六本木「ウルフギャング・ステーキハウス六本木店」へ行く。









六本木にある最高級ステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」へ。


マンハッタンに本店がある世界的に有名なアメリカンステーキハウスで、


六本木店は日本1号店、かつ、アメリカ以外での国外初店舗でもある。


f0232060_19132953.jpg












カジュアルなステーキレストランとは違って、


重厚感のあるセレブリティーなステーキハウス。


さすが六本木というか、何気ない普通の平日なのに、


予約で満席、広い店内に着飾った男女のお客さんが溢れかえっていた。


f0232060_19135078.jpg












乾杯はマティーニで。


季節のフルーツを使ったマティーニというのがあるらしく、この日は柚子


香り良くて、ジンと相性が良く、カクテルの強さを感じないので、飲みやすい。


f0232060_19143554.jpg













まず、前菜はロブスターカクテル(4200円)。


惜しげもなく、大きなロブスターがドーン!!


超リッチな前菜。


f0232060_19145977.jpg













次に、オマール海老のビスクスープ(1700円)。


風味良く、濃厚で、すごく美味しくできていた。


f0232060_19151728.jpg












クラッシックシーザーサラダ(1600円)。


しっかり量があるので、食べ応えがある。


f0232060_19154023.jpg












そして、メインは、名物のプライムステーキ(2名16,000円)。


写真だと若干大きさが分かりにくいが、かなり量がある。


Tボーンなので、骨の両側でヒレとサーロインが楽しめる。


f0232060_1916337.jpg












付け合わせが選べて、「ステーキフライ」というフライドポテトを。


皮付きの大きなフライドポテトで、かなり美味しかった。


f0232060_19162490.jpg













ちなみに、ウルフギャング・ズウィナーさんという方が


このステーキハウスチェーンのオーナーだそうなのだが、


「ウルフギャング」って、すごい名前だなw。


かっこええ。








■「ウルフギャング・ステーキハウス」
http://wolfgangssteakhouse.jp/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ