人気ブログランキング | 話題のタグを見る

赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。












懇意にさせていただいている予約の取れない日本料理店の名店「赤坂おぎ乃」にて、


今宵も大将荻野さんの季節感溢れる芸術的なお料理をいただく。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17225679.jpg















卯月(4月)のテーマは、「桜」


今年の世の中の桜の時期も大幅にずれ、一気に咲いて、一気に葉桜になってしまったが、今宵は「おぎ乃」さんで花見をまた楽しませてもらう。


迎い酒は、栃木県さくら市の酒蔵「仙禽さくら」。


盃の中には桜の塩漬けが入ってて、日本酒に花びらを浮かべて花見酒がいただける。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17290793.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17291859.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17292538.jpg














1品目は、ウスイエンドウマメのすり流し。


中には湯葉と、上には北海道のムラサキウニ


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17361723.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17362311.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17362968.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17363862.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17390517.jpg















2品目は、車海老赤貝菜の花のお浸し。


上には春蘭というラン科の野性ラン。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17381282.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17381982.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17382442.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17383060.jpg















3品目は、削りたての鰹節の一番出汁を使った「おぎ乃」さん自慢の絶品椀なのだが・・・、


大きなハマグリが採れて、ハマグリが美味しくなる4月だけハマグリのうしお汁になる。


1年12ヶ月のコースの中で、唯一鰹節の一番出汁ではない、この白濁したハマグリ出汁が食べれるのは4月だけ。


大きくて、本当に上質なハマグリを使っているので、水とほんの少しの塩だけで、この出汁が取れるのだそう。


中には手作りの胡麻豆腐、上にはうるい、独活、ばちこ。


有明の香りの良い海苔は、味変で途中からお椀に入れる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17383995.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17384465.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17385175.jpg















4品目のお造り、まずは愛媛の名漁師・藤本純一さんが丁寧に血抜きをされたイサキと、大将荻野さんが丁寧に細工包丁をほどこして甘味を引き出したアオリイカ


イサキは桜の葉で〆ているので、ほんのり桜の香りがする。梅と合わせた美味しい煎り酒に付けていただく。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17444015.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17445349.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17444546.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17450253.jpg
















続いて、藁で軽く炙り、備長炭で香り付けをした宮城の本鮪


上からは黄身醤油山芋海苔の佃煮


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17450979.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17452360.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17453096.jpg















最後は、旬の生とり貝を軽く炭で炙ったもの。


炒り立ての胡麻の香りと共にいただく。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17454158.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17454871.jpg















5品目は、旬菜寿司


ぜんまい、花山椒など7種類の山菜に、柔らかく炊いた煮穴子、下には酢飯の組み合わせ。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17521345.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17521883.jpg















6品目は、サクラマスの炭火焼き。


合わせて炭で香り付けをして焼いた春キャベツと、京都「辻農園」さんのの組み合わせ。


上には蕗の薹を素揚げしたものと、甘辛味噌のソース。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17522435.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17523060.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17523638.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17524490.jpg
















7品目は、名物のジオラマのような八寸


卯月(4月)のテーマの「桜」にちなんで、夜桜を見ながら宴会をしているような情景を表したもの。


店内も照明を少し落として、夜桜見学仕様に。


雄と雌が並んで泳ぐおしどりのかわいい器や、縦笛、蛤をかたどった器が目を引く。


大きな雪洞(ぼんぼり)は、実は大根で出来ていて、春の「おぎ乃」の風物詩。


大根の葉脈が透けている様が、まるで綺麗な和紙のように見える。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17565237.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17570146.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17570688.jpg















八寸の中身は・・・


・おしどりの器に入った白魚の玉止め


ホワイトアスパラガス自家製カラスミ巻き


あわ麩の照り焼き


・能登のもずく


鯛子の旨煮


そら豆のおかき粉揚げ


ホタルイカと独活


シルクスイートの焼き芋天ぷら


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17584871.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17585489.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17595762.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17590171.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17590884.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17591332.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17592643.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17591945.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17593153.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_17593972.jpg















8品目は、京都「辻農園」さんの


筍は天ぷらにして、上からたっぷりの削り立てのかつお節を掛けて、紙に包んでそのまま頬張る。すごく美味しい!


この時期いろんなお店で筍を出してくれるが、こういう感じの仕立ては「おぎ乃」さんくらいだなあ。さすが。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18051891.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18052970.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18053659.jpg
















9品目は、旬の花山椒鍋


香川のさぬき牛でわらびを巻いたものを花山椒をたっぷり浮かべた鍋の中でさっと煮る。東坡豆腐と合わせていただく。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18054592.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18055043.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18055666.jpg
















10品目は、〆のご飯


まずは、大将荻野さんが炭焼きしてくれるの蒲焼の名物鰻ご飯


皮がパリパリで、中はふっくらの相変わらずの絶品鰻。


花山椒の時期だけは、特別に鰻の上に花山椒も掛けてくれる。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18101323.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18101930.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18103060.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18103796.jpg
















もう1つは、金目鯛新玉ねぎ大葉の炊き込みご飯。


脂乗っている旨味が強い金目鯛に、炒めてから加えているという新玉ねぎがものすごくいい仕事をしていて、めちゃくちゃ美味しい!


美味しすぎて、思わずお代わりしてしまった炊き込みご飯。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18104855.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18105719.jpg
















11品目は、奈良の高級ブランドいちご「古都華」(ことか)を使ったいちご大福


めちゃくちゃ甘くて、大きないちごなので、半分に割って、いちご大福と、そのままで食べるものと2種で味わう。


中には抹茶のあんことキャラメリゼされたナッツ。


「おぎ乃」さんが出してくれるいちご大福が大好き!


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18135612.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18140482.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18141072.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18141670.jpg
















12品目は、桜塩自家製ミルクアイスのアイス最中。


自他共に認めるミルクアイス好きなのだが、私の中でこれまで食べたトップ3の中に入る美味しいミルクアイス。


ただでさえ美味しいのだが、この季節は桜塩を振りかけてて、甘しょっぱい塩ミルクアイスになっていて、私の好きのど真ん中にいる。たまらん。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18182032.jpg
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18182562.jpg















美味しさがたまらなすぎて、常連のわがままで桜塩ミルクアイスをお代わりさせてもらった。笑


幸せです。荻野さん、いつもありがとうございます。


赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。_f0232060_18183294.jpg



























いつも応援ありがとうございます。



ついに「メシクエLV34」の本が出ました!!



■「お人良し (おひとよし) 〜女性プロデューサーが365日外食するわけ〜」

【Amazon書籍10部門で1位!】
Amazon書籍5部門でベストセラー!】


Kindle版は100円にて購入できます!
ミシュランフレンチ「シンシア」オーナーシェフ石井さんの3時間に及ぶ、食と料理の対談も収録。
↓↓





■「メシクエLV34」インスタ

メシクエには載せていないお店や内緒の話はインスタでやってます!
コチラ↓↓


















プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最新の記事
住所非公開「裏新進気鋭」へ行く。
at 2024-05-27 08:08
日本橋「Cafe黒澤文庫」へ..
at 2024-05-26 08:06
西荻窪「麺尊RAGE」へ行く。
at 2024-05-25 08:07
赤羽「CRAFT MEAT&..
at 2024-05-24 08:07
京都・市役所前「中国菜Guu..
at 2024-05-23 08:08
銀座「銀座大石」へ行く。
at 2024-05-22 08:07
赤坂「赤坂 おぎ乃」へ行く。
at 2024-05-21 08:08
三鷹「kuval」へ行く。
at 2024-05-20 08:07
神戸・元町「洋食クアトロ」へ..
at 2024-05-19 08:07
元町「anthem (アンセ..
at 2024-05-18 08:07