タグ:和食 ( 287 ) タグの人気記事



中目黒にある日本料理店「いふう」へ。










しっかりとした日本料理が、気楽に、リーズナブルな値段でいただける。










美味しい日本料理をつまみながら飲みたいけど、


堅苦しいところは嫌だし、かと言って、普通の居酒屋みたいなところも嫌だなあ、


そんなときにちょうどいい。












お客さんも、食事をしながら会社の話をしている上司と部下だったり、


OLさん仲良し2人組だったり、会社帰りのカップルだったり、


お母さんと娘さんだったり、落ち着いて食事を楽しむことが出来る。












1点、席が狭いことが残念。


特に、1階は、席と席の間隔が狭く、トイレで席を外すときは、


隣のお客さんに配慮しないといけないくらいの距離。














あまり大きなお店ではないので、仕方がないのかもしれないが、


せっかく美味しい料理とお酒が出るので、できればもっとゆったり食事したい。














■「いふう」
http://www.ifuu.jp/

















■今日のカメ

■「いふう」
f0232060_22321475.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩5分ほど。中目黒銀座通りから1本路地入ったところにあります。









■カウンター①
f0232060_2234657.jpg1階はカウンター、2階は団体席。目の前で料理を見ながら、食事が出来ます。









■カウンター②
f0232060_22352689.jpgカウンターの端は、8人くらいでテーブルを囲むような感じ。









■お通し
f0232060_223628100.jpg右が、お通しの胡麻豆腐。










■胡麻豆腐、アップ
f0232060_22371853.jpg豆入り。胡麻の風味良く、モチモチ。










■清流
f0232060_23434694.jpg長野県の清酒を使った梅酒。香りよく、酸味ある好きな味。









■名物女将のおしんこ盛
f0232060_2238948.jpg見た目よりも薄味で、ちょうど良く漬かっている美味しいおしんこでした。









■佐助豚のしゃぶしゃぶサラダ
f0232060_22571447.jpgしゃぶしゃぶにしてもジューシーな佐助豚を胡麻ドレッシングでさっぱりいただきます。









■豚、アップ
f0232060_2313615.jpg柔らかく、しっかりとした味のする豚でした。










■ウニと青海苔の冷菜
f0232060_23151066.jpgウニと、温玉と、青海苔が乗った冷菜。










■ウニ、アップ
f0232060_23204147.jpgウニ、たっぷり。甘くて美味しい!!

青海苔の香りと、温玉のクリーミーな感じもとても合ってます。







■三元豚
f0232060_23251389.jpgいふうの串焼き。
野菜、肉など、いろんな種類があります。

ジューシーな三元豚。上には、つぶマスタードが付いてます。






■なんこつ
f0232060_2326468.jpgちょっと硬めで、これはイマイチかな。










■茶碗蒸し
f0232060_23282087.jpg自家製茶碗蒸し。やさしい味。

茶碗蒸し、大好き。








■茶碗蒸し、アップ
f0232060_2330686.jpgしいたけ、たっぷり。上には大きなエビ。










■もずく
f0232060_23314497.jpg沖縄県産の極細もずく。
酢の感じもちょうど良く、とても美味しい。









■うずら
f0232060_23333777.jpgうすらの串焼き。










■いろいろ串
f0232060_23341935.jpg左から、せせり、新玉葱、トマトの肉巻。

せせりの上には、ネギ味噌が乗っています。








■口直し
f0232060_2338976.jpg途中で、口直しに大根おろしが出ます。

やや酸味のある味付けがされていて、口がすっきりします。







■季節野菜の炊き合わせ
f0232060_23394788.jpgちじみキャベツ、えびいも、かぼちゃ、茄子の炊き合わせ。









■揚げもの
f0232060_2345287.jpg手前は稚アユ、奥は海老しんじょう。美味しく揚がっています。









■イチゴムース
f0232060_23495673.jpgこれ、すごく美味しかったです!

上はフワフワのイチゴムース、中はクリーミーなミルクプリン。


中学からの親友と新宿で待ち合わせをして、食事。






「魚が食べたい」というリクエストを受けたので、


新宿にある「原始焼 二代目 魚々子(ななこ)」へ。









ここは、店内のど真ん中に大きな炭焼きがあり、


そこで新鮮な魚を串に刺して、目の前でじっくり焼いてくれる。









魚自体も、新鮮で、いいものを使っているが、


じっくり炭で焼いて、火を通した魚は、ふっくらしていて、とても美味い。











新宿で魚食べたくなったら、やっぱ、ここかなあ。
















■今日のカメ

■「原始焼 二代目 魚々子(ななこ)」
f0232060_0275385.jpgJR新宿駅西口から徒歩7分ほど。常圓寺の近くの裏路地にあります。









■店内の様子
f0232060_0302390.jpg大きな炭焼きを囲むようにカウンター席があり、周りにテーブル席もあります。

割と席数はありますが、人気があり、いつも満席。要予約です。






■炭焼き
f0232060_032113.jpg目の前に大きな炭焼きがあります。

炭焼きの周りはガラス張りにはなっていますが、熱が放出されているので、カウンター席はかなり暑いです。大きな焼肉台を囲んでいる感じ。






■お通し
f0232060_0341320.jpg厚揚げに肉味噌のようなものがかかったお通し。

右は、芋焼酎「竃」のロック。








■揚げそら豆
f0232060_038523.jpgカラッと揚がったそら豆。










■白イカ、注文
f0232060_039532.jpgメニューの中から好きな魚を選んで、注文すると、目の前で焼き始めてくれます。

左奥にあるのが、うちらの白イカ。







■白イカ、焼けました!
f0232060_0402989.jpg神津島の白イカ焼き。焼き立てで、とてもいい香り。920円也。









■白イカ、アップ
f0232060_0415858.jpg半生で、ちょうどいい感じの火加減。柔らかく、甘く、すごくうまい!もう1匹食べれそう。









■縞ホッケ、注文
f0232060_0434798.jpg目の前に大きく開いている魚が、うちらの縞ホッケ。

焼けるのを、今か今かと待ちわびる。







■縞ホッケ、焼けました!
f0232060_0445562.jpg肉厚の縞ホッケ。焼き立て、1300円也。

いやー、ホント美味しい。ホッケ、最高!!








■「総州古白鶏のから揚げ」
f0232060_0465867.jpgこの鶏、すごく味が深くて、ジューシーで、すごく美味い!

周りの緑色のものは、青海苔。海苔の香りもすごくいい感じ。






■海老の季節の野菜の塩炒め
f0232060_0511081.jpg山菜や玉葱と、海老を炒めた塩炒め。ご飯が欲しくなる感じ。









■メバル、注文
f0232060_0535615.jpgかなり焼き魚がイケるので、最後にもう1匹注文しちゃいました。

お店のおすすめ、メバルです。







■メバル、焼けました!
f0232060_0551165.jpgさっぱりしているが、味は深い白身魚。1470円也。

うーん、これも美味しい!








■デザート
f0232060_057381.jpg冷たく冷やしたクレームブリュレ。

お魚屋さんのデザートと侮るなかれ、ここのデザートは甘さ控えめで、なかなか美味しいです。
by meshi-quest | 2011-05-29 01:00 | 新宿


代田橋「沖縄タウン」内にある定食居酒屋「しゃけ小島」へ。










ここは、CMディレクターでもあり、演出家でもある、


小島淳平さんが鮭好きが高じてプロデュースされたお店。


最近だと、マキシマムザホルモンが出ていて、


猿が頭を振っている「ストライド」のCMとかも小島さんの作品。












さて、味の方だが、全体的にリーズナブルで、


食べやすく、美味しい料理だった。










メインの「しゃけ」も、「しゃけ」本来の味がする、いいしゃけだった。


そのまま食べても、お酒の肴にも合うような味。











ただ、個人的には、「ご飯に合うしゃけか?」と聞かれると、


もっとジューシーで、脂っぽさのある濃い「しゃけ」の方が好き。


あと、思ったより、「しゃけ」料理が少なく、普通の1品料理の方が多かった。












定食もあり、遅い時間まで営業しているようなので、


家の近くにあったなら、便利でいいのかもしれない。

















■今日のカメ

■「沖縄タウン」
f0232060_218945.jpg井の頭線「代田橋」駅から徒歩5分ほど。

「和泉明店街」という地元の小さな商店街が、通称「沖縄タウン」と呼ばれているようです。







■大都市場
f0232060_2203341.jpgしばらく商店街を歩くと、「大都市場」と書かれた場所があり、この中に沖縄料理店が集まっています。「しゃけ小島」もこの中にあります。








■市場の様子
f0232060_2221133.jpg中は、沖縄料理店が数軒集まった飲食街になっています。









■「しゃけ小島」
f0232060_2235485.jpg大都市場の中で唯一(?)沖縄っぽくない異色。










■入口
f0232060_225181.jpg民家のような入口。










■店内の様子
f0232060_226426.jpg素朴で、独特な雰囲気の店内。定食屋さんっぽくもあり、居酒屋さんっぽくもあり。









■電球
f0232060_2281816.jpg裸電球のちょっと薄暗い感じが、いい感じでした。










■「しゃけの日」
f0232060_229201.jpgなるほど!
「鮭」の右側の部分が「十一十一」で、11月11日は「しゃけの日」だそうです。








■梅酒
f0232060_230388.jpg薄張りのいいグラスで出してくれるドリンク。

梅酒は、鳳凰美田ロック。








■しらすおろし
f0232060_2315234.jpg甘味がある美味しいおろし。300円だったかな。










■クリームチーズの味噌漬け
f0232060_2323675.jpg香り良く、美味しく漬かっていたクリームチーズ。450円だったかな。









■アラと大根の酒粕煮
f0232060_234731.jpgしゃけのアラと大根を酒粕と味噌で煮た料理。ほのかな柚子の香りがアクセントになっていて、とても美味しくできてました。








■黒七味
f0232060_2352138.jpgアラ煮にお好みでかける黒七味。山椒と黒胡椒が強めの香辛料。









■上しゃけ
f0232060_2364482.jpg「「しゃけ」と「上しゃけ」があったので、ここは「上しゃけ」を注文。









■上しゃけ、アップ
f0232060_2374198.jpg「しゃけ」本来の味がしっかりとする「しゃけ」。割とさっぱりめ。1000円也。

ご飯と食べるなら、個人的にはもっと脂乗っている「しゃけ」の方が好みかな。






■納豆天
f0232060_2392775.jpg納豆好きにはたまらない一品。天つゆにつけていただきます。









■たまご焼き
f0232060_2403387.jpgあつあつ、出来たてのたまご焼き。










■鮭バターライス(白)
f0232060_2414547.jpgほぐした鮭身がたくさん乗ったバターライス。

赤と白があり、赤はケチャップ入り、白はバターのみ。







■味噌汁
f0232060_2425189.jpg青のりと豆腐のシンプルなお味噌汁。










■「guinomi300」プロジェクト
f0232060_243576.jpg「guinomi300」プロジェクトというのがあるそうで、お店でぐいのみを売っていました。

東北の酒蔵を応援するもので、1つ300円のぐいのみを買って、半分が義援金として寄付されるそうです。1つ買ってみました。





■横から見た①
f0232060_2453744.jpg東北の酒蔵からお酒が。










■横から見た②
f0232060_2465744.jpgそのお酒がみんなの元へ。










■上から見た
f0232060_247308.jpg青いうずまき。


ご招待いただき、東新宿にある「新田裏 とり辰」へ。









ここは、赤坂・和食「きくみ」をはじめ、


銀座・そば割烹「田中屋本店」、練馬・鳥料理「鳥長」など


様々な名店で修業をされた店主が、12席限定でやっている焼き鳥屋さん。










焼き鳥は、3種の国産地鶏(宮崎地鶏、大山地鶏、京都赤鶏)を使い分け、


徹底的にこだわっている。











その他、和食やそばでの経験が、一品料理にも活かされていて、


何気なく出される一皿がとても美味しい。










お店は焼き鳥屋さんなので、焼き鳥をメインにしたいのだと思うが、


個人的には、正直、一品料理の方が好きであった。
















■今日のカメ

■「新田裏 とり辰」
f0232060_15225917.jpg東京メトロ東新宿駅から徒歩3分ほど。

新宿駅からも歩けます。新宿6丁目交差点、日清食品ビルからすぐ。







■店内の様子
f0232060_15241993.jpg板場を囲むように、カウンターが6席ほど。










■小上がり
f0232060_15251642.jpgカウンター横に、小さなちゃぶ台が置かれた小上がりがあります。









■焼酎
f0232060_1526665.jpg芋焼酎をロックで。










■水茄子のゆかりがけ
f0232060_15265724.jpg果物のように甘い水茄子。そして、ゆかりがとても合う。美味しい!









■自家製地鶏ハム
f0232060_15275732.jpg味がしっかりしていて美味しいハムでした。酒の肴にピッタリ。









■鶏の煮こごり
f0232060_15304345.jpg地鶏が入った、さっぱりとした煮こごり。










■煮こごり、アップ
f0232060_15314093.jpgしっかりと大きな地鶏が入っています。美味しい。










■さびとせせり
f0232060_1534110.jpgアツアツに焼いた板の上に乗せて出してくれます。

大将にも聞かれたので、正直に答えましたが、ここも美味しかったですが、焼き物は三軒茶屋の「焼き鳥 床島」さんの方が上かな。






■もも
f0232060_15385897.jpg割としっかりとした歯ごたえのある「もも」。










■ももと一緒に
f0232060_1540069.jpgももと食べるようにと、一緒に出てきた長ネギと七味を合わせた薬味。確かに、この薬味がももの味に合う!








■つくねれんこん
f0232060_15414858.jpg3種類の地鶏を、オリジナルの配合で混ぜているというつくね。

このつくねれんこん焼きは、とても美味しかったです。思わず、この後、もう一度注文しちゃいました。





■ぼんじり
f0232060_15441066.jpgよくある丸っこい形のぼんじりではなく、ジューシーなもも肉を食べているような感じのぼんじり。









■手羽先
f0232060_15452137.jpgここでは、すりおろしニンニクを手羽先に塗って焼いてくれます。









■皮
f0232060_15465394.jpg肉の部分も少し付いた状態の皮。いわゆる皮のパリパリ感はないですが、ジューシーで美味しい。









■鴨
f0232060_1548121.jpg鴨焼き。和からしを付けていただきます。










■つくねと茄子の煮もの
f0232060_1549885.jpgこれ、すごく美味しく出来ていました。

煮もののつくねと、焼きのつくねの肉の配合を変えているそうで、やさしい出汁ですが、しっかりと旨味が出ていました。






■焼きおにぎり
f0232060_15511995.jpg〆の小さな焼きおにぎり。










■鶏スープ
f0232060_15515318.jpgアツアツで出してくれる、濃厚な〆の鶏スープ。ちょっと中華っぽい味付け。飲んだ後には、これくらいの濃さがいい。

しかも、お代わり可。
by meshi-quest | 2011-05-08 15:55 | 新宿


ご招待いただき、六本木にある


創業35年の老舗料亭「志る角」へ。









六本木の路地裏。


派手でにぎやかなビルが立ち並ぶ中、


ここだけ時間が止まっているかのような、


まるで京都に来たかのような、日本家屋がある。










老舗料亭ということもあり、見た目はとても敷居高そうだが、


中は若い人もたくさんいて、食べやすい、美味しい和食の1品料理が並ぶ。










ここの名物料理は、おにぎりとお味噌汁。


お味噌汁は、10種の具の中から好きなモノを選ぶことが出来る。










六本木にもこんな美味しい和食屋があるんだなあ・・・。
















■今日のカメ

■「志る角」外観
f0232060_029404.jpg京都に来たかのような、古くて懐かしい外観。

六本木駅から六本木西公園へ向かう途中の路地裏にあります。










■看板
f0232060_033813.jpgしゃもじ?おちょうし?の大きな看板が目印。










■入口
f0232060_0335973.jpg暖簾に「汁」の大きな文字が。

ここに来たら、絶対最後にお味噌汁を。








■店内の様子
f0232060_035288.jpgコの字型の木のカウンターとテーブル席。2階はお座敷と個室・・・だと思います。









■なんと、畳
f0232060_0364678.jpgカウンターの中、つまり、店員さんが移動するところは畳の小上がりのようになっています。ここを着物に足袋を履いた店員さんが移動します。

カウンターから番台を眺めている感じ。






■お味噌汁の具
f0232060_0381892.jpg店内の壁に、お味噌汁の具が書かれています。










■お通し
f0232060_0402787.jpgお通しは、貝ともやしとセリのおひたし。チェイサーで烏龍茶。









■日本酒
f0232060_0421039.jpg和食なので、ちょっと冷酒を。これは、「鬼ころし」。









■さつまあげ
f0232060_0431793.jpgそのままでも十分美味しい、味のしっかりとしたさつまあげ。600円だったかな。









■肉豆腐
f0232060_0441367.jpg味が染みた大きなお豆腐と、濃厚な牛肉の肉豆腐。美味しい!800円くらいだったかな。









■そら豆
f0232060_0451529.jpg甘くて美味しい茹でそら豆。










■きんめの煮付け
f0232060_046541.jpgこれまた味がしっかり染みたきんめの煮付け。濃いめの味付けでお酒に合う。









■茶わん蒸し
f0232060_047025.jpg鯛の切り身やエビの入った、具だくさんの茶わん蒸し。やさしい味。うまい!









■豚の角煮
f0232060_0475679.jpg柔らかく煮込まれた、豚の角煮。白いものは、とろろ。









■味噌汁
f0232060_0485775.jpgお味噌汁の具は、壁に書かれた10種の中から好きなモノを1品だけでも、数品組み合わせることも出来ます。

これは、「生海苔」と「たまご」のトッピング。
赤だしが濃すぎず、とても美味しく出来ていて、久しぶりに「美味しい!」と思える味噌汁に出会いました。



■〆のデザート
f0232060_0511515.jpgお会計の際に、サービスで出してくれるほうじ茶と塩冷ぜんざい。これが、どちらも絶品で、驚く。

ほうじ茶は、ほうじの香りの後に花のような香りが来る、とても美味しい茶葉で、聞くと女将さんのこだわりの茶葉だそう。

塩ぜんざいも、絶妙な塩加減で、とても美味しく出来ていた。


三軒茶屋にある銘酒居酒屋「赤鬼」へ。








100種以上の日本酒が揃い、味、質の管理がきちんとされている名店。


「十四代」(山形)に至っては、全種類揃っていて、飲み比べが可能。


「赤鬼」でしか飲めない日本酒も多数ある。













三軒茶屋に数十年住んでいる人から教えてもらったお店だが、


日本酒好きな人には、もう知れた有名店らしい。












確かに、美味しい。


日本酒は、体質的に飲んでいると頭が痛くなってしまうのだが、


ここ「赤鬼」で飲むと、頭も痛くならなければ、次の日にも残っていない。











酒は保存状態で決まると聞いたことがあるが、


過去飲んだことがある銘柄も、ホントに味が違うので、驚く。













■銘酒居酒屋「赤鬼」
http://www.akaoni39.com/

















■今日のカメ

■銘酒居酒屋「赤鬼」
f0232060_1355732.jpg田園都市線「三軒茶屋」駅から徒歩5分ほど。










■店内の様子
f0232060_1373320.jpgカウンターと、テーブルと、小上がりがあります。

この日も満席。予約必須。








■日本酒登場
f0232060_1384686.jpg私は大好きな「獺祭(だっさい)」、皆さんは「十四代」。









■「獺祭」
f0232060_13103385.jpgあまり日本酒が好きではなかった私が、日本酒を飲めるようになったきっかけになった山口県旭酒造のお酒。

最初に飲んだのはここではなかったのですが、日本酒を見る目が変わりました。最近いろんなところで、「獺祭」を見かけますが、「赤鬼」で飲むと、やっぱり味が違う。美味い!



■お通し
f0232060_1315513.jpg左が和風ポトフ、右がポテトサラダです。お通しも美味しい。









■焼たけのこ
f0232060_1316642.jpgアツアツの焼たけのこ。いい香りがします。










■野沢菜
f0232060_13164544.jpg野沢菜のおひたし。










■ちくわの磯辺揚げ
f0232060_13172362.jpg磯辺揚げ、大好き。
ちくわって、揚げると美味しさ倍増しませんか(笑)?








■ほっけ
f0232060_1320405.jpg肴はやっぱりほっけ!










■飲んだ後に、青汁
f0232060_13213818.jpg飲んだ後の胃腸を整えるために、200円で青汁サービスがあります。

ここの青汁は、ケールが入っていないので、濃い抹茶感覚で飲める、飲みやすい青汁です。


池尻大橋に美味しい和食屋さんがあると聞いて、「KAN」へ。








目黒川沿いにひっそりと佇むお店で、


目立つ看板などはないので見つけづらいが、静かに食事ができる。









大きな窓からサクラ並木が見え、


サクラの季節には、混みそうだが、とても良さそうだ。










季節の野菜や魚を使った創作料理が並び、


評判通り、とても美味しい和食をいただくことができた。


スタッフも皆さん良い方で、居心地良く、またぜひ伺いたいと思う。










余談だが、お店のスタッフと和食話に花が咲き、


西荻窪にある魚の名店「しんぽ」の話になった。


美味しくてよく行くお店の1つだが、和食界では「しんぽ」は有名なんだなあ・・・。












■KAN
http://ameblo.jp/fg-kan/















■今日のカメ

■「KAN」
f0232060_22175669.jpg池尻大橋駅から徒歩10分ほど。中目黒駅からも歩けます。

※ちょっと写真が手ぶれしちゃいました。







■店内の様子①
f0232060_22203258.jpgカウンターがメイン。目の前で料理の様子が見える。広めのカウンターで居心地はいいです。









■店内の様子②
f0232060_22232117.jpg奥にバースペースを囲んだカウンターも。










■メニュー
f0232060_2224992.jpg和紙に書かれたメニュー。










■黒すぐりのサングリア
f0232060_22261367.jpg黒ぐすりを使ったフルーティーなサングリア。飲みやすくて、美味しかったです。

周り見たら、他のお客さんもほとんど頼んでいました。






■お通し①
f0232060_2228129.jpgはまぐりのお吸い物。貝の出汁がしっかり出ている。









■お通し②
f0232060_22302583.jpg鮭(だったかな?)の南蛮漬け。これも酢が強すぎず、とても美味しく出来ていました。









■刺身盛り合わせ
f0232060_22313926.jpgお刺身の盛り合わせ。〆サバ、本鮪、鯛、水たこ。新鮮で美味しいお刺身でした。









■出汁巻き卵
f0232060_2233290.jpg作り立て、アツアツの出汁巻き卵。やさしい味で、とても美味しい。

手前の白い塊は、大根おろし。







■焼たけのこ
f0232060_22342164.jpg旬の味覚、たけのこ。うーん、いい香り。










■木の芽ソース
f0232060_22352080.jpgたけのこ用の木の芽ソース。










■桜マスのクリームグラタン
f0232060_22361971.jpg焼き立てのマスを使ったグラタン。マスの臭みもなく、クリームやポテトと合っていて、とても美味しい!








■バーニャカウダ
f0232060_22383323.jpg旬の焼野菜に、ウニがたっぷり入ったバーニャカウダソースを付けて食べる料理。









■ウニソース
f0232060_22393396.jpgこれがバーニャカウダソース。これでもか!というくらいウニが入っています。









■もち米のつくね
f0232060_2240499.jpgつくねの周りにもち米が付いているモチモチつくね。

美味しいですが、ちょっとたれが甘く、もち米が重かったかな。






■ホワイトアスパラの豚巻き
f0232060_22424678.jpg旬のホワイトアスパラの肉巻き。アスパラ、甘くて美味しい。

手前左は半熟玉子。







■メンチコロッケ
f0232060_2244086.jpgジューシーな手作りメンチ。メンチ、大好き!










■そば粉のどら焼き
f0232060_2245498.jpg注文受けてから、周りの皮を焼いて、あんこを挟んでくれる、アツアツのどら焼き。

かなり大きく、あんこたっぷりで、ボリューム絶大。食後なら、4人くらいで分けてもいいかも。






■あまおうのアイス
f0232060_22473231.jpg自家製のいちごアイス。ジャムが入っています。ちょっと甘め。









■キャラメルアイス
f0232060_22482880.jpg普段メニューには出てこない裏デザート。かなりビターな大人のキャラメルアイス。


西荻窪にある魚料理専門店「しんぽ」へ。






「魚が食べたい!!」と思うと、


ここ「しんぽ」か、中野の「らんまん」へ行く。









「魚」って、ホントに美味しい魚を食べたい、と思う。


その思いは、「肉」で思うよりも、格段に大きい気がする。









いつも混んでていて、なかなか入れないことが多い「しんぽ」だが、


やっぱりここの魚は美味しいなあ。







事前に予約しておいて良かった・・・。














■「西荻窪 しんぽ」
http://xn--68jzdxc.com/















■今日のカメ

■2階屋根裏席
f0232060_1442927.jpgJR西荻窪から徒歩3分ほど。

一見すると、1階のカウンターメインの小さな小さな店内に見えますが、実は2階の屋根裏席があります。ただ、ホント屋根裏なので、大人はかがまないと天井に頭ぶつけます。





■急な階段
f0232060_1464769.jpg屋根裏席へは、このほぼ90度の階段(はしご?)を上ります。

酔っ払いによる惨事が起きそうな感じ(苦笑)。







■屋根裏から1階
f0232060_1484241.jpg屋根裏から下の1階を見た眺め。

ホント屋根裏なので、排気管とかが通っているところから、そのまま下が見えます。







■お通し①
f0232060_14104472.jpg2種類お通しが出ます。これは、金目鯛の煮付け。

お通しからして、魚がうまい!








■お通し②
f0232060_14113557.jpg貝と、うどと、菜の花の柚子味噌かけ。これもさっぱりしていて、うまい!









■柚子酒ロック
f0232060_14131620.jpg「尾瀬の雪どけ」の柚子種です。

わたしのお気に入りの「鶴梅」や「鳳凰美田」にて、甘くなく、ほど良い酸味のある、美味しい柚子酒でした。






■カニクリームコロッケ
f0232060_1415710.jpg「カニクリームコロッケ」というより「カニコロッケ」といった方がいいくらい、カニ身がぎっしり詰まったコロッケ。とても美味しい。








■カリカリポテトのサラダ
f0232060_1417517.jpg千切りキャベツの上に、カリカリに揚げたじゃがいもと、自家製ドレッシング。

香りも、食感も良く、芋好きにはたまらないサラダ。






■栃尾の油揚げ
f0232060_14192271.jpg「しんぽ」の人気メニューの1つ、栃尾の油揚げ。

「油揚げ」というより「厚揚げ」に近い厚さで、大豆の風味がとてもいい。焼いて、おかかとネギとお醤油で。






■刺盛
f0232060_14211381.jpgこれまた、「しんぽ」自慢メニューの1つ、刺身。個別にも注文できますが、おまかせの刺盛が断然おススメ。

種類も豊富で、12種類の豪華な盛り。






■刺盛、アップ①
f0232060_14232020.jpgネギとろ、ブリ、中トロ、ウニ。厚切りで、脂が乗っていて、絶品。

特に、ウニは最高でした。甘い!そこら辺のお寿司屋よりいいウニだった。






■刺盛、アップ②
f0232060_1425397.jpgこちらは、あじ、小肌、〆さば、ほっき貝、たこ吸盤、真鯛、金目など。

どれも新鮮で、ホント美味しい。







■銀だら西京焼
f0232060_14265896.jpg私が「しんぽ」に来る理由の相当量を占めているのが、この「銀だら西京焼」目当て。

「しんぽ」HPでお取り寄せまで可能な看板メニュー。






■銀だら、アップ
f0232060_14291651.jpg肉厚で、ジューシーで、味噌は甘すぎず、辛すぎず、弱すぎず、強すぎず。完璧。

銀だら西京焼が好き過ぎて、京都まで行って、いろんなお店で食べたりしたこともありましたが、ここ「しんぽ」が一番美味かったです。





■塩焼きそば
f0232060_14311615.jpgホントは、〆に握り寿司を頼む予定だったのですが、米がきれてしまったとのことで、泣く泣く焼きそば。

にーぎーりー、食べたかったよおおおお。






■赤だし
f0232060_14324747.jpgしじみたっぷりの赤だし。いい香り。
by meshi-quest | 2011-02-26 14:36 | 西荻窪


ご招待いただき、銀座にある「炭火焼 てしお」へ。







看板に「炭火焼」と書いているだけあって、メインは肉や野菜の炭火焼。





サブメニューは少なめだが、それだけ炭火焼に絞っているということなので、


いっぱいメニューがあって揺らいでいる店より好感が持てる。







若いスタッフが多いが、接客が良く、


盛り付けも綺麗で、数人で来ると、何も言わなくても、


料理を取り分けた状態で持ってきてくれる。とても親切。








1点残念なのは、お肉。


炭火焼一番のおススメということで国産牛の赤身の炭火焼をいただいたが、


正直、そこまで良い肉ではないのか、ミディアムレアの状態で固く、


肉の味もいまいちであった。







野菜の炭火はなかなか美味しかっただけに、


焼き方なのか、素材なのか、メインの肉はもう少し良いモノでお願いしたい。











■「炭火焼 てしお」(ホットペッパー)
http://www.hotpepper.jp/strJ000746758/













■今日のカメ

■「炭火焼 てしお」
f0232060_20362065.jpg半個室の様子。その他、カウンターもあり、一人、女の子同士で飲みに来ているお客さんもいました。









■お通し
f0232060_20372015.jpg左がれんこんチップス、右が菜の花のおひたし。

お酒は、麒麟山の梅酒。日本酒仕込みで、甘味が少なく、私的には飲みやすい。







■長いもの炭火焼
f0232060_2039253.jpg数人でいくと、こんな感じで小皿に取り分けた状態で持ってきてくれます。

なかなか美味しい長いもでした。







■馬肉のタルタル
f0232060_2040083.jpg馬肉はなかなか美味しかったのですが、ちょっと胡椒が強すぎかな。馬肉の味が胡椒で分からなくなっていました。








■アスパラの炭火焼
f0232060_20411452.jpgアスパラの香りも感じられ、なかなか美味しかったです。









■国産牛赤身の炭火焼
f0232060_2042295.jpg取り分けた状態で持ってきてくれます。キレイに盛り付けてくれてます。









■赤身、アップ
f0232060_20432864.jpg正直、固くて、胡椒が強すぎかな。

値段が安いのであればあきらめますが、そこそこの値段を取るので、特に赤身であれば、そこそこいい肉を出してほしかったかな。赤身は脂がないので、味がごまかせないから。





■ルッコラのサラダ
f0232060_20452180.jpg肉の付け合わせでくるルッコラのサラダ。にんにくドレッシングで和えられています。
by meshi-quest | 2011-02-06 20:47 | 銀座





ご招待いただき、神田にある「酒造蔵元直営店 樽平」へ。







ここは、山形県の樽平酒造が直営している


山形郷土料理を中心とした酒の肴と日本酒の店。







店内は、オール40歳以上のおじさんやおばさんでいっぱい。


みんな楽しそうに冗談を言って、笑いながら、飲んでいた。








店内は古い、いわゆる昔ながらの居酒屋だが、


蔵元直送の日本酒に、山形の郷土料理もなかなか美味しく、


値段もとても安かったので、軽く飲みたい時にはいいのかも。














■今日のカメ

■「酒造蔵元直営店 樽平」
f0232060_13583931.jpgJR神田駅から徒歩1分ほど。交差点の角にあります。









■店内の様子
f0232060_13594527.jpg1階はコの字になったカウンターがメインで、その周りにテーブルが3席ほど。2階もあるようです。

客層は、オール40歳オーバーと思われ、若い人はいませんでした。あと、一人で飲みに来ているお客さんが多かったです。





■金の樽平 熱燗
f0232060_142786.jpg「樽平」という日本酒が看板らしく、さらに「金の樽平」「銀の樽平」「樽平」の3段階に分かれています。

これは、「金の樽平」の熱燗。思ったより、スッキリしていて、キレが良い日本酒で、飲みやすかったです。




■お通し
f0232060_1434728.jpgひたし豆。細かく刻んだ数の子も入っています。










■玉こんにゃく
f0232060_1443970.jpgホントは、山形郷土料理「芋煮」を食べたかったのですが、売り切れていたので、同じく郷土料理の「玉こんにゃく」を。

おばあちゃんが山形出身なので、子供の頃よく食べた懐かしい味でした。うまい。





■山形直送のおしんこ
f0232060_1461764.jpg山形県から直送しているというおしんこの盛り合わせ。きれいに漬かっており、野菜自体新鮮なのもあるのか、美味しいおしんこでした。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ