タグ:フレンチ ( 216 ) タグの人気記事









西荻窪にある大好きなフレンチビストロ「organ」で夕食。


f0232060_1194538.jpg

































アラカルトを自由に選んで、自分だけの贅沢コースを作る。


食べたいものを色々と選んでたら、


普通のコースよりも豪華で量が多くなっちゃった(笑)。


今日は、紺野シェフが特別にメニューにないサラダも作ってくれたので、


すごく幸せで、贅沢なお一人様ディナーになった。


f0232060_1111152.jpg























f0232060_11113587.jpg























f0232060_11115732.jpg























f0232060_11122129.jpg























f0232060_11124177.jpg























f0232060_11136100.jpg























f0232060_11132636.jpg
































■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html








■今日のカメ

■「オルガン」
f0232060_1194538.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩5分ほど。大きなバス通りを五日市通りに向かって歩いて行った道沿いにあります。








■白ワイン
f0232060_1111152.jpg今日は珍しく赤ではなく、白を飲む。そんな気分。私が好きな酸味少なめ、少し甘めのワイン。









■1品目
f0232060_11161917.jpg「蟹と根セロリ、アボカド、ズッキーニのカネロニ」です。かわいらしいズッキーニロールの中に、クリーミーなソースであえられた蟹、根セロリ、アボカドが入っています。美味しい前菜。







■2品目
f0232060_11115732.jpg紺野シェフが作ってくれたメニューにない特製サラダ。

特製ドレッシングがかかったリーフサラダの下に、トロトロのチーズ、フルーツなどが隠されています。





■3品目
f0232060_11122129.jpg「白子のムニエル 白アスパラのヴルテ」です。

白子と白アスパラで真っ白で美しい一品。白子の甘みと、白アスパラの甘みを感じる美味しい温製。







■4品目
f0232060_11213770.jpgここで赤ワインに切り替え。ついでに、大好きなウォッシュチーズ、エポワスも。









■5品目
f0232060_11222914.jpg「オルガン」名物の「炙り鯖とじゃがいもの一皿」。私が大好きな料理。

色々と食べたいので、特別にお一人様用のハーフサイズ。






■6品目
f0232060_11253249.jpg今日のメインは、「山形産三元豚のロースト 塩麹風味」です。

一人用に小さなココットで、軽く燻製。







■アップ
f0232060_11136100.jpgいい香り。厚切りでボリュームもあります。脂も甘くて美味しい。









■付け合わせ
f0232060_1128518.jpg付け合わせはこんな感じ。

柔らかく煮込んだ豆、キャベツ、マッシュルームなど。







■7品目
f0232060_11292517.jpg「季節のフルーツとパイナップルとバジルのソルベ ジャスミンのスープ」です。

食後にピッタリのめちゃくちゃ香りが良くて、サッパリしているデザート。バジルとジャスミンの香りが素晴らしい。
by meshi-quest | 2017-05-25 08:08 | 西荻窪








懇意にさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で春のコース。


思えば、季節ごとに変わるコースを春夏秋冬食べ続けて、


今回で3回目の春をいただく。







今日も橋本シェフの料理が目の前で見れる


限定2席の常連さん用特別アリーナ席をご用意いただいた。


f0232060_12423236.jpg



































春らしく、新緑、木々の芽吹きを感じる前菜からスタート。


枝に生ハムが巻き付けられてて、よく見たら枝そっくりの枝もどきも、


枝のような色と質感を模したクラッカーで出来てて、なんと食べれた。


f0232060_12401419.jpg























f0232060_1240382.jpg























f0232060_1240582.jpg























f0232060_12411921.jpg

































石の中に、1つだけ食べられる石がある定番の『枯山水』という料理から、


『春の高原』や『春の大地』など、皿いっぱいに春が広がっていた。


f0232060_12481387.jpg























f0232060_12483139.jpg























f0232060_1249171.jpg























f0232060_12501389.jpg























f0232060_12505862.jpg























f0232060_12512013.jpg























f0232060_12514150.jpg























f0232060_1252247.jpg































春のコースで「セララバアド」らしいなあと感じた


今回初めて出てきた面白かった料理は、2つ。










1つは、『雨紋』という名前の付いた料理で、


春先のにわか雨をイメージしたものなのだが、


本当に水面に雨のしずくが落ちて出来たような、うずまきの紋が付いてて驚いた。


f0232060_1303359.jpg























f0232060_1305864.jpg


































もう1つは、食後に出てきた小菓子。


牛乳瓶の紙切れに甘いミルクの香りが付いてて、


牛乳瓶の香りを嗅ぎながら、赤い紙状のキャンディーを噛むと、


口の中で苺ミルクが完成するというスイーツ。



f0232060_1335350.jpg























f0232060_1341721.jpg























f0232060_1363526.jpg
































次は、初夏に予約している夏のコース。


夏のコースも、どんなワクワクする料理を出してくれるのか、今からとても楽しみ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■テーブルセット
f0232060_139319.jpg本日は春のコース。テーブルセットはこんな感じ。










■メニュー
f0232060_13185858.jpgナプキンの間に挟まっている本日のメニューは森の動物たちの切り絵のデコレーションになっています。








■アルコールペアリング
f0232060_13355925.jpg飲み物は、アルコールかノンアルかのペアリングになります。

私はアルコールで。







■ノンアルコールペアリング
f0232060_13371786.jpg一緒に行かれた方はノンアルコールを選択。ノンアルコールも料理に合わせた果物や野菜を使ったジュースになってて、凝ってます。








■1品目
f0232060_12401419.jpg『桜』と名付けられた前菜。桜の枝が刺さっています。









■アップ
f0232060_1240382.jpgよく見ると、桜の枝の中に生ハムが巻かれているものがあって、さらによく見ると、その枝はクラッカーで出来ていて、ハムごと食べられます。

クラッカーの色が桜の枝のようにくすんでいて、曲がっていて、本物そっくりでした。





■2品目
f0232060_1240582.jpg『フィトンチッド』『トペニ』『ワッカ』という名前の3種の前菜。









■アップ①
f0232060_13241529.jpg松の実とキノコを使ったケークサレ(甘くないパウンドケーキ)のような前菜。

ガラスのケースの中に本物の檜が入っていて、蓋をあけると森林浴のような深呼吸したくなるような香りが出てきます。





■アップ②
f0232060_13271549.jpg楓の樹液を固めてゼリー状にしたもの。ほんのり甘みがあります。









■アップ③
f0232060_12411921.jpg豚の皮をパリッと揚げた上に、リンゴを煮たものが乗っています。









■3品目
f0232060_12481387.jpg『枯山水』という「セララバアド」の名物料理。

この中に1つだけ食べれる石があります。








■アップ①
f0232060_12483139.jpgちょっと色の薄い石が食べられる石です。










■アップ②
f0232060_13302694.jpg中は甘みがあるホクホクのじゃがいもです。










■アップ③
f0232060_13305952.jpg苔に見立て、液体窒素でフワフワに固めたアンチョビパセリバターでじゃがいもをいただきます。









■4品目
f0232060_1249171.jpgこれも春の定番料理『春の高原』です。










■アップ①
f0232060_12501389.jpgお皿の周りにいる蝶は、リンゴで出来ています。










■アップ②
f0232060_12505862.jpg長野県清水牧場のナチュラルチーズ。ローズとクランベリーの泡が掛かっていて、めちゃくちゃいい香りがします。








■5品目
f0232060_12514150.jpg『春の大地』という名前の定番料理。

ふきみそとアボカドを使って、上からブラックオリーブをかけた土の上に、季節の野菜や山菜のフリットが植えられています。かわいくて、美味しい。






■6品目
f0232060_1303359.jpg初めていただく『雨紋』という料理。白く透明なものはしじみのジュレで、その上に海老が乗っています。

まるで池に泳ぐ鯉のよう。






■アップ
f0232060_1305864.jpg水面に打つ雨の波紋をイメージして、ちゃんとうずまきの雨紋が再現されていました!すごい!!









■7品目
f0232060_1342636.jpg春らしく桜エビのから揚げをふんだんに散らした押し麦とウドのリゾット。









■8品目
f0232060_13431577.jpg桜チップの煙を閉じ込めて瞬間燻製をした料理。










■アップ①
f0232060_13443198.jpg中にはヤマメ、ホワイトアスパラ、のぜりと春の旬の食材が詰まっています。









■アップ②
f0232060_13451477.jpgソースは焼きミカンのペースト。










■9品目
f0232060_1346744.jpgメインディッシュは、ホロホロ鳥とそら豆。

ホロホロ鳥は、蒸しとローストの2種の調理法で食感や風味の違いを楽しめるようになっており、クリーミーなソースがかかっています。美味しい!






■10品目
f0232060_13475596.jpg『芽吹き』というデザート。ショコラのムースと生姜のアイスです。









■アップ
f0232060_13484262.jpg大地の割れ目から芽吹いてます。










■食後のお茶①
f0232060_13492461.jpg食後の飲み物は色々と選べますが、「おくみどり」の煎茶を選ぶと、ドリップをしてくれます。









■食後のお茶②
f0232060_13502357.jpg丁寧にドリップをした煎茶ならではの飲み比べ。右が一煎目、左が二煎目。

色も味も違っていて、一煎目の方がアミノ酸が強いため、出汁のような味がします。二煎目の方が、お茶っぽいお茶。





■食後の小菓子
f0232060_1335350.jpgかわいい缶に入ってやってくる食後の小菓子。










■中はこんな感じ
f0232060_1341721.jpg中はこんな感じになってます。










■「苺ミルク」
f0232060_1363526.jpg甘いミルクの香りがする牛乳瓶の紙を嗅ぎながら、イチゴ味の紙のキャンディーを食べます。不思議と、本当に苺ミルクになってますw。








■「和紙」
f0232060_1354425.jpg本物の和紙のような美しい綿菓子。










■「ヤラズノ雨」
f0232060_13553423.jpg『ヤラズノ雨』という名前の付いたエルダーフラワーのエキスのゼリー。雨のようにゼリーに筋が入っています。

ちなみに、「ヤラズノ雨」とは、お客さんを帰さないかのように突然降る雨のこと。





■「桜」
f0232060_13572737.jpg桜の枝の前菜に始まり、最後は桜のマカロンで終わる。春満開のコースでした。








地元・西荻窪には一人でフラッと気軽に行っても、


お一人様のわがままディナーに付き合ってくれるお店がたくさんあって、


そんなお店を私が最近よく仕事でうろつくエリアにも作りたいと画策中。









そして、ついに!!


新宿三丁目&新宿御苑&四谷の仕事エリアに見つけたー!


ランチのフレンチ肉リゾットが美味しくて、


夜もお邪魔させてもらった「Chartro シャルトロ」。


f0232060_1226174.jpg























f0232060_12265377.jpg



































気軽にフラッと行けて、一人用のハーフサイズにも付き合ってくれて、


私のアレ食べたい、コレ食べたいのわがままも聞いてくれて、


料理も抜群に美味しくて、味付けも、ボリュームも好み。


店内も静かで雰囲気良く、スタッフの方も気さくで居心地良い。


これからも長くお世話になりそうな予感。


f0232060_12295342.jpg























f0232060_1230236.jpg























f0232060_12312919.jpg























f0232060_12315066.jpg























f0232060_12321334.jpg























f0232060_12323430.jpg























f0232060_12325482.jpg
































■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf









■今日のカメ

■「シャルトロ」
f0232060_1226174.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩6分ほど。新宿御苑の大木戸門側の路地裏にあります。

今日は早く仕事が終わったので、開店18:00と同時にお邪魔。






■店内の様子
f0232060_12265377.jpgシックで落ち着く店内。










■赤ワイン
f0232060_12361031.jpgお店おすすめの赤ワインをグラスで。










■お通し
f0232060_12295342.jpg香り良い美味しいバゲットと、白人参のポタージュ。









■1品目
f0232060_1230236.jpgシャルキュトリー盛り合わせ。特別にお一人様用のハーフサイズ。

豚肉・鶏レバーパテ、鶏白レバームース、大山鶏のガランティーヌ、生ハム、自家製ソーセージスライス、です。





■2品目
f0232060_12312919.jpg旬のホワイトアスパラガス。細めの国産と、太めのフランス産が入荷されてたようで、好きなものを選ばせてくれた。太めのフランス産を選択!

これもわがままで1本お一人様用に。ありがたや。






■3品目
f0232060_12315066.jpgハーブガーリック風味のポテトフライ。ローズマリーとニンニクが香って、お酒が進む味。









■4品目
f0232060_12321334.jpgつぶ貝とキノコのブルゴーニュ風。すごく濃厚で、バケットにも合って美味しい。これも特別にハーフサイズ。








■5品目
f0232060_1243822.jpgメインは、「岩中豚の香草パン粉焼き シェリービネガーソース」です。ジューシーで、柔らかい!









■6品目
f0232060_12325482.jpg小さなビストロですが、ちゃんとデザートも充実してるのが嬉しい。

これは、「ヨーグルトとグランマニエのパルフェ イチゴのサラダ」です。ほのかの洋酒が効いてて、ヨーグルトとイチゴとも相性がいい、食べやすいデザートでした。
by meshi-quest | 2017-05-12 08:08 | 新宿








懇意にさせていただいているお気に入りのフレンチ、


外苑前「Hiroya ヒロヤ」で食事。


ワインは好きだが白が苦手で、いつも赤ばかり飲むのだが、


この日出してもらった白がすごく美味しくて、珍しく白を2杯も飲んだ。


f0232060_11584527.jpg























f0232060_1159342.jpg























f0232060_11592465.jpg


































馬肉に、帆立に、白子に、スズキに、熊本あか牛まで。


食べたいものを、好きな順番で食べたいだけ食べさせてもらえる、この幸せ。


f0232060_121244.jpg























f0232060_1215159.jpg























f0232060_1221075.jpg























f0232060_1223194.jpg























f0232060_1225760.jpg
































〆はいつも、なんとなく気分で炊き込みご飯かパスタにしてるのだが、


今日は、なんか気分で、珍しくリゾットを作ってもらった。


牛ハツがたっぷり入ったリゾット。


思えば、こんなにお邪魔してて「ヒロヤ」でリゾット食べたの初めてかもw。


リゾットも美味しかったな。レパートリー増えた。


f0232060_1251844.jpg
































■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721








■今日のカメ

■「ヒロヤ」
f0232060_11584527.jpg銀座線「外苑前駅」から徒歩5分ほど。路地裏の、ちょっと奥まった場所にあります。









■テーブルセット
f0232060_1159342.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■ワイン①
f0232060_11592465.jpg珍しく白を飲む。スッキリしてて、ほんのり甘くて、とても好きな味。









■1品目
f0232060_1271547.jpg馬肉のタルタルです(1600円/2名)。スタートから生肉ガッツリw。馬肉美味しい。









■2品目
f0232060_1215159.jpg帆立のフリット(1600円/2名)。周りに海苔が巻かれて、磯部揚げ風になっています。









■3品目
f0232060_1221075.jpgトラフグ白子の炭火焼き(3500円/2名)。白子が大きく、フワフワで、そしてほんのり甘く、濃厚。絶品。








■4品目
f0232060_12125464.jpgヒラスズキのポワレ。サッパリしていて食べやすい。









■ワイン②
f0232060_1216397.jpg白を2杯飲んだところで、赤にチェンジ。










■5品目
f0232060_12141264.jpgメインディッシュは、熊本県あか牛の炭火焼き(3700円/2名)。

赤身肉なのに、コクもあって、ジューシーで、肉を食べている実感が沸く肉。






■6品目
f0232060_1251844.jpg〆のご飯やパスタは、決まっているものはなく、その時食べたい好きな具や味を言うと、シェフが作ってくれます。

肉を使ったリゾットというオーダーで、牛ハツがゴロっと入ったリゾットを作ってもらいました。美味しい!









新宿御苑のはずれにある小さなビストロ、


「Chartro シャルトロ」でランチ。


f0232060_1417198.jpg























f0232060_14175466.jpg

































ランチに限定10食で、肉か魚のリゾットランチをやっているのだが、


この「シャルトロ」のリゾットがめちゃくちゃ美味い!


この日は、「牛サガリ肉のソテー ベーコンとキノコのリゾット」を注文。


牛肉も惜しみなく、ドカンとリゾットの上に乗っかってる。


久しぶりに、美味しいリゾット食べたなあ。


f0232060_14201873.jpg























f0232060_14212760.jpg































ランチリゾットは限定10食で、店内は席数も少なく、


それでいてリゾットは超絶美味しいので、


12時の開店と同時に、一気に満席になってしまう。


なかなか争奪戦が激しいランチではあるが、リゾット好きにはおすすめ。







■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf








■今日のカメ

■「シャルトロ」
f0232060_1417198.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩6分ほど。新宿御苑の大木戸門側の路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_14175466.jpgテーブル数席、カウンター数席の小さな店内。










■ランチ前菜
f0232060_14201873.jpgランチに付いてくるスープとサラダ。

スープは白人参のポタージュ。








■ポタージュ、お代わり。
f0232060_1427587.jpg+300円で大きなスープが頼めるようなので、美味しかったので、お代わり。









■牛肉のリゾット
f0232060_14212760.jpgランチは、限定10食のフレンチリゾット(1200円)のみで、肉か魚が選べます。

私は肉の「牛サガリ肉のソテー 粒マスタードソース ベーコンとキノコのリゾット」にしました。チーズ&ベーコン&キノコの芳醇、かつ、めちゃくちゃ濃厚で美味しいリゾットでした。肉もかなり食べ応えのある大きなソテーが乗っていて、大満足。
by meshi-quest | 2017-05-02 08:08 | 新宿








東中野にある美味しいカジュアルビストロ、


「Bistro trois trois ビストロ トワトワ」でランチ。


f0232060_122938.jpg

































「トワトワ」のランチは、コースのみだが、


通常の「前菜+メイン+デザート」のコースに、


もっと食べたい時には、前菜やメインをメニューからさらに追加できるのが特徴。








前回は時間がなくて、残念ながら通常コースしか食べれなかったので、


今回は、「前菜+メイン+デザート」に、さらに前菜1皿、メイン1皿を足してみた。


f0232060_126124.jpg























f0232060_126331.jpg























f0232060_1273112.jpg























f0232060_128561.jpg























f0232060_1282921.jpg























f0232060_1285072.jpg
































こんな美味しい料理をランチからガッツリ食べさせてもらえるなんて、幸せ。


特に、パクチーを効かせた鶏もも肉のロースト、絶品だったなあ。







■「ビストロ トワトワ」
https://www.facebook.com/bistro.tr33/









■今日のカメ

■「ビストロ トワトワ」
f0232060_122938.jpgJR東中野駅東口から徒歩1分ほど。駅からすぐのところにあります。









■店内の様子
f0232060_132970.jpgカウンターとテーブル。席数はかなり少ないです。










■前菜①
f0232060_126124.jpg自家製のお肉のパテ。濃厚で美味しいパテです。










■前菜②
f0232060_135063.jpgフォアグラとカカオのガトー。これは通常価格に+500円。ランチからこんな美味しいフォアグラ食べれて幸せ。カカオとの相性バッチリ。

ちなみに、「前菜1皿+メイン1皿+デザート」が通常コースで1980円。さらに前菜追加が+800円、メイン追加が+1200円。




■バケット
f0232060_136363.jpg小麦の味がしっかりしているバケット。










■メイン①
f0232060_1371547.jpg今回のお気に入り、鶏もも肉のパクチーソース。

パクチーが強すぎず弱すぎずで、ちょうどいいアクセントになっていて、見た目よりもさっぱりしています。鶏も柔らかくて、このお料理すごく好みでした。





■メイン②
f0232060_1391775.jpgもう1つメインを追加。岩中豚のグリル。ソースはバルサミコ。柔らかくて、ジューシー。これもとても美味しく出来てます。








■デザート
f0232060_1285072.jpgイチゴのコンポートとバニラのアイスです。甘さ控えめで、デザートも美味しい。









毎月変わるコースが楽しみで、


コースが切り替わる度にお邪魔している裏原ビストロ「kiki キキ」。


ランチもディナーも同じコースなので、


時間がある時に好きな時に来てコースが楽しめるのが個人的にはありがたい。


f0232060_13435693.jpg


































4月は、初鰹、桜、ゴールデンオレンジ、タケノコなど、


春の旬の食材をふんだんに使った、春らしい華やかなコース。


個人的には、前菜で最初に出来てきた「湯葉ティラミス」と、


魚料理の「江戸前穴子と筍のパイ包み焼き」が美味しかったなあ。


f0232060_1347787.jpg























f0232060_13472963.jpg























f0232060_13475077.jpg






















f0232060_13482361.jpg























f0232060_1349071.jpg























f0232060_13492691.jpg























f0232060_1357478.jpg























f0232060_13495156.jpg























f0232060_13501321.jpg



























また次の5月のコースも超絶楽しみ。





■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/








■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_13435693.jpg副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。JR原宿駅からも歩けます。大通りから1本中に入った路地裏にあります。








■ドリンク
f0232060_1347787.jpgお気に入りのいつものドリンク。「マルコポーロ&ローズ&梅」(700円)。

マリアージュフレール「マルコポーロ」と、ローズの香りが華やかで、すごく好き。






■1品目
f0232060_13472963.jpg最初の前菜は「湯葉のティラミス」。










■アップ
f0232060_13475077.jpgあずき、湯葉、コーヒーと、すべて豆で作られていて、甘くないティラミスという感じ。めちゃくちゃ美味しい!








■2品目
f0232060_13482361.jpg「初鰹のフリット 桜と鰹節とトマト水のスープ仕立て」です。

トマトを抽出した透明なエキスにカツオ出汁が入った優しいスープの中に、脂が乗ってるカツオと、菜の花っぽい野菜のニョッキが入っています。





■3品目
f0232060_1349071.jpg「江戸前穴子と筍のパイ包み焼き」です。穴子と筍の相性が良く、これも美味しいパイ包み焼きでした。

周りの緑のソースは、「あこがれ」という煎茶を使ったソース。ほのかにお茶の香り。





■4品目
f0232060_1357478.jpg「ミモレットとゴールデンオレンジと高原レタスのサラダ」です。

小さいのにすごく甘い旬のゴールデンオレンジと、そのまま丸かじりするかのうような高原レタスの上に、これでもか!というほどミモレットが掛かっています。サッパリしてて、美味しいサラダ。




■5品目
f0232060_1404498.jpg「黒毛和牛”静岡そだち”ステーキ 牛コンソメと昆布のソース」です。

付け合わせは、赤ワインで炊いたご飯。全体的にさっぱりと和風なステーキですが、赤ワイン御飯を牛肉と一緒に食べると、一気に洋風に。





■6品目
f0232060_13501321.jpgグラニースミスという青りんごとジンのジュレのサッパリとしたデザート。

もう1つ「メロンどうふ」という初めて食べる不思議なデザートがあったのですが、そちらは美味しすぎて、写真撮る前に食べちゃいました・・・。あるある。








懇意にさせていただいているお気に入りのフレンチ、


外苑前「Hiroya ヒロヤ」で食事。


f0232060_16412362.jpg























f0232060_16415060.jpg























f0232060_16421023.jpg

































相変わらず、どの料理も美味しくて、大満足だったのだが、


前菜でいただいた「ズワガニのタルタル、あん肝」という料理は、


さすが日本料理店で修業もされていたシェフならではで、


普通のフレンチやイタリアンでは出ないし、出せないような一品だった。


f0232060_16444416.jpg























f0232060_1645887.jpg































メニューにあって気になった「ウナギの炭火焼」もいただいたのだが、


ビックリするくらい皮がパリッとしていて、中はふっくら、ジューシーで、


正直、ちょっと前にどこかで立ち寄った鰻専門店よりも数倍美味しくて、


こんな美味しい鰻がフレンチのアラカルトでいただけるなんて、感動的だった。


f0232060_16475197.jpg























f0232060_16482627.jpg


































〆は、シェフと相談して決めれる、具が選べる土鍋ご飯


今日は、なんとなく鶏肉にしてもらったのだが、


牡蠣の出汁が効いていて、高級な和食のような、ホント美味しい炊き込みだった。


f0232060_16504090.jpg























f0232060_16505873.jpg
































実は、あまり教えたくないお店。


ここメシクエで散々記事で書かせてもらっているけど、


個人的に人を誘う時には、本当に大切な人しか呼ばない大事なお店。






■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721








■今日のカメ

■「ヒロヤ」
f0232060_16412362.jpg銀座線「外苑前駅」から徒歩5分ほど。路地裏の、ちょっと奥まった場所にあります。









■店内の様子
f0232060_16415060.jpgカウンターがメインで、奥に個室があります。席数は少ないです。









■ワイン
f0232060_1656012.jpg私はいつもの酸味少なめの赤ワインで。










■日本酒
f0232060_16421023.jpg一緒に行った方は日本酒をセレクト中。










■1品目
f0232060_16444416.jpg「ズワイガニのタルタル、あん肝」という前菜。

ズワイガニがすごくサッパリしていて、そこに濃厚なあん肝がよく合っています。このあん肝もめちゃくちゃ美味しい。フレンチでこんな美味しいあん肝食べれるとは!





■2品目
f0232060_16583645.jpg「牛ランプ肉とアボカド、ノリの食べ合わせ」という前菜。

ほのかにわさびが効いてて、風味良く、お酒に合う味です。肉が入ってますが、全く重さを感じず、食べやすいです。





■3品目
f0232060_171921.jpg帆立のフリット。大ぶりで、プリプリの帆立です。春らしく、ふきのとうのフリットも添えられています。








■4品目
f0232060_16475197.jpgウナギの炭火焼。このウナギ、火入れが抜群で、めちゃくちゃ美味しかったです。

卵を割って、たれと一緒にいただきます。絶品!







■5品目
f0232060_1733173.jpg熊本県あか牛の炭火焼です。これもすごく柔らかくて、美味しい赤身でした。









■6品目
f0232060_16505873.jpg〆は、具が選べる土鍋ご飯。今日は結構魚も食べて、肉も牛を食べたので、最後はさっぱりと鶏肉にしていただきました。このご飯も出汁が効いてて、すごく美味しい。








目白にフランス人のオーナーさんがやっている、


美味しいワインビストロがあると聞き、


駅から徒歩30秒くらいのところにある「ルテロワール」へ。


f0232060_15311245.jpg























f0232060_15313475.jpg






























1階は、カジュアルなガレット&クレープ店になっていて、


2階がワインと料理を楽しむビストロになっている。


店員さんは半分以上がフランス人だが、日本語ペラペラなので大丈夫。









今日は2階のビストロ側で、おすすめの赤ワインと共に、


ワインのつまみに合いそうなものをアラカルトでいただいたが、


どれも美味しく、ボリュームもあって、とても良かった。


f0232060_15365862.jpg























f0232060_15375981.jpg























f0232060_15384317.jpg























f0232060_1539310.jpg
































1人で自由に好きなものを組み合わせて、


自分なりのフレンチコースを作っている感じで、メニュー決めるのも楽しい。


ワインのセレクトも良かったし、いいビストロだったなあ。







■「ルテロワール」
http://leterroir-winebar.blogspot.jp/









■今日のカメ

■「ルテロワール」
f0232060_15474437.jpgJR目白駅から徒歩30秒ほど。バス通り沿い、駅すぐです。









■2階の様子
f0232060_15311245.jpg2階のワインビストロ。カジュアルな1階よりも席数が多く、静かで落ち着いています。









■ワイン
f0232060_15313475.jpg酸味少なめでおすすめを選んでもらいましたが、とても美味しかったです。









■テーブルセット
f0232060_15501161.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_15365862.jpgじゃがいもとベーコンのポタージュ。濃厚で、私好みの味。









■2品目
f0232060_15375981.jpgブルゴーニュ産エスカルゴ(1800円)。

エスカルゴバターも美味しく出来ていて、ワインが進む料理です。バターはパンに付けても美味しい。







■パン
f0232060_15541012.jpgエスカルゴ用にバケットをいただきました。










■3品目
f0232060_1555321.jpg天使の海老とホタテのソテー(1400円)。アボカドのピューレが添えられています。









■4品目
f0232060_1539310.jpg黒板メニューになっていたミラノ風カツレツ。肉も柔らかく、ポテトフライたっぷりなボリューミーなメインです。








■紅茶
f0232060_15581295.jpg「モルゲンタオ」というフランスのバラ、矢車菊、マンゴーなどのブレンドティーですが、これが香り良くて、すごく美味しかったです。









春夏秋冬に必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で冬のコースをいただく。


前回同様、今回も橋本シェフの料理を間近で見られる常連特権のアリーナ席。



f0232060_14514095.jpg























f0232060_14521397.jpg























f0232060_14523637.jpg























f0232060_14532695.jpg

































冬のコースのお目当ては、何といっても、コレ。


食べられる折り鶴


春、夏、秋のコースにはない、冬を象徴するセララバアドの看板。



f0232060_14561446.jpg























f0232060_14571063.jpg























f0232060_14573030.jpg
































その他にも、冬から春の移り変わりを連想させる


ファンタジックで、美味しい料理がいっぱい出てきた。


f0232060_1459111.jpg























f0232060_14593721.jpg























f0232060_14595991.jpg























f0232060_1502240.jpg























f0232060_151496.jpg























f0232060_1512695.jpg























f0232060_152060.jpg























f0232060_1522635.jpg























f0232060_1525543.jpg

































最後のデザートは、「冬の窓」をイメージしたもので、


わざとガラスケースを湿気で曇らせて、


暖かい部屋から寒い外を眺めた時の雰囲気を表してる。


f0232060_1564179.jpg

































こうなると、窓ガラスには落書きしたくなるのが人というもので(笑)、


子供のようにガラスにいたずら書きをしてみたわけだが、


ふと周りを見たら、だいぶ大人なお客さん達もいたずら書きしてたので、


そういうもんなんだろうなー、とちょっと安心。


f0232060_1571158.jpg























f0232060_1575086.jpg






























■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1127489.jpg小田急線「代々木上原駅」から徒歩15分くらい。駅からちょっと歩いた閑静な住宅街にあります。









■テーブルセット
f0232060_112855100.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■メニュー
f0232060_1129403.jpgナプキンの中にしおりのように本日のメニューが挟まっています。









■食前のおつまみ
f0232060_1130481.jpg別注で希望者だけ生ハムやオリーブが出てきます。










■お酒①
f0232060_1132127.jpgドリンクは、アルコールか、ノンアルコールのペアリングになります。私はシャンパンや白が苦手なので、赤を中心としたペアリングで。








■1品目
f0232060_1133365.jpg冬メニューの定番の1品目「柚子 日本酒 H&C」です。

赤い印のところから飲むと、ほのかに柚子が香る温かい日本酒(Hot)と、冷たい日本酒(Cool)が同時に口の中に入ってきます。不思議なドリンクです。





■2品目
f0232060_11355836.jpg冬なので「毛玉」をイメージしたという一品。上の真っ赤な粉はビーツ。サクサク、フワフワなお菓子のような感じ。








■3品目
f0232060_1459111.jpgりんごが丸ごと出てきた!!と思ったら、実は仕掛けが・・・。









■アップ
f0232060_1137532.jpg芯が繰りぬかれていて、そのまま引っ張ると、チーズ味のアイスキャンディーになっていました!









■4品目
f0232060_14561446.jpg冬の看板メニュー「食べられる折り鶴」です。

何度見ても美しい。折り紙でもこんなきれいな折り鶴はなかなか作れないですw。







■アップ①
f0232060_14571063.jpg折り鶴は、根セロリで出来ていて、パリパリ食べられます。勿体なくて、いつも食べるのを最後まで悩んでしまうw。








■アップ②
f0232060_14573030.jpg付け合わせはフォアグラです。










■パン
f0232060_11412564.jpg自家製のココットで焼き上げる絶品パン。外がカリカリで中がモチモチ。めちゃくちゃ美味しいです。









■カウンター
f0232060_1143218.jpg本日も店内に1席だけある厨房目の前のカウンター席に座らせていただきました。盛り付けや料理の様子が見れて楽しい。常連さん特権w。








■5品目
f0232060_14595991.jpg「冬の大地」という料理。土に見立てたブラックオリーブのパウダーとジャガイモのピューレの上に、かわいい根菜が埋まってます。








■お酒②
f0232060_11461830.jpg次のペアリングは、秋田県新政酒造の「陽乃鳥」です。









■6品目
f0232060_1148199.jpg豚と栗の軽いチーズリゾットです。ほのかにフェンネルの香りがします。









■お酒③
f0232060_11544656.jpg国産のピノノワール。










■7品目
f0232060_11571640.jpg黒トリュフと百合根が入ったポタージュのような一品。









■お酒④
f0232060_11582067.jpg国産のメルロー。










■瞬間燻製の準備中
f0232060_11591295.jpg橋本シェフが大きなポリタンクを取り出して瞬間燻製料理の準備中。店内に桜チップのいい香りが立ち込めます。








■8品目
f0232060_1202071.jpg海鮮の瞬間スモークです。海岸に打ち上げられた瓶みたいw。









■中はこんな感じ
f0232060_121442.jpg帆立貝と洋梨が入っています。桜のスモークと洋梨の甘い香りがすごく合ってます。









■鴨を切ってます。
f0232060_14523637.jpgメインディッシュは紀州鴨。橋本シェフが自ら切り分けてくれます。









■9品目
f0232060_1241266.jpg紀州鴨のグリル。黒ニンニクのチップと、紅玉のピューレが添えられています。









■10品目
f0232060_1253180.jpg「白い吐息」という名前のデザート。

ミントのマシュマロを二酸化窒素でフワフワに固めたもので、口に入れると、一瞬で解けて、口から吐息のような白い煙が出ます。大人なお客さんがみんなで楽しんで口から白い煙を出してる様が面白いw。




■11品目
f0232060_1274845.jpgデザートはモンブラン。白いメレンゲで雪が積もっているように見えます。









■アップ
f0232060_1291431.jpg砂糖で出来た雪の結晶。これも良く出来ています。










■12品目
f0232060_1564179.jpg「冬の窓ガラス」をイメージしたという食後の小菓子。ガラスケースがわざと曇っています。









■落書き中w
f0232060_1571158.jpgいたずら書きをついしたくなるw。自分の名前を書いてみました。









■中はこんな感じ
f0232060_1575086.jpg京人参のマカロンなど、4種の小菓子が入っています。









■アップ
f0232060_12125230.jpg「スノードーム」という名前の小菓子ですが、球体の中に液体が入ってて、振ると中の星やキラキラしたものがおもちゃのスノードームのように揺れます。ホント、これすごい。







■食後の飲み物
f0232060_12143117.jpgホットのブレンドティー。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ