ママがなくなってから、今年で7年経った。

もういっそのこと一緒に死んでしまおうかと思ったあの10月27日から、なんだかんだ言って、もう私は7年も生きていることになる。
数字で「7」という字を見ると長い気がするが、感覚ではかなり早い7年間だった。

人って生きられるもんだな、生きれちゃうんだな・・・というのが、とても正直な感想だ。
誰にも世話になってないなんて、そんな偉そうなことを言うつもりはないが、常に今も「この世で独り」という意識は強いし、そういう状況になってしまった7年前の私は生きていくことはできないんじゃないかと思ってた。

世間のこと何にも分からないし、ママのように何でもうまくできるわけでもない。

気が遠くなるほど、知らなければならないこと、学ばなければならないことが多くて、それが心の準備もできていないまま一気に「やれ!」と来たもんだから、もう何がなんだか分からなかった。

あれから7年。
今も特に生きることへのすごいモチベーションがあるわけでもないし、ママは心の中で生きているので前向きに頑張ります!なんて綺麗事を言うつもりもない。
怒られること覚悟で正直な話をすると、これが本当だ。

事実、大好きなママはいないし、ママは戻らない。独りなのも事実。
ただ、変わったのは「逃げることはなくなった」こと。

「今が辛いから、どうせ独りだから、いっそのこと消えてしまおう」という考えから、「まぁ、いつ死んでもいいけど、とりあえず今を行ける所まで行ってみるか」という考えになった。
一見、すごくネガティブな発言に見えるかもしれないが、私にしては、「変わったなぁ、自分」という感じである。

前進も後退もしていないが、足踏みはするようになった。



今回、七回忌をするにあたって、もちろん七回忌なんてやってことないので、命日から7年後なのか、なくなった年も入れて7年なのか、計算方法から分からなかった。

ママの戒名を付けていただいたお寺に電話して、七回忌について教えていただいた。
どうやら、亡くなった年に「6」を足した年が、七回忌を行う年らしい。やはり、今年だ。

住職と法事の日程を確認して、服装聞いて、お布施の額聞いた。
出席していただく方へ法事のお知らせをした。
お墓参り行くためのお花やお供え物の準備をした。
ママが昔、おばあちゃんの法事でやっていたことを思い出して、お寺へのお菓子や出席者への御礼の品を準備した。

すごく手際よくなった。

聞いたり、調べたりしながらも、こういうことが自分の手でできるようになったこと。
これを7年間の私の成長として、ママに見てもらえればと思う。










■今日のカメ

■七回忌
f0232060_18173276.jpg10月某日。おじいちゃんにも出席してもらって、少人数の小さな七回忌を行わせていただきました。











■お墓から見た眺め
f0232060_18174782.jpg七回忌はママの実家でもある蒲田の寺で行い、その足で、お墓のある横須賀まで行きました。
お墓は眺めの良い高台にあり、おばあちゃんと同じ場所に一緒にいます。
# by meshi-quest | 2005-10-28 17:12
犬(ミュウ、メス)を洗ってみた。

ママが飼っていた猫(やひち、オス)もそうだったが、ペットはどうも水を嫌がる傾向にある。
きれいになるし、いいにおいになるし、さっぱりするしで、こんなありがたいことはないと思うのだが、どうやら風呂の良さがいまいち分からないらしい。

近くにペットショップもあるのだが、ペットショップが空いている時間になかなか寄れないので、ミュウはうちで風呂にはいる。

風呂に入ると、それまだふわふわしていた毛が全部濡れ、当社比70%くらいに縮む。
そして、水が嫌なのか、実に情けない顔でこっちを見ている。

その顔がなんともたまらなく好きだ。
普段は割と威勢のいい犬なのだが、この時ばかりは、「ぶっちゃけた話、水嫌いなんです」という、実にイイ表情をしている。
ホントいい顔をしているのだ。

彼女を見ていると、芸術欲が沸いてくるというか、この表情を、この想いを、文で表現し、絵に描きたいところなのだが、アツイ想いと実際の体が合っておらず、致し方ないので、「写真」という技術に頼って、皆さんにお伝えすることにする。









■今日のカメ


■ミュウのイイ顔
f0232060_17115965.jpg本人にとっては、このお風呂タイムは毎回地獄なんだろうなぁ・・(笑)。
# by meshi-quest | 2005-10-10 17:07
先日、こんなことがあった。

中高からの親友と、久しぶりゆっくり夕食でも食べながら語ろうということになり、六本木のとある水炊き鳥鍋専門店に行った。

前に1度来たことがあり、コラーゲンたっぷりの濃厚なスープが美味しかったと記憶していたので、日々サービス業で疲れている彼女に栄養を・・と思って、連れて行った。

基本的に人を店に連れて行くときには、必ず1回でも自分が行って、良かった店しか紹介しない。
大事な人たちとの大事な時間を、ちゃんと大事にできる空間で過ごしたいからだ。

席について、メインの水炊き鍋と、シーザーサラダを頼んだ。
しばらくすると、シーザーサラダが運ばれてきた。

お腹がすいていたので、かなりがっついて食べており、あっという間になくなった。
最後の残りのサラダを取り分けしようとしたとき、ふと、サラダにはない【色】の物体があることに気が付いた。

それは、レタスの上に・・というか、レタスの裏にくっついていて、目を凝らしてよく見ないと、それが何だか分からない。
「あれ?このシーザーにはベーコンとか入ってなかったはずだけどなぁ・・・」

ここまでくれば、もうお察しかもしれないが、【それ】はいも虫(小)だった。

「げー!!!」
若干腹が満たされ、冷静に食事と向き合うことができていたから気が付けたが、上の方のレタスだったら、とっくに食べてしまっていたかもしれない。

飲食店として、これはナシだろう・・・。
ただ、まぁ、他ののお客様もいることだし、店としても悪気はなかっただろうし、と思って、店員をこっそり呼んで、小声で注意をした。

ところが、その店員はこう言った。
「あ、すみません、確認してまいります。」

コラ!!
キミは一体今から何を確認してくるんだい?
目の前のレタスの上に乗ってるじゃないか、マヨネーズにまみれて。

で、「何か」を確認してきたらしき店員は、戻ってきて、さらにこう言った。
「至急、作り直しをいたします」

ゴォラァァァ!!
作り直すとか、直さないとかの問題じゃないだろ。それに、こんなてんこ盛りのサラダをもう1つなんてもらっても、食えるわけないだろ。

この時点でかなりあきれ果てていた。
その後も店の対応の様子を見ていたが、誰一人、このいも虫サラダに関して話すものはいなかった。

そして、お会計になり、ダメ押しでこう言われた。
「すみません、先ほどのサラダの御代は引いておきますね。」

・・・もういい。引かなくてもいいっす。
六本木に割りと大きな店を構えて、でっかい看板も出しているのに、このざまだ。

もう二度と紹介もしなければ、来ることもないだろう。





こんなことがあった。

会社の近くにある鳥料理専門店。
とても美味しいので、よくランチに行っている。

ある時、一緒に行った友達がたまたま体調不良で、注文した料理を結局ほとんど食べれず、残してしまった。

その時、店長さんがやってきて、「お気分、悪いですか?何かお料理に問題ありましたでしょうか?」、と。

友達は、料理は食べたかったんだけど、自分の体調が悪くて、ごめんなさい、と説明をした。

すると、店長は、「お食べになられてませんので、御代は結構です。それよりも、もっと何か食べやすいものをご用意しましょうか?」、と聞いてきた。
彼女調子が悪かったため、別のものを作っていただくことは丁重にお断りしたのだが、結局、このランチに関しては、お店側のご好意で御代無しとなった。

彼女が申し訳ないから・・とずっと千円を渡そうとしていたとき、千円を返して、店長がにこやかにこう言った。
「では、元気になられたら、またランチを食べにいらしてください。それで、結構です」

なんだか、すごく感動をした。
立派な店長さんだな、と思った。

このお店は、今でもよくランチに行くし、色んな人にも紹介したりしている。









■今日のカメ


■イライラするときにはコレ①
f0232060_1762876.jpg長風呂なので、いつも色んな入浴剤を用意しています。

なかでも最近の一番のお気に入りが、これ。「インドエステ入浴液」という入浴剤で、サンダルウッドの香りがすごく癒されます。ちなみに、風呂に入れると、真っ赤になります。ワイン風呂みたいです。



■イライラするときにはコレ②
f0232060_177373.jpg最近のお気に入り、RMKのジェルスクラブです。
RMKのコスメは香りがよいので愛用していますが、このジェルスクラブ洗顔もかなりいい香りします。しかも、肌もつるつる、すべすべになります。
# by meshi-quest | 2005-10-02 17:05
レオナルド・ダ・ヴィンチ展を見に行った。

年に1回一カ国でしか公開されないという貴重な彼の直筆ノート「レスター手稿」というものが日本で初公開となったのだ。

英国貴族レスター卿、石油王アーマンド・ハマーと渡り、現在この「レスター手稿」を所有されているのは、あのビル・ゲイツ夫妻。
現世の天才のご好意で、偉大なる天才の一部に触れることができる滅多にない貴重な機会とあって、早速、六本木ヒルズの森アーツギャラリーセンターへ行って来た。

近年、「ダ・ヴィンチコード」などで全世界でダ・ヴィンチに注目が集まっている。
テレビでも「ダ・ヴィンチ」という名前を聞くことが多くなった。

そのせいもあってか、入場券を買う時点で、かなり混んでいた。
意外だったのは、客層。
年齢層高めの美術館や博物館を好みそうな方ばかりかと思ったが、若いカップルも多かったし、色黒でピンクにゴールドというようなお姉ちゃんグループも見受けられた。

ダ・ヴィンチというと、私はすぐに絵画を思い出してしまう。「モナ・リザ」「最後の晩餐」など、画家のイメージが強い。
でも、実は、月の満ち欠けなどを考える天文学、水流の変化などを考える水力学、地殻変動などを考える地球物理学など、ダ・ヴィンチの関心と研究は多岐に渡っている。

私も実物のレスター手稿を初めて見たが、実に細かな字でページにぎっしり文字と絵が書かれていた。
もちろん何が書かれているかは分からないし、私の脳みそではまるで理解ができないが、ただ、「好きだったんだろうな」ということは分かった。

きっと発見が楽しくて、すべてのことが疑問で、多くのことに関心があって、とにかく夢中で、そして色々なことを観察していることが好きだった「人」が残したノート、そういう風に見えた。

一見すると、全く絵画と関係ないように思ってしまうが、ダ・ヴィンチによると、すべて必要なことで、絵画に通じているらしい。
じっくり観察すること、感じること、考えること、これらすべてが絵にとって重要なことでもあるようだ。



ダ・ヴィンチ展の公式サイトに、所有者であるビル・ゲイツ氏のインタビューが載っていた。

「レスター手稿を全世界で公開する目的は何ですか?」

「ダ・ヴィンチの作品はインスピレーションを呼び起こしてくれるからです。」



私の眠っているインスピレーションも薄目くらいは開けてくれただろうか。









■今日のカメ


■レオナルド・ダ・ヴィンチ展
f0232060_16202489.jpg9/15~11/3まで、六本木の森アーツギャラリーでやっています。入場料は大人1500円です。

内容としては、見て瞬間に感動があったり、すぐに理解できるようなものではないかもしれません。正直、私も未だによく分かりません。ですが、人類史上最大の天才の残した何かに自分が出会えるってちょっとわくわくしませんか。
ご興味がある方はぜひ。
# by meshi-quest | 2005-09-19 16:18
8月の終わり、東京ではよく雨が降った。

そんな中、1日だけ雨も降らず、過ごしやすかった日曜日に、私の上司の結婚式があった。
雨さえも逃げていく、明るい太陽のような上司だ。

私が旧・エニックスに入社して、現・スクウェア・エニックスになった今もずっとお世話になっている。
仕事の相談をさせてもらったり、ピンチの時に助けていただいたり、一緒にカラオケ行ったり、食べたり飲んだり、ゲームしたり、私にとっては頼れる上司でもあり、憧れの先輩でもあり、やさしいお兄ちゃんでもあった。

奥様も旧・エニックスからの同じ会社の方で、私もずっとお世話になっている。
かわいらしくてやさしい理想のお姉さんだ。
私のイメージ像ではこんなお姉さんになっている予定だったのだが、現実は厳しく、どうやら私には無理そうだ。

結婚式は、青山にある開放的な空間で行われ、遠くは中国からもお客様がいらして、 2人の人柄を象徴するかのようにたくさんの人がお祝いに集まっていた。

結婚式というと、往々にして、「いつもはよくしゃべる新郎新婦も緊張のあまり・・・」みたいな神聖な雰囲気になることが多いのだが、新郎は、会社では雑誌、テレビなどの取材をよく受けているせいか全く変わらず、新婦は、いつものマイペースなお姉さん、という不思議な感じだった。
会社にいる時と服が違ってて、ちょっと周りの人が多いかな、そんなくらいの違い(笑)。

途中からは、ちゃんと司会の女性もいるにも関わらず、ついに新郎がマイクを手に取り、結婚式の進行を仕切るという(笑)、ある意味、いつも私が見ている楽しい上司の姿がそこにあった。
しゃべりたくて、うずうずしてたんだろうなぁ・・・きっと(笑)



さて、結婚式場には、カジノスペースがあり、おもちゃのお金でブラックジャックやルーレットが遊べるようになっていました。
新郎のマイクパフォーマンスによると、ドラゴンクエストにあるカジノをイメージして、いつまでもエンターテイメントの心を忘れないように・・・とのことでした。

新郎新婦共に、大のエンターテイメント好き、ゲーム好きで、実はこの夫婦と一緒に、ほぼ毎晩のようにネットゲームでダンジョンに行ったりしています。
夫婦が前線でモンスターと戦っている後ろに隠れて、私は地味にヒットポイントの回復とかしています。

これぞ、ゲーム業界カップル!エンターテイメントよ、永遠に。

今夜もまた一緒に行くんだろうなぁ、ダンジョン。

いつまでもお幸せに!!









■今日のカメ


■青山ラピュタガーデン①
f0232060_16151999.jpg青山ラピュタガーデンという場所で結婚式が行われました。
屋上からは六本木ヒルズや東京タワーが見え、大きなプールがありました。
開放的ですごく気持ちが良かったです。







■青山ラピュタガーデン②
f0232060_16153581.jpg奥の方に見える高いビルが六本木ヒルズです。
結婚式は夕方から夜にかけて行われたのですが、夜景がすごくきれいでした。








■誓いの儀式
f0232060_16154864.jpgプールの奥に式を行ったり、立食パーティーの会場がありました。









■誓いの儀式を見るために移動
f0232060_1616433.jpg通常、なかなかこの角度で誓いの儀式を見ることはないと思うんですが(笑)、プールサイドに移動ができたので、正面から新郎新婦を見れました。
大勢にこの角度から見られているのを意識して、新郎新婦が半笑いになってたのが印象的(笑)







■新郎新婦
f0232060_16162185.jpg今回、かなりのお客様がいらしていたにも関わらず、行く先々偶然にも良いポジションをキープでき、ベストショットが撮れました。
これもたまたま私の立っていた後ろのドアが導線になっていたらしく、ラッキー。







■余裕の新郎
f0232060_16163639.jpgかなりの回数の結婚式に出ていますが、こんな余裕の新郎は初めてです。ホントいつものまま。ステキ。









■カジノ
f0232060_16165626.jpg成沢家は、代々、全くギャンブル運がありません。
全員が自覚しています。
というわけで、やっぱり勝てませんでした。
気前良く、全チップを一気に賭けちゃったのが、いけなかったんかなぁ・・・。






■結婚式の衣装
f0232060_16172736.jpg今回はいつものメークさんに、ショー用のメークを施してもらったので、目の周り全体にまでブラックとグレーのシャドウが入ってます。
服は、フランス製のアンティークロングワンピースです。高円寺で見つけました。いつも黒とか赤とか模様なしのシンプル原色ワンピースが多いのですが、今回はエジプトっぽい幾何学模様の入った薄いピンクとオレンジのドレスです。
ドレスがV字になっているので、その分、首に大きな紫の石の付いたネックレスをしています。
# by meshi-quest | 2005-08-31 16:13
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ