タグ:宴会に! ( 101 ) タグの人気記事








新宿御苑前にあるお気に入りの焼鳥店「泰然」で、


打ち合わせ兼ねて食事。


f0232060_15123816.jpg


f0232060_15131628.jpg


f0232060_15131830.jpg










相変わらずのクオリティー高い、美味しい焼鳥。


中国にも、ベトナムにも、タイにも、インドネシアにも、


アジアには串焼きの文化が幅広くあるけれど、


日本の焼鳥は、味、見た目含め、


ちゃんと1つの「料理」として完成してるのが素晴らしい。


f0232060_15165612.jpg


f0232060_1517098.jpg


f0232060_1517263.jpg


f0232060_15171567.jpg


f0232060_15172874.jpg










そして、こんなに頻度高く、いろんな美味しい焼鳥屋さんにお邪魔してるのに、


やっぱり未だにコイツが食べれない。


見た目はプリプリで、ホント美味しそうなのだが、私にとってトラップw。


f0232060_15192384.jpg








■「泰然」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13146085/







■今日のカメ

■「泰然」
f0232060_15123816.jpg
丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分ほど。御苑のはずれ、四谷三丁目寄りで、駅からはちょっと歩きます。








■日本酒
f0232060_15131830.jpg
日本酒の種類が豊富で、いつもお店おまかせで美味しい日本酒を選んでもらってます。









■1品目
f0232060_15131628.jpg
刺身の盛り合わせ。大将が釣りもされる方で、焼鳥もさることながら、刺身も充実してて、美味しいです。









■2品目
f0232060_15223489.jpg
水茄子の刺身。水茄子、大好き。夏だけでなく、年がら年中食べたい一品。









■3品目
f0232060_15223748.jpg
出し巻き卵。










■焼鳥①
f0232060_15165612.jpg
ささみのサビ。









■焼鳥②
f0232060_1517098.jpg
正肉だったかな。









■焼鳥③
f0232060_1517263.jpg
手羽とぼんじり。









■焼鳥④
f0232060_15171567.jpg
せせりと、鶏もも塩だったかな。










■焼鳥⑤
f0232060_15172874.jpg
砂肝。










■焼鳥⑥
f0232060_15192384.jpg
レバー。苦手なので、写真だけ。
by meshi-quest | 2017-10-04 08:07 | 新宿









四谷三丁目の車力門通りにある鉄板四川中華「遊猿(ゆうえん)」で、


辛い物が大好きなスクエニ時代の先輩と食事。


f0232060_1293110.jpg


f0232060_1293460.jpg


f0232060_1294460.jpg











豪華な前菜盛り合わせに始まって、


f0232060_1211532.jpg


f0232060_1211872.jpg


f0232060_12111164.jpg


f0232060_12111632.jpg


f0232060_1211178.jpg










メニュー数はそこまで多くはないが、食べたくなるようなものだけ厳選されてて、


力強さがあって、パワー溢れる、スパイシーで独特な美味しい中華だった。


f0232060_12141162.jpg


f0232060_12141410.jpg


f0232060_12141618.jpg


f0232060_12141959.jpg











名物は、この「スペアリブの鉄板豆鼓炒め」、


別名「毛沢東スペアリブ」


シェフが、テレビ「孤独のグルメ」」で一躍有名になった


青山の鉄板中華「シャンウェイ」のご出身で、


「シャンウェイ」名物の「毛沢東スペアリブ」を作ってくれる。


f0232060_1216556.jpg












ちなみに、「シャンウェイ」に配慮されてか、


「遊猿」ではメニューには毛沢東スペアリブとは書いてない。


ただ、常連さんや知っている人は、みんな毛沢東と頼むw。









そして、「なんで毛沢東?」とシェフに聞いたら、


名付け親は、あのダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんだそうだw。


元々は中国湖南省の料理で、湖南省出身の有名人が毛沢東だから、


その名前で良いんじゃない!となったんだそうw。











毛沢東スペアリブも美味しかったが、


〆の五目チャーハンが、お米パラパラで味付けも良く、


サラッと食べれてしまう美味しいチャーハンだったことも付け加えておく。


毛沢東の後ろに隠れた裏ボスかもしれん、これ。


f0232060_12211932.jpg







■「遊猿」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13199959/









■今日のカメ

■「遊猿」
f0232060_1293110.jpg
丸の内線「四谷三丁目駅」から徒歩5分ほど。車力門通り沿いにあります。









■店内の様子
f0232060_1294460.jpg
オープン間もないので、すごく店内きれいです。大きな鉄板がある厨房が見えるカウンターと、テーブル席があります。








■テーブルセット
f0232060_12433273.jpg
テーブルセットはこんな感じ。甕だし紹興酒と共に。









■1品目
f0232060_12442390.jpg
うにゆば。濃厚なトロトロ湯葉の上に、うにが乗ってます。









■2品目
f0232060_1211532.jpg
本日の前菜の6種盛り合わせ。









■アップ①
f0232060_1211872.jpg
稚鮎の青海苔山椒。









■アップ②
f0232060_12111164.jpg
イサキの山椒ソース。









■アップ③
f0232060_12111632.jpg
酔っ払い海老。食べるこっちも酔っ払いそうなくらい、しっかり紹興酒が効いてますw。









■アップ④
f0232060_1211178.jpg
蒸し鶏の香味ソースがけ。









■アップ⑤
f0232060_1253546.jpg
豚肩ロースとカシューナッツの黒酢和え。これ、すごく好き。甘辛くて、クセになる味。









■アップ⑥
f0232060_1255046.jpg
磯つぶ貝の紹興酒煮。これも美味しかったなあ。子供の頃、なんで大人がこの小さな貝をしきりに楊枝でつついてるのか不思議でしたが、数十年経って、私もつつき始めました。つぶ貝、うまし!






■3品目
f0232060_12141162.jpg
フカヒレと干し貝柱の春巻き。アツアツで、中はトロトロ。









■4品目
f0232060_12141410.jpg
鉄板大餃子。蒸した後に、目の前の鉄板で焼き上げてくれます。ホントに1個が大きいので、2人で1個を半分でもいいくらい。







■5品目
f0232060_12141618.jpg
ハマグリと山えのきのピリ辛炒め。ハマグリの濃厚な出汁が出てて、食べ終わったスープに、おこげを入れて、リゾット風にして、スープも全部いただけます。






■6品目
f0232060_12141959.jpg
空心菜の腐乳炒め。









■7品目
f0232060_1216556.jpg
毛沢東スペアリブ。すんごいスパイスの香りがします。好き嫌いがちょっと分かれるかもしれませんが、好きな人にはドストライクな一品。スペアリブも柔らかく、個人的にはとても好き。ただ、相当味が濃いので、強いお酒必須w。





■8品目
f0232060_12211932.jpg
肉の他に、ホタテとかも入ってて、軽くて、風味良くて、バランスの良いチャーハンでした。美味しかった!
by meshi-quest | 2017-10-03 08:07 | 四谷








井の頭公園が望める絶好のロケーションに位置する、


吉祥寺の老舗焼き鳥店「いせや 公園店」で昼飲み


f0232060_1805788.jpg


f0232060_181392.jpg


f0232060_1811265.jpg










吉祥寺で創業80年以上の名店で、


私が国際基督教大学の学生の頃から大学から自転車でも来れたので、


よく授業終わりに来てた懐かしい焼き鳥屋でもある。










休日に井の頭公園を散歩しながら、フラッと入って、


焼き鳥つまみながら、一杯飲む。


吉祥寺の近くに住んでて良かった!としみじみ思う、正しい休日の過ごし方だ。


f0232060_186611.jpg


f0232060_18165465.jpg


f0232060_1861286.jpg


f0232060_1862868.jpg


f0232060_1863141.jpg


f0232060_1863576.jpg











焼き鳥はどれも1本80円で、高級焼き鳥屋には味は劣るが、


井の頭公園の側でという雰囲気の良さと、


散歩がてらにフラッと食べるには十分すぎる味と値段とクオリティー。








老朽化に伴い、2013年に今の新築になってしまって、


個人的には昔の古い一軒家焼き鳥の「いせや」がむしろ好きだったが、


新しい「いせや」がどんどん時を経て、また十何年後にあの雰囲気になるといいな。








■「いせや」
http://www.kichijoji-iseya.jp/











■今日のカメ

■「いせや 公園店」
f0232060_1805788.jpg
JR吉祥寺駅公園口を出て、徒歩3分ほど。井の頭公園のまさに入口横にあります。店内は広いのですが、それ以上にお客さんが多く、いつも並んでます。








■店内の様子①
f0232060_181392.jpg
焼き場が見れます。テイクアウトも出来ます。









■店内の様子②
f0232060_18143482.jpg
井の頭公園に向かって窓があるカウンターと、テーブルと、座敷。かなり広いです。









■お酒①
f0232060_1811265.jpg
ビールと梅酒ロック。









■1品目
f0232060_18164733.jpg
野菜サラダ(400円)。









■2品目
f0232060_1817578.jpg
まぐろのブツ切り(380円)。









■3品目
f0232060_18165465.jpg
「いせや」常連が必ず頼む、手作りシュウマイ(380円)。昔よりちょっと小さくなっちゃったけど、「いせや」のシュウマイは、かなりクオリティー高いです。







■4品目
f0232060_1861286.jpg
鶏のから揚げ(500円)。









■5品目
f0232060_1862868.jpg
いつもシュウマイばかりなので、餃子(400円)は初めて食べたけど、焼き方がイマイチ。シュウマイの方が美味しいかな。







■焼き鳥①
f0232060_186611.jpg
オール1本80円。丸つくね、正肉など。









■焼き鳥②
f0232060_1863576.jpg
ハツ、タンなど。









■お酒②
f0232060_1863141.jpg
焼酎、炭酸を頼んで、自分で作るサワー。こういう雰囲気の中だと、すごく楽しげ。
by meshi-quest | 2017-09-15 08:06 | 吉祥寺







吉祥寺にある人気イタリアン「ゴブラン」さん主催の


定期的に行われてるワイン会があり、ご招待いただき参加してきた。


場所は、恒例の吉祥寺の赤身肉専門店「肉山」の3階特別室を貸し切り。


f0232060_19331234.jpg


f0232060_19331469.jpg


f0232060_19331794.jpg











今日のワイン会のメインは、


ケンゾーエステイトの「rindo 紫鈴」


「肉山」の旨い肉を食べながら、この赤ワインが飲めるのは幸せすぎる(泣)。


f0232060_19355364.jpg


f0232060_1936145.jpg


f0232060_1936356.jpg











晴天、満員御礼の豪勢な「肉山」登頂だった。


ちなみに、なんか今日は格別赤身が美味しかったなあ・・・。


コースメニューは基本一緒だけど、肉が違うのか、焼き方が違うのか、


実は毎回微妙に味が違うのだが、


ここ数回の「肉山」登頂で、今日は一番ベストな肉だったかも。


味も、焼き加減も、肉の大きさもいい感じ。美味しかった!


f0232060_1939389.jpg


f0232060_1939975.jpg


f0232060_19391286.jpg


f0232060_19391585.jpg


f0232060_19391928.jpg


f0232060_1939223.jpg


f0232060_19392684.jpg


f0232060_19393130.jpg


f0232060_19402459.jpg










■「肉山」
http://www.kojin-shouten.com/wp/?page_id=29881









■今日のカメ

■「肉山」のさらに上
f0232060_19331234.jpg
JR吉祥寺駅から徒歩15分ほど。2階が一般席で、3階が特別室で常連さんが使えるMAX10名ほどの個室になってます。









■3階の特別室の様子
f0232060_19331469.jpg
10名ちょっと入れるアットホームな個室。ワイン会はいつもここを貸し切りにしてます。









■テーブルセット
f0232060_19331794.jpg
テーブルセットはこんな感じ。トマト、キムチ、自家製マスタードなど。









■ワイン会
f0232060_1936356.jpg
本日はワイン会なので、ケンゾーエステイト「rindo」をはじめ、色んなワインが出てきました。ちなみに、持ち込み料は1本1000円。







■1品目
f0232060_1939715.jpg
「肉山」特製パテ。









■2品目
f0232060_1939389.jpg
豚もも肉。









■3品目
f0232060_1939975.jpg
大きな万願寺唐辛子。









■4品目
f0232060_19391286.jpg
短角牛のソーセージ。









■5品目
f0232060_19391585.jpg
巨大なエリンギ。










■6品目
f0232060_19391928.jpg
短角牛のうちもも。









■7品目
f0232060_1939223.jpg
牛カツ。









■8品目
f0232060_19392684.jpg
ランプ。









■9品目
f0232060_19392858.jpg
箸休めにピッタリな山盛りきゅうり。









■10品目
f0232060_19393130.jpg
馬ひれ。









■11品目
f0232060_19402459.jpg
ともさんかく。









■12品目
f0232060_10181749.jpg
ケジャン(渡り蟹の醤油だれ漬けした韓国料理)を加えた肉山特製カレー。カニの風味がすごく食欲そそります。具は肉なのに、シーフードカレーを食べている感じ。
by meshi-quest | 2017-09-14 08:08 | 吉祥寺







懇意にさせていただいてる吉祥寺の名店「肉山」の姉妹店、


「ホルモン酒場 焼酎家 わ」で食事。










「肉の塊が食べたい!」という肉食獣からのリクエストを受け、


ジャージー牛の外ももの塊、登場!


f0232060_12362347.jpg










がっつり焼いていただいて、こんな仕上がりに。


やっぱり肉は塊で焼いてもらうと美味しいなー。


f0232060_12381897.jpg


f0232060_12372421.jpg


f0232060_12373043.jpg












その他もガッツリ肉料理が続き、肉食獣大満足の夕食。


f0232060_12392350.jpg


f0232060_1239372.jpg


f0232060_12394291.jpg











〆にはさっぱり冷麺と、いつもの肉山特製カレーではなく、ハヤシライス。


久しぶりに食べたな、ハヤシライス。


ハヤシのトマトの酸味が夏には合ってる。


f0232060_12415257.jpg


f0232060_1241593.jpg









■「ホルモン酒場 焼酎家 わ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005837/








■今日のカメ

■肉の塊、きた!
f0232060_12362347.jpg
今日は最初から肉の塊を所望。ジャージー牛外ももの塊。









■焼いてます!
f0232060_12381897.jpg
目の前の火鉢でじっくり焼き上げます。










■1品目
f0232060_12392350.jpg
肉焼きを待つ間、まずはハツ刺しから。










■2品目
f0232060_12394291.jpg
イベリコ豚のしゃぶしゃぶ。










■3品目
f0232060_1239372.jpg
ベルギー豚の串焼き。豪快!










■4品目
f0232060_12373043.jpg
最初に焼いていたジャージー牛外ももの塊肉。肉の味が口いっぱいに広がります。









■5品目
f0232060_12415257.jpg
冷麺。夏の〆にはピッタリ。










■6品目
f0232060_1241593.jpg
名物のカレーはなく、代わりに今日はハヤシライス。あまり外でハヤシライスを食べる機会がないので、新鮮。
by meshi-quest | 2017-09-05 08:08 | 吉祥寺








吉祥寺に「じゅん粋」という大好きな鉄板居酒屋があって、


今冬に、なんとその二号店が西荻窪に出来たので、行ってきた。


その名も、「すっぴん」


f0232060_1311984.jpg























f0232060_1321086.jpg























f0232060_1324141.jpg























f0232060_13321.jpg























f0232060_1332211.jpg





























元々、西荻に長らく続く古き良き居酒屋があった場所を


元の居酒屋の形状を忘れるくらい一新して、


巨大な火鉢を囲むカウンターメインのオシャレな居酒屋に変身。


店内には鳥居型の冷蔵ショーケースがあったり、見るだけでも楽しめる。









料理は、カジュアルな鉄板焼きの吉祥寺店と打って変わって、


西荻窪では火鉢を使った焼き魚や刺身など、やや大人向けな料理が多い。


相変わらず、どれも丁寧で、美味しく作られていて、箸も酒も進む。


f0232060_1310994.jpg























f0232060_13103415.jpg























f0232060_1311085.jpg























f0232060_13112644.jpg























f0232060_13114985.jpg























f0232060_13122193.jpg




























鉄板焼きが食べたくなったら吉祥寺、


魚が食べたくなったら西荻と、


きちんとすみ分けが出来ているのもいい。








しかし、フレンチビストロの「organ」といい、


イタリアンの「チクロパノラマキッチン」といい、


大好きで美味しいお店がどんどん西荻に二号店を出してくれる。


ホントいい町だな、西荻。







好きです、西荻






■「すっぴん」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13201731/









■今日のカメ

■「すっぴん」
f0232060_1311984.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩30秒ほど。飲み屋街の一角にあります。









■店内の様子①
f0232060_1332211.jpg最初に目に入るのが、この大きな鳥居。野菜やお惣菜のショーケースになっています。









■店内の様子②
f0232060_1324141.jpg開店直後の5時台ですでに予約で満席。大人気。今日は、カウンター。









■店内の様子③
f0232060_13205690.jpg奥にテーブル席も。










■巨大な火鉢
f0232060_1310994.jpg大将のおばあちゃんが使っていたという巨大な火鉢。

「すっぴん」の焼き魚は、すべてこのおばあちゃんの火鉢で焼かれます。火鉢って、結構火力あるんですね。しっかり魚が焼けてて驚きました。





■美味しそうな鍋
f0232060_13103415.jpg目の前に、肉じゃがと思われる美味しそうな鍋発見。これは、頼まねば!









■梅酒
f0232060_13252522.jpg梅酒ロックと、お鍋に入っていた肉じゃが。じゃがいもにしっかり味が染みてて、すごく美味しい。









■焼き魚
f0232060_13112644.jpg銀だらの西京焼きをいただきました。大将が火鉢で焼いてくれた魚です。









■おふくろ煮
f0232060_1335554.jpg吉祥寺「じゅん粋」でも名物の、大将のお母さんが作っている「茄子のおふくろ煮」。めちゃくちゃ美味しいです。いつも注文。








■「希望のもやし」
f0232060_13114985.jpg「希望のもやし」と名付けられたピり辛の不思議なもやし炒め。

吉祥寺の有名ラーメン店「ホープ軒」のチャーシューをもやし炒めの中に使っているから、「希望の・・・」だそう。





■隠し味
f0232060_1338640.jpgお好みでもやしに辛さを。これもホープ軒のもの。










■牛ハツ
f0232060_13122193.jpgプリプリでめちゃくちゃ美味しい牛ハツ焼き。










■ホタテバター
f0232060_13405654.jpg新鮮なホタテを貝殻ごと焼き上げた一品。青海苔の風味も絶品。
by meshi-quest | 2016-12-21 08:07 | 西荻窪









たまたま話の流れで、ゲテモノ肉の話になって、


高田馬場にある、ダチョウやらカンガルーやら


ちょっと変わった肉料理を出すレストラン「米とサーカス」の姉妹店で、


新宿三丁目にある「パンとサーカス」に行ってきた。


f0232060_2105340.jpg























f0232060_2111643.jpg





























香港映画に出てきそうなサイケデリックな雰囲気で、


新宿三丁目らしい作りになっていて、


ワイワイ飲む場所としては楽しめる。










ただ、本店の「米とサーカス」に比べて、


話題になるような面白い肉が少ないのと、


久しぶりに食べたけど、全体的にちょっと味がイマイチで、


見物するのに一回は来てみるけど、次はいいかなとなってしまいそう。


f0232060_2165057.jpg























f0232060_21718100.jpg























f0232060_2175295.jpg























f0232060_21135683.jpg























f0232060_21142047.jpg































「脳をハックする 肉とワインのマリアージュ」


というお店のコンセプトはすごくいいんだけどなあ。


やっぱりお店は、雰囲気も大事だけど、味はもっと大事。


いくら脳をハックされても、舌がハックされないというか、


食べてて美味しくないと、また来たいってならないからなあ・・・。








■「パンとサーカス」
http://miyashitakikaku.com/store/pancircus/











■今日のカメ

■「パンとサーカス」
f0232060_2105340.jpg丸の内線「新宿三丁目駅」から徒歩3分ほど。色んな飲食店が入っている雑居ビルの4階にあります。









■店内の様子
f0232060_2111643.jpgカウンターとテーブル。スタッフもサーカス団のような衣装を着ていて、新宿三丁目が似合うド派手な店内です。








■お通し
f0232060_21351774.jpgかぼちゃのポタージュ。胡椒が強すぎかな。










■1品目
f0232060_2165057.jpg「グルヌイユ(蛙)のフリット」(1000円)です。

蛙って、本来鶏肉と魚の間のような味で美味しいのですが、これは衣多すぎで、しかも脂っぽく、イマイチ。「え!蛙?!」で、食べてみて、「え、意外と美味しい!」が流れとして美しいと思うんですが、ゲテモノ=やっぱい美味しくないだと、オチがない感じ。勿体ない。



■2品目
f0232060_21393619.jpgメキシカンポテト。これもちょっと揚げ温度が低いのか、ふにゃっとしてて、かつ、味もイマイチ。









■3品目
f0232060_21718100.jpg「パンとサーカス肉盛り 3種」(3000円)です。

鹿と、ラムと、豚だったかな。








■アップ①
f0232060_2175295.jpg鹿、だったはず。










■アップ②
f0232060_21434086.jpgラムだったと思う。










■アップ③
f0232060_214475.jpgこれは、豚。
by meshi-quest | 2016-12-14 08:02 | 新宿








西荻窪駅から徒歩0分、駅に降り立ったらもう見えるような位置にある、


肉料理専門店「肉寿司」へ。


元々、本当にここには「常盤屋」という古い精肉屋さんがあって、


そのカッコいい門構えをわざとそのまま残している。


なので、「常盤屋」と書いてあるが、ここは肉寿司だ。


f0232060_11113940.jpg
































魚も美味しいし、好きだけど、こういう潔さ、いいよねw。


肉食獣として、敬意を表する。


f0232060_1113212.jpg































というわけで、お店公認の肉祭り。


最初から最後まで肉尽くし。


f0232060_11153827.jpg























f0232060_1116033.jpg























f0232060_1116292.jpg























f0232060_1117090.jpg































名物の「さしとろ」は、予想以上に、大きな一枚肉の寿司で、


下にご飯が隠れているのだが、もうほぼ牛丼気分。


サシがいっぱい入ってて、すごくジューシーだった。


美味しいけど、やや脂にめげそうになっている自分もいた。


f0232060_11194190.jpg























f0232060_11202743.jpg
































■「肉寿司」
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13193777/










■今日のカメ

■「肉寿司」
f0232060_11113940.jpgJR西荻窪駅南口から徒歩10秒ほど。西荻窪にあった精肉店「常盤屋」の跡地に出来た「肉寿司」。中も、元々肉屋さんであったことを感じさせるような不思議な造りになっていて、面白いです。







■店内の様子
f0232060_11233215.jpg店内は1階と地下もあります。深夜までやっているので、便利。









■ポスター
f0232060_1113212.jpg店内に、肉にまつわる色んなポスターが貼ってあるのですが、「魚やってません」が一番好き。









■「馬肉新書」
f0232060_11255533.jpg読み応えのある分厚い資料集のようなこの本がメニュー。全部がメニューではなく、馬肉の話が書かれている中に、メニューも差し込まれてます。








■おみくじ箸
f0232060_11271047.jpgお箸の箸置き部分がおみくじになってます。










■「二十九番」ゲット!
f0232060_11282168.jpg肉の「二十九番」があったので、これにしました。










■大吉ゲット!
f0232060_11291031.jpg二十九番は嬉し恥ずかし大吉でしたw










■「肉正宗」
f0232060_11295571.jpgお店おすすめの、肉に合わせて肉のために作った日本酒「肉正宗」。

肉の味に負けないようになのか、やや濃厚で、やや甘め。






■サングリア
f0232060_11313260.jpg私はサングリアで。










■よだれ鶏
f0232060_11321714.jpg辛さも程良く、タレとパクチーの相性も良く、美味しいよだれ鶏でした。









■馬肉ユッケ
f0232060_11153827.jpg馬肉ユッケ。ユッケは、ホント美味いなー。生肉万歳。









■メンチ
f0232060_11344086.jpg松坂牛ではなく、松坂豚を使ったメンチ。ジューシーで美味しいメンチです。









■馬刺し
f0232060_1116292.jpg馬肉の極上ヒレ刺し。とてもサッパリしてます。









■ポテト
f0232060_11364831.jpg今回頼んだ中で、唯一肉じゃないものがフライドポテトという(苦笑)、何ともジャンクなラインナップ。

たまに無性に食べ焼くなりますね、ポテトは。また揚げたてはうまいんだなー。





■肉寿司①
f0232060_1139675.jpg中落ち軍艦と極上赤身の寿司。

これ、元も子もないこと言っちゃうと、やっぱり寿司は魚だなあー。寿司と思わないで、肉寿司というジャンルだと思って食べれば違うんだけど。もちろんまずくはないんだけど、寿司としての満足感はちょっと低めかな。




■肉寿司②
f0232060_11202743.jpg名物の「さしとろ」1貫880円。

これも決してまずくはないのですが、脂のバランスとか、寿司として考えると、うーん、普通かな。あと、かなり脂っこい感じ。






■肉寿司③
f0232060_1117090.jpgトロカルビか、トロ馬肉か、ちょっと失念。軽く炙られている肉寿司です。
by meshi-quest | 2016-11-30 08:06 | 西荻窪








ひょんなことから、久しぶりに中華街。







11時近い結構な遅めの夕食になってしまったので、


この時間からでも入れて、リーズナブルで、


それなりに美味しいところを考えると、うーん、ここかなあ。


f0232060_0361354.jpg
























f0232060_036396.jpg






























相当遅い時間にも関わらず、一般のお客さんも多く、


また中華街近辺の中国人と思われる現地の方々も多数。










「山東」名物の皮が厚いモチモチ餃子は、


具も餃子のタレも独特で、若干好みは分かれると思うが、


出来立てはやっぱり美味しい。


その他の一品料理もどれも安心して食べられるレベル。


f0232060_0395315.jpg























f0232060_0401513.jpg























f0232060_0404146.jpg























f0232060_041596.jpg
































■「山東 2号店」
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000483/










■今日のカメ

■「山東2号店」
f0232060_0361354.jpgみなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩8分ほど。

メインの中華街大通りから1本入った路地にあります。






■店内の様子
f0232060_036396.jpg23時過ぎでも、1階、2階が満席で、3階席へ。席数は多めです。夜中までやっています。









■焼き餃子
f0232060_0395315.jpg水餃子が有名ですが、個人的には焼き餃子派。八角など各種中華スパイスの効いた独特な餃子ですが、美味しいです。皮は厚め。








■豆苗
f0232060_0401513.jpg皿一杯の豆苗炒め。塩加減もちょうど良く、とても美味しい。









■エビチリ
f0232060_0404146.jpg大海老がいっぱい入ったエビチリ。玉ねぎたっぷりの甘めのトマトチリソース。









■ワンタンスープ
f0232060_041596.jpg海老ワンタンスープ。優しい塩味です。
by meshi-quest | 2016-11-02 08:06 | 横浜









沖縄出張へ行くと、なるべく夜は現地のスタッフと飲んで、食べて、


色んな話を聞きたいので、交流を持つようにしている。










お店は、いつも現地のスタッフが美味しいお店を吟味してくれてるのだが、


今回お邪魔した「沖縄料理ひとひねり 離(ぱなり)」は、


ぜひともうちの近所にも支店を出していただきたいくらいの良居酒屋だった。


f0232060_15315478.jpg
























f0232060_15322394.jpg
























f0232060_15324561.jpg

































店名に「沖縄料理ひとひねり」とあるように、


定番の料理にも、きちんとひと工夫がされていて、


ポテトが風味付けでローズマリーと共に揚げられていたり、


枝豆も丁寧に焼き枝豆になっていたり、


汁に浸かっているそーめんちゃんぷるも初めて食べた。


f0232060_15353169.jpg
























f0232060_1536816.jpg

























f0232060_1536293.jpg
























f0232060_15365947.jpg
























f0232060_15372096.jpg

































お店名物の「はみ出る?!ハラミ丼」は、


「?!」どころか、ホントにはみ出てて(笑)、


ボリューミー、かつ、とても美味しくできていた。


いい居酒屋だなあ、ここ。


f0232060_15385018.jpg

































■「沖縄料理ひとひねり 離」
http://r.gnavi.co.jp/jg1pgthk0000/










■今日のカメ

■「離」
f0232060_15315478.jpg那覇市のゆいレール「県庁前駅」から徒歩3分ほど。










■店内の様子
f0232060_15322394.jpg1階と2階があり、団体も可。そこそこ席数もあります。









■泡盛いっぱい
f0232060_15324561.jpg泡盛、梅酒の種類が豊富で、酒好きに喜ばれそうな居酒屋です。









■おしぼり
f0232060_15462144.jpgおしぼりはこの状態でやってくるのですが、沖縄仕様なのか、夏だからなのか、キンキンに固まっています(笑)。








■テーブルセット
f0232060_1547244.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■請福梅酒
f0232060_15481488.jpg泡盛で作っている梅酒「請福梅酒」。東京でも愛飲しているが、こちら本場でもこれのロックをひたすら。








■お通し
f0232060_15491189.jpgお通しのキャベツと肉味噌。この肉味噌がめちゃくちゃ美味しい。お通しからしていい感じ。









■1品目
f0232060_15495739.jpg豆腐よう。私は苦手なので、写真だけ。










■2品目
f0232060_15503271.jpg海ぶどう。色んなところで、海ぶどう食べましたが、今まで食べた海ぶどうで一番美味しかったかも。








■3品目
f0232060_15353169.jpgローズマリーをまぶして一緒に揚げているフライドポテト。すごく香りよく、どんどん食べれてしまう。揚げ方も上手。








■4品目
f0232060_15522849.jpgアグー豚の餃子。肉にコクがあるのに、意外とさっぱりしてて、食べやすいです。









■5品目
f0232060_155515.jpg大好きな沖縄家庭料理「人参しりしり」。

これも色んなところで食べてきましたが、ここのが一番美味しかったかも。







■6品目
f0232060_1536816.jpg焼き枝豆。普通の枝豆より、香ばしさがあり美味しい。









■7品目
f0232060_15565878.jpg県産のやんばる若鶏を使っているというから揚げ。そこに、プラス100円で、「鬼ネギ、ポン酢マヨビーム」をトッピング。

柔らかくて、これもすごく美味しいから揚げでした。





■8品目
f0232060_15365947.jpgサックサクの美味しい鶏天。大分の料理だそうですが、大将が大分出身で、これがメニューにあるそう。うまい。








■9品目
f0232060_160245.jpg「肉だらけの黒酢酢豚」。黒酢がやや強めではありますが、肉だらけはいいね。









■10品目
f0232060_15372096.jpgこれも大分のB級グルメ「日田焼きそば」。特徴は、麺を蒸し焼きにするのではなく、鉄板の上で焦げるくらいに硬く焼くこと。








■11品目
f0232060_15385018.jpg名物の「はみ出る?!ハラミ丼」。かなりはみ出てます。ほぼレアのハラミ肉がいっぱい。生肉うまし。









■12品目
f0232060_1536293.jpgそーめんちゃんぷる。汁ありは、初めてでしたが、スープが濃厚で、ラーメンを食べている感じ。これもすごく美味しい。
by meshi-quest | 2016-09-07 08:08 | 沖縄
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ