人気ブログランキング |

目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。



ご招待いただき、11/3(水)~11/21(日)まで目黒雅叙園で行われている


「假屋崎省吾の世界 IBUKI」へ行ってきた。






假屋崎先生の花を間近で見るのは、初めてだ。









実は、うちは一家で花に縁がある。





私のおばあちゃんは華道の看板を持っている先生で、


ママは、フラワーアレンジメントの先生の資格を持っていて、


私もまだまだ勉強中の身ながら、一応、フラワーアレンジメントをやっているので、


今日は、とても楽しみであった。








展覧会初日ということもあり、雅叙園の展示会場には、


招待客、個人客、団体客、多数のお客さんが来ていた。





目黒雅叙園内の、東京都の指定有形文化財「百段階段」にある複数の小部屋が


展示会場となっており、きらびやかな和室に、豪華絢爛の生け花が並ぶ。







ビビッドな色使いと、躍動感ある、とても大胆な生け花に感動したものもあれば、


正直、うーん?と思うものもあった。







芸術の感じ方は、人それぞれであり、全部賛成、全部同じである必要はないので、


あくまでも、私感ということで。








その他、感じたこととしては、


照明がとても素晴らしかったことと、


各生け花の後ろにあった、ド派手な着物は必要なかったのではないか?ということ。







特に、花の背景の着物の展示は、各部屋の派手さと、花の豪華さに負けていて、


目立たなかったり、逆に花の邪魔をしているような感じもあって、


個人的には、無くても良かったのではないかと思う。








色々と勉強になった。








見学の最後に、物販コーナーで、友達の結婚式ブーケの参考にと本を買い、


実際に、假屋崎先生にお会いし、サインをいただいた。







すると、


「あら、あんた、いいポンチョ来てるわね~。どこで買ったの~?」


と、ポンチョを褒めていただいた。








これは、「sunao kuwahara」で買ったストール。


華の道ではまだまだ分かりあえないかもしれないが、服では先生と趣味が合いそうだ。












■目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」
http://www.megurogajoen.co.jp/event/kariyazaki/index.html


















■今日のカメ

■雅叙園への道
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_0532495.jpgJR目黒駅から徒歩5分ほど。

途中に、心臓破りの急な坂がある。ここが近道だが、迂回も可能。






■目黒雅叙園
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_055796.jpg目黒雅叙園入口。

実は、生まれて初めて雅叙園へ来ました。







■展覧会入場口
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_0563349.jpg雅叙園入って、目の前が入場口となっています。









■お祝いの花の数々
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_0574414.jpg色んな業界の方々からのお祝いの花が飾られていました。

お祝いは気持ちとはいえ、華道家の大先生宛に送る花って、相当、困りそう・・・(苦笑)。





■エレベーター
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_0592866.jpgこのエレベーターに乗って、会場となる「百段階段」まで移動します。

撮影はここまで。









■招きの大門
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_111362.jpg展覧会見学後、せっかく来たので、創業80年を超える目黒雅叙園を探索してみました。

これは、「招きの大門」という雅叙園ワールドへの入口。映画のセットみたいです。





■京都っぽい感じ
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_133235.jpg秋らしく、紅葉をあしらった飾り付けがされていた廊下。








■1億円のトイレ
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_15445.jpg雅叙園1階にあるこのトイレは、費用1億円かかっているそうです。








■トイレ入り口
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_161062.jpg豪華絢爛なトイレ。
この先から、男子、女子に分かれます。

ただ、女子トイレが3つしかなく、15人くらい列を作っていて、大変なことになっていました。
できれば、1億円のうち、1000万くらいをトイレの数を増やす方に充ててほしかった。



■花嫁さんいっぱい
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_192518.jpg階段上から階下を撮影。

本日はお日柄もよく、多数の結婚式が行われていたようで、どこもかしこも幸せそうな花嫁さんでいっぱいでした。

雅叙園、高そうだけど、いいなあ、ここの式場。



■滝の前
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_1111635.jpg中庭に滝があって、大きな鯉がいっぱい泳いでいました。








■「一世一代のブーケ」
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_1124324.jpg假屋崎先生のブーケ本を買い、サインをいただきました。

いくつかとてもきれいなブーケがあったので、参考にさせていただきます。





■「sunao kuwahara」のストール
目黒雅叙園「假屋崎省吾の世界」へ行く。_f0232060_114982.jpg先生が気に入ってくださったストール。私もお気に入り。

かなり大判なので、巻くと、体をすっぽり覆うポンチョっぽくなります。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ