赤坂見附「さ行」へ行く。









予約の取れない赤坂見附の割烹の名店「さ行(さこう)」。


常連さんのおかげで、今年2回もお邪魔させてもらった。


f0232060_15145916.jpg


f0232060_15151812.jpg


f0232060_15152971.jpg














前回の夏のコースと打って変わって、もう秋一色。


まず1品目は、秋の名月をイメージした前菜の盛り合わせ。


黄金の満月が美しい。


f0232060_15165654.jpg


f0232060_1517668.jpg


f0232060_1517206.jpg














満月に照らされながら夜の海を渡る小舟の上に、


すずきのにぎり、穴子の玉子焼き、


毛蟹とトウモロコシの煮凝りなどが乗っている。


f0232060_15194992.jpg


f0232060_15202667.jpg


f0232060_1520352.jpg














2品目は、舞鶴のはもと、ブータン産の松茸のお椀。


中には、三日月の玉子豆腐。


ちなみに、ブータンでたくさん松茸が取れるらしく、


その松茸は中国産より香りが良く、日本の和食屋でも最近よく使われる。


さすが、幸せの国!はもと松茸のいい出汁と、幸せな香りが出ていた。


f0232060_15225717.jpg


f0232060_15243365.jpg














3品目は、葡萄の葉で包まれたお造り。


中には、カツオ、鯛、赤海老。


合わせる日本酒「天吹」は、


ハロウィン仕様でかわいいカボチャのパッケージ。


f0232060_15253871.jpg


f0232060_15263657.jpg


f0232060_1526518.jpg


f0232060_1527215.jpg














4品目は、3種の焼き魚の盛り合わせ。


普通、割烹の焼き魚は1種で、多くて2種だけど、


そこそこ食べ応えある美味しい焼き魚が3種も来るなんて、泣ける・・。


f0232060_15283416.jpg














今年豊漁の脂乗っている、美味しい秋刀魚


3枚におろした秋刀魚に、秋刀魚の肝を塗って、


それを両妻折りで、両端をくるっと巻いて、焼いたもの。


f0232060_15315775.jpg














同じく脂乗っているのどぐろは、シンプルに塩焼きに。


f0232060_15325248.jpg














さっぱりしているかますは、酒盗焼きにして、酒に合う味に。


f0232060_15333427.jpg












焼き魚の台になっていたのは、本物のお米


収穫の秋。すべてにお米が入ってて、驚いた。


f0232060_15343179.jpg















5品目は、2種の肉料理。


すっぽんとキノコで出汁を取ったスープを入れて食べる和牛と、


静岡県産合鴨とネギの組み合わせ。


すっぽんのスープ、上品でとても美味しかったな。


f0232060_15361246.jpg


f0232060_15362479.jpg


f0232060_15363542.jpg


f0232060_15364579.jpg


f0232060_15365495.jpg


f0232060_1537583.jpg














6品目は、口直しの名物「揚げ胡麻豆腐」


胡麻の風味がしっかりしていて、口の中で胡麻が広がる。


f0232060_15384596.jpg


f0232060_15385779.jpg














7品目は、2種の〆物。


お椀は、松茸の切れ端などを使った親子丼


カップは、宮崎郷土料理の冷や汁カッペリーニと合わせた麺物。


冷や汁のカッペリーニは初めて食べたけど、ご飯より合うかも!


f0232060_1541587.jpg


f0232060_15413166.jpg


f0232060_15414115.jpg














8品目は、デザートの盛り合わせ。


梨と葡萄、早期みかんのゼリー、麩饅頭、


クロワッサン鯛焼き、スイートポテトマフィン。


こんなにデザートが充実している割烹もなかなかないw


f0232060_15433637.jpg


f0232060_15435471.jpg


f0232060_1544324.jpg


f0232060_15441678.jpg








ストーリー性があって、季節を感じるアートな日本料理。


どれも丁寧に作られてて、美味しい上に、ボリュームもある。


そして、こんなに食べて飲んでも1万円でおつりがくる脅威の価格。


これは予約が取れなくなるわけだ。


本当に頭が上がりません、「さ行」さん。






■「さ行」
https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13118721/








プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ