人気ブログランキング |

「魅惑のコスチューム バレエ・リュス展」へ行く。





6/18~9/1まで、六本木にある国立新美術館でやっていた


「魅惑のコスチューム バレエ・リュス展」に行ってきた。













「バレエ・リュス」とは、


現代の芸術やファッションにも多大な影響を与えている


主宰者セルゲイ・ディアギレフによる華やかなロシアバレエ団のことで、


その衣装は、見る者を圧倒し、異世界へ連れ込むようなオーラを放ち、


まさに「魅惑のコスチューム」だ。













私は、正直、バレエに詳しいわけでも、ファッション関係者でもない。


単なる着道楽のゲーム屋だが、


ゲームのキャラクター衣装にも通づるようなものがたくさんあり、


リュスで展示されているような個性的で華やかで、唯一無二の服が大好きだ。


素晴らしい服の数々、本当に見れて、良かった。













服は、「着るもの」なのだが、


リュスの服は、「服に着せられている」というか、


ゲームっぽい話を言うと、


服も意思を持っているかのようで、着る人の精神力がないと、


着る人を飲み込んでしまいそうな強さとオーラがあって、


そんなところが、さらに大好きだ。














個人的には、同時に開催されていたオルセー美術館展よりも、


数倍興味があり、数倍価値があった。














■「魅惑のコスチューム バレエ・リュス展」
http://www.tbs.co.jp/balletsrusses2014/















■今日のカメ

■国立新美術館①
f0232060_1245669.jpg千代田線「乃木坂駅」直結、大江戸線・日比谷線「六本木駅」からも歩けます。

会社が六本木ヒルズにあるので、すぐ側なのですが、実は今回初めて来ました。






■国立新美術館②
f0232060_127366.jpg日本の有名な建築家である故・黒川紀章氏によるもの。美しいフォルムの美術館でした。









■国立新美術館③
f0232060_1293371.jpg常に同時にいくつかの展示をしているので、たくさんの人で賑わっていました。

特に、今日はちょうどオルセー美術館展もやっていて、こちらは臨時のチケット売場まで出来ていたので、これを見に来ていた人が多かったのかも。





■バレエ・リュス展
f0232060_12111828.jpg入口の看板。中には、実際に当時使われていた衣装やデザイン画などが多数展示されていました。

好きなデザインや配色のものばかりで、ぶっちゃけ、欲しい・・・w。






■のり巻きタオル
f0232060_12142093.jpg日経新聞にも取り上げられた、巻くとのり巻きのように見えるタオル。国立新美術館の人気土産。よく出来てる!!
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ