人気ブログランキング | 話題のタグを見る

恵比寿「鮨心白」へ行く。












予約困難な恵比寿の大人気鮨店「鮨心白」にて、


石田大将の美味しい鮨を堪能させていただく。


入口には暖簾も看板もなく、まるでゲームのように似た扉が2つ並んでいるが、


「心白」に通づる道は右側のライトの当たっている方。


扉を開けて2階に上がると、白木のカウンターのお店に到着する。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18041260.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18044454.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18061134.jpg
















1品目は、五島列島のスジアラと、栃木のカブと、白子


京都伏見の「日々醸造」の美味しい日本酒と共に。


「鮨心白」の石田大将は器にも精通されており、


猪口も多数所有されていて、ものすごい数の中から


その日の気分に合わせて猪口を選ぶのも1つの楽しみ。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18074345.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18081773.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18075826.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18080554.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18081139.jpg















酒豪ならぬ、「茶豪」を謳う私にとって、


お茶は単なる料理を口に流すドリンクではなく、料理に合わせて味わうもの。


「鮨心白」石田さんはお茶にも精通されてるので、すごく嬉しい。


おそらく今まで私が行った鮨屋さんではNo.1の品揃えのお茶を出してくれるので、


「鮨心白」に来ると、最初からお茶も注文する。


まずは、静岡の本山香駿の水出し煎茶から。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18131252.jpg
















のれそれ(穴子の稚魚)とうるい


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18170100.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18171827.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18172464.jpg















にぎりこ大和芋


「にぎりこ」は一度も冷凍していない貴重な生の数の子のこと。


実は私は数の子が苦手で、他のお店では食べないのだが、


このにぎりこは全くクセや臭みがなく、食べられない私も美味しく食べれる。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18170910.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18194955.jpg

















オニカサゴの身だけでなく、肝、胃袋、皮などを全て入れた一品。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18203655.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18204187.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18204663.jpg
















にぎりは、イカから。


イカの耳は炙って、つまみに。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18224330.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18224963.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18225447.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18225971.jpg
















ヒラメブドウエビ


煎茶は、「奥八女単一畑鷹ノ巣2021」の樹齢30年のやぶきた茶。

恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18243827.jpg

恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18244311.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18245144.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18251620.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18251098.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18253042.jpg
















蒸し牡蠣と、しょっつるで炊いた真牡蠣


牡蠣が苦手なので、これは写真だけ。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18275938.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18280575.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18281061.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18282242.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18283765.jpg
















脂ノリノリのイワシと、


焼トラフグのヒレを熱燗と出汁で割ったもの。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18302317.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18303061.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18300075.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18300580.jpg















サヨリと、あんこうの茶碗蒸し。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18315255.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18321392.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18322072.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18315747.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18320273.jpg
















金目鯛と、メヒカリのアスパラ巻き。


お茶は、静岡県の「天ノ流」というおくひかりの煎茶。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18335432.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18340045.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18340759.jpg















とろと、自家製半生カラスミ


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18355601.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18360114.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18360623.jpg















シマアジと、クマガニのほぐし身。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18364164.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18364694.jpg















車海老と、バフンウニ


お味噌汁は、クマガニの出汁。


お茶は、自然栽培烏龍茶に蝋梅の香りを付けた蝋梅茶


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18380934.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18371993.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18372590.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18382820.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18391132.jpg
















メジマグロと、穴子と、最後にで。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18400028.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18400523.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18412799.jpg














ここでコースは一通りなのだが、


石田大将にお代わりのおねだりをしてw、


奥から中とろの一番美味しい背中の中とろ、通称「せのちゅう」を出してもらった。


脂と旨味と、全てのバランスがいい!絶品!


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18432378.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18432939.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18434148.jpg















とろイワシもお代わり。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18434770.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18435718.jpg
















とろたくも作ってもらった。


お茶はやぶきたの月1生産の希少種「特選まるかぜ」


楽しくて、美味しくて、気が付くとテッペンをとうに超えて、4時間半滞在(笑)。


その間、ずっと石田大将が笑顔でにぎりやつまみを作りながら話をしてくれていて、


なんというか、鮨の精神と時の部屋というか、気が付くと、本当に時間がすっ飛んでて、


外に出ると、レベルアップしている、そんな鮨屋さん。


恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18441556.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18442084.jpg
恵比寿「鮨心白」へ行く。_f0232060_18442926.jpg














■「鮨心白」












いつも応援ありがとうございます。


ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!


【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】





■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」
Kindle版は100円にて購入できます!



■「メシクエLV34」インスタ
メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
















プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
六本木「鮨西むら」へ行く。
at 2024-07-23 08:07
井の頭公園「stream」へ..
at 2024-07-22 08:07
京都・河原町「ジャパニーズア..
at 2024-07-21 08:07
京都・烏丸御池「お茶と酒 た..
at 2024-07-20 08:07
花修行~大きなマムのアレンジ..
at 2024-07-20 08:06
表参道「メゼババ」へ行く。
at 2024-07-19 08:08
西麻布「鳥さわっつ」へ行く。
at 2024-07-18 08:08
吉祥寺「中町氷菓店」へ行く。
at 2024-07-17 08:08
京都・神宮丸太町「日本料理 ..
at 2024-07-16 08:07
赤坂「USHIYA KITC..
at 2024-07-15 08:07