ行ってもメニューから全品50%オフのサービスをしており(笑)、食前にカクテルとミニサラダのサービスがある。
ヌサ・ドゥア地区にお泊まりの方は、ぜひ遊びに。



帰国して、一番恐れていたのが体重であったが、「寝」「食」の繰り返しにも関わらず、幸いにして増減無し。
奇跡だ。

そんなこんなで「今年」のバリが終了した。
きっと来年も行くだろう、あの神々の住む楽園へ。




■バリなカメ。

●「Sea Breeze」のナシゴレン

美味いんですよ、コレ。

●サテ

こんなにあってだいたい日本円で300円くらいかな。
チキン、ポーク、ビーフが選べます。

●カリアニと私

彼女がカリアニ。私とほぼ同じ年で、ダンナと小さな男の子がいる。
バリの女の子達はホント明るくて、しっかりしていて、そして、照れ屋さんである。
f0232060_1894292.jpg


f0232060_1894735.jpg


f0232060_1895247.jpg

# by meshi-quest | 2002-09-15 18:08 | 旅行_海外
毎回、バリに行く度にスパと呼ばれるエステに行くことにしている。

せっかくバリに来て、目も耳もココロも自然で癒されたのだから、カラダも癒されねば我が身は『完全体』となることはできぬのだ。


値段は、もちろん内容にはよるが3千円~1万円、2万円近いコースもある。
バリの屋台だったら1000ルピア(約15円)で飯が食えてしまうことを考えれば、破格。
スパはバリ一般庶民にとって、恐ろしく高い高級なエンターテイメントだ。

日本人にとっては、日本でエステに行くよりはかなり安いので、エステ好きの女性客の足が絶えない。
大抵のホテルには独自のスパを併設させているので、気軽に行くことできる。
ホテルスパは少々高いが、町のスパなどはホテルスパと同等のクオリティーで安く楽しめる。

スパにとっての金づるは何と言っても金持ちジャパニーズなので(苦笑)、町のスパには日本語のメニューもほぼ必ずあるし、電話予約も日本語でできるようになっているので、バリで安くエステを楽しみたい人には、町スパに行ってみることを勧める。

町スパもホテルスパのブランド力や利便性に負けてられないので、値段を安くしたり、付加サービス(お土産、ランチサービスとか)等でホテルスパに対抗している。

バリのスパは、美顔、痩身、リラックスなど日本のエステと内容はほぼ変わらないが、マッサージをうける場所のゴージャスさ、木々に囲まれたオープンエアのスペースにベッドを出して、鳥の声と波の音を聴きながら、アロマオイルの香りにうっとり・・・そんな環境はとても日本じゃマネできない極上のクオリティーをもっている。

スタッフも皆やたら誉めまくり、自分をかなりの上級客人として扱ってくれる。
すると、人間ダメなもんで、一瞬「もしかして、私って姫?」みたいな錯覚を覚える。
私の場合、その錯覚を引きづったまま日本へ堂々と戻ってきてしまうから、さらにタチが悪い。

バリのスパは、ホント、ヒトをダメにする(苦笑)。

最近はカップル用エステコースや泊まり込みスパなんかもある。

カップルコースは1つの部屋に男女が入り、2人打ち上げられたトドのようにベッドの上でダラ~として2匹でマッサージを受けるもの。
実際やったことはないが、自分だったらイヤだなぁ、隣で一緒にダンナもマッサージされてるなんて(笑)。
気持ちよくなっているトドは、自分1匹で良いのだ。

泊まり込みスパは、宿泊施設全体がスパのようになっていて、食事管理諸々含めて、トータルスパが楽しめるというもの。
結構、若い女の子グループとかに人気があるらしい。


さて、今回はK嬢と町のスパで「シロダーラ」というエステを受けた。

どうやら「脳と神経のマッサージ」らしい。
確かに、かなりの割合で私もK嬢も脳がヤラれてる。
昔からだったが、神経もかなりヤバい。

きっとこんな我らのためにあるエステなのだろう。
ということで、受けてみることにした。

まず最初に心理テストのようなアンケート用紙を受け取った。
そこには、日常生活における様々な項目が書かれており、「はい」「どちらでもない」「いいえ」の三択で答える。

その数を集計すると、その人の持つ「気」が分かるらしく、「火」「風」「水と大地」の3つに分けられる。
分けた結果で、その人の「気」にあったアロマオイルが選ばれる仕組みらしい。

私は、アンケート項目で「ゆっくり歩く」とか「食事が大好きだ」とか「マイペースだ」とか、そんなところに素直にチェックを付けていたので、集計される前に明らかに「水・大地」になる予感がしていた。
そして、案の定その通りになった。

「水・大地」のオイルは、ラベンダーと決まった。結構イイ香りだった。

さてさて「シロダーラ」だが、非常に気持ちが良かった。
まず、頭皮のマッサージを行い、イイ感じで脳ミソが柔くなった頃に、眉間のちょっと上あたりに、程良くぬくいアロマオイルをタラ~ッと垂らし続けられる。

眉間の上あたりには「チャクラ」と呼ばれる「気」の集合体がある場所らしく、垂らされてみてよく分かったのだが、眉間の上あたり、この付近は何だかくすぐったくもあり、気持ちよくもあり、カラダの不思議地帯だ。

オイル垂らすこと20分ほど、何だか脳も神経も癒されてきた気がする。
そこから肩、腕、背中とマッサージをされ、心身共に極楽浄土へ。

マッサージを終えると、さらに私を勘違いさせるイベントが待ちかまえていた。

「フラワーバス」である。

色とりどりのバリの花を浮かべたお風呂に浸かって、マッサージでのオイルを流すのだが、そのゴージャスっぷり、極楽っぷりったらない。

「ここは、王宮?」
「もしかして、わたし、姫かも。」
またしても、勘違いが始まってしまった。
でも、仕方がない。
自分で自分を許す行為に走ってしまうくらい、極楽だ。

マッサージでとろけ、フラワーバスでふやけた、廃人の私たちを待っていたのは、一面森に囲まれたオープンエアのテーブルの上の温かい紅茶とホットサンドウィッチ。

贅沢だ。
あぁ、贅沢だとも。



こうして、ヒトはバリに狂い、行く度に廃人となって帰ってくるのだ。



■スパのカメ。

●優雅・スパの光景

今回は、ホテルから車で15分くらいのところにある町スパへ。現地で電話予約をして、行きました。優雅に過ごしてもらうために人数を限定しているらしく、ほぼ貸し切り状態でした。

スパの他に、お昼寝場所やプール、ドリンクバーなども併設されております。

●悶絶・頭皮マッサージ

外のオープンエアの庭にイスを出し、頭にアロマオイルを垂らされ、マッサージ。
まるで、シャンプーのCMを見ているかのような爽やかな光景。この後、個室にてシロダーラが行われる。この一連のセットで日本円で約9000円。モデルはK嬢。

●豪華絢爛・フラワーバス

贅沢っすねー、ホント。フロに生の花びらが浮いてるんですよ。しかも、お姉ちゃんが背中とか流してくれちゃったりするし。参ったね、こりゃ。

f0232060_187464.jpg


f0232060_1875293.jpg


f0232060_1875730.jpg

# by meshi-quest | 2002-09-05 18:07 | 旅行_海外
子供たちのハッピータイム「夏休み」も終わり、セケンが通常モードに戻り始めている今日この頃。

もう9月だ。
そうか、もう9月なのか・・・。
早いもんである。

秋になって、冬が近づく頃には、私の青い海の思い出も消し飛ばされてしまうのだろうか。急いで原稿を書かねば。


バリ旅行記の第三話目。

バリの各ホテルはだいたいプライベートビーチを持っている。
私の泊まっていたシェラトンも、真っ白い砂浜の手入れが行き届いた非常に美しいビーチを持っている。

ラグーンのプールだけでも十分楽しめてしまうだけのクオリティーを持っているのだが、ビーチはビーチでまたかなり楽しい。

基本的にマリンスポーツに縁がない女なので、ビーチに行くのはアクティビティー目的ではなく、ヒーリング目的で行く。

「ザザーン、ザザーン」
文字にしてしまうと何とも安っぽいが(笑)、波の音はココロの汚れまで洗い流してくれるかの心地よさだった。
しばしばビーチの砂浜にあるイスに寝転がって、海と空を見ながら波の音を聴いて昼寝をしていたのだが、あぁ極楽浄土。

申し訳ないが、これ以上、この心地よさは私のふざけた文章では伝えられない。

前回コラムでバリでの一日のスケジュールを書いたが、午後は1回は必ず海に行っていた気がする。
朝食を食べた後の海でのお昼寝から受ける恩恵は計り知れない。
ブラボーだ。

親友K嬢とビーチに旗を立てて、旗取りダッシュをして遊んだ。
いい年して、フラッグ目がけて猛ダッシュ。砂まみれ。
数年ぶりに学生に戻ったかの感覚。
まるで部活のようだった。

ビーチで砂遊びもした。
成沢城の建築である。

お堀もあり、物見やぐらもあるかなりナイスな城が完成したが、アイスクリームを買って戻ってくるたった数分のうちに何者かの攻撃を受け、あっけなく崩れていた。
油断大敵である。

海と言えば、帰国前日にジンバランという港町に行って、シーフードをたらふく食べた。
ヌサ・ドゥアにある我がホテルからタクシーで20分程度の距離にある。

魚市場のようにたくさんのサカナが水揚げされていて、それを実際見ながら注文をする。イカが1匹100円程度、ハマグリが1つ10円程度、3人で食べれるくらいの大きなロブスターが2500円程度の安価で楽しめる。

炭であぶり焼いてもらうこと20分。
ビーチに机を並べ、満点の星空と波の音をBGMに、美味しいシーフードをガーリックバターソースでガツンといただく。


もう何も申すことはありませぬ。




■ビーチなカメ。

●プールと私

今回、かなりバリは涼しかったので、ラグーンプールで遊ぶより、ラグーン沿いで寝ていることが多かった。

●ビーチ・

シェラトンのプライベートビーチです。
かなり手入れが行き届いていて、美しいです。

●ビーチ・

大はしゃぎの様子。モデルはK嬢に依頼。

f0232060_186410.jpg


f0232060_186910.jpg


f0232060_1861346.jpg

# by meshi-quest | 2002-09-03 18:04 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ