タグ:フレンチ ( 227 ) タグの人気記事









懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」へ。


いつもお邪魔するのはディナーばかりなのだが、


実は「ラチュレ」さんはランチもやってて、


一度来たいと思っていた念願のランチを食べにやってきた。


f0232060_15255321.jpg


f0232060_15255753.jpg











私のために、いつも珍しい食材や変わった料理を出してくれる室田シェフ。


私が通常のランチを食べるわけなく、


室田シェフもそんなことを毛頭考えてもおらず(笑)、


結果、ランチから室田さん特製のジビエフルコースを出していただくことになった。


f0232060_15285366.jpg


f0232060_15334692.jpg


f0232060_1529651.jpg


f0232060_15291092.jpg


f0232060_15291741.jpg


f0232060_15292272.jpg


f0232060_15294011.jpg









何気に、ランチでジビエのフルコースを食べるのも初めてだし、


いつもディナーは2人か複数で来るので、


1人でジビエのフルコースを食べるのも初めて。









さらに、私のメシクエ経験値をあげようと、


室田シェフが用意してくれたコレ。


鹿の脳みそを見たのも、


鹿の脳みそを食べるのも(しかも昼からw)初めてだ。


f0232060_15321877.jpg










鹿の脳みそは、普段は捨てられてしまうものらしいが、


新鮮な脳みそはソテーにして、濃厚な鹿スープと共にいただくと、


普通の白子よりも全然臭みも、クセもなく、


白子と豆腐の間のような感じで、すごく美味しい。


f0232060_15334692.jpg









今日は、メタルスライム並みのすごい量の経験値が入った。


脳みそもフニャフニャしてたから、


実はあれはメタルスライムだったのかもしれない。







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/









■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_15255321.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。ランチもやっていて、通常は2200円のコース。希望によって、ランチからフルコースも作ってくれます。







■パン
f0232060_15543419.jpg
いい香りの食べやすいパン。









■1品目
f0232060_15285366.jpg
稚鮎のエスカベッシュ。










■鹿の脳みそ、きた!
f0232060_15321877.jpg
とても珍しい鹿の脳みそ。初めて見た!意外と人間っぽい脳みそをしてて、意外と小さいことに驚き。たまたま入手出来たとのことで、喜んでいただくことに。







■2品目
f0232060_15334692.jpg
先ほどの鹿の脳みそのソテーに、鹿の濃厚な出汁を使ったスープ仕立ての一品。茶碗蒸しを思い出すような、和風なジビエ料理。絶品。







■赤ワイン
f0232060_1553318.jpg
この料理の流れ、これは飲むしかないなw。









■3品目
f0232060_15542841.jpg
魚料理。新鮮なアジと、フレッシュな桃と、ディルなどハーブが入ったバターミルクソース。









■4品目
f0232060_15562027.jpg
ぜひ食べて欲しいと勧めていただいた「チュルボ」というドーバー海峡で捕れたヒラメ。めちゃくちゃコクがあって、味わい深い。これは美味しい!







■5品目
f0232060_15291741.jpg
メインディッシュは、脂がめちゃくちゃ美味しい南伊豆のイノシシ。こんなに厚切りで、脂もたっぷりあるのに、食べても全く胃が重くならない。








■6品目
f0232060_15294011.jpg
旬のルバーブを使った色鮮やかなパフェ。










■アップ
f0232060_1635147.jpg
中に入っている緑のものは、なんと山菜のイタドリ。イタドリをデザートに使っているお店は初めて。シャキシャキした食感がすごくアクセントになってる。







■食後の小菓子
f0232060_1654074.jpg
鹿の毛皮の皿に盛られた、鹿の血を使った焼き菓子。デザートもちゃんとジビエ。
by meshi-quest | 2017-07-14 08:08 | 渋谷・神泉








懇意にさせていただいているお気に入りのフレンチ、


外苑前「Hiroya ヒロヤ」で、お一人様贅沢ディナー。


f0232060_15132557.jpg


f0232060_15134068.jpg









今日は、アオリイカのソテーを前菜につまみながら、


f0232060_15160100.jpg


f0232060_1516144.jpg











魚料理は、マスの炭火焼き。


f0232060_15171063.jpg


f0232060_15171240.jpg










肉料理は、熊本県産のあか牛をガツンと炭火焼きに。


f0232060_1518124.jpg


f0232060_1518464.jpg










〆には、山椒やしその実を効かせ、


牛ハツのブツ切りがいっぱい入った大人な炊き込みご飯。


半分食べて、半分は明日の朝ごはんに。


誰に邪魔されることなく、誰に気を使うことなく、我が道を独走。


今だからできる幸せなひととき。


f0232060_15204196.jpg


f0232060_15204481.jpg






■「Hiroya ヒロヤ」
https://tokyo-calendar.jp/restaurant/721















吉祥寺にあるお気に入りの老舗南欧料理店、


「Le Bon Vivant ルボンヴィボン」へ。


おそらく私が学生時代に吉祥寺をウロウロしてた頃からあったんじゃないかな。


すごく長く地元の皆さんに愛されているレストランの1軒。


f0232060_11433732.jpg


f0232060_11434210.jpg


f0232060_11434753.jpg










良い意味で、いろんなものがクラッシック。


料理も雰囲気も、昨今のレストランでは味わえない独特なものがある。


料理はホント美味しくて、何を食べても外れがないのだが、


個人的に、来るたびに必ず食べているのが、


「ヴィシソワーズ」と「キノコのプティング」。









スープ好きで、中でもヴィシソワーズが大好きなのだが、


私の中では、「ルボンヴィボン」さんのヴィシソワーズが都内No.1だと思ってる。


何にも媚びてない、シンプルで堂々としたヴィシソワーズ。


ジャガイモの味が濃厚で、何杯でも飲めてしまう味。


f0232060_11484652.jpg










そして、ここでしか味わえない前菜「キノコのプティング」


キノコ好きにはたまらない、キノコが目詰まった温かいプティングと、


その上からたっぷりかかる濃厚なキノコクリームソース。


結構いろんなフレンチを食べているが、この味は、ホント唯一無二。


f0232060_11514032.jpg


f0232060_11514487.jpg










食後のプレートデザートも、ホテルとか超高級レストランとか除いて、


最近こうやって丸ごと持ってきて選ばせてくれるところが少なくなったな。


メニューから選ぶよりも、直接選べるのがリッチで、やっぱり楽しい。


f0232060_11533049.jpg


f0232060_11533455.jpg


f0232060_11533792.jpg







色々とこのままでいて欲しいと思ってしまう、


良い時間の止まり方をしている素敵なレストラン。






■「Le Bon Vivant ルボンヴィボン」
http://le-bon-vivant.jimdo.com/








■今日のカメ

■「ルボンヴィボン」
f0232060_11433732.jpg
JR吉祥寺駅から徒歩5分ほど。東急吉祥寺店の近くの路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_11434210.jpg
店内はカウンターとテーブルがあり、席数も多く、広めです。客席は小さく区切られてるので、席はあっても、居心地は悪くないです。







■テーブルセット
f0232060_11434753.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■赤ワイン
f0232060_1159059.jpg
お店おすすめの赤ワインをグラスで。









■パン
f0232060_11595094.jpg
小さなフランスパンと、ハーブを練りこんだパン。パンも美味しいです。









■1品目
f0232060_11484652.jpg
常連にファンが多いのでメニューにも常設されているヴィシソワーズ。すべてのバランスが良くて、私の中のNo.1ヴィシソワーズ。絶品。







■2品目
f0232060_11514032.jpg
必ず食べている温かい前菜「キノコのプティング」。キノコが好きな方は、ぜひ一度食べてみて欲しい一品。キノコの全エキスが濃縮されているような濃厚クリームソースが最高。








■3品目
f0232060_1241150.jpg
活ホタテのブルゴーニュバター焼き。メニューにはなかったのですが、「ルボンヴィボン」さんのブルゴーニュバターが食べたくて、シェフに作ってもらいました。







■4品目
f0232060_126297.jpg
メインは、宮崎県産鹿肉のロースト。柔らかくて、臭みもなく、美味しい鹿でした。赤ワインにも合う。









■デザート、きた!
f0232060_11533049.jpg
「ルボンヴィボン」さんのデザートは、プレートで持ってきてくれます。種類豊富で、この他にもアイスも多数あります。ハーフサイズも可能。サンプル見て選べるのは、やっぱり楽しい。







■5品目
f0232060_11533455.jpg
デザートはハーフサイズでちょこちょこと盛ってもらいました。いつも食べてる牛乳のアイスは必須。









■食後の飲み物
f0232060_11533792.jpg
食後の紅茶。たっぷり出てきます。
by meshi-quest | 2017-07-07 08:08 | 吉祥寺








御苑を望む絶好のロケーションにあるかわいい一軒家フレンチ、


「ル・ビストロ・ダ・コテ」でランチ。


f0232060_1164122.jpg


f0232060_1164587.jpg









実は、だいぶ前にお邪魔していたことがあったのだが、


その時は、正直、印象に残るものがなくて、しばらく来てなかった。


久しぶりにふとお邪魔してみたら、外観や内装はそのままに、


味が格段に変わってて、美味しくなっていて、驚いた。


スタッフにお聞きしたところ、昔の先代から今のシェフに代が変わったのだそう。









シンプルながらも、ソースなどちゃんと丁寧に作られてて、


1品1品もすごくボリュームがあり、味も濃いめでとても好み。


前菜にメインが2品選べて、デザートまでついて3150円は、めちゃくちゃお得。


f0232060_1112223.jpg


f0232060_11121432.jpg


f0232060_1112175.jpg


f0232060_11122228.jpg






お店って、ずっと一律じゃないから、


こうやってふとたまに来ると大きな発見があったりする。


逆に、好きだったお店の味が変わって行かなくなってしまうこともあるけど、


捨てる食神(しょくがみ)あれば、拾う食神あり。


しばらくハマりそうな、久しぶりにいいフレンチランチに出会った。





■「ル・ビストロ・ダ・コテ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13000994/








■今日のカメ

■「ル・ビストロ・ダ・コテ」
f0232060_1164122.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。御苑が見える路地にあります。ピンク色のかわいらしい外観が目印。








■店内の様子
f0232060_1164587.jpg
テーブルのみ。席数は少なめ。御苑という場所柄もあり、こじんまりしている感じが、このかわいい外観と内装にすごく合ってて、いい感じ。








■パン
f0232060_11212529.jpg
しっかりと小麦の味がする美味しいバケット。










■1品目
f0232060_1112223.jpg
前菜1品、メイン2品、デザート1品の3150円のコースにしました。かなりメニュー豊富で悩みますが、前菜は「春キャベツと魚介のリゾット」に。メイン?と思うくらいのしっかりとしたボリュームに、濃厚なアメリケーヌソースがめちゃくちゃ美味しい。このリゾット、すごく好き。






■2品目
f0232060_11235069.jpg
メイン1つめは、「白身魚ヴァプール エビミンチ フキノトウ ソースアメリケーヌ」にしました。海老好きとして、もう1品アメリケーヌソースを。白身魚がフワフワで、濃厚なアメリケーヌと抜群の相性。ランチからこんな美味しいアメリケーヌ食べれて幸せ。





■3品目
f0232060_11263592.jpg
メイン2つめは、「仔羊のハンバーグトマト煮込み クスクス添え」です。これもしっかりとしたボリュームで、かつ、仔羊のハンバーグがジューシーで美味しい。これも好み。







■4品目
f0232060_11284896.jpg
デザートも豊富で迷いましたが、「紅茶のミルクレープ」にしました。これも紅茶の香りがしっかり出ていて、甘さもちょうど良く、とても美味しい。
by meshi-quest | 2017-07-06 08:08 | 新宿








毎月コースが切り替わる度にお邪魔している、


大好きな裏原ビストロ「kiki キキ」でランチ。


f0232060_1605346.jpg










今日は、1品目から大きなプレゼントボックスが登場し、


開けてみると、初夏の到来を感じる、酸味と甘味のガスパチョからスタート。


f0232060_1625596.jpg


f0232060_163070.jpg


f0232060_163450.jpg










初夏を想起させるような、華やかで、爽やかな料理が続き、


外は日増しに暑くなり、暑さが苦手な私の顔は逆に日増しに曇りがちだが、


そんな私にすら、一瞬「夏も悪くないなあ」と思わせてしまうようなコースだった。


イチジクのフリット、初めて食べたけど、


イチジクは揚げても美味しいんだな。有能なフルーツだ。


f0232060_1672431.jpg


f0232060_1673133.jpg


f0232060_1673553.jpg


f0232060_1674063.jpg


f0232060_1674527.jpg


f0232060_1674846.jpg





次回のコースも、今からすごく楽しみ。






■「ビストロ kiki」
http://kikioishii.com/








■今日のカメ

■「kiki」
f0232060_1605346.jpg
副都心線「明治神宮前駅」から徒歩1分ほど。JR原宿駅からも歩けます。大通りから1本中に入った路地裏にあります。







■ドリンク
f0232060_1611133.jpg
お気に入りのいつものドリンク。「マルコポーロ&ローズ&梅」(700円)。









■パン
f0232060_16114090.jpg
風味がとても良いライ麦パン。「kiki」のパンは、好みです。









■大きなボックス、きた!
f0232060_1625596.jpg
1品目は、大きなプレゼントボックスが登場。









■中を開けると・・・
f0232060_163070.jpg
真っ赤なグラスが2つ入っていました。









■1品目
f0232060_163450.jpg
デラウェアの入った、爽やかな酸味のガスパチョです。








■2品目
f0232060_1672431.jpg
「無花果(いちじく)のカツレツ」です。揚げたイチジクを初めて食べましたが、ジューシーで揚げてもすごく美味しい!







■3品目
f0232060_10525445.jpg
「ほうじ茶と雲丹のロワイヤル」です。ほうじ茶と雲丹の組み合わせは初めてでしたが、ほうじ茶の香りと雲丹のあまみがすごく合ってて、とても好みでした。







■4品目
f0232060_1674063.jpg
華やかなリヨン風サラダ。葉物のサラダだけでなく、玉子、パン、ベーコンなどいろんな具が入ってて、食べごたえがあります。







■5品目
f0232060_1674527.jpg
「焼きブータンオマール」。オマール海老をすりつぶしたものがスフレのようになっていて、そこに濃厚な海老ソースがかかっています。海老好きにはたまらない一品。







■6品目
f0232060_10582063.jpg
メインディッシュは、富士鶏と鮎。サッパリとした鶏に、濃厚な鮎のクリーミーなソース。鶏と鮎の不思議な組み合わせ。








■7品目
f0232060_10594413.jpg
なんと、このソルベ、焼き茄子で出来てます。食べると、ほのかに燻製のような香りもして、ちゃんと焼き茄子です。でも、冷たくて、ほんのり甘くて、ちゃんとソルベでもあります。そして、すごく美味しいですw。







■8品目
f0232060_1112341.jpg
ジンのジュレとスイカを合わせたさわやかなデザート。







幡ヶ谷に1人でも気軽に行ける美味しいカウンターフレンチがあると聞き、


「Saint FAUCON サンフォコン」へ。


f0232060_1726036.jpg


f0232060_17313619.jpg








「ポイント制」という、


とても面白いメニュースタイルを取っていて、


3800円だと持ち点4点、5000円だと持ち点6点で、


メニューを見ると、前菜とデザートが1点、通常メインが2点、


仔羊や鴨などの大物のメインが3点になってて、


この持ち点の中で、自由にコースを組めるようになっている。







なので、お酒を飲みたい人は前菜で4品×1点で4点使ってもいいし、


前菜いらないからメイン2点×1品に、デザート1点×2品も出来てしまう。






私は当然ガッツリ5000円コースで、持ち点6をゲット!


さーて、ここからが悩みどころなのだが、


前菜2ついって、通常メインにいくか、


いやいや、前菜1つで、大物メインいくか・・・


結局、いいとこ取りで、前菜1点、通常メイン2点、大物メイン3点、合計6点で、


デザートを諦めて、しっかり飯を食うことにした。


f0232060_21314047.jpg


f0232060_21325071.jpg


f0232060_21333423.jpg








ポイント制、いいなあ。


自由奔放気まぐれなお一人様ディナーにはちょうどいい。


山鳩などのジビエもやられるそうなので、ぜひまたお邪魔したいと思う。






■「サンフォコン」
https://saint-faucon.jimdo.com/








■今日のカメ

■「サンフォコン」
f0232060_1726036.jpg
京王新線「幡ヶ谷駅」から徒歩3分ほど。商店街からちょっと路地に入ったところにあります。

5000円の6点コースにしました。







■1品目
f0232060_21314047.jpg
前菜はどれも1点で、本日は5種類ありました。その中で「パテドフォア」というレバームースっぽい前菜をいただきました。まろやかで臭みのないレバー。付け合わせはパンデピスという、スパイス入りの甘いパン。







■2品目
f0232060_2133317.jpg
通常メインは2ポイントで3種類ありました。これは、イサキのポワレ。アサリの出汁がしっかり出ています。









■3品目
f0232060_21331625.jpg
大物メインは3ポイントで、本日は鴨と仔羊の2種。鴨ローストをいただきました。さすが、3点メニューだけあって、ボリューム満点。柔らかくて美味しい鴨でした。







懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」で、


室田シェフ自慢のジビエ料理をたっぷり織り交ぜた特別コースをいただく。


f0232060_14225292.jpg


f0232060_14233222.jpg


f0232060_1423197.jpg











相変わらずのアートのように美しく、そして、美味しい料理に感激。


f0232060_14334332.jpg


f0232060_1434153.jpg


f0232060_14342249.jpg


f0232060_14342913.jpg


f0232060_14343425.jpg


f0232060_14351382.jpg


f0232060_14351545.jpg


f0232060_14352070.jpg









室田シェフは、私のメシクエレベル上げのために(笑)、


いつも経験値がガバッと上がりそうなレアな食材だったり、


普段は出さないような特別な料理だったりを必ず織り交ぜてくれるのだが、


今日は、2つ、飛躍的にメシクエの経験値が入った。








1つは、初めて食べたウミガメ


日本の小笠原父島で年間100頭だけ捕獲が許されている超貴重な食材。


スッポンとも、アンコウとも違う、また独特な食感とゼラチン質な肉だった。


f0232060_14404454.jpg


f0232060_14404859.jpg






フランス料理にウミガメ?!と思う人もいるかもしれないが、


実は、古いフランス料理の本にも出てくるほど、


ウミガメ料理は親しまれていたのだそう。








そして、2つ目。


本日のメインディッシュになった
「リエーブルアラロワイヤル」


王様のために作られた究極のうさぎ料理。


王様になった気分でいただいた。


f0232060_14442369.jpg


f0232060_14442717.jpg








フランス料理を目指すシェフが最後にたどり着く、


非常に難しく、繊細で、特別な料理なのだそう。







最後は、キジの脂を使ったフィナンシェ「キジンシェ」。


「ラチュレ」に来ると、いつも驚きと感動があり、ものすごい経験値が入る。


f0232060_1447568.jpg









■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/








■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_14225292.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_1423197.jpg
カウンターとテーブル。席数は少なめですが、席の間隔が空いてて、スタッフの皆さんがすごくフレンドリーなので、かなりくつろいで、ゆっくり食事が楽しめます。







■テーブルセット
f0232060_14495365.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■ワイン
f0232060_14503118.jpg
ソムリエさんが私が飲めそうで、好きそうな白を用意しておいてくれたので、珍しく白スタート。









■1品目
f0232060_14513429.jpg
本物の鹿の毛皮を使って、それを皿に見立てたアミューズ。









■アップ
f0232060_14531079.jpg
鹿の血のブータンノワールを挟んだマカロン。









■2品目
f0232060_1434153.jpg
一輪挿しが登場。









■アップ
f0232060_14342249.jpg
大分県のアライグマを使ったテリーヌ。しっかりと肉の味がします。









■3品目
f0232060_14555047.jpg
真つぶ貝のソテー。とても甘味がある貝です。白い貝の入れ物も美しい。









■パン
f0232060_1457258.jpg
小麦の味がしっかりと感じられる美味しいパン。









■4品目
f0232060_14575474.jpg
意外と食べたことがなかったキジの温泉卵。鶏よりも黄身が濃く、濃厚な味わい。和のテストが残る日本らしいジビエ料理。出汁もキジを煮詰めたコンソメで、いい香り。







■5品目
f0232060_14595521.jpg
華やかな魚料理。ノルウェー産サーモンを38度で低温調理した一品。ソースは、バターパセリに、広島産レモン、ハーブを加えた爽やかな味わい。







■6品目
f0232060_14351382.jpg
野草のサラダ。その草原を走る野イノシシの肉を添えています。野草は、苦みがあったり、独特の風味がありますが、これが濃厚なジビエに合っていて、胃腸に良さそうな感じw。







■7品目
f0232060_14404454.jpg
生まれて初めて食べたウミガメ。年間100頭で、偶然たまたま入荷できた時にお邪魔したので、超ラッキー。コラーゲンたっぷりですが、泳いでいるせいか、肉は意外と筋肉質。珍しい食材に出会えて、今年もいいことありそうだ!







■8品目
f0232060_1553884.jpg
北海道の畜産家・武藤さんが育てた羊。脂が甘くて、すごく美味しい。付け合わせに、アスパラソバージュと藤の花。







■9品目
f0232060_14442369.jpg
メインディッシュの王様料理「リエーブルアラロワイヤル」。1週間熟成させた青森県産のうさぎを料理。もうどうやって出来ているか全く分からないw。トリュフもフォアグラも使われてて、豪華。ただ、かなりジビエの風味が濃厚なので、ジビエを食べなれてない人には厳しいかも。







■10品目
f0232060_1592841.jpg
「ラチュレ」はジビエ料理ももちろんのこと、コース後のデザートもめちゃくちゃ変わっていて、美味しいです。今回は、なんと「ふきのとう」とイチゴを使ったデザート。このふきのとうの独特な風味が甘さを抑えていて、すごく美味しい!!ふきのとうのデザートなんて、初めて食べた。






■食後の飲み物
f0232060_15304059.jpg
野草の新鮮なよもぎをそのまま使ったお茶。ハーブティーっぽさもありながら、和の雰囲気もある、不思議なお茶。









■小菓子
f0232060_1447568.jpg
冬場はクマの脂を使った「クマンシェ」でしたが、今回はキジの脂を使ったフィナンシェ「キジンシェ」。牛のバターではないなという感じはするけど、ほとんど気づかないくらい馴染んでる。クマンシェの方が、クマっぽかったw。
by meshi-quest | 2017-06-26 08:08 | 渋谷・神泉








ご招待いただき、東京湾が一望できる竹芝埠頭のそばのレストラン、


「T'SUKI Sur La Mar ツキ シュール ラメール」でディナー。


入口からして、すでにレッドカーペット。


内装も夜景もめちゃくちゃロマンチック。


f0232060_1151713.jpg


f0232060_1153775.jpg


f0232060_1155469.jpg


f0232060_1155010.jpg










料理は、プリフィックスのフレンチコース。


代官山の人気テリーヌレストラン「レザンファンギャテ」の系列店だそうで、


コースには、「ギャテ」でも出てくる人気テリーヌが多数選べる。


f0232060_11103015.jpg


f0232060_11103498.jpg


f0232060_1111113.jpg


f0232060_111149.jpg









今回は注文しなかったが、店内にはなんと寿司カウンターも併設されており、


フレンチを食べた後に、まだちょっと食べたりない方は、


そのまま〆に寿司を注文することもできる至れり尽くせり仕様。








ウェディングもやっているそうで、


料理も雰囲気もひたすらロマンチック仕様なので、


ここぞというデートや家族の記念日などに良さそうなレストラン。






■「ツキ シュール ラメール」
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13049738/








■今日のカメ

■「ツキ シュール ラメール」
f0232060_1151713.jpg
ゆりかもめ「竹芝駅」から徒歩3分ほど。JR浜松町駅からも歩けます。ホテルインターコンチネンタル東京ベイの隣の白いお城のようなレストランです。







■店内の様子
f0232060_1155469.jpg
ウェディング会場にも使う広い空間にテーブルが点在していて、プライベートが保たれるようになっています。








■東京湾の夜景
f0232060_1155010.jpg
窓側の席からは東京湾の綺麗な夜景が一望できます。









■テーブルセット
f0232060_11212593.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■アミューズ
f0232060_11213072.jpg
アミューズからテリーヌです。









■アップ
f0232060_11103015.jpg
本日のアミューズテリーヌは、「カニと青海苔のテリーヌ」。磯の香りが口の中にふわっと広がる美味しいテリーヌです。







■パン
f0232060_11243289.jpg
固めのしっかりしたバケット。









■2品目
f0232060_11264473.jpg
前菜は、すべてテリーヌで、メニューにある5つの中から選べます。悩んだ末、サーモンを使った本日のスペシャルテリーヌにしました。







■3品目
f0232060_11275120.jpg
メインは、肉魚など、メニューの6種の中から選べます。本日のスペシャルになっていたドロ豚のローストにしました。シンプルなスタイルのメインですが、柔らかくて美味しくできていました。







■4品目
f0232060_11381817.jpg
デザートは3つから。イチゴ好きなので、「苺、キウイ、ミントのコラージュ ~ホワイトバルサミコを加えたイチゴのコンフィチュールと濃厚なミルクソルベと共に~」にしました。華やか。甘さもちょうどよい感じ。
by meshi-quest | 2017-06-22 08:05








都内で私が愛しているフレンチの1つ、


北参道「Sincere シンシア」でディナー。


f0232060_16514097.jpg


f0232060_16515074.jpg









石井シェフのオートクチュールコースをいただく。


神泉にあった伝説のフレンチ「bacar バカール」からの常連客だったので、


石井シェフとはお付き合いが長く、私が異様にたくさん食べることも(笑)、


食べ物の好みもよく知っていただけてるので、


食材もボリュームも、究極のオートクチュールになった。


f0232060_16563174.jpg


f0232060_16565148.jpg


f0232060_165709.jpg


f0232060_1657429.jpg


f0232060_16575764.jpg


f0232060_1658490.jpg


f0232060_1658751.jpg


f0232060_165925100.jpg


f0232060_16593943.jpg


f0232060_16594763.jpg









最後の小菓子は、ジオラマのような一品。


この中に食べれるものが3つ隠れてて、


2つは比較的簡単に見つかるのだが、結局最後の1つは当てられず・・・。


答え合わせを聞いて、まさか、コレ食べれるの?!というモノで驚いた。


f0232060_172443.jpg









帰りがけに「よく食べたなー」と、作った石井シェフ自ら笑われるほど、食べた。


しかし、こんなに食べても、不思議と胃が重くなったり、苦しくなったりしないのは、


私の胃腸の強さではなく、やっぱり石井シェフの油や砂糖の使い方だったり、


調理法や出す順番含めて、緻密に計算して料理を出してくれてるからだと思う。


相変わらず、本当に美味しくて、本当にすごいフレンチ。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/









■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_16514097.jpg
副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。







■店内の様子
f0232060_1755996.jpg
テーブルのみ。オープンキッチンに向かって、キッチンが見えるように席が配置されているので、食事中も楽しい。







■テーブルセット
f0232060_1773484.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■ワイン①
f0232060_178424.jpg
酸味が苦手な私に用意してくれた甘めの白ワイン。









■パン
f0232060_17115643.jpg
「シンシア」の選べる特製手作りパン。いつもどれにしようか迷う・・・。








■これに決定!
f0232060_1713162.jpg
いつもの「Sincere」の刻印が入ったブリオッシュと、赤ワインのパン。









■オマールブルー!
f0232060_16563174.jpg
海老好きの私にいつも用意してくれるブルターニュ産の活オマール海老。美しいその青さから「オマールブルー」と呼ばれている一品。楽しみ!!








■1品目
f0232060_16565148.jpg
グリーンピースのカプチーノ。グリーンピースだけの甘味で作っているそうですが、ビックリするくらい甘い。









■アップ
f0232060_1717517.jpg
オマールブルーがメインディッシュかと思いきや、なんと前菜からオマールw。しっかりココに入っています。








■2品目
f0232060_1657429.jpg
豪華な5つのアミューズの盛り合わせ。









■アップ①
f0232060_17211310.jpg
定番の「5つの味のするトマト」。酸味、甘味、苦味など、不思議と5つの味を感じます。









■アップ②
f0232060_17231641.jpg
サーモンとフロマージュブランの組み合わせ。









■アップ③
f0232060_1724114.jpg
「朝食」をイメージして作られたというかわいいアミューズ。卵と、パンと、ハム。まさに朝食w。









■アップ④
f0232060_17252943.jpg
アメリカンドッグみたいな、かわいいアミューズ。中にはブーダンノワールが入っています。









■アップ⑤
f0232060_17264148.jpg
カカオ生地の中にパテ・アン・クルートが入っています。









■3品目
f0232060_17282240.jpg
千葉県の清流を泳ぐニジマスの稚魚。てっきり、鮎かと思ったら、なんとニジマス。鮎よりコクがあって、甘味もあり、美味しい!







■ワイン②
f0232060_17314826.jpg
あまり白ワインは飲まないのですが、今日は何となく2杯目。さっぱりとした甘さの貴腐ワイン。









■4品目
f0232060_17324410.jpg
5つの組み合わせで味わうフォアグラのコンフィ。ルバーブなど、付け合わせになっている5つの異なる味で、好きな食べ方ができるフォアグラ。







■5品目
f0232060_17344229.jpg
ホワイトアスパラガスとアオリイカ。アスパラは、ソテーとムースの2種。









■6品目
f0232060_17364321.jpg
黒アワビ。ホロホロ鳥とハマグリのソース。トリュフやタケノコも入っています。いい香り!









■7品目
f0232060_17374092.jpg
甘鯛のウロコ焼き。ウロコがサクサクでめちゃくちゃ美味しい。私が沖縄の会社と仕事をしているので、ソースには沖縄のパッションフルーツを使ってくださったのだそう。







■8品目
f0232060_17391245.jpg
ここまでどれもメインディッシュ級の料理でしたが、ようやく本当のメインディッシュw。今日のメインは、16年ぶりに届いたというフランス産の仔羊のロースト。脂のバランスがすごく良くて、絶品な仔羊でした!







■9品目
f0232060_17424619.jpg
〆の鉄鍋ご飯は4種から選べて、今日は桜エビのフリットとタケノコにしました。









■10品目
f0232060_1744783.jpg
デザートは2種。まずは、エルダーフラワーと大葉のフロマージュ。サッパリして、口直しにちょうどいい一品。









■11品目
f0232060_17451195.jpg
焼きたてのフワフワなスフレに、いちごとビーツを合わせた鮮やかなデザート。









■食後の飲み物
f0232060_17462867.jpg
ブレンドティー。









■食後の小菓子
f0232060_172443.jpg
間違い探しをするかのように楽しめる食後の小菓子。この中に3つ、食べれるものが。









■お土産
f0232060_1748213.jpg
冷蔵庫に冷やして、明日食べるとちょうど美味しいというお土産。明日もシンシアが楽しめる!









■中身はマカロン
f0232060_17491844.jpg
お土産の中身は、カカオのマカロンです。








新宿御苑前にある料理がおいしいビストロ、


「シャルトロ」でお1人様ディナー。


f0232060_15515854.jpg


f0232060_15524910.jpg


f0232060_1553040.jpg








1人用にハーフサイズなども快く対応してくれるので、


食べたい料理を色々と頼ませてもらえるのがありがたい。


食べたい時に食べたいものを『食べたい量で』食べれるのが一番幸せ。


f0232060_15581651.jpg


f0232060_1559362.jpg


f0232060_15592443.jpg


f0232060_15594524.jpg








■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf








■今日のカメ

■「シャルトロ」
f0232060_15515854.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩6分ほど。新宿御苑の大木戸門側の路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_15524910.jpg
カウンターとテーブル。席数は少なめです。









■赤ワイン
f0232060_1553040.jpg
お店おすすめの赤ワインをグラスで。









■アミューズ
f0232060_15581651.jpg
白ニンジンのポタージュ。甘味あって濃厚で美味しい。









■1品目
f0232060_16273357.jpg
シャルキュトリーの盛り合わせ。1人前ハーフサイズ。鶏のレバームース、豚と鶏の自家製パテなど。








■パン
f0232060_16285623.jpg
食べやすくてコクがあるバケット。









■2品目
f0232060_16293281.jpg
ウォッシュチーズ。マンステール。









■3品目
f0232060_16302066.jpg
ツブ貝とキノコのブルゴーニュバターソテー。ブルゴーニュバター大好き!パンに付けても美味しい。









■4品目
f0232060_15592443.jpg
1本から茹でてくれるイタリア産ホワイトアスパラ(1本650円)。とても甘味があります。









■5品目
f0232060_16363230.jpg
スミイカとスナップエンドウのアンチョビバター炒め。これもハーフサイズ。









■6品目
f0232060_16374683.jpg
「牛サガリのロースト 粒マスタードソース」(1800円)です。ランチでやっている牛サガリの絶品リゾットも、このメインディッシュのお肉。柔らかくて、ジューシー。
by meshi-quest | 2017-06-15 08:08 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ