人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Imparfait [アンパルフェ]

バカラ社のクリスタルグラス。

グラスについて、そんなに詳しくない私でも知っている、あまりにも有名な高級グラスだ。


先日、六本木ヒルズに行った時、バカラ社のショップがあったので、ふらっと立ち寄ってみた。

グラスにそこまでこだわりがない素人の私でも「キレイ・・・」とうっとりするような、キラキラ光輝くグラスが並ぶ。

グラスなので手で持たなきゃいけないモノなのだが、なんだか手で触れるのを憚られるような(苦笑)、そんなオーラを放っているグラスだった。

今まで知らなかったのだが、バカラ社ではグラス以外にも、ネックレスやリングといったアクセサリーも販売している。

クリスタルで出来たアクセサリー。
どうも貧乏性のせいか、その「強度」が気になって、お店の人に聞いてみると、「正直、あまり強度はありません。仮に、右手にバカラリング、左手に普通のリングを付けて、拍手とかすると割れる可能性があります。」とのこと。

このアクセサリーを買う人は、もろくはかなくも、何よりも美しく光輝くその様に惚れ込んで買っていくのだろうか。

うーん、奥が深い。


さて、店内の一番奥に、すごく気になったグラスがあった。

「黒」好きの私の心を捉えた漆黒のバカラグラス。

「バカラ」=「クリスタル」=「透明」というイメージが強かったのだが、このグラスは、その私のイメージを覆す、なんとも美しい漆黒だった。


フランス語で「imparfait(アンパルフェ)」と名付けられているこのグラスは、黒い台が付いた6客セットのワイングラスなのだが、そのうちの1客だけ赤い台の上に乗っていた。

それが妙に気になってずっと眺めていたら、ショップ店員のおじさんがやってきて、とても丁寧に解説をしてくれた。

フランス語「imparfait(アンパルフェ)」とは、英語で「imperfect」という意味であり、つまり、このグラスには「不完全」という名前が付いている。

バカラ社のグラスは、高いクオリティー管理の下、その製造過程において、おおよそ10個に1個くらいしか「パルフェ(perfect、完全)」ができないらしい。

この6客のグラスのうち、黒い台に乗っている5客は「アンパルフェ」であり、赤い台に乗っている1客だけが「パルフェ」なのだ。

素人目には全く違いが分からないが、きちんと説明を受けると、確かに黒い台のグラスには、縦線が入っていたり、傷っぽいものが入っていたり、若干グラスの厚みに差があったりする。

もちろん、言われなきゃ全く気が付かないし、私にとっては、この「アンパルフェ」グラスでも十分すぎる(苦笑)。


と、ここで1つ気になることが・・・。

コレ、もし、台を間違えて載せてしまったら・・・。
もし、どれがパルフェで、どれがアンパルフェか分からなくなってしまったら、どうするんだろう(笑)??

こんなド素人丸出しの質問を、せっかくのバカラショップ訪問記念に聞いてみたところ、「アンパルフェ」はグラスの足元に「imparfait」という文字が、「パルフェ」にはグラスの足元に「parfait」の文字と、バカラグラスの完全体であることを示すシリアルナンバーが刻印されている、とのこと。

さらに、「アンパルフェ」には「B」というバカラ社を示すロゴのみしか入っていないが、「パルフェ」には「Baccarat」という正式名称が刻印されている。


こだわりにこだわり抜いたバカラ社の出す漆黒のグラス。

そこに、バカラ社の想いや、クオリティーの高さ、そして、グラス職人の愛と遊び心を感じて、説明を聞いていて、なんだかとても楽しい気分になった。



あまりに熱心に眺めているので買ってくれるのかと思われたのか、店員さんに「1セット、いかがですか?」と言われたが、うちは家全体が「アンパルフェ」なんで(笑)、パルフェグラス様が来るような場所じゃありません。

すんません。








■今日のカメ

※本当は、撮影は遠慮してもらっているみたいなのですが、今回は特別のご厚意で許可していただきました。


■「アンパルフェ」
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_1161145.jpg建築、インテリア、家具など様々なデザインを手掛けるフランスの総合デザイナー、フィリップ・スタルク氏とバカラ社のコラボレーションで生まれたワイングラスセット。

後ろのガラスが反射してしまって、あまりうまく撮れなかったのですが、実物はもっととってもカッコイイので、ぜひ機会があれば、実物をご覧ください。







■こっちが「アンパルフェ」
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_116227.jpg黒い台に乗っているのが、「アンパルフェ」です。









■こっちが、「パルフェ」
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_1163179.jpg赤い台に乗っている1客だけが、「パルフェ」です。










■「imperfait」の刻印
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_1164155.jpgちょっと見づらいかもしれませんが、「アンパルフェ」グラスには、「imperfait」の刻印がされています。









■「B」の刻印
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_1165085.jpg同じく「アンパルフェ」グラスには、「imperfait」の刻印の真裏あたりに、「B」の刻印がされています。
「アンパルフェ」なので、「Baccarat」の刻印はされてません。









■シリアルナンバーの刻印
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_117274.jpg「パルフェ」にはシリアルナンバーの刻印と、バカラ社の正式な名称、デザイナー・スタルク氏の名前が刻印されています。









■気になるお値段
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_117949.jpg税込304,500円です。
お店の方曰く、「1つの30万のパルフェグラスに、おまけが5つ」らしいです。









■4000万のテーブル
Imparfait [アンパルフェ] _f0232060_117205.jpg何気に手を触れていたのですが(苦笑)、この写真に写っているクリスタルのテーブル、4000万だそうです。家、1軒分かぁ・・・(遠い目)。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
台北に行く。⑨ ~「earn..
at 2024-06-23 08:07
台北に行く。⑧ ~饒河街観光..
at 2024-06-22 08:07
台北に行く。⑦ ~司機倶楽部..
at 2024-06-21 08:07
台北に行く。⑥ ~杭州小籠湯..
at 2024-06-20 08:07
台北に行く。⑤ ~天空の茶藝..
at 2024-06-19 08:07
台北に行く。④ ~永楽担仔麺..
at 2024-06-18 08:08
台北に行く。③ ~マンダリン..
at 2024-06-17 08:08
台北に行く。② ~マンダリン..
at 2024-06-16 08:08
台北に行く。① ~4年ぶりの..
at 2024-06-15 08:08
西荻窪「西荻窪はや人」へ行く。
at 2024-06-14 08:07