中野「鉄板中華 仁」へ行く。









中野にある「鉄板中華 仁」で食事。


f0232060_1703311.jpg


f0232060_1712520.jpg












「紅琥珀」(べにこはく)という日本で作られた紹興酒で乾杯。


f0232060_1724792.jpg


f0232060_1725975.jpg













桂花という6000円のコースを。


昔はアラカルトで注文できたが、最近はコースのみにしたのだそう。


1品目は、中華前菜の盛り合わせから。


水ダコ、牛タン、自家製チャーシュー、


生ホタルイカの老酒漬け、豚耳など。


f0232060_1762440.jpg


f0232060_1763425.jpg


f0232060_1764420.jpg












2品目は、本マグロの中華刺身。


日本の醤油&わさびのサッパリとした刺身と違い、ゴマ油の効いた濃厚な味わい。


これはこれで、紹興酒のような強いお酒にはすごく合う。


f0232060_1792567.jpg


f0232060_1793540.jpg












3品目は、気仙沼産のふかひれの姿煮


上海蟹のカニ味噌も一緒に煮込まれているそうで、


このふかひれ、ものすごく美味しくて、いい味だった!


f0232060_17103234.jpg













4品目は、北京ダッグ


よく「なぜ北京ダッグは皮しか食べないのか?」という話を聞くが、


実は、中国では身も食べるし、煮込みになって出てきたりもする。


日本の北京ダッグは、確かにあまり身を出さないなあ。


f0232060_17121963.jpg











5品目は、お店オススメの宮崎牛のヒレ。


牛の味がしっかり出ていて、柔らかく、美味しいヒレだった。


f0232060_17155532.jpg


f0232060_171644.jpg












6品目の〆は、麻婆豆腐


辛さを控えめにしてもらったんだが、それでも私には辛く、


かなりスパイシーで私はちょっと苦手なタイプの麻婆豆腐だった。


f0232060_17173575.jpg












9品目は、牛乳の味がしっかり出ている濃厚な杏仁豆腐


杏仁豆腐はミルたっぷりの方が好きなので、好みの味。


f0232060_17183980.jpg









フラッと行って、アラカルトで鉄板中華が食べられる気軽さが好きだったが、


コースになってしまったのは、個人的にちょっと残念。


とはいえ、味は変わらず、一通りおすすめ料理が食べられるので、


フラッとではなく、ちゃんと中華食べるぞ!の時にはいいのかも。








■「鉄板中華 仁」
http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13117682/








プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ