松濤「エレゾハウス」へ行く。










北海道十勝に本拠地がある食肉調理集団エレゾ


完全紹介&会員制ジビエ料理専門店「エレゾハウス」に行ってきた。


f0232060_1234485.jpg














エレゾの名前は、色んな著名レストランで聞いていて、


ジビエ肉と言えばエレゾ社というくらい、


多くの名店を虜にし、新鮮な最高級ジビエを卸している。


f0232060_1234599.jpg












そのエレゾ社が完全紹介&会員制の直営レストランを持っており、


ずっと行きたいと思っていて、


とあるレストランからのご紹介で念願の会員にならせてもらった。


f0232060_12393318.jpg


f0232060_1239518.jpg













エレゾ社には、おそらく唯一だと思うが、


ハンターという、まるでゲームのような職業の社員がいて、


厳重なルール、基準で狩猟をし、自社の加工所で加工をしている。


f0232060_12415522.jpg













店内には、命の料理人というキャッチが掲げられており、


食を通じて、命を知り、命と向き合って欲しいという


エレゾ社のメッセージが至る所に込められている。


f0232060_12435747.jpg













きちんとした紹介者が必要で、


紹介後も身分が証明できる細かな会員登録がいる。


フレンチでは珍しく、パンは一切出てこない。


命を感じてもらうメインディッシュにたどり着くまでに、


パンでお腹いっぱいになって欲しくないという思いからだそうだ。












正直、普通のレストランに比べるとかなり敷居は高いが、


それでも、そこまでしても守る理由も分かり、


そこまでしても行く価値のあるレストランであった。


メインディッシュで3種の月齢(年齢)と性別の違うエゾ鹿をいただいたが、


今まで食べたことがないような鹿の味の違いを感じた。











そして、一番驚いたのは、


食べ終わった後に、一切口にジビエ臭が残ってないこと。


どんなに新鮮なジビエを食べても、口の中にはジビエ臭が多少は残るものだが、


逆にエレゾ社に言わせると「残らないのが普通で、残らないのが本当」。











すごい料理とすごい体験をさせてもらって、


ぜひ料理写真をお見せしたいところだが、料理写真の露出はNG。


「東京カレンダー」は特別に許可が出ているようなので、


料理の内容はぜひ下記で見ていただければと思う。


https://tokyo-calendar.jp/article/7788











■「エレゾハウス」
http://elezo.com/table/elezohouse.php









by meshi-quest | 2018-01-15 08:08 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ