金沢「もりもり寿し」へ行く。










金沢のランドマークの1つ、近江町市場へ。


魚も野菜も冬の幸に溢れていて、


平日だというのにお客さんも多く、ものすごく活気がある。


ちょうど旬のズワイガニがいっぱい店先に並んでいて、色鮮やか。


f0232060_136633.jpg


f0232060_1362822.jpg


f0232060_1364459.jpg


f0232060_1372750.jpg


f0232060_1374084.jpg


f0232060_1374994.jpg














お腹が空いたので、


市場の中にある回転寿司「もりもり寿し」でランチ。


市場内にはいくつか回転寿司があったのだが、


中でもここは大人気のようで、店前に列が出来てて、空席待ちの状態。


ランチピークはだいぶ過ぎてたが、30分くらい待って、ようやく入れた。


f0232060_13145840.jpg


f0232060_13151135.jpg


f0232060_13174212.jpg














まずは、一番人気という近江町三点盛り(700円)から。


本マグロの赤身、のど黒、石黒鯛の豪華3貫。


ネタも分厚く、新鮮で、回転寿司でこのレベルの寿司が食べれるのは、


さすが海の町・金沢といった感じ。


f0232060_13204311.jpg


f0232060_1321574.jpg















続いて、ブリの三点盛り(700円)。


天然ぶり、ハマチ、ぶりの炙りの3貫。


これも脂が乗ってて、分厚くて、食べ応えがある!


f0232060_13223548.jpg















まぐろの3点盛り(700円)は、


中トロ、赤身、ネギトロ軍艦の3貫。


f0232060_13233246.jpg















海の町ならではの、生ズワイガニの寿司。


カニ身が甘くて、とても美味しい。


f0232060_1324313.jpg















これも金沢ならではの香箱ガニの軍艦と、キンメ。


香箱の回転寿司が普通に食べれるなんて、ホント驚き。


f0232060_13261348.jpg


f0232060_13262988.jpg















〆は、香箱カニの半身を丸ごと使った味噌汁


こんな卵たっぷりの濃厚な味噌汁を回転寿司で味わえるのは貴重。


金沢は回転寿司のレベルが異常に高いと聞いていたが、


噂に違わぬハイクオリティーだった。


下手に普通の鮨屋さん行くくらいなら、回転寿司でも十分かもなあ。


f0232060_13305735.jpg


f0232060_1331123.jpg









■「もりもり寿し」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000911/









by meshi-quest | 2019-01-12 08:08 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ