那覇・小禄「琉球新麺 通堂 (とんどう)」へ行く。









沖縄は「沖縄そば」でも分かるようにめちゃくちゃ麺文化だが、


意外と、いわゆる普通の「ラーメン」と呼ばれる麺は少ない。


朝から晩まで、どこもかしこも「沖縄そば」だ。









元々の麺文化に、さらに「沖縄そば」以外の珍しさもあってか、


沖縄にラーメンブームが来ているようで、続々と名店が誕生している。


その中でも人気の、横浜のラーメン博物館にも出店をしているという


「琉球新麺 通堂 (とんどう)」に行ってみた。


f0232060_13373365.jpg























f0232060_1338314.jpg
































那覇近辺では有名な人気ラーメン店のようで、


沖縄のスタッフから「いつ行っても混んでる」と聞いていたが、


平日の普通の昼過ぎで、ゆうに30分待ち。


しかも、もちろん地元の方もいたが、話し声を聞いてると、その大半が中国系。


どうやら、中国観光客に日本ラーメンブームが来ているようだ。


f0232060_13405640.jpg
































待つ人は、ウェイティングの紙に名前を書き残すのだが、


日本人の店員さんが何度も「チンさんー、チンさん、いらっしゃいますか?」と聞き、


その度に、たくさんいるであろう『チンさん』がワサッと集まっては、


自分の『チン』でないことを確かめて解散していく様は、ちょっと滑稽だった。











待つこと約30分、ようやく入れて、カウンターに着席。


サービスで自由に食べれるピり辛もやしを食べながら、ラーメンを待つ。


ピり辛いと聞いていたが、たいぶ辛い。


f0232060_13451825.jpg























f0232060_1345445.jpg































ラーメンは、「おとこ味」「おんな味」の2種で、


「おとこ味」はこってり豚骨、「おんな味」はさっぱり塩になっている。


当然、ジェンダー気にせず、濃厚民族は「おとこ味」を選ぶ。


f0232060_1347361.jpg























f0232060_13475624.jpg



































もう慣れたが、量多めを「メンズセット」とか、


デザートつけると「レディースセット」とか、


食にメンズも、レディースもないので、何とかならないかな、もう慣れたけど。









さて、「おとこ味」の全部入り登場。


なかなか臭みがあって、濃さもあって、好きな風味の豚骨ラーメン。


「一蘭」や「じゃんがら」のぼんしゃんらーめんに近い感じ。


f0232060_13511678.jpg























f0232060_1352641.jpg






























よく言えば、みんなが大好きな優等生の豚骨、


もっと言うと、特徴が薄いというか、


どこかほかでも食べれそうな気がしてしまうので、


また絶対ここに来て並びたいと思うかというと、ちと考えてしまう。


東京はラーメン激戦区なもんで、


どこもかしこもラーメンのクオリティーも高く、悲しいかな舌が肥えてしまう。












ちなみに、これが別の方の頼んだ「おんな味」


薄すぎず、濃すぎず、これはこれでとても美味しい塩だった。


f0232060_1355258.jpg























f0232060_13552377.jpg
































別のテーブルが頼んでいたチャーハンのビジュアルが良く、


思わず追加でチャーハンを頼んでしまったのだが、


かなり胡椒が強くて、見た目は好みだが、味がイマイチ好みではなかった。


実際若い男性スタッフさんが力強く中華鍋振りながら、男飯を作っていて、


このチャーハンが「おとこ味」と言われると、納得なのだが。


f0232060_13574185.jpg































■「琉球新麺 通堂 (とんどう)」
http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyushinmen_tondo.html







by meshi-quest | 2017-05-28 08:06 | 沖縄
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ