渋谷「チャイニーズファンよだれ鶏」へ行く。









よだれ鶏


一見、なんだかすごーく汚い言葉に見えるが(笑)、


よだれが出るほど辛くて美味しいという


れっきとした中華料理の人気前菜の1つだ。












このよだれ鶏をウリにしている中華レストランが渋谷にあり、


ランチでもよだれ鶏が食べれるので、


打ち合わせを兼ねて、会社の仲間と食事。


f0232060_10345283.jpg













渋谷の、あまりみんなが行かない方面にあって、


かつ、入口横ににデカい「串カツ田中」の看板があるため、


全くこの店の存在に気づけないのだが、


そのおかげで、渋谷のランチ戦争を高みの見物できるほど


いつも空いてて、ゆったり出来て、居心地がいい。超穴場


f0232060_10382825.jpg













ランチのよだれ鶏コース(1300円)を。


まずは、りんご、レモン、ぶどうを合わせた


ヨーグルトドリンクのサービスから。


f0232060_10401839.jpg













次に、3種のたれを使っていただく蒸し野菜


生野菜はよくあるけど、ランチから蒸し野菜食べれるのは嬉しい。


f0232060_10422468.jpg














点心は、黒豚か海老が選べて、黒豚焼売に。


蒸し立てで、とても美味しい。


f0232060_10435023.jpg














メインは、よだれ鶏。


よだれ鶏は、「初代よだれ鶏」の上海式と、


「二代目よだれ鶏」の四川式の2種から選べ、


私は上海式の初代を。


f0232060_10452581.jpg












柔らかい蒸し鶏の上に、


香味野菜の入ったピリ辛の醤油ベースのたれがたっぷりかかっていて、


辛すぎず、ご飯が進むちょうどいい味になっている。


f0232060_10473459.jpg













ちなみに、こっちが別の人が頼んだ「二代目」の四川式


四川式は、上海式よりも辛く、


芝麻醤をベースにしてて、担々麺っぽい感じ。


よだれ鶏の食べ比べをしたい方はぜひ。


f0232060_10493331.jpg









■「チャイニーズファンよだれ鶏」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13176432/








by meshi-quest | 2018-09-18 08:06 | 渋谷・神泉
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ