人気ブログランキング |










新大阪に降り立って、小腹が空いたので、


駅ビル内にある串かつ専門店「串かつ だるま」へ。


ちょっとお腹が空いた時に、


ファストフード以外のメシ選択肢が充実してるのが大阪はいいなあ。


f0232060_13365113.jpg















「串かつ だるま」は大阪の新世界というディープな場所に総本店があるが、


私が生まれて初めて友達に会いに一人で大阪に行って、


その時に連れて行ってもらった最初のお店が新世界の「だるま」本店で、


あの時はホント驚愕したというか、


周りのおじさんのパワーになんかソワソワしちゃって、


落ち着いて串が食べれなかったなあw。そんな、うん十年前の想い出。














さすがに新大阪駅の「だるま」はクリーンで、


静かで落ち着いた雰囲気だったw。


f0232060_13405145.jpg















元祖串かつ(牛)、イカ、うずら、アスパラなど。


個人的には同じく大阪の串かつの名店「松葉」の方が味は好きかな。


f0232060_1342946.jpg















特に、


「だるま」は素揚げの小さな鶏から揚げだが、


「松葉」は骨付きチューリップで肉々しい鶏串が食べられる。


から揚げ好きとしては「松葉」に軍配。


f0232060_13444070.jpg











■「串かつ だるま 新大阪店」
https://www.kushikatu-daruma.com/











# by meshi-quest | 2019-12-14 08:04 | 旅行_国内









先日、生のフレッシュハーブでクリスマスツリーを作り、


私のキャパで出来る範囲ではあるが、


ご予約いただいたレストランや会社さんに作って、配送をした。













そして、続いて、


生のフレッシュハーブでクリスマスリースを作る時が来た。


この時期の私は花業者と化すw。


f0232060_14181221.jpg














クリスマスツリーは1つ作るのに2時間半から3時間、


クリスマスリースは1つ作るのに1時間半から2時間かかる。


どちらも最初に木を小さくカットして形を整えるのだが、


そのカットの作業が地味に結構大変で、時間が掛かるw。













そこから、さらにツリー用の円錐だったり、


リース用のドーナッツ型だったり、


それぞれの形のオアシスに差し込んでアレンジをしていくのだが、


集中して植え込んで行くので、時間以上にMPとHPを消耗する。














それでも、出来上がって、喜んでもらえると疲れは一気に吹き飛ぶ。


ドアに掛けて、こんな感じで完成


f0232060_14234065.jpg


f0232060_14234831.jpg
















今年は少し大人っぽく、シックに作ってみた。


少し早いけど、メリークリスマス!!


f0232060_14245047.jpg













アレンジメントに使った花は下記の通り。




・ヒムロスギ

・ブルーバード

・ブルーアイス

・モミ

・ユーカリ「ギンセカイ」

・ネズ

・ティナス

・ベルギーナッツ

・松ぼっくり

・バンクシャー

・シラカバ





















1854年創業のパリに本店がある高級食品店&レストラン、


「HEDIARD エディアール」。


日本では新宿伊勢丹にベーカリーがオープンしたのが最初だそうで、


全世界で150年以上愛され続けている。













目の覚めるような赤色が特徴的な「エディアール」は、


今も伊勢丹の地下街の一角に紅茶、ベーカリー、お惣菜の専門店があり、


私も「エディアール」のアールグレイが大好きで、家に常備している。


あまり知られていないようだが、



実は「エディアール」は伊勢丹7階の



レストランフロアにも店舗があり、


こちらでは「エディアール」のカジュアルフレンチが楽しめる。


f0232060_12474742.jpg


f0232060_12484543.jpg


f0232060_12485352.jpg















前菜、メイン、デザート、ドリンクが付く、


エディアールセット(2970円)を注文。


それぞれの料理は種類豊富なメニューの中から選べて、


内容によっては追加料金がかかるシステム。


まずは、伊勢丹デパ地下でも売られている「エディアール」のパン。


パンもさることながら、オリーブオイルが美味しい!


さすが、高級食品店だけのことはあるw。


f0232060_12531034.jpg














いつもこういうコースを頼むと、


結局食べたいものがプラス料金かかって金額内に収まらないのだが(笑)、


さっそく前菜で追加課金のオードブル6種盛り合わせ(+660円)。


f0232060_12545391.jpg
















せっかく「エディアール」来たので、お惣菜は食べたいところ。


ワインに合うようなものばかりで飲みたくなるが、酒だけは今は我慢w。


ブルゴーニュバターを乗せたチキンのコンフィ、


ラタトゥイユ、タラモサラダ、キノコのマリネなど。


f0232060_131048.jpg


f0232060_131762.jpg















スープも別注で。


本日のスープはカリフラワーのまろやかなスープ(+300円)。


f0232060_1322219.jpg
















メインは、エディアール風フレンチハンバーグ


ハンバーグの中にシナモンが入ってて、甘い香りがする。


ご飯というより、本当にワインに合わせたハンバーグという感じ。


ソースは、グリーンペッパーのクリーミーなソース。


肉は粗びきで、とてもジューシーで美味しい。


f0232060_1342795.jpg


f0232060_1343592.jpg















デザートも数種から選べて、


エディアール風ミルフィーユを注文。


クリームも甘さ控えめで、パイ生地もサクサク。


付け合わせはフランボワーズのジュースとフルーツのシロップ漬け。


f0232060_1364096.jpg


f0232060_1364970.jpg















食後の紅茶はエディアールブレンド


最後の紅茶までしっかりと美味しい。


f0232060_1372628.jpg











■「ラ・ターブル・エディアール 新宿伊勢丹店」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13109288/











# by meshi-quest | 2019-12-13 08:07 | 新宿









グルメな知り合いとトンカツ談義になり、


私のトンカツ日本一は生まれ育った蒲田の名店「丸一」なのだが、


いやいや「銀座かつかみ」だよ!と平行線になりw、


私も「丸一」は譲れないので(子供のようなご飯の争いw)、


とりあえず、まずは「銀座かつかみ」に行こうと言う話になった。


結局、二人とも単にトンカツが食べたかっただけだった。


f0232060_12405398.jpg


f0232060_1241588.jpg















「銀座かつかみ」は、


日本初コース専門トンカツ店で、


いわゆるロースにします?ヒレにします??ではなく、


おすすめの部位のトンカツが1切れづつ


寿司や串揚げのようにテーブルに揚げ立てが出てくるスタイル。


その合間にも一品料理などが出るので、


本当にトンカツを中心にしたコースになっている。


トンセツというのがあり、トンカツを美味しく食べるための説明書もある。


f0232060_12434611.jpg


f0232060_1243552.jpg















1品目は、山形A5ランクサーロインとイチジクの前菜。


f0232060_15164538.jpg
















箸休めのキャベツトマトのジュレがけ。


f0232060_15172945.jpg


f0232060_1517373.jpg















2品目は、ヒレ


上に豚の汁、まさに豚汁が溢れ出ているので、


まずは豚汁をすすってから、ヒレのトンカツをいただく。


豚汁を大事にしてるため、「かつかみ」のトンカツは肉が上を向いている。


f0232060_15192490.jpg


f0232060_15193268.jpg















3品目は、ナカシン


モモ肉の中で最も柔らかく、脂も美味しい部位だそう。


f0232060_15204055.jpg















口直しのラ・フランスとライムのマリネ。


f0232060_1521146.jpg















4品目は、松茸のフライ。


f0232060_15215411.jpg















5品目はジューシーな豚メンチのミニバーガー。


メンチ美味しいーーー!!


f0232060_15223871.jpg















口直しのパイナップルジュース


このパイナップルジュース、すごく美味しい。もっと飲みたいw。


f0232060_1523295.jpg















6品目は、山形牛のザブトン黒トリュフ


濃厚、そして、ジューシー!ガツンと来る味。


f0232060_15244228.jpg


f0232060_15245989.jpg















7品目は車海老のフライ。


頭にはたっぷり海老味噌が詰まって、頭から尻尾まで食べられる。


f0232060_15255878.jpg















8品目は、トンカツの王様、ロース


脂に甘味があるので、たっぷりの本わさびと共に。


f0232060_1527386.jpg


f0232060_15271125.jpg














9品目は、肩ロース


香り良いトリュフバターを乗せていただく。


f0232060_15275427.jpg














口直しのおしんこ


f0232060_15282334.jpg














10品目の〆のご飯は数種から選べるようになっていて、


ここはやっぱりカツ丼でしょ!ということで、私はカツ丼。


出汁と卵でとじるカツ丼ではなく、卵の上に乗せている感じ。


個人的にはしっかり出汁や卵と融合したカツ丼の方が好みかな。


f0232060_15303697.jpg


f0232060_15305128.jpg















11品目のデザートはかき氷


味が数種から選べて、お店オススメのカフェオレをいただく。


めちゃくちゃ美味しい、カフェオレ氷!!


上に、パチパチキャンディーが散りばめられてて、


食べると口の中ではじけて、食感も面白いし、口直しにもいい。


f0232060_15323343.jpg










トンカツはどうしても1品ドーンという感じになりやすいので、


こうやって少しづつ美味しいところだけを食べれるのは


お客さんにとっては食べやすく、嬉しいかも。


会食やデートにも使えるトンカツ。









■「銀座かつかみ」
https://katsukami.com/










# by meshi-quest | 2019-12-12 08:06 | 銀座









ハンバーグブームの火付け役でもあり、


「俺の・・・」シリーズネーミングの元祖とも言える


「俺のハンバーグ山本」改め、現在「ハンバーグの山本」。


f0232060_12205898.jpg















誕生したての「俺の・・・」の頃はよく恵比寿や渋谷店に行っていたが、


改名してからなかなかタイミングがなくて、数年ぶりにお邪魔した。


まずは、食前に野菜フルーツジュースのサービス。


f0232060_12252369.jpg














別注のサラダのハーフサイズ。


f0232060_12261651.jpg
















メインはやっぱり名物「山本のハンバーグ」を注文。


当時の「俺の・・・」からはだいぶ盛り付けも、雰囲気も変わったなー。


f0232060_12273338.jpg















ハンバーグは相変わらずしっかり作られてて、


食べやすく、食べ応えのあるハンバーグだった。


前よりもインパクトには欠ける気がするが、


山本のハンバーグが市民権を得たというか、


「珍しいもの」ではなく、


いい意味で「普通に食べるもの」になったのかもしれない。


f0232060_12291183.jpg










■「山本のハンバーグ」
https://www.yamahan.tokyo/










# by meshi-quest | 2019-12-11 08:06 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ