タグ:メシクエおすすめ! ( 1111 ) タグの人気記事








幡ヶ谷に1人でも気軽に行ける美味しいカウンターフレンチがあると聞き、


「Saint FAUCON サンフォコン」へ。


f0232060_1726036.jpg


f0232060_17313619.jpg








「ポイント制」という、


とても面白いメニュースタイルを取っていて、


3800円だと持ち点4点、5000円だと持ち点6点で、


メニューを見ると、前菜とデザートが1点、通常メインが2点、


仔羊や鴨などの大物のメインが3点になってて、


この持ち点の中で、自由にコースを組めるようになっている。







なので、お酒を飲みたい人は前菜で4品×1点で4点使ってもいいし、


前菜いらないからメイン2点×1品に、デザート1点×2品も出来てしまう。






私は当然ガッツリ5000円コースで、持ち点6をゲット!


さーて、ここからが悩みどころなのだが、


前菜2ついって、通常メインにいくか、


いやいや、前菜1つで、大物メインいくか・・・


結局、いいとこ取りで、前菜1点、通常メイン2点、大物メイン3点、合計6点で、


デザートを諦めて、しっかり飯を食うことにした。


f0232060_21314047.jpg


f0232060_21325071.jpg


f0232060_21333423.jpg








ポイント制、いいなあ。


自由奔放気まぐれなお一人様ディナーにはちょうどいい。


山鳩などのジビエもやられるそうなので、ぜひまたお邪魔したいと思う。






■「サンフォコン」
https://saint-faucon.jimdo.com/








■今日のカメ

■「サンフォコン」
f0232060_1726036.jpg
京王新線「幡ヶ谷駅」から徒歩3分ほど。商店街からちょっと路地に入ったところにあります。

5000円の6点コースにしました。







■1品目
f0232060_21314047.jpg
前菜はどれも1点で、本日は5種類ありました。その中で「パテドフォア」というレバームースっぽい前菜をいただきました。まろやかで臭みのないレバー。付け合わせはパンデピスという、スパイス入りの甘いパン。







■2品目
f0232060_2133317.jpg
通常メインは2ポイントで3種類ありました。これは、イサキのポワレ。アサリの出汁がしっかり出ています。









■3品目
f0232060_21331625.jpg
大物メインは3ポイントで、本日は鴨と仔羊の2種。鴨ローストをいただきました。さすが、3点メニューだけあって、ボリューム満点。柔らかくて美味しい鴨でした。








最近よくお邪魔させてもらっている四谷三丁目のサイエンスバー、


「INCUBATOR インキュベーター」へ。









マスターが元理系の研究者で、


雰囲気重視のなんちゃって理系バーと違い、


本当に研究室に来てしまったかのような本格仕様。


f0232060_15454910.jpg


f0232060_15455720.jpg


f0232060_1546117.jpg









メニューも理科の教科書を読んでいるかのようで、


f0232060_15484013.jpg


f0232060_15484329.jpg









理系アレルギーがある人には落ち着かないかもしれないが(笑)、


その昔、高校で「選択生物」まで取っていたくらい理科、


というか理科の実験が好きだった人間には、すごく楽しい。


決して、理科の勉強ができたわけではなく、


白衣や試験管とか、理系グッズがやたら好きだったんだよね。









ゲーム関係者は理系出身の方も多く、かつ、夜中遅くまでやっているので、


飲みながら企画の打ち合わせをここでさせてもらったりしてる。








ハイボールも当然ビーカーで。


ワインは、色々試せるように、試験管で支給。


私が飲むと、生き血を飲んでいるようだともっぱらの評判。


お褒めいただき、ありがとうございます。


f0232060_15511254.jpg


f0232060_15511546.jpg


f0232060_15511974.jpg









つまみも面白くて、チーズとかアルコールランプで炙る。


この「インキュベーター」に来て、実にうん十年ぶりくらいに、


アルコールランプを触った(笑)。


火の消し方とか、ちゃんと理系ルールがあって、一応まだ覚えてた。


f0232060_1553944.jpg


f0232060_15531287.jpg








■「サイエンスバー インキュベーター」
https://bimi.jorudan.co.jp/shop/37967/







by meshi-quest | 2017-06-27 08:08 | 四谷







懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」で、


室田シェフ自慢のジビエ料理をたっぷり織り交ぜた特別コースをいただく。


f0232060_14225292.jpg


f0232060_14233222.jpg


f0232060_1423197.jpg











相変わらずのアートのように美しく、そして、美味しい料理に感激。


f0232060_14334332.jpg


f0232060_1434153.jpg


f0232060_14342249.jpg


f0232060_14342913.jpg


f0232060_14343425.jpg


f0232060_14351382.jpg


f0232060_14351545.jpg


f0232060_14352070.jpg









室田シェフは、私のメシクエレベル上げのために(笑)、


いつも経験値がガバッと上がりそうなレアな食材だったり、


普段は出さないような特別な料理だったりを必ず織り交ぜてくれるのだが、


今日は、2つ、飛躍的にメシクエの経験値が入った。








1つは、初めて食べたウミガメ


日本の小笠原父島で年間100頭だけ捕獲が許されている超貴重な食材。


スッポンとも、アンコウとも違う、また独特な食感とゼラチン質な肉だった。


f0232060_14404454.jpg


f0232060_14404859.jpg






フランス料理にウミガメ?!と思う人もいるかもしれないが、


実は、古いフランス料理の本にも出てくるほど、


ウミガメ料理は親しまれていたのだそう。








そして、2つ目。


本日のメインディッシュになった
「リエーブルアラロワイヤル」


王様のために作られた究極のうさぎ料理。


王様になった気分でいただいた。


f0232060_14442369.jpg


f0232060_14442717.jpg








フランス料理を目指すシェフが最後にたどり着く、


非常に難しく、繊細で、特別な料理なのだそう。







最後は、キジの脂を使ったフィナンシェ「キジンシェ」。


「ラチュレ」に来ると、いつも驚きと感動があり、ものすごい経験値が入る。


f0232060_1447568.jpg









■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/








■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_14225292.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_1423197.jpg
カウンターとテーブル。席数は少なめですが、席の間隔が空いてて、スタッフの皆さんがすごくフレンドリーなので、かなりくつろいで、ゆっくり食事が楽しめます。







■テーブルセット
f0232060_14495365.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■ワイン
f0232060_14503118.jpg
ソムリエさんが私が飲めそうで、好きそうな白を用意しておいてくれたので、珍しく白スタート。









■1品目
f0232060_14513429.jpg
本物の鹿の毛皮を使って、それを皿に見立てたアミューズ。









■アップ
f0232060_14531079.jpg
鹿の血のブータンノワールを挟んだマカロン。









■2品目
f0232060_1434153.jpg
一輪挿しが登場。









■アップ
f0232060_14342249.jpg
大分県のアライグマを使ったテリーヌ。しっかりと肉の味がします。









■3品目
f0232060_14555047.jpg
真つぶ貝のソテー。とても甘味がある貝です。白い貝の入れ物も美しい。









■パン
f0232060_1457258.jpg
小麦の味がしっかりと感じられる美味しいパン。









■4品目
f0232060_14575474.jpg
意外と食べたことがなかったキジの温泉卵。鶏よりも黄身が濃く、濃厚な味わい。和のテストが残る日本らしいジビエ料理。出汁もキジを煮詰めたコンソメで、いい香り。







■5品目
f0232060_14595521.jpg
華やかな魚料理。ノルウェー産サーモンを38度で低温調理した一品。ソースは、バターパセリに、広島産レモン、ハーブを加えた爽やかな味わい。







■6品目
f0232060_14351382.jpg
野草のサラダ。その草原を走る野イノシシの肉を添えています。野草は、苦みがあったり、独特の風味がありますが、これが濃厚なジビエに合っていて、胃腸に良さそうな感じw。







■7品目
f0232060_14404454.jpg
生まれて初めて食べたウミガメ。年間100頭で、偶然たまたま入荷できた時にお邪魔したので、超ラッキー。コラーゲンたっぷりですが、泳いでいるせいか、肉は意外と筋肉質。珍しい食材に出会えて、今年もいいことありそうだ!







■8品目
f0232060_1553884.jpg
北海道の畜産家・武藤さんが育てた羊。脂が甘くて、すごく美味しい。付け合わせに、アスパラソバージュと藤の花。







■9品目
f0232060_14442369.jpg
メインディッシュの王様料理「リエーブルアラロワイヤル」。1週間熟成させた青森県産のうさぎを料理。もうどうやって出来ているか全く分からないw。トリュフもフォアグラも使われてて、豪華。ただ、かなりジビエの風味が濃厚なので、ジビエを食べなれてない人には厳しいかも。







■10品目
f0232060_1592841.jpg
「ラチュレ」はジビエ料理ももちろんのこと、コース後のデザートもめちゃくちゃ変わっていて、美味しいです。今回は、なんと「ふきのとう」とイチゴを使ったデザート。このふきのとうの独特な風味が甘さを抑えていて、すごく美味しい!!ふきのとうのデザートなんて、初めて食べた。






■食後の飲み物
f0232060_15304059.jpg
野草の新鮮なよもぎをそのまま使ったお茶。ハーブティーっぽさもありながら、和の雰囲気もある、不思議なお茶。









■小菓子
f0232060_1447568.jpg
冬場はクマの脂を使った「クマンシェ」でしたが、今回はキジの脂を使ったフィナンシェ「キジンシェ」。牛のバターではないなという感じはするけど、ほとんど気づかないくらい馴染んでる。クマンシェの方が、クマっぽかったw。
by meshi-quest | 2017-06-26 08:08 | 渋谷・神泉







仲良くさせてもらっている「ゴブラン」で軽く飲みながら食事。


閉店間際でお客さんもほぼ帰っていたので、ゆったりさせてもらった。


f0232060_1462279.jpg


f0232060_146268.jpg


f0232060_1463614.jpg









赤ワインを飲みながら、大好きなウォッシュチーズを食べて、料理を待つ。


f0232060_1473873.jpg


f0232060_1474280.jpg


f0232060_1474551.jpg









お気に入りのキノコと海老のブルゴーニュバターソテーが登場。


ブルゴーニュバターは、バターをかなり使うので、


美味しい店とイマイチな店が一口目で分かるほどハッキリ出るが、


「ゴブラン」のブルゴーニュバターはホント美味しい。


この濃厚さがたまらない。


なんか行くたびに、コレばっか食べてるな、私。


f0232060_14112659.jpg


f0232060_14112938.jpg








■「ゴブラン」
https://www.facebook.com/Gobelins.kichijoji








by meshi-quest | 2017-06-25 08:07 | 吉祥寺








吉祥寺でお気に入りの「吉祥寺「A.B.Cafe エビカフェ」で、


仕事をしながら、ちょっと遅めのランチ。


f0232060_12335293.jpg










仕事も出来て、電源もお借り出来て、


ご飯メニューが充実してて、食べながら作業出来て、


仕事に疲れたら、ドリンクやデザートも頼めて、


私の中では、吉祥寺で3本の指に入る便利で重宝しているカフェ。


f0232060_12363691.jpg


f0232060_12364026.jpg


f0232060_12364425.jpg










タルタルソースたっぷりのチキン南蛮、美味しかったなあ。


f0232060_1237316.jpg








■「A.B.Cafe エビカフェ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE12/SUB1202/100000014435/







by meshi-quest | 2017-06-24 08:07 | 吉祥寺








毎月恒例、吉祥寺にある人気イタリアン「ゴブラン」さん主催の


「肉山」3階特別室で行われる持ち込みワイン会に参加してきた。


懇意にさせてもらってる「ゴブラン」さんの会のおかげで、


最近は、何だかんだで、月一回必ず肉山登頂をしている山ガール気分。


f0232060_11492174.jpg


f0232060_11492470.jpg









こっちが2階の一般的な「肉山」の入口で、


f0232060_11502518.jpg




こっちが蛇の道(笑)、3階の常連用特別「肉山」登山道。


f0232060_11511443.jpg









月1登頂をしているセミプロ山ガールとしては、


このすでに大量に配備されているアルコールを乗り越え、


何としても本日も無事に下山を果たしたいところ。


f0232060_11532311.jpg


f0232060_11534423.jpg


f0232060_11534790.jpg


f0232060_11535180.jpg








相変わらずの怒涛の肉と、登山中のアルコール。


f0232060_11554578.jpg


f0232060_11554958.jpg


f0232060_11555736.jpg


f0232060_1156278.jpg


f0232060_1156635.jpg


f0232060_11562157.jpg


f0232060_11562334.jpg








最後の〆のTKGには、さらに肉山特製カレーの合いがけもして、


結構食べたし飲んだが、元気いっぱい今日も全員無事に下山してきた。


f0232060_11581970.jpg


f0232060_11584375.jpg








■「肉山」
http://www.kojin-shouten.com/wp/?page_id=29881








■今日のカメ

■「肉山」のさらに上
f0232060_11492470.jpg
JR吉祥寺駅から徒歩15分ほど。駅からは少し歩きます。2階が一般席で、3階が特別室で常連さんだけが使えるMAX10名ほどの個室。







■3階の様子
f0232060_11532311.jpg
毎月やっている吉祥寺「ゴブラン」さんのワイン会。今日は12名ほどの登山会になる模様。









■ワインいっぱい
f0232060_11534423.jpg
ワインビストロ「ゴブラン」さん持ち込みのワイン。この他に、「肉山」の飲み放題アルコールも多数。








■テーブルセット
f0232060_1244683.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■薬味など
f0232060_1251624.jpg
箸休めのキムチや、特製薬味など。









■1品目
f0232060_11554578.jpg
「肉山」特製のパテ。超厚切り。









■2品目
f0232060_1271749.jpg
特大エリンギの炭火焼き。肉の途中に挟まる野菜がいい感じの箸休めになります。









■3品目
f0232060_1282671.jpg
豚の赤身焼き。噛むと、豚の旨味が、肉汁と共に溢れてきます。









■4品目
f0232060_1210492.jpg
グリーンアスパラ。









■5品目
f0232060_11555736.jpg
自家製ソーセージ。濃厚で、お酒に合う味。









■6品目
f0232060_1156278.jpg
牛ももの炭火焼き。サッパリしていて、食べやすい。









■7品目
f0232060_1156635.jpg
牛カツ。ロースト系が続くので、ここで来る揚げ物がやけに美味しい。









■8品目
f0232060_11562157.jpg
牛のともさんかく。









■9品目
f0232060_12212381.jpg
箸休めのきゅうり。特製の甘味噌だれで。









■10品目
f0232060_11562334.jpg
最後は牛のランプ。









■11品目
f0232060_11581970.jpg
〆のご飯は、通常はTKGかカレーのどちらかを選ぶのですが、このワイン会ではどちらも食べれます。









■「肉山」カレー
f0232060_11584375.jpg
お好みでTKGの上からドバっと。肉山カレーはちょっとピリ辛で、飲んだ後にすごく合うカレー。
by meshi-quest | 2017-06-23 08:08 | 吉祥寺








6月上旬、新宿御苑前にオープンしたばかりの居酒屋、


「天ぷら串 山本家」へ。


赤坂見附にある「串天 山本家」の姉妹店。


f0232060_2259512.jpg


f0232060_2259917.jpg


f0232060_22591075.jpg










天ぷら串の名の通り、オーソドックスな天ぷらから、創作天ぷらまで、


1本から注文でき、串に刺さった状態で出してくれる。


f0232060_2314119.jpg


f0232060_231442.jpg


f0232060_2315260.jpg


f0232060_2315455.jpg








店主が徳島ご出身だそうで、徳島から仕入れた新鮮な食材を多用していて、


ボリュームもしっかりあって、サクサクで脂っこくなく、ちゃんと美味しい。


天ぷらは胃がもたれそう・・・という人でも大丈夫なクオリティー。








天ぷら以外のサブメニューも充実していて、


サラリーマンが多い新宿御苑で人気の居酒屋になりそう。


「山本家」名物のかしわ天と、徳島県の青海苔を使った出汁巻き、美味しかったな。


f0232060_2353621.jpg


f0232060_2355771.jpg








美味しくて、ちゃんとした天ぷらを食べようとすると、


どうしても堅苦しい感じの場所になってしまいがちだが、


これだけ気軽に美味しい天ぷらが食べれて、お酒も飲めるのはいい。






■「天ぷら串 山本家」
https://r.gnavi.co.jp/a7mgyzb30000/









■今日のカメ

■「天ぷら串 山本家」
f0232060_2259512.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩3分ほど。新宿御苑前の人気ハンバーグ店「ハンバーグウィル」の並びにあります。







■店内の様子
f0232060_22591075.jpg
カウンターとテーブル。奥に靴を脱いで座る座敷もあり、席数はそこそこあります。








■日本酒
f0232060_2313584.jpg
スッキリ辛口でおすすめしてもらった山形県楯野川酒造の「楯野川」。水のようにサラッとしてて、夏向きの日本酒。すごく飲みやすい!







■お通し
f0232060_23151853.jpg
少し酸味のある季節の野菜の煮びたし。









■1品目
f0232060_2317597.jpg
白菜とツナのシャキシャキサラダ(780円)。かなりボリュームあります。









■2品目
f0232060_23181830.jpg
「山本家」名物のかしわ天(280円)。タルタルソースたっぷりで、鶏も柔らかい。









■3品目
f0232060_23193570.jpg
徳島県椿泊漁港直送の足赤海老丸一匹天ぷら。殻ごとガブリといただきます。









■4品目
f0232060_23212282.jpg
玉子天。中からトロトロの黄身が出てきます。









■5品目
f0232060_23212685.jpg
徳島県産青海苔を使った出汁巻き玉子。玉子が緑色になるくらい青海苔いっぱい!青海苔のいい香りが口に広がります。








■天ぷら串①
f0232060_2314119.jpg
阿波どりのささ身串、ズッキーニ串など。









■天ぷら串②
f0232060_231442.jpg
ヤングコーン串、クリームチーズの海苔巻き串など。









■天ぷら串③
f0232060_2315260.jpg
イカ下足のたたき巾着串。油揚げの中にイカ下足のたたきがたっぷり入ってます。









■天ぷら串④
f0232060_2315455.jpg
阿波どりの手作りつくね串。









■サービス
f0232060_2328386.jpg
食後のサービスに大根とあげがたっぷり入った味噌汁が出ます。飲んだ後の味噌汁は、神のしずく!
by meshi-quest | 2017-06-20 08:07 | 新宿








大好きな和食屋「見晴料理店」で夕食。


めちゃくちゃ居心地いい空間でいただく、出汁の旨い本格的な和食が魅力。


f0232060_1416547.jpg


f0232060_14165776.jpg


f0232060_1419633.jpg










力強さを感じつつも、美しく、どこまでも優しくて、上品な和食。


「見晴料理店」さんの料理は、どれも凛としてるから、好き。


人も、モノも、凛としてるモノが私は好きだ。


f0232060_14231129.jpg


f0232060_14231646.jpg


f0232060_14231831.jpg


f0232060_1423236.jpg


f0232060_14423989.jpg


f0232060_14243327.jpg









大きなテーブルもあるので、複数でも行けるけど、


できれば、2人とか少人数でしみじみと語ったり、


もしくは、1人でゆっくり考え事をしたい時に勧めたいお店。






■「見晴料理店 みはらしりょうりてん」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13175249/








■今日のカメ

■「見晴料理店」
f0232060_1416547.jpg
JR西荻窪駅南口から徒歩10分ほど。中央線高架近くにあります。









■店内の様子
f0232060_14165776.jpg
カウンターとテーブル。華美な装飾はなく、シンプルな内装。広々としてて、居心地いいです。








■お酒①
f0232060_1419633.jpg
自家製梅酒のロックで乾杯。お通しは、小松菜とじゃがいものお浸し。








■1品目
f0232060_14231129.jpg
本日の前菜の盛り合わせ。谷中生姜の肉巻き、鯖寿司、ワカサギの南蛮漬けなど。









■2品目
f0232060_14305975.jpg
ヤリイカと隠元のおろし和え。「おろし和え」って初めて食べましたが、サッパリしていて、暑い時期にいい前菜です。








■3品目
f0232060_143164.jpg
「鰹三種、叩き、時雨煮、なまり節」です。その名の通り、鰹を3種の味で楽しめる一品。








■お酒②
f0232060_1431919.jpg
ここら辺で、日本酒投入。









■4品目
f0232060_1435464.jpg
「穴子煮と新馬鈴薯の素揚げ、山独活(やまうど)の揚げ出し」です。甘味ある新じゃがをすりつぶしたソースに穴子煮を付けて一緒にいただくのですが、これがめちゃくちゃ美味しい!







■5品目
f0232060_14355083.jpg
「稚鮎と姫筍のフリット、鮎のソース」です。鮎の肝を使った甘味と、ほんのり苦みのあるソースに、揚げた稚鮎と姫筍。日本酒が進む味。







■6品目
f0232060_14423989.jpg
「テリーヌのソテー、初夏」です。野菜や魚料理が多いですが、肉もちゃんとあります。テリーヌだけど、ちゃんと和を感じる優しい味。付け合わせは、アスパラと島らっきょう。







■7品目
f0232060_14243327.jpg
「鮎と芹の土鍋ご飯」。炊き立て、すごくいい香りがします。芹がいいアクセントになっていて、魚の香りを
上手に引き立たせています。







■アップ
f0232060_14472724.jpg
つみれのお吸い物と共に、いただきます。残ったご飯は、おにぎりにしてもらって、お土産に。
by meshi-quest | 2017-06-19 08:08 | 西荻窪








都内で私が愛しているフレンチの1つ、


北参道「Sincere シンシア」でディナー。


f0232060_16514097.jpg


f0232060_16515074.jpg









石井シェフのオートクチュールコースをいただく。


神泉にあった伝説のフレンチ「bacar バカール」からの常連客だったので、


石井シェフとはお付き合いが長く、私が異様にたくさん食べることも(笑)、


食べ物の好みもよく知っていただけてるので、


食材もボリュームも、究極のオートクチュールになった。


f0232060_16563174.jpg


f0232060_16565148.jpg


f0232060_165709.jpg


f0232060_1657429.jpg


f0232060_16575764.jpg


f0232060_1658490.jpg


f0232060_1658751.jpg


f0232060_165925100.jpg


f0232060_16593943.jpg


f0232060_16594763.jpg









最後の小菓子は、ジオラマのような一品。


この中に食べれるものが3つ隠れてて、


2つは比較的簡単に見つかるのだが、結局最後の1つは当てられず・・・。


答え合わせを聞いて、まさか、コレ食べれるの?!というモノで驚いた。


f0232060_172443.jpg









帰りがけに「よく食べたなー」と、作った石井シェフ自ら笑われるほど、食べた。


しかし、こんなに食べても、不思議と胃が重くなったり、苦しくなったりしないのは、


私の胃腸の強さではなく、やっぱり石井シェフの油や砂糖の使い方だったり、


調理法や出す順番含めて、緻密に計算して料理を出してくれてるからだと思う。


相変わらず、本当に美味しくて、本当にすごいフレンチ。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/









■今日のカメ

■「Sincere シンシア」
f0232060_16514097.jpg
副都心線「北参道駅」から徒歩5分ほど。JR代々木駅からも歩けます。北参道から奥に入った路地裏にあります。







■店内の様子
f0232060_1755996.jpg
テーブルのみ。オープンキッチンに向かって、キッチンが見えるように席が配置されているので、食事中も楽しい。







■テーブルセット
f0232060_1773484.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■ワイン①
f0232060_178424.jpg
酸味が苦手な私に用意してくれた甘めの白ワイン。









■パン
f0232060_17115643.jpg
「シンシア」の選べる特製手作りパン。いつもどれにしようか迷う・・・。








■これに決定!
f0232060_1713162.jpg
いつもの「Sincere」の刻印が入ったブリオッシュと、赤ワインのパン。









■オマールブルー!
f0232060_16563174.jpg
海老好きの私にいつも用意してくれるブルターニュ産の活オマール海老。美しいその青さから「オマールブルー」と呼ばれている一品。楽しみ!!








■1品目
f0232060_16565148.jpg
グリーンピースのカプチーノ。グリーンピースだけの甘味で作っているそうですが、ビックリするくらい甘い。









■アップ
f0232060_1717517.jpg
オマールブルーがメインディッシュかと思いきや、なんと前菜からオマールw。しっかりココに入っています。








■2品目
f0232060_1657429.jpg
豪華な5つのアミューズの盛り合わせ。









■アップ①
f0232060_17211310.jpg
定番の「5つの味のするトマト」。酸味、甘味、苦味など、不思議と5つの味を感じます。









■アップ②
f0232060_17231641.jpg
サーモンとフロマージュブランの組み合わせ。









■アップ③
f0232060_1724114.jpg
「朝食」をイメージして作られたというかわいいアミューズ。卵と、パンと、ハム。まさに朝食w。









■アップ④
f0232060_17252943.jpg
アメリカンドッグみたいな、かわいいアミューズ。中にはブーダンノワールが入っています。









■アップ⑤
f0232060_17264148.jpg
カカオ生地の中にパテ・アン・クルートが入っています。









■3品目
f0232060_17282240.jpg
千葉県の清流を泳ぐニジマスの稚魚。てっきり、鮎かと思ったら、なんとニジマス。鮎よりコクがあって、甘味もあり、美味しい!







■ワイン②
f0232060_17314826.jpg
あまり白ワインは飲まないのですが、今日は何となく2杯目。さっぱりとした甘さの貴腐ワイン。









■4品目
f0232060_17324410.jpg
5つの組み合わせで味わうフォアグラのコンフィ。ルバーブなど、付け合わせになっている5つの異なる味で、好きな食べ方ができるフォアグラ。







■5品目
f0232060_17344229.jpg
ホワイトアスパラガスとアオリイカ。アスパラは、ソテーとムースの2種。









■6品目
f0232060_17364321.jpg
黒アワビ。ホロホロ鳥とハマグリのソース。トリュフやタケノコも入っています。いい香り!









■7品目
f0232060_17374092.jpg
甘鯛のウロコ焼き。ウロコがサクサクでめちゃくちゃ美味しい。私が沖縄の会社と仕事をしているので、ソースには沖縄のパッションフルーツを使ってくださったのだそう。







■8品目
f0232060_17391245.jpg
ここまでどれもメインディッシュ級の料理でしたが、ようやく本当のメインディッシュw。今日のメインは、16年ぶりに届いたというフランス産の仔羊のロースト。脂のバランスがすごく良くて、絶品な仔羊でした!







■9品目
f0232060_17424619.jpg
〆の鉄鍋ご飯は4種から選べて、今日は桜エビのフリットとタケノコにしました。









■10品目
f0232060_1744783.jpg
デザートは2種。まずは、エルダーフラワーと大葉のフロマージュ。サッパリして、口直しにちょうどいい一品。









■11品目
f0232060_17451195.jpg
焼きたてのフワフワなスフレに、いちごとビーツを合わせた鮮やかなデザート。









■食後の飲み物
f0232060_17462867.jpg
ブレンドティー。









■食後の小菓子
f0232060_172443.jpg
間違い探しをするかのように楽しめる食後の小菓子。この中に3つ、食べれるものが。









■お土産
f0232060_1748213.jpg
冷蔵庫に冷やして、明日食べるとちょうど美味しいというお土産。明日もシンシアが楽しめる!









■中身はマカロン
f0232060_17491844.jpg
お土産の中身は、カカオのマカロンです。








新宿御苑前にある料理がおいしいビストロ、


「シャルトロ」でお1人様ディナー。


f0232060_15515854.jpg


f0232060_15524910.jpg


f0232060_1553040.jpg








1人用にハーフサイズなども快く対応してくれるので、


食べたい料理を色々と頼ませてもらえるのがありがたい。


食べたい時に食べたいものを『食べたい量で』食べれるのが一番幸せ。


f0232060_15581651.jpg


f0232060_1559362.jpg


f0232060_15592443.jpg


f0232060_15594524.jpg








■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf








■今日のカメ

■「シャルトロ」
f0232060_15515854.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩6分ほど。新宿御苑の大木戸門側の路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_15524910.jpg
カウンターとテーブル。席数は少なめです。









■赤ワイン
f0232060_1553040.jpg
お店おすすめの赤ワインをグラスで。









■アミューズ
f0232060_15581651.jpg
白ニンジンのポタージュ。甘味あって濃厚で美味しい。









■1品目
f0232060_16273357.jpg
シャルキュトリーの盛り合わせ。1人前ハーフサイズ。鶏のレバームース、豚と鶏の自家製パテなど。








■パン
f0232060_16285623.jpg
食べやすくてコクがあるバケット。









■2品目
f0232060_16293281.jpg
ウォッシュチーズ。マンステール。









■3品目
f0232060_16302066.jpg
ツブ貝とキノコのブルゴーニュバターソテー。ブルゴーニュバター大好き!パンに付けても美味しい。









■4品目
f0232060_15592443.jpg
1本から茹でてくれるイタリア産ホワイトアスパラ(1本650円)。とても甘味があります。









■5品目
f0232060_16363230.jpg
スミイカとスナップエンドウのアンチョビバター炒め。これもハーフサイズ。









■6品目
f0232060_16374683.jpg
「牛サガリのロースト 粒マスタードソース」(1800円)です。ランチでやっている牛サガリの絶品リゾットも、このメインディッシュのお肉。柔らかくて、ジューシー。
by meshi-quest | 2017-06-15 08:08 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ