人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。











ミシュラン1つ星獲得の


料理のジャンルや国籍を問わないイノベーティブフュージョン、


「LURRA° ルーラ」で食事。


なかなか予約の取れない人気店だが、


京都のグルメなお友達が月1行くほどの超常連でご一緒させてもらえることになった。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15455785.jpg













ニュージーランドで出会った、


国籍も出身も違うシェフ3人が始めたレストランプロジェクトとのことで、


他のレストランとも生い立ちが異なり、一線を画す。


店内にの薪のいい香りが漂う。


キッチンとカウンターが近く、


キッチンの目の前には大きな薪火の釜が2つあり、


ほぼ全ての料理をこの薪火で調理をしている。


火力が安定しない薪火で繊細な料理を仕上げるのは


素人目にも大変そうで、相当な技術なんだろうと思う。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15461797.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15464676.jpg















1品目は、パパドの上に乗った北海道の秋刀魚


セミドライトマトと白昆布とホースラディッシュのクレマ(泡)の組み合わせ。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15545809.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15550012.jpg















飲み物は基本ペアリングのみになっており、


アルコールかノンアルかが選べる。私は今回はノンアルペアリングで。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15573076.jpg














2品目は、発酵した蕎麦のイングリッシュマフィンに、


キャビア岩牡蠣のクリームとハーブを付けていただく前菜。


本来私は牡蠣は一切食べられないのだが、


すごくクリーミーなペーストになっていて、これは美味しくいただけた。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15574129.jpg
京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15574994.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_15575900.jpg















3品目は、北海道の帆立自家製XO醤の組み合わせ。


アクセントにカラマンシーを使っている。


XO醤がすごく美味しかった!


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16030440.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16030781.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16031037.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16031300.jpg














ペアリングは、味醂ライチの紅茶と、


アクセントにフェヌグリークの入った爽やかですごく美味しいドリンク。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16031788.jpg














4品目は、かぼちゃのコンフィ。


バターナッツのかぼちゃとヘーゼルナッツのハムスに、


ローズ味噌と発酵したホワイトアスパラガスとホエイの泡。


ローズ味噌がすごくいいアクセントになってて、


薔薇と味噌という意外な組み合わせに驚いた。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16065411.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16065666.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16065894.jpg













ペアリングは青りんごのグラニースミスとスイカのジュースに


いちごやハーブを加えたもの。


このドリンクがめちゃくちゃ好みの味だった。いい香り!


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16104168.jpg














5品目は、三重のとろさわら春菊の組み合わせ。


さわらは乳酸発酵させたミカンに漬けて、


目の前の薪火を使ってシェフが焼いていたもの。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16135355.jpg
京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16123603.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16123951.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16124299.jpg














ペアリングは、中華風の薬膳コーラをイメージしたもの。


馬告(マーガオ)などの中華スパイスと


紹興酒のアルコールを飛ばしたものを合わせたドリンク。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16143817.jpg














6品目は、土佐赤牛の薪火焼き。


赤牛は表面を蜜ろうに5週間漬けて、焼き上げたもの。


付け合わせは岩手の安比まいたけ


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16180399.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16180157.jpg













ペアリングは赤ワインをイメージしたノンアルドリンク。


ペルーの紫トウモロコシのジュース「チチャモラーダ」や、


ハスカップを発酵させたもの、メキシコハイビスカス


ミントやブルーベリーなどを混ぜて、


色だけでなく、風味やコクも赤ワインに近づけている。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16180663.jpg













7品目は、「LURRA° ルーラ」のメインディッシュ、


毎朝、京都・大原へ採りに行くという京野菜の薪火焼き


お皿が赤くなっているのはハリッサが塗ってあり、


ヤギのヨーグルトと共に辛さを調整しながら、野菜をいただく。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16251826.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16252177.jpg














8品目は、焼きおにぎりのお茶漬け


中には、ウイキョウ、台湾パセリ、サフラン、フェンネルなどが入ってて、


爽やかにいただける無国籍のお茶漬け。


ここまでの料理がホントに旅をしているかのような


世界各国の食材、調理法を使っていて、


この〆のご飯で長い旅から日本に帰ってきた気分になる。不思議な感じ。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16291447.jpg
京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16291633.jpg















ペアリングは、薬草酒「アブサント」をイメージしたノンアルドリンク。


スターアニスやエキナセアなど各種ハーブを加えたドリンク。


お茶漬けのサフランの香りが引き立つように考えて、


ペアリングのハーブを合わせているのだそう。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16252674.jpg
















9品目のデザートは、ハチがテーマ。


ライラックや松のハチミツで作ったハチミツ酒「ミード」


ムース状にして凍らせて、ハチの巣型にして、


そこハチミツや花粉など、ハチに関わるものを美しく乗せている。


ちゃんと、ハチの子もいる。


ちなみにハチの子はスナック菓子みたいで、サクサクしてて美味しい。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16335553.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16340534.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16340837.jpg















ペアリングは、ノンアルのジン


国産のジェニファーベリー(ジンの原料)を中心に、


国産のグリーンレモン、長野のハチミツなどを合わせたもの。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16341670.jpg















10品目の最後のデザートは、


ローストしたを使ったドーナッツ


この「〇」は、「LURRA° ルーラ」の店名にも付いている「〇」で、


ちゃんと最後にここにたどり着くのが、


小説や映画を観てるかのような気分になって、すごく心地良かった。


京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16380502.jpg

京都・東山「LURRA° ルーラ」へ行く。_f0232060_16380776.jpg













ちなみに、店名の「LURRA° ルーラ」は、


勝手にドラクエの「ルーラ」(瞬間移動魔法)かと思っていたら(笑)、


バスク語で「地球」という意味なのだそう。


「メシクエ」のような食べ歩き記事を書かせてもらっていると


結構色んなところにお邪魔させてもらって、


結構色んな食材や調理法に出会ったりするのだが、


「LURRA° ルーラ」さんでは全く知らない食材や調理法が大半で、


本当に世界は広いなと思った。


「地球」の名前が表しているように、地球一周旅をしてきたような気分だった。


美味しかったし、それ以上に勉強になったディナーだった。














■「LURRA° ルーラ」













いつも応援ありがとうございます。


ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!



















by meshi-quest | 2021-11-22 08:08 | 京都
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
お気に入りブログ
お知らせなど
検索
タグ
ブログジャンル