人気ブログランキング |

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。










四谷にある予約が取れない中華の名店「南方中華料理 南三(みなみ)」へ。


今宵も水岡シェフの唯一無二の絶品スパイシー中華をいただく。


まずは、いつもの10年ものの紹興酒で乾杯。


炭酸が飲めないから、ビール、シャンパン、ハイボールとかがダメで、


いつもゴッツイお酒で乾杯することになってしまうw。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00124919.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00132438.jpg















まず1品目は、名物の6種の中華前菜盛り合わせから。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00145406.jpg
















本日の前菜ラインナップは・・・、


よだれあん肝


発酵パインを使った牡蠣の燻製、


酔っ払いボタン海老


茄子ピータンの和え物


サワラの塩レモン、


里芋の中華マッシュポテト。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00151837.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00150024.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00150436.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00151359.jpg
四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00150955.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00152295.jpg
















2品目は、定番の3種の珍味の盛り合わせ。


鴨舌スモーク、大腸のパリパリ揚げ、ウイグルソーセージ


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00211070.jpg
















3品目は、広東白菜


濃厚でクリーミーなアヒルの塩卵カラスミの組み合わせ。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00221043.jpg















4品目は、雲南トリュフとジャガイモの春巻。


薄皮でカリッと揚っていて、サクッサク。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00225589.jpg













5品目は、アンコウの湖南唐辛子炒め。


大量の唐辛子を風味付けに使う。


見た目ほど辛くはなくて、良質の唐辛子をたくさん使うので実は贅沢な料理。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00245267.jpg

四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00250158.jpg
















6品目のメインディッシュは蝦夷鹿のニラミントソース。


ジビエの旨味たっぷりの赤身の蝦夷鹿に、


香り引き立つスパイシーなニラとミントのソースがすごく合う。


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00264124.jpg
四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00265159.jpg















7品目は、白子麻婆豆腐


豆腐と思いきや、かなりのボリュームで白子が混じってるw。


こんな贅沢な麻婆豆腐は食べたことない!


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00292798.jpg














8品目は、洋梨イチゴの杏仁豆腐。


茶色いものは桃の樹液


四谷三丁目「南方中華料理 南三」へ行く。_f0232060_00293045.jpg











組み合わせも、調理法も、食材も、調味料も、


「南三」でしか食べられない料理ばかり。


こういう料理がいただけるのは外食の醍醐味。家では味わえない料理。












■「南方中華料理 南三」
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13221235/








「メシクエLV34」の本が出ました!!

■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」


■「メシクエLV34」インスタ













by meshi-quest | 2021-01-20 08:07 | 四谷
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ