タグ:メシクエおすすめ! ( 1090 ) タグの人気記事



三軒茶屋にある焼き鳥屋さん「焼き鳥 床島」へ。









今月は、もう週1ペースで顔を出している気がする(笑)。










こんなに行っていて、


こんなに同じものばかり食べてて、


でも、飽きない。








心底美味しい店だけが、成せる技。













■「焼き鳥 床島」
http://ameblo.jp/yakitoritokoshima/















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_23422279.jpgこの日は最初から最後まで満席でした。ほとんどがサラリーマン。









■お通し
f0232060_23434081.jpgお通し3種。左から、クリームチーズの松前漬け和え、ぬか漬け、ふきの酢味噌。

お酒は、芋焼酎「竃」のロック。







■わさび
f0232060_23452155.jpg焼き鳥メニューの一番最初に書いてあることだし(笑)、まずは、何は無くともコレからスタート。

むね肉わさび、美味いなあ・・・。







■ひざなんこつ
f0232060_23463969.jpg2串目は、ひざなんこつ。
ほぼ毎回このパターン。

超ジューシー&コリコリがたまらん。







■ももとせせり
f0232060_23493217.jpg大きくてプリプリのもも肉と、せせり。










■手羽先
f0232060_23501960.jpg手羽先も、なんだかんだ言って、必ず頼んじゃう。










■厚揚げ
f0232060_235142.jpg私が、積極的に「厚揚げ」を注文しているのは、ここ「床島」だけだなあ。

香り良くて、ホント美味しい。







■スカルモッツアチーズ
f0232060_23522173.jpgチーズ好きにはたまらない、焼きスモークチーズ。トロトロ。









■生野菜
f0232060_23533248.jpg普通は2人前くらいありますが、今日は1人用に少なめで盛り合わせてもらいました。自家製にんにく味噌で。








■鶏スープ
f0232060_23544134.jpg心も、体も温まる、やさしい鶏スープ。「ネギだく」がおすすめ。









■塩チーズケーキ
f0232060_23554185.jpg私の中では、「焼き鳥を食べる」と同じくらいウェイトが高い(笑)、塩チーズケーキ。

コレ、ホントに美味しい。
なんだろ・・・。なんでこんなに美味いんだろ。謎。


三軒茶屋にある銘酒居酒屋「赤鬼」へ。








100種以上の日本酒が揃い、味、質の管理がきちんとされている名店。


「十四代」(山形)に至っては、全種類揃っていて、飲み比べが可能。


「赤鬼」でしか飲めない日本酒も多数ある。













三軒茶屋に数十年住んでいる人から教えてもらったお店だが、


日本酒好きな人には、もう知れた有名店らしい。












確かに、美味しい。


日本酒は、体質的に飲んでいると頭が痛くなってしまうのだが、


ここ「赤鬼」で飲むと、頭も痛くならなければ、次の日にも残っていない。











酒は保存状態で決まると聞いたことがあるが、


過去飲んだことがある銘柄も、ホントに味が違うので、驚く。













■銘酒居酒屋「赤鬼」
http://www.akaoni39.com/

















■今日のカメ

■銘酒居酒屋「赤鬼」
f0232060_1355732.jpg田園都市線「三軒茶屋」駅から徒歩5分ほど。










■店内の様子
f0232060_1373320.jpgカウンターと、テーブルと、小上がりがあります。

この日も満席。予約必須。








■日本酒登場
f0232060_1384686.jpg私は大好きな「獺祭(だっさい)」、皆さんは「十四代」。









■「獺祭」
f0232060_13103385.jpgあまり日本酒が好きではなかった私が、日本酒を飲めるようになったきっかけになった山口県旭酒造のお酒。

最初に飲んだのはここではなかったのですが、日本酒を見る目が変わりました。最近いろんなところで、「獺祭」を見かけますが、「赤鬼」で飲むと、やっぱり味が違う。美味い!



■お通し
f0232060_1315513.jpg左が和風ポトフ、右がポテトサラダです。お通しも美味しい。









■焼たけのこ
f0232060_1316642.jpgアツアツの焼たけのこ。いい香りがします。










■野沢菜
f0232060_13164544.jpg野沢菜のおひたし。










■ちくわの磯辺揚げ
f0232060_13172362.jpg磯辺揚げ、大好き。
ちくわって、揚げると美味しさ倍増しませんか(笑)?








■ほっけ
f0232060_1320405.jpg肴はやっぱりほっけ!










■飲んだ後に、青汁
f0232060_13213818.jpg飲んだ後の胃腸を整えるために、200円で青汁サービスがあります。

ここの青汁は、ケールが入っていないので、濃い抹茶感覚で飲める、飲みやすい青汁です。


ご招待いただき、六本木にある鉄板焼レストラン


「restaurant 尾前XEX」へ。









ここは尾前シェフが料理長を務めるレストランで、


メインは、地下にある大きなキッチンスタジオでいただく鉄板焼、


その他、1階に寿司カウンター、バー、2階にラウンジがある。









相変わらず、素晴らしい鉄板焼。


「ああ・・・」とため息が出る、美味しい肉。


大きなキッチンスタジオは、ライブ感たっぷりで、目にも楽しませてくれる。











鉄板焼の前に出てくる前菜や〆のうどんも、


尾前シェフのセンスが光る繊細なものばかりで、


来るたびに新しい発見と驚きがある。












■「restaurant 尾前XEX」
http://www.ystable.co.jp/restaurant/omaexex/
















■今日のカメ

■1階のバーの様子
f0232060_23235116.jpg1階には、待ち合わせや食事の席のセッティング待ち用のちょっとしたバーカウンターがあります。

奥がお寿司、シャンデリアの下が螺旋階段になっていて、地下が鉄板焼です。






■バーで紅茶
f0232060_2325492.jpgここで飲んじゃうと、美味しいお肉が食べれなくなっちゃうんで(笑)。・・・ということで、大人しくホットティー。








■キッチンスタジオ
f0232060_2327497.jpg地下の大きなキッチンスタジオ。
大きな鉄板と小さな鉄板の2か所を囲むように席が並んでいます。








■尾前XEXオリジナル「ROYAL BLUE TEA」

f0232060_2329349.jpg私が大好きなROYAL BLUE TEAの「FALL IN LOVE」というお茶。

ここ尾前XEXでは、オリジナルラベルの特別ブレンドティーを出してくれます。香りと味に驚愕するお茶。幸せです。





■八海山ビール
f0232060_23522056.jpg日本酒で有名な「八海山」のビールだそうです。初めてみました。

ビール飲めないので、私は味が分かりませんが、ハーフに近いとのこと。






■先付け3点盛り
f0232060_23335738.jpg鉄板焼きの前に、いくつかお料理が出てきます。

これは先付けの3点盛り。








■先付け、アップ
f0232060_23354815.jpg左がボッコンチーニの茶わん蒸し、右が季節のエスプーマ(泡立てた料理)、手前が本鮪漬けのミニ寿司。








■「甘海老のタルタル 海水のジュレと7種の薬味添え」

f0232060_23512518.jpg大きな陶器の中に氷が敷き詰められており、その上に木の器に乗った甘海老のタルタルがあります。









■甘海老タルタル、アップ
f0232060_2355326.jpgこれは、ホント美味しかったです。

左が甘海老のタルタルで、右が薬味。これを小さな木のヘラですくって、だし汁に付けていただきます。絶品。






■今日のお肉
f0232060_2357370.jpgシェフが今日のお肉を見せてくれました。










■お肉、アップ
f0232060_2359193.jpg但馬牛のサーロイン。
お見事なサシ。1人300g分で、これで3人前。









■焼野菜の生ハム添え
f0232060_01755.jpg鉄板で焼いた季節の焼野菜を、生ハムと共にいただきます。

生ハムの塩味が焼野菜とちょうど合ってます。







■お肉を焼き始めました
f0232060_033548.jpg野菜を食べている間に、シェフがお肉を焼き始めてくれます。









■ソース
f0232060_042246.jpg左から、鬼おろしで荒くおろした大根おろしとポン酢、しょうゆ、岩塩です。

個人的には、荒大根おろしポン酢がお気に入り。







■お肉、登場
f0232060_062556.jpg今日は300gなので、150gづつ焼いていただきました。付け合わせは、釜焼き玉葱とガーリック。









■お肉、アップ
f0232060_074458.jpg濃厚で、ジューシー。とっても美味しい!










■マッシュポテト
f0232060_083547.jpg甘くておいしいマッシュポテト。お肉と一緒に。

上にちょっと乗っているホースラディッシュがアクセントになっています。美味い!







■五島うどん
f0232060_0101154.jpg〆は、ガーリックライスか、この冷製五島手延うどんのどちらかを選べます。

香りのよい、美味しい出汁。さっぱりしていて、〆にピッタリ。






■デザート①
f0232060_0114556.jpg食後、2階のラウンジにてデザートをいただきました。

左は、バニラと塩キャラメルのアイス、右はナッツ。






■デザート②
f0232060_0125138.jpgピスタチオのジャンドゥーヤ。ナッツとクリームの焼き菓子です。甘すぎず、ちょうどいい味。









■尾前シェフ
f0232060_0143117.jpg食後に尾前シェフが挨拶に来てくださいました。

美味しかったです。また伺います!


三軒茶屋にあるお気に入りの焼き鳥屋「床島」へ。








ありがたいことに、友達、同僚、お店のシェフまで


いろんな人がこの「メシクエ」を見てくださるようになった。











今日は中学からの親友のリクエスト。


新宿で食事をするつもりで待ち合わせをしていたのだが、


急遽、床島さんに連絡をして、三軒茶屋まで大移動。










「メシクエで見た、あのうまそうな焼き鳥食べてみたい~」


「はい、お客様、喜んで~(笑)」












■「焼き鳥 床島」
http://ameblo.jp/yakitoritokoshima/















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_2329375.jpgカウンター10席ちょっとの小さな店内の人気店なので、予約必須。

この日も偶然2席だけ空いており、電話して滑り込みさせてもらった次第。






■お通し
f0232060_2331185.jpgお通しは、日替わりで3種。左から、クリームチーズの松前漬、野菜のぬか漬、野沢菜。

お酒は、最初から芋焼酎「竃(かまど)」のロック。飲み態勢。






■わさび
f0232060_23333457.jpgとても柔らかいむね肉のわさび。絶品!

ここより美味しいむね肉の焼き鳥、食べたことがない。







■ひざなんこつ
f0232060_23351382.jpgこのひざなんこつもジューシーでいて、しつこくなく、絶品。

先の「わさび」と「ひざなんこつ」は、来ると必ず注文。






■トマトの三杯酢
f0232060_23364274.jpg甘いトマトを、七味唐辛子の入ったピリ辛の自家製三杯酢でいただきます。

さっぱりしていて、焼き鳥の間の箸休めにピッタリ。






■和風バーニャカウダ
f0232060_23383235.jpg北陸の郷土品「へしこ」を使ったバーニャカウダソースでいただく野菜。

魚出汁がきいていて、確かに、和風バーニャカウダ!「へしこ」独特の臭みが苦手な人でも食べれます。





■厚揚げ
f0232060_23401992.jpg外はカリッと、中はもっちり。とっても香りいい、美味しい厚揚げ。

これも来ると絶対頼んでるなあ・・・。







■ささみの一夜干し
f0232060_23414151.jpgあー、コレも必ず頼むなあ(笑)。美味い!

ただし、本数限定なので、残念ながら売り切れの場合も。







■ハツ
f0232060_2343253.jpg全く臭みなく、柔らかいハツ。










■とりもも
f0232060_234416.jpg大ぶりで、歯ごたえのある、しっかりとしたとりもも。









■とりもも、アップ
f0232060_2344596.jpgこの大きさ!プリップリ。










■スカルモッツアチーズ
f0232060_23462648.jpgこれも毎回頼んでる。絶品焼きスモークチーズ。

噛むと、キュッキュ!と音がします。








■手羽先
f0232060_23474799.jpgブロイラーと違って、放し飼いの鶏なので、骨と肉がしっかりくっついていて、ジューシーで歯ごたえがあります。








■ちょうちん
f0232060_23491070.jpg先頭の黄色い部分は卵の黄身、肉の部分は卵管。

これは、大将のサービスで双子(笑)。通常は、黄身は1つ。







■こんな感じになります。
f0232060_23511455.jpg「ちょうちん」と言われる所以。串を持つと、黄身がちょうちんのようにぶら下がります。









■よく食べた(笑)
f0232060_23525677.jpg女子2人で、よく食べました(笑)。










■とり皮ぽん酢
f0232060_2352227.jpg焼いたとり皮ではなく、ゆでたとり皮を使う、床島のとり皮ぽん酢。ネギだく。









■卵かけご飯
f0232060_2355598.jpg床島名物、卵白を泡立てたフワフワの卵かけご飯。

いっぱい焼き鳥食べた後でも、軽くて食べれてしまいます。







■鶏スープ
f0232060_23571524.jpgコラーゲンたっぷり、ネギたっぷりの美味しいスープ。









■塩チーズケーキ
f0232060_2358148.jpgこれは、ホント美味しい。個数限定なので、実は焼き鳥を注文する前に、いつもケーキは注文だけ先に入れてます。幸せの塩味。

ちなみに、これは床島さん自家製ではなく、祐天寺の知る人ぞ知るケーキ屋さんのもの。





■プレゼント
f0232060_014484.jpg震災もあり、3月に会えなかったので、私に誕生日プレゼントを渡しにきてくれたのでした。

ありがとう!大切に使います。







■お土産①
f0232060_04070.jpg伊勢神宮へ行った時の、お土産ももらいました。

伊勢くすり本舗謹製の「萬金飴」。ただの飴ではなく、のどやお腹に効くらしいです。







■お土産②
f0232060_071576.jpgご当地キューピーが好きなことを以前も書かせてもらったが、それを知っている人たちがお土産でいろんなキューピーをゲットしてきてくれる。

これは、伊勢の伝統工芸組みひもを使った「忍者キューピー」。珍しいw。


白金台・シェラトン都ホテル東京内にある、


中華料理の名店「四川」へ。








ここは、四川料理の父とも呼ばれる陳建民氏(鉄人・陳建一氏のお父さん)の、


愛弟子である橋本シェフが料理長を務めるレストラン。










初めて行った時、そんな有名店とは知らずに行ったのだが、


食べた瞬間、あまりに今まで食べた中華と違いすぎて、


すごく驚いたことを覚えている。









何度来ても、ホント美味しい。






中華に関しては、


中国・上海で食べたショウロンポウと五目炒飯を除いて、


今のところ、ここが私の中華No.1である。












■四川
http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/restaurant/rest/02/1179824_4809.html















■今日のカメ

■四川
f0232060_056444.jpg南北線白金台駅から徒歩3分ほど。シェラトン都ホテル内にあります。

これは、「四川」入口の床にライトで照らされている文字。






■店内の様子
f0232060_0573786.jpgホテル内のレストランなので、席数は割とあります。こちらはカウンター席。









■半個室の様子
f0232060_0582746.jpg窓側には半個室のテーブル席があります。










■テーブル
f0232060_059571.jpgお箸とれんげとナプキン。










■ジャスミン茶
f0232060_10255.jpg食べる気満々だったので、お酒はやめて、ジャスミン茶を。これは、サービスでもらえます。









■五狼液
f0232060_113097.jpg「五狼液」という名前の中国酒。香りはとても良いですが、強烈なアルコール。

さすがに、私には飲めません・・・(苦笑)。







■アオリイカのミルク炒め
f0232060_13124.jpgやわらかいアオリイカをたっぷり使ったミルク炒め。お気に入りの1品。









■アオリイカ、アップ
f0232060_141796.jpg中華風クリームソースといった感じ。ほんのりあまく、なんとも言えぬ、クリーミーな味。ホントに美味い!!








■小エビのチリソース炒め
f0232060_16013.jpgエビチリ登場。メニューでは「小エビ」となっていますが、実際はかなり大きなエビがたっぷり入っています。これも言うことなしの美味さ。








■山椒のアイス
f0232060_171218.jpgここでしか食べたことがない山椒のアイス。

香りはまんま山椒のいいにおいがして、食べるとバニラアイスなのですが、食べていくうちに舌がしびれてきて、感覚がマヒしてきます。すごく不思議なアイス。


吉祥寺にあるお気に入りのネパールカレー屋「サジロカフェ」へ。







何度食べてもうまい。






あふれんばかりのたっぷりチーズと、


スパイシーだけど辛くなく、やさしい味のチキンマサラカレー。











■サジロカフェ
http://sajilocafe.jp/index.php














■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_2284591.jpg小さな店内。来た時には満席で、ちょっとだけ外で待ちました。










■チキンマサラカレー
f0232060_22101630.jpgサジロカフェのカレーは十数種のスパイスが入っていますが、全く辛くなく、ホッとするやさしいカレー。シチューっぽい感じ。









■サグマトン
f0232060_22132294.jpgほうれん草とマトンのカレー。

マトン用にスパイスが強いのか、こっちの方がカレーの香りがして、よりカレーっぽいかな。でも、辛くない。







■チーズナン
f0232060_2215595.jpgチーズの量が半端ないチーズナン。絶品。

ここよりいっぱい入っているチーズナン、食べたことない。








■ストーブ
f0232060_22174217.jpg寒い日はお店の真ん中にストーブ。
by meshi-quest | 2011-03-31 22:19 | 吉祥寺


前から気になっていた池尻大橋にあるレストラン「HOKU」へ。








ここは、無農薬・有機野菜をメインにしたイタリアンやフレンチが楽しめるお店。


各料理に野菜をふんだんに使っており、


野菜はどれも野菜本来の甘味や苦みを感じる美味しいものだった。







野菜だけでなく、肉や魚も新鮮なものを使っており、


味付けも良く、どれも満足のいく料理だった。








女性同士でも気軽に行けるイタリアン&フレンチ。


またぜひ伺いたいと思う。












■「HOKU」
http://www.hoku.ne.jp/
















■今日のカメ

■「HOKU」
f0232060_1593227.jpg田園都市線池尻大橋駅から徒歩5分。246沿いにあります。









■店内の様子
f0232060_214691.jpg落ち着いた雰囲気の店内。席数は少なめ。










■烏龍茶
f0232060_261356.jpgお酒は控えて、烏龍茶で。










■「燻製した功刀さんの富士のニジマス片面焼き
                 季節の温野菜と半熟卵と一緒に」

f0232060_212585.jpgたっぷりの有機野菜とニジマスのお料理。










■ニジマス、アップ
f0232060_215367.jpgニジマスの焼き加減も絶妙で、燻製の香りもすばらしい。半熟卵の黄身ともとても合っていて、すごく美味しかったです。








■パン
f0232060_217117.jpgほうれん草を練りこんだパン。これも小麦の味がしっかり出ていて、美味しい。









■季節野菜の盛り合わせ
f0232060_2193513.jpg野菜をテーマにしているレストランだけあって、サラダが充実しています。

これはお店イチオシの盛り合わせ。ボリュームたっぷりのサラダです。







■青イチゴ
f0232060_225633.jpg赤くならないイチゴ。香りはイチゴだが、甘味はほとんどなく、しゃきしゃきしていて、野菜みたい。









■和牛ハラミのステーキ
f0232060_2273144.jpg胡椒と赤ワインのポワブルソースでいただくハラミのステーキ。ボリュームたっぷり。









■ハラミ、アップ
f0232060_230930.jpg火の入れ方がとても良く、柔らかく、とても美味しいハラミでした。









■赤ワイン
f0232060_231058.jpg肉が来たので、一口ワインを。ソムリエさんのセレクト。









■季節野菜のアラビアータ
f0232060_232478.jpg季節の野菜を使ったアラビアータ。野菜たっぷりで、あまり胃に負担がない、食べやすいパスタ。美味しく出来ていました。








■「イチゴの冷製スープ仕立て
         リコッタチーズのアイス添え」

f0232060_234517.jpgデザートは3種類の中から。デザートメニュー見た瞬間から、これに決めてました。









■イチゴスープ、アップ
f0232060_2353564.jpg甘さ控えめのさっぱりイチゴスープに、濃厚なチーズアイスがとっても合っていて、すごく美味しいデザートでした。


池尻大橋に美味しい和食屋さんがあると聞いて、「KAN」へ。








目黒川沿いにひっそりと佇むお店で、


目立つ看板などはないので見つけづらいが、静かに食事ができる。









大きな窓からサクラ並木が見え、


サクラの季節には、混みそうだが、とても良さそうだ。










季節の野菜や魚を使った創作料理が並び、


評判通り、とても美味しい和食をいただくことができた。


スタッフも皆さん良い方で、居心地良く、またぜひ伺いたいと思う。










余談だが、お店のスタッフと和食話に花が咲き、


西荻窪にある魚の名店「しんぽ」の話になった。


美味しくてよく行くお店の1つだが、和食界では「しんぽ」は有名なんだなあ・・・。












■KAN
http://ameblo.jp/fg-kan/















■今日のカメ

■「KAN」
f0232060_22175669.jpg池尻大橋駅から徒歩10分ほど。中目黒駅からも歩けます。

※ちょっと写真が手ぶれしちゃいました。







■店内の様子①
f0232060_22203258.jpgカウンターがメイン。目の前で料理の様子が見える。広めのカウンターで居心地はいいです。









■店内の様子②
f0232060_22232117.jpg奥にバースペースを囲んだカウンターも。










■メニュー
f0232060_2224992.jpg和紙に書かれたメニュー。










■黒すぐりのサングリア
f0232060_22261367.jpg黒ぐすりを使ったフルーティーなサングリア。飲みやすくて、美味しかったです。

周り見たら、他のお客さんもほとんど頼んでいました。






■お通し①
f0232060_2228129.jpgはまぐりのお吸い物。貝の出汁がしっかり出ている。









■お通し②
f0232060_22302583.jpg鮭(だったかな?)の南蛮漬け。これも酢が強すぎず、とても美味しく出来ていました。









■刺身盛り合わせ
f0232060_22313926.jpgお刺身の盛り合わせ。〆サバ、本鮪、鯛、水たこ。新鮮で美味しいお刺身でした。









■出汁巻き卵
f0232060_2233290.jpg作り立て、アツアツの出汁巻き卵。やさしい味で、とても美味しい。

手前の白い塊は、大根おろし。







■焼たけのこ
f0232060_22342164.jpg旬の味覚、たけのこ。うーん、いい香り。










■木の芽ソース
f0232060_22352080.jpgたけのこ用の木の芽ソース。










■桜マスのクリームグラタン
f0232060_22361971.jpg焼き立てのマスを使ったグラタン。マスの臭みもなく、クリームやポテトと合っていて、とても美味しい!








■バーニャカウダ
f0232060_22383323.jpg旬の焼野菜に、ウニがたっぷり入ったバーニャカウダソースを付けて食べる料理。









■ウニソース
f0232060_22393396.jpgこれがバーニャカウダソース。これでもか!というくらいウニが入っています。









■もち米のつくね
f0232060_2240499.jpgつくねの周りにもち米が付いているモチモチつくね。

美味しいですが、ちょっとたれが甘く、もち米が重かったかな。






■ホワイトアスパラの豚巻き
f0232060_22424678.jpg旬のホワイトアスパラの肉巻き。アスパラ、甘くて美味しい。

手前左は半熟玉子。







■メンチコロッケ
f0232060_2244086.jpgジューシーな手作りメンチ。メンチ、大好き!










■そば粉のどら焼き
f0232060_2245498.jpg注文受けてから、周りの皮を焼いて、あんこを挟んでくれる、アツアツのどら焼き。

かなり大きく、あんこたっぷりで、ボリューム絶大。食後なら、4人くらいで分けてもいいかも。






■あまおうのアイス
f0232060_22473231.jpg自家製のいちごアイス。ジャムが入っています。ちょっと甘め。









■キャラメルアイス
f0232060_22482880.jpg普段メニューには出てこない裏デザート。かなりビターな大人のキャラメルアイス。


ご招待いただき、四谷にある三國シェフのフレンチレストラン、


「オテル・ドゥ・ミクニ」へ。








この日は、三國シェフもキッチンにいらっしゃって、


メインディッシュでは、ジビエの王様と呼ばれている


「ベカス(日本名:シギ)」を出していただいた。









初めて食べたのだが、小柄な鳥ながら、


王様と呼ばれるだけあって、弾力があるしっかりとした肉に、


レバーのような、野性味あふれる濃厚な味がした。








「ベカス」は、本物であることの証明に、


この鳥の特徴である、小さな頭と長いクチバシを料理に添えるのだそう。










そして、頭の中に詰まっている脳ミソもいただく。


クチバシを持って、チューチューと脳ミソを吸い、


吸えない細かい部分は、耳かきのような小さなスプーンでほじる。










・・・と、ここまで書くと、なんだかスプラッター映画のようだが、


脳ミソは、「さっぱりしたウニ」というか、「かなり柔らかい白子」というか、


濃厚で、フワフワで、美味しかった。











最後に、三國シェフが誕生日用の特製イチゴケーキを作ってくださった。


素敵な誕生日会だった。











■オテル・ドゥ・ミクニ
http://www.oui-mikuni.co.jp/hoteldemikuni/
















■今日のカメ

■ウェイティングバー
f0232060_0492648.jpgテーブルの準備が整うまで、ワクワクしながら、バーで待ちます。









■シャンパンカクテル
f0232060_0505918.jpgクランベリーリキュールで香り付けされたシャンパンカクテル。









■店内の様子
f0232060_052279.jpgこの日は、壁向こうの隣の個室に団体さんがいたようで、とてもにぎやかでした。









■テーブル
f0232060_0582386.jpgテーブルはこんな感じです。










■この白、最高!
f0232060_0592379.jpg私の顔が疲れていたようで(苦笑)、ソムリエさんが「今日はワインで癒されてください」と持ってきてくださった白ワイン。

これが、ビックリするくらい、いい香りで、ずっと香りをかいでました。味も最高。今まで飲んだ中で一番美味しかった白。




■活オマール
f0232060_123512.jpg本日の料理に使われるオマール海老。まだ生きていて、元気良く、動いていました。









■ミクニ特製キッシュ
f0232060_1451.jpg来る度に思うことですが、本当にミクニのキッシュは美味しいです。

メイン料理ももちろん美味しいですが、この最初のキッシュだけでもいいくらい。






■キッシュ、アップ
f0232060_161738.jpg秘伝のレシピで、味が守られているキッシュ。クリーミーな玉子豆腐っぽい感じ。

ここのキッシュより美味しいキッシュに出会ったことがないです。






■お代わりキッシュ
f0232060_175378.jpgわがまま言って、お代わりキッシュ(笑)。長年勤めているスタッフの方に、「お代わりされた方は初めてです(笑)」と言われた。

先ほどの写真と、よく見ると大きさもカットも違うことから、本当にお代わりであることが分かってもらえると思う。




■自家製パン
f0232060_1103751.jpgしっかりとした味わいの、美味しいフランスパン。










■1品目
f0232060_1124787.jpg茄子とフォアグラのソテー、上にはトリュフと香草。









■アップ
f0232060_114208.jpg茄子とフォアグラがとっても合っている、ボリュームたっぷりの前菜。美味しい!









■このフォアグラの厚さ
f0232060_1151062.jpg「豚の角煮?」と思うほど、厚みのあるフォアグラ。

こんなボリュームたっぷりのフォアグラ食べたのは初めてです。






■白ワイン
f0232060_1163939.jpg最初のアロマテラピーなワインより、すっきりさわやかな感じの白。これも飲みやすい。









■2品目
f0232060_1174574.jpgキノコのカプチーノ、黒トリュフ添えです。

キノコの風味と、トリュフの風味で、いい香りの美味しい温製スープ。







■3品目
f0232060_1192097.jpg先ほどのオマール海老を使ったキャベツ包み。美味しい!!

縮みキャベツという寒い地方で取れる甘いキャベツを使用。周りのソースはアメリケーヌソース、上の黒いものはロシア産キャビア。





■4品目
f0232060_1222091.jpgジビエの王様「ベカス」(シギ)を使ったメインディッシュ。とにかくワイルド、とにかく濃厚。

フランスでは狩猟が禁止になっており、スペインから直輸入されているものだそう。






■ベカスの証明
f0232060_12549.jpgベカスである証明、長いクチバシと頭。

頭には、少量ですが脳ミソが詰まっており、これがとても美味しい。







■耳かきスプーン
f0232060_1263920.jpg脳ミソを食べるためのスプーンです。










■赤ワイン
f0232060_1272629.jpg肉とチーズに合わせて出していただいた赤ワイン。これもバッチリ飲みやすい!









■フロマージュワゴン
f0232060_1285874.jpgハード、ウォッシュ、ブルーなど、いろんな種類のフロマージュ。









■フロマージュ
f0232060_130141.jpgブルーを1種に、ウォッシュを3種いただきました。

ワインとチーズ。嗚呼、最高。








■特製バースデーケーキ
f0232060_1312022.jpgイチゴを使った、三國シェフ特製のバースデーケーキ。

甘さ控えめで、クリームもスポンジも軽い。お腹いっぱいだったはずなのに、ペロッと食べれてしまう、美味しいケーキでした。





■クッキーカード
f0232060_1332028.jpgクッキーで出来たバースデーカード。

ありがとうございました!








■一口デザート
f0232060_1343382.jpgさすがにもう食べれず、写真だけ(笑)。
by meshi-quest | 2011-03-09 01:40 | 四谷


久しぶりに、八丁堀にあるバル「maru マル」へ。







ここは、1階にある酒屋「宮田屋」さんが経営する超人気バルで、


2階、3階があるのだが、満席当たり前、予約なしでは難しいお店。








人気の秘訣は、酒屋直営によるワインの種類の多さと、品質の高さと、安さ。


そして、クオリティーも、ボリュームもある料理の数々。


若くて元気が良く、ワインに詳しい、親切なスタッフの皆さん。


こんな感じだろうか。










会社や家の近くにこんなお店があったらなあ・・・と行くたびに思う。

















■今日のカメ

■maru 2階
f0232060_1422404.jpgラフなにぎやかな感じが良ければ「2階」、もう少しちゃんと食べ飲みしたいときは「3階」といった感じ。

とはいえ、3階もにぎやかで混んでいるので、2階とそこまで変わりませんが(笑)。






■ワイン、びっしり
f0232060_14263834.jpg壁中にワインがびっしり並んでいます。

ここは飲むのが好きな人と来るのがおススメです。グラスより、ボトルで買った方が断然得なので(笑)。







■まずは、白
f0232060_14282814.jpg白はグラスで。
「エラスリス・ソーヴィニヨンブラン'10」というチリワインです。

キレがいい白。







■生ハムの台
f0232060_14304683.jpgテーブルに、大きな生ハム台が4台置かれています。どれも、種類が違います。










■切っています。
f0232060_1432354.jpg生ハムの盛り合わせを注文し、スタッフの方が切って切れています。










■生ハム盛り
f0232060_14324699.jpg生ハム4種盛。皿からはみ出るほどの量で、2000円は安い。

「プロシュート」(24ヶ月熟成)、「ハモンセラーノ」(メス豚)、「ハモンイベリコ パレタ」(前足)、「ハモンイベリコ ベジョータ」(後足)の4種。





■白アスパラのグラタン
f0232060_14361741.jpg旬の白アスパラを使ったクリームチーズグラタン。絶品!










■バケット
f0232060_14373975.jpgグラタンのクリームをパンにつけて食べると美味しいです、とスタッフの方に勧められたので、早速、バケット注文。

ホントだ!これは、パン必須。うまい!!







■赤は、ボトルで。
f0232060_1439552.jpgワインが好きで、飲める方がいらっしゃったので、赤はボトルにしました。










■炭火焼
f0232060_1440434.jpg炭焼きを囲むように、カウンターが円になっているので、どの角度からも焼いている様子が見れます。










■ホタテの炭火焼
f0232060_14413869.jpg大きなホタテの炭火焼。
プリプリで美味しい!味付けは、塩、バターしょうゆなど数種から選べます。









■チーズ4種盛
f0232060_14424692.jpg赤があると、やっぱりチーズが食べたくなります。











■ラムチョップ アフリカン風味
f0232060_14433916.jpgmaru3階にはないラムチョップの炭火焼。

今日は、ちょっと塩味が強く、コゲも目立ったので、正直なところ、前回の方が美味しかったかな。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ