タグ:和食 ( 279 ) タグの人気記事



ご招待いただき、銀座にある「炭火焼 てしお」へ。







看板に「炭火焼」と書いているだけあって、メインは肉や野菜の炭火焼。





サブメニューは少なめだが、それだけ炭火焼に絞っているということなので、


いっぱいメニューがあって揺らいでいる店より好感が持てる。







若いスタッフが多いが、接客が良く、


盛り付けも綺麗で、数人で来ると、何も言わなくても、


料理を取り分けた状態で持ってきてくれる。とても親切。








1点残念なのは、お肉。


炭火焼一番のおススメということで国産牛の赤身の炭火焼をいただいたが、


正直、そこまで良い肉ではないのか、ミディアムレアの状態で固く、


肉の味もいまいちであった。







野菜の炭火はなかなか美味しかっただけに、


焼き方なのか、素材なのか、メインの肉はもう少し良いモノでお願いしたい。











■「炭火焼 てしお」(ホットペッパー)
http://www.hotpepper.jp/strJ000746758/













■今日のカメ

■「炭火焼 てしお」
f0232060_20362065.jpg半個室の様子。その他、カウンターもあり、一人、女の子同士で飲みに来ているお客さんもいました。









■お通し
f0232060_20372015.jpg左がれんこんチップス、右が菜の花のおひたし。

お酒は、麒麟山の梅酒。日本酒仕込みで、甘味が少なく、私的には飲みやすい。







■長いもの炭火焼
f0232060_2039253.jpg数人でいくと、こんな感じで小皿に取り分けた状態で持ってきてくれます。

なかなか美味しい長いもでした。







■馬肉のタルタル
f0232060_2040083.jpg馬肉はなかなか美味しかったのですが、ちょっと胡椒が強すぎかな。馬肉の味が胡椒で分からなくなっていました。








■アスパラの炭火焼
f0232060_20411452.jpgアスパラの香りも感じられ、なかなか美味しかったです。









■国産牛赤身の炭火焼
f0232060_2042295.jpg取り分けた状態で持ってきてくれます。キレイに盛り付けてくれてます。









■赤身、アップ
f0232060_20432864.jpg正直、固くて、胡椒が強すぎかな。

値段が安いのであればあきらめますが、そこそこの値段を取るので、特に赤身であれば、そこそこいい肉を出してほしかったかな。赤身は脂がないので、味がごまかせないから。





■ルッコラのサラダ
f0232060_20452180.jpg肉の付け合わせでくるルッコラのサラダ。にんにくドレッシングで和えられています。
by meshi-quest | 2011-02-06 20:47 | 銀座





ご招待いただき、神田にある「酒造蔵元直営店 樽平」へ。







ここは、山形県の樽平酒造が直営している


山形郷土料理を中心とした酒の肴と日本酒の店。







店内は、オール40歳以上のおじさんやおばさんでいっぱい。


みんな楽しそうに冗談を言って、笑いながら、飲んでいた。








店内は古い、いわゆる昔ながらの居酒屋だが、


蔵元直送の日本酒に、山形の郷土料理もなかなか美味しく、


値段もとても安かったので、軽く飲みたい時にはいいのかも。














■今日のカメ

■「酒造蔵元直営店 樽平」
f0232060_13583931.jpgJR神田駅から徒歩1分ほど。交差点の角にあります。









■店内の様子
f0232060_13594527.jpg1階はコの字になったカウンターがメインで、その周りにテーブルが3席ほど。2階もあるようです。

客層は、オール40歳オーバーと思われ、若い人はいませんでした。あと、一人で飲みに来ているお客さんが多かったです。





■金の樽平 熱燗
f0232060_142786.jpg「樽平」という日本酒が看板らしく、さらに「金の樽平」「銀の樽平」「樽平」の3段階に分かれています。

これは、「金の樽平」の熱燗。思ったより、スッキリしていて、キレが良い日本酒で、飲みやすかったです。




■お通し
f0232060_1434728.jpgひたし豆。細かく刻んだ数の子も入っています。










■玉こんにゃく
f0232060_1443970.jpgホントは、山形郷土料理「芋煮」を食べたかったのですが、売り切れていたので、同じく郷土料理の「玉こんにゃく」を。

おばあちゃんが山形出身なので、子供の頃よく食べた懐かしい味でした。うまい。





■山形直送のおしんこ
f0232060_1461764.jpg山形県から直送しているというおしんこの盛り合わせ。きれいに漬かっており、野菜自体新鮮なのもあるのか、美味しいおしんこでした。


麻布十番の路地裏にある「尾崎幸隆」へ。






ここは、幻の和牛「尾崎牛」と、日本一の生本鮪を扱う和食屋。


外には看板もなく、入口も奥まっており、知る人ぞ知る、といった感じのお店。


オープンしてまだ1年ほどとのことだが、店内は常連客や口コミ客でいっぱいだった。








先に書いてしまうと、本当に美味しかった。


尾崎牛は、幻の和牛とお店が言うだけのことある味と香りで、


本鮪も本当に良い鮪であることが分かる味だった。








こういったお店にありがちな「コースのみ」ということもなく、


「おこのみ」対応もしてくれるところも良い。









上質な肉も、魚も楽しめる上に、


24:00という遅い時間までやっているところも非常に使い勝手がいい。









・・・と、良いところづくしだったのだが、1つ残念だったのは接客。


明らかに一見客っぽく見えたので、店側の警戒心もあったのか、


正直言うと、全体的に、対応が冷たく感じられた。








一番気になったのは、板前さんに、料理の感想を告げた時の対応。






ここのお店では、お寿司の寿司酢を強めで使っているようなのだが、


トロのような脂っこい味には強い酢が合っていても、


赤身のようなさっぱりした味には酢が強すぎた。


その感想をやんわり伝えたところ、「これがうちの寿司酢なんで」とだけ言われた。









うーん、別に変えろと言っているわけでも、非難しているわけでもないので、


「そうでしたか・・・。うちの寿司酢は強めですが、


こういった味に合わせているので・・」とか


感想を受け止めた上で、説明するくらいはしてほしかったなあ。









今までいろんなお店に行っているが、


客とのちょっとしたやりとりで接客の質が分かってしまうので、


ここはうまく言わないとダメだよなあ。










最後、それを見ていてなのか、料理長さんが外まで出てきて、


丁寧にお見送りをしてくださり、すごく良い対応をしてくださった。










味に関しては申し分なく美味しかったので、ぜひまた伺いたいと思うが、


今度は、料理長さんの目の前の席に座らせてもらうことにしよう。













■幻の和牛と日本一の生本鮪「尾崎幸隆」
http://www.ozaki-yukitaka.com/














■今日のカメ

■「尾崎幸隆」
f0232060_1631997.jpg東京メトロ麻布十番駅から徒歩5分ほど。オーストリア大使館近くの路地裏にあります。

ちなみに、「尾崎幸隆」は、尾崎牛の「尾崎」と、築地本鮪問屋の山口幸隆さんの「幸隆」を合わせた名前とのこと。料理長さんのお名前ではないそうです。




■店内の様子
f0232060_1663212.jpgカウンター10席ほどと、個室が2つくらいの小さな店内。とてもきれい。

目の前で調理の様子を見ながら、ゆっくり和食を楽しむことが出来ます。






■日本酒「石田屋」
f0232060_1683779.jpg非常に美味しく、珍しい日本酒があります、と出していただいたもの。

福井県黒龍酒造の入手困難な日本酒で、なんと1合7000円。
飲みやすかったのですが、日本酒にあまり詳しくなく、宝の持ち腐れ状態。




■コースメニュー
f0232060_16263680.jpgコースメニューの中から好きなモノをお好みができます。

コースメニュー以外のものも注文可能です。







■「沖縄県産太もずく酢」
f0232060_16124580.jpgこのもずく酢、ホント美味しかったです。

あまりもずく酢を褒めることないんですが、まろやかで絶妙な酢の味、もずく自体の素材の良さ、すべてが出ています。






■「聖護院大根と蟹のすり流し」
f0232060_1615144.jpgこれも絶妙でした。
やさしい味なのですが、しっかり出汁が出ていて、満足感の得られるすり流し。








■赤身
f0232060_16163631.jpg握りをもらってみました。
本鮪の赤身です。









■赤身、アップ
f0232060_1619977.jpgシャリが赤めの、キレイな握りです。

ただ、ある程度好みはあると思いますが、赤身にはこの酢は強すぎるかな。おそらく、もっと脂っこい刺身に合わせて調整されているんだと思いますが。






■中トロ
f0232060_16205212.jpg本鮪の中トロです。










■中トロ、アップ
f0232060_16212880.jpg中トロのような脂っこい味にはこの酢の強さが合っている気がします。美味しい。









■「クリームチーズの酒盗和え」
f0232060_16233288.jpg実は、酒飲むくせに、酒盗、塩辛などが苦手で食べないのですが、これ、すごく美味しくて、私でも食べれました。








■「尾崎牛肉じゃが」
f0232060_1625459.jpgこの肉じゃがもとても良く出来ていました。

それぞれを別に煮ているのか、崩れなく、ちゃんと味が均等に染みていて、美味しい。







■伊勢海老
f0232060_1628440.jpg今日のおススメの魚介で伊勢海老があったので、いただいてみました。









■伊勢海老、アップ
f0232060_1629093.jpgこれは、絶品!

伊勢海老自体も上手に火が通っており、やさしい出汁がかかっていて、その上にコクのあるウニが乗っていて、贅沢の極みのような一品。美味しい!!







■尾崎牛、ヒレ登場
f0232060_16312021.jpg自席からヒレ調理場まで距離があったので、望遠で撮ったため、若干ぶれてますが、ヒレのでかさは分かると思います。








■尾崎牛のヒレステーキ
f0232060_16325095.jpg先ほどのヒレを使ったステーキです。

たれは、自家製ステーキたれ、ぽん酢、塩&わさびの3種。







■尾崎牛、アップ
f0232060_1634799.jpg脂身が少ないのに、深い味がして、とてもジューシー。かつ、すごく柔らかい。

ここ最近食べた牛肉の中で、一番美味しかった。







■料理長石川さん
f0232060_16352940.jpgご丁寧にお見送りくださり、写真を撮らせていただきました。

とても美味しかったです。また伺います!


だいぶ、寒くなってきた。





高円寺を散歩していて、ふと、モツ鍋が食べたくなり、


中央線の高架下で見つけた「和だいにんぐ くらら」へ。






店前ののれんに大きく「牛もつ鍋はいかがすか?」と書かれており、


きっと「モツ」に自信があるお店なんだろうと、期待。






牛もつ鍋前に、いくつかサイドメニューを頼んでみたが、どれもなかなか美味しく、


メインの牛もつ鍋もとんこつスープに、濃いめの味付けで、好みだった。







人気店のようで、常連さんで満席であったが、


ちょっとつまみと鍋でも・・・という時には良さそうだ。


















■今日のカメ

■「和だいにんぐ くらら」
f0232060_283379.jpgJR高円寺駅から徒歩3分ほど。中央線の高架下にあります。








■店内の様子
f0232060_293642.jpgカウンターが8席、テーブル2席ほどの小さなお店。

次から次にお客さんが来て、常に満席でした。







■お通し
f0232060_2111380.jpgお通しは、マーボー豆腐の餡がかかった冷奴。なかなか美味しかったです。








■たたききゅうり
f0232060_2123669.jpg手作り味噌とマヨネーズをつけていただく、たたききゅうり。350円くらいだったかな。

つけ味噌、甘辛で美味しかったです。






■ガーリックチーズポテト
f0232060_2135612.jpgこのポテト、冷凍モノではなく、ちゃんと生のジャガイモを切って揚げているので、とても美味しいです。

ポテトの上に、ガーリックチーズがかかっています。




■鮭ハラス焼き
f0232060_2151165.jpg脂がのっている鮭ハラスに、柚子胡椒が塗られていて、香り良く、さっぱりいただける美味しいおつまみでした。







■特製チキンなんばん
f0232060_2175197.jpgタルタルソースは手作りで美味しかったですが、チキンがちょっと油っぽかったかな。








■牛もつ鍋、登場!
f0232060_2164018.jpg牛もつ、キャベツたっぷりのもつ鍋登場。

1人前1200円で、写真は2人前。







■煮えてきました。
f0232060_219567.jpg牛もつにはあらかじめ火が通っているので、野菜が煮えたら食べれます。

スープは、とんこつと鶏ガラのダブルスープで、とんこつラーメンっぽい濃さです。牛もつも臭みなく、美味しかったです。




■〆の沖縄そば
f0232060_2205548.jpg鍋の〆は、ぞうすいか、沖縄そばから選べます。

鍋のスープが濃いめでラーメンスープっぽいので、すごく沖縄そばがあっていました。美味しい。
by meshi-quest | 2010-11-03 02:23 | 高円寺



久しぶりに、「XEX代官山」へ。




こういう風の気持ちいい日のオープンテラスは、最高だ。










ああ、このまま寝ちゃいそう・・・。


ZZZ・・・・









うおっと、いかんいかん、風邪ひくぞ!!わたし。












■「XEX 代官山」
http://www.ystable.co.jp/restaurant/xexdaikanyama/
















■今日のカメ

■オープンテラスのソファ席
f0232060_1919232.jpg完全にオープンエアです。
秋風が気持ちいい・・・。









■月が見えます。
f0232060_19205542.jpg周りに高い建物がないので、とても見晴らしがいいです。









■テーブル席も
f0232060_1922769.jpg完全オープンの席は、ソファが1席、隣にテーブル1席、奥に半個室のように壁に隠れている席が2席あります。

海外のリゾートホテルに来たような、いい意味で東京っぽくないです、ココ。





■イチゴのフレッシュカクテル
f0232060_19245668.jpg生イチゴと、ライチのリキュールを使ったカクテル。









■さつまいもチップスとぎんなん
f0232060_19261121.jpg秋らしいおつまみ。
周りには銀杏の葉と、栗の葉が添えられていました。








■刺身盛り合わせ
f0232060_19272737.jpg生いくら醤油漬け、中トロ、ぼたん海老など。

実は、いくら(魚卵全般)が苦手なのですが、このいくら、全く臭みなく、すごく美味しかったです。

素材良く、手間かけてちゃんと処理や下ごしらえしているモノは、なんでも美味しいんだなぁ・・・。




■京風おでん
f0232060_19293726.jpg最近始めたという、和食「aburiyaki&sushi An」の一押し。
かつおたっぷり、お揚げいっぱい。出汁がきいている、ほっこりおでんでした。

ちなみに、XEX代官山は、和食、イタリアン、バーの3つがあり、好きなモノを注文できます。




■野菜スティック
f0232060_19331772.jpg野菜も食べないと、ね。










■ウニパスタ
f0232060_19335365.jpgイタリアン「Salvatore Cuomo Bros.」の本日の一押しパスタ。

これ、一押しだけあって、ホント美味しかったです。ウニとドライトマトの相性良く、パスタも完璧に茹であがってます。

いやー、久しぶりに美味しいパスタ食べた!



■寿司
f0232060_1936386.jpgどーしても寿司気分だったので、4カンだけ握ってもらいました。

メニューに「寿司」という文字を見ると、どうしても食べたくなる。病気かも。






■ボッコンチーズのカプレーゼ
f0232060_1939076.jpgXEXがイタリアから直輸入している水牛のフレッシュチーズ。

このチーズは、牛乳みたいな味がする絶品です。超おススメ。






■ホームメイドティラミス
f0232060_19405457.jpgチーズのコクがしっかり出ていて、甘すぎずちょうどいいティラミス。


先輩プロデューサーたちと飲みへ。










それぞれ作っているゲームが違うので、忙しさのピークも異なり、


なんか廊下ですれ違った時とかに、ちょうどその時、ひと段落していたりする時に、


「じゃ、よし、行くか!」ということになる。












半年に1回くらいの不定期で行われる肉食獣の会。


先輩方がもういい感じにおっちゃんなので(笑)、


がっつり肉より、美味しいつまみとビールが飲める場所へ。












最近こんなもの食べたよとか、


家族と夏にこんなところ行くんだとか、


奥さんに怒られちゃったよとか(笑)、


そんなことを話したり、みんなで笑ったりする。










さて、忍。


久しぶりの訪問だったが、やっぱり美味しいなぁ、ここの牛タンは。












■たん焼 忍
http://www.tanyaki-shinobu.com/

















■今日のカメ

■たん焼 忍
f0232060_004664.jpgJR四谷駅から徒歩10分くらい。予約必須。

いつもは予約しても、店前に長蛇の列ですが、今日は時間が遅かったこともあり、すんなり入れました。






■まずはビール
f0232060_035022.jpg暑さと美味さで、ハイペースでビールが進む先輩方。









■枝豆
f0232060_06208.jpgビールときたら、枝豆!
甘くて、豆の香りのしっかりする枝豆でした。









■長芋味噌漬け
f0232060_075217.jpg歯ごたえ良く、美味しい長芋漬け。
夏にピッタリのおつまみ。









■さらし玉ねぎ
f0232060_09315.jpg後輩と来ると、写真の中での肉の割合が多くなるのですが、今日は野菜が多い(笑)。

これも夏らしく、たっぷりのかつおぶしと、さっぱりポン酢で。






■ブロッコリーのおひたし
f0232060_0112663.jpg忍ママおススメのブロッコリーのおひたし。

ほんのりだしがきいていて、冷たくて、とても美味しい。







■ゆでたん
f0232060_012342.jpg絶品です。
言うことなしの美味さ。









■たんシチュー
f0232060_0133449.jpg以前はなかったのですが、たんシチューに小さなパンが付くようになりました。









■焼きたん
f0232060_0144596.jpg焼きたん2人前。
右はセットのおしんこ。









■焼きたん、アップ
f0232060_0154377.jpgジューシーで、とてもやわらかい牛タン。










■藤本さん
f0232060_017741.jpgビールからウーロンハイに切り替わりました。










■渡辺さん
f0232060_018892.jpgビールから焼酎ロックに切り替わりました。










■肉じゃが
f0232060_0185889.jpg忍の肉じゃがは、とても美味しいです。
オーソドックスな肉じゃがですが、お母さんの味という感じで、やさしく、ホッとします。








■味噌漬けたん
f0232060_0205792.jpgお酒がすすむ、美味しいおつまみ。マスタードを付けて食べます。

ハムのような味がします。







■冷し茄子
f0232060_0222750.jpgこれも実に美味しい冷し茄子です。

大きいですが、中まで味がしみ込んでいます。








■焼きおにぎり
f0232060_0233282.jpg〆の焼きおにぎり。
さすがにお腹いっぱいなので、1つのおにぎりを三人で分け合いました。








■味噌汁
f0232060_0243539.jpgシンプルなお味噌汁ですが、三つ葉たっぷりでとても美味しいです。

メニューにはないですが、毎回お願いして作ってもらっている裏メニューです。







■「チロ」へ
f0232060_0312726.jpg渡辺さんの提案で、忍の横にあるスナック「チロ」へ行くことに。











■「チロ」にて
f0232060_0341836.jpg50代くらいの綺麗なママさんがやっているスナック。

渡辺さんが「数年前、オレは絶対ここに来たことがある!」と言いだし、半信半疑で入ってみたのですが(笑)、ママさんが覚えていて、どうやら本当のことだったらしい。




お客さんは高齢のおじさま方が多かったです。
おじさま方からリクエストをいただき、一曲歌わせていただきました。
by meshi-quest | 2010-07-18 00:45 | 四谷


ご招待いただき、銀座の日本料理店「小十」へ。












話を伺うに、なんでも、「小十」でこの時期出される天然ウナギが絶品なのだとか。


ウナギも大好きな食べ物の1つなので、超楽しみにして行った。













さて、結論から言うと、とてもとても美味しかった。


美味しすぎて、ちょっとのけぞってしまったほどの料理もあった。











前回「小十」さんへ初めて行った時に、


「あぁ、美味しい・・・」(しみじみ)と思ったが、


今回はさらにそれを上回る美味しさだった。













和食はホント難しいと思うのだが、


心底美味しいと思える料理を出せる「小十」は素晴らしいと思う。


参りました・・・。














■小十
http://www.kojyu.jp/

















■今日のカメ

■部屋の様子
f0232060_1705031.jpg料理の様を見ながら食事できるカウンター数席と、後は個室。これは個室の様子。












■焼酎
f0232060_170594.jpg左が「眞海」と、右が「九兵衛」。かなりしっかりとした、濃いめの焼酎です。












■1品目 お椀
f0232060_171979.jpg和食のコースで1品目から椀物が出るのは非常に珍しいです。大将曰く、蓋を開けて中身を見るドキドキ感を出したくて(笑)・・とのこと。








■1品目の中身
f0232060_1711877.jpg茄子などの茹でた夏野菜の上にウニが乗っていて、周りはとうもろこしの冷たいすり流しです。これ、1品目からのけぞっちゃうくらい美味しかったです。ウニの濃さと、とうもろこしのほのかな甘みが最高。






■2品目 お椀
f0232060_1712686.jpg大将の気まぐれなのか、2品目もお椀シリーズでした(笑)。ミシュラン3ツ星の名店なのに、型にはまったりせず、あちこちに遊び心が入っているところが、「小十」の良いところだと思います。







■2品目の中身
f0232060_1713433.jpgあわびの冷たいすり流しの中にお蕎麦が入っています。上は、蒸しあわび。あわびの良い香りがフワッと口に広がって、なんともぜいたくなお蕎麦です。








■3品目 お椀
f0232060_1714337.jpgまたもお椀です(笑)。3回連続で来るとは思ってませんでした(笑)。









■3品目の中身
f0232060_1715159.jpgえびしんじょうが入った、あたたかい出汁のお椀です。ここで、2回目ののけぞりをしました。エビの甘いこと、甘いこと。そして、やさしいお出汁。絶品。ずっと食べ続けていたいような味。







■4品目 お造り
f0232060_1715943.jpgここでお椀シリーズ終了です。大間のまぐろ、いか、白身です。まぐろの濃厚で美味しいことは言うまでもないですが、いかと白身も塩でいただけるほど、甘みがあって美味しかったです。







■5品目 あゆの姿揚げ
f0232060_172987.jpg生きたあゆをそのまま揚げたお料理。大きなお皿に笹が乗っていて、見た目にもすごく夏らしい感じでした。








■あゆの断末魔が聞こえる・・・
f0232060_172184.jpgすごい顔で、今にも叫びだしそうです(苦笑)。大変申し訳なかったのですが、私はあゆが苦手で、特にあゆの苦味なのですが、少し残させてもらいました。ごめんなさい。







■6品目 瓜と牛肉のしぐれ煮
f0232060_1724225.jpgご飯が食べたくなるような、ちょっと濃いめの味付けで、これも美味しかったです。牛肉がかなり柔らかかったです。








■土鍋ご飯
f0232060_1725262.jpgウナギ登場の前に、ご飯が炊けたということで、見せに来てくれました。キレイに炊けてます。









■ご飯セット
f0232060_173174.jpg先ほどの土鍋ご飯と、香の物、赤だしです。










■7品目 天然ウナギの蒲焼
f0232060_173212.jpg細長いお皿に乗って、ついに登場。今日は、鹿児島で獲れた天然の大ウナギだそうです。すごいいい香りが部屋中に充満しています。これもかなり美味しいです。ご飯、お代わりしちゃいました。







■大阪式の「まむし」焼き
f0232060_1732943.jpg大阪ではウナギのことを「まむし」というそうですが、小十のウナギは、「まむし」焼きに近いそうです。

江戸前の東京式蒲焼は、蒸し焼きなので、箸で切れるほど柔らかいですが、小十の蒲焼は、蒸さないでじっくり長時間火を通して焼くので、外側がカリッと固く、中がふっくらしています。

印象としては、東京式のウナギの蒲焼はうな重とかに向くけど、大阪式のウナギの蒲焼はウナギをおかずに、ご飯を食べる方があっている、そんな感じがしました。



■デザート
f0232060_1733860.jpg奥左から時計回りにスイカとカスタードのデザート、抹茶のミニあんみつ、ココナッツと木いちごのソルベです。一番右の赤いものは、スイカのジュースです。







■煎茶
f0232060_1734612.jpgやっぱり和食にはお茶が合いますね。










■小十のお姉さん
f0232060_1735580.jpg前回も配膳をしてくれた小十のお姉さん。とても接客が上手で、堅苦しくなく、すごく話やすい方で、とても好きです。
by meshi-quest | 2009-08-28 16:59 | 銀座


久しぶりにガッツリ肉気分だったので、


四谷「たん焼 しのぶ」へ。










変わらず店内は混んでいて、変わらずしのぶママもお元気そうで、


変わらず美味しい牛タンを出してくれる。










ラストオーダーが10時20分とちょっと早いので、


残念ながら頻繁には来れないのだが、久しぶりに顔を出しても、


ちゃんと皆さんが覚えていてくれて、ちゃんと牛タン美味しくて、


それがすごく安心できて、とても嬉しい。












最近、そういうお店が少なくて、しばらく行ってないと、


スタッフが変わっていたり、味が変わっていたり・・・。


「たん焼 しのぶ」には、今まで通り、このままで元気に続けていってほしいと思う。













ママさん、また近々時間を見つけて、食べに行きます。













■たん焼 忍
http://www.tanyaki-shinobu.com/















■今日のカメ

■たん焼 忍
f0232060_16345933.jpgJR四谷駅から徒歩10分ほど。ラストオーダーギリギリに入ったのですが、それでも満席でした。









■冷やし茄子
f0232060_1635653.jpg茄子の揚げ浸しです。濃すぎず、薄すぎず、ちょうど良い美味しさです。450円くらいかな。









■肉じゃが
f0232060_163514100.jpg忍の肉じゃがはよく味が染みていて、ホント美味しいです。ついでにご飯も!と思ったんですが、この日はご飯が売り切れてしまっていました・・。








■たんの塩漬け
f0232060_16352221.jpg柔らかく、高級なハムのような感じがします。おつまみに丁度いいです。









■ゆでたん
f0232060_1635317.jpg美味しさ、柔らかさ、厚さ、もう文句なしです。これぞ、絶品。1人前3枚で980円くらい。









■たんシチュー
f0232060_16353985.jpgこれもとても美味しい。絶品。・・・すみません、ボキャブラリーが少なくて(苦笑)。だって、ホント美味しいんだもん。

1人前3枚で1100円かな。






■焼きたん
f0232060_16355036.jpg肉厚でステーキを食べているような感じです。その辺で食べるたん焼定食のようなたんとは違います!おしんこ付きで1人前1100円かな。








■裏メニュー 味噌汁
f0232060_16355864.jpgメニューにはないのですが、その日にある豆腐やネギなどの具で、食事の最後にいつも味噌汁を作ってもらいます。

すごくシンプルなんですが、めちゃくちゃ美味しいんです、忍の味噌汁が。
by meshi-quest | 2009-07-24 16:34 | 四谷


ご招待いただき、銀座にある日本料理店「小十」へ行った。












行ってから知ったのだが、


ここはミシュランガイド2008東京の三ツ星を獲得している、


とても有名なお店だった。













ミシュラン三ツ星だし、銀座だし、門構えもきちんとしているし・・・と、


ちょっと構えていたのだが(笑)、スタッフの皆さん全員が気さくで、


変に肩肘張るようなことのない良い雰囲気だった。













部屋も和風の個室がメインにはなるが、


掘りごたつで足も楽だし、隣の個室や厨房からの声も聞こえるので、


静まり返って緊張するようなこともなかった。














お料理も、季節の旬のお魚やお野菜をふんだんにつかった、


とても食べやすく、優しい味になっていた。


どれもホント美味しかった。


詳細は、「今日のカメ」をご覧いただきたい。















中でも特に良かったのは、スタッフの対応。


こういうお店に行くと、お料理の説明や食事の合間の会話などで、


よくスタッフが変にかしこまったクドい丁寧語を使って(笑)、


話がややこしくなったり、妙に物事が難しく聞こえたりすることがあるのだが、


ここのスタッフは、丁寧ではあるのだが、いい意味で丁寧すぎず、


かしこまりすぎず、普通に話してくれるので、すごく会話もはずみ、


お料理も楽しむことができた。













やっぱりせっかく美味しいお料理なんだから、自由に楽しく食べたいもんだ。















■小十
http://www.kojyu.jp/
















■今日のカメ

■銀座「小十」
f0232060_1741584.jpg銀座にある日本料理店です。地下鉄銀座駅から徒歩5分くらいです。












■正面玄関
f0232060_1743164.jpgブランド店や小料理屋が並ぶ路地にあります。小さなお店です。









■案内をしてくれたお姉さん
f0232060_1743950.jpgとても気持ち良く話をしてくださる、ステキなスタッフさんでした。すごく気さくに話してくださって、本当に楽しく食事ができました。








■個室
f0232060_1745366.jpg掘りごたつの個室です。全体的に席数が少ないようで、かなり予約は取りづらいようです。個室以外にカウンター席も数席あるそうです。








■一品目
f0232060_175793.jpgあわびの上に少し酸味のあるジュレがかかっています。あわびがすごく柔らかかったです。









■二品目
f0232060_1751755.jpg柿の白和えです。お姉さん曰く、「大将に、『お客様がお料理を写真に撮ってくれてますよ』、と言ったら、すごくはりきって柿をくり抜いて、急きょ器にしてましたよ(笑)」とのこと。







■三品目
f0232060_1752813.jpg伊勢海老のお椀。これ、すごく優しいお出しになっていて、伊勢海老の甘みとマッチしていて、すごく美味しかったです。お姉さん曰く、「伊勢海老って、調理される直前にキーキーって泣くんですよ(笑)。」。






■四品目
f0232060_1754057.jpg大間のまぐろ、イカ、鯛などのお刺身。どれもとても美味しかったですが、イカがすごく甘くて、塩でいただけるほどでした。








■五品目
f0232060_1754785.jpg焼き松葉蟹です。もみじが散らしてあって、お皿の上で紅葉していました。









■タグ付き
f0232060_1755912.jpgカニを網で捕るときに足がもげたり、傷がついたりすることがあるらしく、このタグは完全体であることを示す品質表示で、カニの足に付いてくるそうです。

ちなみに、このカニは兵庫県柴山港の光春丸が捕ったようです。





■カニ、ぷりぷり
f0232060_176968.jpg焼き加減が抜群でした。カニの香りがちゃんと残っていて、身も柔らかく、とても美味しいです。









■カニ味噌
f0232060_1763258.jpgカニのつけだれです。カニ味噌をお酒で溶いたものらしいです。私はカニ味噌苦手なので、何もつけずにそのままいただきました。








■六品目
f0232060_1764345.jpg鯛のかぶと煮です。この鯛が見た目以上にすごく味が濃く、それに合わせて薄めの優しい出しを添えてました。一緒に食べると丁度よく、美味しかったです。







■七品目
f0232060_1765826.jpgカニの土鍋ご飯です。すごいカニの量です。お姉さん曰く、「カニの殻剥くの面倒ですよねー。これはちゃんと向こうで私がほぐしてきますからね(笑)。」。







■ご飯
f0232060_1771020.jpg先ほどのカニの土鍋ご飯と、厚揚げの赤だしと、香の物です。カニご飯は生姜もたっぷり入っていて、カニの香りと生姜の香りで、すごく美味しかったです。







■デザート
f0232060_1772334.jpg黒蜜のアイスと白玉ぜんざい、それと、洋ナシです。こちらも甘すぎず、すごく美味しかったです。
by meshi-quest | 2008-12-17 17:02 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ