銀座「はっこく」へ行く。









銀座の鮨の名店「はっこく」へ。


鮨グルメには有名な予約の取れない名店だが、


大将佐藤さんのご厚意で、席をいただけることになった。


f0232060_11305249.jpg


f0232060_1131748.jpg













すごく整然としてて、美しい店内。


肩ひじが張るような変な緊張感はないが、自然と背筋が伸びる感じ。


「鮨を食べるぞ!」モードが高まってきた!!


f0232060_11311933.jpg


f0232060_11333991.jpg


f0232060_1134785.jpg


f0232060_11341753.jpg













1品目は、突先として、フワフワ、トロトロのネギトロ巻から。


巻物は最後という何となく固定観念があったので、これは意外。


海苔も、シャリも、ネギトロも、すごく美味しい。


f0232060_11353532.jpg













2品目は真子鰈、3品目は春子鯛、4品目は伊佐木。


その間に、箸休めとして、甘味ある新玉ねぎのスライス。


f0232060_11382943.jpg


f0232060_11383967.jpg


f0232060_11384984.jpg


f0232060_113943.jpg













5品目は鱒、6品目は葡萄海老、7品目はカツオ、8品目は鱚昆布〆。


箸休めは、なんとピーマン


鮨屋でピーマンが出てきたのも、食べたのは初めてだがw、


このピーマンが甘くて美味しくて、また驚く。


f0232060_11431731.jpg


f0232060_11432799.jpg


f0232060_11433657.jpg


f0232060_11435092.jpg


f0232060_114401.jpg













9品目は真蛸、10品目は蝦蛄、11品目は鯵、12品目は鳥貝。


f0232060_11482753.jpg


f0232060_1148395.jpg


f0232060_11485282.jpg


f0232060_1149382.jpg













13品目は毛蟹、14品目は煮蛤、15品目は鮟肝。


鮟肝の鮨って、意外となくて、初めて食べたかも。とても濃厚。


f0232060_11512068.jpg


f0232060_11513891.jpg


f0232060_11514851.jpg













16品目は鮎魚女、17品目は墨烏賊。


お品書きを見て、「アイナメ」ってこう書くのを初めて知った。


鮨屋さんは漢字の勉強にもなるw。


箸休めは、ヤングコーンとカリフラワー。


f0232060_11531983.jpg


f0232060_11541377.jpg


f0232060_11544554.jpg













18品目はマグロ、19品目は中トロ、20品目はトロ、21品目は大トロ


赤からピンクへ、美しいサシのグラデーション!!


f0232060_11561249.jpg


f0232060_1156334.jpg


f0232060_11564693.jpg


f0232060_11565681.jpg













22品目は小肌、23品目は車海老


24品目はえぼ鯛昆布〆、25品目は平貝。


f0232060_11585044.jpg


f0232060_1159062.jpg


f0232060_1159821.jpg


f0232060_11591783.jpg












26品目は鰯、27品目は金目鯛、28品目は太刀魚。


箸休めは、ケールとブラウンマッシュルーム。


鮨屋でケールが出てきたのも初めてw。


f0232060_1224283.jpg


f0232060_1225779.jpg


f0232060_1231461.jpg


f0232060_1232450.jpg













29品目は蝦夷馬糞雲丹、30品目はのど黒、31品目は穴子。


ここまですべて本当に香り良く、めちゃくちゃ美味しかったが、


この最後ののど黒は、感動する美味しさだった。


f0232060_1253158.jpg


f0232060_1254396.jpg


f0232060_125525.jpg


f0232060_126218.jpg












最後は、


表面がパリッと焼かれてて、中はモッチリ、外はカリッと。


上品な焼きプリンを食べているような鮨屋のデザート。


f0232060_1271276.jpg













とても美味しく、あっという間の30貫だった。


「はっこく」のにぎりを撮っていて感動したのは、


どの鮨もレンズを向けた瞬間にすぐに絵が決まるというか、


すごく凛としてて、美しいこと。


普通にぎりを撮ると、角度とか、うまく絵が出来なくて、


何回かカメラの向きを変えたり、にぎりの位置を変えたりするんだが、それがない。


どこから撮っても1発OK、スーパーモデルのような鮨だった。








■「はっこく」
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13217157/









by meshi-quest | 2018-06-26 08:08 | 銀座
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ