阿佐ヶ谷「じゅうぞう」へ行く。









最近、鮨グルメ界の中で、たびたび名前を聞く阿佐ヶ谷「じゅうぞう」。


知り合いの方が貸し切り会を開くとのことで、お邪魔させてもらった。


f0232060_1751857.jpg


f0232060_1752713.jpg













中央線らしい雰囲気を醸し出す阿佐ヶ谷北口の飲み屋街を通り、


焼鳥屋、おでん屋、ワインバーなど、


賑やかなお店を通った一番奥にひっそりと佇む小さなカウンター鮨。


f0232060_178316.jpg












鮨は、つまみも、にぎりも食べれるおまかせコースが8000円で、


それ以外に日本酒などは各種取り揃っていて、


お腹いっぱい食べて飲んで、1万円ちょっとで楽しめる。


f0232060_17104445.jpg


f0232060_17105390.jpg












1品目は、マグロのすき身


上には、あおさと、黄身醤油がかかっている。


f0232060_17114364.jpg













つまみとにぎりが交互に出てくるスタイルで、


2品目は真鯛、3品目はさよりのにぎり。


付け合わせの新キャベツを自家製発酵させた浅漬けのおしんこも美味しかった。


f0232060_17124324.jpg


f0232060_17125239.jpg


f0232060_17134542.jpg












4品目はすみいかの肝、5品目は柔らかいタコ。


f0232060_17153158.jpg


f0232060_17153985.jpg













6品目は、にしんの白子


単品だとかなり濃いので、酢飯と和えているそう。


f0232060_17162834.jpg













7品目はトリ貝、8品目はサバのにぎり。


f0232060_17172740.jpg


f0232060_17173799.jpg












9品目は、赤貝の味噌和え。


赤貝をこんな感じで和えて出してもらったのは初めて。


f0232060_17183542.jpg













10品目は、大トロ


脂がしっかり乗ってて甘味あるので、


わさびたっぷり乗っててもあまり辛さを感じない。


f0232060_1720168.jpg













11品目はアナゴの肝、12品目はウナギの出汁卵とじ。


f0232060_1721962.jpg


f0232060_17212226.jpg













13品目は、ウニ


海苔の香りと、ウニの甘味をどちらも感じられるように


軍艦にはしないで、オープンサンドにしているのだそう。


f0232060_17224574.jpg













面白かったのが、14品目の車海老


普通、頭と尻尾が出てて、細長い形状をしているのだが、


「じゅうぞう」では、口当たりを考え、食べやすいように、


頭と尻尾が中に折りたたまれている。


なので、ちゃんと1本分の海老が入ってるのだが、コンパクト。


f0232060_1724432.jpg


f0232060_17245349.jpg












15品目の〆はアナゴ


お椀は、バイ貝や白みる貝で出汁を取ったお吸い物。


f0232060_17255010.jpg


f0232060_1726396.jpg











最近とても人気で予約も取りづらくなっているらしいが、


阿佐ヶ谷の飲み屋街で、こんな本格的なお鮨が食べられるのは素晴らしい。








■「じゅうぞう」
http://jyuzo.jp/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ