飯田橋「INUA イヌア」へ行く。









あの「noma ノーマ」が東京に来る。










こんな耳を疑うようなニュースがちょっと前に駆け巡り、


6/29にいよいよそれが現実となって


飯田橋にあるKADAKAWAビルの上に現れた。


おそらく、ここ最近のグルメ界で一番話題になったニュースだ。











「noma ノーマ」は、デンマーク・コペンハーゲンにあり、


世界のベストレストランで何度も1位を獲得している名店であり、


世界で最も予約の取れないレストランとも言われている。











その「noma ノーマ」のトップシェフとKADOKAWAがタッグを組み、


世界で初の姉妹店となるレストランを


日本の、なんと東京・飯田橋に出店した。


そして、ご縁があり、「noma ノーマ」姉妹店の「INUA」に行ってきた。












さて、最初に話をすると、


ここ10年で一番難易度の高いメシクエストとなった。


そこそこ食べ歩いてきた自負はあったが、


メシクエLV34では全く太刀打ちできなかったw。


そんなハードモードクエストの一部始終をお届けしたいと思う。










入口はこんな感じ。


飯田橋のKADOKAWAビルの脇の専用入口から9階へ上がる。


f0232060_22474296.jpg


f0232060_2247542.jpg













9階フロアはこんな感じ。


緑が多く、優雅に作られてて、広々としている。


オープンキッチンになっており、


キッチンには「noma ノーマ」トップシェフのトーマス・フレベル氏もいた。


f0232060_22504667.jpg












キッチンもフロアもものすごいスタッフ数。


接客はものすごく丁寧で、さすが世界最高峰のレストランという感じ。


f0232060_22511449.jpg












飲み物は、ジュースペアリング(ノンアル)か、ワインペアリングから選ぶ。


白ワインが苦手なので、基本はジュースペアリングにして、


1杯だけ赤ワインをグラスでもらうことにした。


ジュースは、ハマナス昆布茶を合わせたもの。


なんとも言えない不思議な味。南国の中に昆布のコクがやってくる。


f0232060_22542559.jpg


f0232060_22553715.jpg












コースは、シェフのおまかせコースのみ。


1品目は、沖縄県産スナックパインを使った一品。


甘夏、ゆずの花、ケルプのオイルなどが入ってるらしい。


すごくゆるーく言うと、エスニック味のフルーツポンチと言った感じ。


f0232060_22574776.jpg


f0232060_2258662.jpg














2品目は、枝豆ヤリイカのスープ。


イカはエキスだけで、中は枝豆。上にはルッコラの花。


これまた、すごく不思議な味。


f0232060_22591634.jpg


f0232060_22593998.jpg













3品目は、沖縄県産島バナナ味噌を使った一品。


上は海藻で作ったクリスプパイ。


これは、分かりやすい味で、食べやすい。お菓子感覚。


f0232060_2321272.jpg


f0232060_2322313.jpg













4品目は、赤いフルーツを集めた一品。


南米原産の赤い果実ピタンガやスイカ、


パクチーの花、フェンネルの花など、


まさに、フルーツと花を食べている感じ。


f0232060_2343698.jpg


f0232060_2344585.jpg













5品目は、湯葉を使った一品。


湯葉の中を破ると、中には色んな草花が入っている。


ソースは、ホースラディッシュとバターを合わせたクリーミーなもの。


f0232060_23525688.jpg


f0232060_23531081.jpg


f0232060_2353202.jpg













6品目は、熟成舞茸を使った一品。


大きな舞茸を5日間熟成させ、


さらに、3日間コールドスモークをさせているとのこと。


出汁は、味噌を使ったもの。


f0232060_23563625.jpg


f0232060_2357875.jpg


f0232060_23571923.jpg












7品目は、丸茄子を使った一品。


上には、くるみとホースラディッシュを削ったもの。


ソースは、かぼちゃの種を使ったもの。


ジュースペアリングは、ルバーブのジュース。


f0232060_23595570.jpg


f0232060_004064.jpg


f0232060_005368.jpg











8品目は、自家製豆腐


上にはタラバガニのカニ身と、


ケルプバターがかかっている。


f0232060_022811.jpg


f0232060_023886.jpg













9品目は、石川県の8種の海藻と、北海道のウニ


味もシンプルで、そのまま海藻の風味。


f0232060_04322.jpg


f0232060_04236.jpg













10品目は、かわいい小鳥のナイフが登場し、


いよいよ肉のお出ましか!と思いきや、えのきのステーキ。


上には、とても香りのいい大きな黒トリュフ


ジュースペアリングは、パプリカの燻製ジュース。


f0232060_071194.jpg


f0232060_0485618.jpg


f0232060_073337.jpg


f0232060_08239.jpg













11品目にも別のかわいい小鳥のナイフが出てきて、


おお、ついに肉が来たか!と思いきや、北海道のタコ


ソースは、かやのみを使った、ほんのり甘い不思議な味のソース。


f0232060_010221.jpg


f0232060_0491825.jpg


f0232060_0101363.jpg













12品目のメインディッシュは、なんと(笑)!!!


土鍋の中には、蒸した蜂の子と、


揚げた蜂の子の炊き込みご飯。


蜂の庭をイメージした北海道産のバラの花びらが散ってて、


香の物も、アカシアや桜など、蜂に関するもの。


f0232060_014143.jpg


f0232060_014233.jpg


f0232060_0143371.jpg













蜂の子自体は、クセがなく、アジア旅行で食べたことあるので、


個人的には何ともなかったのだが、このローズが曲者で(苦笑)、


炊き込みご飯にに入ってるバターのようなクリーミーなソースに対し、


バラの強烈な香水ののような香りの相性が悪く、私はダメだった・・・。


ここまで頑張って戦ってきたが、メインディッシュで撃沈w。


f0232060_017314.jpg













「INUA」は2回転制なので、次のお客様の準備もあって、


デザートはメインダイニングから場所移動になり、ラウンジでいただく方式。


f0232060_0221748.jpg













13品目のデザートは、


キウイパイナップルのデザート。


料理が比較的小ぶりだったのに対し、


ここに来て、急に豆腐一丁くらい大きなデザートが出て驚くw。


ジュースは、酸い葉(スイバ)という珍しい植物と、


パッションフルーツを使ったもの。


f0232060_0232964.jpg


f0232060_0234026.jpg













14品目のデザートは、ポルチーニ茸の粉を振りかけた、


甘くないあんこ餅のようなデザート。


飲み物は、ヒマラヤの紅茶。


f0232060_0253081.jpg


f0232060_0254572.jpg












これが全コースのすべてであり、


最後まで、キノコ海藻の料理で、


魚料理はタコだけ、肉料理は1皿もなかった。


オープンすぐのレストランでこの潔さは、心から凄いなと思う。


ちなみに、ジュースペアリング込みで、1人約50,000円になる。










まず、冒頭に話をした通り、ここ10年くらいで、


一番難易度の高いメシクエストとなった。


美味しいか、美味しくないかで言うと、


正直、「分からない」が答えになる。









すぐに美味しかったと言えないなら、


それは美味しくなかったんじゃないか?と言われれば、


返す言葉はないのだが、


美味しくないと言うには安直な気もしてしまって、


非常にコメントがしづらいのが本音。











なんというか、ヨーロッパのすごい美術館に来ている感じ。


すごい技法の、すごい絵なんだと思うんだけど、


どのあたりがすごいのかは言えないし、正直、なんかよく分からない。


でも、きっとすごいんだろうなあ、分かる人には。


そんな、ちょっと離れたところから見ているような感覚。










一応、クエストを終えてダンジョンから出てきたものの、


全く知らない敵と戦い続け、クリアしたのか、してないのかもよく分からず、


いつもだったら、ガンガンに手ごたえある私の攻撃魔法も効いたのかどうか、


幻だったかのような、狐につままれたような感じもあったりするw。











こんなにも料理に関して考えさせられたのは久しぶりだし、


こんなにも料理を食べて、頭に「???」が出てしまう自分が、


なんだか途中から面白くなってきて、


メシクエ的には、ものすごくいい経験をさせてもらった。


ただ、正直、普通の会食、普通のデートには全くお勧めはしないw。


それだけ、本当に特殊なダンジョンなので、


入る方はそれなりのチーム編成と、


色んなことを経験し、吸収し、考える心の余裕を。










ちなみに、実はもう一度だけチャレンジしようと思ってて、


秋に予約をさせてもらっている。


あそびにんLV34では勝てなかったので、


次は、勇者と賢者をパーティーに入れて、メシクエストする予定。








■「INUA イヌア」

https://inua.jp/








プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ