秋葉原に会社が移転するまで全く知らなかったが、


お隣の浅草橋と言う町は、ホント美食な町で、


冒険すればするほど、その奥の深さに驚かされている。













下町の問屋や小さな商店と、静かな住宅街が合わさっていて、


一見すると、目を惹く飲食店もなさそうなのだが、


路地裏とか、ビルの2階だったりとか、隠れた場所にたくさん名店がある。













こういう町は、下手に地図や勘を頼りに回るより、


知っている人に聞くのが一番なので、


浅草近辺に住むグルメ特派員に情報を聞きながらクエストを進めているのだが、


今回、地元の人に人気があると言う鮨屋を教えてもらい、行ってみた。














確かにここは知ってる人じゃないと来れないなあという場所にあり、


本館をお父さんが、別館を息子さんがやっていて、


気軽に入れて、つまみも、にぎりもなかなか美味しい。


f0232060_14174429.jpg























お祝いや記念日に食べに行くというより、


会社帰りにフラッと立ち寄って、つまんで、家に帰る感じ。


こういうお店が残っていて、活気があるのは、いい町の証拠。














■「江戸前 寿し政 本館」
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13094529/

















■今日のカメ

■「寿し政 本館」
f0232060_14223837.jpgJR浅草橋駅から徒歩5分ほど。住宅街の、ちょっと分かりにくい路地にあります。









■店内の様子
f0232060_14234383.jpgすごくアットホームな店内。カウンターとテーブルがあり、席数はそこそこあります。









■テーブルセット
f0232060_14252161.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■お通し
f0232060_1427467.jpgクエの煮こごり。










■刺し盛
f0232060_14275475.jpg寒ぶり、中トロ、平目など。










■にぎり①
f0232060_14285238.jpgカンパチ、車海老、アジ。ネタも、シャリも、大ぶりの江戸っ子寿司です。なかなか美味しいにぎりでした。








■にぎり②
f0232060_14312359.jpgネギトロ。










■にぎり③
f0232060_14321111.jpg中トロ。










■にぎり④
f0232060_14324183.jpgウニ。










■にぎり⑤
f0232060_1433854.jpg穴子を塩とタレで。










■たまご
f0232060_143350100.jpg自家製の甘めのおつまみ玉子。















by meshi-quest | 2015-02-19 08:02 | 上野・浅草






今年初となる「鮨 尚充 たかみつ」へ。













「鮨 尚充 たかみつ」は、


昨年発表させていただいた「メシュラン2014」にも選ばせていただいたが、


個人的に都内で一番美味しいと思っている鮨屋。














そんな話を大将にしていたら、


なんと「メシュラン2014」で掲載させてもらった


〆鯖半身を使った鯖寿司をまた特別に作ってくれました!


f0232060_17303450.jpg



















泣けるほど美味かったことは言うまでもなく。


ああ、今年も良いことありそうだ。幸せ。


















■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、
PCからご覧いただければと思います。




■「鮨 尚充」
f0232060_1736317.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。目黒川から2本くらい裏に入った路地にあります。









■店内の様子
f0232060_17372670.jpg高級感、清潔感溢れる店内。でも、全く堅苦しくなく、居心地がいい素晴らしい鮨屋。









■テーブルセット
f0232060_17383489.jpgテーブルセットはこんな感じ。









■「奥の松」
f0232060_1745569.jpg福島県の「奥の松」という日本酒だそうです。サラッとして飲みやすい。そして、「尚充」の酒器は、ホント美しい。








■1品目
f0232060_17465917.jpgいつもおまかせ。つまみから、ちょうどいいところでにぎりに入ってくれます。

これは、ひらすずき。塩で。







■2品目
f0232060_17475410.jpg4.5kgあったという、佐島の煮たこ。めちゃくちゃ柔らかい!









■3品目
f0232060_17492962.jpgめひかり。こんなに小さいのに、しっかり脂が乗っています。









■4品目
f0232060_17501434.jpg手前はカツオ、奥は初めて食べましたが千葉の「わたなべ」という魚。

「わたなべ」は、やいとがつおというカツオらしいのですが、千葉で捕れると「わたなべ」と呼ばれるそうです。





■5品目
f0232060_1752530.jpg自家製あん肝。とても上品な口当たり。「尚充」のあん肝、大好き。









■日本酒②
f0232060_17531735.jpgここで次の日本酒登場。山形県の「爆雷」という日本酒だそうです。









■6品目
f0232060_17552593.jpg「尚充」の絶品蒸しあわび。その柔らかさと香りに、誰もが驚くと思います。









■7品目
f0232060_17582397.jpgさより。ホント美しい。










■8品目
f0232060_1759939.jpg赤むつ。表面を軽く炙ってあります。










■9品目
f0232060_17595383.jpgこれ、めかぶなんですが、めちゃくちゃ美味しくて、今まで食べたことのない味がしました。驚いた・・・。

めかぶにも季節があるそうで、1月~3月が旬だそうです。





■10品目
f0232060_1814096.jpgすみいか。










■日本酒③
f0232060_1821274.jpg山口県の「獺祭」の磨き二割三分。贅沢させてもらいました。









■11品目
f0232060_1842875.jpg子持ちやりいか。ちょうど出始めの走りの時期で、とても美味しい。









■12品目
f0232060_1851889.jpgこはだ。










■13品目
f0232060_186112.jpg大間のはえなわで捕れた本マグロ中トロ。










■14品目
f0232060_1871099.jpg同じく大間本マグロの赤身。










■15品目
f0232060_1875913.jpg「尚充」の茹で車海老は、日本一だと思う。










■16品目
f0232060_1885932.jpg紫うに。










■17品目
f0232060_1894839.jpg鹿児島県いずみのアジ。










■18品目
f0232060_18104395.jpgいくら。










■19品目
f0232060_18112259.jpgイワシ。










■鯖寿司、きたー。
f0232060_1812448.jpg大将が特別に鯖寿司を作ってくれました。

鯖の半身を丸々使っちゃう上、時間もかかるので、ホント特別に。







■20品目
f0232060_18135910.jpgああ、めちゃくちゃうまい・・・。

鯖の半身を使い、中には大葉、ガリ、ゴマが入っています。







■巨大赤貝、登場。
f0232060_1815151.jpg「日本で一番うまい」という宮城県閖上(ゆりあげ)の赤貝。

カボスの大きさ比べても、デカイ!







■心臓だな、これ。
f0232060_18164988.jpg赤貝って、ホント不思議ですね。真っ赤な血は出るわ、変な形しているわ。まるで、心臓。









■21品目
f0232060_1818798.jpgさっきの大きな赤貝から、実際はこの身1つしか取れません。貴重な赤貝。









■22品目
f0232060_18192396.jpg穴子。塩で。










■23品目
f0232060_182031.jpg穴子。タレも。










■おかわり①
f0232060_18211998.jpg一通りいただいて、おかわりタイム。大好きな茹で海老を。









■おかわり②
f0232060_18221534.jpg大将のご厚意と、他のお客さんも食べたいと言うことで、また鯖寿司を作ってもらいました。絶品。









■24品目
f0232060_18232352.jpgこれまた絶品の「尚充」特製たまご。濃厚なプティングみたいな味わい。









■25品目
f0232060_18241561.jpgいい出汁が出ているお椀。〆にピッタリ。






ご招待いただき、西麻布にある隠れ家鮨屋、「鮨処 たか」へ。













鮨好きの私に、「長年通っているとても美味しい鮨屋があるので」、


と、連れてきていただいた。













つまみも、にぎりも、とても丁寧に作られていて、本当に美味しかった。


結構いろんな鮨屋に行っているが、初めて「椎茸のにぎり」なるものを食べた。













お店自体はとてもフレンドリーで居心地もいいんだが、


場所的にも、雰囲気的にも、なかなか一見では来にくい感じ。


常連さん、ありがたや。














■「鮨処 たか」
http://list.tabiiro.jp/304594.html

















■今日のカメ

■「鮨処たか」
f0232060_18521514.jpg西麻布交差点から徒歩5分ほど。路地裏にあります。

一軒、ちょっと高そうな和風なお家に見えるコチラがお店。周りは普通の住宅で、目印になるような看板はありません。






■店内の様子
f0232060_18544676.jpg1階にお座敷、2階にカウンターがあります。靴を脱いであがります。

大将のたかさん曰く、靴を脱いで食事をするとリラックスできる、とのこと。確かに、カウンターでも、なぜかすごくゆったりできる!





■テーブルセット
f0232060_18571743.jpgテーブルセットはこんな感じ。着席時に、すでにここまでセットされています。









■小鉢アップ①
f0232060_185810100.jpgまずは、お酒を飲みながら、小鉢をつまむ。

すべて丁寧に作られていて、すごく美味しい。優しい味の小鉢が6種ほど。これだけで、ワクワクする。







■小鉢アップ②
f0232060_1905734.jpg何気ない大根とイカの煮物ですが、めちゃくちゃ美味しかったです。3食この煮物とご飯でもいいくらい。








■大将
f0232060_1921027.jpg客側のカウンターと、大将たかさん側のカウンターがフラットで、すごく距離が近く、ライブ感があります。








■1品目
f0232060_1934924.jpg最初に言い訳をしておくと、食べることに集中してしまい、今回一切メモを取っていませんー。

というわけで、一品目の白身から名前失念w。美味しかったことだけは確か!






■2品目
f0232060_1953485.jpgこれは、確かカワハギ・・・のはず。肝美味しかった。









■3品目
f0232060_19618100.jpg白身は失念してしまいましたが、黄色いたれはオリーブオイルとトリュフ塩です。これが、白身魚ととっても合っていました。それは覚えてる!








■4品目
f0232060_1911415.jpgみる貝と赤貝・・・たぶん。










■5品目
f0232060_19121553.jpgとり貝・・・おそらく。










■6品目
f0232060_19124981.jpgたいら貝の磯辺。










■7品目
f0232060_19132270.jpg自家製のからすみ。










■8品目
f0232060_1914174.jpg〆鯖。










■9品目
f0232060_19143478.jpg本マグロの中トロ。










■10品目
f0232060_1915583.jpg白身、失念・・・。










■11品目
f0232060_19155334.jpg白身の昆布〆。










■12品目
f0232060_19163062.jpg本マグロの赤身。










■13品目
f0232060_1917220.jpg白イカ。










■14品目
f0232060_19173181.jpg赤貝。










■15品目
f0232060_1918769.jpgズワイガニのほぐし身。甘くて美味しい!










■16品目
f0232060_19193672.jpgコハダだったような・・・。










■17品目
f0232060_19203842.jpg海老、美味しかったー。










■18品目
f0232060_1921825.jpgいくらとウニのミニ丼。うまーい!










■19品目
f0232060_19221517.jpg桜鯛だったかな・・・。










■20品目
f0232060_19225327.jpgアジだったかな・・・。










■21品目
f0232060_19233329.jpg煮はまぐり。甘すぎず、濃すぎず、ちょうどいい味。









■22品目
f0232060_19243015.jpgこれ、一見すると穴子みたいに見えますが、実は肉厚の大きな椎茸です。

椎茸のにぎりとか、生まれて初めて食べました。香りが良く、酢飯に合います。






■23品目
f0232060_1926444.jpgカンパチ・・・だったかな。










■24品目
f0232060_19263966.jpgやや甘めの、プディングっぽいしっとりとした玉子。









■25品目
f0232060_19272772.jpgすごく優しい出汁のきいたスープ。長ネギが入っています。









■26品目
f0232060_19282124.jpg穴子。










■27品目
f0232060_19293044.jpg巻物。これ、トロに見えますが、実はトロじゃなくてビックリした記憶があるんですが、うーん、なんだったか思い出せん。








■28品目
f0232060_1930452.jpgかんぴょう巻。










■29品目
f0232060_19312170.jpg食後はメロン。






おそらく、回転寿司界の最高峰ではないかと思う店に出会った。


少なくとも東京近郊では、No.1なんじゃないかと思う。













寿司屋として人気の「美登利寿司」が運営する回転寿司。


ウワサはかねがね聞いていて、前評判も高く、


しかし、こんなにうまいとは。


正直、驚いた。













「まぐろ人」とか、「三崎港」とか、


今までいくつか好きな回転寿司があったが、


その味をはるか超えてきた。














マジで、近所に欲しいなあ。


店舗拡大、激望!













■「回し寿司 活」
http://www.katumidori.co.jp/index.html
















■今日のカメ

■「回し寿司 活」
f0232060_15532495.jpgJR横浜駅から地下道通ってすぐのところにある横浜スカイビルの11階にあります。









■長蛇の列!
f0232060_1555254.jpgやっぱり、安くて美味いものを食べたいのはみんな一緒で(笑)、お昼時を外したのに長蛇の列。入店まで30分かかりました。

ちなみに、待ってでも食べる価値ある回転寿司です。





■店内の様子
f0232060_15572128.jpg中は、普通の回転寿司屋です。席数も多いですが、それ以上にお客さんが多く、かなり混んでます。









■まぐろ三貫盛り①
f0232060_15585058.jpg写真だと分かりにくいですが、ネタも新鮮で、美味しく、厚みもあります。









■まぐろ三貫盛り②
f0232060_15594946.jpg中トロ、ネギトロ、炙りの3種。










■しまあじ
f0232060_160343.jpg歯ごたえある、美味しいしまあじでした。










■えんがわ
f0232060_1611031.jpgこれも美味しい。










■大ボイルエビ
f0232060_1615055.jpgここまでのネタが回転寿司と思えないほどで、かつ、メニューに「大エビ」と書いてあったので超期待してましたが、エビはごくごく普通。ちとがっかり。







■サラダ軍艦
f0232060_1632244.jpgマヨネーズと酢飯の相性って、すごくいいですよね。回転寿司来ると、なんかサラダ軍艦食べたくなる。








■あら汁
f0232060_1641983.jpg具だくさんの美味しいあら汁でした。
by meshi-quest | 2015-01-09 08:07 | 横浜





たまに出張に行くことがあって、


新幹線を乗るときには東京駅から乗るのだが、


朝、東京駅構内の回転寿司屋が「回転朝食」なるものをやっていて、


ずっと食べたいと思いつつも、いつも朝は時間がなく、諦めていた。













そんな中、秋葉原の会社近くの回転寿司屋が


回転朝食をやっていることを知り、


回転朝食のために早起きをして、食べに行ってきた。













ニンゲンとは不思議なもので、


以下「今日のカメ」をご覧いただけると分かるとおり、


決して美味しそうではなく、実際、全く美味しくなかったのだが、


朝に回転朝食を食べに来ている自分というイベント補正で、


普通にご飯をモリッと食べれてしまった。













もう一度言うが、決して美味しくはない(苦笑)。


不思議なもんだ。













■「回転寿司 うず潮」
http://www.jefb.co.jp/uzushio/
















■今日のカメ

■「うず潮」
f0232060_19164288.jpgJR秋葉原駅電気街口を出たすぐ横にあります。










■店内の様子
f0232060_19173985.jpgさすがに朝食を回転寿司で食べる人は少ないようで(笑)、客はゼロでした。

おかずももっと回転しているのかと思ったら、客がいないこともあり、ほぼ注文。東京駅の方は、利用客も多いせいか、結構おかず回っていたような気がする、外から眺めた感じ。




■ご飯セット
f0232060_19194026.jpgご飯と、あら汁と、海苔がセットで380円くらい。これにおかずを足していく、アイテム課金制。









■頼んだもの①
f0232060_19204247.jpg焼き鮭。ぶっちゃけ、見たまんまのクオリティーです。









■頼んだもの②
f0232060_19215125.jpg玉子焼き。これ、回転寿司で寿司に乗せる薄い玉子を3つ重ねてありますw。なので、1つ1つ、細い玉子焼きにバラける仕様。








■頼んだもの③
f0232060_19231925.jpg具のない真っ白なポテトサラダ。





西麻布にある鮨の名店、


「江戸前鮓 すし通」でちらし鮨ランチ。













メシクエでも何度か紹介させてもらっているが、


ここのちらし鮨は、都内No.1だと思っている。


ランチちらしとしては、なかなかいいお値段ではあるが、


使っている材料やボリュームを考えると、それだけの価値が十分ある。













昔は、ふらっと行って入れる感じだったが、


今は、スタッフが減ってしまったこともあり、


ランチは完全予約制で、1日数組限定にしているそうだ。


なので、行かれる方は、ぜひ事前に電話を。













■「すし通」
http://www.sushitsu.jp/
※音声が出ます。















■今日のカメ

■「江戸前鮓 すし通」
f0232060_2134766.jpg西麻布の交差点から徒歩3分ほど。六本木通りから1本路地に入ったところにあります。

ここの暖簾をくぐって、地下がお店。







■カウンターの様子
f0232060_2135793.jpg以前は、ランチも個室のテーブル席を開放してましたが、今は、カウンターのみだそうです。夜は、普通に利用可能。








■テーブルセット
f0232060_21364815.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■ちらし鮨
f0232060_2137193.jpgランチのちらし鮨3,675円です。










■ちらし、アップ
f0232060_21394473.jpgものすごい量のウニやマグロたたきを使っています。これだけ贅沢に使っていれば、それなりの値段になっても当然。材料がいいだけでなく、口に入れたときに、全部の具材がまとまるように、切り方や味付けにもこだわっているそうです。

ホント美味しいです。




1人でも気軽に入れて、にぎりもつまみも美味しい鮨屋があると聞き、


八丁堀にある「伊藤家のつぼ STAND SUSHI BAR」へ。













大人オシャレな雰囲気の鮨屋で、カウンターのみ。


人気店とは聞いていたが、この日も遅い時間でないと予約が取れず、


ようやく入れた時にも、周りはまだ満席状態だった。













居酒屋のようにメニューがあり、魚中心だがつまみも豊富で、


にぎりも1貫から頼める。


鮨屋の、いわゆる敷居の高さはあまりなく、気軽に入れそう。


つまみも、にぎりも、とても丁寧に作られていて、美味しかった。













難点は、自分の家から遠いことか。


近所にあったら、通っちゃうのに・・・系の1軒。













■「伊藤家のつぼ STAND SUSHI BAR」
http://blog.livedoor.jp/itokenotsubo/
















■今日のカメ

■「伊藤家のつぼ」
f0232060_1426477.jpg日比谷線「八丁堀」駅から徒歩30秒ほど。駅近です。

外から中が見えないので、一見入りにくいですが、中は割りとワイワイしていて、アットホームでした。





■店内の様子
f0232060_14281191.jpgカウンターのみ、席数少なめ。お店自体も小さいので、ちょっと密着度は高いですが、そこまで窮屈さはありません。








■お通し
f0232060_14293638.jpgゆず酒ロックと、本日のお通し。










■お通し、アップ
f0232060_14303460.jpgマグロと、山芋と、モロヘイヤと、青ネギ。さっぱりしていて、美味しいお通しでした。









■1品目
f0232060_14371620.jpg新サンマ。脂ノリノリ。










■2品目
f0232060_14375171.jpgかわはぎ、肝つき。これ、めちゃくちゃ美味しかったです。









■3品目
f0232060_14383558.jpg金目。甘くて、うまーい。










■4品目
f0232060_14391468.jpg本マグロの赤身と中トロ。










■5品目
f0232060_14394742.jpgボイル海老。










■6品目
f0232060_14402543.jpgえんがわ。










■7品目
f0232060_14405791.jpgアジ。










■8品目
f0232060_1442202.jpg穴子。塩で。










■煮魚
f0232060_14441459.jpg金目の煮付け。

魚中心のつまみは、煮魚も、焼きも、揚げも色々とありました。







■金目、アップ
f0232060_14452168.jpg注文が入ってから煮付けてくれるので、ちょっと時間はかかりますが、味が染みすぎることもなく、とても美味しくできていました。

ちなみに、漫画「美味しんぼ」の『鯛の鯛』を探してみたんですが、なかった・・・。ないときもあったりするのかな、アレ。




■味噌汁
f0232060_14472611.jpg青ネギと青海苔たっぷりの味噌汁。




ご招待いただき、築地市場にある老舗鮨屋、


「創業四百年仲卸 紀之重(きのしげ) 新館」へ。













創業400年という築地の仲卸「紀之重」直営の鮨屋。


築地市場に3店舗あり、ここ新館は「新」と言っても、


年季の入った趣ある日本家屋で、1階と2階がある。













人気店らしく、本店、3号店共に満席。


やっと新館にキャンセルが出て、入れた次第。













コースのみで、つまみとにぎり。


その日のおすすめを熟練の職人さんが握ってくれる。














接客も良く、美味しい鮨だったが、1点だけ問題が。


たまたま店の場所を調べていたときに、レビューサイトを見つけて、


かなり多くの人が「ハイター(塩素系洗剤)のニオイが・・・」と書いていて、


2階にいて全然気にならなかったので、何のことだろう・・・と思ったら、


最後閉店近くに1階に下りていったところ、1階中がハイター臭になっていて、


これか・・・(苦笑)という感じ。













こりゃ、仮に閉店近くまで鮨食べていた人はたまんないだろうな・・・。


時間通り、きっちり片付けして、終わらせるために


漂白消毒を開始しちゃうんだろうけど、確かに1階にいた人はキツイかも。


















■今日のカメ

■「紀之重 新館」
f0232060_14434051.jpg大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。路地にあります。

築地の美味しいイタリアン「トラットリア 築地パラディーゾ」の近くです。






■2階の様子
f0232060_1445370.jpg1階はカウンター、2階は座敷とテーブル。

1階の方が雰囲気はいいのですが、閉店近くに強烈なハイター攻撃があるので、遅くまでいるなら2階がおすすめ。






■テーブルセット
f0232060_14472020.jpg茶豆などのお通しと、烏龍茶。










■1品目
f0232060_14475370.jpgコースは2種で、つまみ&にぎりか、にぎりのみ、か。今日は、つまみ付きにしました。

これはあさりの酒蒸し。とてもいい出汁が出ていました。






■2品目
f0232060_14493610.jpgまだ生きているという新鮮な石垣貝と、ハマチ(だったかな)。









■ガリは2種
f0232060_14502511.jpg普通のガリと、ガリをかんぴょうの甘醬油に漬けたもの。

どちらもとても美味しいガリでした。







■3品目
f0232060_14563910.jpg鮨にぎり5種の盛り合わせ。










■にぎりアップ①
f0232060_14584936.jpg平目。










■にぎりアップ②
f0232060_14592599.jpg赤身。










■にぎりアップ③
f0232060_150972.jpgこはだ。










■にぎりアップ④
f0232060_15112837.jpgたぶん、ハマチ。










■4品目
f0232060_1512355.jpgにぎり盛り合わせ、第二弾。










■にぎりアップ①
f0232060_15124526.jpg大トロ。










■にぎりアップ②
f0232060_15131738.jpgむらさきウニ。










■にぎりアップ③
f0232060_15135351.jpg新秋刀魚。上は、肝。










■にぎりアップ④
f0232060_15142718.jpgホタテ。










■にぎりアップ⑤
f0232060_15145754.jpg白イカ。










■5品目
f0232060_15154339.jpgにぎり盛り合わせ第三弾。










■にぎりアップ①
f0232060_15174277.jpgアジの炙り。脂ノリノリ。










■にぎりアップ②
f0232060_15182022.jpgハタ。










■にぎりアップ③
f0232060_1519165.jpgイサキ。










■にぎりアップ④
f0232060_15194677.jpgカツオ。上には、醬油たれのジュレと生姜。










■6品目
f0232060_15204661.jpg最後は、巻物と穴子。

穴子は、塩と柚子胡椒。








■巻物アップ
f0232060_15213167.jpgかんぴょうかな・・・と思いきや、イクラでした。










■お椀
f0232060_1522657.jpg糸もずくの味噌汁。




中目黒にある大好きな鮨屋、


「鮨 尚充 たかみつ」へ。











大人気過ぎて、この日も予約で埋まってしまっていたのだが、


鮨好きの私のために、遅い時間でよろしければ・・・と、


終了時間を延長して、予約を入れてもらった。


相変わらず、美味しいお鮨だった。













もうここに関しては、何も言うことがないのだが、


改めて、すべてにおいて都内最高峰の鮨屋だと思う。
















■今日のカメ

※写真の量が多いので、スマホからご覧のお客様で重い場合は、
PCからご覧いただければと思います。




■「鮨 尚充」
f0232060_17484255.jpg東急東横線中目黒駅から徒歩8分ほど。目黒川から2本くらい裏に入った路地にあります。









■店内の様子①
f0232060_17512760.jpgいつもは満席で、芸能関係の方も多いので、なかなか撮ることができない貴重な店内全体写真。

終了時間を延長してもらって、誰もいなくなって、貸切状態にて。超幸せです。






■店内の様子②
f0232060_17531055.jpgカウンター。目の前の挿し木の影がいい感じで壁に映っていて、素敵です。









■1品目
f0232060_175967.jpg秋田のじゅんさい。上には、ウニ。










■鳳凰美田
f0232060_180722.jpg栃木の鳳凰美田。スッキリしていて、飲みやすい冷酒。









■素敵な猪口
f0232060_1811150.jpg器が好きで、こだわりを持っている大将のセレクト。猪口も素敵。









■2品目
f0232060_1821694.jpg東京湾のマコガレイ。










■3品目
f0232060_1841526.jpg愛媛県のワタリガニ。身が甘くて、とても美味しい!









■4品目
f0232060_18511100.jpg愛知県のめひかり。










■5品目
f0232060_1862739.jpg千葉県大原の黒アワビ。4時間塩蒸ししてから、2日間出汁に漬ける、手間隙のかかった一品。

めちゃくちゃやわらかくて、ホント美味しい。今までアワビはあまり好きではなかったのですが、ここ「尚充」さんで初めてアワビの凄さを思い知りました。




■6品目
f0232060_1891490.jpg紫ウニの食べ比べ。

手前が余市の紫ウニ、奥が熊本の紫ウニ。手前の方がさっぱりしていて、奥は濃厚。個人的には、奥の熊本の方が好きかも。






■7品目
f0232060_1811456.jpgいぶりがっこに、マスカルポーネを挟んだおつまみ。









■8品目
f0232060_18114327.jpg「尚充」特製のあんきも。

あんきもも長らくずっと好きでない一品でしたが、「尚充」さんで食べてから、開眼しましたw。







■9品目
f0232060_1816321.jpg三重県ののどぐろ。脂がノリノリ。










■10品目
f0232060_18171565.jpg富山のあら。熟成10日目。上品な風味。










■11品目
f0232060_181828.jpg大原の金目。金目大好き。










■12品目
f0232060_18184134.jpg佐島のアオリイカ。










■13品目
f0232060_18422837.jpg佐渡の定置網の本マグロ赤身。上品で、繊細な味。赤身って、こんなに美味しいのかと改めて思う。









■14品目
f0232060_18435980.jpg佐渡の定置網の本マグロの中トロ。










■15品目
f0232060_18444385.jpg佐渡の定置網の本マグロの中トロと大トロの間くらいの霜降り。絶品。









■16品目
f0232060_18455216.jpg佐賀の新子。贅沢に4枚乗せ!

「新子(しんこ)」は、コハダの稚魚で、夏の短い期間しか食べれない風物詩です。







■17品目
f0232060_18491236.jpg色んな鮨屋で海老を食べていますが、「尚充」さんの海老が一番好きかも。









■18品目
f0232060_18501664.jpgアジ、だったかな。










■19品目
f0232060_185145.jpgイワシ、だったと思う。










■20品目
f0232060_18514097.jpg津軽海峡の紫ウニ。

こういう形でちゃんと成形できるのは、いいウニの証拠。







■21品目
f0232060_18523678.jpg余市のバフンウニ。










■22品目
f0232060_18532172.jpg大好きな「尚充」さんの穴子を、まずは塩で。










■23品目
f0232060_18541556.jpg次は、タレで。うまうまー。










■24品目
f0232060_18545352.jpgネギトロ。










■25品目
f0232060_1855533.jpg青海苔の上品な味噌汁。










■26品目
f0232060_18563266.jpg濃厚なベイクドプリンを食べているような感じのたまご。デザート代わり。

あまりに美味しくて、特別にお土産にもいただいて、翌日も楽しませてもらいましたー。美味しかった!




「気軽に鮨屋でおまかせを食べれるように」というコンセプトで、


おまかせでありながら、最初からリーズナブルな値段が設定されていて、


値段にハラハラすることなく、鮨が堪能できる。









そんな「まんてん鮨」には、鮨好きとして大変お世話になっている。













いつもは、「まんてん鮨」の丸の内店にお邪魔していたのだが、


「COREDO室町」が出来て、その1階にもまんてん鮨が入ったので、


今回は、こちらのCOREDO室町店に行ってきた。













元気で明るい接客、味、値段などは丸の内店と変わらず、


若干、日本橋店の方が狭くて、ちょっと居心地悪いかなという感じ。













とはいえ、相変わらず、美味しくて、ボリュームもあり、


きちんと満腹&満足させてくれる鮨だった。














■「まんてん鮨」
http://www.manten-sushi.com/index.html
















■今日のカメ

■「まんてん鮨」
f0232060_1645217.jpg銀座線「三越前駅」から徒歩3分ほど。「COREDO室町2」の1階にあります。









■店内の様子①
f0232060_16493066.jpg日本橋という場所柄か、店内は「江戸」を意識した浮世絵っぽい絵がいっぱい描かれています。









■店内の様子②
f0232060_16503337.jpgカウンターとテーブル。大人気店なので、予約必須。

夜は、おまかせコース5000円のみ。飲み物代は別。にぎりとつまみが交互に出てきます。






■1品目
f0232060_16515493.jpg鹿児島県和泉のあじ。濃厚な味わい。










■2品目
f0232060_1652512.jpg水だこ。










■日本酒をば。
f0232060_16532564.jpg今日は休肝予定だったのですが(苦笑)、山形初孫。とてもサラッとしていて飲みやすい。









■加賀太きゅうり
f0232060_16553279.jpgすごい大きさの加賀野菜「加賀太きゅうり」登場。

大きさを見るために、横に箸置きを立ててみた。やっぱりデカイ。







■3品目
f0232060_16545693.jpg先ほどの加賀太きゅうりを金山寺味噌で。










■4品目
f0232060_1658570.jpg九州のアオリイカ。










■5品目
f0232060_16585092.jpg大分豊後水道のいさき。










■6品目
f0232060_16592725.jpg本マグロの尾っぽの角煮。日本酒にとても合う味。










■7品目
f0232060_170836.jpg北海道産の本ししゃも。










■8品目
f0232060_1704857.jpg千葉県九十九里のハマグリ。小さいけど立派なハマグリ。

とても上品で、素晴らしい出汁が出ていました。めちゃくちゃ美味しかった!






■9品目
f0232060_172753.jpg蒸し車海老。

海老は絶対茹でたやつが一番うまい!








■10品目
f0232060_1724434.jpg五島列島の蒸し煮あわび。










■11品目
f0232060_173538.jpg宮崎県日向灘のカンパチ。










■12品目
f0232060_1744783.jpgいかそうめん。










■13品目
f0232060_1754720.jpg勝浦の金目鯛。










■14品目
f0232060_1762539.jpg「まんてん鮨」特製の生湯葉豆腐。濃厚で、ゴマ豆腐のような味わい。うまい!









■15品目
f0232060_177242.jpg「まんてん鮨」名物のいくら鮨。










■いくらアップ
f0232060_1782483.jpgいくらは特製のたれに漬け込んであって、そこに葉山葵がかなり入っています。

山葵の風味、ピリッとした刺激と、いくらの旨味。絶品です。






■16品目
f0232060_1795523.jpgウニの食べ比べ。手前が北海道産バフンウニ、三陸産紫ウニ。









■バフンウニ
f0232060_17143737.jpg食べやすく、さっぱりとした味わい。










■紫ウニ
f0232060_17151520.jpgかなり濃厚な味わい。

食べ続けるならバフンウニだけど、少し食べるなら紫ウニかな。酒にも紫ウニかな。







■17品目
f0232060_17163967.jpgスペイン産の本マグロ。中トロと、赤身のづけ。










■18品目
f0232060_17172820.jpg穴子。










■19品目
f0232060_1718252.jpg「手巻きは、鮨屋からの花束です」だそうです。なんか素敵。

ちなみに、「まんてん鮨」では、ネギトロのネギは、玉ねぎを使います。玉ねぎも甘味あって合います。





■20品目
f0232060_1720133.jpg「まんてん鮨」名物の自分で巻くかんぴょう巻。

甘さ控えめなので、大人も食べやすいかんぴょう巻です。







■21品目
f0232060_1722051.jpgしじみの赤出汁。

最後まで大満足でした。
by meshi-quest | 2014-07-18 08:08 | 東京
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ