タグ:中華 ( 121 ) タグの人気記事









西荻窪にある大好きな中華ビストロ「ヤスミン」で夕食。


本格的な中華がカウンターでアラカルトでいただける幸せなビストロ。


f0232060_1285569.jpg

































私が愛してやまない「ヤスミン」特製の絶品大根餅と、


ポルチーニ茸とフカヒレのスープは必ず頼むとして・・・


f0232060_131784.jpg























f0232060_131367.jpg































別紙メニューのアオリイカとマコモダケのフリットや、


天使海老のカダイフ揚げ腐乳ソースもいただく。


f0232060_1331861.jpg























f0232060_133554.jpg


































相変わらず、気が付けば茶色い物を選ぶ傾向にある私だが、


そして、1人だと余計に周りを気にしないので、オールブラウン傾向にある私だが、


茶色い物は正義、茶色いものは裏切らないからいいのだ。







今日もとても美味しかった。


中華をあまり食べない人には馴染みがない話かもしれないが、


普通の本格中華料理店はあれど、


カジュアルなのに、本格中華が食べれる中華ビストロは意外と少なくて、


中華好きな私としては、個人的にとても貴重な一軒。







■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/








■今日のカメ

■「ヤスミン」
f0232060_1285569.jpgJR西荻窪駅北口から徒歩2分ほど。駅前の飲食店が並ぶ細道を抜けた先にあります。









■お通しと紹興酒
f0232060_1401485.jpg紹興酒は、「紹興陳年花彫酒10年」をグラスで。まろやかで飲みやすい。









■お通し、アップ
f0232060_1421514.jpg中華風の茶碗蒸し。上に桜えびが乗ってます。










■1品目
f0232060_142563.jpg中華前菜6種盛り合わせ(800円)。

中華ピクルス、干し豆腐のナムル、クリームチーズの紹興酒漬け、自家製チャーシュー、よだれ鶏など。






■2品目
f0232060_131784.jpg大根餅が大好きで、色んなところで食べてきましたが、「ヤスミン」の大根餅が今のところ私のNo.1です。

甘みあって、もちもち。外はカリッとサクサク。






■3品目
f0232060_131367.jpg通常のフカヒレスープに、特注でポルチーニ茸を足してもらってます。めちゃくちゃいい香り。大好きなスープ。








■4品目
f0232060_1331861.jpgあおりいかとマコモダケのフリット(800円)。トリュフ塩でいただきます。









■5品目
f0232060_1481726.jpg天使の海老のパートカダイフ巻き揚げ(1180円)です。ソースは腐乳マヨネーズソースです。

一見洋風っぽいですが、腐乳ソースのおかげで、ちゃんと中華です。ソースがクリーミーで濃厚。好みの味。
by meshi-quest | 2017-05-18 08:08 | 西荻窪








子供の頃から、海老がものすごく好きで、


三つ子の魂百までとはよく言ったもので、


あんなに積極的に摂取してきたのに、大人になっても飽きずに、今も大好きだ。










そんな私に前菜からメインまですべてを海老にする、


海老尽くしコースをやってくれるということで、


お店の常連さんと共に「東京チャイニーズ 一凛」さんにて海老ディナーを敢行。


ちなみに、オール海老というオーダーをもらったのは、


さすがに「一凛」さんも初めて、とのこと(笑)。


f0232060_11333297.jpg


































本当に1品目の前菜からガッツリ海老スタートで、


まずは、ボタン海老の紹興酒漬け。


いわゆる「酔っ払い海老」だが、海老も甘くて、こっちが酔ってしまいそうな絶品!


f0232060_11374633.jpg






























ここから怒涛の海老料理が次々と出てきて、


車海老、川海老、白海老、桜えび、えび餃子にえびワンタンと、


甲殻機動隊垂涎の海老コースだった。


f0232060_11404757.jpg























f0232060_11411919.jpg























f0232060_1141418.jpg























f0232060_11423685.jpg























f0232060_11425613.jpg























f0232060_11432023.jpg

































メインディッシュは、伊勢海老


なんとフカヒレの姿煮が同居してて(笑)、


どちらもピンで立てるほどの大物なのに、すごいユニット料理になってた。


f0232060_114523.jpg


































今回、どの海老料理も驚きや発見が多く、とても美味しかったのだが、


中でも、目の前で生の「酔っ払い海老」作りを見れたのが貴重だった。


活きた海老をそのまま紹興酒に入れて、文字通り酔っぱらわせるのだが、


これを目の前で見れるとは思わなかったので、感慨深げ。


f0232060_11492892.jpg























f0232060_11495173.jpg























f0232060_115172.jpg























f0232060_11513042.jpg































ふと、瓶の中で海老が狂ったように跳ねる様子を見て、


「ああ、お酒飲んだ時は気を付けよう」など、反省してみたり・・・。


こんなに暴れたりはしないけど(笑)。








■「東京チャイニーズ 一凛」
http://www.whaves.co.jp/ichirin/








■今日のカメ

■「一凛」
f0232060_11333297.jpg有楽町線「新富町駅」から徒歩2分ほど。路地裏にあります。

本日は半個室にて、海老尽くしの特別コースです。







■お酒①
f0232060_11574158.jpg福島県喜多の華酒造の貴醸酒で乾杯。

日本酒なのですが、紹興酒を甘くしたような、甘めの白ワインを飲んでるようなそんなお酒です。







■1品目
f0232060_11374633.jpgボタン海老の紹興酒漬け。いわゆる「酔っ払い海老」。

甘いボタン海老に紹興酒が染み込んでて、絶品でした。






■「酔っ払い海老」作り①
f0232060_11492892.jpg前菜のボタン海老の酔っ払い海老ではなく、今度は車海老を使って、酔っ払い海老を作ります。

大きなガラス瓶の中に、紹興酒が入ってます。







■「酔っ払い海老」作り②
f0232060_11495173.jpgまだ生きている活きの良い車海老です。










■「酔っ払い海老」作り③
f0232060_115172.jpg写真だと分かりにくいのですが、10分以上、瓶の中で海老が大暴れしています。









■「酔っ払い海老」作り④
f0232060_1231791.jpgしばらくすると、泡が出てきて、静かになりました。









■土鍋、登場!
f0232060_124378.jpgアツアツに熱した土鍋の中に、先ほどの酔っ払い海老をいれます。









■赤くなった!
f0232060_125379.jpg蓋をしてしばらくすると、いい香りと共に、紹興酒漬けの車海老料理が完成。









■2品目
f0232060_1263995.jpg先ほどの酔っ払い車海老は、特製ソースとパクチーでさっぱりといただきます。









■3品目
f0232060_11404757.jpg白エビのから揚げ。

ほんのり塩が効いてて、お酒に合う味。








■4品目
f0232060_11411919.jpg川エビのから揚げ。










■5品目
f0232060_1295067.jpg車海老を丸ごと1匹使った贅沢なエビ餃子。










■6品目
f0232060_114523.jpg伊勢海老とフカヒレの姿煮。初めて食べる組み合わせですが、こんなコンパクトな皿の中に大物女優級が2人もw。

伊勢海老も、フカヒレも、すごく美味しかったです。





■お酒②
f0232060_12124877.jpg「華の貴婦人」というお酒。甘めの紹興酒っぽい感じ。飲みやすくて美味しい。









■7品目
f0232060_12145745.jpg車海老の四川風炒め。少し辛め。










■8品目
f0232060_1215502.jpg桜えびと、たけのこと、スナップエンドウの塩炒め。春の食材を集めた一品。









■9品目
f0232060_12165723.jpg〆は、海老ワンタンがたっぷり入ったわんたん麺。










■10品目
f0232060_12173524.jpgデザートは杏仁豆腐。さすがに、デザートは海老じゃなかったですw。








ご招待いただき、キャピタル東急内にある高級中華「星ヶ岡」へ。



f0232060_23132999.jpg























f0232060_23135514.jpg























f0232060_23142050.jpg






































この「星ヶ岡」の特徴は、


普段は、普通にホテル内の高級中国料理店として営業しているが、


土日限定で、オーダー式の高級中華バイキングをやっている。








そして、この「高級」という部分が本当にすごくて、


いわゆる高級中華食材料理もすべてオーダー可能。









通常のアラカルト価格8400円となっているフカヒレの姿煮も、



f0232060_23185968.jpg

































普段なかなか食べられないつばめの巣のスープも、


f0232060_2320338.jpg
































アワビのクリーム煮だって、


f0232060_23203662.jpg






























伊勢海老のチリソースだって、


f0232060_23215748.jpg

































北京ダックだって、


f0232060_11419.jpg


































その他、普通のエビチリも、牛肉のオイスター炒めも、チャーハンも、麻婆豆腐も、


高級中華がなんでもオーダー出来てしまう!!


f0232060_23232464.jpg























f0232060_2323528.jpg























f0232060_23242296.jpg























f0232060_23244782.jpg























f0232060_232519100.jpg























f0232060_23254462.jpg
































気になるオーダーバイキングのお値段は、


大人12,000円


中華は1皿で量があって、普段なかなか色んな皿を頼むことができないし、


ましてや、高級食材を使った中華はめちゃくちゃお値段するので、


それがこの値段で好きなものを好きなだけ食べれると思えば、


相当、コストパフォーマンスはいいと思う。







■「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/









■今日のカメ

■「星ヶ岡」
f0232060_23132999.jpg南北線、銀座線「溜池山王駅」直結のキャピタル東急2階にあります。









■店内の様子
f0232060_23142050.jpgシックで上品なテーブル席。ゆっくり食事が出来ます。個室もあります。









■テーブルセット
f0232060_0472341.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■紹興酒
f0232060_048560.jpg5年ものの紹興酒ストレート。最近、中華食べるときはすっかり紹興酒になりました。








■1品目
f0232060_0491727.jpg通常のグランドメニューの中から好きなものをオーダーできます。2時間制で大人12,000円。

まずは、前菜で白菜の甘酢漬け。中華料理の箸休めにもピッタリ。






■2品目
f0232060_051084.jpg蒸し鶏の葱ソース。

鶏もとても柔らかく、葱ソースもめちゃくちゃ美味しく出来ていて、絶品。







■3品目
f0232060_23185968.jpgフカヒレの姿煮。通常価格8400円の料理もオーダー可能。ただし、フカヒレは1人につき、1回まで。

これもめちゃくちゃ美味しく出来てました。







■4品目
f0232060_0542127.jpg車海老のチリソース。海老がプリプリ。










■5品目
f0232060_055822.jpg牛肉のオイスターソース炒め。










■6品目
f0232060_23244782.jpgカニ爪揚げ。甘いカニ身がいっぱい詰まっています。









■7品目
f0232060_23203662.jpgアワビのクリーム煮。










■8品目
f0232060_057299.jpg特製シュウマイ。かなり大きくて、しっかりした食べ応えで、シュウマイというより肉まんのような感じ。








■9品目
f0232060_2320338.jpg蟹の卵入りのつばめの巣のスープ。通常価格3600円の高級スープ。

つばめの巣自体には味がなくて、食感を楽しむ感じ。蟹の卵のコクはありますが、口当たりはまろやかで、意外とさっぱりと食べれる味。





■10品目
f0232060_103193.jpg海老の卵白炒め。










■11品目
f0232060_11419.jpg北京ダック。包まれた状態でやってきます。










■12品目
f0232060_125827.jpg鶏肉とカシューナッツの炒め。










■13品目
f0232060_134330.jpg酸辣湯。酸っぱすぎず、辛すぎず、ちょうどいい味。









■14品目
f0232060_23215748.jpg伊勢海老のチリソース炒め。










■15品目
f0232060_1571.jpg麻婆豆腐。










■16品目
f0232060_15343.jpg卵とネギのシンプルな炒飯。麻婆豆腐用。










■17品目
f0232060_162712.jpg杏仁豆腐。
by meshi-quest | 2017-04-26 08:07








美味しい中華が食べたくなったので、西荻窪「壱年茶虎」で夕食。


長年お世話になっている三鷹の中華の名店「虎茶屋」さんによる


2017年、一年限定の西荻出張プロジェクト。


f0232060_1632557.jpg























f0232060_1634510.jpg































今までは、夜1組限定でコースのみだったので、


「もっと食べたい」「これが食べたい」的な大人のわがままがしにくかったが、


これはチャンスとばかり、食べたいものだけを好きなだけ注文する。


ああ、何とも言えない、この幸せ。









本当は、牡蠣入りの卵焼きも、


牡蠣が苦手だけど卵は食べたいという要望に合わせて、


私が食べたかったニラ玉に大変身w


f0232060_1671127.jpg






























本当はふきのとうが入っている酸辣湯も、


ふきのとうが苦手と言う理由で、


小松菜に変えてもらって、この通り!


f0232060_1684759.jpg






























大好きな海老蒸し餃子は、本当は2つ入りだけど、


いっぱい食べたいから4つに増やしてもらっちゃうもんねー。


f0232060_16101265.jpg























f0232060_1610321.jpg































どんどんダメな大人になっていく気もしつつ、


大人っていいなあ、なんて大人を満喫しつつ、


最後は、私が都内で一番美味しいと思っている麻婆豆腐&ご飯で〆。


f0232060_16115110.jpg























f0232060_16121741.jpg






























たた一年だとしても、西荻であなたに会えて良かった!


「壱年茶虎」さん、ありがとう!






■「壱年茶虎」
http://torachaya.com/archives/118








■今日のカメ

■「壱年茶虎」
f0232060_1632557.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩3分ほど。

人気イタリアン「etsu エツ」があった場所で、看板もそのままで営業してます。







■店内の様子
f0232060_1634510.jpg厨房を囲むカウンターがメイン。テーブルも2席あります。









■テーブルセット
f0232060_16164948.jpgテーブルセットはこんな感じ。10年ものの紹興酒をいただきます。

今まで紹興酒はかなり苦手だったのですが、中華が好きになり、中華に合うお酒を求めていった結果、紹興酒が好きになりました。慣れって、すごいですね。




■1品目
f0232060_1671127.jpgニラ玉。シンプルですが、めちゃくちゃ美味しいです。

本当は牡蠣入りだったのですが、牡蠣が苦手なので、ニラに変更。






■2品目
f0232060_16101265.jpg海老蒸し餃子。「虎茶屋」さんでも出ていた人気メニュー。通常はせいろに2つ入りですが、いっぱい食べたかったので、4つに増やしてもらいました。








■アップ
f0232060_16202663.jpg蒸し餃子の下に白菜が敷かれているのですが、これがいいアクセントになっていて、食感良く、美味しいです。








■3品目
f0232060_1684759.jpg酸辣湯。今まで酸辣湯もあまり好んで食べなかったのですが、「虎茶屋」さんのコースでいただいて好きになりました。

酸味、辛味のバランスが絶妙で、この2つの刺激が苦手な人(昔の私)でも美味しくいただけます。





■4品目
f0232060_16232596.jpg揚げ焼き鰆のピーマン餡かけです。

鰆とピーマンという組み合わせは初めてですが、和食のような優しい味わいで、すごく美味しいです。







■5品目
f0232060_16243617.jpg清蒸鮮魚。本日の魚は赤カレイでした。魚の中華風煮つけ。パクチーがいいアクセントになってます。

ご飯にも合いそうですが、お酒にすごく合う味です。






■6品目
f0232060_16115110.jpg特製麻婆豆腐とご飯のセット。










■アップ
f0232060_16121741.jpg色んなお店で麻婆豆腐を食べてきましたが、「壱年茶虎」「虎茶屋」さんのこの麻婆豆腐の味が一番好きです。

唐辛子の辛さと、花山椒の風味と、麻婆の濃厚な旨味のバランスがすごくいいです。本格的なのに、本格的過ぎないというか、不思議と食べやすいです、本格的なのにw。
by meshi-quest | 2017-04-13 08:08 | 西荻窪









横浜中華街でもお馴染みの中華の人気店「聘珍樓(へいちんろう)」。


吉祥寺の路地裏にもひっそりとあって、


かなり席数もあって、店内は優雅で広く、なかなか居心地良いのだが、


場所なのか、お値段なのか、なんだかいつもあまり人がいない。



f0232060_11132067.jpg























f0232060_11135842.jpg























f0232060_11142615.jpg































元々、かなりの中華好きではあるが、


ここ「聘珍樓」が土日祝でやっているホリデーランチコースが、


品数も多く、バリエーションもあり、味も良くて、とても気に入っている。


何よりも、ランチコースとは思えない量で出てくる。


〆のチャーハンとか、〆というよりも、しっかり一人前出てきて、食べ応えがある。


f0232060_11184830.jpg























f0232060_1120094.jpg























f0232060_11202257.jpg























f0232060_11204455.jpg























f0232060_11211422.jpg
































単純に値段だけ考えると、リッチなランチかもしれないが、


この値段以上の価値とボリュームのある高級中華コースなので、おすすめ。








■「聘珍樓」
http://www.heichin.com/










■今日のカメ

■「聘珍樓」
f0232060_11132067.jpgJR吉祥寺駅中央改札口から徒歩5分ほど。駅前のアーケード街を通り、ちょっと脇の路地に入ったところにあります。








■店内の様子
f0232060_11135842.jpg2階席の様子。席数多く、ゆったりしています。この日は、高齢のご夫婦と、家族連れ1組だけ。









■テーブルセット
f0232060_11142615.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_11184830.jpgホリデーランチコース(3250円)にしました。

まずは、3種前菜の盛り合わせ。自家製チャーシュー、クラゲの中華和え、海老です。







■2品目
f0232060_1120094.jpgザーサイと豚肉のスープです。いい出汁が出てます。

ランチコースのスープとしては、割と量多めです。







■3品目
f0232060_11295339.jpgソフトシェルクラブの漁師風です。

揚げたソフトシェルクラブに、スパイシーな衣が掛かっています。お酒が飲みたくなるような味。







■4品目
f0232060_11204455.jpg香港式豚フィレステーキです。

すごく柔らかく豚フィレがソテーされていて、ソースには八角がすごく効いています。見た目は洋食っぽいですが、八角のせいで確実に食べると中華ですw。





■5品目
f0232060_1133289.jpgチャーシュー入りチャーハン。

チャーハン好きとしては、コースの〆で出てくる量だとやや寂しいのだが、ガッツリ食べれる量が出てきます。味もとても美味しいです。






■6品目
f0232060_1135126.jpgミルクの感じがしっかり出ている杏仁豆腐。これも〆のデザートとは思えないしっかりした量の杏仁です。
by meshi-quest | 2017-02-25 08:08 | 吉祥寺








南阿佐ヶ谷の路地裏にある、


お気に入りの一軒家中華「オトノハ」で夕食。


友達の家に来たかのように居心地よく、アットホーム。


席数も少なく静かなので、一人でも、女性同士でも来やすいお店。


f0232060_11331036.jpg























f0232060_11334725.jpg























f0232060_1134893.jpg
































料理もどれも美味しくて、ついつい色々頼んじゃうんだけど、


1つ1つがすごくボリュームあるので、


私のように1人でもガッツリ食べる人はさておき(笑)、


1人なら種類少なめ、色々食べるなら2人で来るのがおススメ。


f0232060_11374283.jpg























f0232060_1138535.jpg























f0232060_11384563.jpg























f0232060_1139795.jpg























f0232060_11393097.jpg























f0232060_11394966.jpg




























心が落ち着くような、癒される美味しい中華だった。






■「オトノハ」
http://otonoha.info/









■今日のカメ

■「オトノハ」
f0232060_11331036.jpg丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」から徒歩1分ほど。杉並区区役所の裏手にあります。

テーブル席のみ、席数は少なめなので、予約必須。お店の方がとても親切で居心地良いです。






■紹興酒
f0232060_1134893.jpg甕出しの紹興酒をストレートで。まろやかですごく飲みやすい。









■1品目
f0232060_1144261.jpg人気メニューのアスパラとロースハムの春巻き(4本700円)。

サックサク、パリパリの美味しい春巻き。全く油が重く感じず、食べやすい。






■2品目
f0232060_1138535.jpg皮から手作りをしている大きな焼き餃子。

すごくきれいなビジュアルの餃子。肉汁たっぷりで、皮はモチモチ。







■3品目
f0232060_11384563.jpgキクラゲと玉子と青菜の炒め物(1200円)。あっさり塩味。









■4品目
f0232060_114873.jpg「大海老の特製マヨネーズソース カダイフ巻き」(1300円)です。

海老の周りのサクサクなカダイフの食感がいい感じ。特製マヨネーズソースも美味しい。






■5品目
f0232060_11393097.jpg麻婆ごはん(1200円)。

「オトノハ」の麻婆豆腐は花山椒が効いていて、辛さも胡椒も程よく、本格的な味なのに日本人も食べやすい、すごく美味しい麻婆です。






■お茶
f0232060_11514117.jpg中国茶。阿里山か東方美人、だったかな。










■デザート
f0232060_11394966.jpg名物の金木犀のシロップがかかった杏仁豆腐。

ミルクのコクがしっかり出てる杏仁豆腐に、金木犀の華やかな香りのシロップが相性抜群。絶品。
by meshi-quest | 2017-02-15 08:08








西荻窪にある大好きな中華ビストロ「ヤスミン」の


日曜日のみやっている限定ランチへ。









「ヤスミン」の濃厚で甘みあるチリソースが大好きで、


ランチは迷わず海老とじゃがいものチリソース炒めで。


f0232060_1742044.jpg























f0232060_1752412.jpg























f0232060_1744329.jpg























f0232060_17567.jpg






























週に日曜1日しかランチはやっていないので、


チャンスちょっと少ないが、とても美味しい中華ランチなのでおすすめ。


ちなみに、夜は定休日以外毎日やってて、チリソースも味わえる。







■「ビストロシノワ YASMIN ヤスミン」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13161422/









■今日のカメ

■前菜
f0232060_179090.jpgランチ(1500円)のセット前菜。

バンバンジー、押し豆腐のナムル、大根餅。「ヤスミン」特製の大根餅も絶品。







■フカヒレスープ
f0232060_1752412.jpg大好きな「ヤスミン」のフカヒレスープ。ランチのスープは、プラス700円でフカヒレスープに変更できます。私はさらにここにポルチーニ茸を入れてもらって、風味良いスープにしてもらってます。ああ、美味しいー。






■メイン
f0232060_1744329.jpg定食のメインは4種から選べます。私はチリソースで。









■アップ
f0232060_17567.jpgどこの中華料理店もチリソース料理はありますが、同じチリソースでも各店だいぶ味が違う。「ヤスミン」の濃厚で甘みあるチリソースがかなり好みの味です。
by meshi-quest | 2017-02-12 08:07 | 西荻窪








長年お世話になっていて、大好きな三鷹の隠れ家中華「虎茶屋」さん。


ここだけでしか味わえない唯一無二の中華が食べれるお店で、


特に麻婆豆腐は、私の中では都内でナンバーワンだった。


毎日「虎茶屋」の麻婆豆腐を食べていたい、そんな味だ。











とはいえ、昼夜それぞれ1組限定という、


なかなか気軽に行けないお店だったが、


なんと1年の期間限定で西荻窪で「壱年茶虎(いちねんちゃとら)」として


営業することになり、早速お邪魔させてもらった。


f0232060_1226541.jpg























f0232060_12263657.jpg























f0232060_1227054.jpg






























今までは1組限定のコース形式だったので、


メニューも量も決まっていたが、


「壱年茶虎」ではアラカルトが用意されていて、


「虎茶屋」の名物メニューを好きなものを好きなだけ食べれる。


ああ、なんて幸せなんだろう・・・。


f0232060_1229969.jpg























f0232060_12293259.jpg























f0232060_1229514.jpg























f0232060_12301489.jpg























f0232060_12303494.jpg
































アラカルトなので、コースでは入らなかった変わり種の中華料理もあり、


この「酸湯魚」という料理を初めてみたので頼んでみたが、


今まで食べたことないような不思議な味だった。


f0232060_12325791.jpg































料理名の「酸」の通り、鱈を使った酸味のある鍋料理なのだが、


香水かのようにめちゃくちゃ鍋から華やかなレモングラスの香りがして、


「レモングラス使ってる?」と聞いたところ、実は使っておらず、


なんと中国の貴州省で使われている謎の調味油があって、


それがこんなレモングラスそっくりの華やかな香りを出すのだそう。


f0232060_12372085.jpg

































普通の中華料理店では味わえないような独創的な中華。


西荻にも多数中華店はあるが、「壱年茶虎」はやっぱり唯一無二。


今年壱年、通いまくって、不思議な中華を堪能させてもらおうと思う。







■「壱年茶虎」
http://torachaya.com/archives/118








■今日のカメ

■「壱年茶虎」
f0232060_1226541.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩3分ほど。

人気イタリアン「etsu エツ」があった場所に、看板もそのままに居抜きで営業しています。







■店内の様子
f0232060_12263657.jpgカウンターがメインで、小さなテーブルが2席ほど。席数は少なめです。









■テーブルセット
f0232060_1243284.jpgテーブルセットはこんな感じ。

「虎茶屋」のコース料理がアラカルトで食べれるなんて、幸せだー。







■中国茶
f0232060_12442391.jpg料理をガッツリ味わいたいので、今日は休肝日として、中国茶を。聞いたことがない名前のお茶でしたが、すごくいい香り。








■1品目
f0232060_1229969.jpg前菜3種盛り(900円)。

セリを使ったポテトサラダ、ゴボウの中華含め煮、セロリの中華ピクルスです。







■2品目
f0232060_12293259.jpg特製の絶品蒸し餃子(400円)。「虎茶屋」コースの定番メニュー。美味しい!









■3品目
f0232060_1229514.jpg「魚香肉絲」(1000円)。

「魚」という字が書いてあったので、魚かと思ったら、タケノコと豚肉の花山椒炒めでした。お酒に合いそうな味。






■4品目
f0232060_12325791.jpg「酸湯魚」(1200円)という初めて食べる料理。










■アップ
f0232060_12512637.jpg鱈の他に、トマト、もやし、白菜などが入ってます。辛さはなくて、酸味は強め。そして、強烈なレモングラスの香りがします。

中国では、少し臭みのある川魚を使った料理だそうで、そのためにこんなに酸味と香りが強いのかもしれません。エッジは効いてますが、美味しいです。ご飯ではなく、お酒向きかな。



■調味油
f0232060_12372085.jpgレモングラス香の正体。

シェフが昨年貴州省に行った時に、見つけて買ってきて、料理に使っているのだそう。







■5品目
f0232060_12301489.jpg特製麻婆豆腐のハーフとご飯。言うことなしの、絶品麻婆です。

ご飯も土鍋で炊いたものなので、すごく香りが良く美味しいです。
by meshi-quest | 2017-02-06 08:08 | 西荻窪









ご招待いただき、新宿御苑前の中華の名店「礼華」でランチ。








新年ということもあり、


豪華に何とフカヒレの姿煮を食べさせてもらった。


ああ、お昼からなんて贅沢なんだろう・・・。


昼からフカヒレを「姿煮」の状態でいただいたのは初めてかも。









こっちがフカヒレの姿煮の麺バージョン。


f0232060_22295873.jpg























f0232060_22302058.jpg
































こっちがフカヒレ姿煮のご飯バージョン。


f0232060_2231320.jpg























f0232060_22312335.jpg






























全体的にラクダ色になった本日のメシクエではあるが、


麺にせよ、ご飯にせよ、


「礼華」のランチのフカヒレが美味しかったことだけきちんとお伝えしたい。







■「中国料理 礼華」
http://www.rai-ka.com/shinjuku/








■今日のカメ

■フカヒレ姿煮(麺)
f0232060_22295873.jpgフカヒレが丸ごと入った贅沢な麺。3000円也。










■フカヒレ姿煮(飯)
f0232060_2231320.jpgこっちは、同じフカヒレがご飯の上にかかっているバージョン。私はご飯党なのでこっち。









■アップ
f0232060_22312335.jpg薄味ですが、ちゃんとコクがあって、美味しく煮付けられていました。とても食べやすいフカヒレ。

ディナーでの姿煮とか、ランチの崩したフカヒレが入った料理はあれど、ランチから姿煮食べたのは初めてだー。ありがたい。
by meshi-quest | 2017-02-04 08:07 | 新宿








上海の有名な観光地の1つ、「豫園(ヨエン)」


明代の庭園で、その周りは一大観光地となっており、人が溢れかえってる。


映画とかで見かけた古き良き中国らしい中国が観光地として見れる場所だ。


中国版の日光江戸村、とでも言えるだろうか。



f0232060_015818.jpg























f0232060_023332.jpg























f0232060_032563.jpg























f0232060_055859.jpg























f0232060_063199.jpg























f0232060_07131.jpg























f0232060_073535.jpg























f0232060_082548.jpg
































私が大学生の頃、まだ中国の物価がビックリするくらい安かった時代、


よく中国に遊びに来ていて、その際に「豫園」にも一度来ていたのだが、


今回少し出張の空き時間を利用して、十数年ぶりに再び来てみた。










大学生の時に感じたワクワクは当然なくて、


全体的に物価も高く、雰囲気は当時のままだけど、


なんだかだいぶ変わっちゃった印象。私も、中国も。










さて、今回わざわざタクシー飛ばしてやってきたのは、


単に「豫園」の思い出に浸りたかったわけではなく、


あることを確かめるため、だった。









この「豫園」の中に、上海で有名な小籠包のお店があって、


大学時代にここ「豫園」に来て、初めて食べてえらく感動し、


以来、だいぶメシクエでも色んなお店で小籠包を食べたが、


この「豫園」にある「南翔饅頭店」の味を超えていない。











そして、ついに、やってきてしまった。


メシクエin上海、フィーチャリング「南翔饅頭店」!!


f0232060_0362575.jpg























f0232060_0384045.jpg























f0232060_037587.jpg































特製肉入り小籠包6個で、約600円。


当時は6個で300円くらいで、物価が上がり、倍近い値段になってしまったが、


それでも、思い出補正とかではなく、ガチで小籠包美味かった。


今まで食べた小籠包の中で、やっぱりここのが一番うまい。


f0232060_0414842.jpg























f0232060_0421570.jpg























f0232060_04238100.jpg

































十数年の時を経て、ようやく小籠包クエスト完了。











■今日のカメ

■「南翔饅頭店」
f0232060_0362575.jpg上海の有名な観光地、豫園商場の中にあります。めちゃくちゃ混んでます。









■店内の様子
f0232060_0384045.jpg十数年前に来た時には、確か2階までしかなくて、机の上に食べこぼしがのこっているような場所で、こんなにきれいなテーブルじゃなかったですが、今は3階まであって、比較的きれい。







■テーブルセット
f0232060_037587.jpgテーブルセットはこんな感じ。十数年前に来た時には、こんな紙のテーブルセットなんてなくて、筒の容器に自由に取る箸が置かれているだけでした。








■小籠包
f0232060_0414842.jpg色んな具の小籠包がありますが、個人的には一番代表的な特製肉入り小籠包が好み。6個で約600円。









■アップ
f0232060_04238100.jpg皮をひと噛みすると、中から美味しい肉汁がジュワーッと出てきます。とにかく、中のあんが美味しい。普通に肉が詰まっているだけのように見えるんだけど、その肉の味が違う。絶品。







■スープ
f0232060_0522769.jpg貝柱と錦糸卵のスープ。かなり薄味。










■お茶
f0232060_0532475.jpgグラスに熱湯と、そのまま茶葉が突っ込まれている中国式のホットティー。口に茶葉がガンガン入るが、気にせず、口から出しながら飲むのが中国式。
by meshi-quest | 2017-01-17 08:00 | 旅行_海外
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ