季節の変わり目。

昨日あまりの暑さにアイスクリームをほおばっていたかと思えば、今日はあまりの寒さに閉まったふとんを出しなおす始末。

こんなんじゃ、身体壊す。


そして、まんまと風邪をひいた。

こんなオーソドックスな風邪をひいたのは何年ぶりだろう。

初日、身体のあちこちの関節が痛くなって、いや厳密には「痛くすぐったい」というか、力が入らずヘロヘロな状態。

まさか・・・と思ったのもつかの間、翌日、一気に39度近くまで熱アップ。
全身だるいわ、頭痛いわ、咳は出るわ、喉は変だわ、熱っぽいわで、風邪完成。
これにて、土日丸々ノックダウン。

風邪への耐性は割とあるほうなので、通常であれば、まぁ、2日寝込んでれば翌日にカツ丼食えるほどの回復はみせるのだが、今回ばかりは翌日になってもカツ丼への意欲は出ず、カツ丼どころかゼリーといったおやつすら食べる気がしなかった。

一向に良くなる気配がないので、市販薬&オリジナル療法での処置をあきらめ、病院に行くことにした。

診察結果、「風邪および、急性咽頭炎」
そして、早く病院来なさいと怒られたあげく、即点滴。

家戻ってから、医者にもらった薬を飲んだのだが、運悪いことに調剤してもらった抗生物質が身体に合わず、風邪の症状に吐き気もプラス。

薬局に電話したところ、「身体に合わなかったことによる薬の副作用」と言われ、飲んだ薬の効果が切れる6時間後まで、身に覚えのない吐き気にも悩まされることとなった。



子供の頃は風邪をひくと、美味しいものが食べられ、みんなが自分を心配してくれるのが嬉しくて得をした気分でいっぱいだったが、大人になってからの風邪は、「打ち合わせどうしよう」とか「あの資料まだ出してなかった」とか、もう罪悪感でいっぱいだ。何の得もない。

徐々に回復しているが、まだだるい。
どこもかしこも風邪が流行っているようなので、皆さんも気をつけていただきたい。








■今日のカメ


■オリジナル療法その①
「ユンケルの高いやつ」
f0232060_1110459.jpg薬局とかで売っているゴージャスな箱に入ってる「ユンケル」の高いやつ。
コレ、効きます。一気に飲んで、すぐに寝る。そうすると、結構スッキリします。写真は、800円くらい(?)のユンケル。









■オリジナル療法その②
「野菜チゲスープ」
f0232060_11105945.jpg栄養を取りつつ、汗をいっぱいかく作戦で、野菜チゲスープを作ります。
写真は、白菜、えのき、もやし、豚肉少々を煮込んだチゲスープです。







■ベッドで熟睡
f0232060_11111444.jpg 通称「子供部屋」のベッドルーム。
ベッドルームには家具は一切置かず、ベッドしか置いてません。壁は白一色で、ひたすら「眠」を追求するするための部屋です。大きめのベッドで、寝心地もとても良いです。
# by meshi-quest | 2007-04-12 11:06
先日、誕生日を迎えた。

去年の誕生日は、大台に乗る重圧に耐えられず、自ら率先して誕生日会を開かせていただき、飲めや歌えやのドンちゃん騒ぎのあげく、ついに救急車で運ばれた人まで出てしまったことは、以前のコラムで書いたとおりだが、今年は心静かに誕生日を迎えることにしていた。

が、自ら心静かに・・・と言っているわりに、誕生日が近づくに連れ、静かすぎて友達全員に忘れられてしまっているのではないかという不安に襲われ、楽しいはずの誕生日までの期間が合否発表を待つ受験生のような気分になってしまった。

誕生日は、楽しくなければならない。
なぜなら、記念すべき「生まれてきた日」なのだから。
生まれてこなければ出会えないし、見れないし、食べれないし、歌えないし、笑えない。
誕生日はとってもとっても大事な日なのだ。

これが持論だ。

できればみんなに笑っていてほしいし、みんなにお祝いしてもらいたい。
一緒に楽しく騒いで、食べたり、飲んだりしたい。
残念ながら、根本がお祭り好きなので、祭りを静かに迎えることができないようだ。

そんな無駄な心労を抱えながら迎えた誕生日当日。
とてもたくさんの友達からメールや電話をいただき、お祝いの言葉をもらった。
もう数年会っていなかった友達や海外にいた友達からも連絡をもらった。

皆さんあっての成沢です!
あぁ、本当にありがとう!

こうして私はみんなのおかげで今年も幸せな誕生日を迎えさせてもらった。


数日後、私の性格も十二分に知りつくりしている仲の良い友達に、「実は・・・」とこの無駄な心労について語ってみた。

「・・・バカだな(苦笑)」

ホントいい年して、バカだな、と思う。
そして、こんな、ひとつ大きくなったバカだが、今年も気長にお付き合いいただきたい。








■今日のカメ


■バースデーケーキ

f0232060_1155198.jpg


お祝いの食事で出てきたバースデープレートです。
アイス、ケーキ、フルーツ盛りだくさんのかわいいプレートでした。ありがとう!
# by meshi-quest | 2007-03-30 11:05
最近、パン作りにハマっている。

暇さえあれば、パン生地こねて、パンを焼く。

純粋に楽しい。
ジャムおじさんの気持ちが分かる気がする。
(※「ジャムおじさん」:アンパンマンの顔を焼いているおじさん)

パンを焼いているときの私は自由だ。
自由にモノ作りをしている。
好きな味のパン生地を作って、好きな具材を好きなだけ乗せて、好きな硬さに焼く。

誰の指図も受けません!
ああ、受けませんとも!

幼稚園のとき、白い画用紙に好きなクレヨンで、好きなだけ時間をかけて、お絵かきをしていた時の「楽しさ」に似ている。
画用紙からはみ出したり、変な絵だったり、明らかに組み合わせが悪い配色だったり、
時には勢い余って机や自分のシャツにまでクレヨンで絵を描いたり。

あの時に似ている。

今、真っ白い画用紙にクレヨンを渡されて「絵を描きなさい」と言われたら、最低限、社会人(女性)としてある程度格好のつく絵を描いてしまうに違いない。
子供みたいにウンコの絵が描きたくなったとしても、おとなしくリンゴの絵で我慢するに違いない。

別に誰からも「このテーマで描きなさい」なんて言われていないのに。
いつからこんな遠慮したモノつくりをするようになってしまったのだろう。



そんなことをふと考えながら、今日も家のオーブンでパンを焼いている。

どこのパン屋にも売っていない、ここだけのパン。








■今日のカメ

最近焼いたパンです。
食事になるようにおかずパンを作りました。

■ツナマヨコーンパン(焼く前)
f0232060_114585.jpgツナとマヨネーズとコーンが奏でるハーモニー。ゴールデントリオによるおかずパンです。
生地には卵と牛乳をたっぷり使って、やさしく甘めのパンにしています。







■ツナマヨコーンパン(焼き上がり)
f0232060_1141813.jpgあまり大きなオーブンではないので、1回焼くと、握りこぶしくらいの大きさのパンが6つくらいでMAXです。いつか欧米とかの家にあるような大きなオーブンのある家とかに住みたいです。






■アップしたところ
f0232060_1143582.jpg焼きたてアツアツが美味しいです。
この上に、さらにトマトソース&チーズを乗せても美味しいです。







■ソーセージパン
f0232060_1144817.jpgソーセージも巻いてみました。
このときは、生地に卵や牛乳を使わず、甘さを抑えたしっとり生地にしました。
# by meshi-quest | 2007-02-21 11:03
最近どうも金が無くなると思っていたら、主原因は「本」だった。

引越してきた家の近所に夜中までやっている本屋を見つけてしまった。
ここからすべてが始まった。

仕事から帰ってくると、大抵の本屋は閉まっていたりする時間なので、
あきらめもついて、おとなしく家に向かったりするのだが、
この本屋だけは年中無休の深夜営業。常にウェルカム状態。
しかも、店自体はとても小さく、本の数も少ないのだが、かなりマニアックなイカすセレクションになっており、私の心を鷲掴みにしている。

毎日の日課となっている半身浴の約1時間と、寝る前に必ず本を読んでいるのだが、
多いときでは2~3冊あっという間に読んでしまう。

物にもよるが、1冊1000円前後だとして、ほぼ毎日のように立ち寄りしていれば、そりゃ、お金の減りも激しいわけだ。

本は、ジャンル問わず、気分に合わせてギャグ漫画を読んでいるときもあれば、ノンフィクションや歴史物の小説を読むときもある。雑誌を眺めているときもある。とにかく、何かを見ていないと落ち着かないのだ。

ふとんに入って、本を読むと、やっと今日一日が終わった気がする。


さて、ちょっと話が逸れるが、数年前くらいから、漠然とした不安に襲われることがある。
夜中、2時間おきに起きてしまったり、意味も無く冷や汗をかくときもある。

この不安の片鱗を作っているモノの正体は分かっているのだが、いろんなものが複合・結合して、巨大な化け物になってしまった感じになっている。ちょっと手に負えない。

それらの多くは、今考えたり、悩んだりしても解決しなかったり、今の私なんかじゃ答えが出せないようなことも多いのだが、性格なのか、どうもすぐ答えを見つけたくて、見えない答えを追っかけてしまうくせがある。

この漠然とした不安ウェーブには強弱があって、今はそのウェーブが強い時期なのか、生きることへのヒントにつながるような本ばかりを自然と選んで読んでいた。

せっかくなので、ここ最近読んだ中で、印象に残った本をいくつか紹介したいと思う。
私と同じように漠然とした不安に捕らわれている方の、少しでも何か役に立てば、と思う。


■西原理恵子著「パーマネント野ばら」(新潮社)

西原さんの本は大好きで、色々と読ませてもらっているのだが、中でもこの本はかなり強烈だった。
「女として生きるとは何か」その答えへのヒントがココにいっぱい詰まっている。女性にはぜひ読んでもらいたい本だ。

女性は、「彼女」「妻」「お母さん」「おばあちゃん」と、年だったり環境だったりで色々な呼び方になり、色々な顔を見せることになると思うが、でもやっぱりいくつになっても「女の子」だし、「女の子」でいたいんだよな、としみじみ思う。
この感覚、男性陣にはなかなか分かってもらえないだろうなぁ(苦笑)。

■中村淳彦著「名前のない女たち 2」(宝島社)

企画AV女優と言われる職業の女性19人の人生をインタビューしたノンフィクション。
幸せ話は一切なく、ハッピーエンドは語られない。近親相姦、少年院、レイプ、貧乏、監禁、借金、出稼ぎ、援交・・・そんな話のオンパレードなのだが、それぞれに通ってきた道と理由があって、特に同じ女性という観点から色々と考えさせられるところが多い。良いか悪いか、好きか嫌いかの範疇ではなく、あるのはひたすら事実のみ、淡々と事実を読んで受け入れる、そんな本だ。

■永松真紀著「私の夫はマサイ戦士」(新潮社)

この本の副題には、「私が第二夫人になった理由」と付いており、ここに猛烈に興味をひかれた。
マサイ族の妻、夫の職業「戦士」ということだけでも相当なものだが、第二夫人というがさらに驚かされる。

ところが、この本を読み終わる頃には、マサイ族や戦士や一夫多妻制や第二夫人ということが、(自分が好きか嫌いかは別として)普通のこととして受け入れられるようになっているから、不思議だ。千差万別、人には色んな人生があることを、改めて思う本だ。

■江原啓之著「スピリチュアル処方箋」(三笠書房)

正直、最初は、かなりなめてかかってた。テレビに出ている人の本なんて・・・、何がスピリチュアルなんだ・・くらいの気持ちで(江原さんファンの方、すみません)。

未だ「スピリチュアル」は理解できていないが、それでもこの本で言っていること、すごく分かりやすく、何より元気が出るし、自信がもらえる。

本は一問一答形式でできていて、「人生とは何か?」「人を憎いと思ったときはどうしたらいいか?」「愛とは何か?」そんななかなか簡単には答えられないような壮大な質問に、いとも簡単に数行で答えてあるのが、素晴らしい。
本を全部最後まで読んでみたけどやっぱりよく分からん、結局答えは何?みたいなことがない。

多少、人によっての受け止め方は違うと思うが、少なからず、数個は必ず役に立つヒントが書かれていると思う。



こんな私に訪れた時期はずれの「読書の冬」だが、本に埋もれながら、春を待つのも面白そうだ。








■今日のカメ


■西原理恵子著「パーマネント野ばら」
f0232060_1121268.jpgふとしたときに、たびたび読み返したくなるような本です。
他にも西原さんの作品で「上京物語」「女の子物語」なども、ぜひ女性に読んでいただきたい、とても素晴らしい本です。






■中村淳彦著「名前のない女たち 2」
f0232060_1122325.jpg目を背けたくなるような話ばかりですが、とにかく事実。事実をひたすら読む、そんな本なんです。










■永松真紀著「私の夫はマサイ戦士」
f0232060_1123381.jpg言語、習慣、衣食住、性生活、もうすべてが180度以上違う人との暮らしは、本を読んでいてももう十分大変そうですが、想像を絶するものなのでしょうね。でも、著者はそれを悩みながらも楽しんでいるのが、素敵です。

でも、個人的にはやっぱり第二夫人は厳しいかな(苦笑)。やっぱり一人の人から一番で愛されたいもの。






■江原啓之著「スピリチュアル処方箋」
f0232060_1124487.jpg最近、毎晩寝る前に、今日あった出来事、明日起こりそうな出来事にあった部分だけを必ず読むようにしています。
本の上にいくつも付箋あるの、見えますか?私が自分にとって大事な部分につけたのですが、かなり元気をくれる本です。確かに、処方箋かも。
# by meshi-quest | 2007-02-16 11:01
明けましておめでとうございます。

そして、大変ご無沙汰しております。

新年いきなりの一人反省会開始で申し訳ないのですが(苦笑)、去年は夏頃から丸々半年原稿をお休みさせていただいておりました。
例年、年末に出させていただく一年の総括と、読んでくださった皆様へのお礼も出せず、年を越してしまいました。
本当にごめんなさい。





色々、あった・・・(遠い目)。

よく雑誌のインタビューとかテレビでのコメントとかで、「色々ありまして・・・」なんて聞くと、「『色々』ってなんだよ!」「その『色々』をトークしろよ!」と思うが、いざ自分になると、もうありすぎて書ききれなくて、残念ながら、結局『色々』とまとめざるを得ない。

去年の節目の誕生日に「楽に生きる」を高々と掲げて始まった一年であったが、蓋を開けてみれば、ここ数年で一番忙しく、気が狂うような一年であった。

ちーっとも楽じゃなかった。

「楽になるには、まだまだ早いぜ、中坊!」そんな洗礼を受けている感じであった。

よく乗り切ったと思う。
土俵際に立たされ、一か八かの選択を迫られることが多い、一年だった。
久しぶりに自分を褒めてもいいかな、と思う。

読んでいる方々には「なんのこっちゃ??」と思われるかもしれないが、こうして原稿書いている間も去年を振り返り、ちょっと涙目になりながらパソコンに向かっていることだけお伝えして、ご勘弁いただければと思う。



さて、そんなこんなあった年末、ゆっくり考え事がしたかったのと、なんだか東京に居たくなかったのもあって、年末ギリギリ急遽、親友の帰省に便乗させていただき、東京を離れることにした。

年末年始の一家団欒に部外者が混じることを本当に申し訳なく思ったのだが、おじ様、おば様、おばあさん、お姉さん、そして親戚の皆さん全員が快く迎えてくださって、家族のように接してくださった。

一家団欒で1つ食卓を囲み、お重に入ったお節を食べ、ゆっくりとみんなで正月番組を見て、大勢で百人一首やったり、花札やったり・・・こんなひと時を送ったのは、実に20年ぶりくらいだ。
いや、こんなときがあったのかどうかも定かじゃなくなっている。「それ、夢ですよ」と言われれば、おそらく素直に「そうか」と思う。そんなくらいだ。

私の中でとっくに忘れてしまっていたものが、少し蘇ってきた気がした。
家族って、こういうものだったんだなぁ。

おば様が「娘が一人増えて、嬉しい。いつでもまた帰ってきなさい。」と言ってくださったことが、本当に嬉しかった。

この場を借りて、こういう機会を与えてくれた親友に心から感謝したい。
としちゃん、本当にありがとう。



東京に戻ってきて、今年一年どう生きていこうかと考え、テーマを決めた。
懲りずにまた「楽に生きる」。

『楽』という言葉には色々な意味があって、「楽チンに生きたい」という野望はもちろんのこと、「楽しい」だったり、「肩の力を抜く」だったり、「音楽をまたやろうかな」という意味も込めている。

皆さんはどんなテーマで、どんな一年を過ごされるのだろうか。
どんなテーマでも、皆さんも私も楽しく幸せに暮らせることを祈りたいと思う。

頑張らなくてもいい。
だって、そんなの言われなくても、みんな頑張ってるから。
言われなきゃ頑張れないほど、バカじゃない。

最後に、親友が言ってくれたこの言葉で私は救われたので、皆さんにも伝えたいと思う。

「頑張らなくても、そのままでいい。そのままで大好き。」

楽に行きましょう。
そして、楽に生きましょう。



2007年1月某日

成沢理恵








■今日のカメ

としちゃんの実家で女三人うどん作りをさせていただきました。
生まれてはじめての自家製手打ちうどんです。


◆伸ばす
f0232060_10593598.jpgうどん粉を手で練って、寝かせた生地を、棒で伸ばしていきます。
これが生地が硬いので、かなり力のいる作業。真剣です。
ちなみに、おば様の割烹着をお借りしました。そでが汚れなくて、便利!




◆切る
f0232060_10594698.jpgこれまた、なかなか均等に切るのが難しい作業。でも、割と楽しい。としちゃんも真剣。








◆完成
f0232060_110090.jpgコシのあるとても美味しいうどんができました。手作りは格別です!
# by meshi-quest | 2007-01-12 10:58
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ