タグ:メシクエおすすめ! ( 1201 ) タグの人気記事









仲良くさせていただいてる西荻窪「壱年茶虎」で夕食。


f0232060_1312889.jpg


f0232060_1313296.jpg











三鷹の中華の名店「虎茶屋」さんが


西荻窪にて今年1年限定で出店してるのだが、


西荻でこの味が楽しめるのはもうあと数か月かあ・・・。










そんなことを思うと、後悔しないように、


あれもこれも食べたくなって、結果、こうなるw。


f0232060_1335641.jpg


f0232060_1335931.jpg


f0232060_134249.jpg


f0232060_134489.jpg


f0232060_134722.jpg











相変わらず、「壱年茶虎」の麻婆豆腐は最高。


この味を西荻で、かつ、家から徒歩数分の距離で楽しめる幸せを噛みしめる。


f0232060_1354053.jpg


f0232060_1354255.jpg








■「壱年茶虎」
http://torachaya.com/archives/118








■今日のカメ

■「壱年茶虎」
f0232060_1312889.jpg
JR西荻窪駅南口から徒歩3分ほど。










■紹興酒
f0232060_1313296.jpg
10年物の紹興酒と、紹興酒の香り付けがされた枝豆。









■1品目
f0232060_1335641.jpg
大好きな「壱年茶虎」の蒸餃子。通常は2個なのだが、美味しくてあっという間に食べてしまうので、私はいつも4個もらう。








■2品目
f0232060_1335931.jpg
トマトと卵炒め。卵がフワフワ。ご飯もいいけど、お酒に合う味。









■3品目
f0232060_13105252.jpg
真鯛の「清蒸鮮魚」。ネギとパクチーの薬味をたっぷり添えていただきます。









■4品目
f0232060_13123214.jpg
湯葉と青菜炒め。









■5品目
f0232060_13182599.jpg
牛肉ととまとの炒め。









■6品目
f0232060_1354053.jpg
名物の麻婆豆腐。やっぱりいつ食べても絶品。

激辛&花山椒痺れる系の麻婆豆腐が好きな人には優しい味に感じると思いますが、私は痺れる系の麻婆豆腐より、コクがある麻婆豆腐の方が好きなので、「壱年茶虎」の麻婆豆腐がド・ストライクです。
by meshi-quest | 2017-10-26 08:08 | 西荻窪








美味しい出汁と、美味しい蕎麦が食べたくなったので、


新宿御苑前にある大好きな割烹「御苑前せお」へ。


f0232060_11214264.jpg


f0232060_11214447.jpg












いつものように、日本酒に合わせたつまみをいただきつつ、


f0232060_11405943.jpg


f0232060_11244623.jpg


f0232060_11245079.jpg


f0232060_1124531.jpg











お造りもいただいて、


f0232060_11252830.jpg











焼物は、のどぐろ


脂乗ってて、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_11262225.jpg













お椀は、いい出汁が出ている優しい味の


f0232060_11274150.jpg












揚げ物は、天ぷら盛り合わせと、穴子のから揚げあんかけ。


お酒飲むと、どうも揚げ物が食べたくなる。


f0232060_1128588.jpg


f0232060_11281337.jpg












〆は、ざるそば


「せお」さんならではの、トロトロの蕎麦湯が絶品だった。


f0232060_11291593.jpg


f0232060_1129193.jpg









味の美味しさはもちろんのこと、


これらの料理がすべてアラカルトで注文できるのが素晴らしい。








よくある割烹だと、ほとんどがコースになってて、


その日の気分で量だったり、内容だったりが調整できないが、


食べる時くらい何にも縛られず、


好きなものを好きなだけ食べたいし、自由でいたいw。


そんな夢を叶えてくれる大人の割烹がここなので、


私はちょくちょくお邪魔させてもらっている。









■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/








■今日のカメ

■「せお」
f0232060_11214264.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩1分ほど。新宿通りの1本裏手にあります。









■テーブルセット
f0232060_11214447.jpg
テーブルセットはこんな感じ。

割烹の丸盆が、「美味しい料理がどんどん来ますよ!」感があって好き。







■日本酒
f0232060_11405943.jpg
お店おすすめの飲みやすい日本酒をいただきました。









■1品目
f0232060_1142108.jpg
きゅうりとシソの実の和え物。









■2品目
f0232060_11245079.jpg
牛肉のしぐれ煮。濃いめのしっかりとした味で、お酒にも合うけど、ご飯が欲しくなる味。









■3品目
f0232060_1124531.jpg
フワフワの出汁巻き卵。









■4品目
f0232060_11252830.jpg
白イカ、マコガレイ、石垣貝など。









■5品目
f0232060_11262225.jpg
のどぐろの塩焼き。すごく脂が乗ってる!









■6品目
f0232060_11274150.jpg
鱧と季節の野菜のお椀。トマトやヤングコーンが入ってます。

トマトは旨味成分を豊富に含むので、日本の出汁とすごく相性がいいそうです。







■7品目
f0232060_1128588.jpg
天ぷらの盛り合わせ。揚げ方がすごく上手で、どれもサクサク、胃もたれしません。









■8品目
f0232060_11281337.jpg
穴子のから揚げのべっこうあんかけ。









■9品目
f0232060_11291593.jpg
ざるそば。「せお」さんの蕎麦は、ホント美味しい。









■蕎麦湯
f0232060_1129193.jpg
相変わらず美味しい蕎麦湯。他店ではあまり蕎麦湯を使わないのですが、「せお」さんに来ると必ず頼みます。
by meshi-quest | 2017-10-25 08:08 | 新宿








代々木に用事があり、久しぶりに「おひつ膳 田んぼ」で食事。


スクエニがまだ南新宿にあった頃、


ランチタイムに代々木まで歩いてよく通っていたお気に入りの定食屋だ。


f0232060_1194625.jpg


f0232060_1194612.jpg












ランチタイム終了間際だったので空いていたが、


普段は外に列が出来るほど人気店。


f0232060_11121378.jpg


f0232060_11121648.jpg











今日は、シンプルに焼鮭定食を。


いつもの私だったら、ご飯を食べるためのおかずをもっと足しそうだが、


ビックリするくらい白米が美味しいので、これで十分。


f0232060_11151218.jpg


f0232060_1115153.jpg


f0232060_1115182.jpg


f0232060_11152084.jpg








白飯だけで美味しいって、なんて素晴らしいんだろう!


「おひつ膳 田んぼ」は、自社の田んぼを持っていて、


米の販売や稲刈りツアーなども催してるくらいで、


本当にご飯が美味しいので、我こそはご飯党という方はぜひ。









■「おひつ膳 田んぼ」
http://tanbo.co.jp/

















四谷三丁目に「どろまみれ」という


一度聞いたら忘れないインパクトある名前の大人気焼き鳥店があり、


そこに行こうとしたところ、11時近くだったが、それでも満席で入れず。









スタッフさんに聞いたら、メニューはほぼ「どろまみれ」と同じで、


すぐ下に姉妹店があるとのことで、本日は「キッチンどろまみれ」へ。


f0232060_17485564.jpg


f0232060_1749285.jpg










お通しが、なんと大きな手作りシュウマイ。


ちゃんと丁寧に蒸し器で蒸されてて、もう4個食べたいくらい美味しい!


f0232060_17525563.jpg










本店の「焼鳥 どろまみれ」同様、


野菜をウリにしてて、野菜料理が充実。


f0232060_1755529.jpg


f0232060_17555497.jpg


f0232060_17555915.jpg











焼鳥も、もちろん充実していて美味しい。


f0232060_17543392.jpg


f0232060_17544114.jpg


f0232060_17544751.jpg








気軽でリーズナブルで美味しくて、


肉も、野菜も、お酒も充実してて、居酒屋として秀逸。







■「キッチンどろまみれ」
http://kitchen-doromamire.com/









■今日のカメ

■「キッチンどろまみれ」
f0232060_17485564.jpg
丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩3分ほど。1階が「キッチンどろまみれ」、2階は本店の「焼鳥どろまみれ」。









■サングリア
f0232060_1811293.jpg
白ワインベースのサングリア。










■お通し
f0232060_17525563.jpg
お通しは、手作りシュウマイ。なんかすごく嬉しいw。得した気分。









■1品目
f0232060_1755529.jpg
名物の「15種野菜の盛り合わせ」(750円)。食べ応えあるボリューム。野菜も甘くて美味しい。









■2品目
f0232060_17555915.jpg
レンコンの炭火焼。










■3品目
f0232060_18155560.jpg
牛すじのとろとろトマト煮。濃厚で、牛すじも柔らかく、美味しかったなー。









■4品目
f0232060_18171390.jpg
鶏スープ。いい出汁が出てます。










■焼鳥①
f0232060_17543392.jpg
ハツ。










■焼鳥②
f0232060_17544114.jpg
秋田比内地鶏のぼんじりともも。










■焼鳥③
f0232060_17544751.jpg
月見つくね。
by meshi-quest | 2017-10-23 08:07 | 四谷









昨年のオープン以来、一気に鮨界の大スターとなり、


たった半年あまりでミュシュラン2つ星を獲得した東麻布「鮨 天本」。


全く予約が取れずに日々が流れ、ようやく1年ぶりの感激の再訪キターーー!!


f0232060_1440196.jpg


f0232060_14402311.jpg


f0232060_14414272.jpg












というわけで、本日は、メシクエ中に遊び人がキングメタルを倒したかのごとく、


かなりテンション高めでお送りしたいと思う。


f0232060_14423115.jpg












まずは、おつまみから。


最初に出てきたのは、厚岸のつぶ貝


大きくて、香りがものすごく良くて、つぶ貝だと思えないほど!


f0232060_14591788.jpg


f0232060_14591878.jpg











唐津のアカウニと、4日間紹興酒に漬け込んだボタン海老


残ったウニと、海老から出た紹興酒だれを合わせて、酢飯でいただく。


めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_1515198.jpg


f0232060_1515343.jpg












天本さんが「今まで扱ってきたカツオで最高かもしれん・・」と言った、


対馬の迷いガツオ。皮目も、身も美しい。


食べると、知らなければ中トロと勘違いしそうな味わいのカツオだった。


間違いなく、私が今まで食べたカツオの中でも最高。


f0232060_1544976.jpg


f0232060_1545287.jpg


f0232060_1545993.jpg





「迷いガツオ」って初めて聞いたが、日本語って素晴らしく、美しいな。










最高級の宍道湖のは、


皮が驚くほどパリッとしてて、中がふっくら。


これまた今年食べた鰻の中で一番の美味しさだった。


f0232060_1571347.jpg


f0232060_1571671.jpg


f0232060_1571835.jpg












そして、アイスランド産のナガスクジラの尻尾


この馬肉かと思うほど、上品なサシが入った、上品なクジラ肉。


今まであまりクジラ肉にいい印象がなかったが、それが大きく覆った。


f0232060_1593410.jpg












生イクラもすごかった。


こんなプリプリで、こんなにキレイで、こんなに皮が薄くて、驚いた。


f0232060_1511356.jpg













にぎりも、どれも語りつくせないほどすごいものばかりだったが、


四国宇和島の白シャコなるものを初めて食べた。


築地でも1軒の仲買人さんしか取り扱ってなくて、


かつ、足も短く、買ってきた半数がダメになってしまうほど、らしい。


味は、いわゆるシャコではなく、まさに高級な毛ガニを食べてる感じ。


f0232060_15144641.jpg




高級店含め、結構色んな場所でお鮨を食べてるが、白シャコに出会ったのは初めてだ。










今年は不作で秋刀魚祭りも中止になるほどの、貴重な秋刀魚


そんな中でなかなか入手できない、


脂の乗った貴重な北海道の秋刀魚のにぎりをいただく。


f0232060_1517131.jpg












ウニは、名ブランド北海道の東沢のムラサキウニ


f0232060_15185212.jpg


f0232060_1519267.jpg


f0232060_1519185.jpg












カレイの王様で「王鰈」と呼ばれるマツカワガレイ


こんなに立派で、こんなに大きなエンガワ、初めてだ。


f0232060_1521342.jpg











鴨居のカワハギは、フワフワの肝を乗せて。


身の旨味と、濃厚な肝がすごく合っていて、美味しかったな。


f0232060_15223478.jpg











大間の150kの釣り本マグロに、


f0232060_15233139.jpg


f0232060_15234664.jpg











五島のサワラの松前漬け、最高級の閖上の赤貝、


大きな垂れ車海老に、対馬の穴子、


どれをとっても、すべて天井、最高級の夢のような鮨だった。


f0232060_15255665.jpg


f0232060_15261083.jpg


f0232060_15265643.jpg


f0232060_15262182.jpg









■「東麻布 天本」
http://higashiazabuamamoto.com/


※2017年10月1日より予約方式が変わり、
店舗への直接予約ではなく、専用ネット予約オンリーに。
期間も3か月先までしか予約ができなくなりました。









■今日のカメ

■「鮨 天本」
f0232060_1440196.jpg
大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分ほど。東京タワーのすぐ近くにあります。









■店内の様子
f0232060_14414272.jpg
カウンター8席ほどの小さな店内。目の前で天本さんから解説を聞き、天本さんの仕事を見ながら、食事がいただけます。








■日本酒①
f0232060_1535171.jpg
お店オススメの日本酒。福島県宮泉銘醸の「寫樂(しゃらく)」。









■テーブルセット
f0232060_15365713.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■1品目
f0232060_1537484.jpg
沖縄県のもずく。細くて、繊細。









■2品目
f0232060_14591878.jpg
厚岸の大きなつぶ貝。









■3品目
f0232060_15385133.jpg
カレイの王様、函館のマツカワガレイ。上には生キャビア。









■4品目
f0232060_15394527.jpg
カキのブランド産地、北海道仙凰趾(せんぽうし)のカキ。私は食べれないので、写真だけ。

カキ好きには超有名な地名の「仙凰趾」。初めて聞いた。きっと読めなかっただろうなw。







■5品目
f0232060_1515198.jpg
4日間紹興酒に漬け込んだボタン海老。上には、唐津のアカウニ。









■ご飯きた!
f0232060_1515343.jpg
海老から出た紹興酒醤油と、濃厚なウニのたれを食べつくすため、酢飯投入。なんて贅沢なウニご飯。









■6品目
f0232060_1593410.jpg
アイスランド産のナガスクジラの尻尾。クジラ肉は赤身ばかりだと思っていたら、尻尾だけサシが入ってるのだそう。高級な馬肉を食べてるよう。

ちなみに、世界最大のシロナガスクジラは捕鯨禁止だけど、ナガスクジラは捕れる。日本でよく見かけるクジラ肉はミンククジラだそうで、ナガスクジラを食べてしまうと、ミンクがもう食べれなくなるくらいの旨さ。



■宍道湖の鰻
f0232060_1571347.jpg
最高級の宍道湖の鰻。厚みがあり、ふっくらしてて、皮目に黄色が入ってるのが特徴だそう。









■7品目
f0232060_1571671.jpg
今年食べた鰻の中で、間違いなく一番美味しかった鰻。ビックリするほど皮がパリッとしてて、中がふっくら。ホント美味しかったな・・・。









■対馬の迷いカツオ
f0232060_1544976.jpg
天本さんも過去最高と太鼓判を押した、対馬の迷いカツオ。









■8品目
f0232060_1545993.jpg
身が美しく、上品な味わいで、カツオ独特のクセが一切感じない。なので、生姜もいらずに、塩でいただけてしまう。高級なマグロを食べているかのようだった。こんなカツオがあるんだな・・・。







■9品目
f0232060_1511356.jpg
生イクラ。めちゃくちゃ粒が大きく、プリプリで、皮が薄く、絶品でした。









■日本酒②
f0232060_15533937.jpg
茨城県来福酒造の「来福」。









■にぎり①
f0232060_15544831.jpg
真いか。









■にぎり②
f0232060_15552340.jpg
鹿児島県のかすご。









■にぎり③
f0232060_15555450.jpg
駿河湾キンメ。









■にぎり④
f0232060_15144641.jpg
四国宇和島の白シャコ。初めて食べましたが、目をつぶってたら、毛ガニだと思ってしまう。シャコは実はあまり好きではなかったけど、こんな美味しいシャコもあるんだな・・・。






■にぎり⑤
f0232060_1517131.jpg
今年は秋刀魚が不作で、全く美味しくなく、そもそも高いし、手に入らないと言う中、「天本」にはとても美味しい秋刀魚がいました。さすが。







■にぎり⑥
f0232060_15255665.jpg
修行店「海味」からのスペシャリテ、五島サワラの松前漬け。









■東沢のウニ
f0232060_1519267.jpg
ウニにいくつかブランドがあり、東沢水産のウニは最高級品。









■にぎり⑦
f0232060_1519185.jpg
北海道のムラサキウニ。ウニが軍艦からこぼれ落ちそうw。








■にぎり⑧
f0232060_1615931.jpg
有明のこはだ。









■にぎり⑨
f0232060_163217.jpg
唐津の本あら。









■にぎり⑩
f0232060_1521342.jpg
マツカワガレイのエンガワ。ああ、本物のエンガワって、こういう味なんだなと考えさせられるくらい、いわゆるエンガワと別物。








■にぎり⑪
f0232060_15223478.jpg
ブランド鴨居のカワハギ。肝がめちゃくちゃ美味しい。









■にぎり⑫
f0232060_15233139.jpg
大間の釣り150kの中トロ。









■にぎり⑬
f0232060_15234664.jpg
大間の大トロ。









■にぎり⑭
f0232060_1665972.jpg
大阪湾関空の下の真サバのシメサバ。









■にぎり⑮
f0232060_15261083.jpg
ブランド閖上の赤貝。大きくて、立派な赤貝。









■にぎり⑯
f0232060_1684367.jpg
秋刀魚がダメな代わりに、今年はイワシが過去最高に良いらしく、すごく脂乗ってて、美味しい。









■にぎり⑰
f0232060_1693927.jpg
あらの赤だし。山椒のアクセントが効いてて、口の中がさっぱりする。









■にぎり⑱
f0232060_15265643.jpg
垂れ車海老。甘くて、最高にうまい。









■にぎり⑲
f0232060_15262182.jpg
対馬の穴子。フワフワ。









■玉子
f0232060_16113951.jpg
鮨屋さんのデザート。「天本」さんの玉子は、中にメレンゲが入ってて、しっとりフワフワで、スフレケーキを食べている感じ。すごく美味しい。








いつもお世話になっている大好きな和食屋、


「並木橋 なかむら」の個室にて、打ち合わせしながらの食事。









最初の前菜盛り合わせからして豪華絢爛!


何を食べても相変わらず美味しく、


どれから食べようか迷う、ワクワクするつまみが並ぶ。


美味しい和食が次々出てくるので、こちらも早々に日本酒スタート。


f0232060_141557100.jpg


f0232060_14141458.jpg











元々、「盛り合わせ」というものはメニューにないのだが、


「なかむら」さんの小皿料理を色々と食べたくて、いつも特別に作ってもらっている。


生本マグロの大トロ棒寿司や、朝捕れ白イカゲソのから揚げなど。


仕事でも、プライベートでも、お客さんと連れてくると、


この盛り合わせにまず感激してもらえる。


f0232060_1420758.jpg










続いてのお造りは、長崎の生本マグロをはじめ、


香川のイサキ、ヒラマサ、高知のカツオなど。


f0232060_14223768.jpg











和牛のA5ランクのランプ炭火焼き。


魚だけでなく、肉もちゃんと美味しい。


f0232060_14234910.jpg












必食の「なかむら」さん特製メンチとコロッケに、フワフワの出汁巻き卵。


f0232060_14243050.jpg


f0232060_1424321.jpg


f0232060_14243542.jpg











〆の土鍋ご飯は、


大好きな銀鱈の西京焼きが丸ごと入った豪勢な炊き込み!


くえのあら汁も上品な出汁が出て、美味しくできていた。


f0232060_14254584.jpg


f0232060_142545100.jpg


f0232060_14254843.jpg












西京焼きがそのまま入ったご飯をあまり見かけないが、


濃厚な銀鱈に、茗荷や葱の薬味がアクセントになってて、


お代わりが止まらない、めちゃくちゃ美味しいご飯だった。











「なかむら」さんの土鍋ご飯は、


季節によって具材がどんどん変わってしまうのだが、


西京焼きの土鍋ご飯は、ぜひまた食べに来たいなあ。







■「並木橋 なかむら」
http://ameblo.jp/fg-nakamura/








by meshi-quest | 2017-10-18 08:08 | 渋谷・神泉








吉祥寺の友達と、


「吉祥寺には通いたくなるようなジンギスカン屋がないよね」


という話になった。









私は、割と羊好きなのだが、


確かに、吉祥寺には炭火焼だったり、焼肉だったりはあれど、


美味しいと思えるジンギスカン屋は行ったことがないし、あまり噂にも聞かない。









そんな話の中で、「実は、あるんだよ!」と教えてくれた人がいて、


その常連さんに連れられて、吉祥寺唯一の風俗街の一角にある、


「炭火焼 ひろ」へ行ってきた。


f0232060_17281380.jpg


f0232060_17281588.jpg










結論から言うと、吉祥寺ジンギスカンは安泰、


こんな美味しいジンギスカンが食べれるところがあるなら、


もっと早くから言ってよーーー!!!!という感じ。


北海道産の生ラムを使ったジンギスカンは、絶品だった。


タレも美味しいし、値段もリーズナブルで言うことなし。


f0232060_17302611.jpg


f0232060_17303648.jpg


f0232060_17303755.jpg


f0232060_17303925.jpg


f0232060_1730446.jpg











ジンギスカンもめちゃくちゃ美味しいのだが、


それ以上に、〆のどんぶりが美味しいことに驚いた。


「炭火焼ひろ」の名物という十勝牧場直送「牛とろめし」


f0232060_1731431.jpg











これ、本当にヤバい。


クセになる味。


ちょっと凍ってる牛とろがご飯の余熱でどんどん溶け出して、


高級なネギトロ丼を食べてるような感じになる。









そして、このご飯が全く見えないイクラ丼


この量で1200円という驚きの安さなのだが、


何よりもこんなに安くて、こんなに量があって、


そこら辺の和食屋よりもおそらくこちらのイクラの方が数段美味しい。


f0232060_173136.jpg









このお店、本当にすごいなあ・・・。


場所がちょっと分かりにくいけど、


少し経ったら、すぐに予約取れない人気店になりそう。






■「炭火焼 ひろ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13114509/









■今日のカメ

■「炭火焼ひろ」
f0232060_17281380.jpg
JR吉祥寺駅中央口から徒歩3分ほど。ヨドバシ裏の風俗街の一角にあります。









■店内の様子
f0232060_17281588.jpg
カウンターとテーブル。席数は少なめ。あまり換気がうまく言ってないので、ニオイが付くことは覚悟で。








■もずく
f0232060_1742432.jpg
石垣島産のもずく酢。









■生ラム
f0232060_17303648.jpg
北海道産生ラム。柔らかくて、めちゃくちゃ美味しい。

最初に、生ラムと焼き野菜セット1人前880円を頼んで、そこから肉をどんどん追加していくのがおすすめ。





■もやし
f0232060_17303925.jpg
セットの焼きもやし。










■焼きます!
f0232060_17302611.jpg
炭を使った七輪で焼きます。これは、美味しい!やっぱり北海道の生ラムはひと味違う!!









■特製たれ
f0232060_17303755.jpg
ジンギスカンでは、ラム肉のクオリティーもさることながら、たれもかなり重要だと思いますが、「ひろ」のたれ、とても美味しくできてます。ラムにすごく合ってる。







■ソーセージ
f0232060_1730446.jpg
普段はそんなにソーセージ食べないくせに、こういうところで食べるソーセージは格別。









■ナムル
f0232060_17485724.jpg
かなりニンニクが効いてて、私はちょっと苦手でした・・。









■名物「牛とろめし」
f0232060_1731431.jpg
十勝牧場直送の牛とろめし(1000円)。これ、ホント美味しいな。牛とろと、温かい白飯と、わさび醤油と、海苔の相性が抜群。必食!!








■いくら丼
f0232060_173136.jpg
北海道いくらの醤油漬け丼(1200円)。最後、ご飯よりもいくらが余るほどの、いくらの量。そして、全く臭みなく、すごくきれいで美味しいいくらを惜しげもなく使ってます。これもすごいな。
by meshi-quest | 2017-10-16 08:08 | 吉祥寺








新宿御苑前にある名店「中国料理 礼華」で、


ちょっと優雅にランチコース。


人気のテラス席が空いてたので、外で食事。


f0232060_1774943.jpg


f0232060_1775055.jpg











今日は、ランチのミニコース「珊瑚」(3700円)をば。


「礼華」の料理は、胃もたれしない上品な中華。


味もさることながら、見た目にも非常に美しい。










まずは、前菜の盛り合わせ。


茶色が基調になりがちな中華を、彩りよく、華やかに作っている。


f0232060_17121740.jpg


f0232060_17122016.jpg


f0232060_17122263.jpg












枝豆と豆乳のスープは、フカヒレ入り。


香り付けに山椒が使われていて、味の雰囲気は中華だが、


見た目は高級なフレンチのポタージュをいただいているかのよう。


f0232060_17123796.jpg












魚料理は、アオリイカの湯引き。


香味醤油が柔らかいイカと馴染んでていて、美味しい。


f0232060_17143240.jpg


f0232060_17143574.jpg











肉料理は、箸で切れるくらい柔らかい豚スペアリブの黒酢煮込み。


濃厚なソースは、花捲きの中華パンと共に。


f0232060_17144669.jpg


f0232060_17144725.jpg











〆は、タコと大葉のガーリックチャーハン。


タコと大葉とニンニクの相性がすごく良かった。


これ、うちでも作ろうかな。


f0232060_17144977.jpg












最後のデザートは、ミルク感たっぷりの濃厚杏仁豆腐。


f0232060_17145457.jpg











「礼華」のランチは、単品や定食もあるけど、


時間があれば、一通り「礼華」の味を楽しめるコースがおすすめ。







■「中国料理 礼華」
http://www.rai-ka.com/shinjuku/








by meshi-quest | 2017-10-15 08:07 | 新宿








西荻窪にある大好きなネパールカレー店、


「sajilo clove サジロクローブ」でランチ。


f0232060_1649781.jpg


f0232060_1649789.jpg











人気カレー店が多数存在するカレー激戦区・西荻窪にあって、


美容院か雑貨屋かと思ってしまうほど


カレー店と思えないようなおしゃれな内装や、


f0232060_16593494.jpg


f0232060_16593612.jpg











全く辛くなくて、子供でも、病気の時でも食べれそうなのに、


なぜかしっかりスパイスが効いてて、


しっかりとカレーを食べた気になる不思議なネパールカレーで、


唯一無二の孤高の存在になっている。


f0232060_16594944.jpg


f0232060_16595174.jpg


f0232060_16595324.jpg


f0232060_16595554.jpg








今日も、いつものチキンカレーとベジタブルカレーの2種盛り。


肉食獣には珍しく、ここのベジタブルカレーは大好き。


相変わらず、サジロのカレーは美味しいな。







■「sajilo clove サジロクローブ」
http://sajiloclove.jp/







by meshi-quest | 2017-10-14 08:08 | 西荻窪








グルメな知り合いから勧められて、


曙橋にある懐石料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_15183363.jpg


f0232060_15183685.jpg











厨房を囲むように作られた白木の小さなカウンターは、


不思議と初めて来たのに居心地よく、


京都に旅行に来て、裏路地の料亭で食事をしてるかのようなワクワク感もあり、


曙橋にいることを忘れてしまいそうな感じだ。


f0232060_15293435.jpg


f0232060_15293583.jpg














夜のコースは、2種のみで、


どれもすごく丁寧に作られてて、テンポ良く出してくれて、


噂以上に美味しい日本料理だった。


仕事帰りにフラッとそのまま寄れそうな場所で、


こんなに風情あるコースが気軽にいただけるのは幸せ。


f0232060_153050100.jpg


f0232060_1531286.jpg


f0232060_1531577.jpg


f0232060_15311046.jpg


f0232060_15311229.jpg


f0232060_15554017.jpg


f0232060_15554413.jpg












中でも3つ、個人的にすごく気に入った料理があって、


1つは、自分で手巻きをするお造り


新鮮な刺身に薬味とあん肝醤油を乗せて、海苔で巻いていただくのだが、


この濃厚なあん肝醤油が絶品で、


普通に刺身を食べるわさび醤油よりも好きかも。


f0232060_15594100.jpg


f0232060_1559791.jpg


f0232060_1559890.jpg











2つめは、カニ味噌がたっぷり乗った、濃厚なカニ茶碗蒸し


カニの風味がぎっしり詰まってて、甲殻機動隊にはたまらん一品だった。


1つと言わず、あと2つくらい食べたい。


f0232060_1623239.jpg


f0232060_1623477.jpg












3つめは、〆に出来てきた名物のトリュフご飯


出汁をたっぷり吸った炊き立てのご飯に、


たっぷりの黒トリュフを乗せた、香りだけで酔いそうな美味しいご飯。


f0232060_1642853.jpg


f0232060_1644025.jpg












大満足の懐石料理だった。


1人でも居心地よく、ちゃんと対応してくれるのが嬉しい。


またぜひ伺わせていただこうと思う。







■「はらまさ」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13151542/









■今日のカメ

■「はらまさ」
f0232060_15183363.jpg
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩3分ほど。









■店内の様子
f0232060_15293435.jpg
メインは、厨房を囲む小さなカウンター。他にテーブル席も。









■日本酒
f0232060_15293583.jpg
お店おすすめのスッキリ辛口の日本酒を。










■1品目
f0232060_153050100.jpg
帆立とクラゲと菊の花のお浸し。










■2品目
f0232060_15594100.jpg
マグロとヒラメのお造り。こういう懐石のコースのお造りで、海苔と薬味が出てきて、手で巻くスタイルは珍しい。写真の一番右の茶色の小皿があん肝醤油だが、このあん肝の濃厚な風味が刺身にすごく合ってて、絶品だった。






■3品目
f0232060_1627220.jpg
カニ味噌たっぷりの茶碗蒸し。甲殻類好きには、きっとたまらない一品。今年一番美味しかった茶碗蒸し!








■4品目
f0232060_1531577.jpg
甘鯛と隠元と黒アワビ茸のお椀。いい出汁が出てます。









■5品目
f0232060_15311046.jpg
これも懐石のコースで珍しい、パスタのような温かいそうめん。雲丹、キャビア、からすみ、いくら、白子と、濃厚なものだけがドーンと乗ってる、痛風まっしぐら(笑)の絶品そうめんでした。







■6品目
f0232060_15311229.jpg
大きくて、厚みある、立派な太刀魚の塩焼き。









■7品目
f0232060_15554017.jpg
意外と見た目よりさっぱりしている焼き胡麻豆腐。









■8品目
f0232060_1642853.jpg
〆の炊き立てトリュフご飯。出汁で炊いたご飯の上から、大将が黒トリュフを削ってくれます。いい香り。日本の出汁とトリュフは、相性いいですね!








■ご飯セット
f0232060_1644025.jpg
こんな感じで、よそってくれます。香の物と赤だし付き。残ったご飯はお持ちかえりできます。









■9品目
f0232060_16371347.jpg
食後のデザートは、牛乳のババロア。上には、抹茶とあんこが乗っています。
by meshi-quest | 2017-10-13 08:08 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ