タグ:ランチ ( 476 ) タグの人気記事










東中野に美味しいビストロが出来たと聞き、


「Bistro trois trois ビストロ トワトワ」へ。


f0232060_16363710.jpg































プリフィックスメニューから前菜とメインを選び、


デザートと飲み物が付くコースだったが、


ランチとは思えないクオリティーの美味しい料理が出てきて、驚いた。


特に、前菜のフォアグラのテリーヌは、とても美味しかったなあ。


f0232060_16421027.jpg























f0232060_16405933.jpg























f0232060_16423676.jpg























f0232060_16411937.jpg























f0232060_16414283.jpg
































ランチコースは、基本、前菜1品+メイン1品+デザート1品なのだが、


お腹に合わせて、前菜もメインもプラス料金でどんどん足せるようになってて、


自分で、ハーフコースも、フルコースも作れるのが楽しい。








まだオープンして半年くらいとのことで、これからがすごく楽しみ。


夜は、アラカルトで頼めるようなので、ぜひ夜もお邪魔したいと思う。







■「ビストロ トワトワ」
https://www.facebook.com/bistro.tr33/








■今日のカメ

■「ビストロ トワトワ」
f0232060_16363710.jpgJR東中野駅東口から徒歩1分ほど。駅からすぐのところにあります。









■ぶどうジュース
f0232060_1714782.jpgワイナリーが作ったというぶどうジュース。甘さ控えめでスッキリ飲みやすいので、食事にも合います。








■パン
f0232060_17103037.jpg小麦の味がしっかりしている美味しいパンです。










■前菜
f0232060_16421027.jpg基本コースは1980円。内容よって、一部プラス料金。前菜は、3種の中から1つを選びます。

「フォアグラとカカオのガトー」を選択。これだけはプラス500円。ランチフォアグラと侮れない、すごく美味しいフォアグラのテリーヌでした。





■メイン
f0232060_16423676.jpg本日のおすすめ、鰆のポワレ。これもプラス300円。

アサリの出汁が効いてて、とても美味しい。野菜もたっぷり。







■デザート
f0232060_16414283.jpgイチゴのコンポートとバニラのアイスです。これも甘さ控えめで美味しく出来てます。









■食後の飲み物
f0232060_179561.jpgカモミールティー。








私についてよく驚かれることの1つに、


「免許を持っていない」というのがある。








バイクとか夜中に飛ばしてそうと思われてるらしく、


イージュライダー並みにハーレーでも乗ってそうくらいのことを言われるのだが、


実は、免許がない。


だけど、ドライブは大好きなので、人に頼ってドライブに連れて行ってもらっている。








こんな感じでドライブに連れて行ってもらうことが増え、


ついでに、事あるごとにメシクエストもしていたので、


お陰様で東京近郊のサービスエリアにもだいぶ詳しくなってきた。









個人的に、ここ最近のお気に入りは、


常磐自動車道にある「パサール守谷」というサービスエリアだ。


ちょっと前に改装され、すごくきれいで居心地がいい。


f0232060_15243856.jpg




























そして、他のサービスエリアに比べて、上下線とも入っている飲食店が豪華で、


名前はもちろん知ってるけど、そこまでまだ一般に出回ってないような、


いい感じで食べたくなるラインナップを揃えている。









原宿の「南国酒家」とか焼肉の「トラジ」とか、


名前は知ってるが、いざ行こうとするとちょっと面倒、


その味がサービスエリアで食べれるなんてラッキー、


そんな感じで手が出しやすいお店が並んでいる。








その分、結構なブランド店が入っているため、


他のサービスエリアでは考えられないような高額な商品も多数あり、


1500円越えの2000円クラスの料理まであって、


ちょっと高くても、いいものを提供するというコンセプトが感じられる。


f0232060_15305174.jpg























f0232060_1531840.jpg























f0232060_15334689.jpg






























パサール守谷に来ると、色々と食べたものがあってすごく迷うのだが、


結局、かなりの高確率で、白金の超人気店「甚六」がプロデュースしている


鉄板焼き店「楽甚」のミックス焼きそばを食べる。


「甚六」でいただける太麺の美味しい焼きそばで、


ぶっちゃけ量も少なめだし、695円とサービスエリア焼きそばとしては高めだが、


でも美味しいし、それだけの価値がある。


f0232060_15374026.jpg























f0232060_15382375.jpg































それと、焼きそばだけだと足りないので(笑)、


南国酒家のシュウマイと、肉の大山のハムカツも買う。


割と豪華なランチ。茶色は裏切らないw。


f0232060_15402444.jpg























f0232060_1540548.jpg
































サービスエリアのご飯なんて・・・と思っていた方は、


ぜひ一度機会があれば「パサール守谷」へ。







■「パサール守谷」
http://www.driveplaza.com/pasar/moriya/

by meshi-quest | 2017-03-19 08:07







京都出張


ああ、京都は何度来てもいいなあ。


晴れている時より、ちょっと薄暗いくらいの町並みがすごく好き。


大好きな白川は、梅が咲いていた。


f0232060_14505361.jpg























f0232060_14512587.jpg























f0232060_14514834.jpg























f0232060_14522489.jpg























f0232060_1452471.jpg





























せっかくなので、美味しいものが食べたい。


この京都クエストを無駄にしたくない!









というわけで、京都在住のグルメな知り合いの紹介で、


四条の大通りを1本入った路地にある「彩席ちもと」へ。



f0232060_14432169.jpg























f0232060_14434364.jpg























f0232060_144452.jpg































ここは、お昼からとても美味しい懐石料理がいただけるのだが、


先に行ってしまうと、本当に美味しくて、期待以上のコースだった。


見た目も美しく、食材も豊富で、心に染みわたるような優しい味わい。


ここ最近で、一番個人的に楽しかったランチだったかもしれない。


f0232060_14493322.jpg























f0232060_14544250.jpg























f0232060_1455354.jpg























f0232060_14552865.jpg























f0232060_14555484.jpg























f0232060_14561830.jpg























f0232060_14565125.jpg























f0232060_14571697.jpg
































すべてのコースに付いてくる「彩席ちもと」名物の『玉子宝楽』


フワフワとしたスフレっぽい茶碗蒸しなのだが、


焼き立てが出てきて、これもめちゃくちゃ美味しかったなあ。


f0232060_1459731.jpg































ちなみに、調べたら、ここ「彩席ちもと」はランチの懐石弁当なる、


「彩点心」という懐石料理のワンプレートディッシュみたいな弁当が


女性向けの旅行雑誌にも取り上げられ有名らしい。









たまたま隣のお客さんが頼んでいて、チラッと見たが、


時間がない人にはいいのかもしれないけど、


この味と、雰囲気、盛り付けをワンプレートで終わらせるのは、なんとも勿体ない。








懐石弁当と懐石コースは、1000円くらいの差なので、


個人的にはちゃんとランチコースで


懐石料理として流れを楽しむことを強くお勧めしたい。







■「彩席ちもと」
http://chimoto.jp/saiseki/









■今日のカメ

■「彩席ちもと」
f0232060_14432169.jpg創業300年の「京料理ちもと」の姉妹店。阪急河原町駅、京阪祇園四条駅から徒歩1分ほど。

ちなみに、本店の「京料理ちもと」は値段もワンランク上で、1人客がNGなので、お一人様は目の前にある「彩席ちもと」の方へ。





■店内の様子
f0232060_14434364.jpg1階はカウンター。2階にも席があります。










■テーブルセット
f0232060_144452.jpgテーブルセットはこんな感じ。まずは、梅昆布茶が出てきます。









■「八寸」
f0232060_14493322.jpgランチ懐石「雪」(4320円)にしました。

まずは、八寸。めちゃくちゃ美しい。日本料理って、やっぱりいいなあ。テンション上がる。







■アップ
f0232060_14544250.jpg生湯葉、鰯のしぐれ煮、菜花のサーモン巻き、お多福豆、つの慈姑(クワイ)、梅長芋です。

京都じゃないといただけないような前菜ばかり。正月が二回来たみたいだw。






■「御椀」
f0232060_15152126.jpg黒いお椀、登場。










■中身は・・・
f0232060_1455354.jpg鰤、大根、三つ葉、京人参が入った白味噌仕立てです。

東京人には馴染みの薄い白味噌ですが、京都にちょこちょこ来るようになってから大好きになりました。このほんのり甘い感じがとても好き。しみじみと美味しい。




■「造里」
f0232060_15174515.jpg本日は、鯛、帆立焼きです。










■「おしのぎ」
f0232060_151975.jpg陶器の器がやってきました。










■中身は・・・
f0232060_14552865.jpg飯むしです。もち米を炊いた一口おこわのような感じ。









■「玉子宝楽」
f0232060_15211477.jpg「彩席ちもと」名物の「玉子宝楽」。スフレのようにフワフワな茶碗蒸し。これ、めちゃくちゃ美味しいです。2、3個食べれそう。お好みで生姜を。








■「油物」
f0232060_15225748.jpg甘海老の替わり揚、海老芋煮揚、ふきのとう、です。









■「温物」
f0232060_15241824.jpgこんな感じでやってきました。

蓋付きは、宝箱を開けるかのようなワクワクがあって、いいですね。







■中身は・・・
f0232060_14561830.jpg蓮蒸し、豚角煮、焼餅、白髪葱です。これも出汁が効いてて、めちゃくちゃ美味しい。









■「御飯」
f0232060_15262541.jpg〆のご飯は、鯛か、ちりめんじゃこが選べます。

私は鯛飯をいただきました。これもいい香りで、出汁がよく効いてます。赤だしと香の物も。







■「水物」
f0232060_14571697.jpg苺羹と蜜柑。この苺ミルク風味の羊羹もとても美味しく出来てました。
by meshi-quest | 2017-03-14 08:08 | 旅行_国内








なんとなくお祝いをしたいパーティー気分。


こんな時に、気軽にパーティー気分が味わえるのが、


おそらくホテルのランチブッフェのはず!









「おそらく」と書いたのは、


実はあまりホテルブッフェなるものに参加したことがなく、


「きっとそうなんじゃないかな」という期待を込めているからである。










色んな情報を探したところ、交通の便が良い都内中心部で


評判がいいのが新宿にあるヒルトン東京「マーブルラウンジ」でやってる


ランチブッフェ(4100円)のようで、行ってみることにした。


f0232060_13154370.jpg
































まさにパーティー会場そのもので、


前菜、サラダ、魚、肉、パスタ、ご飯、ケーキやアイスまで何でも揃っており、


好きなものを好きなだけ食べることが出来る。


すべてを味見することはできなさそうなくらい皿数も多い。


f0232060_13182329.jpg























f0232060_13213111.jpg























f0232060_13224125.jpg























f0232060_132324.jpg























f0232060_1323298.jpg























f0232060_1324012.jpg























f0232060_13242367.jpg























f0232060_13244737.jpg
































中でも一番列も長く、人気だったのは、ローストビーフの食べ放題。


塊肉をスタッフが目の前で切り分けてくれる。


柔らかいローストビーフと、肉汁から作る濃厚なグレイビーソースの相性も良く、


すごくリッチで、パーティー感があった。


f0232060_13282982.jpg























f0232060_13284837.jpg


































ここまで考えると、ローストビーフもあって、


好きなものを好きだけ食べれて4100円はお得とも思うが、


さすがにヒルトンのビッグパーティーだけあって、


お客さんも多く、やたら食事にありつくまでに時間がかかる。


「好きなものを好きだけ」ではあるが、「好きなときに」ではない。


f0232060_13303423.jpg

































そして、こんな感じのパーティーなので、


女性同士、子供連れのご家族も多く、どこもかしこも賑やか。


なので、「のんびりゆったりご飯を楽しむ」でもない。









そう考えると、ブッフェは一概に全員に取ってお得でイイものとも言えず、


何を求めるか、何を重要視するかで、だいぶ印象が変わりそうだな、という感じ。


今回は、パーティーを求めてきたからいいんだが、


しょっちゅう来たいか?と聞かれると、


もう少しゆっくり美味しいものを食べたいなという感想。








後輩と私の戦利品はこんな感じ。


f0232060_133657.jpg




























■ヒルトン東京「マーブルラウンジ」
http://www.hiltontokyo.jp/restaurants/marble_lounge
by meshi-quest | 2017-03-12 08:03 | 新宿









銀座に用事があった帰りに、


洋食屋「AOI (エーオーアイ)」でハンバーグランチ。


f0232060_18264533.jpg























f0232060_1827101.jpg































観光客、買い物客でどこもかしこも混んでて高い銀座にあって、


ハンバーグメインに、お手ごろな値段でサッと食べれるので、


昼時はサラリーマンやOLさんで賑わっている。








ここのハンバーグは、国産牛のすね肉を使っていて、


すね肉は噛めば噛むほど深い味わいがある代わりに硬いので、


それを緩和するために、かなり大量の玉ねぎを練り込んで、


やわらかく食べやすいハンバーグを作っている。


f0232060_18305262.jpg























f0232060_18312472.jpg































なので、その分、想像以上に甘いハンバーグなのだが、


ハンバーグ自体はなかなか美味しい。


ただ、この甘さは少し好き嫌い分かれるかもな。







■「AOI」
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13025818/









■今日のカメ

■「AOI」
f0232060_18264533.jpg有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分ほど。日比谷線「東銀座駅」からも歩けます。









■店内の様子
f0232060_1827101.jpgカウンターとテーブル。食券制で、サッと頼んで、サッと食べて帰る感じの洋食屋。

あと、あまり換気が出来てないので、ちょっと店内はモクモクしてます。






■キノコのコンソメ
f0232060_1838111.jpgキノコのコンソメスープ。定食にはスープが付いてないので、別料金で120円。なかなか美味しく出来てます。








■デミグラスハンバーグ
f0232060_18305262.jpgライス付きのデミグラスハンバーグ(910円)。目玉焼きも乗ってます。









■ハンバーグ、アップ
f0232060_18312472.jpgフワフワで旨味もあって、美味しいハンバーグですが、いかんせん、かなり甘い。これをどう感じるかで、好き嫌いが分かれそうなハンバーグ。
by meshi-quest | 2017-03-09 08:06 | 銀座








渋谷に勤めている知り合いに勧められ、


ポルトガル家庭料理「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」でランチ。


f0232060_167313.jpg























f0232060_1675353.jpg
































ポルトガル料理は、料理もお菓子も日本の現在の食に強く影響を与えていて、


普段食べているものの中にも多数ポルトガルにルーツがあるものが存在する。


文明堂でお馴染みのカステラも元はポルトガルの伝統菓子の伝来だし、


和食の代表格である「天婦羅」も実はポルトガルが発祥と言われている。








かつ、日本と同じく、海に囲まれ、海産物を多用することもあり、


ポルトガル料理は日本人の口にすごく合うと言われている。








・・・・が。


私もそう思っていたのだが、


ポルトガルの植民地だったマカオに行った時、


マカオの町に多数ポルトガル料理店があって、


地元の人に勧められて行ったのだが、あんまり合わなかった。









マカオにあるポルトガル料理は、


正確には「マカオポルトガル料理」と言われ、


若干、本来のポルトガル料理に中華的なエッセンスが加わっている。


なので、いつかちゃんとしたポルトガル料理に再チャレンジしようと思っていた。









というわけで、「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」で再チャレンジなのだが、


結論から言うと、やっぱりポルトガル料理がイマイチピンと来ない。


まずいとは言わないが、個人的に美味しいとも言えない。


うーん、どうも相性悪いなあ、ポルトガルと。


f0232060_16355268.jpg























f0232060_16361542.jpg























f0232060_16364090.jpg























f0232060_1637134.jpg
































■「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」
http://www.pj-partners.com/manuel/









■今日のカメ

■「マヌエル・コジーニャ・ポルトケーザ」
f0232060_167313.jpgJR渋谷駅から徒歩10分ほど。駅からは少し離れています。井の頭線「神泉駅」からも歩けます。









■店内の様子
f0232060_1675353.jpg席数は少なめ。ランチはすごく人気で、女性が多く、混んでました。









■1品目
f0232060_16355268.jpg前菜にメインとデザートが付くランチコース(1800円)にしました。

まずは、ひよこ豆のスープとミニサラダ。







■2品目
f0232060_16361542.jpgポルトガル料理前菜の盛り合わせ。

イベリコ豚チョリソー、バカリャウのコロッケ、小あじの南蛮漬け、タコのマリネです。







■3品目
f0232060_16424623.jpgメインは5種から選べます。これは、「アサリとチキンの煮込み ターメリック風味」です。

かなりココナッツとターメリックが効いていて、甘めな香りのエキゾチックな味わい。個人的にはちょっと苦手。





■パン
f0232060_16449100.jpg割とパサッとしているパン。汁を吸うように、なのかもしれないけど、このパンもイマイチ。









■4品目
f0232060_1637134.jpgデザートは、5種から2つ選べます。ここが女性に人気のポイントなのかも。

写真は、「パオ デ ロー」というポルトガル風半熟カステラと、マデラ酒風味のアイスクリーム。デザートはなかなか美味しかったです。
by meshi-quest | 2017-03-02 08:01 | 渋谷・神泉









たまたま珍しくお昼時に高円寺にいたので、


インドカレー店「インド富士子」でランチ。



f0232060_1545848.jpg























f0232060_15453067.jpg























f0232060_15455116.jpg































インド富士子ちゃん


一度聞いたら忘れないこの名前は、


東小金井にある人気カレー店「インド富士」の姉妹店。







インド富士子の名前の通り、


作っている方も、所在地も、食材も日本なのだが、


味はかなり本格的で、完全に日本のものではなく、インドそのもの。


数年前スリランカに行った時に、汗かきながらほおばったカレーの味を思い出した。



f0232060_15502447.jpg























f0232060_15504567.jpg























f0232060_155174.jpg























f0232060_15512874.jpg
































かなりスパイシーなので、多少好き嫌いは分かれるかもしれないが、


インドカレーが好きな人にはきっと富士子ちゃんが微笑んでくれるはず。








■「インド富士子」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13193013/









■今日のカメ

■「インド富士子」
f0232060_15453067.jpgJR高円寺駅南口から徒歩3分ほど。

元々、古い居酒屋さんだったと思われる場所をそのまま使っているので、一見すると、気づかず通り過ぎてしまいそう。






■店内の様子
f0232060_15455116.jpgカウンターのみの小さなお店です。席数も少なめ。










■2種盛りカレー
f0232060_15502447.jpgカレーは日替わりで3種。

1種盛りが900円、2種盛り1000円。なので、当然2種盛り!キーマとフィッシュにしました。







■キーマ、アップ
f0232060_15504567.jpgかなりスパイシーなキーマカレー。ルーは、サラッとしています。

複雑なスパイスが絡み合っている印象ですが、食べにくいとかはなく、美味しく出来ています。






■フィッシュ、アップ
f0232060_155174.jpg日本ではあまり馴染みのないフィッシュカレーですが、スリランカ行った時に毎日のようにフィッシュカレーがあったので、慣れちゃいました。

シーチキンカレーというか、しっかりとした歯ごたえの魚が入っています。キーマよりマイルドな印象。




■チャイ
f0232060_15512874.jpg湯飲み茶碗でいただくホットチャイ(200円)。

シナモンが効いてて、カレーの口直しにちょうどいい感じ。美味しいチャイです。
by meshi-quest | 2017-03-01 08:05 | 高円寺








個人的に、水炊きでは新宿御苑前の「玄海」に敵う店はないと思ってる。


「玄海」の濃厚な白濁した鶏スープが大好きだ。


濃厚民族としては、水炊きのスープに後から塩を自分で入れるような


薄いスープは物足りなくて仕方がないのだが、


ここ「玄海」のスープは、塩なぞ不要、最初からしっかり味が出ている。










寒い日々が続く時こそ、この「玄海」スープが恋しくなるのだが、


「玄海」はそこそこいいお値段する上、1人鍋もなかなか敷居が高い。


そんな玄海ラバーズの収容施設として、本店の隣に「げんかい食堂」なるものがあり、


玄海クオリティーの鶏料理がお手頃価格でいただけるようになっている。


もちろん、玄海水炊きもお一人様から注文が出来る。


f0232060_156539.jpg
























f0232060_1571611.jpg
























f0232060_159177.jpg
























f0232060_1593491.jpg


































旅館のような店内の個室に、昼間から一人で鎮座し、


絶品水炊き鍋を注文する様は、新宿であることを忘れ、


どこか遠く日本海に一人で旅行に来たかのような錯覚を生む。


寒くてやってられない時、仕事で疲れ果てた時の空想どこでもドアだ。










相変わらず、水炊き美味しいなあ・・・。


スープとか、ついつい飲み続けちゃって、止まらないよ・・・。


f0232060_15122213.jpg























f0232060_15124648.jpg























f0232060_1513991.jpg























f0232060_15133642.jpg

































ちなみに、鶏の水炊きが美味しいことは言うまでもないが、


鶏専門店だけあって、焼鳥や味付玉子など、


鶏料理のサイドメニューも充実していて、とても美味しい。


贅沢で優雅なランチだった。







■「げんかい食堂」
http://genkai-group.jp/shokudo/










■今日のカメ

■「玄海」
f0232060_15211047.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。新宿通り沿いにあります。









■「げんかい食堂」
f0232060_15221746.jpg玄海に入って、左側が玄海本店、突き当り正面に「げんかい食堂」があります。









■個室
f0232060_15233211.jpg通し営業をしていて、ランチメニューも4時くらいまでやってます。すごく便利。

ランチの時間は混んでますが、夕方近い時間だと、1人でも個室に通してくれます。






■テーブルセット
f0232060_15251322.jpg「元祖水炊きセット」(2185円)を注文したので、1人用のお鍋の準備がされてます。









■煮凝り
f0232060_15263982.jpg「元祖水炊きセット」には、煮凝りと〆の雑炊がセットになっています。









■水炊き、きた!
f0232060_15273116.jpg濃厚白濁スープを独り占めです(笑)。










■肉アップ
f0232060_15292136.jpg骨付きの鶏肉がたっぷり入ってます。箸で骨からはがせるほど柔らかいです。

値段的に肉の量は少なめですが、別料金で肉の追加が可能です。






■いただきます!
f0232060_15305336.jpgスープはスープで、肉は特製ポン酢でいただきます。

肉も美味しいけど、スープがめちゃくちゃ濃くて、美味しい。濃いけど、ずっと飲めてしまうくらい、バランス良く、くどくない味。





■もも
f0232060_1532476.jpg焼鳥も別注。もも串、柔らかくて、焼き加減も良く、美味しい!









■手羽先
f0232060_15331299.jpg手羽先も美味しく焼けています。クオリティー高いですが、値段はすごくリーズナブルで、焼鳥はおすすめ。








■「玄海たまご」
f0232060_15343391.jpg鶏専門店が作る名物半熟玉子、「玄海たまご」。黄身が濃厚。









■〆の雑炊
f0232060_15352479.jpg〆の雑炊は、スープの残りと別に作ってきてくれるので、スープはスープで心行くまで飲みきれるのが嬉しい。雑炊は割と薄味。
by meshi-quest | 2017-02-28 08:08 | 新宿







ゲーム業界の同い年の友達に招待いただき、


渋谷セルリアンタワーにある「金田中 草 (かねたなかそう)」でランチ。


天井も高く、広々としてて、渋谷であることを忘れるほど優雅。


高級ホテルのレストランはこういうところがいい。



f0232060_14243729.jpg























f0232060_14251781.jpg

































高級和食なので、コースも種類は限られているのかと思ったら、


予想外に種類が多く、かつ、メニューに細かく料理が書かれていて、


読み込めば読み込むほど迷って、友達と雑談しながらゆうに30分くらい品定め。


すし膳も良かったけど、和牛膳も捨てがたかったけど、


結局、肉も魚も食べれるという無難な「替り膳」にソフトランディング。


f0232060_14303419.jpg























f0232060_1431087.jpg























f0232060_14312257.jpg























f0232060_14314386.jpg























f0232060_1432462.jpg























f0232060_14322896.jpg

































ひたすらお上品で、少量がちょこちょこ出てくる感じなので、


男性同士の会食にはあまり向かないかもしれないが、


女性同士や、女性を含む、ちょっとリッチな会食には合いそう。


なにより渋谷の駅近で、この静かさは貴重。








■「金田中 草」
http://www.kanetanaka.co.jp/restrant/so/










■今日のカメ

■「金田中 草」
f0232060_14243729.jpgJR渋谷駅南口から徒歩5分ほど。セルリアンタワー東急ホテルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_14251781.jpg天井高く、大きな窓から日差しも差し込み、広々としています。テーブル席の他に、個室も。









■テーブルセット
f0232060_14431799.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今回は、「替り膳」(3500円)にしました。








■梅酒
f0232060_14462170.jpg食前酒として、軽く梅酒で乾杯。










■1品目
f0232060_14303419.jpgまずは、サラダと軽いおつまみ。










■アップ①
f0232060_144707.jpgサラダは水菜とじゃこです。










■アップ②
f0232060_14472972.jpgふきのとう味噌と、ほうれん草の胡麻和え。










■2品目
f0232060_1431087.jpgメインディッシュは、魚と肉が楽しめる箱盛りです。









■アップ①
f0232060_14314386.jpg金華豚のしゃぶしゃぶ、白菜、菊菜、白葱です。










■アップ②
f0232060_14312257.jpg煮穴子と大根の含め煮です。上品な味わい。










■アップ③
f0232060_1432462.jpg諸子(もろこ)という魚の照り焼きと、木の芽酢です。









■アップ④
f0232060_14522812.jpg寒筍の含め煮です。










■釜炊きご飯
f0232060_14322896.jpgふっくら炊き立てのご飯を用意してくれます。










■お椀
f0232060_14533346.jpg豆腐の赤だしと香の物。










■デザート
f0232060_14542149.jpgきなこと黒糖(かな?)の和風プリン。甘さ控えめで美味しく出来ていました。
by meshi-quest | 2017-02-27 08:06 | 渋谷・神泉









遅ればせながら、初詣で成田山新勝寺へ行ってきた。


去年までは友達の実家の近くの寺に初詣に行っていたが、


今年は、ご縁あって、初めて成田山新勝寺に参拝。











成田山新勝寺は、東京近郊では非常に有名な寺で、


年末年初には、テレビのCMや交通広告で名前をよく見かけるが、行くのは初めて。


勝手に相当大きな寺を想像していたが、実際、想像通りの大きな寺だった。


f0232060_11441269.jpg























f0232060_11445251.jpg























f0232060_1145183.jpg























f0232060_11454297.jpg























f0232060_11462946.jpg























f0232060_11465274.jpg































成田山新勝寺は、ちょっと変わった拡大路線をしていて、


通常、寺が古くなると、修復や建て替えを行うが、


新勝寺は、古くなった寺はそのままに、


その近くにそれよりも大きな新しい寺を建てて、全体を拡大しているのだそう。


それに加え、歌舞伎の市川團十郎の屋号「成田屋」と繋いで、


すごく縁起の良い寺としてアピールしたことも大きく、人気が爆発したらしい。


ご一緒した方が寺に詳しくて、勉強になった。











さて、寺の勉強はこれくらいで、食のお勉強。


成田山の周辺に川が多く、参道にも多数のうなぎ屋があるのだが、


中でもひときわ長蛇の列が出来ている名店「うなぎ 川豊 本店」へ。


うなぎ屋は成田山周辺に多数あれど、ここが一番有名らしい。


f0232060_11524836.jpg
































写真からも分かる大行列っぷりなのだが、実はこんなもんじゃなくて、


これ、整理券を配っているのに、整理券を取る列と、持ち帰りで大混雑。


この日、もう昼時過ぎて4時近かったが、私たちで150組待ちの状態。


あまりに外が寒くて、うなぎを恨んだり、何度も心が折れかかったが、


自分を鼓舞し続けて、やっと入れたのは2時間後だった。










この150組を回し続けるわけなので、


店内では数名のスタッフが、ひっきりなしにうなぎをさばき続け、


うなぎの大量虐殺が行われ続けていた(笑)。


お寺さんの近くで良かった、良かった。


f0232060_11571557.jpg























f0232060_11574132.jpg























f0232060_1158566.jpg




























かなり根性見せないとたどり着けないうなぎだが、


成田山のお膝元でいただく老舗うなぎの味はなかなかなもので、


疲れも寒さも一気に癒して体力回復をしてくれる、美味しいうなぎだった。


f0232060_120195.jpg























f0232060_1202531.jpg























f0232060_120505.jpg























f0232060_1211348.jpg






























■「うなぎ 川豊 本店」
http://www.unagi-kawatoyo.com/


※うなぎは昔ながらの食券制なのに、
上記HP上で入店可能な整理券ナンバーや待ち人数を
リアルタイムに分かるようにしていたり、意外とIT化されている一面も!










■今日のカメ

■成田山参道
f0232060_11445251.jpg寺までの参道が長く、ヘビのようにうねうねしていて、寺までなかなかたどり着きません。

ただ、江戸時代のセットのような町並みが広がっていて、飽きないので散歩してても楽しいです。






■成田山新勝寺
f0232060_1145183.jpgここが正面門。










■最初のお寺
f0232060_1281099.jpg新勝寺は、古くなった寺を壊さずに残し続けているのですが、これが一番最初の新勝寺だそう。かなり小さい本殿です。








■「川豊 本店」
f0232060_11524836.jpg新勝寺へ続く参道の途中にある大人気うなぎ専門店「川豊 本店」。趣ある外観で、すごく素敵。

ぜひここで食べたいところだが、とんでもない待ち人数と待ち時間でした(泣)。






■店内の様子①
f0232060_11571557.jpg店内、持ち帰りで、ひっきりなしにうなぎが売れていくので、店前でもずっとスタッフがうなぎをさばき続けていました。








■店内の様子②
f0232060_12131141.jpg常に5人くらいの人がうなぎをさばき続けてて、2名がうなぎをさばき、あとの方が串に刺している感じ。








■店内の様子③
f0232060_1158566.jpgこんな感じでどんどんうな串が出来上がっていきます。









■店内の様子④
f0232060_12154332.jpg店内は、1階2階に座敷とテーブル。席数は多いですが、それ以上にお客さんが多いので、大混乱&満員御礼。相席は必至です。

なので、ゆっくりうなぎを食べるという感じではなく、サクッと食べて、すぐ帰る感じです。





■店内の様子⑤
f0232060_120195.jpg久しぶりに食券制を見ました!なんかいいなあ。










■上うな重
f0232060_1202531.jpgうな重は3種類あり、真ん中の上うな重(3100円)です。









■上うな重、アップ
f0232060_120505.jpgふっくら焼き上がっていて、タレも好きな味わいで、美味しいうなぎでした。奇をてらわない王道のうなぎ、という感じ。








■鯉あらい
f0232060_1211348.jpgなかなか他では食べられないので、川魚の名所ならではの「鯉のあらい」(860円)もいただきました。

川魚の鯉は、基本泥臭いというか、少しクセが強いので、醤油ではなく酢味噌でいただきます。






■鯉、アップ
f0232060_1222574.jpgかなりドロ臭いのかと思ったら、全くそんなことはなく、下処理がすごく上手にされているようで、めちゃくちゃ食べやすかったです。甘みもあって、今までの鯉のイメージを変える美味しさでした。
by meshi-quest | 2017-02-26 08:07
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ