タグ:和食 ( 279 ) タグの人気記事









沖縄出張でございます。


沖縄は3月にもう海開きがされているくらいで、


待ちゆく人は皆半袖、室内にはクーラーが入り、夏全開。


さすが、南国。










毎回、現地の有志スタッフが集まって、


沖縄の美味しいお店に連れて行ってくれるのが、


出張の密かな楽しみになりつつある今日この頃。


出張初日の夕食は、「しまぶた屋」というスチームダイニングへ。


f0232060_1231841.jpg
























f0232060_12314749.jpg




































真っ先に目を引き、驚いたのが、


テーブルに設置されている巨大なせいろ


持ってきたものではなく、各テーブルに設置されてて、


すでにホッカホカに蒸されている。


f0232060_12333291.jpg


































ここに生野菜や生肉をどんどんぶち込んで、


蒸しては食べ、食べては蒸しを繰り返す仕組み。


さすが沖縄、すごく大胆(笑)。


東京でこんなお店見たことないが、


『」スチームダイニング』と言うだけのことはある。


f0232060_1235256.jpg























f0232060_1236369.jpg

































サイドメニューも蒸し料理が豊富で、せいろを使ったものがたくさん。


蒸し料理って、意外と幅広い。


「蒸し」に特化した面白いダイニングだった。


f0232060_12373798.jpg























f0232060_12375589.jpg























f0232060_123820100.jpg























f0232060_12383952.jpg























f0232060_12385919.jpg
































■「スチームダイニング しまぶた屋」
https://r.gnavi.co.jp/f316201/








■今日のカメ

■「しまぶた屋」
f0232060_1231841.jpg那覇の観光地、国際通りから徒歩1分くらいのところにあります。









■店内の様子
f0232060_12314749.jpg南国のお祭りのような派手で賑やかな装飾の店内。テーブル、カウンター、席数はそこそこあります。









■巨大なせいろ
f0232060_12333291.jpg各テーブルに1つづつ設置されている巨大なせいろ。4人分くらいあります。ホカホカに蒸されていて、準備万端なご様子。








■蒸し物
f0232060_1235256.jpg野菜、あぐー豚、つくねなど。単品でも追加注文可能。









■蒸してみた。
f0232060_1236369.jpgせいろの中に、野菜や肉を入れて蓋をして、しばらくすると、蒸し上がります。

鍋はよくあっても、せいろをみんなでつつくのは新しいw。






■サイドメニュー①
f0232060_12373798.jpg名物の「蒸しじーまみー豆腐」。

沖縄名物のピーナッツで作られた豆腐。通常は冷たいのですが、ここでは蒸して温めてあります。濃厚でトロトロ。






■サイドメニュー②
f0232060_12375589.jpgあぐー豚のもち米焼売(580円)。モチモチしています。









■サイドメニュー③
f0232060_123820100.jpg「しまくるー」という琉球在来豚アグーの血統を75%以上も受け継いだ豚肉を使った蒸し餃子(780円)。








■サイドメニュー④
f0232060_12524644.jpg「ありんくりんポテトフライ」(580円)。

紅芋、タロイモ、じゃがいもなど、色んな芋を使ったポテトです。







■サイドメニュー⑤
f0232060_12383952.jpg県産車海老のガーリック蒸し(880円)。かなりガーリックが効いてます。

意外と知られてないですが、沖縄は国内有数の車海老の生産地です。






■サイドメニュー⑥
f0232060_1257346.jpg「しまくるー」と海老の水餃子。










■サイドメニュー⑦
f0232060_1258164.jpg黒麻婆豆腐。真っ黒w。でも味はちゃんと麻婆豆腐です。









■サイドメニュー⑧
f0232060_12385919.jpgチャーシューおこわ。厚切りチャーシューがドカンと乗ったボリューミーなおこわです。
by meshi-quest | 2017-05-26 08:06 | 沖縄








中目黒駅から続く高架下の飲食街にある、


オシャレな割烹「中目黒伍燗 (ごかん)」で食事。


f0232060_16453850.jpg























f0232060_16455880.jpg































本日は、常連さんからのお誘いで、カニをメインにした特別コース。


ズワイガニのクリームコロッケに、毛ガニの真薯などカニ尽くしの料理に、


〆には、大きなワタリガニを使った炊き込みご飯が登場。


f0232060_16543848.jpg























f0232060_1655119.jpg























f0232060_16553272.jpg























f0232060_16561782.jpg























f0232060_16564329.jpg























f0232060_16572194.jpg























f0232060_16574775.jpg

































中目黒でこんなにカジュアルに、


こんなに本格的で美味しい日本料理がいただけるなんて・・・!


久しぶりに中目黒の高架下に来たけど、ずいぶん改装されて


オシャレで美味しそうなお店がいっぱいあって、


このエリアも改めてちゃんとメシクエしないとなあ。








■「中目黒伍燗」
http://www.nakamegurokoukashita.jp/shop/shop_detail.php?id=44








■今日のカメ

■「中目黒伍燗」
f0232060_16453850.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩5分ほど。駅から続く高架下飲食街の「71番」という番号の場所にあります。

Googleマップなどで見ると、位置がずれてて、違うところを指しているので要注意。





■店内の様子
f0232060_16455880.jpgカウンター6席に、個室1つの小さな店内。カジュアルではありますが、静かでプライベート感がある、居心地の良い割烹です。








■日本酒
f0232060_1761123.jpgお店おすすめの辛口さっぱり日本酒、神奈川県川西屋酒造の「隆」。めちゃくちゃ、飲みやすい!









■1品目
f0232060_1784127.jpgすっぽんとカニのあんかけ茶碗蒸しです。1品目からカニスタート。とても上品な出汁が出ていて、なめらかで美味しい茶碗蒸し。








■2品目
f0232060_1710098.jpg自家製のごま豆腐。

ごま豆腐は大好きなので、色んなお店でいただきますが、今まで食べたごま豆腐の中で「伍燗」さんのごま豆腐が一番美味しかったかも。






■3品目
f0232060_16543848.jpgズワイガニのクリームコロッケ。










■アップ
f0232060_1655119.jpgこんなにカニ身が詰まってます!










■4品目
f0232060_1712752.jpg手ガニの真薯。これもいい出汁が出ています。

中には、食べられる蘭「春蘭」と、めかぶが入っています。







■5品目
f0232060_17133248.jpg馬刺し、マコガレイ、アオリイカの盛り合わせ。マコガレイは、肝醤油でいただきます。









■6品目
f0232060_17144660.jpg手ガニとウニの抱き合わせ。何個も食べれてしまう。絶品。









■7品目
f0232060_17154866.jpgのどぐろの炭火焼き。脂が乗ってます。










■8品目
f0232060_17162111.jpg白エビとキャビアの組み合わせ。

白エビの甘みに、キャビアの塩気。贅沢品。








■9品目
f0232060_16561782.jpg日本酒が止まらなくなる豪華な八寸登場。










■アップ①
f0232060_17174877.jpg鴨のロース、つぶ貝の煮つけなど。










■アップ②
f0232060_17184319.jpgこのあん肝もとても美味しかったな。










■アップ③
f0232060_16564329.jpg毛ガニの土佐酢ジュレがけ。カニ身が甘みあって、ホント美味しい。









■10品目
f0232060_17202152.jpgサーロインのすき煮。上からかかってるのは、ホイップした卵。食べると、すき焼きような味になります。








■ワタリガニご飯、登場!
f0232060_16572194.jpgほのかに生姜が効いている、食欲をそそるワタリガニの土鍋ご飯。炊き立てです。









■11品目
f0232060_17221761.jpg〆のご飯セット。カニのいい香りがする炊き込みご飯。絶品。赤だしも美味しい。









■12品目
f0232060_1723974.jpg手作りの桜餅。桜の葉のいい香りがします。甘さ控えめで、食べやすい。









■食後の飲み物
f0232060_17235760.jpg食後は抹茶を立ててくれます。









夜の風俗街、新宿二丁目のど真ん中で、


めちゃくちゃ美味しく、上品な割烹ランチが食べれると聞き、


「広島料理 安芸」へ。


f0232060_16544794.jpg
































ゲイバーやスナックの看板が立ち並ぶ新宿二丁目のど真ん中。


この辺りは何度も通っていたが、こんな割烹があることを知らなかった。


新宿は、昼と夜で全然顔が違う町だ。









色んなグルメな知り合いから勧めてもらっていたが、


噂にたがわず、本当にこんな美味しく上品な和定食が


新宿二丁目のど真ん中で食べれるのことに感動。


f0232060_16573827.jpg























f0232060_1658122.jpg























f0232060_16584532.jpg























f0232060_1659693.jpg
































さらに嬉しいのが、定食に数百円で色んなおかずを足して、


自分なりに好きな定食にカスタマイズできること。


刺身と出汁巻きを追加してみたが、すごく美味しかった。


f0232060_1731887.jpg























f0232060_1735632.jpg






























久しぶりに満足度の高い和定食だった。


おかずのカスタマイズは嬉しいなあ。


またぜひお邪魔したいと思う。







■「広島料理 安芸」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13012027/








■今日のカメ

■「広島料理 安芸」
f0232060_16544794.jpg丸の内線・副都心線「新宿三丁目駅」から徒歩5分ほど。

新宿二丁目のど真ん中にあります。







■帆立フライ定食
f0232060_16573827.jpg定食メニューは魚料理中心で、種類は豊富です。

今日は、帆立フライ定食に、豚汁と刺身を付けました(1200円)。めちゃくちゃおかずのカスタマイズに種類があって、何を付けるか悩むくらいです。






■帆立、アップ
f0232060_1658122.jpg大ぶりな帆立が3つ。上手に揚っていて、サクサクです。









■豚汁、アップ
f0232060_16584532.jpg出汁が効いてて、とても上品な味わい。










■小鉢、アップ
f0232060_1659693.jpg定食には小鉢が付いてて、小松菜の優しいお浸しでした。









■刺身、アップ
f0232060_1731887.jpg厚切りのブリ刺し。新鮮で、すごく美味しいです。ランチからこんな美味しい刺身食べれるのはありがたい。








■出汁巻き、アップ
f0232060_1735632.jpg確か、プラス200円。これも美味しい出汁巻きでした。

その他、肉じゃがとか、ブロッコリーとか、きんぴらとか、色んなカスタマイズおかずが揃ってます。他の味も気になるので、制覇したいw。
by meshi-quest | 2017-05-22 08:08 | 新宿








新宿御苑前にある有名焼鳥店「泰然」で食事。


焼鳥屋や居酒屋がひしめき合う激戦区の御苑前で、


焼鳥と言ったら真っ先に名前が出てくるくらいの名店。


f0232060_0451148.jpg
































比内地鶏の焼鳥がめちゃくちゃ美味しくて、串が進む。


日本酒も数多く取り揃っていて、サイドメニューも充実してるので、


お酒も料理も止まらない。


f0232060_0473838.jpg























f0232060_048356.jpg























f0232060_049094.jpg























f0232060_0492382.jpg























f0232060_0495076.jpg























f0232060_0501481.jpg























f0232060_0504491.jpg























f0232060_051746.jpg























f0232060_0513045.jpg


































「うぐいす猪口」というのを出してもらって、


これが面白くて、飲み口に穴が開いてて、


飲むときにここに口から空気を入れると、


「ピロピロ~」とうぐいすの鳴き声がする(笑)。


なんかハマって、しばらく、ずっとこれでピロピロしてたw。


f0232060_0543244.jpg























f0232060_0545364.jpg























f0232060_0551445.jpg


































〆は、卵トロトロの特製比内地鶏親子丼


久しぶりに、美味しい親子丼いただいた。


f0232060_0564721.jpg

































■「泰然」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13146085/








■今日のカメ

■「泰然」
f0232060_0451148.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。御苑のはずれ、四谷三丁目寄りで、駅からはちょっと歩きます。








■日本酒①
f0232060_0473838.jpg日本酒気分だったので、ガンガンに日本酒いく。

まずは、福島県花泉酒造「ロ万」から。








■お通し
f0232060_101338.jpg優しくて上品な味わいの煮物。お通しからして、とても美味しく、酒が進む。









■1品目
f0232060_124833.jpg茄子とアスパラのバター焼き。野菜の甘みがすごく出てて、めちゃくちゃ美味しい。もう1皿食べたい気分。








■2品目
f0232060_048356.jpg焼鳥ささみのさび。比内地鶏です。










■3品目
f0232060_049094.jpg比内地鶏の卵を使った玉子焼き。優しい味。










■日本酒②
f0232060_0492382.jpg滋賀県松瀬酒造「楽」。










■4品目
f0232060_051746.jpg肉厚椎茸の炭火焼き。カサの部分に椎茸エキスがいっぱい出てて、めちゃくちゃ美味しい。いい香り。









■日本酒③
f0232060_0543244.jpg福島県松崎酒造「廣戸川」。










■うぐいす猪口
f0232060_0551445.jpg手前の小さな穴に空気を入れて飲むと、「ピロピロ~」と楽しい鳴き声が出ます。酒が回っているせいもあり、この音が楽しくて仕方ないw。








■徳利、アップ
f0232060_0545364.jpg徳利にもうぐいすが付いてます。










■5品目
f0232060_0495076.jpg手羽先。身が締まってて、鶏の味が濃いです。うまい!









■6品目
f0232060_1115848.jpg鶏の炙り。中がレア。










■7品目
f0232060_1125674.jpgハツ。










■8品目
f0232060_0501481.jpgつくねのタレ焼き。何本でも食べれてしまいそうないいつくねです。









■9品目
f0232060_0513045.jpg正肉。大きくて、プリプリ。










■日本酒④
f0232060_0504491.jpg山形県高木酒造「十四代」。










■10品目
f0232060_116044.jpg鶏餃子。豚よりもあっさりしていて、食べやすいです。









■11品目
f0232060_0564721.jpg〆は、特製比内地鶏の親子丼。卵がトロトロで、鶏肉もたっぷり。絶品。

ちなみに、親子丼はランチでもいただけます。
by meshi-quest | 2017-05-17 08:08 | 新宿








牛かつブームの火付け役、大人気店「牛かつ もと村」


どこの店舗もいつも外にはみ出るほどの大行列で、


牛かつ食べたくとも、この行列を横目で見ながら心折れてその場を去る私だが、


そんな彷徨える肉食獣を牛かつの神様は見放さなかった。











ホント偶然に原宿に行った時に、


本日開店シークレットオープン中の「もと村」原宿店の前を通りがかり、


なんと行列無し、待ち時間0秒の奇跡の入店を実現した。



f0232060_14534963.jpg























f0232060_14542619.jpg


































開店が公になれば、また一気に大行列になるんだろうが、


こんなに店内に客がいない「もと村」を初めてみた(笑)。


いつも行列が気になって、ゆっくり食事はできないが、


こんなに牛かつをじっくり味わえるチャンスは二度とない!


f0232060_14544389.jpg
































というわけで、牛かつの神様への感謝を込めて、


通常の130gの2倍の260gの牛かつをいただく。


当然、麦ごはんにとろろもセットのフルコースだ。


f0232060_14591321.jpg























f0232060_1459389.jpg























f0232060_150035.jpg























f0232060_1502011.jpg
































牛かつ屋はだいぶ増えたけど、色々食べてみたものの、


やっぱり、「もと村」の牛かつが一番美味しいと思う。


f0232060_1513630.jpg






























■「牛かつもと村」
http://gyukatsu-motomura.com/









■今日のカメ

■「牛かつもと村 原宿店」
f0232060_14534963.jpgJR原宿駅から徒歩5分ほど、副都心線「明治神宮前駅」から徒歩3分ほど。竹下通りよりも北参道側。駅からちょっと離れたビルの地下にあります。








■店内の様子
f0232060_14544389.jpgカウンター数席、テーブル数席のかなり小さな店内。

本来だったらあっと言う間に満席の大行列ですが、オープン初日で、社員教育しつつのシークレットオープンだったようで、「見つけた人」だけが入ってくる感じ。初めてこんな空いてる「もと村」見ましたw。



■牛かつ麦飯とろろセット
f0232060_14591321.jpg定番の牛かつに、麦飯ととろろが付くセット。260gで2200円。









■アップ
f0232060_1513630.jpg中がレアで、柔らかく、めちゃくちゃジューシーです。とはいえ、脂がしつこくないので、胃もたれもしません。

260gもペロリとあっと言う間。絶品。






■たれ、アップ
f0232060_1582216.jpgお好みで、山わさび、醤油&わさび、塩など。

個人的には、山わさび(茶色いタレ)が一番お気に入り。







■軽く炙ります。
f0232060_1502011.jpg中がレアなので、お店指示の下、表面を七輪で軽く炙ります。ホント軽くで十分。









西荻窪は、グルメな町だ。


ありとあらゆる食事が美味しい。


定食からフレンチ、イタリアン、スイーツまで何でも揃ってる。









かれこれ12年前、


この町に不動産屋さんと私の気まぐれで偶然住むことになったが、


今思うと、メシクエの拠点としては運命的、必然的な町だったのかもしれない。









さて、そんな西荻窪には、


グルメ雑誌やメディアに取り上げられている店が山ほどあるが、


「日本一のカツ丼」と言われてる坂本屋は有名で、


一見、地元のよくある古い中華屋さんに平日休日関係なく長蛇の列が出来ている。


f0232060_16141148.jpg































昔ながらの食品ディスプレイが店頭に並ぶ。


なんだか一周回ってオシャレに見えてくるw。


f0232060_16164124.jpg























f0232060_16171885.jpg































坂本屋の名物は、中華料理店なのに「カツ丼」。


客の8割近くがカツ丼を注文すると言われてて、


このカツ丼目当てに遠方からもお客さんが殺到している。


f0232060_1615029.jpg

































このディスプレイとそっくりな、看板に偽りなしのカツ丼登場。


カツ丼のお手本みたいなカツ丼。


何度もいただいていて、いい意味で本当に普通のカツ丼なのだが、ちゃんと美味しい。


たぶんこれを「まずい」という言う人はいないんじゃないかと思う。


f0232060_16204161.jpg























f0232060_1621138.jpg

































カツ丼の専門家じゃないので、うまく説明ができないのだが、


カツのサクサク感とか、煮込んだ出汁の濃さや味付、玉ねぎの量、卵の塊具合、


ご飯の硬さや量に至るまで、おそらくすべてのバランスが抜群に良い気がする。


なので、突出している何かがあるわけじゃないけど、美味しいんだと思う。








とはいえ、メディアでやたら大きく取り上げられているほど、


遠方から何時間かけてまで・・・とは思わなくて、


美味しいけど、町の中華屋さんに長蛇の列が出来てる風景は異様で、


なんとなく、そこまでは坂本屋さんも、地元の皆さんも望んでいない気がする。


カツ丼って、いい意味で、庶民の愛すべき料理と言うか、


気軽に食べたいよね、丼なんだし。


本当にカツ丼好きで、比較的お近くだったら、ぜひ。






■「坂本屋」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13001134/









by meshi-quest | 2017-05-06 08:07 | 西荻窪








久しぶりに、西荻の大人気肉汁うどん「豚や」でランチ。


f0232060_16551234.jpg


































ここのうどんは、唯一無二というか、食べた瞬間に違いが分かる。


讃岐でもないし、京都でもないし、どこのうどんとも違う。


f0232060_16575566.jpg

































豚肉の量、麺の量、具の多さもさることながら、


何と言っても一番の特徴は、うどんが驚くほど硬いこと(笑)。


この硬さは、食べてもらわないとうまく伝えられないのだが、ホントに硬い。


私は硬いうどんの方が好きなので、すごく好みではあるが、


こんな私でもこのうどんの硬さには、最初驚いたw。



f0232060_172263.jpg























f0232060_1722630.jpg























f0232060_1724469.jpg
































でも、このうどん、噛めば噛むほど味が出て、


食べれば食べるほどハマっていく。


すごく美味しいんだけど、かなり量があって、いつも完食しきれないのが悔しい。






■「豚肉汁うどん 豚や」
http://butaya.p-kit.com/










■今日のカメ

■「豚や」
f0232060_16551234.jpgJR西荻窪駅から徒歩20分ほど。西荻窪と上井草の間くらい。駅からはかなり歩きます。

立地は決して良いとは言えないのですが、人気店で、いつ来ても長蛇の列。






■豚肉汁うどんスペシャル
f0232060_172263.jpgいわゆる全部乗せ。

スープは黒の関東風と、白の関西風がありますが、「豚や」らしさはやっぱり黒。







■豚汁、アップ
f0232060_1724469.jpg豚バラ肉、ネギ、卵、油揚げがたっぷり乗っています。すごいボリュームです。

濃いめの醤油スープに、豚バラの脂と、油揚げと、ネギがすごく合います。






■うどん、アップ
f0232060_1722630.jpgうどんも無限増殖しているかのようなボリューム(笑)。

硬いですが、それがまたいい。とてもうどんの本来の味を感じて、美味しいです。
by meshi-quest | 2017-04-24 08:06 | 西荻窪








車で木更津まで遊びに連れてきてもらった。









この辺りには全く土地勘ないので、


街道沿いでたまたま見つけた浜焼き屋「活き活き亭」でランチ。


f0232060_14154288.jpg































店内にはたくさん水槽があって、好きな海産物を好きなだけ選んでお会計し、


机に持っていって、机の上にあるコンロで自分たちで焼いて食べるスタイル。


活きアジやハマグリ、あさり、イカ、タコなど。


「ホンビノス貝」というあさりを大きくしたような見慣れない貝まであった。


f0232060_14175718.jpg























f0232060_14181942.jpg























f0232060_14184015.jpg























f0232060_14191394.jpg























f0232060_14193890.jpg























f0232060_14195911.jpg
































海や漁港が近い土地では、この手の浜焼き店はよくあって、


自分で選んで焼いて食べるのは面白いし、


とはいえ、これ自体は珍しくはないのだが、


そんな中でも、この「活き活き亭」の特筆すべきところは、


ちゃんと海産物が美味しかったこと。








これ、意外とあるあるで、


「確かに楽しいけど、そんなに美味しくない、しかもやや高い」的な浜焼き店が多く、


やや心配していたのだが、ちゃんと普通に美味しく浜焼きさせてもらえて驚いた。


f0232060_14261053.jpg























f0232060_14263184.jpg























f0232060_14265126.jpg























f0232060_14273044.jpg























f0232060_14275113.jpg























f0232060_14281378.jpg































浜焼き以外にも、房州朝捕れの地魚海鮮丼などもあり、


この海鮮丼もなかなかのお味で、美味しくて、大満足だった。


いい浜焼き店。


f0232060_14302165.jpg























f0232060_14304255.jpg























f0232060_1431111.jpg

































■「活き活き亭」
https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12000900/







by meshi-quest | 2017-04-23 08:07








老夫婦が営むランチのみの営業の美味しいとんかつ屋があると聞き、


新宿御苑前「かつ精」へ。


f0232060_12212079.jpg

































ランチメニューは、ヒレかロースの定食のみで、


パッと見は普通の地元のとんかつ屋さんなのだが、


とんかつが柔らかくて、揚げ方も上手で、確かに美味しい。


f0232060_12245624.jpg
























f0232060_12265946.jpg































御苑界隈では有名のようで、サラリーマンの方々でほぼ満席&相席状態。


それを老夫婦だけで回しているので、正直あまりうまく回っておらず、


奥様も非常に機嫌が悪い感じなのだが(笑)、


美味しいとんかつに免じて、それはご愛敬。






■「かつ精」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13006682/








■今日のカメ

■「かつ精」
f0232060_12212079.jpg丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。飲食店が並ぶ通り沿いにあります。

昔は夜もやっていたそうですが、現在はランチのみの営業。かなり混んでます。






■ロースかつ定食
f0232060_12245624.jpgロースかつ定食(950円)。ランチのメニューは、ヒレかロースのみ。









■ロース、アップ
f0232060_12265946.jpgサクサクで柔らかくて、新宿御苑のこんな路地裏でここまで美味しいとんかつ食べれるなんて、ちょっと驚きでした。
by meshi-quest | 2017-04-19 08:06 | 新宿









一見さんお断りで、常連さんでもなかなか予約が取れない、


日本酒の聖地「つくしのこ」に行ってきた。


色んな人からものすごいお店であることは聞いていたが、


チャンスがなくて、ようやく知り合いの常連さんのグルメ会に混ぜてもらい、


今回、初参戦させてもらった。








まず、駅から近いのに、迷うこと迷うこと・・・。


看板も出てないので、まったく入口が分からない(笑)。


f0232060_132736100.jpg































中に入ると、日本酒の博物館かのように、


高い天井いっぱいに日本酒や酒蔵さんの前掛けが掲げられ、


店内には、京都の酒の神様『松尾様』を祀る社もあり、


噂通りの普通の居酒屋さんじゃないオーラをバンバン感じる。


f0232060_1329949.jpg























f0232060_1330689.jpg































日本酒も図鑑のように種類がたくさんあり、


その中から好きな日本酒を、値段に関係なく、


1グループにつき基本15種まで自由に頼むことができる。








出し方も独特で、お酒の空き瓶に手書きの名前、


その中に、日本酒をついで持ってきてくれる。


料理は完全お任せで、お酒に合いそうな手作りのつまみが


日本酒の合間合間に運んで来てくれる。


f0232060_13343368.jpg























f0232060_1336012.jpg























f0232060_1336244.jpg























f0232060_1337885.jpg























f0232060_13365167.jpg























f0232060_13374931.jpg























f0232060_1338148.jpg

































この通り、15種類制覇しました!


「つくしのこ」名物の飲んだお酒紙の撮影会。


f0232060_13395967.jpg
































今回、これだけ珍しく貴重な日本酒を大量に飲ませてもらったわけだが、


その中で、一番美味しかったのは、店主とおるさんの名前が入った、


とおるさんのために作られたという日本酒「とおる!Special」。


当然市販されてないのでここでしか飲めないが、圧倒的な美味しさだった。


f0232060_13431154.jpg
































寒い冬から春先までは、とおるさんのお母さんが作ってくれる


優しい出汁の鴨鍋が食べられる。


f0232060_13445357.jpg























f0232060_13451497.jpg
































こんな貴重なお酒を大量に飲み、美味しいつまみが出てきて、


それだけでも十分驚かされるのだが、


これだけ飲んでも1人5000円という驚愕の安さにまたさらに驚かされる。


一見さんお断りでも仕方がないと思ってしまう、


本当に心から日本酒とこの「つくしのこ」が好きな人達で守っている聖域だった。








■「つくしのこ」
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13019231/









■今日のカメ

■「つくしのこ」
f0232060_132736100.jpg田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩2分ほど。駅からは近いのですが、入口がお店と思えない感じなので、迷いますw。








■店内の様子①
f0232060_1329949.jpg1階と2階があり、今日は2階席。2階席から1階を眺めた様子。

ものすごい数の日本酒と、酒蔵さんの前掛けが並んでいて、まるで博物館です。






■店内の様子②
f0232060_1330689.jpg私も初めて知ったのですが、京都にあるお酒の神様「松尾様」というそうです。店内に大きな社がありました。








■テーブルセット
f0232060_1405956.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_13343368.jpg料理は完全にお任せで、1グループにつき料理と日本酒15種が付いて、1人約5000円くらい。

まずは、ひたし豆。







■2品目
f0232060_1425374.jpg味の染みたブリ大根。いいつまみ。










■日本酒①
f0232060_1432928.jpg乾杯は、山口県旭酒造「獺祭 オッターフェストサケ」から。スパークリング日本酒です。









■3品目
f0232060_1454587.jpgいぶりがっことクリームチーズを和えたもの。










■日本酒②
f0232060_1336012.jpg日本酒は、リストの中から自由に選べ、3種類づつやってきます。

まずは、みんなで選んだこの3種。酒の空き瓶を利用することで、1合、2合などの量が、お店にとっても客にとっても分かりやすいのも特徴。一升瓶からついで戻すという作業も短縮される。




■日本酒③
f0232060_1337885.jpg日本酒は全然詳しくないのですが、私が選ばせていただけることになり、以前飲んで美味しかった福島県花泉酒造「ロ万(ロマン)」を含め、3種をなんとなくセレクト。







■4品目
f0232060_13365167.jpgタコ、イカ、鯛、ブリなど、刺身盛り合わせ。










■日本酒④
f0232060_13431154.jpg常連さんが教えてくれた、「つくしのこで飲んでおいた方がいい日本酒No.1」。

さすが店主の名前入りの日本酒だけあって、15種飲んだ中でも、ダントツに美味しかったです。






■日本酒⑤
f0232060_14141816.jpgここからは日本酒に詳しい人にセレクトをおまかせ。









■5品目
f0232060_13445357.jpgものすごい量の鴨鍋きた!










■煮えた!
f0232060_13451497.jpg根付きのセリなども入り、野菜たっぷり。すごく体に優しい味わいの鴨鍋です。









■うどん
f0232060_1420344.jpg〆は、鴨鍋の出汁にうどんを入れていただきます。










■日本酒⑥
f0232060_14175473.jpg常連さんセレクト。紹興酒のような色をしていますが、実際味も紹興酒に近いような独特の風味を持っていました。

面白い日本酒もあるもんだなあ。






■日本酒⑦
f0232060_13374931.jpgこれも、常連さんのセレクト。










■日本酒⑧
f0232060_1338148.jpgこれも常連さんのセレクト。この中の、新潟県渡辺酒造店「根知男山」という日本酒がとても美味しかった。

初めて飲んだのですが、「五百万石」と畑の広さや場所も分かるようになってて、ワインのように管理されている面白い日本酒、なのだそうです。




■よく飲みました!
f0232060_13395967.jpg頼んだ日本酒の紙を並べて、参加者全員で撮影会。いやー、よく飲んだなあ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ