大好きな鮨屋、「鮨 尚充 たかみつ」で、マグロ祭り。




f0232060_15561023.jpg
























f0232060_15563938.jpg
























f0232060_1557389.jpg

































でも、今日の本当の主役は、こいつ。


f0232060_1558248.jpg



























元気いっぱい鎌を振り上げ、客を威嚇。


超凶暴(驚)









食べた方々はこぞって感動されてましたが、どうもシャコの見た目が・・・。


海老が好きなのに、まだどうしても超えられない壁。











■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、PCからご覧いただければと思います。


■「尚充」
f0232060_1643462.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。










■テーブルセット
f0232060_166269.jpgテーブルセットはこんな感じ。おすすめの日本酒を。









■1品目
f0232060_1664220.jpg松葉カレイ。










■2品目
f0232060_1672153.jpgすごく甘い枝豆。










■3品目
f0232060_1675262.jpg調子の金目。










■4品目
f0232060_1682390.jpgすみいか。










■5品目
f0232060_1684871.jpg香箱がに。めちゃくちゃ甘くて美味しい!










■6品目
f0232060_1694138.jpg愛媛のしろあまだい。










■7品目
f0232060_16101251.jpgいぶりがっことクリームチーズは、すごく相性がいいです。









■マグロ、登場!
f0232060_15563938.jpg見ただけで旨い!と解かるこのオーラw。










■大将
f0232060_15563938.jpg大将が丁寧に身を切ります。










■8品目
f0232060_1557389.jpg延縄漁で獲った「やま幸」の絶品マグロのづけ。










■9品目
f0232060_16134438.jpg中トロ。










■10品目
f0232060_16142123.jpg大トロ。うまーい。










■11品目
f0232060_16145546.jpg沖縄県のもずく。すごく細やかで美味しい。










■12品目
f0232060_16153687.jpg横須賀の煮たこ。










■13品目
f0232060_16161031.jpg木更津のこはだ。










■14品目
f0232060_16164462.jpg京都のカツオ。










■15品目
f0232060_1558248.jpg今日の目玉。活きのいい大きなシャコ。希望者のみ。私は写真のみ・・・。









■16品目
f0232060_1618522.jpg4時間蒸して、2日間出しに漬ける、「尚充」特製の蒸し黒アワビ。絶品。









■17品目
f0232060_1619931.jpg大好きな茹で車海老。甘くて、ホント美味しい。










■18品目
f0232060_16195283.jpgめひかり。脂が乗っていて、すごく美味しい。










■19品目
f0232060_16203643.jpg鹿児島県出水のあじ。










■20品目
f0232060_16213236.jpg焼きが美味しかったので、ついもう一品。のどぐろ。これも脂が乗ってて、美味しい!









■21品目
f0232060_16222460.jpgいくら。










■22品目
f0232060_16225087.jpg津軽海峡のむらさきうに。










■23品目
f0232060_16231883.jpgこちらは、ばふんうに。










■24品目
f0232060_16234843.jpg「尚充」の絶品穴子を塩で。










■25品目
f0232060_16243085.jpgもちろん、たれでも。










■26品目
f0232060_16245819.jpg大好きな「尚充」特製たまごは、ダブルで。いつも4ついただきますw。








知り合いのグルメな方の貸切食事会に便乗して、


都内で予約が取れない鮨屋の名店「波やし (はやし)」へ。










身がいっぱい詰まった甘いセイコガニに始まり、


f0232060_14225295.jpg




























食べ終わっても、まだ私の胃袋を掴んで離さず、


そこに熱燗を投入、カニ温泉状態。


f0232060_14242422.jpg
































ほど良く日本酒で暖まったところに、


アワビあり、あん肝あり、穴子とアボカドあり。


f0232060_1427252.jpg























f0232060_1428141.jpg























f0232060_14282293.jpg

































つまみターンが終わって、マグロきたー。


f0232060_1429194.jpg























f0232060_14293230.jpg


































スジコも、ウニもすごいぞ!


f0232060_14303288.jpg























f0232060_14305936.jpg































こんなに食べまくって、飲みまくって、


さすがにお会計は覚悟していたのだが、レシートを見て、超ビックリ。


そこら辺でいただく鮨屋さんより安い。










で、ついでに、次の予約が出来るのか聞いてみると、


3年先まで予約が埋まっているとのことで、またビックリ(笑)。









まあ、これで人気出ないわけがないよね・・・。


とはいえ、3年先とは驚き。


予約便乗させてくださった方に感謝。









■「波やし」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13070215/










■今日のカメ

■「波やし」
f0232060_14355112.jpgJR高円寺駅北口から徒歩5分ほど。仲通商店街の中にあります。









■店内の様子
f0232060_14371156.jpg席はカウンター数席のみ。本日は、知り合いのグルメな方による貸切でした。









■テーブルセット
f0232060_14382778.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■大将
f0232060_14391520.jpgすごく気さくで、丁寧な方でした。










■日本酒①
f0232060_14401476.jpg今日は、最初から日本酒。おすすめをいくつか出してもらいました。









■日本酒②
f0232060_14405445.jpg「波やし」では、必ず日本酒は試飲させてくれて、かつ、結構な量で飲ませてくれます。グラスが溜まってきたw。








■1品目
f0232060_1444298.jpgかわはぎのお造り。肝醬油で。










■2品目
f0232060_14444499.jpg海老、中トロなど、刺身の盛り合わせ。










■3品目
f0232060_1446721.jpgブリの炙りやエイヒレなど、お酒の肴。










■4品目
f0232060_14464616.jpg上品な出汁の茶碗蒸し。










■5品目
f0232060_14473394.jpgセイコガニ。越前ガニの雌。甘くて、美味しい!










■熱燗いれます。
f0232060_14242422.jpgカニの殻に熱燗を注いで、カニ酒です。










■6品目
f0232060_1449283.jpg「魚だけだと飽きると思うので・・・」と、みなもと牛のミニステーキ。









■7品目
f0232060_1450541.jpg酢飯のリゾット。初めて食べましたが、さっぱりしてて美味しいー。









■8品目
f0232060_14504285.jpgネギトロやイカを混ぜたものを海苔に巻いていただきます。









■9品目
f0232060_1428141.jpg美味しいあん肝でした。










■10品目
f0232060_1452981.jpgたくわんやきゅうりを混ぜた箸休め。鮨屋さんのサラダ。すごくいい箸休めで、かなり美味しい。









■11品目
f0232060_14531335.jpg穴子の肝と、煮たこ。










■12品目
f0232060_14535384.jpgサンマの揚げぽん酢。










■13品目
f0232060_14542751.jpg蒸しアワビ。










■14品目
f0232060_145586.jpgイカの肝和え。










■15品目
f0232060_14282293.jpgウナギとアボカドを海苔で巻いたもの。










■16品目
f0232060_1429194.jpg赤身のづけ。










■17品目
f0232060_14293230.jpg中トロ。










■18品目
f0232060_14572118.jpgアジ。










■19品目
f0232060_14303288.jpgスジコ。










■20品目
f0232060_14305936.jpgウニ。










■21品目
f0232060_14584260.jpg穴子。塩で。










■22品目
f0232060_14595444.jpgしじみの味噌汁。
by meshi-quest | 2015-12-18 08:08 | 高円寺








鮨好きの私をいつも楽しませてくれる、


大好きな鮨屋、「鮨 尚充 たかみつ」。











今日の「尚充」は、こんなの見せながらの、


f0232060_19135788.jpg



























大将が包丁を入れながらの、


f0232060_19145189.jpg



























づけありの、


f0232060_19153157.jpg



























中トロありの、


f0232060_19161569.jpg



























大トロありの、


f0232060_19165231.jpg






























マグロ尽くしで、なんとも幸せな夜だった。


ちなみに、その日の夜、大魚にまたがって、楽しく大海原を渡る夢を見たのだが、


なんだか形状がイルカでも、クジラでもなかったので、


あれは、マグロだったではないかと思ってる。











■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、
PCからご覧いただければと思います。


■「尚充」
f0232060_19191416.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。夜遅くまで満席で、ようやく閉店近くなり、お客様がいなくなった店内。

現在2ヵ月先くらいまで予約困難中。






■美しい厨房
f0232060_1920599.jpg清潔感溢れ、いつも整然としていて美しい。

鮨は、ずっと人の目に晒されている料理なので、気が抜けないので、大変だなあ・・・。







■テーブルセット
f0232060_19224847.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■日本酒
f0232060_19232425.jpg大将おすすめの日本酒を。










■1品目
f0232060_19235897.jpg平目。塩で。










■2品目
f0232060_19252185.jpg手ガニ、だったかな。身をほぐして、軽く出汁酢がかかったもの。カニが甘くて美味しい。









■3品目
f0232060_19263073.jpg鯛、だったかな。










■4品目
f0232060_19271999.jpg京都のイカ。










■5品目
f0232060_19275749.jpgカツオ。










■6品目
f0232060_19282366.jpgゲソ炙り。










■本鮪、きた!
f0232060_19135788.jpgすごい本鮪の塊が現れました!










■大将、捌き中
f0232060_19145189.jpg本鮪を大将が丁寧に捌いています。










■7品目
f0232060_19153157.jpg深浦定置網の本鮪赤身のづけ。










■8品目
f0232060_19161569.jpg同じく本鮪の中トロ。










■9品目
f0232060_19165231.jpg同じく本鮪の大トロ。










■10品目
f0232060_1932452.jpgイクラがあまり好きではなかった私が食べたくなるイクラ。









■11品目
f0232060_19332945.jpg「尚充」の自家製絶品あん肝。めちゃくちゃ美味しい。









■12品目
f0232060_19342532.jpg4時間蒸して、2日間出しに漬ける、「尚充」特製の蒸し黒アワビ。

アワビもあまり好きではなかったのですが、「尚充」でいただいて初めて美味しいと思いました。






■13品目
f0232060_1936068.jpg黒アワビを付けていただく、アワビの肝とウニを入れた濃厚なたれに、ご飯を一口入れて、肝ご飯。うまー。








■14品目
f0232060_19378100.jpg穴子の白焼き。おつまみで。










■15品目
f0232060_1938631.jpgめひかりの焼き。脂が乗っていて、めちゃくちゃ美味しい!









■16品目
f0232060_19384690.jpg何かの青魚。名前失念。










■17品目
f0232060_193938100.jpg絶品蒸し車海老。甘くてホント美味しい!!










■18品目
f0232060_19404476.jpg佐島の煮たこ。










■19品目
f0232060_19413743.jpg魚がすごく美味しかったので、のどくろも焼いてもらいました。脂が乗ってて、これも絶品。









■20品目
f0232060_19423162.jpgアジ。










■21品目
f0232060_19425960.jpgウニの食べ比べ、3連チャン。

まずは、紫ウニ。








■22品目
f0232060_19443666.jpgばふんウニだったと思う。










■23品目
f0232060_19454317.jpg赤うに、だったような気がする。

ちょっとクセがあるけど、赤ウニ結構好きな味。








■24品目
f0232060_19463548.jpg穴子を塩で。










■25品目
f0232060_194759.jpg次は、たれで。










■26品目
f0232060_19473724.jpg〆のわさび巻き。

わさび巻きを食べるとか、なんだか大人な気分w。








■27品目
f0232060_19482550.jpg「尚充」特製の絶品たまごは、大好きなので、いつもダブルでいただきます。









■おわん
f0232060_1949490.jpg魚のあらで出汁を取ったやさしい味わいのお椀。










中目黒に大好きな鮨屋、「鮨 尚充 たかみつ」へ。


改めて思うけど、ホント美味しいなあ、「尚充」さんのお鮨。












今日は、産地、種類、味が異なるウニが4種あるとのことで、全部いただいた。


津軽の紫うにに、

f0232060_15162928.jpg



























利尻島のはふんうに

f0232060_15181366.jpg




























唐津のあかうにと、

f0232060_15192026.jpg




























長崎のあかうに。


同じあかうにでも、産地で食べているエサが違うらしく、味が全然違う。

f0232060_14442938.jpg






























ウニ祭りだった。


今年、結局、どこの夏祭りにも行けなかったけど、ウニ祭りには参加できた。














■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、
PCからご覧いただければと思います。


■「尚充」
f0232060_14474442.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。目黒川から2本くらい裏に入った路地にあります。









■店内の様子
f0232060_14481980.jpg清潔感あって、美しい店内。季節感溢れる花瓶の投げ入れ。

私たちのように来ている客もさることながら、ここで働いているスタッフも気持ちいいだろうなあ。






■テーブルセット
f0232060_14503012.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■日本酒
f0232060_14595536.jpgお店おすすめの、夏らしいさっぱりした日本酒を。










■1品目
f0232060_1452625.jpgまずは、平目。刺身で。










■2品目
f0232060_14555279.jpg佐島の煮たこ。

煮たこ自体はそこまで好きではないのでうが、「尚充」さんの煮たこは別格。柔らかくて、ホント美味しい。






■3品目
f0232060_14563572.jpg毛ガニ、だったかな。甘くて美味しい。










■4品目
f0232060_14581527.jpgめざしだったかな。










■5品目
f0232060_14591024.jpg秋田のじゅんさい。










■6品目
f0232060_1504869.jpgいぶりがっこのクリームチーズ挟み。おしんことチーズは合う!









■7品目
f0232060_14454635.jpgフォトジェニックなしんこ。










■8品目
f0232060_1446914.jpg調子の金目。










■9品目
f0232060_1533088.jpg京都のいか。










■10品目
f0232060_1541150.jpg4時間蒸して、2日間出しに漬ける、「尚充」特製の蒸し黒アワビ。

アワビの肝とウニを入れた濃厚なたれに付けていただきます。






■肝たれ
f0232060_1552249.jpg残った肝たれの中に、一口鮨飯を入れてくれるので、絶品肝たれも残さず全部いただけます。









■11品目
f0232060_1563216.jpg千葉のカツオ。










■12品目
f0232060_1585873.jpg青森県深浦定置網で獲れた本マグロの赤身。










■13品目
f0232060_1510668.jpg同じく深浦定置網の本マグロ中トロ。










■14品目
f0232060_15105839.jpg「尚光」特製の絶品あん肝。

あまりあん肝は好きな方ではないので、ここくらいかな、好んであん肝食べるのは。







■15品目
f0232060_1512158.jpg箸休めのかっぱ。










■16品目
f0232060_15123743.jpgのどぐろを焼きで。脂がめちゃくちゃ甘くて美味しい。









■17品目
f0232060_15133284.jpgアジ。










■18品目
f0232060_15142284.jpg蒸し海老。絶品。










■19品目
f0232060_15162928.jpg今日は、産地も、種類も、味も異なる4種のウニがあるとのことで、4種全部いただくことに。

まずは、津軽の紫ウニ。さっぱりした味わい。







■20品目
f0232060_15181366.jpg利尻のばふんうに。とても甘みのあるうに。

結構好きな味わい。








■21品目
f0232060_15192026.jpg唐津のあかうに。










■22品目
f0232060_14442938.jpg長崎のあかうに。

このウニはかなり濃厚でややクセがあるけど、結構好きかも。







■23品目
f0232060_152746.jpg穴子を塩で。柚子のほのかないい香り。










■24品目
f0232060_152825.jpgネギトロ。

「尚充」さんの海苔が美味しいので、のり巻き必食。







■25品目
f0232060_15291226.jpgネギトロで締めるつもりが、心残りがあって、追加で金目の炙りを。金目って炙ると、美味さが3倍に跳ね上げる気がする。

ああ、絶品。脂が体に染み渡る・・・。






■26品目
f0232060_15321480.jpg「尚充」名物の玉子。玉子と言うより、上品なケーキのような味わい。

通常2つなのですが、大好きすぎて、私はいつも4つ。






■お椀
f0232060_15413545.jpg魚で出汁が取られたあおさの味噌汁。








築地市場に来たら、やっぱり魚が食べたくなるわけで、


そうなると、寿司が筆頭候補に上がるわけで。











なんかね、あんまり観光地だからとか、


そんな話は言いたくもないし、聞きたくもないんだけど、


築地場外の一等地にあって、すごく目立っていて、


そうなると逆に不安になるというか、半信半疑で入ってみたものの、


出だしの水茄子から、あまり美味しくなくて、


f0232060_16535777.jpg




























名物が炙りと聞いて頼んだ金目鯛炙りもあまり美味しくなくて、

f0232060_16544520.jpg




























海老も甘味がなくて、

f0232060_1655309.jpg



























クエの塩焼きは、すごく塩辛くて、食べ切れなくて、

f0232060_16561663.jpg
































大好きな寿司への想いがこっぱみじんこに砕かれ、


知り合いのイタリアンへ駆け込む、そんな夏のある日。










■「つきぢ神楽寿司」
http://tukijikagura.jp/













■今日のカメ

■「つきぢ神楽寿司」
f0232060_16592100.jpg大江戸線「築地市場駅」から徒歩3分ほど。築地場外のメイン通り沿いにあります。

すごく大きな看板とネオンで、目立ちます。







■店内の様子
f0232060_1705360.jpgカウンターとテーブル。

遅い時間はほとんど場外のお店が閉まってしまう中、ここは比較的遅い時間までやってます。







■アイス緑茶
f0232060_1721828.jpg本日は、休肝日。










■水茄子
f0232060_1715784.jpgあまり美味しくなかったなあ、この水茄子。シャキシャキしてないし、甘味もない。









■たまご
f0232060_1732587.jpg食べた中では、一番たまごが美味しかったかな。










■えび
f0232060_174466.jpgその鮨屋さんのことがよく分かるネタの1つと言われる蒸し海老。正直、全く美味しくなかった。









■金目炙り
f0232060_16544520.jpg金目炙りの、あの脂のジューシーさがまるでなかったです。炙りがウリと聞いたんだが・・・。









■まぐろ
f0232060_176436.jpg中トロ、赤身も、イマイチ。










■焼きアスパラ
f0232060_1763986.jpgアスパラ自体、あまり甘味なく、焼きの問題かシワシワ。塩もかけすぎ・・・。









■クエの塩焼き
f0232060_16561663.jpgクエも塩かけすぎ。なんだかなあ・・・もう。









「こぼれている」という単語は、


往々にして、ネガティブに使われることが多い。













こぼれてる(泣)


こぼれてる(怒)


こんな感じだ。












ところが、中野に、この「こぼれている」をポジティブに使えている鮨屋があって、


こぼれてる(喜)


であり、


こぼれてる(笑)


でもある。












こぼれんばかりの・・・、いや、実際こぼれている寿司ネタをご覧くださいw。


こんなに大量に乗せてるのに、ちっとも味が安っぽくなくて、美味しいのがすごい。


f0232060_11171561.jpg

























f0232060_11175256.jpg

























f0232060_111826100.jpg



































■「梅寿司」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13039586/












■今日のカメ

■「梅寿司」
f0232060_11192786.jpgJR中野駅から徒歩12分ほど。ちょっと駅からは歩きます。

場所は一緒ですが、昨年店内改装をされたようで、とても綺麗なお店になってました。






■テーブルセット
f0232060_1121355.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■かんぱち
f0232060_11222613.jpgまずは白身から。このかんぱちも他店に比べると、相当厚切りです。

繊細さはないですが(笑)、ネタはとても新鮮で、厚切りでもホント美味しい鮨になっています。






■赤身
f0232060_11234229.jpg赤身も大きめ。










■中トロ
f0232060_1124181.jpgシャリからネタがこぼれはじめましたw。この中トロの厚切りっぷりw。









■あじ
f0232060_11251124.jpg青ネギがこぼれているので、別皿で。










■甘エビ
f0232060_1126728.jpg甘エビが8匹。これで1貫です。










■いくら
f0232060_1127162.jpgアフロヘアーのようになってますw。










■どかしてみた。
f0232060_11171561.jpgいくらのアフロの部分をどかしてみました。もう1貫作れそうなくらいありました。









■ウニ
f0232060_11175256.jpgウニもてんこ盛りです。
2段くらいありますね。でも、こんなに雑に盛られてるのにw、ちゃんと美味しいウニです。








■とろたく
f0232060_111826100.jpg上に乗っているだけでなくて、ちゃんと下の巻物の中にもとろたくが巻かれています。ご飯量より、とろの方が多いです。








ご招待いただき、湯島にある鮨屋「一心 (いっしん)」へ。












湯島のちょっとディープな夜の飲食店街にあり、


門構えがキャバクラっぽいので一見入りづらいが(笑)、


中はアットホームで、大将も気さくな人だった。












味や内容にすごい特徴があるわけではないが、


いい意味で食べやすく、普通に美味しいお鮨だった。


f0232060_17105561.jpg

























f0232060_17113127.jpg

























f0232060_1712457.jpg


































■「鮨 一心」
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13003628/















■今日のカメ

■「一心」
f0232060_1712457.jpgJR「御徒町駅」、千代田線「湯島駅」から徒歩5分ほど。









■店内の様子
f0232060_17173812.jpgカウンターとお座敷。席数はかなりあります。










■テーブルセット
f0232060_17182351.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■日本酒
f0232060_17191168.jpg鮨なので、ここは日本酒をいただきますー。










■お通し
f0232060_17202618.jpgおひたしや柚子味噌和えなど。










■もずく酢
f0232060_1721282.jpg細かくて、美味しいもずく酢でした。










■鮨①
f0232060_17105561.jpgかんぱち、だったかな。脂が乗ってて、美味しかったです。









■鮨②
f0232060_17113127.jpgアジだったかな。










■鮨③
f0232060_17235762.jpg中トロだったかな・・。










■鮨④
f0232060_1725347.jpg蒸し車海老。










■鮨⑤
f0232060_17254057.jpgとろたく巻き。うまうま。










■鮨⑥
f0232060_17264116.jpg穴子。
by meshi-quest | 2015-06-19 08:00 | 上野・浅草







ご招待いただき、小伝馬町駅近くにある老舗鮨屋


「神田 宇廼丸(うのまる)」へ。













最初に、名前の読み方を教えてもらっていたから良かったものの、


きっと知らなかったら、


「読めない」⇒「Google先生に聞けない」⇒「たどり着けない」


になっていたのではないかと思われる。













花柳町の柳橋にあった「宇廼丸(うのまる)」の暖簾分けということで、


代々続く、由緒ある鮨屋さんらしい。


変な意味ではなく昔ながらの・・・というか、こういう鮨屋さんで、


座敷とか座って、かしこまって鮨食べたのは、久しぶりだなあ。


f0232060_14571291.jpg

























f0232060_14573755.jpg
































■「神田 宇廼丸(うのまる)」
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13042400/















■今日のカメ

■「神田 宇廼丸」
f0232060_14591087.jpg日比谷線「小伝馬町駅」から徒歩3分ほど。JR秋葉原駅昭和通り口からも歩けます。

神田金物通りと水天宮通りがクロスしたあたりです。






■店内の様子
f0232060_14573755.jpgカウンターかなと思っていたら、奥の座敷へ。鮨×座敷の組み合わせは久しぶりだなあー。









■テーブルセット
f0232060_1513694.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■にぎり並
f0232060_14571291.jpgにぎりの並の1.5人前。

よくここに来られていた方曰く、並だけだと少ないので、1.5人前くらいで注文するのがおすすめとのこと。






■にぎり、アップ①
f0232060_1531925.jpg鮪の赤身とか。










■にぎり、アップ②
f0232060_1535576.jpg白身とか。

ランチだから?なのかもしれないが、全体的にしゃりは多めのにぎりでした。







■味噌椀
f0232060_1545063.jpgいい出汁が出ているあさりの味噌汁。






秋葉原に会社が移転するまで全く知らなかったが、


お隣の浅草橋と言う町は、ホント美食な町で、


冒険すればするほど、その奥の深さに驚かされている。













下町の問屋や小さな商店と、静かな住宅街が合わさっていて、


一見すると、目を惹く飲食店もなさそうなのだが、


路地裏とか、ビルの2階だったりとか、隠れた場所にたくさん名店がある。













こういう町は、下手に地図や勘を頼りに回るより、


知っている人に聞くのが一番なので、


浅草近辺に住むグルメ特派員に情報を聞きながらクエストを進めているのだが、


今回、地元の人に人気があると言う鮨屋を教えてもらい、行ってみた。














確かにここは知ってる人じゃないと来れないなあという場所にあり、


本館をお父さんが、別館を息子さんがやっていて、


気軽に入れて、つまみも、にぎりもなかなか美味しい。


f0232060_14174429.jpg























お祝いや記念日に食べに行くというより、


会社帰りにフラッと立ち寄って、つまんで、家に帰る感じ。


こういうお店が残っていて、活気があるのは、いい町の証拠。














■「江戸前 寿し政 本館」
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13094529/

















■今日のカメ

■「寿し政 本館」
f0232060_14223837.jpgJR浅草橋駅から徒歩5分ほど。住宅街の、ちょっと分かりにくい路地にあります。









■店内の様子
f0232060_14234383.jpgすごくアットホームな店内。カウンターとテーブルがあり、席数はそこそこあります。









■テーブルセット
f0232060_14252161.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■お通し
f0232060_1427467.jpgクエの煮こごり。










■刺し盛
f0232060_14275475.jpg寒ぶり、中トロ、平目など。










■にぎり①
f0232060_14285238.jpgカンパチ、車海老、アジ。ネタも、シャリも、大ぶりの江戸っ子寿司です。なかなか美味しいにぎりでした。








■にぎり②
f0232060_14312359.jpgネギトロ。










■にぎり③
f0232060_14321111.jpg中トロ。










■にぎり④
f0232060_14324183.jpgウニ。










■にぎり⑤
f0232060_1433854.jpg穴子を塩とタレで。










■たまご
f0232060_143350100.jpg自家製の甘めのおつまみ玉子。















by meshi-quest | 2015-02-19 08:02 | 上野・浅草






今年初となる「鮨 尚充 たかみつ」へ。













「鮨 尚充 たかみつ」は、


昨年発表させていただいた「メシュラン2014」にも選ばせていただいたが、


個人的に都内で一番美味しいと思っている鮨屋。














そんな話を大将にしていたら、


なんと「メシュラン2014」で掲載させてもらった


〆鯖半身を使った鯖寿司をまた特別に作ってくれました!


f0232060_17303450.jpg



















泣けるほど美味かったことは言うまでもなく。


ああ、今年も良いことありそうだ。幸せ。


















■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、
PCからご覧いただければと思います。




■「鮨 尚充」
f0232060_1736317.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。目黒川から2本くらい裏に入った路地にあります。









■店内の様子
f0232060_17372670.jpg高級感、清潔感溢れる店内。でも、全く堅苦しくなく、居心地がいい素晴らしい鮨屋。









■テーブルセット
f0232060_17383489.jpgテーブルセットはこんな感じ。









■「奥の松」
f0232060_1745569.jpg福島県の「奥の松」という日本酒だそうです。サラッとして飲みやすい。そして、「尚充」の酒器は、ホント美しい。








■1品目
f0232060_17465917.jpgいつもおまかせ。つまみから、ちょうどいいところでにぎりに入ってくれます。

これは、ひらすずき。塩で。







■2品目
f0232060_17475410.jpg4.5kgあったという、佐島の煮たこ。めちゃくちゃ柔らかい!









■3品目
f0232060_17492962.jpgめひかり。こんなに小さいのに、しっかり脂が乗っています。









■4品目
f0232060_17501434.jpg手前はカツオ、奥は初めて食べましたが千葉の「わたなべ」という魚。

「わたなべ」は、やいとがつおというカツオらしいのですが、千葉で捕れると「わたなべ」と呼ばれるそうです。





■5品目
f0232060_1752530.jpg自家製あん肝。とても上品な口当たり。「尚充」のあん肝、大好き。









■日本酒②
f0232060_17531735.jpgここで次の日本酒登場。山形県の「爆雷」という日本酒だそうです。









■6品目
f0232060_17552593.jpg「尚充」の絶品蒸しあわび。その柔らかさと香りに、誰もが驚くと思います。









■7品目
f0232060_17582397.jpgさより。ホント美しい。










■8品目
f0232060_1759939.jpg赤むつ。表面を軽く炙ってあります。










■9品目
f0232060_17595383.jpgこれ、めかぶなんですが、めちゃくちゃ美味しくて、今まで食べたことのない味がしました。驚いた・・・。

めかぶにも季節があるそうで、1月~3月が旬だそうです。





■10品目
f0232060_1814096.jpgすみいか。










■日本酒③
f0232060_1821274.jpg山口県の「獺祭」の磨き二割三分。贅沢させてもらいました。









■11品目
f0232060_1842875.jpg子持ちやりいか。ちょうど出始めの走りの時期で、とても美味しい。









■12品目
f0232060_1851889.jpgこはだ。










■13品目
f0232060_186112.jpg大間のはえなわで捕れた本マグロ中トロ。










■14品目
f0232060_1871099.jpg同じく大間本マグロの赤身。










■15品目
f0232060_1875913.jpg「尚充」の茹で車海老は、日本一だと思う。










■16品目
f0232060_1885932.jpg紫うに。










■17品目
f0232060_1894839.jpg鹿児島県いずみのアジ。










■18品目
f0232060_18104395.jpgいくら。










■19品目
f0232060_18112259.jpgイワシ。










■鯖寿司、きたー。
f0232060_1812448.jpg大将が特別に鯖寿司を作ってくれました。

鯖の半身を丸々使っちゃう上、時間もかかるので、ホント特別に。







■20品目
f0232060_18135910.jpgああ、めちゃくちゃうまい・・・。

鯖の半身を使い、中には大葉、ガリ、ゴマが入っています。







■巨大赤貝、登場。
f0232060_1815151.jpg「日本で一番うまい」という宮城県閖上(ゆりあげ)の赤貝。

カボスの大きさ比べても、デカイ!







■心臓だな、これ。
f0232060_18164988.jpg赤貝って、ホント不思議ですね。真っ赤な血は出るわ、変な形しているわ。まるで、心臓。









■21品目
f0232060_1818798.jpgさっきの大きな赤貝から、実際はこの身1つしか取れません。貴重な赤貝。









■22品目
f0232060_18192396.jpg穴子。塩で。










■23品目
f0232060_182031.jpg穴子。タレも。










■おかわり①
f0232060_18211998.jpg一通りいただいて、おかわりタイム。大好きな茹で海老を。









■おかわり②
f0232060_18221534.jpg大将のご厚意と、他のお客さんも食べたいと言うことで、また鯖寿司を作ってもらいました。絶品。









■24品目
f0232060_18232352.jpgこれまた絶品の「尚充」特製たまご。濃厚なプティングみたいな味わい。









■25品目
f0232060_18241561.jpgいい出汁が出ているお椀。〆にピッタリ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ