人気ブログランキング |

銀座「Restaurant MASA UEKI」へ行く。



ご招待いただき、今年秋にオープンしたばかりの、


フレンチの名シェフ植木将仁氏のプライベートレストラン、


「Restaurant MASA UEKI」へ。












植木シェフとは、長年懇意にさせていただいているが、


前回伺った時に、あまり満足のいく内容ではなかったので、


正直にそれを伝え、また数週間後にお伺いさせてもらうことにしていた。












シェフも、私の話に真摯に耳を傾け、うなずきながら聞いてくださり、


数週間後に必ずや驚かせます!と約束してくれた。












実際、今回伺っていただいた料理は、植木シェフ渾身の内容になっていて、


若干、まだ気になる部分があったので、それは正直にお伝えしたが、


前回とは全然違う内容、味になっていた。












このわずかな間に、こんなにダイレクトに変わるなんて、


本当にすごいシェフだなあと思う。


とても美味しかった!












■「Restaurant MASA UEKI」
http://www.masaueki.com/home.php
















■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_19305999.jpg東京メトロ「銀座駅」から徒歩3分ほど。

今日は、たまたま予約が入ってなかったらしく、完全に貸切のプライベートでした。







■テーブルセット
f0232060_19333737.jpg前回はまだオープンしたてで、特注の皿やカラトリー、テーブルクロスが届いてなかったらしく、やっと予定していたものになった、とのこと。

前回の白いクロスだと、この雰囲気ではどうしても結婚式場の延長っぽく見えるので、グレーの方が合ってますね。




■1品目
f0232060_19362124.jpg「日の出」という名前の料理。

植木シェフが得意とする、珍しいスパニッシュオムレツで、以前、広尾「Restaurant J」でも出されていた料理です。






■オムレツ、アップ
f0232060_19385569.jpg一番上は、玉ねぎを揚げたもの、トマト、じゃがいものスプーマ、温泉卵が層になっていて、食べると口の中でスパニッシュオムレツになります。美味しい!







■2品目
f0232060_19402570.jpg「清爽譜」という料理です。シマアジのお刺身が乗っています。

金色のお皿は、植木シェフによる特注品。







■シマアジ、アップ
f0232060_1942617.jpgシマアジの下には、ラベンダーで風味付けされた豆腐があり、シマアジは美味しかったのですが、若干ラベンダーの風味が強くて、魚の味を消してしまっていました。ちと残念。







■白ワイン
f0232060_19433743.jpgソムリエにお任せの白ワイン。










■自家製パン
f0232060_19443568.jpgかぼちゃの蒸しパンと、バゲットのバタートースト。

バケットはバターの風味がよくきいていて、とても美味しかった。黄色い蒸しパンは、きれいだが、若干、かぼちゃのアクというか、えぐみが出てしまっているかな。




■3品目
f0232060_19464521.jpg「歓喜への誘い」という料理。もずくがにを使ったロワイヤル(茶碗蒸しのようなもの)です。

これは、まさに歓喜するほど、ホントに美味しかったです。絶品。






■もずくがに、アップ
f0232060_19483612.jpgもずくがにのカニ身たっぷりで、カニの出汁も濃厚、絶品でした。ウニも入っています。









■4品目
f0232060_19495020.jpg「夕映え」という名前の料理。

ここにスープがそそがれます。








■スープ、投入
f0232060_19504157.jpgスタッフが、温かいスープを入れてくれます。










■スープ、アップ
f0232060_19512468.jpg絶妙な味わいのコンソメスープの中に、松茸と白身魚のすり身団子が入っています。

これも美味しかったー。







■5品目
f0232060_2012995.jpg「荒海を乗り越えて」という料理です。かなり立派な鰆を使ったソテーです。









■鰆、アップ
f0232060_2016228.jpgこの鰆の厚み!

ソースは、アサリの出汁のクリームソースで、付け合わせは黒キャベツ。クリーミーなソースと鰆がとてもあっていて、すごく美味しかったです。






■6品目
f0232060_2018184.jpg「北の大地ひとしずく」という料理。

北海道産の甘味の強い玉ねぎを長時間低温ローストして、さらに旨味を出した1品。器にも、玉ねぎのみから抽出したエキスが入っており、玉ねぎエキスに玉ねぎを付けて食べます。





■玉ねぎ、アップ
f0232060_20194878.jpg甘味はすごかったですが、若干、生っぽさが残っていたかな。

玉ねぎはどうしても独特のにおいが出やすいので、ローストよりも、焼いた方が食べやすいかな。






■エキス、アップ
f0232060_20211291.jpg砂糖入ってる??と思ってしまうほど、甘味があるエキス。実は、玉ねぎのみ。

このエキスに、ロースト玉ねぎを付けて食べるのですが、器が小さく、食べづらかった・・・。箸じゃなくて、フォークだからね。





■7品目
f0232060_20224866.jpg「幸せなる出会い」という料理。本日のメイン。

青森県三厩(みんまや)の本マグロを使ったソテーです。







■本マグロ、アップ
f0232060_20241844.jpg厚みある本マグロを贅沢に使い、上には白子とアボカド。ソースは、柚子マスタードソース。

見ため以上にさっぱりしていて、とても食べやすい料理でした。個人的には、メインなので、6品目の鰆くらいガツンと濃い料理の方が良かったかな。順番入れ替えるとちょうどいいかも。




■8品目
f0232060_2027819.jpg「大地の恵み」という名前の、色とりどりの野菜が入ったリゾットです。









■リゾット、アップ
f0232060_202818100.jpg黒っぽいのは、珍しい「黒とうもろこし」。その他、ブロッコリーなど色んな野菜が入っています。









■デザート①
f0232060_202938100.jpg「ゆらめく微光」という名前の、グラニテを兼ねたデザートです。

泡はザクロで風味付けされているもので、赤いものは「紅まどんな」というみかんをポルト酒で漬けたもの。

ほど良い酸味があって、グラニテにピッタリ。



■デザート②
f0232060_20314828.jpg「モダンティラミス」という名前の、植木シェフが得意とするデザート。









■ティラミス、アップ
f0232060_20324953.jpgこのティラミス、大好き。特に、表面の焦がし部分が、絶品。









■ハーブワゴン
f0232060_20515189.jpg植木シェフ自ら切って、調合してくれるハーブティー。

生のハーブは、なんとも香りがいい。







■デザート③
f0232060_2053147.jpg「月光」という名前のチョコレート大福と、ハーブティー。
by meshi-quest | 2012-12-14 08:13 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ