タグ:メシクエおすすめ! ( 1064 ) タグの人気記事



ご招待いただき、銀座にあるフランス料理店「みつ和」へ。


1年ぶりくらい(?)の再訪。








日本の食材を多く取り入れ、食べやすい、和食のようなフレンチ。






店名通り、「フランス料理」ではなく、まさに、「仏蘭西料理」。


日本人が作る、日本から見たフランス料理だ。







今日も、本当に美味しかった。


またぜひ伺いたい。










■仏蘭西料理 みつ和
http://www.mitsuwa-ginza.co.jp/french.html

















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_010244.jpg東京メトロ銀座駅から徒歩30秒。ギンザ・グラッセの地下1階にあります。

これは個室の様子。静かに食事ができます。






■テーブル
f0232060_0123833.jpg黒白の梅がモチーフになっている大皿。









■食前酒
f0232060_014855.jpgフレッシュオレンジを使ったカクテル。









■1品目:「椎茸のスープ」
f0232060_0145793.jpgすごい香りが良く、クリーミーでとても美味しいです。
しいたけをそのまま食べているかのような香りと味。






■パン
f0232060_016941.jpgシャンピニオンです。

みつ和さんのパンは、とあるパン屋に特注しているそうですが、このパン、味がしっかりしていて、すごく美味しいです。





■2品目:「蒸し黒鮑 肝ヴィネグレット」

f0232060_0193321.jpg黒鮑を蒸した一品。
周りの茶色っぽい部分が、肝のソース。








■鮑、アップ
f0232060_0205477.jpgこれ、ホント美味しかったです。

鮑も柔らかく美味しいですが、何と言っても肝のソース。
一度、肝を乾燥させてから、ソースにするらしく、濃厚ですが、臭みなく、クリーミーで、すごく良く出来ていました。




■3品目「炙りかます柚子風味と釣り鯖のマリネ鮨」

f0232060_0232545.jpg一口寿司です。
一応、フレンチのコースです(笑)。








■炙りかます、アップ
f0232060_0244021.jpg真ん中に挟まっている緑色のものは、かぼす。

脂が乗っていて、とても美味しかったです。







■釣り鯖、アップ
f0232060_0253680.jpg大原で一本釣りされた鯖を使ったお寿司。
こちらも脂が乗っていて、とても美味しかったです。

奥の黄色いものは、食用菊を使った、甘酢漬けの箸やすめ。
ガリのようなものですが、これもちゃんと作られていて、細かいところまで美味しく出来ていました。



■4品目:「秋茄子とうるかの手打ちパスタ」

f0232060_0281124.jpg甘めの味付けの大きな秋茄子の下にパスタが敷いてあります。
「うるか」は苦手なので、外してもらいました。

秋茄子の濃厚な味付けに、パスタが合っていて、中華料理っぽい。とても美味しい。






■5品目:「松茸と甘鯛の蕪ファルシ シャンパンソース」

f0232060_033114.jpgさっぱりとした蕪(かぶ)と、甘鯛に、ちょっと酸味のある白いソースがとても合っています。

見た目にも美しく、味も抜群。






■蕪(かぶ)、アップ
f0232060_0344694.jpg蕪(かぶ)をくり抜いて器にした中に、各種キノコが入っています。まるで、花瓶のよう。

とても手の込んだ、キレイな一品でした。







■6品目:「和牛フィレの炭火焼 実山椒入り赤ワインソース」

f0232060_0364852.jpg和牛の炭火焼。

通常のコースでは、写真の半分の65グラムですが、腹ペコであることを伝えたところ、130グラムで用意してくださいました。





■和牛、アップ
f0232060_0385527.jpg箸で切れるほど柔らかく、脂が乗っていて、とても美味しく焼けていました。

炭の香りも、すごくいい。大満足。







■7品目:「川奈港直送金目鯛御飯」
f0232060_042731.jpg炊き上がりの香りをかぐために、釜を持ってきてくださいました。

うーん、実にいい香り!!






■釜、アップ
f0232060_0441653.jpg身崩れすることなく、しっかりとした、ツヤツヤの金目鯛です。








■御飯&味噌汁
f0232060_0452958.jpg先ほどの釜ご飯が、こんな感じで出てきました。









■金目御飯、アップ
f0232060_0462011.jpgこの金目御飯は、絶品。
ホント美味しかったです。

毎日、この御飯食べたい・・・。






■ほうじ茶
f0232060_0475532.jpg御飯には、やっぱりほうじ茶、合うなー。ほっこりします。

一応、これもフレンチコースの1つです(笑)。







■チーズ
f0232060_049743.jpg大人になって、「しまった・・・」と思うことの1つが、チーズの味を覚えてしまったことですね(笑)。

食後のチーズは、ホント美味しい。あぁ、幸せ。






■赤ワインを少々
f0232060_051368.jpgチーズが来たので、少しだけ赤ワインをもらいました。

今まで、フレンチにおけるチーズの良さが分からなかったのは、きっと、チーズとワインの組み合わせをしらなかったため。

チーズだけ食べても、良さは半分しか分からず・・・、赤ワインとチーズは、ホント合います。


■青カビのチーズ
f0232060_0542473.jpg昔はホント苦手で、まるで食べなかった青カビチーズですが、赤ワインと一緒に食べることで、濃厚でまろやかになることを知り、この味がクセになってきました。






■レーズンパン
f0232060_0555929.jpgチーズと一緒に出てきた、厚切りのこのパン、すごく美味しい!

食事の時のシャンピニオンと同じパン屋さんに特注で作ってもらっているものらしいのですが、とても味がいいです。厚切りがまたいい感じ。





■ワゴンデザート①
f0232060_058976.jpgみつ和さんのコースにはワゴンデザートが付いてきます。

こちらは、フレンチのシェフが作ったデザート。ゼリーやフルーツのコンポートなど。





■ワゴンデザート②
f0232060_0593614.jpgこちらは、同ビル1階にある「パティスリーみつ和」のパティシエが作ったデザート。

栗のケーキや焼き菓子など。






■選んだデザートはコレ
f0232060_113455.jpgかなりお腹いっぱいになっていたので(そりゃ、そうだろ・・・)、胃と相談し、3品をセレクト。

左から、栗のケーキ、ほうじ茶のアイス、あんずのシャーベット。

どれもすごく美味しい!
ワゴンデザート、全部食べてみたかった・・・。



■茄子のデザート
f0232060_135711.jpgフレンチのシェフが作った茄子のデザート。

茄子を甘く煮たものの上に、アイスクリームが乗っています。






■茄子、アップ
f0232060_15119.jpg「えー、茄子とアイス??」と思われるかもしれませんが(私も最初はそう思った)、食べてみると、これがとても美味しい!

茄子っぽい臭みはまるでなく、フルーツのような味と食感で、さっぱりとしたデザートになっています。




■みつ和のシュークリーム
f0232060_171860.jpgみつ和さんに来たら、絶対食べたい絶品「シュークリーム」。
ワゴンデザートではありませんが、どーしても食べたかったので、特別に出してもらいました。

一日に焼き上げる時間と個数が決まっているので、残念ながら、ない時もあります。




■アールグレイ
f0232060_194283.jpgみつ和さんで出てくる、この松の和柄ティーカップが渋くて好き(笑)。
by meshi-quest | 2010-10-12 01:14 | 銀座





表参道に美味しいパフェが食べられるお店があると聞いた。






学生時代は、それこそ、


クリーム&アイスてんこ盛りのパフェを食べていたもんだが、


最近は、「パフェ」と聞くと、「パフェ、わーい!」の前に、


その量と味の単一さに、躊躇する。








そんな私だが、表参道のイタリア菓子専門店「ソルレヴァンテ」では、


「大人のパフェ」が楽しめるということで、行ってみた。










あー、これは、美味しい!!






確かに、「パフェ」なのだが、その単語から想像されるようなモノではなく、


甘さ控えめで、ちょっと洋酒がきいていたり、


飽きが来ない、しっかりとしたデザート。








パフェは何種類もあり、またぜひ、他のパフェも食べに来てみたいと思う。











■「Sol Levante ソルレヴァンテ」
http://sollevante.jp/


















■今日のカメ

■「ソルレヴァンテ」
f0232060_1511620.jpg東京メトロ表参道駅から徒歩5分ほど。

大通りから1本奥に入った路地裏にあり、ちょっと分かりにくいかもしれません。







■店内の様子
f0232060_1525453.jpg入口で洋菓子を売っており、奥がカフェスペースになっています。

カフェスペースは割と広く、席数もそこそこあります。






■季節のフルーツのパフェ
f0232060_1541883.jpgお姉さんが「今日のラス1です」とこっそり教えてくれたので、即決しました。

名前を忘れてしまいましたが、季節のフルーツのパフェ、です。






■パフェアップ
f0232060_1555876.jpg見た目にも美しく、とても美味しいパフェでした。

上はアイスとシャーベット、下に数種のフルーツポンチが入っています。

フルーツポンチは、ほどよくく洋酒がきいていて、香り良く、甘すぎず、すごく美味しく作られていました。



■シュークリーム
f0232060_1581540.jpgお店で売っているケーキもカフェで食べることができます。これは、「シュークリーム好きのシェフが皮にとことんこだわった・・・」と言ったことが書かれていたシュークリーム。

サクサクしていて、しっかりとしたシュー生地に、甘すぎないちょうどいい味のクリームが入っていて、とても美味しかったです。



■カフェオレ
f0232060_15121763.jpgソフトドリンク以外にも、アルコール類もあります。

前回最後に行ったときに予約を入れてから、約3ヶ月。


とうとう、待ちに待ったbacarの日がやってきた。











・・・うまい。


本当にいつ来ても美味しく、はずれたことがない。


常に一定の高いクオリティーを保ち続けている稀有なレストランだ。















料理詳細は、下記「今日のカメ」でご覧いただくとして、


さて、問題は次の予約なのだが・・・、


口コミが口コミを呼び、リピーターも増え、コレが驚くことになっている。














現時点で、


電話で受付可能な予約は「2ヶ月先」までだが、


平日&土曜すべての営業時間の予約全滅。


食事後の予約で受付可能な確実に取れる最短だと、来年2011年の3月中旬。


・・・と、まぁ、こんな感じである。














さすがに、「ウギャー!!」という感じだったが、


食事後に、オーナーシェフと、オーナーソムリエと話をさせてもらって、


彼らがbacarで目指すことと、お客さんを想う気持ちと、


色々なモノに挟まれて、悩まれていることを知り、


予約が取りづらいのは、いち客として残念だが、単純な問題ではないな、と思った。















他のレストランでも同様のケースを何度も見てきたが、


客席を増やしたり、2店舗目を出すことは簡単だが、


手が届く限界があるので、どうしても味が落ちたり、別物になったりする。











落ちた味や別物にクレームが出たり、信頼を損なう場合もある。


2店舗目を出したのに、


結局、メインシェフのいる店に人が集中してしまうケースもある。












また、大型店が嫌で独立したシェフも多く、


せっかく独立して自分の手の届くサービスができるようになったのに、


また大型店に逆戻りしなければならないジレンマもある。













ホント難しい判断だと思う。


いち客としては、数か月先の次の予約を楽しみに待ちながら、


応援し、見守るしかない。












■restaurant bacar バカール
http://www.restaurant-bacar.com/index.html
















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_0454747.jpg今日はちょっと遅めの時間からだったこともあり、先に帰ったお客さんもいたようで、少し空いていました。

ただ、テーブル席に、すごいうるさいおばさま4人組がいて、いつもよりは騒がしかったですが(苦笑)。




■予約席
f0232060_048563.jpgいつものリンゴの予約席。










■白ワイン
f0232060_0503123.jpg私がケヴュルツトラミネールのワインが好きなことを覚えていてくださって、それに味が似ているということで出してくださったワインです。

リンゴのような味がして、それでいて辛口でキレのある、とても美味しいワインでした。








■アミューズ
f0232060_0563749.jpgスモークしたウナギの一口アミューズです。










■アミューズアップ
f0232060_0574810.jpg軽く燻製をしたウナギは、ふっくらしながらも、とても香りよく、絶品。

ウナギの下の赤いものは、パプリカのピクルスです。






■1品目「日本各地から取り寄せた有機野菜のバーニャカウダ菜園仕立て」

f0232060_102869.jpg通常だと、コースの1品目は生野菜や温野菜を使ったbacarお馴染のバーニャカウダですが、今日は美味しい手長海老があるとのことで、アレンジしていただきました。

海老とホタテと季節の野菜のソテーに、バーニャカウダソース。絶品!!




■手長海老
f0232060_13189.jpgこの手長海老を使ってもらいました。

レストランの食品サンプルかのような(笑)、キレイなオレンジ色の海老です。










■トマピー
f0232060_15173.jpgトマトとパプリカを掛け合わせて作った野菜だそうです。

味は、パプリカ。トマトの味はしませんでした。







■ズッキーニ×かぼちゃ
f0232060_184626.jpg名前は忘れてしまったのですが、ズッキーニとかぼちゃを掛け合わせた野菜だそうです。

味は、キュウリっぽさが強くなったズッキーニ、という感じ。かぼちゃの味はしませんでした。






■自家製パン
f0232060_1101828.jpg今日のパンは、ブリオッシュ(四角いやつ)、ヘーゼルナッツのパン、フォカッチャ、かぼちゃのパンです。








■2品目
f0232060_113483.jpgアジのタルタルサラダ仕立てです。
周りにレモンオリーブオイルというのがかかっています。

アジが脂乗っていて、それでいてレモンオイルの風味でさっぱりしていて、実に美味しい1品でした。





■横から見ると・・・
f0232060_1154822.jpg横から見ると、こんな感じになっています。










■くずしてみると・・・
f0232060_1183450.jpg中には、アジだけでなく、カニ身、ウニ、半熟タマゴが入っており、もうワンダーランドになってます。








■わーい!Royal Blue Teaだ!

f0232060_121180.jpg今年の夏くらいからbacarでもRoyal Blue Teaを入れたそうです。

bacarのは「Real Honey」という銘柄です。
香り良く、とても美味しいですが、個人的には「Fall in Love」という銘柄の方が好きです。

ちなみに、1杯1200円とワインと同等くらいの高いお茶ですが、お茶好きな方は一度ぜひ飲んでいただきたいです。お茶の価値観、変わります。




■謎の鉄鍋登場!
f0232060_1272255.jpg謎の鉄鍋が登場しました。

さて、今日のメインディッシュは・・・?








■ラムのグリル
f0232060_129509.jpgアツアツ、焼き立てのラムです。

ローズマリーの香りがとてもいい感じです。








■ポテト
f0232060_1305442.jpg付け合わせのポテトも焼き上がりました。










■3品目「ニュージーランド産ラムのグリル」

f0232060_1323144.jpg先ほどのラムとポテトがお皿に盛られました。
羊の味が濃く、肉も柔らかく、羊好きにはたまらない1品です。最高!








■4品目「牛舌と九条ネギの鉄鍋ご飯」

f0232060_1357100.jpg鉄鍋ご飯は2種類から選べます。

これは季節限定の牛舌と九条ネギ。すんごい美味い!







■牛舌ご飯アップ
f0232060_1364075.jpg牛舌と九条ネギの上にトリュフが乗っていて、とても良い香りがします。









■4品目②「アジとフォアグラの鉄鍋ごはん」

f0232060_1384333.jpgこちらは定番のサカナ&フォアグラご飯。

サカナとフォアグラって、すごく合います。美味しい!







■デザート①「夏の浜辺」
f0232060_1402598.jpgデザートは6種から選べます。
これは、夏の白い砂浜をイメージしたデザートだそうです。

クリスマスにbacarで食べた冬のゲレンデのバージョンアップ版らしい。





■中央に水を注ぎます
f0232060_1435938.jpgお皿の真ん中に穴があいていて、そこに水を注ぐと・・・









■お皿に砂嵐が(笑)
f0232060_1452538.jpgココナッツの強烈な香りと共に、煙が!

部屋中が一気にコパトーンのような香りに(笑)。確かに夏っぽい!







■デザート②「プラムのスフレとブランデーのアイス」

f0232060_1473167.jpgアツアツのプラ風味のスフレと、大人なブランデーアイス。
果実の酸味にお酒の香り。これもすごく美味しい!

使っているブランデーは、アルマニャック。
香り付け程度のブランデーは安物でもなんとかなるが、アイスのように食べる物に使うブランデーはいいものを使わないと、美味しくならないそうです。
by meshi-quest | 2010-08-06 01:55 | 渋谷・神泉


先輩プロデューサーたちと飲みへ。










それぞれ作っているゲームが違うので、忙しさのピークも異なり、


なんか廊下ですれ違った時とかに、ちょうどその時、ひと段落していたりする時に、


「じゃ、よし、行くか!」ということになる。












半年に1回くらいの不定期で行われる肉食獣の会。


先輩方がもういい感じにおっちゃんなので(笑)、


がっつり肉より、美味しいつまみとビールが飲める場所へ。












最近こんなもの食べたよとか、


家族と夏にこんなところ行くんだとか、


奥さんに怒られちゃったよとか(笑)、


そんなことを話したり、みんなで笑ったりする。










さて、忍。


久しぶりの訪問だったが、やっぱり美味しいなぁ、ここの牛タンは。












■たん焼 忍
http://www.tanyaki-shinobu.com/

















■今日のカメ

■たん焼 忍
f0232060_004664.jpgJR四谷駅から徒歩10分くらい。予約必須。

いつもは予約しても、店前に長蛇の列ですが、今日は時間が遅かったこともあり、すんなり入れました。






■まずはビール
f0232060_035022.jpg暑さと美味さで、ハイペースでビールが進む先輩方。









■枝豆
f0232060_06208.jpgビールときたら、枝豆!
甘くて、豆の香りのしっかりする枝豆でした。









■長芋味噌漬け
f0232060_075217.jpg歯ごたえ良く、美味しい長芋漬け。
夏にピッタリのおつまみ。









■さらし玉ねぎ
f0232060_09315.jpg後輩と来ると、写真の中での肉の割合が多くなるのですが、今日は野菜が多い(笑)。

これも夏らしく、たっぷりのかつおぶしと、さっぱりポン酢で。






■ブロッコリーのおひたし
f0232060_0112663.jpg忍ママおススメのブロッコリーのおひたし。

ほんのりだしがきいていて、冷たくて、とても美味しい。







■ゆでたん
f0232060_012342.jpg絶品です。
言うことなしの美味さ。









■たんシチュー
f0232060_0133449.jpg以前はなかったのですが、たんシチューに小さなパンが付くようになりました。









■焼きたん
f0232060_0144596.jpg焼きたん2人前。
右はセットのおしんこ。









■焼きたん、アップ
f0232060_0154377.jpgジューシーで、とてもやわらかい牛タン。










■藤本さん
f0232060_017741.jpgビールからウーロンハイに切り替わりました。










■渡辺さん
f0232060_018892.jpgビールから焼酎ロックに切り替わりました。










■肉じゃが
f0232060_0185889.jpg忍の肉じゃがは、とても美味しいです。
オーソドックスな肉じゃがですが、お母さんの味という感じで、やさしく、ホッとします。








■味噌漬けたん
f0232060_0205792.jpgお酒がすすむ、美味しいおつまみ。マスタードを付けて食べます。

ハムのような味がします。







■冷し茄子
f0232060_0222750.jpgこれも実に美味しい冷し茄子です。

大きいですが、中まで味がしみ込んでいます。








■焼きおにぎり
f0232060_0233282.jpg〆の焼きおにぎり。
さすがにお腹いっぱいなので、1つのおにぎりを三人で分け合いました。








■味噌汁
f0232060_0243539.jpgシンプルなお味噌汁ですが、三つ葉たっぷりでとても美味しいです。

メニューにはないですが、毎回お願いして作ってもらっている裏メニューです。







■「チロ」へ
f0232060_0312726.jpg渡辺さんの提案で、忍の横にあるスナック「チロ」へ行くことに。











■「チロ」にて
f0232060_0341836.jpg50代くらいの綺麗なママさんがやっているスナック。

渡辺さんが「数年前、オレは絶対ここに来たことがある!」と言いだし、半信半疑で入ってみたのですが(笑)、ママさんが覚えていて、どうやら本当のことだったらしい。




お客さんは高齢のおじさま方が多かったです。
おじさま方からリクエストをいただき、一曲歌わせていただきました。
by meshi-quest | 2010-07-18 00:45 | 四谷


テレビのドキュメンタリー番組で、南米ペルーの特集をやっていて、


すごくペルーに興味をもった。

  








マチュピチュやナスカの地上絵など世界的に有名な世界遺産


インカ帝国の謎


みんな大好きジャガイモの原産地


ピンクが印象的な色鮮やかでおしゃれな民族衣装


・・・など。










ぜひ機会があれば、行ってみたい。











で、まずは、手近にエア旅行(笑)ということで、


恵比寿にあるペルー料理店「ミラフローレス」へ。


ここは、ペルー大使館の人も通う本格的なペルー料理が食べれるお店とのこと。












はじめてペルー料理を食べたのだが、うまい!


食べやすくて、とても美味しい。


これは、おススメ。













■「ペルー料理 ミラフローレス」
http://r.gnavi.co.jp/gak4000/















■今日のカメ

■「ミラフローレス」
f0232060_2359660.jpgJR恵比寿駅から徒歩10分ほどの路地にあるビルの2階にあります。












■リャマ(アルパカ?)がお出迎え
f0232060_003911.jpg入口でペルーにいるラクダ科の動物がお出迎え。

これが、リャマなのか、アルパカなのかは謎。そっくり。







■店内の様子
f0232060_015432.jpgシンプルな内装の店内。
プロジェクターでペルーの音楽ムービーが流れていました。








■「クスケニャー」
f0232060_035197.jpgペルーのビール「クスケニャー」。割と濃いようです。









■「マラクヤジュース」
f0232060_0125771.jpg「マラクヤ」はパッションフルーツのことだそうです。

甘味と、少し酸味のあるさっぱりとしたジュースです。











■ペルー産とうもろこしのおつまみ

f0232060_05725.jpgペルー産のとうもろこしを炒ったアツアツのおつまみです。

見た目は「ポップコーンのはじけてない感じの豆」ですが、食べると、ポップコーンのような軽さはなく、もっさりした重めの豆の味がします。でも、意外とハマる味です。




■アンデスパン クラシコ
f0232060_071696.jpgこのパン、すごく美味しかったです。

甘味のあるナン、といった感じで、食べやすく、香りもいいです。







■ペルー産とうがらしのソース
f0232060_083428.jpgアンデスパンと一緒に付いてきたこのソースもすごく美味しかったです。

カレー風味のピリ辛のソースで、くどくなく、パンにも、肉にも合います。






■「ユキタス」
f0232060_0105939.jpgペルー産長芋のフライです。

日本の長芋と違って、甘味のあるジャガイモのような味がして、これも美味しかったです。
ソースは薄いマヨネーズのようなクリームソースを付けて食べます。





■「チチャロン デ チャンチョ」
f0232060_0152282.jpgペルー風の豚のフライです。
これはテレビのドキュメント番組でもペルーの人が食べていたので、割と一般的な家庭料理なのかもしれません。

味は、まんま豚バラ肉のフライです(笑)。このままだと豚味しかしないので、とうがらしのソースを付けたりして食べます。



■「ソパ アンディーナ」
f0232060_0185891.jpgアンデスのポテトとチキンのスープです。

セロリの風味が良く、これもすごく美味しかったです。







■ペルー産とうがらし
f0232060_0203047.jpgお店の方が見せてくれたペルー産のとうがらしです。

上のにんじんっぽいオレンジもとうがらしで、かなり辛いそうです。


先日、ご招待いただき、浜松町にある「焼肉 くにもと」へ行った。









本当に美味しかった。


あぁ、肉って、うまい!!と改めて思った。









紹介してくださった方から


「ここの焼肉は、おそらく、東京で一番です」


と、教えていただいたのだが、それ以上。












私が今まで食べた中で一番かも。


またぜひ伺いたいと思う。










■焼肉くにもと
http://www.8929kunimoto.com/index.htm














■今日のカメ


■焼肉くにもと
f0232060_22168.jpgJR浜松町駅から徒歩3分くらいのところにあります。

兄弟で経営されているとのことで、今回は弟さんの新館の方へ行きました。







■店内の様子
f0232060_223557.jpg最近改装をされたそうで、ゆったり焼肉を食べれるようスペースを広げ、半個室にされたとのこと。









■キムチ盛り合わせ
f0232060_2243981.jpg4種キムチの盛り合わせです。









■もやしのナムル
f0232060_225195.jpgたっぷり出てきて、美味しいナムルでした。









■前菜
f0232060_2265586.jpgコースを注文しました。
牛肉を使った4種の前菜です。








■前菜アップ
f0232060_2283155.jpg牛肉の軍艦巻と、牛肉のお寿司です。

絶品!!牛肉がトロのように、口でとろけて、ホント美味しい。








■サラダ
f0232060_22104316.jpgごま風味のドレッシングサラダです。










■お肉登場!
f0232060_22121465.jpg厚切りお肉の盛り合わせが登場!

上段から左から、ハネシタ、ハラミ、友三角、下段左から、しん芯、三角バラ、ヘレ、サーロイン。








■お肉が厚い!
f0232060_22162090.jpg絶品のお肉を厚切りで出してくれます。食べ応えアリ。









■お肉を追加
f0232060_22181926.jpgあまりに美味しくて、お肉を追加。左から、牛タン、ハツの辛味噌、シンタマ。








■たまごスープ
f0232060_22201589.jpg添加物を使わず、野菜などの出汁と塩で味付けされたやさしいスープ。









■冷麺
f0232060_22215054.jpg実は、あまり冷麺が好きではなく、いつもだと残してしまうのですが、くにもとさんの冷麺は味付け、麺の固さなどすごくバランス良く、すごく美味しかったです。完食。








■デザート
f0232060_222346100.jpgコーヒーゼリーと、いちご&バニラアイス。焼肉の後にさっぱりできます。








■大将の国本さん
f0232060_22253360.jpgとても親切にお肉の説明をしてくださるダンディーな大将。

「独身だって書いといて!」とのことだったので、書いておきます(笑)。


誕生日のお祝いを兼ねてご招待いただき、


八丁堀にあるスタンドバー「maru(まる)」へ行った。








酒屋さんが経営されているそうで、


1階が酒屋&輸入食品店、2階がバーになっている。









「スタンドバー」と聞いて、ちょっと食べて飲むようなお店かと思ったが、


全席ちゃんとイスがある上、かなり本格的なガッツリ系料理を出してくれて、


かつ、どれもこれも美味しい。









酒屋さんが直営しているだけあって、酒の種類も豊富で、


スタッフの方もすごく詳しいので、飲んでいて楽しい。


しかも、酒、料理含めて、とてもリーズナブルな価格で提供してくれる。









こりゃ、すごい。


またぜひ行きたいと思う、とてもいいお店だった。

















■今日のカメ

■Stand Bar maru
f0232060_22463062.jpg八丁堀駅から徒歩1分ほどの交差点近くにあります。階段を上った2階です。












■赤い看板が目印
f0232060_22463883.jpgキラキラした赤い「Stand Bar」の看板が目印です。









■1階は酒屋さん
f0232060_22465083.jpg1階は、お酒と輸入食品のお店になっています。










■店内の様子①
f0232060_22465718.jpg店内中央に大きな円形カウンターがあり、その真ん中に、赤い炭火焼釜があります。席数はそこそこありますが、人気店のようで、すごく混んでいました。隣の人と衣服が密着するくらいのギュウギュウっぷりですが、これだけ美味しくて安ければ、仕方ないかも。





■店内の様子②
f0232060_2247680.jpg壁側にはぎっしり色んな種類のワインが並んでおり、ワインの説明や価格が書かれています。









■赤ワイン
f0232060_22471425.jpgお店のスタッフおススメのチリワイン(赤)をいただきました。












■デキャンティング
f0232060_2247228.jpg普通、バーなんかだとやってくれないのですが、ここでは、要望あれば、ちゃんとデキャンティングもしてくれます。さすが、酒を知り尽くした酒屋さん直営店!











■生ハムブロック
f0232060_22473066.jpgカウンター席の目の前に4種類の生ハムが置かれていました。これは、イタリアの「Parma」。









■切り分けてくれます
f0232060_22474279.jpg注文が入ると、スタッフが切り分けてくれます。










■生ハム登場
f0232060_22475077.jpgいい色!かなり美味しい生ハムでした!










■チーズの盛り合わせ
f0232060_2247581.jpgブルーチーズやカマンベールなど、いろんな種類のチーズが入っています。レーズンブレッド付き。









■エリンギのガーリックソテー
f0232060_2248495.jpg数種類のキノコが入ったソテー。香りよく、肉厚で、とても美味しい!550円くらいだったかな。









■maru風サラダ
f0232060_22482514.jpg野菜たっぷりのシーザー風サラダでした。これも美味しい。650円くらいだったかな。









■エビのカクテルサラダ
f0232060_22483283.jpgこれもすごく美味しかったです。エビ自体もかなり甘くて、トマトのオリジナルカクテルソースをつけると、さらに甘みが増し、うまい。








■ソーセージ焼いてます
f0232060_2248396.jpg炭火焼は注文が入ると、中央の炭火焼釜で焼いてくれます。









■アフリカンソーセージ
f0232060_22484837.jpgボリュームたっぷりで、ちょっとスパイシーなアフリカンソーセージ。炭焼きの香りが良く、とてもうまい。








■本マグロ炭火焼
f0232060_22485572.jpg本マグロを炭火焼にしたお料理。マグロがトロトロで超ぜいたくな一品。









■ラム炭火焼
f0232060_2249396.jpgラム肉の炭火焼です。どれも美味しかったですが、個人的に、これが一番でした。へたなフレンチで食べるより、数百倍うまいです。柔らかくて、ナイフなくても普通に歯で噛み切れます。







■ルイ・ロデレール クリスタル
f0232060_22491169.jpg八丁堀から赤坂へ移動。クリスタルシャンパンでハッピーバースデー乾杯。実は、あまりシャンパンは好きではないのですが、これはすごく飲みやすかったです。

聞いたところ、1本数万円するシャンパンだとか・・・(驚)。


ご招待いただき、四谷にある三國清三シェフのレストラン


「オテル・ドゥ・ミクニ」へ行った。









この日は、三國シェフも厨房にいらっしゃっていて、


特別にシェフオリジナルで料理を作ってくださることになった。










「なんでも好きなものを言っていただければ作りますよ。」











この夢のような一言に舞い上がってしまって(笑)、


食べたいものをうまく言葉で伝えらず、


とりあえず、メインはお薦めの食材を使ったお任せにし、


滅多にない機会なので、2つだけお願いをしてみた。










「じゃがいもが好きなので、じゃがいもで作ったスープをください。」


「いちごが好きなので、いちごとクリームたっぷりのデザートをください。」


この2つ。










三國シェフはそれを聞いて、ニコッと笑い、厨房へ消えて行った。


この2つのお願いでかなった料理は、「今日のカメ」で。












さて、今年は、なんだか「豚」にご縁がある。


ついに幻の豚「梅山豚(メイシャントン)」を食べる機会にも恵まれ、


今回、ミクニではハンガリーの「食べられる国宝」と呼ばれている


「マンガリッツァ」をいただけることになった。











この豚が、色んな意味で、ホントすごい。


文で書くより見ていただいた方が分かりやすいので、


詳しくは、下記「今日のカメ」で。












■オテル・ドゥ・ミクニ
http://www.oui-mikuni.co.jp/hoteldemikuni/
















■今日のカメ

■ウェイティングバー
f0232060_19253435.jpg席の準備が整うまで、入口のウェイティングバーで待ちます。いつも綺麗なお花が飾られています。これは大輪の百合の花。











■クリスマスツリー
f0232060_19254394.jpg赤と白のキャンドルがいっぱいの、かわいらしいツリーも飾られていました。












■三國シェフと戸田さん
f0232060_19255170.jpgウェイティングバーにて。三國清三シェフ(右)と、ミクニのソムリエ戸田さん(左)。









■三國さんと記念撮影
f0232060_1926025.jpgとても多忙な三國シェフ。

たまたま今日はこちらにいらっしゃっていて、シェフ直々のお料理をいただけ、とても幸運でした。ありがとうございました。






■料理の説明をしてくださる三國シェフ

f0232060_1926990.jpg美味しい豚があるということで、実際にお肉を見せながら、今日の料理の説明をしてくださいました。












■「マンガリッツァ」の肉
f0232060_19261977.jpg2004年にハンガリー政府が「食べられる国宝」として認定をした豚「マンガリッツア」です。極寒の土地で育つ豚で、普通の豚と比べて、白い脂身の部分が極端に多い。







■これが、「マンガリッツァ」(笑)
f0232060_19263078.jpg羊ではありません(笑)。豚なのに、羊のように毛むくじゃらです。超かわいい!!









■モコモコしています
f0232060_19263949.jpgその姿から「羊毛の豚」と呼ばれているそうで、この毛のおかげで、マイナス30度の極寒の地でも生きて行けるそうです。








■席の様子
f0232060_19264738.jpg席は1階の予定でしたが、今日は2階の個室が空いているとのことで、特別にこちらに通していただきました。












■ウーロン茶
f0232060_19265879.jpgまだ胃腸が万全ではないので、アルコールは控えて、ウーロン茶で。









■アミューズ
f0232060_1927749.jpgミクニで必ず最初に出される名物キッシュ。










■キッシュ
f0232060_19271780.jpgこのキッシュ、大好きです。ただでさえ、泣けるほど美味しいのに、さらに今日は三國シェフがアレンジをしてくださり、白トリュフの特製ソースがかけられています。トリュフの香りがすごく良く、コクがあって、卒倒するくらい美味しかったです。






■自家製パン
f0232060_19272714.jpg香りが良い、美味しい自家製パン。










■2品目:スープ
f0232060_19275229.jpg私の1つ目のお願い「スープ」です。じゃがいもが好きということで、「インカのめざめ」を使ったポタージュを作ってくださいました。じゃがいもの香りがしっかり残っていて、甘味もあり、イモ好きにはたまらないスープ。すごく美味しかったです。






■3品目:ジビエのサラダ仕立て
f0232060_1928725.jpg旬のジビエを使ったサラダ仕立てのお料理です。「少し前まで胃腸炎で・・」という話をしたので、野菜を取り入れたヘルシーな料理にしてくださったようです。







■ジビエ
f0232060_1928162.jpg鴨と鹿のソテーが入っています。柔らかく、コクがあって、臭みは全くなし。とても美味しかったです。ジビエ以外にも、トリュフやフォアグラも入っていて、超贅沢なサラダです。







■4品目:手長海老のグリル
f0232060_19282698.jpg鮮やかなオレンジが印象的なお料理。手長海老のグリルを、手長海老の味噌を使ったソースでいただきます。








■手長海老
f0232060_19283520.jpg海老、大好き。海老の香りが口いっぱいに広がり、海老の甘みに、濃厚なソースが合っていて、とても美味しかったです。








■5品目:マンガリッツァのグリル
f0232060_19284337.jpg先ほどの毛むくじゃらの豚「マンガリッツァ」のメインディッシュです。









■マンガリッツァ
f0232060_1929110.jpg下がお肉、上に乗っているのは、なんと脂身です。

私は、いつも肉の脂身を残す方で、最初見た時、「え!!」と思いましたが、食べてみると、驚くことに、脂身独特のくどさが全くがありません。喉に来る前に、この脂身が溶けてしまって、脂身というよりコラーゲンのような感じ。肉と一緒に食べるとコクが出て、すごく美味しかったです。



■フロマージュ
f0232060_19291042.jpg好きなチーズを好きな量だけカットして出してくれます。









■瓜割(うりわり)の水
f0232060_19291935.jpg福井県の「瓜割の水」というミネラルウォーターだそうです。軟水ですが、硬水のようなしっかりとした味がします。












■デザート:いちごのミルフィーユ
f0232060_19292682.jpg私の2つ目のお願い「いちごとクリームのデザート」です。

あいまいなオーダーにも関わらず、私がすごく食べたかったミルフィーユが出てきて、嬉しかったです。左の層になっているのがミルフィーユ、右の丸いものは自家製バニラアイス、茶色のクルッとなっているものはチョコです。



■いちごのミルフィーユ
f0232060_19293519.jpgすごく手の込んでいるミルフィーユで、下層が生のいちごにカスタードクリーム、上層は火を通してコクを出したいちごにホイップクリームと、いちごの状態に合わせて、それに合った味とクリームを重ねているデザートです。

もう言うことないくらい美味しかったです。
by meshi-quest | 2009-12-17 19:23 | 四谷


長らく胃腸の不調(略して、不腸?)に悩まされていたが、


だいぶ楽になってきて、ようやく固形物を楽しめるようになってきた。










「食べるな」と禁止されていると、禁欲症状が出てしまうのは仕方がないことで、


無性に中華料理が食べたくなり(笑)、三宿にある「香港麺 新記」へ。












ここは、もう退社されてしまった会社の先輩に教えてもらったお店で、


家庭的な香港料理を食べさせてくれる。


お手頃な値段で、美味しい中華が食べれるので、近くに来ると、寄っている。












特に、お店の看板にもなっている香港麺は、香港の極細麺で、


細いのにコシがあり、お店オリジナルの塩味のスープと絡んで、とても美味しい。


さらに、そのスープの中に入っているエビワンタンとつみれが、


これまた、なんともうまい。













久しぶりに来たが、相変わらず混んでいて、相変わらず美味しかった。













■香港麺 新記
http://www.honkonmen-shinki.jp/index.php















■今日のカメ

■香港麺 新記
f0232060_19134118.jpg国道246沿い、三宿交差点のそばにあるビルの2階にあります。電車で行く場合は、東急田園都市線「池尻大橋」駅から徒歩10分くらい。夜中1時までやっているので、夜食にも便利です。










■店内の様子
f0232060_191349100.jpgビルの2階の分かりにくい場所ながら、常連さんでいつも混んでいます。









■ラー油
f0232060_19135799.jpgテーブルの上に、デカイ入れ物に入った自家製のラー油が置かれています。

雑誌でもよく紹介されているらしく、HPから購入ができます。私は辛いものが苦手なので、ラー油のうまさが分からないのですが・・。





■空芯菜炒め
f0232060_1914635.jpgニンニクとスープで炒めた空芯菜。コクがあって、とても美味しいです。味は、塩と海老味噌から選べます。








■香港麺(小)とチャーハン(小)のセット

f0232060_19141493.jpg麺もご飯も食べたい方へおススメの欲張りセット。香港麺もさることながら、新記のチャーハンもなかなか美味しいです。

香港麺の上に乗っているのは、エビワンタンとつみれです。これが柔らかくて、しっかり素材の味がして、とても美味しい。セットで1150円だったかな。




■香港麺
f0232060_19142254.jpg極細麺ですが、コシがあります。麺は、香港麺と日本麺の2種から選べますが、ここでは断然香港麺がおススメ。








■香港麺 全部入り
f0232060_19143068.jpg全部入りは、エビワンタンとつみれのほかに、チャーシューや豚角煮が入ります。









■春巻き
f0232060_19143977.jpg竹の子たっぷり、アツアツ、サクサクの美味しい春巻きです。350円くらい。









■手羽餃子
f0232060_19144716.jpgプリプリの手羽餃子です。これもとても美味しい。450円くらい。









■ショウロンポウ
f0232060_19145325.jpg肉汁たっぷりの大きなショウロンポウ。食べ応えがあって、美味しいです。4つで500円くらいだったかな。


蒲田は、とにかく飲食店が多く、名店もいっぱいある。












「とんかつ 鈴文」も蒲田にある名店の1つで、


とんかつ好きの中では有名なお店だ。










今回、おじいちゃんを誘って一緒に行ってきたのだが、


18:00過ぎくらいに到着したときにはすでに満席で、


少し待ってちょうど一組カウンターが空いたので、入れた。











小さな店内で、70歳くらいの大将が作ってくれるとんかつを食べる。


肉厚で、豚の味がしっかり感じられ、ジューシーで、柔らかい。










とんかつって、「マズイ!」と思うものにもあまり出会わない代わりに、


「美味しい!」と思えるとんかつにもなかなか出会えないものだが、


鈴文のとんかつはホント美味しい。










とんかつ自体も、付け合わせも、何もかも昔ながらで素朴だが、


「これぞ、とんかつ」という感じ。















■今日のカメ

■とんかつ 鈴文
f0232060_1757263.jpgJR蒲田駅から徒歩8分ほど。電子工学院の近く。













■店内の様子
f0232060_17571041.jpgカウンターが12席ほど、奥にテーブルが1席くらいの小さな店内。









■大将
f0232060_17571850.jpgうちのおじいちゃんほどではないですが(笑)、大将もかなり年取ってます。









■ヒレかつ定食
f0232060_17572691.jpgヒレかつ定食1600円也。ヒレかつに、おしんこ、ご飯、豚汁がセットになっています。









■ヒレかつ
f0232060_17573419.jpg大きめのヒレが3つ乗っています。サクサクジューシーで、肉は柔らかく、とても美味しいです。









■おしんこ
f0232060_17574355.jpg白菜のおしんこ。










■豚汁
f0232060_1757518.jpg昔ながらの素朴な豚汁。ご飯に合います。
by meshi-quest | 2009-10-06 17:54 | 蒲田
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ