タグ:メシクエおすすめ! ( 1218 ) タグの人気記事








懇意にさせていただいてるお気に入りの懐石料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_2025981.jpg


f0232060_2031541.jpg


f0232060_2034743.jpg


f0232060_2041329.jpg











今日はちょっと贅沢に、ワインランク上のおまかせコースを。


「はらまさ」のコースは2種あって、品数はほぼ一緒だが、


上のコースの方が結局のところ俄然お得というか、


食材も内容はツーランクくらい上で、大将の原さんの料理が心から堪能できる。










刺身でも食べれるトロをサッと揚げた贅沢なトロかつ


f0232060_2084866.jpg


f0232060_2085979.jpg













上海蟹の蒸し寿司は、


初めて食べたけど、めちゃくちゃ美味しかったな・・。


カニ好きにはたまらん一品。あと3つくらい食べたくなる。


f0232060_20102938.jpg












名物のあん肝醤油と海苔でいただくお造りも美味しかったし、


f0232060_20112618.jpg


f0232060_20114146.jpg


f0232060_20115839.jpg


f0232060_20121297.jpg












これまた名物の痛風なんてクソ食らえ!なソーメンパスタや、


コースにはなかったので追加したカニ身たっぷりのお気に入り茶碗蒸しも、


相変わらず、絶品だった。


f0232060_20141573.jpg


f0232060_2014077.jpg












メインの焼き物は、秋田八郎潟の天然うなぎ


脂は乗ってるけど、くどくなくて、すごく食べやすい。


f0232060_2015432.jpg


f0232060_20161179.jpg












〆のご飯は、2つのコースともに、トリュフの土鍋ご飯ではあるが、


ワンランク上のコースにすると、トリュフの上になんと、


和牛のサーロイン生ウニのトッッピングがついてくる。


f0232060_20174518.jpg


f0232060_201855.jpg


f0232060_20182064.jpg












全部乗せると、こんな感じ。


こんな贅沢なご飯見たことないな(笑)。


f0232060_20192436.jpg












■「はらまさ」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13151542/









■今日のカメ

■「はらまさ」
f0232060_2025981.jpg
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩3分ほど。










■店内の様子
f0232060_20231944.jpg
カウンターとテーブル席。席数は少なめで、人気店なのでいつも混んでます。









■テーブルセット
f0232060_2034743.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■日本酒
f0232060_2041329.jpg
おすすめの飲みやすい日本酒。










■1品目
f0232060_20275215.jpg
伊勢海老と海老味噌と茄子。上には、海老の殻からとったジュレ。









■2品目
f0232060_2084866.jpg
刺身でも食べれるトロをサッと揚げた、ジューシーなトロかつ。









■3品目
f0232060_20373239.jpg
上海蟹の蒸し寿司。カニ身も、味噌も一緒にご飯と絡んでます。今回、全部美味しかったけど、あえて選ぶなら個人的には、この蒸し寿司が一番だったかも。







■4品目
f0232060_20112618.jpg
金目鯛と真鯛。絶品あん肝醤油を乗せて、海苔で巻いて食べるのが、「はらまさ」流。









■5品目
f0232060_2014077.jpg
お気に入りのカニ味噌茶碗蒸し。濃厚で、絶品。









■6品目
f0232060_20411716.jpg
お椀は、鱧と松茸。









■7品目
f0232060_20415559.jpg
名物の痛風ソーメンパスタ(笑)。白子で和えたクリーミーなソーメンをパスタに見立てて、上には、キャビア、ウニ、いくら、からすみが乗っている贅沢な一品。これもすごく美味しい。







■8品目
f0232060_20161179.jpg
秋田八郎潟の天然うなぎ。蒲焼と白焼きで。










■9品目
f0232060_201855.jpg
炊き立ての出汁土鍋ご飯の上に、たっぷり黒トリュフをかけてくれます。









■トッピング
f0232060_20182064.jpg
2つのコースともに、〆はトリュフご飯ですが、1つ上のコースには和牛サーロインとウニが付いてきます。









■全部乗せた!
f0232060_20192436.jpg
贅沢なご飯になりましたw。










■10品目
f0232060_20461162.jpg
牛乳のババロア、栗の甘露煮、甘納豆、シャインマスカットの和風パフェ。
by meshi-quest | 2017-12-01 08:07 | 四谷







プロジェクトがひと段落し、お疲れ様を兼ねて開発会社さんとの会食。


懇意にさせていただいてるカジュアルフレンチ「カラペティバトゥバ!」へ。


f0232060_17292686.jpg


f0232060_17293129.jpg












まずは、来ると必ず飲んでいる


ゲヴェルツトラミネールドメーヌトラペで乾杯。


白が苦手な私が唯一進んで飲む珍しい白ワイン。


アミュニーズは、チーズ風味のケークサレ。


f0232060_17365819.jpg


f0232060_17371468.jpg











1品目は、「栃木野菜とオマール海老のテリーヌ ソースサンジャック」。


野菜の甘味とオマールの甘味が融合した食べやすい前菜。


f0232060_17385181.jpg


f0232060_1739244.jpg












次は、赤ワインに乗り換えて、2品目は「フォアグラのロワイヤル」。


栗のムースリーヌも添えられてて、濃厚な仕上がり。


f0232060_1741384.jpg


f0232060_1741272.jpg











3品目は、魚料理。


ヒメジのポワレ ポワローのフォンダン」。


ヒメジの甘味と、ポワロー葱の甘味に、濃厚な赤ワインソースがとても合ってる。


ヒメジも皮がパリパリに焼かれてて、皮まで美味しかった。


f0232060_17443432.jpg


f0232060_17444734.jpg











メインの肉料理は、鴨胸肉のロースト


付け合せは根セロリのピューレ。


鴨は火入れが抜群で、柔らかく、美味しくできていた。


f0232060_17464012.jpg


f0232060_17465427.jpg












デザートは、シルクスイートを使った美味しいモンブラン


モンブランも甘さ控えめでとても美味しくできていたけど、


付け合せの落花生のアイスがこれまた美味しかった!


f0232060_17483292.jpg


f0232060_17484684.jpg











■麻布十番「カラペティバトゥバ!」
http://quandlappetitvatoutva.com/
















東京駅の八重洲北口に着いて、さて夕食どうしようか?という時。


「ん?八重洲北口ということは・・・」


おお!我らが「Vimon ビモン」があるじゃないかー!!


f0232060_16575366.jpg


f0232060_16575681.jpg











というわけで、迷わず、サクッとディナー会場を見つけれたことに乾杯。


f0232060_1658517.jpg


f0232060_16585518.jpg











お通しがローストビーフというのが、テンション上がる。


しかも、肉屋のローストビーフだけあって、かなり美味しい。


f0232060_170788.jpg










お目当のハンバーグの前に、焼き野菜の盛り合わせで胃を整える。


焼き野菜も甘みがあって、すごく美味しい。


f0232060_1754896.jpg











そして、いよいよ黒毛和牛すねバーグ、登場!


肉の味をたっぷり楽しめるように、ソースもなければ、付け合せもない、


まさにシンプルイズベストで真っ向から勝負している一品。


f0232060_1772028.jpg











この潔さとシンプルさは、味に自信があって、美味しいからこそ出来るワザ。


すねの粗挽き感が肉の味をしっかり引き立ててくれて、


相変わらず、肉肉しくて、とても美味しい


f0232060_1785676.jpg










■「Vimon ビモン」
http://www.nre.co.jp/shop/tabid/223/stoid/578/brnid/42/Default.aspx









by meshi-quest | 2017-11-28 08:08 | 東京







京都出張、最終日。


ランチにハンバーグが美味しい「プチレストランないとう」に立ち寄る。


京都らしい素敵な外観と、長い通路のお出迎えの洋食屋。


こんな雰囲気の洋食屋が各所に点在してるのは、京都くらいだろうなあ・・・。


f0232060_1643328.jpg


f0232060_16433740.jpg


f0232060_16434294.jpg











店内は広く、お庭が見れるカウンター席と、和風の座敷。奥に個室もある。


f0232060_16442790.jpg











何度かお邪魔しているのだが、


いつも私は、とんかつ、ハンバーグ、カニクリームが盛り合わされた


スペシャルランチAセット(2600円)を注文。










まずは、前菜。


丹波栗と生ハムを合わせた一皿。


f0232060_16464242.jpg


f0232060_16464521.jpg











次にミニサラダ。


f0232060_1647644.jpg











そしてメインのスペシャルランチAセット。豚汁付き。


f0232060_16474553.jpg











とんかつも柔らかく、カニクリームコロッケもカニ身たっぷりで美味しいのだが、


さらに輪をかけて手作りハンバーグが美味しい。


デミグラスソースも濃厚でコクがあって、ハンバーグとすごくあってる。


小ぶりではあるが、食べ応えがある味。


f0232060_16494043.jpg











最後のデザートは、クレームブリュレ。


温かい紅茶と共に。


f0232060_16503483.jpg


f0232060_16503799.jpg











■「プチレストランないとう」
https://restaurant.ikyu.com/104647/







by meshi-quest | 2017-11-27 08:07 | 旅行_国内








出張in京都。


併せて、メシクエin京都。








京都国立博物館で開催中の「国宝展」に行ってきた。


41年ぶり、11月末の8週間で至高の国宝を観れる大イベント。


本物の放つオーラはすごい。


私のような素人が見ても、ガンガン心に響くものがあって、感動した。


f0232060_15351374.jpg


f0232060_15351675.jpg











夜は、京都ご出身の業界の偉い方に教えていただいた


くずし割烹「枝魯枝魯ひとしな (ぎろぎろひとしな)」へ。


f0232060_15394531.jpg


f0232060_15394831.jpg












しっかりとした京都の割烹料理がコースでいただけるが、


いい具合にくずしてあって、肩ひじ張らずに、


気軽にカウンターに座って食べられるようになっている。


f0232060_1543122.jpg


f0232060_15431671.jpg


f0232060_15431967.jpg


f0232060_15432127.jpg


f0232060_1543251.jpg


f0232060_15432860.jpg












季節の食材を使った京料理が少しづつ、テンポ良く出てきて、


最後は、ご飯やデザートまでちゃんと出る。


ここまで食べれて、お酒も飲んで、5000円ちょっとなので、とてもリーズナブル。


f0232060_15433544.jpg


f0232060_15433950.jpg


f0232060_15434642.jpg













京都の地元の人や観光客だけでなく、外国人にも人気のようで、


常に満席で、結構外国の方も予約をして来ていた。


料理もさることながら、京都らしい趣あるお店の雰囲気や、


祭りのように派手な衣装を着たスタッフも面白かった。










「新京都和食」というか、


昔ながらのいいところも取り入れ、


とはいえ、そのまま出さずに、今に合わせてアレンジしているところ、


伝統に柔軟性と遊びを加えているところが良かった。


料理の内容もさることながら、コース全体の時間とか、品数とか、値段とかも。










■「枝魯枝魯ひとしな」
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26002260/









■今日のカメ

■「枝魯枝魯ひとしな」
f0232060_15394531.jpg
清水五条の鴨川近くの路地裏にあります。繁華街の河原町からも歩けました。









■テーブルセット
f0232060_1555513.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■日本酒
f0232060_16232214.jpg
お店おすすめの日本酒。









■1品目
f0232060_1543122.jpg
昆布の上に、鱧と松茸を焼き付けたものが乗っています。









■出汁を注ぎます
f0232060_16251098.jpg
その上から出汁を注ぎます。簡易土瓶蒸しの完成。










■2品目
f0232060_16262753.jpg
八寸。海老芋の牛肉巻き揚げ、栗の甘露煮など。










■3品目
f0232060_15431967.jpg
お椀。ゴボウの胡麻豆腐と、鮎の甘露煮が入ってます。









■4品目
f0232060_15432127.jpg
戻りガツオ。










■5品目
f0232060_1543251.jpg
鴨の藁焼き。ソースは、オレンジと京都の白みそを合わせたもの。









■6品目
f0232060_15432860.jpg
太刀魚の白焼きと、梨の甘酢漬け。










■7品目
f0232060_16311875.jpg
鮎の炊き込みご飯。京都のおしこんや赤だし付き。









■8品目
f0232060_15434642.jpg
柚子のパンナコッタと、ほうじ茶のドーナッツ。
by meshi-quest | 2017-11-24 08:06 | 旅行_国内







懇意にさせていただいてる吉祥寺の名店「肉山」の姉妹店、


「ホルモン酒場 焼酎家 わ」で行われたワイン会に参加。


f0232060_15183175.jpg











炭も準備万端!


f0232060_15185279.jpg











ワインもたっぷり準備万端!


f0232060_15185825.jpg












大将の小林さんの目の前のアリーナ席で、


肉が焼けるのをワインを飲みながら、かぶりつきで見つつ、待つ。


f0232060_15202240.jpg


f0232060_1520375.jpg


f0232060_15204491.jpg


f0232060_15204753.jpg


f0232060_15205036.jpg


f0232060_15205972.jpg


f0232060_1521250.jpg












牛、豚、猪、色んな肉が出てきたが、


今日のメインはコレ、カンガルーの肉


f0232060_1525283.jpg











大学時代にオーストラリアに留学してて、


道路に普通にカンガルーとかピョンピョンしてたけど(本当の話)、


思えばカンガルーの肉は食べたことなかったなあ。


味は、鹿の肉に似ている感じ。


赤身で、脂少なく、思ったほど臭みはなく、食べやすい。ヘルシーな肉。


f0232060_1525541.jpg


f0232060_1525751.jpg












カンガルーのワンタンスープも美味しかったな。


f0232060_1528079.jpg











〆は、「わ」特製のホルモン入りソース焼きそば。


こんなに肉を食べても、焼きそばは別腹。


f0232060_15285244.jpg


f0232060_1528545.jpg










■「ホルモン酒場 焼酎家 わ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005837/








by meshi-quest | 2017-11-23 08:08 | 吉祥寺








中目黒にあるお気に入りの日本料理店「中目黒伍燗 (ごかん)」へ。


f0232060_1359277.jpg










業界でお世話になっている大先輩をお招きしての会食。


こういう時は、誰が来ても喜んでくれて、お店もちゃんと対応してくださるという


絶大な信頼感と安心感のあるお店を選ぶことなるが、


「中目黒伍燗」はその中の1軒。


f0232060_1405468.jpg


f0232060_141396.jpg


f0232060_146599.jpg


f0232060_14442258.jpg


f0232060_14474188.jpg


f0232060_14474757.jpg


f0232060_14475168.jpg











今日のメインは、すっぽん鍋


コラーゲンたっぷりのすっぽんから、心底温まる、いい出汁が出てる。


初来店の先輩方もすごく喜んでくださっていた。


f0232060_14492516.jpg


f0232060_14492785.jpg











〆は、すっぽんエキスたっぷりの雑炊。


自然と体から、お茶を飲んだ時のような「ふーーー」という音が漏れる。


日本っていいなあ、お米っていいなあと改めて感じる一品。


f0232060_14503074.jpg


f0232060_14503178.jpg









■「中目黒伍燗」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44









■今日のカメ

■「中目黒伍燗」
f0232060_1359277.jpg
東急東横線「中目黒駅」から徒歩5分ほど。駅から続く高架下飲食街の「71番」という番号の場所にあります。








■振舞
f0232060_14574485.jpg
テーブルセットはこんな感じ。「伍燗」では、料理が始まる前に、必ず盃に振る舞い酒を出してくれます。今日は、福井の黒龍三十三号。







■名物
f0232060_1512454.jpg
名物の特製胡麻豆腐。今まで食べた胡麻豆腐の中で、個人的に一番美味しいと思っている。









■前八寸
f0232060_1524756.jpg
雲丹の茶碗蒸し、蟹クリームコロッケ、鮑の福良煮など。秋らしい彩り。









■椀替
f0232060_141396.jpg
大好きな土瓶蒸し。









■中はこんな感じ
f0232060_146599.jpg
この時期よくあるのが鱧と松茸の組み合わせだが、きっと私がすでに食べてるであろうことを考慮して、大将の内藤さんがアレンジ。中は、クエと松茸でした!クエもやさしくて、いい出汁でますね。







■割鮮
f0232060_1564430.jpg
三重のひらすずきと、寿都の牡丹海老。









■御凌
f0232060_158496.jpg
「伍燗」のコースでは途中で必ず鮨が出てくるのが楽しみの1つ。今日は、赤むつの炙り。脂がすごく乗ってて、赤酢のしゃりと相性も抜群で、美味しかった!







■焼物
f0232060_14442258.jpg
秋田八郎潟の天然鰻。皮はパリッと、中はふっくら。









■主菜
f0232060_14474757.jpg
宮崎牛いちぼの炭火焼き。









■温物
f0232060_14492516.jpg
九条葱たっぷりのすっぽん鍋。黄にらや京小蕪も入ってて、野菜たっぷり。









■飯物①
f0232060_14503074.jpg
本日の飯物は2種類。1つめは、すっぽん鍋の出汁をたっぷり吸いこんだ雑炊。優しくて、すごく美味しい。









■飯物②
f0232060_151430100.jpg
炊き立ての出汁ご飯の上にトリュフをたっぷりかけたトリュフご飯。いい香り。








ちょっと疲れた時に、肩ひじ張らずに気軽に入れて、


飲みながら、ちょっとつまみも食べながら、


鮨を食べたいときに便利な「だり半」。


f0232060_21332552.jpg


f0232060_21332739.jpg










つまみも種類が豊富で、ちゃんと美味しく、


f0232060_21334718.jpg


f0232060_2133497.jpg











鮨もネタが大きくて、リーズナブル。


セットメニューもあり、1貫からお好みも頼める。


懐の深い鮨居酒屋さん。


高級鮨屋ではないけれど、仕事帰りにちょっと食べるにはすごくいい。


f0232060_2135214.jpg


f0232060_2135315.jpg









■「だり半」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13161175/















懇意にさせていただいている


新宿御苑前ビストロ「シャルトロ」でディナー。


f0232060_20301471.jpg


f0232060_20301655.jpg











食べたい前菜を色々と頼んでみた。


f0232060_20364634.jpg


f0232060_20364877.jpg


f0232060_20365061.jpg












シャルキュトリーの盛り合わせ。


レバーが苦手は私でも食べれる自家製パテと鶏レバームース。


f0232060_20381679.jpg











今日のメインは、肉ではなく、白身魚のソテー。


トマトとブラックオリーブのソースがとても合ってて、


さっぱりいただける一品になってました。


f0232060_20383340.jpg










■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf







by meshi-quest | 2017-11-18 08:08 | 新宿









懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」へ。


今日は、友達の会社設立のお祝いを兼ねての会食だったので、


室田シェフにいつも以上に特別感満載で料理を作ってもらった。


f0232060_17231016.jpg


f0232060_17231338.jpg


f0232060_17232440.jpg


f0232060_17233376.jpg











「ラチュレ」らしい秋の前菜。


絵本を読んでいるかのようなかわいらしい料理が並ぶ。


f0232060_17233376.jpg


f0232060_17302422.jpg


f0232060_17302695.jpg


f0232060_17304217.jpg


f0232060_17304782.jpg












中盤から、どれがメインディッシュか分からないような、


高級食材を使った美味しい料理のオンパレード(笑)。


黒アワビに、猪鹿熊(蝶ではない、惜しいw!)のパイ包み焼きに、


甘鯛の鱗焼きに、ラスボスは雷鳥


f0232060_17401488.jpg


f0232060_17401621.jpg


f0232060_17402085.jpg


f0232060_17402354.jpg


f0232060_1740322.jpg











雷鳥という名前もさることながら、この手!


ファンタジックだな、雷鳥。


手も、頭(脳みそ付)も出すのは、見た目のインパクトや新鮮な証拠だけでなく


丸ごと1匹をちゃんと使った料理の証もである。


f0232060_1742631.jpg











相変わらず、すごいフレンチ。


室田シェフ、ありがとうございました!!







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/









■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_17231338.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_17232440.jpg
カウンターとテーブル。こんなに本格的なジビエ料理がカジュアルにお一人様からカウンターで出してもらえるのが「ラチュレ」の魅力。








■テーブルセット
f0232060_17233376.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_175203.jpg
私の好みを知り尽くしてくれているソムリエ山本さんが用意してくれていた白ワインが私の好みど真ん中で、白ワインをあまり飲まない私が2杯お代わりしました。美味しい〜。








■1品目
f0232060_17302072.jpg
木のオブジェに乗った、鳩の形の一口アミューズ。










■アップ
f0232060_17302422.jpg
中は鳩のリエットが挟まってます。










■2品目
f0232060_17302695.jpg
巨大な松ぼっくりの上に乗っているのは、鹿の脂を使ったケークサレ。「ラチュレ」は、ジビエの全てを大切に使い、最初から最後までジビエを楽しませてくれます。ちなみに、ケークサレはほんのり野性味を感じますが、素朴な甘みもあり、全然クセはないです。






■3品目
f0232060_17304217.jpg
濃厚な出汁が出ている熊のコンソメ。美味しい!中には熊のスネ肉も入ってます。その他、しょうげんじ茸、おおいちあお茸など珍しいキノコが入ってます。








■4品目
f0232060_184275.jpg
ジビエの箸休め。イワシと新生姜とラズベリーを使ったさわやかな前菜。









■5品目
f0232060_1845881.jpg
勝浦の黒アワビを肝バターソテーに。肝バターが濃厚で、めちゃくちゃ美味しい。アワビも柔らかい!









■6品目
f0232060_1861427.jpg
猪鹿蝶ならぬ、猪鹿熊の豪華なパイ包み焼き。中にはたっぷりフォアグラが入ってます。









■赤ワイン
f0232060_1875733.jpg
オススメの赤ワイン。これも私好みで飲みやすかった!行きつけのレストランで仲良くなると、好みを知ってプロの目でオススメしてくれるので、こういう時に本当に助かります。感謝。








■7品目
f0232060_1895087.jpg
甘鯛の鱗焼き。ソースは、モンサンミッシェルのムール貝とサフランを使った濃厚なソース。甘鯛はサクサクで、ソースもすごく美味しかったなあ。









■8品目
f0232060_1740322.jpg
大ボスの雷鳥。この時期、かつ、入荷できた時だけの限定品。かなりクセがあるので、好き嫌いは分かれると思いますが、これぞ、ジビエという味。








■9品目
f0232060_1818126.jpg
和栗のビスキュイクーラン。上には、「ハニートリュフ」という珍しいトリュフが乗ってます。この白トリュフ、めちゃくちゃ甘くて、以前も別のお店で食べたことがありますが、最初かなり驚きます。








■小菓子
f0232060_18245017.jpg
ラベンダーのフィナンシェ。










■食後の飲み物
f0232060_18252869.jpg
ホットのブレンドティー。
by meshi-quest | 2017-11-17 08:08 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ