タグ:誕生日&記念日に! ( 289 ) タグの人気記事










懇意にさせていただいている渋谷のフレンチ「LATURE ラチュレ」へ。


今日は、友達の会社設立のお祝いを兼ねての会食だったので、


室田シェフにいつも以上に特別感満載で料理を作ってもらった。


f0232060_17231016.jpg


f0232060_17231338.jpg


f0232060_17232440.jpg


f0232060_17233376.jpg











「ラチュレ」らしい秋の前菜。


絵本を読んでいるかのようなかわいらしい料理が並ぶ。


f0232060_17233376.jpg


f0232060_17302422.jpg


f0232060_17302695.jpg


f0232060_17304217.jpg


f0232060_17304782.jpg












中盤から、どれがメインディッシュか分からないような、


高級食材を使った美味しい料理のオンパレード(笑)。


黒アワビに、猪鹿熊(蝶ではない、惜しいw!)のパイ包み焼きに、


甘鯛の鱗焼きに、ラスボスは雷鳥


f0232060_17401488.jpg


f0232060_17401621.jpg


f0232060_17402085.jpg


f0232060_17402354.jpg


f0232060_1740322.jpg











雷鳥という名前もさることながら、この手!


ファンタジックだな、雷鳥。


手も、頭(脳みそ付)も出すのは、見た目のインパクトや新鮮な証拠だけでなく


丸ごと1匹をちゃんと使った料理の証もである。


f0232060_1742631.jpg











相変わらず、すごいフレンチ。


室田シェフ、ありがとうございました!!







■「LATURE ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/









■今日のカメ

■「ラチュレ」
f0232060_17231338.jpg
JR渋谷駅から徒歩8分ほど。青山学院大学の隣のビルの地下1階にあります。









■店内の様子
f0232060_17232440.jpg
カウンターとテーブル。こんなに本格的なジビエ料理がカジュアルにお一人様からカウンターで出してもらえるのが「ラチュレ」の魅力。








■テーブルセット
f0232060_17233376.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_175203.jpg
私の好みを知り尽くしてくれているソムリエ山本さんが用意してくれていた白ワインが私の好みど真ん中で、白ワインをあまり飲まない私が2杯お代わりしました。美味しい〜。








■1品目
f0232060_17302072.jpg
木のオブジェに乗った、鳩の形の一口アミューズ。










■アップ
f0232060_17302422.jpg
中は鳩のリエットが挟まってます。










■2品目
f0232060_17302695.jpg
巨大な松ぼっくりの上に乗っているのは、鹿の脂を使ったケークサレ。「ラチュレ」は、ジビエの全てを大切に使い、最初から最後までジビエを楽しませてくれます。ちなみに、ケークサレはほんのり野性味を感じますが、素朴な甘みもあり、全然クセはないです。






■3品目
f0232060_17304217.jpg
濃厚な出汁が出ている熊のコンソメ。美味しい!中には熊のスネ肉も入ってます。その他、しょうげんじ茸、おおいちあお茸など珍しいキノコが入ってます。








■4品目
f0232060_184275.jpg
ジビエの箸休め。イワシと新生姜とラズベリーを使ったさわやかな前菜。









■5品目
f0232060_1845881.jpg
勝浦の黒アワビを肝バターソテーに。肝バターが濃厚で、めちゃくちゃ美味しい。アワビも柔らかい!









■6品目
f0232060_1861427.jpg
猪鹿蝶ならぬ、猪鹿熊の豪華なパイ包み焼き。中にはたっぷりフォアグラが入ってます。









■赤ワイン
f0232060_1875733.jpg
オススメの赤ワイン。これも私好みで飲みやすかった!行きつけのレストランで仲良くなると、好みを知ってプロの目でオススメしてくれるので、こういう時に本当に助かります。感謝。








■7品目
f0232060_1895087.jpg
甘鯛の鱗焼き。ソースは、モンサンミッシェルのムール貝とサフランを使った濃厚なソース。甘鯛はサクサクで、ソースもすごく美味しかったなあ。









■8品目
f0232060_1740322.jpg
大ボスの雷鳥。この時期、かつ、入荷できた時だけの限定品。かなりクセがあるので、好き嫌いは分かれると思いますが、これぞ、ジビエという味。








■9品目
f0232060_1818126.jpg
和栗のビスキュイクーラン。上には、「ハニートリュフ」という珍しいトリュフが乗ってます。この白トリュフ、めちゃくちゃ甘くて、以前も別のお店で食べたことがありますが、最初かなり驚きます。








■小菓子
f0232060_18245017.jpg
ラベンダーのフィナンシェ。










■食後の飲み物
f0232060_18252869.jpg
ホットのブレンドティー。
by meshi-quest | 2017-11-17 08:08 | 渋谷・神泉








仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース。


f0232060_1411771.jpg


f0232060_1412055.jpg


f0232060_1412365.jpg











本日も橋本シェフの料理の様子が間近で見れる


限定2席の特別席で食事をさせてもらった。


料理をしてる姿が見れると、より一層食事が楽しくなるが、


特に「セララバアド」の料理は、美術で絵を描いてるようでもあり、


理科で実験をしているようでもあり、すごく特殊なので、


近くで見れるのは他店以上の楽しさと特別感がある。


f0232060_144716.jpg











食材も、味も、温度も、色も、香りもすべてが秋仕様。


「セララバアド」の秋を満喫させてもらった。


f0232060_1445928.jpg


f0232060_145048.jpg


f0232060_145472.jpg


f0232060_145698.jpg


f0232060_14581.jpg


f0232060_1451293.jpg


f0232060_1451596.jpg


f0232060_1451831.jpg


f0232060_1452110.jpg


f0232060_1452533.jpg










途中出てきた「スケット」という料理。


スペインの魚介の煮込みをアレンジしたものだそうだがが、


濃厚な魚介出汁がめちゃくちゃ美味しくて、何杯も食べたくなる味だった。


f0232060_1465716.jpg


f0232060_1465987.jpg










アーモンドとチョコで作った食べれる松ぼっくりも、


「セララバアド」らしくてかわいかったな。


f0232060_1474958.jpg











思えば、前回の夏のコースからもう3か月が経ったのかー。


「セララバアド」には、必ず春夏秋冬でお邪魔しているので、


私の中では「セララバアドに行く=季節が変わった」という図式があって、


変わる季節の準備をするかのような感じでもあり、


次の季節を食べれる絵本で楽しんでいる感じもあり、


とにかく「セララバアド」は私にとっても特別感のあるレストランだ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1411771.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。







■店内の様子
f0232060_144716.jpg
基本はテーブル席で、限定2席のカウンターは料理が間近で見れて、シェフともお話ができる常連さん用。








■メニュー
f0232060_1412365.jpg
落ち葉の中に本日のメニューが隠れてます。









■1品目
f0232060_1412055.jpg
「イケバナ」という名前の料理。









■アップ
f0232060_1458516.jpg
枯れ枝にそっくりなクラッカーの周りに、和歌山県産生ハムが巻かれています。









■ドリンク①
f0232060_1459451.jpg
ノンアルコールでペアリングをしました。オーガニックキウイの搾りたてジュース。









■2品目
f0232060_1445928.jpg
「オブジェ」という料理。米粉に青海苔をまぶしたスナック感覚の前菜。









■3品目
f0232060_151258.jpg
二酸化炭素を注入して炭酸が入ったマスカットと、マスカットジュレ。









■3品目
f0232060_145048.jpg
「森の朝」という料理。コケに見立てた、液体窒素で固めたアボカドとピスタチオのムース。ドライアイスにひのきの香りが付いてて、まさに森の朝が再現されています。







■ドリンク②
f0232060_145472.jpg
松の葉で風味付けされたジェニファーベリーのジュース。森林浴を飲んでいる感じ。









■4品目
f0232060_145698.jpg
「落葉の森」という料理。豚が落葉の森でトリュフを探している様子が料理になっています。食べられる絵本。








■アップ
f0232060_14581.jpg
トリュフに見立てているものは豚足コロッケ、豚はクラッカーで出来ています。









■パン
f0232060_1564459.jpg
「セララバアド」の絶品パン。香り良く、外はカラッと、中はモッチリ。ホント美味しい。









■5品目
f0232060_1465716.jpg
「スケット」というスペインの魚介の煮込み料理をアレンジしたもの。真ん中には甘いホタテ。魚介の濃厚な出汁がとても美味しかった。超好み。







■ドリンク③
f0232060_1511798.jpg
人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。









■6品目
f0232060_15115479.jpg
キノコと大麦のリゾット。上には牛ハツのカツレツが乗ってます。これも美味しい!









■ドリンク④
f0232060_15124324.jpg
梨のジュース。わざと塩味を強めに効かせてて、個人的に好きな味。スイカも塩を振る派なので。









■7品目
f0232060_1451596.jpg
丹波黒鶏のボイルとローストの2種。下に、藁をいぶした煙が詰まっていて、瞬間燻製されています。ほおづきが付け合わせ。








■8品目
f0232060_15161631.jpg
セレ豚のローストと、紅玉のピューレ。セレ豚がめちゃくちゃ甘くて、美味しかった!









■ドリンク⑤
f0232060_15173574.jpg
玉露とザクロを合わせたジュース。ザクロのほのかな甘みと、玉露の渋みもあって、不思議な味わい。









■9品目
f0232060_1452110.jpg
「サルベージされた月」というデザート。柿のジュースが詰まった球体状のジュレ。









■10品目
f0232060_1452533.jpg
パリパリの栗のシートの下に、どんぐりで作った優しい甘味のアイス。









■11品目
f0232060_1520597.jpg
4種の食後の小菓子。









■アップ①
f0232060_15214125.jpg
サーカスの缶の中身。ジャスミンティーのマカロン、栗のマドレーヌ、オリーブオイルのグミ。









■アップ②
f0232060_1474958.jpg
チョコとアーモンドで作った、食べれる松ぼっくり。









■ドリンク⑥
f0232060_1523985.jpg
ハンドドリップでじっくりと出す玉露。左が1煎目、右が2煎目。同じお茶なのに、色も、香りも、味も全然違う。








秋の味覚と美味しい和食をいただきに、


麻布十番の路地裏にあるミシュラン星獲得店、割烹「喜作」へ。


f0232060_13405888.jpg


f0232060_1341096.jpg


f0232060_1341378.jpg


f0232060_1341580.jpg











大将の森さんが常々、


「お客さんをちゃんとお腹いっぱいにさせてあげたい」と言うように、


「喜作」の料理は1つ1つ上品で、繊細なのだが、ちゃんとボリュームがあって、


食べ終わった頃には、しっかりお腹が膨れて、満足している。


f0232060_13451451.jpg


f0232060_13451682.jpg


f0232060_13451890.jpg


f0232060_13452099.jpg


f0232060_13452375.jpg


f0232060_13452635.jpg










茶碗蒸しのすじこのボリューム、すごかったなw。


f0232060_1347167.jpg











〆は、「喜作」名物のしっかり食べれる揚げ物付きご飯。


今日は、なんと揚げ立てのヒレカツが食べ放題!


f0232060_13482456.jpg


f0232060_13482672.jpg








ヒレカツが美味しすぎて、結局お代わりを繰り返し、3枚いただいた。


普通にコース料理の後に、ヒレカツ定食食べてるのと同じだw。


f0232060_13494596.jpg










上品な割烹にありがちな、


「なんか食べたりないから、この後、ちょっとどこかで・・・」的なことは、


ここ「喜作」では一切起きない。


ちゃんとしっかりいただいて、「喜作」だけで最後まで満足して帰れる。






■「割烹 喜作」
http://www.kappou-kisaku.com/








■今日のカメ

■「割烹 喜作」
f0232060_13405888.jpg
大江戸線、南北線「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。路地裏にある飲食ビルの5階。









■店内の様子
f0232060_1341378.jpg
カウンターと個室の座敷。楽しい大将とおしゃべりできるので、カウンターの方が好き。









■テーブルセット
f0232060_1341580.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■日本酒
f0232060_13553252.jpg
石川県宗玄酒造「宗玄」。










■1品目
f0232060_13451451.jpg
ムラサキウニと冬瓜のすりながし。









■2品目
f0232060_13451682.jpg
鱧と松茸の小鍋。









■3品目
f0232060_13562592.jpg
本日のお造りは、明石の鯛。









■4品目
f0232060_13571469.jpg
焼物は、のどぐろのたれ焼き。脂が乗ってて、すごく美味しい。









■5品目
f0232060_13452375.jpg
春菊と、大徳寺麩と、海老の白和え。大徳寺麩の、肉にも似たしっかりとした食感がアクセントになってます。








■6品目
f0232060_1347167.jpg
すじこの茶碗蒸し。下の茶碗蒸しが全く見えないほど、プリプリのすじこがぎっしり乗ってます。









■7品目
f0232060_13452635.jpg
三重県の黒アワビ煮。









■8品目
f0232060_13482456.jpg
「喜作」名物の揚げ物付きご飯。前回は鱧カツでしたが、今回はヒレカツ!〆に揚げ物が出る割烹は、私が知る限りでここだけかも。








■カツ、アップ
f0232060_13482672.jpg
お代わり自由のヒレカツ。お代わりの度に、ちゃんと揚げてくれます。軽くて、サクサクなので、何個でも食べれてしまう。








■タルタルソース
f0232060_1425717.jpg
しば漬け入りの手作り和風タルタルソース。タルタルソースも美味しいので、揚げ物が進む!









■9品目
f0232060_1442565.jpg
水菓子は、いちじくと、わらびもち。








グルメな知り合いから勧められて、


曙橋にある懐石料理店「はらまさ」で食事。


f0232060_15183363.jpg


f0232060_15183685.jpg











厨房を囲むように作られた白木の小さなカウンターは、


不思議と初めて来たのに居心地よく、


京都に旅行に来て、裏路地の料亭で食事をしてるかのようなワクワク感もあり、


曙橋にいることを忘れてしまいそうな感じだ。


f0232060_15293435.jpg


f0232060_15293583.jpg














夜のコースは、2種のみで、


どれもすごく丁寧に作られてて、テンポ良く出してくれて、


噂以上に美味しい日本料理だった。


仕事帰りにフラッとそのまま寄れそうな場所で、


こんなに風情あるコースが気軽にいただけるのは幸せ。


f0232060_153050100.jpg


f0232060_1531286.jpg


f0232060_1531577.jpg


f0232060_15311046.jpg


f0232060_15311229.jpg


f0232060_15554017.jpg


f0232060_15554413.jpg












中でも3つ、個人的にすごく気に入った料理があって、


1つは、自分で手巻きをするお造り


新鮮な刺身に薬味とあん肝醤油を乗せて、海苔で巻いていただくのだが、


この濃厚なあん肝醤油が絶品で、


普通に刺身を食べるわさび醤油よりも好きかも。


f0232060_15594100.jpg


f0232060_1559791.jpg


f0232060_1559890.jpg











2つめは、カニ味噌がたっぷり乗った、濃厚なカニ茶碗蒸し


カニの風味がぎっしり詰まってて、甲殻機動隊にはたまらん一品だった。


1つと言わず、あと2つくらい食べたい。


f0232060_1623239.jpg


f0232060_1623477.jpg












3つめは、〆に出来てきた名物のトリュフご飯


出汁をたっぷり吸った炊き立てのご飯に、


たっぷりの黒トリュフを乗せた、香りだけで酔いそうな美味しいご飯。


f0232060_1642853.jpg


f0232060_1644025.jpg












大満足の懐石料理だった。


1人でも居心地よく、ちゃんと対応してくれるのが嬉しい。


またぜひ伺わせていただこうと思う。







■「はらまさ」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13151542/









■今日のカメ

■「はらまさ」
f0232060_15183363.jpg
都営新宿線「曙橋駅」から徒歩3分ほど。









■店内の様子
f0232060_15293435.jpg
メインは、厨房を囲む小さなカウンター。他にテーブル席も。









■日本酒
f0232060_15293583.jpg
お店おすすめのスッキリ辛口の日本酒を。










■1品目
f0232060_153050100.jpg
帆立とクラゲと菊の花のお浸し。










■2品目
f0232060_15594100.jpg
マグロとヒラメのお造り。こういう懐石のコースのお造りで、海苔と薬味が出てきて、手で巻くスタイルは珍しい。写真の一番右の茶色の小皿があん肝醤油だが、このあん肝の濃厚な風味が刺身にすごく合ってて、絶品だった。






■3品目
f0232060_1627220.jpg
カニ味噌たっぷりの茶碗蒸し。甲殻類好きには、きっとたまらない一品。今年一番美味しかった茶碗蒸し!








■4品目
f0232060_1531577.jpg
甘鯛と隠元と黒アワビ茸のお椀。いい出汁が出てます。









■5品目
f0232060_15311046.jpg
これも懐石のコースで珍しい、パスタのような温かいそうめん。雲丹、キャビア、からすみ、いくら、白子と、濃厚なものだけがドーンと乗ってる、痛風まっしぐら(笑)の絶品そうめんでした。







■6品目
f0232060_15311229.jpg
大きくて、厚みある、立派な太刀魚の塩焼き。









■7品目
f0232060_15554017.jpg
意外と見た目よりさっぱりしている焼き胡麻豆腐。









■8品目
f0232060_1642853.jpg
〆の炊き立てトリュフご飯。出汁で炊いたご飯の上から、大将が黒トリュフを削ってくれます。いい香り。日本の出汁とトリュフは、相性いいですね!








■ご飯セット
f0232060_1644025.jpg
こんな感じで、よそってくれます。香の物と赤だし付き。残ったご飯はお持ちかえりできます。









■9品目
f0232060_16371347.jpg
食後のデザートは、牛乳のババロア。上には、抹茶とあんこが乗っています。
by meshi-quest | 2017-10-13 08:08 | 四谷








築地市場にほど近い場所にあるお気に入りのフレンチレストラン、


「en.terrible アンテリブル」でディナー。


f0232060_16125277.jpg


f0232060_16125765.jpg











今日は、美味しい和歌山県産イノシシの生ハムがあるとのことで、


目の前で大きくて立派なイノシシ肉を切り分けて、サラダ仕立てにしてもらう。


豚よりも、イノシシの方が野性味というか、味に深みがあって、すごく美味しい。


f0232060_16215671.jpg


f0232060_162210100.jpg


f0232060_16221432.jpg











大好きなトリュフ料理も色々とあったので、


トリュフたっぷりのスクランブルエッグと、


f0232060_1626379.jpg


f0232060_16261659.jpg











名物のフォアグラ入り「大人のハンバーグ」をいただく。


ざるそばの海苔かと思ってしまうほど(笑)、


山のように上からトリュフがかかってて、幸せ。


f0232060_16281373.jpg


f0232060_16283061.jpg









デザートは、自家製パフェ。


「アンテリブル」のパフェは、同じものが出てこなくて、


定期的に更新され、その度にナンバリングされていて、


パフェに名前はなく、そのナンバーだけが付けらている。









ちなみに、今回のパフェは、「No.29」


ブルーベリーとレモンを使った爽やかなパフェ。


f0232060_16331129.jpg


f0232060_16331628.jpg










「No.29」ということは、


29種分のパフェが存在するということだが、


過去のパフェもいくつかは食べてるけど、


知らないパフェもいっぱいあるので、いつか他のナンバーも食べてみたいな。








■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/









■今日のカメ

■「アンテリブル」
f0232060_16125277.jpg
大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。新橋演舞場近くの路地裏にあります。









■ワイン①
f0232060_16125765.jpg
お店おすすめの赤を。










■パン
f0232060_1741159.jpg
ボリュームたっぷりの自家製パン3種。










■イノシシの生ハム!
f0232060_16215671.jpg
めちゃくちゃ大きなイノシシの生ハム。この距離でももういい香りがします。

しかし、イノシシで毎年死亡事故のニュース見るけど、こんな太い足の動物に突撃されたら、そりゃ、死ぬわ・・。イノシシ、恐るべし。





■1品目
f0232060_162210100.jpg
和歌山県イノシシの生ハムのサラダ仕立て。ブラータチーズも入っています。

イノシシの味も香りも深くて、ワインにすごく合う。美味しい!







■2品目
f0232060_1791288.jpg
赤ピーマンのムースの生うに添え。超濃厚。









■3品目
f0232060_1626379.jpg
「サマートリュフのウッフブルイユ」。スクランブルエッグのトリュフ乗せ。いい香り。卵とトリュフの相性が抜群。








■ワイン②
f0232060_17114544.jpg
おまかせの赤ワイン。









■4品目
f0232060_17122217.jpg
紀州鴨のロースト・・・だったはず。









■赤ワイン③
f0232060_17154279.jpg
これもお店におまかせ。









■5品目
f0232060_16281373.jpg
名物の「大人のハンバーグ」。上にはトリュフがたっぷり、中にはフォアグラが入ってて、ご飯というよりワインに、子供というより大人に合うハンバーグ。







■アップ
f0232060_16283061.jpg
中にはこんなにたっぷりフォアグラが入ってます。










■6品目
f0232060_16331129.jpg
「No.29」という名前のパフェ。レモンの爽やかな酸味と、ブルーベリーの甘さで、食後に合う食べやすいパフェでした。







先日、数年ぶりにお邪魔したXEX代官山の寿司がとても美味しかったので、


今日は、同じ「XEX代官山」内にある「The BAR」へ。


f0232060_14224988.jpg










このバーのウリは、なんと言ってもテラス席


代官山界隈でも屈指の雰囲気良いオープンテラス。


暑さが少し和らいで、風から秋を感じるこの季節、すごくいい。


f0232060_14242478.jpg










ここに来ると、無性にバリ島を思い出し、バリ島が恋しくなる。


またすぐにでも行きたいな、バリ島。









「The BAR」では、併設されてる「aburiyaki&sushi An」の寿司メニューと、


「サルヴァトーレ クオモ ブロス」のイタリアンメニューの一部が注文できる。


なので、オープンテラスの素敵な夜景を見ながら、


和食のから揚げ食べつつ、ピザとナポリタンを食べるという


超絶贅沢なことが楽しめるようになっている。


f0232060_1428585.jpg


f0232060_1429191.jpg


f0232060_1429425.jpg


f0232060_1429564.jpg


f0232060_14291025.jpg


f0232060_14291467.jpg









特に、この季節はすごくいいな、XEX代官山。





■XEX代官山「The BAR」
http://www.xexgroup.jp/daikanyama
















西荻窪にある大好きなフレンチビストロ「organ」で夕食。


今日は、紺野シェフに料理もワインも完全おまかせのお楽しみコース。


f0232060_13221399.jpg


f0232060_13222032.jpg


f0232060_13222917.jpg











白桃とイチジクとホタテとブラッタータチーズのさわやかな前菜に始まり、


前菜の中にも使ってるロゼをマリアージュ。


f0232060_13255632.jpg


f0232060_13255841.jpg


f0232060_1326238.jpg










その後も、白イカや鴨肉、大山どりなど、色んな食材を使った


アートのように美しく、そして、すごく美味しい料理が次々と運ばれてくる。


f0232060_1331994.jpg


f0232060_13311279.jpg


f0232060_13311586.jpg


f0232060_13311934.jpg


f0232060_13312320.jpg


f0232060_13312579.jpg


f0232060_13312890.jpg


f0232060_13314435.jpg


f0232060_1331498.jpg


f0232060_1331545.jpg











魚料理のメインで出てきた鯛の朴葉蒸しが、


香りも良く、美味しかったのはもちろんのこと、


見た目にもすごく華やかで強く印象に残った。


f0232060_133453100.jpg


f0232060_133589.jpg


f0232060_13351854.jpg









「オルガン」に来ると、いつもお姫様になったような気分になれる。






■「organ オルガン」
http://www.tokyo-calendar.tv/dining/13419.html









■今日のカメ

■「オルガン」
f0232060_13221399.jpg
JR西荻窪駅南口から徒歩5分ほど。大きなバス通りを五日市通りに向かって歩いて行った道沿いにあります。








■店内の様子
f0232060_13222032.jpg
店内は素敵な調度品に囲まれたカウンターとテーブル。今日は窓側の席で。









■テーブルセット①
f0232060_1339315.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■テーブルセット②
f0232060_1340444.jpg
レモングラス、ミント、マジョラムなどフレッシュハーブティーに使うハーブが飾られてます。









■ワイン①
f0232060_13375073.jpg
料理が始まる前に、軽く赤ワインとウォッシュチーズ「タレッジオ」をw。お腹空いてて、つい・・・。







■1品目
f0232060_13255632.jpg
白桃、イチジク、生ホタテ、ブラッタータチーズの前菜。ハーブの香りと、白桃やイチジクの甘味で、前菜にはピッタリのさわやかな一品。








■ワイン②
f0232060_1326238.jpg
前菜のジュレにも使っているロゼをマリアージュ。きれいなピンク。









■パン
f0232060_1349485.jpg
しっかりとした味わいの美味しいライ麦パン。









■2品目
f0232060_13311586.jpg
パクチー、ブラッタータチーズ、トマト、生ホタテを使ったサラダ。ソースは、特製レモングラスマヨネーズ。このレモングラスマヨがすごく美味しくて、魚介の揚げ物とかにも合いそうな感じ。







■ワイン③
f0232060_13522257.jpg
パクチーサラダにマリアージュされた白。









■3品目
f0232060_13312320.jpg
福岡県白イカとトウモロコシと使った料理。









■ワイン④
f0232060_13541917.jpg
白イカにマリアージュされた白。









■4品目
f0232060_13312890.jpg
鴨肉とチコリのクレープ。









■ワイン⑤
f0232060_1356538.jpg
鴨肉にマリアージュされた赤。









■5品目
f0232060_133453100.jpg
大きな朴葉に包まれた、すごくいい香りの魚料理。









■中身はこんな感じ
f0232060_133589.jpg
開けると、鯛の蒸し焼きとご飯が入ってて、濃厚な鯛出汁のソースを上からかけてくれます。この鯛料理、めちゃくちゃ美味しかった!








■6品目
f0232060_1331498.jpg
メインの肉料理は、大山どりのむね肉のロースト。付け合わせにはバターナッツ。









■ワイン⑥
f0232060_140423.jpg
大山どりにマリアージュされた赤。









■7品目
f0232060_1331545.jpg
デザートはブルーベリームースとソルベ。甘さ控えめで、デザートもすごく美味しかった。









■ハーブティー
f0232060_1413837.jpg
テーブルにあるハーブを、好きなものを好きなだけ使って、自分だけのオリジナルハーブティーを作ります。自分で作るのは、なんでも楽しい。
by meshi-quest | 2017-09-25 08:08 | 西荻窪








懇意にさせていただいている


渋谷フレンチの名店「ラチュレ」の室田シェフからご招待いただき、


「第2回フレンチシェフスペシャリテ倶楽部」にお邪魔してきた。










場所は、東京を代表するグランメゾン「シェ・イノ」。


f0232060_1054019.jpg










名だたるグランメゾンのフレンチシェフ達が集まって、


自慢のスペシャリテだけを出してくれる超贅沢な、一夜限りの特別ディナーだ。


こんなに有名なシェフが一堂に会することも滅多にない。


さらに、そのシェフ達が弟子ではなく、


自らスペシャリテを作ってくださる非常に貴重な会でもあった。


f0232060_1057299.jpg


f0232060_1058088.jpg











料理が始まる前に、シェフ達が『スペシャリテ』に対する思いを語られてて、


フレンチの道に入るきっかけが「スペシャリテに憧れて」という方が多かった。


客としても、「あのシェフの、あの味が食べたい」というのがあって、


それは他では食べれないから、その店に行くのであり、


客もまさにスペシャリテに憧れてるし、スペシャリテを望んでいる。










さて、シェフも客もやや緊張しながらのすごいディナーがスタート。


1品目の前菜は、横浜「ラタトゥイユ」恩田シェフによるスペシャリテ、


「三崎の鮪のタルタル トマトのムースと共に」。


f0232060_1123641.jpg










恩田シェフの地元である三崎の鮪の旨味と、


トマトのさわやかな酸味がすごくよく合っていて、


美味しくて食べやすい前菜だった。


f0232060_1141399.jpg











ちなみに、パンは「シェ・イノ」のパケットだと思うのだが、


このバケットがめちゃくちゃ美味しくて、


まだコース始まって間もないのに、パンのお代わりが止まらなかったw。


f0232060_117296.jpg










2品目は、我らが渋谷「ラチュレ」の室田シェフによるスペシャリテ、


「タルトジビエ(蝦夷鹿、月の輪熊、日本猪)」。


f0232060_1154829.jpg










狩猟免許を持ち、自ら猟をするハンターシェフ室田さんならではの、


室田さんじゃないと作れないスペシャリテ。


鹿、熊、猪と、大物の4つ足が3体も入っているのに、


全く味がぶつかっておらず、タルトの中に見事に融合してて、驚く。


f0232060_1110557.jpg











3品目は、六本木「トレフミヤモト」宮本シェフのスペシャリテ、


「クロメスキ」というフォアグラとトリュフのソースコロッケ。


f0232060_11115744.jpg










キッチンを開放して、滅多に見られない、


実際宮本シェフがクロメスキを揚げている姿を見学。


非常に揚げ方が難しいようで、これは宮本シェフでないとできないそう。







外がカリッとしていて、中はほぼフォアグラとトリュフが液体状になっているので、


こぼれないように、食べる時はコロッケの端をそっと噛んで、中を吸うように食べる。


初めていただいたが、まさにスペシャリテと言える独創性と技術を感じる1品で、


あと2、3個食べたくなるくらいw、とても美味しかった。


f0232060_11155427.jpg


f0232060_1115574.jpg











4品目は、銀座「カイラダ」の皆良田シェフによるスペシャリテ、


「スモークした穴子のポワレ ソースポワヴルヴェール」。


f0232060_11181668.jpg









これは、皆良田シェフが修行をされていた


日本グランメゾンの名店「アピシウス」初代総料理長、


故・高橋シェフのスペシャリテで、


当時のことを思い出しながら、高橋シェフの味を再現してくださったもの。


今では食べれない一品が今夜復活とあって、感慨深い一品となった。


f0232060_1123101.jpg








穴子は3回もマリネして、寝かして・・・すごく時間のかかる料理であること、


師匠の高橋シェフからよく殴られた話(苦笑)など、貴重な思い出話も伺えた。











5品目のメインは、「シェ・イノ」古賀シェフによるスペシャリテ、


「シェ・イノ」の代名詞となっている「マリア・カラス」。


f0232060_11262513.jpg










美しいビジュアルと、独特のオーラを放つ仔羊のパイ包み焼き。


羊料理が大好きだったという世界的に有名な歌姫マリア・カラスさんから付けたそう。


仔羊の風味の力強さと同時に、不思議と上品さも併せもつメインディッシュ。


仔羊はとても柔らかく、素晴らしい火入れになっていて、


ソースとの相性も抜群だった。


f0232060_11313164.jpg










最後の6品目は、日比谷「南部亭」釜谷シェフによるスペシャリテ、


「マスカルポーネとオレンジのババロア スイカのスープ仕立て」。


f0232060_11325694.jpg











個人的にスイカが好きなのだが、スイカ系のデザートだと青臭さを感じることが多く、


でも、この釜谷シェフのスイカスープは、スイカの良いところだけが凝縮されてて、


とても好きなデザートだった。


f0232060_11344534.jpg












通常、スペシャリテだけでコースが組まれることはまずないので(笑)、


本当に貴重で、客としてもすごく勉強になった一日だった。










最近、若い人達と話していると、食事にあまり興味がない人が多く、


私の時代みたいに、美味しいものが食べたいから、頑張って働く、


上司や先輩の食べてる旨そうなものをいつか私も食べてやる!


そんな気持ちはあまりないみたいだ。


しかも、ガンガンお酒を飲む人も、酒にこだわる人も少ない。









良いか悪いかではなく、そうなると、


フレンチ、特に、グランメゾンのような高級クラッシックフレンチは、


若い人達へのバトンが渡しにくく、本当に苦労されるように思う。


しかも、ソースたっぷり、フォアグラたっぷりのようなフレンチは、


水で食べれるものではなく、お酒と楽しむように出来てるし、


飲めない、飲みたくないとなると、なおさら遠のく。









最後にシェフ達が、


「フレンチはお客さんの協力がないと生きていけない」と言ってたが、


素直に本当にそうだと思うし、色々と考えさせられる会でもあった。


第3回の開催あれば、またぜひお邪魔したいと思う。


f0232060_11431175.jpg


f0232060_11431948.jpg











恩田シェフ、室田シェフ、宮本シェフ、皆良田シェフ、古賀シェフ、釜谷シェフ、


各店のソムリエ、フロアスタッフ、サポートシェフの皆さん、


本当にお疲れ様でした!!







■「ラタトゥイユ」
http://ratatouille.yokohama/

■「ラチュレ」
http://www.deco-hygge.com/deco/

■「トレフミヤモト」
http://www.3fff-miyamoto.com/

■「カイラダ」
http://kairada.wpblog.jp/

■「シェ・イノ」
http://www.chezinno.jp/

■「南部亭」
http://www.nambu-tei.com/









by meshi-quest | 2017-09-07 10:31 | 東京








常連である私の知り合いからの紹介で、


開店半年でミシュラン星獲得をした割烹「喜作」へ。


f0232060_2045364.jpg


f0232060_2045773.jpg


f0232060_2045920.jpg


f0232060_20451342.jpg










料理は、どれも優しくて、上品な出汁が効いてて、


薄すぎず、濃すぎず、ご飯にも、お酒にも合う、美味しい日本料理ばかりだった。


お酒やワインも、料理に合わせた最高のものが用意されていて、


食事と飲みが好きな人には天国のような割烹だった。


f0232060_20502688.jpg


f0232060_20503430.jpg


f0232060_20505652.jpg


f0232060_20513100.jpg


f0232060_2051617.jpg


f0232060_20514276.jpg


f0232060_20514584.jpg








〆のご飯は、土鍋で炊いた白米に、


夏らしい鱧を、なんと衣付けて揚げた「鱧カツ」


特製のタルタルソースとの相性が抜群で、ご飯がグングン進む。


f0232060_20551285.jpg


f0232060_20551628.jpg


f0232060_2055202.jpg






鱧をカツで食べたのは初めてだが、


サッパリしていて食べやすく、何個でも食べれちゃう。


そして、この鱧カツ、なんとお代わり自由で(笑)、結局8個食べた。








一見、格式高く入りづらそうに見えて、とてもアットホームで、


料理も繊細なように見えて、すごく豪快なところもあって、


大将の性格が表れているのか、独特で不思議な日本料理店だった。


またぜひお邪魔させてもらいたいと思う。







■「割烹 喜作」
http://www.kappou-kisaku.com/








■今日のカメ

■「割烹 喜作」
f0232060_2045364.jpg
大江戸線、南北線「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。路地裏にある、十番で人気の飲食店が集まるビルの5階。私が大好きなイタリアン「ラパルタメント・ディ・ナオキ」さんもこのビル。







■入口
f0232060_2045920.jpg
外観はポップなビルですが、エレベーターを降りると、和の空間が広がってます。









■店内の様子
f0232060_20451342.jpg
カウンターと、個室の座敷。席数は少なめ。大将とお話できるカウンターがおすすめ。









■テーブルセット
f0232060_212652.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■お酒①
f0232060_2125190.jpg
まずは、梅酒で乾杯。「酒一筋純米梅酒」という梅酒。初めて飲みましたが、サッパリしていて、すごく飲みやすい、美味しい梅酒でした。







■1品目
f0232060_20502688.jpg
青森県のウニとばちこ。









■お酒②
f0232060_21122116.jpg
1品目に日本酒を飲んでくださいと言わんばかりの一品が出てきたのでw、日本酒に切り替え。香川県の「悦凱陣」。初めて飲む日本酒でしたが、これもすごく美味しい。







■2品目
f0232060_20503430.jpg
上品な出汁でサッと煮てある、生湯葉の吉野煮。めちゃくちゃ美味しい!!最近食べた湯葉で、間違いなく一番美味しかった。







■3品目
f0232060_20513100.jpg
車海老の酒盗漬けとウリの一品。









■お酒③
f0232060_20505652.jpg
大手ゲーム会社カプコンの代表取締役社長辻本憲三さんがオーナーを務めるトップワインブランド「ケンゾーエステイト」の「朝露」。今日はお祝いもあり、フルボトルがあったので、ちょっと贅沢して1本みんなでいただきました。






■4品目
f0232060_21224687.jpg
大分県産「花どんこ」が丸々1つ入ったスープ。どんこ椎茸のいい香り。









■5品目
f0232060_21235153.jpg
お造りはイサキ。









■6品目
f0232060_21242174.jpg
みる貝のたれ焼き。噛めば噛むほど、貝の甘味を感じる。









■7品目
f0232060_21285448.jpg
太刀魚の酢の物。上の薬味の新鮮な茗荷と太刀魚がすごく合ってる。









■8品目
f0232060_21301020.jpg
水ナスの揚げ出し。大将が「出汁を食べるための茄子」と言っていたくらい、出汁がめちゃくちゃ美味しい!!これでもか!というくらい芽ネギが乗ってますが、これでも足りないくらい、出汁と一緒に水ナスとネギを食べちゃいます。






■9品目
f0232060_2132258.jpg
新もずく。









■10品目
f0232060_21323131.jpg
サックサクの最中の中に、濃厚な豆腐の味噌漬けが入ってます。これもすごく好き。永遠にお酒飲めるw。









■11品目
f0232060_20551285.jpg
土鍋で炊いた白米に、香の物と、赤だしと、なんとカツ!









■鱧カツ、アップ
f0232060_20551628.jpg
お代わり自由の鱧カツ。軽くて、サクサクなので、何個でも食べられちゃいます。お代わりのたびに、ちゃんと揚げて、揚げたてを出してくれるので、またご飯をお代わりして食べてしまう、そして、おかずの鱧カツが無くなり、またお代わりの無限ループ突入w。






■特製タルタル、アップ
f0232060_2055202.jpg
ピクルスの代わりにしば漬けを使っていて、見た目にもかわいらしく、和食にすごく合います。









■12品目
f0232060_2137582.jpg
食後のデザートは、びわのジュースと、黒蜜抹茶プリン。








懇意にさせていただいてる大好きな鮨屋「鮨 尚充 たかみつ」で食事。



f0232060_14113978.jpg


f0232060_14114074.jpg











相変わらずの絶品おつまみと握りのオンパレードで、


f0232060_14135761.jpg


f0232060_1414130.jpg


f0232060_1414731.jpg


f0232060_14141298.jpg


f0232060_1414164.jpg


f0232060_1414264.jpg


f0232060_14143722.jpg











青森県の定置網で捕れた本マグロもめちゃくちゃ美味しくて、


そりゃ、日本酒もどんどん進んじゃうわけですが、


f0232060_1416778.jpg


f0232060_14161246.jpg


f0232060_14165732.jpg










今日の目玉は、コレ!


ウニの7種食べ比べ!!


7種も揃い踏みしてるのを見るのは初めてだ。


痛風なんて、どこ吹く風。圧巻。


f0232060_14183391.jpg


f0232060_14183878.jpg


f0232060_14184327.jpg











ムラサキウニに、


f0232060_14204267.jpg









ばふんウニに、


f0232060_1421025.jpg










これが、アカウニ。


f0232060_1421972.jpg









個人的には、ばふんが好みかな。


いいお鮨だった。









■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、PCからご覧いただければと思います。


■「尚充」
f0232060_14113978.jpg
東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。暖簾は営業中でも出てないのですが、中はやってます。









■店内の様子
f0232060_14114074.jpg
清潔感溢れる店内。カウンターのみ。席数は少なめ。予約必至。









■テーブルセット
f0232060_14263270.jpg
テーブルセットはこんな感じ。









■1品目
f0232060_14271248.jpg
淡路島の真鯛。









■2品目
f0232060_14273811.jpg
しじみのエキスが凝縮されたしじみのスープ。









■3品目
f0232060_1503341.jpg
明石のたこ。煮たこは、今までそんなに好きではなかったのですが、「尚充」さんのめちゃくちゃ旨味あって柔らかいたこを食べてから、好きになりました。







■4品目
f0232060_1515390.jpg
ホタルイカの炙り。









■5品目
f0232060_1523479.jpg
和歌山ののどぐろ。脂乗ってます。









■6品目
f0232060_14135761.jpg
京都の白イカ。









■7品目
f0232060_1414130.jpg
日高の毛ガニ。









■8品目
f0232060_154385.jpg
津軽のムラサキウニ。










■9品目
f0232060_1552714.jpg
こはだ。









■10品目
f0232060_156748.jpg
小柱。









■11品目
f0232060_1414731.jpg
「尚充」さんの絶品あん肝。









■12品目
f0232060_14141298.jpg
カツオ。









■13品目
f0232060_157426.jpg
メヒカリ。皮がパリッとしてて、中はふっくら。脂も乗ってて、めちゃくちゃ美味しい!









■14品目
f0232060_1414164.jpg
千葉の黒アワビ蒸し。










■15品目
f0232060_1510306.jpg
秋田のじゅんさいと、唐津のアカウニ。










■16品目
f0232060_1511456.jpg
からすみ。









■17品目
f0232060_1416778.jpg
青森県の定置網本マグロ。赤身。









■18品目
f0232060_15125253.jpg
中トロ。









■19品目
f0232060_14161246.jpg
大トロ。









■20品目
f0232060_15134073.jpg
腹身。









■21品目
f0232060_15144734.jpg
車海老。絶品。









■22品目
f0232060_1414264.jpg
アジ。









■ウニ、食べ比べ!
f0232060_14183391.jpg
7種のウニ。ウニがここまで勢ぞろいすると、圧巻です。









■23品目
f0232060_14204267.jpg
ダイセンのムラサキウニ。









■24品目
f0232060_1421025.jpg
木村のばふんウニ。個人的には、これは一番濃厚で、甘味あって好き。









■25品目
f0232060_1421972.jpg
唐津のアカウニ。









■26品目
f0232060_1519621.jpg
穴子の塩。









■27品目
f0232060_15193493.jpg
穴子のたれ。「尚充」さんの穴子がめちゃくちゃ美味しいので、いつも2種類いただきます。









■28品目
f0232060_15201824.jpg
ケーキを食べてるような、プリンを食べているような、デザート感覚のたまごで〆。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ