人気ブログランキング |

登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。



常日頃から思うことだが、


自分が好きだと思うことは、どんどん公言していくべきだと思う。












言っていれば、自分のモチベーションも高まり、運も高まり、


それを聞いていた周りもサポートしてくれて、


好きなモノに近づけると思う。


それが、仕事でも、プライベートでも。












私も色々と好きなものを公言しているが、


その1つに、「ドラえもん」がある。











そして、ありがたいことに、


1ヶ月待ちという「藤子・F・不二雄ミュージアム」のチケットを


譲っていただけるに至った。












先に感想だけ書いてしまうと、


藤子・F・不二雄先生のアニメをリアルタイムで見ていた人、


藤子・F・不二雄先生が好きで仕方がない人には向いているが、


三鷹の「ジブリ美術館」のノリで来てしまったカップルや子どもには、


ちょっと向かないのではないかなと思う。












ミュージアム側は間違っていなくて、確かに「ミュージアム」なのだ、ここは。


だから、資料館に近くて、


あまり若いカップルで写真撮ったり、楽しめる場所は少ない。














また、「ドラえもん」だけでなく、藤子・F・不二雄先生の昔の作品も含まれていて、


隣りのお父さんが子どもに、「ほら、これがエスパー魔美だよ」と言っているのだが、


子どもは、あまり興味がなく、ウロウロしていたりする。












私にしてみても、「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」などは分かるが、


かなり昔の作品に関しては、「へー、こんなのもあったのか」というくらいで、


100%楽しめたか?というと、正直、60%くらいではあった。












あと、気になったところとしては、


ミュージアムや展示物が、全体的に世界観に入りこみにくい作りになっていたこと。


作品数も多く、キャラも多いので、どれかに偏らせることができず、


万遍なく紹介をしているため仕方がないのだろうが、


広く、浅くという感じで、印象に残るものが少なかった。


原画の展示もあるのだが、複製原画なので、それも残念であった。













ただ、さすが、藤子・F・不二雄先生というか、


キャラが立っていて、充実している分、


ジブリ美術館に比べ、お土産コーナーは非常に種類も豊富で、楽しかった。












日本を代表する漫画家の藤子・F・不二雄先生に


少し触れることができ、とても貴重な体験をさせてもらった。













■「藤子・F・不二雄ミュージアム」
http://fujiko-museum.com/pc.php















■今日のカメ

■登戸駅前
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_20431432.jpg小田急線「登戸駅」の駅前からシャトルバスが出ています。

ミュージアムには駐車場がないようで、シャトルバスのみだそうです。ちなみに、無料ではなく、片道210円・・・。





■バス来た。
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_20452465.jpg幼稚園のスクールバスのような黄色のバス。ドラえもん、のび太、コロ助などが描かれています。

車内は、子ども達がテンション上がって大合唱をしていたので、あながちスクールバスというのも間違ってない気がする。





■コロ助手すり
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_20465930.jpgバスの中は、コロ助一色。

途中、ブルーのシャトルバスもあったので、そっちはドラえもんだったのかな。







■コロ助ブザー
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_20594622.jpgシャトルバス途中下車が無いので、実際は押しません。









■「藤子・F・不二雄ミュージアム」
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_2105595.jpgバスに乗って、約10分ほどで到着。










■壁にドラ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_211468.jpgミュージアムの壁のレンガは、色んな表情のドラえもんになっていました。









■長蛇の列
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_2123730.jpgミュージアムは入場制限がされていて、時間によって制限されています。今回は、朝10時の回にやってきて、入口にこんな感じで列が出来ています。

ここから先は、一部を除いて、撮影禁止です。






■フィギュア
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_2142144.jpg並んでいる壁沿いに、ドラえもんのフィギュアが飾られていました。

ドラえもんって、ホントいい。
ジャイアンみたいなガキ大将や、スネ夫みたいなイヤミな子がいても、みんな友達で、なんだかんだ言ってそれぞれを尊敬しあってて、いざとなったら助け合う世界。



■きれいなジャイアン、大人気
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_2182949.jpgてんとう虫コミック36巻に収録されている有名な「きこりの泉」という話で出てくる『きれいなジャイアン』。

有名なジャイアンを一目見ようと、長蛇の列。館内で数少ない撮影スポットの1つ。





■きれいなジャイアン
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21112275.jpg手動なので、レバーを上げ下げすることで、ジャイアンが泉から現れます。きれいw。









■中はこんな感じ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21122313.jpg普段は、こんな感じでスタンバってます。










■読書コーナー
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21131548.jpg藤子・F・不二雄先生のコミックスが読めるコーナー。

展示を見て、急に名シーンを読みたくなった人、あのシーンを思い出したくなった人で賑わってました。





■ドラガチャ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21145990.jpgドラえもんのピンズを売っているガチャガチャ。










■シアターの入口
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21155230.jpgシアターの入口。
ここ藤子・F・不二雄ミュージアムでしか見れない、約10分間のオールスターズアニメが見れます。








■パーマン
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21165143.jpg外の芝生で、パーマンとブービーが日向ぼっこをしていました。









■中庭の様子
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_2118251.jpgミュージアムに中庭があり、恐竜のピー助、どこでもドア、空き地の土管が展示されています。撮影可能。








■土管
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21201376.jpgジャイアンリサイタル会場でも有名な空き地の土管。









■どこでもドア
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21213911.jpgどこでもドア、欲しいなあ・・・。










■ピー助
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21223247.jpg「のび太の恐竜」でお馴染みのピー助。










■ミュージアムの屋上
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21235598.jpgミュージアムの屋上から見た登戸の景色。










■オバQと青空
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21245438.jpg夏ですなあ・・・。










■ミュージアムカフェ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21254851.jpgミュージアム内にあるカフェ。軽食とドリンク。

お隣のレストランは、魅力的な料理がいっぱいですが、1時間待ちだったので、あきらめました。







■アンンキパンラスク
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_2127168.jpgドラえもんの秘密道具の1つ「アンキパン」のラスク。

これだったら、のび太も試験前に大量に食べれただろうに(笑)。






■ラスク、アップ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_212826100.jpg「アンキパン」は暗記したいものにパンを乗せてプリントするので、ちゃんと文字は逆になっていました。








■ちょっと休憩
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21293598.jpgオレンジジュースと、ドラえもんメンチ、コロ助コロッケを買いました。観光地価格で、ちょっと高め。

あと、せっかくなら、オレンジジュースも「ドラミちゃんのオレンジ」とか、なんか名前付けてほしかったなあ。ドリンク系はすべて普通(苦笑)。




■ドラメンチ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21315676.jpgドラえもんの顔がプリントされているメンチ。

味は、スーパーのメンチレベルかな。








■コロ助コロッケ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21324735.jpgコロ助の顔。
中は、普通のじゃがいもコロッケ。









■小池さんラーメン
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21332897.jpgコレ、すごく食べたかったですがw、残念ながら1時間待ちなので、断念。









■アンキパン
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21343071.jpgラスクではなく、本物のアンキパン。これも1時間待ち。









■ジャイアンのカツ丼
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21353839.jpgジャイアンと言うと、なんとなくラーメン食べているイメージですが、調べてみると、大長編ではカツ丼を食べていることが多いらしく、この商品。これも1時間待ち。

ちなみに、この「G」マークのオレンジどんぶりは、ミュージアムショップで売ってます。




■ファーストアルバム
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_21383381.jpgミュージアムショップで売っていた、ジャイアンの「ファーストアルバム」。

中にはチョコが入っています。







■きれいなジャイアンメモ
登戸「藤子・F・不二雄ミュージアム」へ行く。_f0232060_2139511.jpgきれいなジャイアンがいっぱいプリントされている、ジャイアン好きには垂涎の一品。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ