人気ブログランキング |

築地市場「en.terrible アンテリブル」へ行く。









築地市場にほど近い場所にあるお気に入りのフレンチレストラン、


「en.terrible アンテリブル」でディナー。


f0232060_16125277.jpg


f0232060_16125765.jpg











今日は、美味しい和歌山県産イノシシの生ハムがあるとのことで、


目の前で大きくて立派なイノシシ肉を切り分けて、サラダ仕立てにしてもらう。


豚よりも、イノシシの方が野性味というか、味に深みがあって、すごく美味しい。


f0232060_16215671.jpg


f0232060_162210100.jpg


f0232060_16221432.jpg











大好きなトリュフ料理も色々とあったので、


トリュフたっぷりのスクランブルエッグと、


f0232060_1626379.jpg


f0232060_16261659.jpg











名物のフォアグラ入り「大人のハンバーグ」をいただく。


ざるそばの海苔かと思ってしまうほど(笑)、


山のように上からトリュフがかかってて、幸せ。


f0232060_16281373.jpg


f0232060_16283061.jpg









デザートは、自家製パフェ。


「アンテリブル」のパフェは、同じものが出てこなくて、


定期的に更新され、その度にナンバリングされていて、


パフェに名前はなく、そのナンバーだけが付けらている。









ちなみに、今回のパフェは、「No.29」


ブルーベリーとレモンを使った爽やかなパフェ。


f0232060_16331129.jpg


f0232060_16331628.jpg










「No.29」ということは、


29種分のパフェが存在するということだが、


過去のパフェもいくつかは食べてるけど、


知らないパフェもいっぱいあるので、いつか他のナンバーも食べてみたいな。








■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/









■今日のカメ

■「アンテリブル」
f0232060_16125277.jpg
大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。新橋演舞場近くの路地裏にあります。









■ワイン①
f0232060_16125765.jpg
お店おすすめの赤を。










■パン
f0232060_1741159.jpg
ボリュームたっぷりの自家製パン3種。










■イノシシの生ハム!
f0232060_16215671.jpg
めちゃくちゃ大きなイノシシの生ハム。この距離でももういい香りがします。

しかし、イノシシで毎年死亡事故のニュース見るけど、こんな太い足の動物に突撃されたら、そりゃ、死ぬわ・・。イノシシ、恐るべし。





■1品目
f0232060_162210100.jpg
和歌山県イノシシの生ハムのサラダ仕立て。ブラータチーズも入っています。

イノシシの味も香りも深くて、ワインにすごく合う。美味しい!







■2品目
f0232060_1791288.jpg
赤ピーマンのムースの生うに添え。超濃厚。









■3品目
f0232060_1626379.jpg
「サマートリュフのウッフブルイユ」。スクランブルエッグのトリュフ乗せ。いい香り。卵とトリュフの相性が抜群。








■ワイン②
f0232060_17114544.jpg
おまかせの赤ワイン。









■4品目
f0232060_17122217.jpg
紀州鴨のロースト・・・だったはず。









■赤ワイン③
f0232060_17154279.jpg
これもお店におまかせ。









■5品目
f0232060_16281373.jpg
名物の「大人のハンバーグ」。上にはトリュフがたっぷり、中にはフォアグラが入ってて、ご飯というよりワインに、子供というより大人に合うハンバーグ。







■アップ
f0232060_16283061.jpg
中にはこんなにたっぷりフォアグラが入ってます。










■6品目
f0232060_16331129.jpg
「No.29」という名前のパフェ。レモンの爽やかな酸味と、ブルーベリーの甘さで、食後に合う食べやすいパフェでした。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ