吉祥寺「藁ウ鴨ニハ福来ル」へ行く。









吉祥寺の人気鴨料理居酒屋「藁ウ鴨ニハ福来ル」、


通称「ワラガモ」で友人と食事。


同じく吉祥寺にある人気鶏料理居酒屋「もも吉」の系列店。


f0232060_1240143.jpg


f0232060_1241437.jpg


f0232060_12465247.jpg


f0232060_1247351.jpg














鴨料理をウリにしていて、メニューも豊富。


鴨料理と聞くと、なんだか高い印象があるカモしれないが、


鴨料理をリーズナブルな居酒屋感覚で楽しめるのがいい。












胃が温まる鴨とネギのポタージュ(300円)。


f0232060_12483881.jpg












こちらは鴨じゃが(520円)。


牛や豚とはまた違った味わいの、鴨肉じゃが。


f0232060_12474584.jpg












鴨ハツテキ(550円)や鴨たたきも(800円)。


f0232060_125028100.jpg


f0232060_12504119.jpg













名物は、この藁燻(わらくん)鴨しゃぶ


鴨出汁の黄金スープに、鴨肉鴨だんご


そして鴨には欠かせない白ネギ九条ネギの2種のネギをいれるのだが、


出汁がすごく美味しくて、居酒屋鍋レベルを超えてる。


鴨もさることながら、この大量の2種のネギが秀逸。


f0232060_12542118.jpg


f0232060_12544921.jpg


f0232060_12545991.jpg


f0232060_1255717.jpg













肉は2種で、こちらが鴨もも肉


f0232060_125727100.jpg













こっちが鴨ロース


f0232060_12574833.jpg













出汁だけでも十分美味しいのだが、薬味にもこだわっていて、


カンボジアにいる日本人胡椒生産者から取り寄せてるペッパーなど、


飽きずに鍋を食べ続けられる。


f0232060_1256417.jpg













鍋に麺を入れて〆とするか、メニューにある鴨カレーにするか迷ったが、


鴨カレーに惹かれて、こちらに。


カレーの魔力は相変わらずすごいのだがw、


この鴨カレーがかなり美味しくて、カレーの魔力に負けて良かったと思うのだった。


f0232060_13137100.jpg










■「藁ウ鴨ニハ福来ル」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13187638/










by meshi-quest | 2018-03-02 08:07 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ