人気ブログランキング | 話題のタグを見る










懇意にさせてもらっている、予約の取れないイタリアンの名店「メゼババ」で定期的に行っている私の貸切会。


一応、ジャンルとして便宜上「イタリアン」と書かせてもらってはいるが、


和洋中、それ以外の料理も含めて、高山シェフが体験し、美味しかったと感じた、今出したい料理が並ぶので、本当のジャンルとしては高山シェフの「メゼババ料理」


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22475786.jpg















1品目は、高知の茗荷だけを作っているという農家さんによる茗荷のマリネ。


こんなに上品で綺麗な味の茗荷ってあるんだな・・・と感激するくらい美味しい茗荷。


人生でこんなに山盛りの茗荷を目の前にしたこともないが(笑)、これがあっと言う間に食べれてしまうくらい美味しい。


ワインは他の方はスパークリングからスタートだが、私は炭酸が飲めないので、高山シェフが私が飲める赤ワインを用意しておいてくれていて、


この日は、私が大好きな「L'Arco Amarone della Valpolicella Classico」(ラルコ アマローネ)。嬉しい!


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22485908.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22480629.jpg
















2品目は、賀茂茄子のグリル。


写真でも言葉でも伝えきれないのだが、食べたことのない味と食感の茄子に仕上がっている。


一見、茄子を焼いただけに見えるが、実はこの賀茂茄子の料理は2時間かかっているもので、今まで食べた茄子のNo.1だった。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22524217.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22525341.jpg
















3品目は、岩手の戻り鰹


本来、戻り鰹の時期には早いのだが、もう戻ってきている鰹がいるらしく、その鰹が抜群に美味しい。


これも今まで食べた鰹のNo.1かもしれない。綺麗な味。


そして、掛かっている鹿児島の胡麻油の香りと味がすごく良くて、絶品だった。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22530004.jpg

表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22530679.jpg
















4品目は、ガスパチョと萩のシロイカのグリル。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22574522.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22575586.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22574050.jpg
















5品目は、近江牛のたたき。


単に柔らかいという言葉では表せられない、外はしっかり火が入ってて、中はしっとりしてて、すごい火入れのお肉だった。


あえて叩くかのように切った大量の国産オーガニックイタリアンパセリがすごく重要な仕事をしている。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22590612.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_22591124.jpg















6品目は、「はるゆたか」で作ったトマトパスタ


「メゼババ」が亀戸にあった頃はよく名物のトマトのパスタをいただいていたが、表参道に移転してからは初めて出てきたかもしれない。美味しいトマトパスタ。


高山シェフがパスタは麺を食べる料理というが、自家製麺がすごく美味しい。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23024440.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23025556.jpg
















7品目は、最近高山シェフが凝っている生姜のペペロンチーノ


これも大量のオーガニックイタリアンパセリがすごく重要。


パスタに対してイタパセはちょっとだけという固定概念を打ち破るパスタ。


生姜しか使っていなくて、ニンニクは使ってないのに、なぜか途中からニンニクの風味を感じる不思議なパスタ。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23051387.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23051802.jpg
















8品目は、長崎壱岐の海うなぎ


皮目がパリッパリで、中はすごく柔らかく、しっとりと火入れがされている。


鰻屋さんとも、日本料理屋さんとも違う鰻の味。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23080624.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23081138.jpg















9品目は、コースには通常ないのだが、特別に出してくださった水餃子


皮の小麦の味がとても美味しく、豚と海老の餡も美味しい。


以前もコースの最後に出してもらったことがあったが、この日の水餃子はさらにバージョンアップしてて、この日の方が好きかな。


表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23082071.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23082510.jpg














10品目は、名物のプリン


私の会はワインをよく飲む人が多いので、キャラメルはかなりビターの濃いめ、プリンも固め。



表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23083185.jpg
表参道「メゼババ」へ行く。_f0232060_23083844.jpg













行く度に、高山シェフが進化しているというか、チャレンジをしているというか、だから毎回来たくなるし、面白い。


料理を食べているのだけど、言い方変えると、その時の高山シェフそのままを食べているような、料理からその時の高山シェフの色んなことが分かるような、そんなメゼババ料理。


予約困難なメゼババは、私の周りでも行きたい!と言ってくれる人も多いお店の1軒なのだが、


パッと来ただけではその味の理由が分からないというか、毎回大きな展開があるドラマをど真ん中の1話だけ見る感じというか、やっぱり行き続けることに意味があるし、見続けるからこそ分かることがある。


基本常連さんだけで予約を埋めるのもある意味理にかなっているというか、理由があると思うし、私も特にこの貸切会だけはメンバー変えずに、基本同じメンバーだけでメシクエストしているのもそれなりに理由があったりする。















■「メゼババ」














いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓
































予約困難な焼鳥の名店「鳥さわ22」の中澤大将がオープンした一組限定&紹介制の鳥鍋専門店「鳥さわっつ」で鍋パーティー。


夏含めて1年先まで予約でいっぱいの人気店を、ありがたいことに、ここ数年連続で1月の「鳥さわっつ」営業開始日に貸切会をさせていただいたり、ご厚意で定期的にお邪魔させていただいている思い出深いお店。


そんな「鳥さわっつ」を創業から支えてきた相内大将の独立に伴い、「鳥さわっつ」は一旦7月末日で閉店となる。


淋しくはあるが、相内大将の新たな門出をお祝いして笑顔で最後の鳥さわっつを楽しみたいと思う。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13240677.jpg















まずは、鳥刺の盛り合わせと、鳥点心から。


鳥刺は、胸肉の酢〆、鴨の炙り、砂肝、ササミなど、鶏の鮮度が良いからとても美味しい。


鳥点心は、鶏肉の焼き餃子と鶏肉の小籠包


点心は通常は豚だが、鶏屋さんなので、鶏肉で。


さっぱりしているかと思いきや、鶏屋さんの鶏肉なので、しっかり鶏のコクと旨味が染み込んでる。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13242208.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13243251.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13241699.jpg















鶏出汁の茶碗蒸しと、鶏むね肉の炙り。炙りはニラ醤油で。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13244288.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13275876.jpg















大将相内さんが本日の鍋の具材の説明と、鍋の準備をしてくれる。


思い出深い「鳥さわっつ」の最後の鍋を何にしようか・・・とかなり悩んだのだが、


私の貸切会で毎年1月の記念すべき営業初日にいただいている「鳥すき鍋」にさせてもらった。


なんかすき焼きって、おめでたいかんじがあるのでw、1月営業初日の私の貸切会は「鳥すき鍋」にしていた。


最初と最後を思い出の「鳥すき鍋」で〆る。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13350034.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13343087.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13350881.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13344161.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13344852.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13345481.jpg
















この日は、手羽元せせりかたちょうちん


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13375394.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13381093.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13382365.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13384228.jpg
















いい香りが部屋中に充満し、いよいよ鳥すき鍋の完成。


鍋は大将相内さんが付きっきりになって、ベストの順番で、ベストの味で作ってくれる。


まずは、ネギもも肉から。甘辛いタレと鶏肉の旨味と、たっぷりの卵がたまらない。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13354839.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13401508.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13400991.jpg
















続いては、鶏つくねと、鶏油で揚げた鶏の旨味たっぷりのから揚げ


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13512192.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13513850.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13514456.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13515086.jpg
















最後は、たっぷりのクレソントマト


鶏の旨味が溶け出した甘辛だれで炒め煮をしているので、とても美味しい。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13524832.jpg















「鳥さわっつ」では、鍋の残り汁を使って美味しい〆を出してくれるのだが、


鍋の種類(鍋の汁)によって、〆の内容も変えている。


「鳥すき鍋」の最後は親子丼


親子丼になるのは、甘辛の煮汁と卵がある鳥すき鍋だけ。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13555597.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13561026.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13560053.jpg















口直しデザートは、お店で出している黒豆茶を使った黒豆茶アイスとメロン。


オープンする前から、「鳥さわ」グループオーナーの中澤さんから鍋屋の話を聞いていて、


オープンして2日目に貸切会をさせていただいた思い出深いお店。


からもう7-8年くらいのお付き合いになると思うが、美味しくて、楽しい鍋を食べさせてもらって感謝している。


鍋って、こんなに表情豊かで、色んな種類があって、色んな〆があるんだなあと、私の鍋の世界を広げてくれたお店。


相内大将、本当にお疲れ様でした!長年お世話になりました!!


新店も楽しみにしています。


西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13561992.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13563121.jpg
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。_f0232060_13562536.jpg






























いつも応援ありがとうございます。

ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!


























懇意にさせていただいている天然氷店内熟成の果物にこだわった人気かき氷店「中町氷菓店」でティータイム。


吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16305779.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16310304.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16311004.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16312082.jpg















長野・松本に本店があり、長野の厳選した旬の果物を丁寧に店内で熟成して、八ヶ岳の南麓で日本の伝統技術「天然氷」を作り続ける蔵元八義の氷だけを使った最高のかき氷を食べさせてくれる。


吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16324073.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16324728.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16325324.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16330489.jpg
















行く度に頼んでいる大好きな「生いちご」(2000円)を注文。


この日は、青森の「すずあかね」という品種。


いちごと聞くと、何となく冬のイメージが強いが、実は夏いちごというのがあり、爽やかで程よい甘酸っぱさがあり、夏のいちごもとても美味しい。


目の前で丁寧に削って、かき氷を作ってくれる。


実は、削り方も途中で変えたりして、最初から最後まで飽きずに美味しく食べてもらえる工夫が至る所にされている。


吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16365162.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16371389.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16372054.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16373072.jpg















出来立ての生いちごと、口直しの瓜の漬物とほうじ茶。


これは公言しているが、中町さんのかき氷が人生で食べたNo.1のかき氷


これまで色んなところでかき氷をいただいたが、いつも最後まで食べ切れず、途中で甘だるくなったり、飽きちゃって残してしまう中、


初めて最後まで食べ切れて、最後の残った汁もまるでフルーツジュースのように美味しくて飲み干せる唯一のかき氷。


相変わらず、本当に美味しい。


かき氷なんだけど、フルーツと氷が融合して1つの料理のようになっているというか、かき氷の概念が変わるかき氷だと思う。


吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16422789.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16423331.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16464726.jpg
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16465541.jpg















ちなみに、今年7月から夜かき氷をスタート。


昼間なかなか来れない方や食事の後のデザートして、気軽に立ち寄れるように22:00までオープンしている。


夜はアルコールを使ったかき氷もある。


昼間は大人気で予約必須だが、夜も結構人気で席が埋まっているので事前予約がオススメ。


予約はインスタの「予約」という部分から!

吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。_f0232060_16473839.jpg














■「中町氷菓店」














いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓


















# by meshi-quest | 2024-07-17 08:08 | 吉祥寺









ミシュラン1つ星獲得の予約困難な大人気日本料理店「日本料理 研野」の貸切ディナーにお邪魔させてもらった。


大将の酒井研野さんは、日本を代表する老舗料亭「菊乃井」で長年修業をし、「菊乃井 無碍山房 Salon de Muge」の料理長も務め、さらに日本料理だけでなく中華料理の名店「京、静華」でも修業をされているというすごい経歴の持ち主。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18114393.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18165058.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18165835.jpg
















1品目は、舞鶴のとり貝とトマト。


上品で丁寧で、一口目からこの先の料理の美味しさがまでが分かるような味。


そして、こんな繊細な料理をいただきながら、実は店内の音楽がものすごく面白くて、すごくポップなBGMが流れている。


これは「研野」さんの名物のBGMペアリングで、ここ「メシクエLV34」で音が伝えられないのが悔やまれるところだがw、


この素敵な日本料理店の雰囲気や上品な料理と、BGMのギャップが面白くて、気づくと心地良く、なんか魔法に掛かっているような感じ。


結構これまで名だたる日本料理店にお邪魔させていただいたが、この感覚は初めて。すごい。


ちなみに、BGMはこの後も料理ごと変わり、目の前の大将研野さんが料理しながら、選曲して、DJもしているという。笑


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18174809.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18180657.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18175956.jpg















2品目は、美しい八寸


車海老とハヤトウリのごま酢和え、金柑、トウモロコシのおかき粉揚げ、さば棒寿司、枝豆など。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18251743.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18252928.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18253740.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18254373.jpg
















3品目は、上賀茂の賀茂茄子万願寺唐辛子の揚げ出し椀。


ものすごくいい出汁が出ていて、じんわり体に染み渡る味。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18423611.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18424100.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18425194.jpg
















4品目のお造りは、明石のタコと小樽のシャコ


そして、器に大きく波の絵が描かれているのだが、この時にバックにかかっていた音楽はサザンオールスターズ。最高です。笑


長いメシクエ人生の中で、ミシュランクラスの日本料理をいただきながらサザンの曲を聴いたのは初めてかも。


こんな素敵なお店でカウンターで食事しながら、全員がサザンを合唱しているのも初めてだ。笑


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18443469.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18444088.jpg















5品目は、京都の中華の名店「京、静華」で修業されていた大将研野さんならではの一品、自家製チャーシュー


この流れの日本料理の途中に、こんなジューシーで美味しいチャーシューいただけるなんて、本当に幸せ。めちゃくちゃ美味しい。


付け合わせは、青森・野辺地のカブの炭火焼き。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18483769.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18484396.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18485378.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_18485912.jpg















6品目は、ハモ夏野菜の和え物。


ハモと夏野菜とお出汁に、トマト、バジル、パクチーの花などの爽やかな野菜やハーブを加え、口直しにもピッタリの一品。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00340531.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00341215.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00341908.jpg















7品目は、の一夜干し。横に添えられているのはたでの葉のたで酢。


この時期、色んなお店で鮎を出していただくが、鮎の開きの一夜干しは初めてかも。


魚の苦みのある肝が苦手で、この時期の鮎は本来あまり得意ではないのだが、「研野」さんの鮎は開いて内臓が別添えになっているので、私にとってはめちゃくちゃありがたい鮎だった。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00344476.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00345020.jpg
















8品目は、サザエの炊き込みご飯。


サザエを焼いている時はものすごく真剣な職人さんの顔なのだが、みんなに写真を撮ってもらう時にはわざとおどけた顔で写ってくれる素敵な大将。笑


サザエご飯は磯の香りがとても良く、すごく美味しい。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00411008.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00411750.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00404108.jpg

京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00405981.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00413419.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00414205.jpg















「研野」さんでは〆のご飯が数種類用意されていて、次は本鮪のづけと、とろろ


京都の日本料理店の定番は、だいたい、じゃこ山椒に赤出汁に白ご飯だが、ちゃんとそういうお約束のような慣習を心地よくひっくり返してくれているのがいい。


お客さんはこれまで見慣れた「お約束」よりも、新鮮な体験と美味しさの方がずっと嬉しい。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00470485.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00471006.jpg
















続いて、卵たっぷりのハモかつ丼


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00471833.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00472415.jpg
















5品目の自家製チャーシューの切れ端を使ったチャーシュー丼


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00473140.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00473727.jpg
















もはや何が〆か分からなくなっているが(笑)、最後は牛、豚、鶏、金華ハムで出汁を取った清湯の素ラーメン


これも日本料理だけでなく、中華料理も極めている大将研野さんならではの料理。


スープに全ての旨味が入っているので、具はないのに、具を食べているかのような複雑な旨味を感じる。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00474409.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00475148.jpg















9品目のデザートは、沖縄のパッションフルーツと、台湾のパイナップル、キウイに、自家製ミルクアイスを合わせたもの。


この間もずっと料理に合わせてBGMが変わっていて、最後の方にはカウンター全員が大合唱するような不思議な会。


こんな楽しい日本料理店があるんだな。


格式ある本格的な日本料理店でも、こんなに気楽に、こんなに笑いながら食事させてもらえるんだな。


「研野」さんの料理を食べ終えて、ふと「ONE PIECE」のことが頭に浮かんだ。


古い先輩海賊たちの中を堂々を突き進む、元気あって、個性的で、楽しそうで、新しいことをいっぱいやってて、目が離せないルフィーやロウのような新時代の海賊たち。


研野さんが新時代の海賊に見えた。


予約困難店の理由がよく分かるし、ファンが多いのもよく分かるお店だった。


京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00542889.jpg
京都・神宮丸太町「日本料理 研野」へ行く。_f0232060_00543418.jpg













■「日本料理研野」














いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!




■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓















# by meshi-quest | 2024-07-16 08:07 | 京都










グルメな方からのお誘いで、赤坂の雑居ビルにひっそりと佇む紹介制ビストロ「USHIYA KITCHEN」(ウシヤキッチン)でディナー。


赤坂の人気焼肉店「赤坂焼肉うしや」さんの姉妹店。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17231834.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17232432.jpg















シックで落ち着いた雰囲気のカッコいい店内


カウンターとテーブル、個室もあり、紹介制ということもあり、あまりギッシリお客さんも入れないようにしているそうで居心地がいい。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17234290.jpg















ナプキンの畳み方がとてもかわいい。


こういうところにもちゃんと気を遣われているのは、最初から好感が持てる。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17234989.jpg
















清水シェフによるおまかせコースをいただく。


1品目は、パプリカを使った爽やかなカプレーゼ。


カプレーゼは味が単調になりやすいので、下に少しスパイシーなピリ辛ソースが敷かれていて、とてもいいアクセントになっている。


自家製の大麦パンは豚のリエットと共にいただく。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17272640.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17273247.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17460443.jpg















2品目は、生アワビと、枝豆、ズッキーニなど緑の夏野菜を集めたガスパチョ。


ガスパチョは夏の風物詩のようなスープだが、清水シェフのガスパチョはちゃんと1つの料理になっていて、スープではあるが飲むというより、「食べるスープ」になっている。美味しい。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17461096.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17461896.jpg















3品目は、「冷たいトムヤンクン」


ホワイトアスパラガスと車海老に、ピリ辛のジュレと、コブミカンやレモングラスの組み合わせで、食べると口の中で上品なトムヤンクンが完成する。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17462384.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17463029.jpg















4品目は、イサキのフリット。


ジロール茸ターメリック菊花を使った黄色のソース。


ソースに菊花が入っているのは初めてかも。ほのかに香る菊の花がすごくいいアクセントで、素敵な組み合わせだった。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17505238.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17510074.jpg















5品目は、ハモのボン・ファム。


「ボン・ファム」とは、クラッシックなフランス料理で、白身魚を魚の出汁で蒸し煮にして、その煮汁に生クリームを入れて煮詰めたもの。


魚介の旨味をたっぷり吸ったグラタンという感じで、すごく好みの味。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17525489.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17530038.jpg















6品目は、ご招待くださった方が私が大好きなハンバーグをオーダーしていてくださって、


通常のコースにはない和牛100%のハンバーグを出していただいた。


このハンバーグがめちゃくちゃ美味しくて、見た目にもすごく綺麗にまとまってて、デミグラスソースも美味しいし、何というかハンバーグの教科書のようなハンバーグで、


正直、お店で名物というわけでもないのにこのレベルのハンバーグが出たので、すごく不思議でシェフに聞いてみたら


清水シェフが元「小川軒」ご出身で、洋食で長年修業をされていたとのこと。すごく納得。とても美味しかった!


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17593521.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_17594515.jpg














7品目のデザートは、バスクチーズケーキ


チーズケーキが大好きなので、結構いろんなところで積極的に食べてきたが、トップレベルで美味しいバスクチーズケーキだった。


清水シェフもチーズケーキが大好きだそうで、かなり研究に研究を重ねた末に、今のバスチーにたどり着いたのだそう。


前菜から、メイン、デザートまで丁寧に作られてて、美味しくて、満足度も高く、そして、居心地も良く、とてもいいお店だった。


赤坂の喧騒からここだけ結界があって食の別世界に入ったようなお店だった。またぜひお邪魔させていただきたいと思う。


赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_18013551.jpg
赤坂「USHIYA KITCHEN」へ行く。_f0232060_18014347.jpg















■「USHIYA KITCHEN」













いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!




■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓




























神戸の繁華街・三宮から少し離れた場所にある人気洋食店「グリルDITO」でランチ。


とても親切な店主さんがワンオペで切り盛りされており、ランチは混み合うため、予約推奨。


神戸・三宮「グリルDAITO」へ行く。_f0232060_17040682.jpg















名物の「DAITOハンバーグ」(1850円)に、香住産蟹クリームコロッケ(700円)と海老フライ(650円)を追加。


ランチメニューの中にハンバーグとカニクリの盛り合わせ定食もあるのだが、その分、ハンバーグの大きさが小さいそうで、ハンバーグ好きとしてはフルサイズ食べたいので、トッピングの形を取った。というか、洋食屋さんではこのパターンがよくある。


付け合わせに人参しりしりが隠れているのがなんか嬉しい。


神戸・三宮「グリルDAITO」へ行く。_f0232060_17082768.jpg
神戸・三宮「グリルDAITO」へ行く。_f0232060_17090062.jpg
神戸・三宮「グリルDAITO」へ行く。_f0232060_17090729.jpg















肉は、神戸の肉屋さん「Nick」さんから仕入れている但馬牛「たじまぐろ」芳寿豚のあいびき。


ハンバーグはしっかりタネを練って、しっかり焼かれた、硬めのハンバーグ。


ハンバーグはとても美味しいのだが、これは完全好みの話でデミグラスソースはちょっと好みとは違ったかな。


神戸・三宮「グリルDAITO」へ行く。_f0232060_17092459.jpg















海老フライは開かれているのが特徴で、これも個人的には1本丸ごとをかじって、噛むことで海老を味わう方が好き。


カニクリも、決してまずくはないのだけど、蟹の旨味よりも、ホワイトソースの方が強い印象。


神戸・三宮「グリルDAITO」へ行く。_f0232060_17085050.jpg















ドリンクに大好きな台湾茶があったのは嬉しかった。


神戸・三宮「グリルDAITO」へ行く。_f0232060_17091468.jpg














■「グリルDAITO」














いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!




■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓
















# by meshi-quest | 2024-07-14 08:06 | 旅行_国内










ここ何年もずっと出張が多い生活をしている。


羨ましいと言われることも多いが、移動するだけでも結構疲れるし、寝る場所がコロコロ変わるのも肉体的にも精神的にも疲労はある。















そんなこともあって、出張の時は出来るだけ安心してゆっくり体を休められるように、


私と相性の良いホテルを見つけたら、以後もその土地への出張の際はずっと同じホテルに滞在することが多い。


言葉選ばずに言えば、色んなところに行き過ぎてるので、もはや別の土地に行くことは旅気分ではなく、移動であり、


いかに体と心を休められる場所を確保できるかが大事なので、こんなホテル泊まろう(ワクワク)的なことはもう無くなった。苦笑


私に相性が良いホテルを探すまでには本当に苦労して、色んなホテルに泊まっては変えて、オススメを聞いてはまた泊ってを繰り返した。


結果、よくお邪魔する京都と名古屋と、そして神戸には定宿ができ、その土地に来た時にはここ一択の生活をしている。


大阪、福岡、那覇はまだ定宿を決めるにはもう少し時間がかかりそう。


















さて、神戸は色々と泊まってみたが、旧居留地にあるオリエンタルホテル神戸が一番良かったので、そこ一択になっている。


ホテル内も部屋も上品でセンスがあり、比較的静かで、変なギラギラ感や観光地ホテル感が無いところが好き。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14004689.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14005402.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14010728.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14011710.jpg















部屋に籠って仕事をしていたり、打ち合わせをすることも多いので、いつもある程度広さのある部屋にしている。


この日は、いつものデラックスルームの予約が取れなかったので、それくらいの規模となるとジュニアスイートしかなかった。


せっかくなので何かの参考にしてもらえればと思い、紹介させてもらうことにした。
















部屋がいくつかに分かれていて、入口から正面がこんな感じでリビングルームベッドルームに繋がる廊下。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14050077.jpg
















右手に行くと、ウォークインクローゼットジャグジー付きバスルームがある部屋に繋がる廊下がある。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14050871.jpg
















リビングルームはこんな感じ。


大きなカウチソファと、窓側にビジネスデスクもある。


ちなみに、いつものデラックスルームもビジネスデスクがちゃんとあるのだが、長時間仕事でPCとにらめっこしていたりするので、いわゆるホテルの簡易デスクだと腰が痛くなってしまう。


「オリエンタルホテル神戸」は一定クラス以上の部屋にちゃんとビジネスデスクがあるのが私的にすごくポイント高い。


調度品も神戸の「港」「海」「航海」をイメージしたものが置かれていて、華美ではなく、上品でそこもいい。


観光地バリバリの内装とか、ゴージャズバリバリの内装は苦手。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14102771.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14103975.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14104839.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14105647.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14110734.jpg
















ベッドルームはこんな感じ。


ホテルの広い部屋はツインベッドタイプが多くて、キングを置いてくれてるところが意外とない。


私は1人でゆったり寝たいし、ベッドが無駄になるので、キングサイズ、せめてクィーンが1つだけ入っている部屋を選ぶのだが、「オリエンタルホテル神戸」はキングベッドの部屋が多いのもありがたい。


ちなみに、私はテレビはほぼ見ないので必要ないのだが、リビングに大きいテレビ、ベッドルームにもテレビがあって、部屋に2台ある。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14161194.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14161997.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14162922.jpg
















バスルームはこんな感じ。


真ん中に、海側に面した窓が付いた大きなジャグジーバスがあり、その横にシャワーブースとトイレがある。ちなみに、トイレは入口にもあるので、部屋に2つある。


洗面台も2つあり、かなり広々としている。


よくここ「メシクエ」でも話をするが、ドライヤー問題というのがあって、結構な高級ホテルでもドライヤーまで気が回ってないのか、風量少ない安いドライヤーを置いてて、髪が腰まである私にとってかなり辛い時がある。


が、「オリエンタルホテル神戸」はドライヤー問題も解決出来てて、しっかり風量のある良いドライヤーを完備してくれてるところも個人的に嬉しい。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14203306.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14210679.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14212056.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14204119.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14205092.jpg
















アメニティーはこんな感じ。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14214361.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14215166.jpg
















ウォークインクローゼットのさりげないセンスの良さが素晴らしくて、


「トランク」をテーマにした絵や実際の古い昔のトランクが飾られていたりして、主な部屋以外にもちゃんと空間としてコーディネートされているのがいい。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14270691.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14271414.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14272886.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14273558.jpg
















デラックスルームも同じだが、部屋の冷蔵庫にある無料でいただけるフリードリンクが充実していて、種類も多く、センスがいいのも嬉しい。各種お茶、ソーダ水、ジュースもりんご、オレンジ、桃など3種類用意されている。


ちなみに、ジュニアスイートだと、シャンパン、白ワイン、赤ワインもフリードリンクになっている。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14294150.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14294942.jpg















使う・使わないは別として、デスクの引き出しの中にも宝探しのようなワクワクがある。


かわいいポストカードやステッカー、品の良い文具、トランプに、サイコロまであるのが素敵。


色々とそれこそ高級ホテルにも泊まっているが、引き出しの中って、割と味気ないというか、わざと開けてみるんだけど、こんな楽しみはない。


こういう見えないオシャレというか、気が付く人がどれくらいいるかは置いておいて、ちゃんとゲストへのワクワクがあるのがいい。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14324275.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14325092.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14325715.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14330573.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14331296.jpg
















窓からの景色はこんな感じ。


角部屋のジュニアスイートなので、山側も海側もどちらも見える窓が付いている。


海側はこんな感じ。


夜になると、港がライトアップされ、ポートタワーが見えたり、橋が見えたりして、夜景が綺麗。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14364955.jpg















山側はこんな感じ。


ちなみに、夜は山もライトアップされて、遠くの山の側面に「KOBE」などの文字が浮かび上がったりする。

神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14364390.jpg
















「オリエンタルホテル神戸」の部屋の特徴として、面白いのが、この


各部屋同じ仕様になっているのだが、いわゆる電動だったり、紐だったりでカーテンを下げるのではなく、この木の枠を手動で上下にスライドさせて遮光を調整する。


あまりこういう窓のホテルがなく(今のところここだけかな)、最初は戸惑ったが、慣れると、なんかこっちの方がいいというか、部屋にもあっている。電動って便利だけど、旅のラグジュアリー感がないというか。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14362382.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14363019.jpg
















最終日、新幹線ギリギリまでオンラインミーティングが入ってしまったので、


ルームサービスでアマトリチャーナを頼んだ。


「オリエンタルホテル神戸」の人気メインダイニングの「メインダイニングバイ・ザ・ハウス・オブ・パシフィック」から持ってきてくれる。


神戸は個人的には長年「オリエンタルホテル神戸」一択で、しばらくはずっとここかなあ。


神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14424750.jpg
神戸・旧居留地「オリエンタルホテル神戸」に泊まる。_f0232060_14425465.jpg












■「オリエンタルホテル神戸」














いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!




■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓












# by meshi-quest | 2024-07-13 08:08 | 旅行_国内











懇意にさせてもらっている西荻窪の大人気イタリアン「チクロ」2024年初夏新規オープンした台湾料理店「燕(エン)」にお邪魔させてもらった。



西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16163711.jpg














オーナーのノリオさん自らデザインや内装を手掛けた店内は、めちゃくちゃオシャレで、居心地良く、今まで西荻窪にあまり無かったテイスト。


どこかアジアっぽい雰囲気に西洋のアンティーク家具が置かれ、コンクリート打ちっぱなしにブルーグレーの壁。


みんなが良いイメージを持っている大好きなシノワズリ(フランス語の「中国趣味」の意)が体現されているような空間。


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16200789.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16201718.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16202386.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16203641.jpg
















ドリンクは、台湾のお酒や台湾のお茶がある。


今回は、台湾の名茶舗「王德傳」(ワンダーチュアン)の凍頂烏龍茶をいただいた。


お茶を頼むと、香りを楽しむ聞香杯も付いてくる。


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01062651.jpg

西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16293710.jpg

西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16283462.jpg
















料理は、水餃子が名物になっていて、その他、台湾前菜や麺類、デザートがある。


まずは、自家製花生醤棒棒鶏から。濃厚な花生醤(ピーナッツペースト)が特徴的。


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16321291.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16321890.jpg
















アメリカンチェリー紫キャベツのスイートチリマリネ。


甘酸っぱさが後を引く、美味しいマリネ。好みの味。


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16322938.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_16323448.jpg















サッパリとした味付けの細切り干豆腐パクチーの和え物と、やや濃いめの味付けのキクラゲの和え物。


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01051755.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01050671.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01052737.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01053204.jpg















酔っぱらい海老(赤海老の紹興酒漬け)と、「燕」のもろきゅう


もろきゅうは味噌ではなく、自家製花生醤で。

西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01085891.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01090350.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01093180.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01093604.jpg















名物の水餃子3種盛り合わせ。


この日は、豚肉水餃子発酵白菜腐乳の水餃子、海老黄ニラの水餃子の3種。


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01095336.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01100040.jpg














ニンニクディルの炒め蒸しと、皿ワンタン


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01102140.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01102644.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01104354.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01104822.jpg















新生姜醤でいただく鶏手羽先と、口直しの緑ザーサイ


鶏手羽先は、そのままでも味が付いてて、柔らかく美味しいのだが、新生姜醤を使うと、爽やかなお酒に合う味に。


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01180442.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01180914.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01172549.jpg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01173581.jpg















仲良くさせていただいている「チクロ」オーナーのノリオさんの3号店目ということで、


「燕」の開店のお祝いに、店内のアイコンとなっているイサム・ノグチの大きなランプシェードの協賛をさせていただいた。


「メシクエ」の名前を入れていただいているので、お近くの方はぜひご覧いただけたら幸いです。


西荻窪にオシャレでフラッと立ち寄れるような、本格的な台湾料理居酒屋はなかったので、今後がすごく楽しみ。


ノリオさん、「燕」のオープン、本当におめでとうございます!!


西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01205420.jpeg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01205882.jpeg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01210343.jpeg
西荻窪「燕(エン)」へ行く。_f0232060_01210688.jpeg













■「燕」














いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓




















# by meshi-quest | 2024-07-12 08:06 | 西荻窪












懇意にさせていただいてる住所非公開の会員制大人気焼肉店「新進気鋭」グループが手がける


同じく住所非公開会員制すき焼き「鋤焼新進気鋭」で個室貸切。


会員制焼肉から始まり、今や焼肉を越えて、鮨、日本料理、中華、イタリアン、炉端焼きまで手掛ける「新進気鋭」グループ。


その中の2024年初夏にオープンしたばかりの「新進気鋭」グループ初のすき焼きの記念すべき第一号店にお邪魔させてもらった。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15155934.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15180602.jpg
















まずは、長野県の黒毛和牛「村沢牛」のたたきから。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15183936.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15184763.jpg















続いて、八寸


この日は金時草のおひたし、蛸わさ、地鶏、鮪たたき、黒胡麻わらび餅の5種。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15185522.jpg
















そして、「新進気鋭」名物の本日のお肉の説明。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15231036.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15231901.jpg















「鋤焼新進気鋭」では、厳選された最高級のお肉を前半はしゃぶしゃぶで、後半はすき焼きでいただくことができる。


しゃぶしゃぶは、「新進気鋭」グループの日本料理店の料理長を交えて何度も調整を加えたという出汁を使う。


お肉は、極上タン元シャトーブリアン


飲み物は他の「新進気鋭」グループ同様で、日本酒、ビール、焼酎、ワイン、ノンアルなど、人気の有名銘柄含めて飲み放題


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15262434.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15260305.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15261709.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15311852.jpg
















タン元のしゃぶしゃぶは初めていただいたが、旨味も食感も良くて、すごく美味しい!


ネギの薬味とくるんで、出汁ごといただく。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15313833.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15313235.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15314802.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15315636.jpg
















シャトーブリアンのしゃぶしゃぶ


この肉の厚さを全く感じさせない、柔らかくて上品なしゃぶしゃぶ。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15321008.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15321547.jpg













霜降りのリブロースのしゃぶしゃぶ。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15322547.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15323889.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15325316.jpg
















「新進気鋭」オーナーの塚原さんのご親戚が作られている舞茸。香り良くて、しゃぶしゃぶとすごく合う。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15385239.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15431243.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15392919.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15385939.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15391300.jpg
















いよいよ、すき焼きへ。


すき焼きは、関西風関東風2種類を楽しめるようになっている。


まずは、鹿児島黒樺牛霜降りリブロース関西風すき焼きから。


関西風のすき焼きは、関東のような割り下を使わず、肉を焼いて、ざらめと醤油で味付けをする焼きすきのような形。


「鋤焼新進気鋭」では、牛脂で肉を焼いて、その後にざらめと醤油をあらかじめ合わせた濃いめの調味醤油を使って、味を調える。


すき焼きからは全員ご飯をもらって(笑)、食事モード。すき焼きにはご飯が合う!


卵もちゃんと考えられていて、1つは全卵、もう1つは黄身だけで、混ぜると、適度に量もあり、濃いめの黄身ができる。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15440006.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15440715.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15442651.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15443301.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15443904.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15444590.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15445978.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15445460.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15435075.jpg















続いては、極上タン元シャトーブリアン関東風の割り下を使ったすき焼き。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15532919.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15533612.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15540405.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15535866.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15535181.jpg














肉の追加もさせてもらい、メニューにはないのだが黒毛和牛のヒレのすき焼きもいただいた。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15534572.jpg















白米はいつでもお代わり自由なのだが、それ以外に、〆に牛タン三つ葉舞茸の炊き込みご飯も出てくる。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15545057.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15545737.jpg















さらに、お腹に余裕がある人には牛タンカレー素麺も出てくる。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15592429.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15591528.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_16000487.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15593890.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_15594907.jpg
















最後は甘夏のシャーベット。


店名は「鋤焼」だが、しゃぶしゃぶもすき焼きもどちらも味わえて、焼肉とはまた違った形で「新進気鋭」のお肉を楽しめるお店。


タン元のしゃぶしゃぶやすき焼きなど、他ではなかなか味わえないメニューもあるので、肉が好きな方にはとてもいい。


タン元のしゃぶしゃぶとすき焼きは、本当に美味しかったなあ。


住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_16001864.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_16001081.jpg
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ行く。_f0232060_16002405.jpg














いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓


















# by meshi-quest | 2024-07-11 08:07










懇意にさせてもらっているミシュラン東京ビブグルマン獲得の大人気中華料理店「湯気」さんで中華ディナー。


今宵も田口シェフの優しくて疲れず食べ飽きない唯一無二の中華をいただく。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19032206.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19032977.jpg















おまかせコースの1品目は、天然ヒラマサジャガイモそら豆の和え物。


胡麻油の風味がとても良い、1品目にピッタリの前菜。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19034405.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19035042.jpg
















2品目は、蒸し鶏芝麻醤


しっとり柔らかい蒸し鶏に、濃厚な胡麻の芝麻醤(チーマージャン)の組み合わせ。


芝麻醤にディルが入っているのが特徴的で、胡麻だけだともったりしてしまうところ、ディルの効果で爽やかに無限に食べれそう。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19035961.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19040874.jpg
















3品目は、名物のエビ春巻。サクサクの春巻の中に、エビがギッシリ。


いつもはエビだけなのだが、今回は中に大葉も入ってて、爽やかな味わい。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19082693.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19083237.jpg
















4品目は、焼売


とてもシンプルなのだが、玉ねぎの甘さと豚肉の旨味のバランスがものすごく上手で、何個でも食べれそうな味。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19084210.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19085549.jpg















5品目は、神経〆のハモを使ったフリット。


付け合わせの梅チリソースがものすごく美味しくて、この梅チリだけでもずっと食べていたくなる味だった。


田口シェフが日本料理のハモの湯引きの梅ソースから発想を得て、中華風にアレンジしたもの。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19123244.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19123884.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19124464.jpg















6品目は、自家製ジーマミー豆腐


以前沖縄の会社の役員をしていたことがあり、8年くらいよく沖縄に行って、色んなお店でジーマミー豆腐をいただいたが、田口シェフの作るジーマミーが個人的なNo.1かな。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19125264.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19125793.jpg
















7品目は、ハマグリ豆腐グリーンピースの香料煮込み。


スープ感覚でいただける胃にも優しい味わい。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19130456.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19131258.jpg















8品目は、和牛すね肉の醤油煮込み。


箸で簡単に切れるほどじっくり柔らかく煮込まれたすね肉の煮込み。お酒に合う味。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19165481.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19165922.jpg
















9品目は、しらす白菜漬物のチャーハン。


よく中華では発酵食品でチャーハンを作ることがあるが、深い旨味と、ほど良い酸味があって、すごく美味しい。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19170735.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19171258.jpg
















10品目は、キノコとキャベツの餡かけ焼きそば。


コースはチャーハンまでなのだが、〆を追加でもっと食べたい人用に、もう1品用意されている。


この餡かけもものすごく美味しい。焼きそばというより、汁なしラーメンに近い感じ。好みの味だった。


新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19172143.jpg
新中野「湯気」へ行く。_f0232060_19172669.jpg



























いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓


















プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
表参道「メゼババ」へ行く。
at 2024-07-19 08:08
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。
at 2024-07-18 08:08
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。
at 2024-07-17 08:08
京都・神宮丸太町「日本料理 ..
at 2024-07-16 08:07
赤坂「USHIYA KITC..
at 2024-07-15 08:07
神戸・三宮「グリルDAITO..
at 2024-07-14 08:06
神戸・旧居留地「オリエンタル..
at 2024-07-13 08:08
西荻窪「燕(エン)」へ行く。
at 2024-07-12 08:06
住所非公開「鋤焼新進気鋭」へ..
at 2024-07-11 08:07
新中野「湯気」へ行く。
at 2024-07-10 08:07