タグ:フレンチ ( 253 ) タグの人気記事









懇意にさせていただいている


新宿御苑前ビストロ「シャルトロ」でディナー。


f0232060_20301471.jpg


f0232060_20301655.jpg











食べたい前菜を色々と頼んでみた。


f0232060_20364634.jpg


f0232060_20364877.jpg


f0232060_20365061.jpg












シャルキュトリーの盛り合わせ。


レバーが苦手は私でも食べれる自家製パテと鶏レバームース。


f0232060_20381679.jpg











今日のメインは、肉ではなく、白身魚のソテー。


トマトとブラックオリーブのソースがとても合ってて、


さっぱりいただける一品になってました。


f0232060_20383340.jpg










■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf







by meshi-quest | 2017-11-18 08:08 | 新宿









懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」へ。


今日は、友達の会社設立のお祝いを兼ねての会食だったので、


室田シェフにいつも以上に特別感満載で料理を作ってもらった。


f0232060_17231016.jpg


f0232060_17231338.jpg


f0232060_17232440.jpg


f0232060_17233376.jpg











「ラチュレ」らしい秋の前菜。


絵本を読んでいるかのようなかわいらしい料理が並ぶ。


f0232060_17233376.jpg


f0232060_17302422.jpg


f0232060_17302695.jpg


f0232060_17304217.jpg


f0232060_17304782.jpg












中盤から、どれがメインディッシュか分からないような、


高級食材を使った美味しい料理のオンパレード(笑)。


黒アワビに、猪鹿熊(蝶ではない、惜しいw!)のパイ包み焼きに、


甘鯛の鱗焼きに、ラスボスは雷鳥


f0232060_17401488.jpg


f0232060_17401621.jpg


f0232060_17402085.jpg


f0232060_17402354.jpg


f0232060_1740322.jpg











雷鳥という名前もさることながら、この手!


ファンタジックだな、雷鳥。


手も、頭(脳みそ付)も出すのは、見た目のインパクトや新鮮な証拠だけでなく


丸ごと1匹をちゃんと使った料理の証もである。


f0232060_1742631.jpg











相変わらず、すごいフレンチ。


室田シェフ、ありがとうございました!!







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/









■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_17231338.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_17232440.jpg
カウンターとテーブル。こんなに本格的なジビエ料理がカジュアルにお一人様からカウンターで出してもらえるのが「ラチュレ」の魅力。








■テーブルセット
f0232060_17233376.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_175203.jpg
私の好みを知り尽くしてくれているソムリエ山本さんが用意してくれていた白ワインが私の好みど真ん中で、白ワインをあまり飲まない私が2杯お代わりしました。美味しい〜。








■1品目
f0232060_17302072.jpg
木のオブジェに乗った、鳩の形の一口アミューズ。










■アップ
f0232060_17302422.jpg
中は鳩のリエットが挟まってます。










■2品目
f0232060_17302695.jpg
巨大な松ぼっくりの上に乗っているのは、鹿の脂を使ったケークサレ。「ラチュレ」は、ジビエの全てを大切に使い、最初から最後までジビエを楽しませてくれます。ちなみに、ケークサレはほんのり野性味を感じますが、素朴な甘みもあり、全然クセはないです。






■3品目
f0232060_17304217.jpg
濃厚な出汁が出ている熊のコンソメ。美味しい!中には熊のスネ肉も入ってます。その他、しょうげんじ茸、おおいちあお茸など珍しいキノコが入ってます。








■4品目
f0232060_184275.jpg
ジビエの箸休め。イワシと新生姜とラズベリーを使ったさわやかな前菜。









■5品目
f0232060_1845881.jpg
勝浦の黒アワビを肝バターソテーに。肝バターが濃厚で、めちゃくちゃ美味しい。アワビも柔らかい!









■6品目
f0232060_1861427.jpg
猪鹿蝶ならぬ、猪鹿熊の豪華なパイ包み焼き。中にはたっぷりフォアグラが入ってます。









■赤ワイン
f0232060_1875733.jpg
オススメの赤ワイン。これも私好みで飲みやすかった!行きつけのレストランで仲良くなると、好みを知ってプロの目でオススメしてくれるので、こういう時に本当に助かります。感謝。








■7品目
f0232060_1895087.jpg
甘鯛の鱗焼き。ソースは、モンサンミッシェルのムール貝とサフランを使った濃厚なソース。甘鯛はサクサクで、ソースもすごく美味しかったなあ。









■8品目
f0232060_1740322.jpg
大ボスの雷鳥。この時期、かつ、入荷できた時だけの限定品。かなりクセがあるので、好き嫌いは分かれると思いますが、これぞ、ジビエという味。








■9品目
f0232060_1818126.jpg
和栗のビスキュイクーラン。上には、「ハニートリュフ」という珍しいトリュフが乗ってます。この白トリュフ、めちゃくちゃ甘くて、以前も別のお店で食べたことがありますが、最初かなり驚きます。








■小菓子
f0232060_18245017.jpg
ラベンダーのフィナンシェ。










■食後の飲み物
f0232060_18252869.jpg
ホットのブレンドティー。
by meshi-quest | 2017-11-17 08:08 | 渋谷・神泉








大好きな裏原ビストロ「kiki キキ」でランチ。


今日は、仕事のお客様も交えての会食だったので、


野田シェフおまかせのスペシャルランチコースを作ってもらった。


f0232060_2141570.jpg


f0232060_2141764.jpg












「kiki」ならではの唯一無二の秋らしいランチ。


最初の前菜は、おいなりさんと思いきや、


利根柿を巻いたカキなりさん


f0232060_2255911.jpg


f0232060_226290.jpg


f0232060_22654.jpg






カキと酢飯の相性が良く、初めて食べたけど、美味しい。










ポルチーニ茸と鰹節のスープの中に入った


カンパチのおかき揚げは身はシューシーで、外はサクサク。


フレンチのスープ料理っぽくもあり、和食のお椀料理っぽくもある。


f0232060_2218526.jpg


f0232060_2218610.jpg












途中で出てきた果物たっぷりのサラダは絶品だった。


洋ナシやマスカットをメインに、葉物やチーズを合わせた


香り良くて、爽やかな緑のサラダ。


f0232060_22202358.jpg


f0232060_22202559.jpg












メインディッシュは、通常メニューにある蝦夷鹿の他、


f0232060_22215717.jpg


f0232060_22215963.jpg











スペシャルコース用にもう1品。


シェフの地元の静岡県産黒毛和牛ランプ肉のステーキ。


静岡の黒毛和牛はあまり食べたことがなかったが、


想像以上に柔らかくて、味わい深く、食べやすくて、美味しかった。


f0232060_22232912.jpg


f0232060_22233129.jpg












「kiki」の料理は、ホント見た目にも美しく、常に驚きがあって、美味しい。


シェフの独特のセンスで、日本とフランスとイタリアと、


色んなものが融合していて、改めて、ここでしか食べられない料理だな、と。










■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/








■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_2141570.jpg
副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。大通りから1本中に入った路地裏にあります。









■乾杯!
f0232060_2141764.jpg
3人で乾杯。実は、ほうじ茶とハーブティー。香りが良いお茶なので、「kiki」ではワイングラスに入ってます。








■黒い箱、登場!
f0232060_2255911.jpg
黒いギフトバックス、登場。









■中はこんな感じ。
f0232060_226290.jpg
3人分の前菜が入ってます。









■1品目
f0232060_22654.jpg
菊の入った酢飯を利根柿で巻いた「カキなりさん」。柿と酢飯の相性抜群。









■2品目
f0232060_2218526.jpg
カンパチのおかき揚げ、ポルチーニ茸と鰹節のスープ。カンパチが脂が乗ってて、揚げ方も上手。すごく美味しかった!








■3品目
f0232060_22202358.jpg
洋ナシとマスカットのサラダ。上から緑茶のパウダーがかかっていて、すごく香りいい!果物がこんなに入ってるのに、甘ったるくなくて、美味しかったー。







■パン
f0232060_22455784.jpg
しっかりとした味わいのライ麦パン。









■4品目
f0232060_22215717.jpg
蝦夷鹿のポワレ。ソースはコーヒー風味の赤ワインソース。鹿とコーヒー、意外な組み合わせですが、これもすごく合ってます。








■5品目
f0232060_22232912.jpg
今回のスペシャルメインディッシュ、静岡県産黒毛和牛のランプステーキ。めちゃくちゃ柔らかい。付け合わせのフライドポテトも生のジャガイモを揚げてるから、甘くてホクホク。







■6品目
f0232060_22501053.jpg
かぼちゃのプリンと、イチジクのアイス。甘さもちょうどいい。









■お茶
f0232060_22505349.jpg
香りの良い緑茶を食後に。








仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース。


f0232060_1411771.jpg


f0232060_1412055.jpg


f0232060_1412365.jpg











本日も橋本シェフの料理の様子が間近で見れる


限定2席の特別席で食事をさせてもらった。


料理をしてる姿が見れると、より一層食事が楽しくなるが、


特に「セララバアド」の料理は、美術で絵を描いてるようでもあり、


理科で実験をしているようでもあり、すごく特殊なので、


近くで見れるのは他店以上の楽しさと特別感がある。


f0232060_144716.jpg











食材も、味も、温度も、色も、香りもすべてが秋仕様。


「セララバアド」の秋を満喫させてもらった。


f0232060_1445928.jpg


f0232060_145048.jpg


f0232060_145472.jpg


f0232060_145698.jpg


f0232060_14581.jpg


f0232060_1451293.jpg


f0232060_1451596.jpg


f0232060_1451831.jpg


f0232060_1452110.jpg


f0232060_1452533.jpg










途中出てきた「スケット」という料理。


スペインの魚介の煮込みをアレンジしたものだそうだがが、


濃厚な魚介出汁がめちゃくちゃ美味しくて、何杯も食べたくなる味だった。


f0232060_1465716.jpg


f0232060_1465987.jpg










アーモンドとチョコで作った食べれる松ぼっくりも、


「セララバアド」らしくてかわいかったな。


f0232060_1474958.jpg











思えば、前回の夏のコースからもう3か月が経ったのかー。


「セララバアド」には、必ず春夏秋冬でお邪魔しているので、


私の中では「セララバアドに行く=季節が変わった」という図式があって、


変わる季節の準備をするかのような感じでもあり、


次の季節を食べれる絵本で楽しんでいる感じもあり、


とにかく「セララバアド」は私にとっても特別感のあるレストランだ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1411771.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。







■店内の様子
f0232060_144716.jpg
基本はテーブル席で、限定2席のカウンターは料理が間近で見れて、シェフともお話ができる常連さん用。








■メニュー
f0232060_1412365.jpg
落ち葉の中に本日のメニューが隠れてます。









■1品目
f0232060_1412055.jpg
「イケバナ」という名前の料理。









■アップ
f0232060_1458516.jpg
枯れ枝にそっくりなクラッカーの周りに、和歌山県産生ハムが巻かれています。









■ドリンク①
f0232060_1459451.jpg
ノンアルコールでペアリングをしました。オーガニックキウイの搾りたてジュース。









■2品目
f0232060_1445928.jpg
「オブジェ」という料理。米粉に青海苔をまぶしたスナック感覚の前菜。









■3品目
f0232060_151258.jpg
二酸化炭素を注入して炭酸が入ったマスカットと、マスカットジュレ。









■3品目
f0232060_145048.jpg
「森の朝」という料理。コケに見立てた、液体窒素で固めたアボカドとピスタチオのムース。ドライアイスにひのきの香りが付いてて、まさに森の朝が再現されています。







■ドリンク②
f0232060_145472.jpg
松の葉で風味付けされたジェニファーベリーのジュース。森林浴を飲んでいる感じ。









■4品目
f0232060_145698.jpg
「落葉の森」という料理。豚が落葉の森でトリュフを探している様子が料理になっています。食べられる絵本。








■アップ
f0232060_14581.jpg
トリュフに見立てているものは豚足コロッケ、豚はクラッカーで出来ています。









■パン
f0232060_1564459.jpg
「セララバアド」の絶品パン。香り良く、外はカラッと、中はモッチリ。ホント美味しい。









■5品目
f0232060_1465716.jpg
「スケット」というスペインの魚介の煮込み料理をアレンジしたもの。真ん中には甘いホタテ。魚介の濃厚な出汁がとても美味しかった。超好み。







■ドリンク③
f0232060_1511798.jpg
人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。









■6品目
f0232060_15115479.jpg
キノコと大麦のリゾット。上には牛ハツのカツレツが乗ってます。これも美味しい!









■ドリンク④
f0232060_15124324.jpg
梨のジュース。わざと塩味を強めに効かせてて、個人的に好きな味。スイカも塩を振る派なので。









■7品目
f0232060_1451596.jpg
丹波黒鶏のボイルとローストの2種。下に、藁をいぶした煙が詰まっていて、瞬間燻製されています。ほおづきが付け合わせ。








■8品目
f0232060_15161631.jpg
セレ豚のローストと、紅玉のピューレ。セレ豚がめちゃくちゃ甘くて、美味しかった!









■ドリンク⑤
f0232060_15173574.jpg
玉露とザクロを合わせたジュース。ザクロのほのかな甘みと、玉露の渋みもあって、不思議な味わい。









■9品目
f0232060_1452110.jpg
「サルベージされた月」というデザート。柿のジュースが詰まった球体状のジュレ。









■10品目
f0232060_1452533.jpg
パリパリの栗のシートの下に、どんぐりで作った優しい甘味のアイス。









■11品目
f0232060_1520597.jpg
4種の食後の小菓子。









■アップ①
f0232060_15214125.jpg
サーカスの缶の中身。ジャスミンティーのマカロン、栗のマドレーヌ、オリーブオイルのグミ。









■アップ②
f0232060_1474958.jpg
チョコとアーモンドで作った、食べれる松ぼっくり。









■ドリンク⑥
f0232060_1523985.jpg
ハンドドリップでじっくりと出す玉露。左が1煎目、右が2煎目。同じお茶なのに、色も、香りも、味も全然違う。








懇意にさせていただいているお気に入りのフレンチ、


外苑前「Hiroya ヒロヤ」で食事。


相変わらず、見た目にも美しく、何食べても美味しい。


f0232060_1325940.jpg


f0232060_13317.jpg


f0232060_1331245.jpg


f0232060_1331455.jpg


f0232060_1331827.jpg











やたら肉気分だったので、メインのは、


チャーシューローストハンバーグの3点盛り。


f0232060_1333285.jpg


f0232060_1332512.jpg


f0232060_1332920.jpg











〆のご飯も、ガッツリ肉でお願いしたら、


ヒロシシェフが本当にガッツリ肉にしてくれた(笑)。


炊き込みご飯の中に牛もも肉、さらに上から牛サーロイン


ご飯の余熱で、いい感じに火が通る。


f0232060_13193229.jpg


f0232060_13193444.jpg









こんな肉々しいご飯食べたの初めてかもw。


美味しかった!






■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721








■今日のカメ

■白ワイン
f0232060_1325940.jpg
酸味少なめ、やや甘めのピノブラン。私好み。









■1品目
f0232060_13317.jpg
「柔らかい牛タンのサラダ仕立て」。厚切り牛タンが、想像以上に柔らかくて、驚いた。









■2品目
f0232060_1331245.jpg
「海老とポルチーニ」という料理。シンプルなソテーですが、火の入れ方が抜群で、ややレア気味に火が入ってる海老に、風味良いポルチーニがすごく合ってました。







■3品目
f0232060_13253135.jpg
「ウナギの炭焼き」。皮まで美味しく、上手に焼きあがってます。









■赤ワイン
f0232060_1331455.jpg
お店オススメの赤。









■4品目
f0232060_1333285.jpg
メインは、悩んだ末、和歌山県産の猪に。左から、猪のチャーシュー、猪のロースト、猪のハンバーグの3種盛り!臭みは全くなく、すごく食べやすく、柔らかい猪でした。







■5品目
f0232060_13193229.jpg
「ヒロヤ」の〆のご飯やパスタは決まったメニューはなく、その日の気分で食べたいものを言うと、なんでも作ってくれるスタイル。

今日は「ガッツリ肉で!」というオーダーで、牛ももとキノコを炊き込んだご飯に、さらに上からサーロインが乗る、本当にガッツリ肉ご飯になりました。美味しかった!







懇意にさせていただいている新宿御苑前ビストロ「シャルトロ」へ。


f0232060_1617119.jpg











私がお邪魔させてもらい始めた頃は、


御苑の裏側のちょっと奥まった場所にあることもあって、


知られてなかったこともあってかランチは空いていたのだが、


やっぱり美味しいモノの噂は広がるのが早いもんで、


最近はランチも常に満席で、入れないくらいの大人気。











私もそうだが、皆さんのお目当ては、


ランチの「フレンチリゾット」


f0232060_1618996.jpg


f0232060_16181157.jpg











魚と肉の2種類から選べて、内容は不定期で変わるのだが、


肉のカレーリゾットがかなり個人的にお気に入り。


f0232060_16232379.jpg









味はちゃんとしっかりカレーしてるのだが、


上品でおしゃれで、フレンチビストロならではの唯一無二のカレー。


カレー好きな方は、ぜひ!








■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf







by meshi-quest | 2017-10-29 08:08 | 新宿







神戸出張






前回、知り合いから勧めてもらってお邪魔して以来、


めちゃくちゃ美味しくて気に入っていた「ポルトバル ノット」に再訪。


f0232060_1328413.jpg












スタッフさんもちゃんと覚えていてくれて歓迎してくださり、嬉しい限り。


f0232060_13292536.jpg


f0232060_13292880.jpg











相変わらず、魅力的なメニューで、どれも食べたくなるが、


ワインとチーズを食べながら、厳選して前菜とメインを選ぶ。


f0232060_13313242.jpg


f0232060_13313520.jpg


f0232060_13314380.jpg


f0232060_13314594.jpg










見た目にも美しく、どれも丁寧に作られてて、


ワインに合う仕上がりになってて、ものすごく美味しい。


優秀なビストロ。


こんな良店が近所にあったら、絶対通っちゃうんだけどなー。


私の神戸出張時の密かな楽しみになりそうw。







■「ポルトバル ノット」
http://knot-kobe.com/









■今日のカメ

■「ポルトバル ノット」
f0232060_1328413.jpg
JR元町駅から徒歩5分ほど。ホテルからはちょっとあったので、タクシーで来ました。









■赤ワイン
f0232060_13292536.jpg
ソムリエさんおすすめの赤ワイン。この赤がすごく香り良くて、酸味少なめのの私好みで、美味しかった!









■チーズ
f0232060_13292880.jpg
メニューを決める間、チーズをつまみながらワインを。全部食べたいところだけど、そうもいかないので厳選中。









■1品目
f0232060_13402219.jpg
キノコのソテーの温かいサラダ。葉物の下に、香り良いキノコのソテーが隠れてます。









■2品目
f0232060_13313520.jpg
「戻りガツオの炙り 玉ねぎのピュレと温泉卵のソース ボッタルガ添え」です。

温泉卵とボッタルガの濃厚な温かいソースに、カツオの炙りがすごく合ってます。






■3品目
f0232060_13314380.jpg
「バターで優しく加熱したスズキと色々な緑豆 ペコリーノソース」です。

このペコリーノチーズを使ったソースが秀逸で、これもすごく美味しかった!







■4品目
f0232060_13314594.jpg
「ヨーグルトでマリネした仔羊のロースト さっぱりカポナータ添え」です。

ヨーグルトでマリネされているので仔羊のクセや臭みが少なく、かつ、柔らかくて、すごく食べやすかったです。
by meshi-quest | 2017-10-27 08:08 | 旅行_国内








築地市場にほど近い場所にあるお気に入りのフレンチレストラン、


「en.terrible アンテリブル」でディナー。


f0232060_16125277.jpg


f0232060_16125765.jpg











今日は、美味しい和歌山県産イノシシの生ハムがあるとのことで、


目の前で大きくて立派なイノシシ肉を切り分けて、サラダ仕立てにしてもらう。


豚よりも、イノシシの方が野性味というか、味に深みがあって、すごく美味しい。


f0232060_16215671.jpg


f0232060_162210100.jpg


f0232060_16221432.jpg











大好きなトリュフ料理も色々とあったので、


トリュフたっぷりのスクランブルエッグと、


f0232060_1626379.jpg


f0232060_16261659.jpg











名物のフォアグラ入り「大人のハンバーグ」をいただく。


ざるそばの海苔かと思ってしまうほど(笑)、


山のように上からトリュフがかかってて、幸せ。


f0232060_16281373.jpg


f0232060_16283061.jpg









デザートは、自家製パフェ。


「アンテリブル」のパフェは、同じものが出てこなくて、


定期的に更新され、その度にナンバリングされていて、


パフェに名前はなく、そのナンバーだけが付けらている。









ちなみに、今回のパフェは、「No.29」


ブルーベリーとレモンを使った爽やかなパフェ。


f0232060_16331129.jpg


f0232060_16331628.jpg










「No.29」ということは、


29種分のパフェが存在するということだが、


過去のパフェもいくつかは食べてるけど、


知らないパフェもいっぱいあるので、いつか他のナンバーも食べてみたいな。








■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/









■今日のカメ

■「アンテリブル」
f0232060_16125277.jpg
大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。新橋演舞場近くの路地裏にあります。









■ワイン①
f0232060_16125765.jpg
お店おすすめの赤を。










■パン
f0232060_1741159.jpg
ボリュームたっぷりの自家製パン3種。










■イノシシの生ハム!
f0232060_16215671.jpg
めちゃくちゃ大きなイノシシの生ハム。この距離でももういい香りがします。

しかし、イノシシで毎年死亡事故のニュース見るけど、こんな太い足の動物に突撃されたら、そりゃ、死ぬわ・・。イノシシ、恐るべし。





■1品目
f0232060_162210100.jpg
和歌山県イノシシの生ハムのサラダ仕立て。ブラータチーズも入っています。

イノシシの味も香りも深くて、ワインにすごく合う。美味しい!







■2品目
f0232060_1791288.jpg
赤ピーマンのムースの生うに添え。超濃厚。









■3品目
f0232060_1626379.jpg
「サマートリュフのウッフブルイユ」。スクランブルエッグのトリュフ乗せ。いい香り。卵とトリュフの相性が抜群。








■ワイン②
f0232060_17114544.jpg
おまかせの赤ワイン。









■4品目
f0232060_17122217.jpg
紀州鴨のロースト・・・だったはず。









■赤ワイン③
f0232060_17154279.jpg
これもお店におまかせ。









■5品目
f0232060_16281373.jpg
名物の「大人のハンバーグ」。上にはトリュフがたっぷり、中にはフォアグラが入ってて、ご飯というよりワインに、子供というより大人に合うハンバーグ。







■アップ
f0232060_16283061.jpg
中にはこんなにたっぷりフォアグラが入ってます。










■6品目
f0232060_16331129.jpg
「No.29」という名前のパフェ。レモンの爽やかな酸味と、ブルーベリーの甘さで、食後に合う食べやすいパフェでした。








久しぶりに東京ミッドタウンにある


大好きな山下シェフの新和食「HAL YAMASHITA 東京」でディナー。


f0232060_125291.jpg











気温もいい感じになってきたので、


虫の音を聞きながら、本日はテラス席へ。


六本木のど真ん中のビルの狭間にあるオアシス。


外で食べる食事は、いつも以上に楽しくて、一段と美味しく感じる。


f0232060_12533636.jpg










山下シェフのスペシャリテである


「特選神戸牛の雲丹巻き」から始まり、


f0232060_12554981.jpg


f0232060_12555024.jpg












日本の食材や調理法をふんだんに取り入れた


「新和食」と呼ばれている和仏折衷の料理は、


「HAL YAMASHITA 東京」でしか味わえないものばかり。


f0232060_12584672.jpg


f0232060_1259018.jpg


f0232060_1259327.jpg


f0232060_1259725.jpg


f0232060_1259939.jpg


f0232060_1259112.jpg


f0232060_12591668.jpg












メインは、牛、羊、豚、鶏の4種の肉の盛り合わせ。


4種で計800gの豪華メインディッシュ!


f0232060_1305911.jpg


f0232060_1311273.jpg


f0232060_1311310.jpg












六本木の夜景を眺めながら、東京の夜風にあたり、


秋の虫の音をBGMにして、美味しい新和食に舌鼓を打つ。


なんとも贅沢で幸せなひと時となった。









■「HAL YAMASHITA 東京」
http://www.hal-yamashita.com/jp/










■今日のカメ

■「HAL YAMASHITA 東京」
f0232060_125291.jpg
大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。東京ミッドタウン1階にあります。









■テラス席
f0232060_12533636.jpg
通常客席のテーブル席の奥に、数席だけテラス席があります。この時期、夜風が気持ちいいので、テラスが断然おすすめ。








■ジュース
f0232060_1365784.jpg
「HAL YAMASHITA 東京」に来ると、まずこの大好きな温州みかん100%ジュースを飲みます。

「あれ?いつもの酒は?」と思われた方もいるかもしれませんが、「HAL YAMASHITA 東京」は100%ジュースがめちゃくちゃ美味しくて、常備6種くらいあり、意外かもしれませんが、ジュースおすすめです。




■1品目
f0232060_12555024.jpg
山下シェフのスペシャリテ「特選神戸牛雲丹巻きアブリューガキャビア添え」(1貫950円)です。

脂乗ってるトロトロの神戸牛に、濃厚な雲丹。甘めの醤油たれとの相性も良く、必食の1品です。







■2品目
f0232060_12584672.jpg
「稚鮎とうもろこしかき揚げ」です。天ぷらメニューが充実しています。









■3品目
f0232060_1259725.jpg
「無花果 梅山豚の揚げ出し」です。無花果のほのかな甘さと、出汁の味が合わさった不思議なお椀です。








■ワイン
f0232060_13174396.jpg
氷ワインの赤をグラスで。クラッシュアイスがたっぷり入ってるので、すごく飲みやすいです。









■4品目
f0232060_1319464.jpg
「関西風出汁巻き卵」。優しい出汁の味。上手に出来ています。

「HAL YAMASHITA 東京」に来ると、たまに、フレンチだか和食だか分からなくなることがありますが、「〇〇料理」と決めること自体がそもそもナンセンスなんだろうなという結論に達しましたw。美味しいことが大事!




■5品目
f0232060_1259018.jpg
「穴子の炭火焼き醤油添えエスプーマ」です。

醤油のエスプーマが添えられている和仏折衷の一品。ちょっと穴子の焼き加減がイマイチで、硬くて残念。






■6品目
f0232060_1259327.jpg
「京風海老真丈 新和食コンソメ」です。和ともフレンチとも言える上品なスープの中に、小さな海老真丈を落としてスープと一緒にいただきます。








■7品目
f0232060_1305911.jpg
オーストラリア産プレミアムビーフサーロイン、オーストラリア産ラム、幻の最高級豚「梅山豚」、岩手県産あべどりの4種の盛り合わせ800g。

牛、羊、豚、鶏ともに、どれも肉の味がしっかりしていて、焼き加減も良く、美味しい肉の盛り合わせでした。




■付け合わせ
f0232060_13291196.jpg
付け合わせは、トリュフ塩風味のポテトと、グリーンサラダ。









■8品目
f0232060_1259939.jpg
〆は、「特選HAL YAMASHITAカレーライス」。欧風カレー。香りはすごく良く、美味しくできてるのですが、私にはちょっと甘いかな。









■9品目
f0232060_1259112.jpg
ほうじ茶プリン。いい香り。上には黒蜜。










■食後のお茶
f0232060_12591668.jpg
フレンチで食後に美味しい日本茶が飲めるのは幸せ。







ランチ絶賛ヘビロテ中の新宿御苑前「ル・ビストロ・ダ・コテ」へ。


f0232060_1442552.jpg


f0232060_1442936.jpg


f0232060_1444116.jpg










いつもの私のヘビロテランチコースを注文。


でも、季節も変わって、若干、メニューにも変化があったので、


私のヘビロテメニューもマイナーチェンジ。








お気に入りでいつも注文していた春キャベツと魚介のリゾットは、


キャベツのリゾットの上に、エスカルゴバターが乗ったメニューに。


エスカルゴバターは大好きなので、これもヘビロテしそうなイキオイ。


f0232060_1493234.jpg


f0232060_1493699.jpg









魚料理のメインは、今までと変わらず、


「白身魚と桜海老と枝豆のパネ ドライトマトとオリーブのソース」。


このドライトマトとオリーブのソースが家に常備しておきたいくらい美味しい。


f0232060_14123015.jpg


f0232060_14123544.jpg


f0232060_14124153.jpg










肉料理のメインは、いつもとちょっと変えて、


新メニューの豚のフィレ肉のソテーを注文。


マッシュルームクリームソースに惹かれた。


ランチからこんな気軽にちゃんとした本格ソースの肉料理食べれるのは幸せだ。


f0232060_14143417.jpg


f0232060_14144177.jpg










食後のデザートは、悩んだ末、いつもの「ベリーのクラフティ」。


f0232060_14162773.jpg









ワンパターン&ヘビロテ中の私のマイナーチェンジ報告、以上。






■「ル・ビストロ・ダ・コテ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13000994/









by meshi-quest | 2017-09-30 08:08 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ