人気ブログランキング |

瑞泉寺「中国精進料理 鎌倉 凛林」へ行く。





年に1回、私はすごい昼食会に参加させてもらっている。












業界でも大の美食家として知られる、


雑誌「ファンロード」浜松編集長主催の鎌倉「凜林」中華昼食会だ。












鎌倉で有名な中華料理店「凜林」のオーナーシェフである凜さんは、


中華界の重鎮でもあり、現場は息子さんに任せて、


いまは、料理人の育成や食品会社のアドバイザーなどをされている。














そんな凜シェフが、長年懇意にされている浜松さんが来たときだけ自ら厨房に立ち、


各地の珍しい食材を使った、滅多に食べれない料理を振る舞ってくれる。


そんなすごい席の末席にお邪魔させていただいている。













どれだけすごいかと言うと、ランチ17,000円である。


特大ふかひれ、巨大鯉、特上くらげ、特級ロブスターなど、


そうそうたるメンバー。












値段以上に、価値のある食材を使っていただき、


貴重な料理をいただいているので、


気持ちは京都清水の舞台の上ではあるが、


いちメシ好きのはしくれとして、勉強するつもりで、鎌倉に馳せ参じている。













今回は、総勢17人の大所帯。


とあるフレンチのシェフも参加されており、その方がお誕生日であったことから、


今回の凜シェフの料理のテーマは、「誕生菜」。


誕生日にちなんだ、おめでたい食材や料理が並んだ。













滅多にお目にかかれない凜シェフの料理は、下記「今日のカメ」で。


ちなみに、去年の中華会の様子は、コチラ













■「中華精進料理 鎌倉 凛林」
http://www.kamakura-rinrin.com/















■今日のカメ

※携帯からご覧くださっている方へ
今回、写真点数が多いので、重かったり、表示されない場合は、
PCブラウザよりご覧ください。





■「凜林」
f0232060_10534717.jpgJR鎌倉駅から車で約15分ほど。瑞泉寺のすぐ側にあります。









■外観
f0232060_1125063.jpg寺の横で、周りも住宅しかないので、一見すると、普通の「素敵な鎌倉一軒家」に見えるが、ここがお店。








■入口
f0232060_1152679.jpgここから中へ。魅惑の中華会スタート。










■店内の様子
f0232060_1165558.jpg家にお呼ばれしたかのようなアットホームな店内。










■円卓で!
f0232060_118733.jpg中華会は奥の個室にある円卓で行われました。










■1品目
f0232060_1191560.jpg「六福盤」と書かれた前菜6種の盛り合わせです。










■前菜アップ①
f0232060_11101878.jpgコチ(だったかな?)と生イカの紹興酒漬け。かなりお酒強めですが、香りがとてもいいです。









■前菜アップ②
f0232060_11133956.jpg特上くらげの酢の物。










■前菜アップ③
f0232060_11142692.jpg牛舌の山椒ソース。










■前菜アップ④
f0232060_11151769.jpgゆで豚のニンニク香料ソースかけと、生雲丹と蒸し鶏の煮こごり。









■前菜アップ⑤
f0232060_11162432.jpg花切りイカの肉詰めゴマソース。










■2品目
f0232060_11195679.jpgすごい巨大な皿が出てきました。「特大ふかひれ尾びれとロブスターの胡蝶造り」です。

17人前で、2種の異なるサメの巨大なふかひれが4枚使われています。






■ソースをかけます。
f0232060_11215493.jpg凜シェフ自ら、客席でアツアツのソースをかけてくれます。









■すごい量!
f0232060_11233326.jpg取り分けられ、これが1人分。写真だと分かりにくいですが、すごい量のふかひれです。









■ふかひれ、アップ
f0232060_1125889.jpgふかひれ自体、味のあるものではないので、そんなに好きな食材でもなかったのですが、さすがに凜シェフの作るふかひれは美味しかったです。味、歯ごたえ、香り、どれもいい。







■カニチャーハン、登場
f0232060_11261936.jpg参加者からご飯要請があり、コースにはなかったのですが、急遽、特製カニチャーハンが登場。









■こうなるよねー。
f0232060_11271351.jpgチャーハンにふかひれをかけて、贅沢なふかひれカニチャーハンの出来上がり。









■3品目
f0232060_11282111.jpg福建風あさりの水雲と鶏の壺蒸しスープです。










■スープ、アップ
f0232060_11293056.jpgこの小さな壺ごとに蒸してスープの出汁を取るので、繊細でやさしくはありますが、しっかり鶏や野菜のエキスが出ています。美味しい。








■4品目
f0232060_11315142.jpg葉山牛と鎌倉野菜の黒胡椒炒めです。

写真的には地味かもしれませんが、今回の料理の中で、1番か2番くらいに美味しかった一品。牛肉の旨さに驚く。






■大きい鍋、きた!
f0232060_11331136.jpg円卓になにやら大きな鍋が登場。










■亀だー。
f0232060_11342536.jpg「凜林」は食器もこだわりがあり、素晴らしい陶器に出会えます。

鍋の蓋の上に、亀がいるー。







■5品目
f0232060_1135552.jpg福建風水餃子です。スープには岩海苔を使っていて、水餃子の豚肉から出た出汁が合わさり、スープだけでも美味しい。

ちなみに、水餃子は1人2つ。






■6品目
f0232060_11374637.jpg「カニ爪揚げもの 変わり紅白祝漬け」です。

立派なカニ爪で、奥までギッシリとカニの身が入っています。







■紅白祝漬け、アップ
f0232060_11403542.jpg小さな大根と人参の酢漬けが、金平糖の形にカットされています。

何気ない付け合せですが、これ、17人分、すべて手作業で作られています。






■凜シェフの実演講義!
f0232060_11415153.jpg「動画はNGね」と言われた上で、特別に凜シェフから野菜金平糖の切り方を教えてもらいました。









■すごい!!
f0232060_1143529.jpgサイコロ型の人参がこんなかわいい金平糖型に変身。

作り方は教わりましたが、自分で包丁使って作れるかは疑問(苦笑)。いつか試してみよっと。






■凜シェフの妙技!
f0232060_11465138.jpg本日お誕生日だった方の名前を、パプリカと冬瓜に下書きもせずに、飾り包丁で作る凜シェフ。

私が筆で書くよりも、凜シェフの飾り包丁の方が達筆と思われる(苦笑)。






■7品目
f0232060_11481040.jpg「飾り野菜蒸し 秘伝味噌添え」です。

「夏」の文字は大根で、ピーマンは蝶に変身。凜シェフの妙技が炸裂。







■秘伝味噌
f0232060_11495459.jpg野菜と共に出てきた秘伝味噌。ちょっとピリ辛で、材料の特定が難しい不思議な味。









■大物登場!
f0232060_1152939.jpg大皿に2匹の鯉が登場。

凜シェフがアツアツの香味油をかけてくれて、あたりに濃厚で中華香味のいい香りが漂いました。







■8品目
f0232060_11542113.jpg本日のメインディッシュ、長野県佐久から取り寄せた佐久鯉の祝母子造りです。

手前が大きい母、奥に小さめの子がいます。誕生日にちなんだお祝い料理。






■取り分け中
f0232060_11561283.jpg浜松編集長が食べやすいように鯉をくずしてくれています。

鯉は川魚なので、臭みがありそうなイメージですが、下ごしらえもしっかりされており、香味油で香りも付いていて、美味しくいただけました。





■9品目
f0232060_121097.jpg「紅白手打ち麺と烏龍茶麺の2種だれ」です。










■紅白麺、アップ
f0232060_1215886.jpgこっちが赤で、烏龍茶麺が白かと思ったら、この麺自体がよく見ると紅白で作られていました。手が込んでます。








■烏龍茶麺、アップ
f0232060_123730.jpgそこまで烏龍茶の香りは強くなく、さわやかな麺。










■10品目
f0232060_1241013.jpg竹筒自家製杏仁豆腐です。「凜林」の杏仁豆腐は、ミルク感が強く、とても美味しい。









■記念色紙
f0232060_1251225.jpg絵も、文も、着色も、すべて凜シェフによる記念お品書き色紙。

参加者全員がいただきました!
by meshi-quest | 2014-07-28 08:04 | 鎌倉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ