人気ブログランキング |









知り合いから吉祥寺にカルボナーラ専門店がある聞き、


ずっと行こうとしていたのだが、なかなか行けない理由があった。













「カルボナーラ専門店ハセガワ」は、


日曜ランチのみしか営業していないのだ。


しかも、11:00~15:30までと、


今、土日も普通に仕事をしてる私にとってはなかなかタイミングがシビア。


f0232060_16204393.jpg


f0232060_16205773.jpg















というのも、シェフの長谷川さんは普段は出張料理人をしてて、


日曜だけここを間借りして、ランチのみにカルボナーラ専門店をやっている。













なんとか行けるタイミングがあったのでやってきたが、


残念ながらすでに週替わりのカルボナーラは売り切れだったので、


「厚切りベーコンのHASEGAWA風」(1200円)


をいただく。


f0232060_16234772.jpg


f0232060_16235922.jpg















チーズが雪のようにかかってて、


コクもちゃんとあるけど、どこかサッパリしてて、


とても食べやすいカルボナーラ


聞くと、生クリームは一切使ってないそうで、


それが食べやすさの秘密なのだそう。


私は自称濃厚民族なので全く平気だがw、


カルボナーラは好きだけど、全部食べるにはクドイという人にはいいかも。


営業時間は限られているが、カルボナーラ好きな方はぜひ。


f0232060_16265984.jpg









■「カルボナーラ専門店ハセガワ」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13228285/









# by meshi-quest | 2019-05-19 08:06 | 吉祥寺







たびたび、ここ「メシクエ」でも公言をしてるが、


最後の晩餐は銀だらの西京焼きと炊き立ての白飯と決めている。


それくらい銀だらの西京焼きが大好きだ。











最近、京都にお邪魔する度に伺っている


京都・柳馬場通りの西京焼きの名店「一の傳 本店」。


1階で西京焼きの販売をしつつ、


2階では完全予約制で11:00〜16:00までだが食事ができる。


f0232060_10143142.jpg


f0232060_10153663.jpg













食後の抹茶付きの西京焼きコース(4150円)を注文。


まずは、季節の前菜の盛り合わせから。


お皿は、「一の傳」の「一」の字を模したもの。


f0232060_1018237.jpg













コースは月によって内容が変わるようになっていて、


皐月のコースなので、


端午の節句にちなんだや鰻の柏寿司


旬のホワイトアスパラガスの茶碗蒸し、ホタテの新茶揚げ、


日本酒も飲めるのでカツオの酒盗、白魚ポン酢などの酒の肴も充実してる。


f0232060_10214243.jpg


f0232060_10221992.jpg


f0232060_10223481.jpg


f0232060_10224635.jpg













2品目は、新緑をイメージした空豆のすり流し。


中には特製の胡麻豆腐が入っている。


f0232060_10235466.jpg


f0232060_10241387.jpg












3品目は、合鴨つくねと焼き葱の鼈甲餡かけ。


ジューシーで旨味ある合鴨に、ほんのり甘い鼈甲餡がすごく合う。


f0232060_10264100.jpg


f0232060_10261917.jpg













4品目は、メインディッシュの銀だらの「蔵みそ焼」


丹波産こしひかりの炊き立て土鍋ご飯と、


合わせ味噌椀、京漬物も。


f0232060_10283864.jpg


f0232060_10285010.jpg


f0232060_1029445.jpg


f0232060_10291767.jpg


f0232060_10292646.jpg












このツヤふっくらさ!!


ああ、めちゃくちゃ美味しい!!


「一の傳」の西京焼きは1階でも買えるし、


なんならオンラインショップでも売っているのだが、


焼きが重要で、西京焼きを知り尽くしているお店が焼くのは全然違う!!


f0232060_10314024.jpg













5品目のデザートは黒糖を練り上げたわらび餅と、


京都の名店「一保堂茶舗」抹茶


バランスも良く、ちょうどいい感じの品数と満足感の食事。


銀だらが好きな方はぜひ訪れて欲しい名店。


f0232060_10351848.jpg


f0232060_10354662.jpg









■「一の傳 本店」
http://www.ichinoden.jp/









# by meshi-quest | 2019-05-18 08:08 | 旅行_国内









春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で春のコース


f0232060_15214100.jpg


f0232060_153207.jpg


f0232060_1533042.jpg


f0232060_1603862.jpg
















今日も常連さん用のカウンターアリーナ席にお邪魔させてもらう。


「セララバアド」は料理が出来る過程がとても面白いので、


普通のお店ではあまりカウンターは選ばないが、


ここは目の前でずっとその様子を見ていられるカウンターが楽しい。


1品目は、「桜」


世の中の桜は散ってしまったけど、「セララバアド」の桜はまだ満開。


桜の枝に見立てたグリッシーニと、


そこに十勝のどろぶたの生ハムを巻き付けたもの。


オリーブも食べれれる。


f0232060_1572622.jpg


f0232060_1574051.jpg


f0232060_158795.jpg


f0232060_1581782.jpg
















2品目は、ラプサンスーチョンという中国茶で香り付けした


うずらの卵のフリット。


f0232060_15105477.jpg















3品目は、春のコースの定番になりつつある、


「フィトンチッド」「トペニ」「ワッカ」


3種の前菜の登場。


f0232060_15123436.jpg















森の香り「フィトンチッド」をまとわせた松の実のサブレ、


秩父産楓の樹液を球体に閉じ込めたもの、


メイプルシロップで炊き上げたリンゴと豚の皮のフリットの3種。


f0232060_15142389.jpg


f0232060_1515288.jpg


f0232060_15151415.jpg


f0232060_15152552.jpg















4品目は、「枯山水」


に見立てた蒸かしじゃがいもと、


に見立てたアンチョビ&パセリバター


f0232060_15174270.jpg


f0232060_15172976.jpg


f0232060_15191118.jpg















こっちのは食べられないけど、


f0232060_15193925.jpg















こっちのじゃがいも石は食べられるw。


f0232060_1520644.jpg















ペアリングのドリンクは、


清美オレンジリンデンというハーブの組み合わせ。


オレンジの甘さが抑えられ、大人のオレンジジュースに。


結構好みの風味。


f0232060_15215528.jpg


f0232060_15221261.jpg















鉄鍋で作られた自家製の絶品パン


「セララバアド」のパンはホント美味しくて、


かなりのご飯党の私がこの日ばかりはパン党に寝返るw。


f0232060_15235981.jpg















5品目は、春コース定番の「春の高原」


春らしいグリンピースイカミントの爽やかな組み合わせ。


f0232060_15261026.jpg


f0232060_15262198.jpg


f0232060_15262899.jpg


f0232060_15263827.jpg


f0232060_1526468.jpg















次のペアリングのドリンクは、


甘酒ジンジャーエールの組み合わせ。


甘酒だけだともったりしそうなところを、


ジンジャーエールと組み合わせることで爽やかな日本酒風ドリンクに。


アクセントにピリッと生黒胡椒をお好みでつまむ。


f0232060_15291925.jpg


f0232060_15294746.jpg















6品目も春の定番の「春の大地」


アボカドと蕗味噌とブラックオリーブで作ったの上に、


春の山菜のフリットが芽吹いている。


この土がとっても美味しいw。


美味しくて、かつ、かわいらしい大好きな料理の1つ。


f0232060_1532098.jpg


f0232060_15324622.jpg


f0232060_15325487.jpg















7品目は、「雨紋」


に見立てたシジミの出汁のジュレの上に、雨の紋様。


に見立てた甘エビもかわいらしい。


f0232060_15345854.jpg















続いてのペアリングのドリンクは、


林檎昆布ディルの組み合わせ。


どんな味になるんだろう!?と思ってたら、


意外にも林檎の甘さが昆布とディルで抑えられ、


子供っぽくないリンゴジュースという感じに。


これ、すごく美味しい!


f0232060_15375491.jpg


f0232060_15381654.jpg














8品目は、春の新作メニューの1つ「筍」


見た目もそのまんまで驚くのだがw、


開けると、青柳をトマトで炒めた料理が入ってる。


f0232060_15401754.jpg


f0232060_15403720.jpg


f0232060_15405586.jpg


f0232060_154149.jpg
















9品目は、大麦、青海苔、独活(ウド)をあさりで炊いたリゾット。


上にはサクサクの白エビのフリットと、


海老の頭で取った濃厚なビスクソース。


f0232060_15441310.jpg


f0232060_15442353.jpg


f0232060_15443240.jpg















メインと合わせるペアリングドリンクは、


ラプサンスーチョン日向夏の組み合わせ。


柑橘の華やかさがある中国茶という感じ。


f0232060_15454671.jpg


f0232060_1546252.jpg















10品目の「春霞」という魚料理はサワラ


脂の乗ったサワラの上から、


サワラの骨で取ったスープを瞬間スモークさせてかける。


いい香りが店内いっぱいに広がる。


サワラもとても美味しかった!


f0232060_15493019.jpg


f0232060_15502263.jpg


f0232060_15504881.jpg


f0232060_15505842.jpg















11品目のメインディッシュは、岩手のほろほろ鶏


調理法を変えた胸肉ともも肉の2種が味わえる。


濃厚なクリームソースがほろほろ鶏とすごく合ってて、絶品。


f0232060_15534829.jpg


f0232060_1554138.jpg















12品目のデザートは、「芽吹き」


貴醸酒のチョコムースと甘く煮たゴボウ


生姜のアイスの土の野菜の組み合わせ。


f0232060_15554242.jpg


f0232060_1556943.jpg


f0232060_1556196.jpg


f0232060_15562827.jpg















13品目のデザートは小菓子の盛り合わせ。


エルダーフラワーのゼリー、苺キャンディー、


和紙のようなエルダーフラワーの押し花わたあめ


木の芽を使った緑色のマカロンの4種。


ハンドドリップした1煎目と2煎目飲み比べの煎茶と共に。


f0232060_15583279.jpg


f0232060_15584342.jpg


f0232060_1559214.jpg


f0232060_15594313.jpg










今日は恩師の誕生日も兼ねていたので、


素敵な料理と共に良いお祝いが出来て良かった!


f0232060_1602340.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/


















私はその昔、全くワインが飲めなくて、


私が今のように何かにつけてワインを飲むようになったのは


2人のワイン師匠のお陰なのだが、


そのうちの1人のワイン師匠が私の誕生日のお祝いで


行きつけのワインビストロだと言う「IZAKAYA VIN」に連れてきてくれた。


f0232060_14205199.jpg














創業はもう45年以上で、


ワインの在庫数も1000本を超える、


ワイン好きにはとても有名なビストロだそう。


1階はカウンター、2階3階はテーブル席で、割と席数はある。


f0232060_1424363.jpg


f0232060_14251213.jpg















まずは、私が好きなゲヴェルツトラミネールから。


さすがワイン師匠オススメの渋谷のワインの聖地だけあって、


ゲヴェルツをお願いしたら、こんなに色々と出してきてくれた!


f0232060_1426594.jpg














料理はまずは前菜盛り合わせから。


パテドカンパーニュ、豚肉のリエット、


フォアグラドライイチジクのパテの3種。


f0232060_14293993.jpg


f0232060_1430588.jpg


f0232060_14301327.jpg


f0232060_14302181.jpg


f0232060_14303153.jpg















ホワイトアスパラガスのフランボワーズヴィネガー風味。


シェフがシェイノのご出身だそうで、


クラッシックフレンチをベースとした、


よくあるビストロとは格が違うとても美味しい料理が出てくる。


f0232060_14325199.jpg


f0232060_1433217.jpg


f0232060_14264444.jpg















バースデープレートがブレッドの盛り合わせなのも、


ワイン専門店ならではな感じで楽しい。


ありがとうございます!!


f0232060_1434733.jpg
















そして、なんとここで師匠からサプライズプレゼント。


私の生まれた年と同じワイン、


バースデーヴィンテージをいただけることになった!!


f0232060_14353177.jpg















人生で初めてのバースデーヴィンテージ


結構私も年いってるので(苦笑)、相当なヴィンテージなのだが、


よく「VIN」さんも同じ年のワインを探してくれたなあ・・。さすが。


f0232060_14382990.jpg
















うん十年ものなので、ラベルも古くなってて、


コルクも簡単には抜けないくらいになってるけど、


中からいわゆる赤ワインとは思えない色合いと、


何とも言えない芳醇な香りの個性豊かなヴィンテージワインが現れた。


ソムリエさんも、ワイン師匠も、


こんな素晴らしい状態のヴィンテージワインはなかなかないとの高評価。


自分のことに重ねて、ヴィンテージワインに負けないように


私も見た目は古くなっても(笑)、頑張っていかないとなー!


すごく高価で、贅沢なプレゼント、ありがとうございました!!


f0232060_1442989.jpg


f0232060_14422021.jpg


f0232060_1442295.jpg















キノコたっぷりのオムレツは、マデラソースで。


大好きなじゃがいものドフィノワーズ


めちゃくちゃ美味しくて、感激。


f0232060_14443774.jpg


f0232060_14445830.jpg


f0232060_14461663.jpg















王道クラッシックフレンチの真鯛のポワレ


風味豊かな香草バターソースで。


この味を気軽に食べさせてくれるようなビストロはなかなかないなー。


とても美味しく出来てる!!


f0232060_1448134.jpg


f0232060_14481758.jpg















メインは、鹿のハンバーグ。


このハンバーグがものすごく美味しくて、好みの味で、


ここ最近食べたハンバーグの中でピカイチだった。


いやー、素晴らしい!!


f0232060_1450281.jpg


f0232060_14501845.jpg















最後は、鹿と牛のミートソースをタリアテッレで。


f0232060_14514664.jpg


f0232060_14515986.jpg









渋谷駅西口の目の前の、めちゃくちゃ繁華街のど真ん中に、


こんなに静かで、美味しい料理とワインが飲める店があったなんて・・。


ホント驚いた。


渋谷は結構行っていたつもりだったが、灯台下暗し。


またぜひお伺いさせてもらおうと思う。






■「IZAKAYA VIN」
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13002063/









# by meshi-quest | 2019-05-16 08:08 | 渋谷・神泉









下北沢に用事があり、ちょっと遅めのランチ難民。


カレーのいい香りがしたので、「マガリハチドリ下北沢」に立ち寄る。


f0232060_146440.jpg















ここは普段移動式のカレー屋をしている「蜂鳥カレー」が、


日曜日だけバーに間借りをして


「マガリハチドリ下北沢」として営業している。


f0232060_1484645.jpg


f0232060_1485576.jpg


f0232060_149463.jpg















基本いつもは移動式なので、


お店で出てくるカレーもテイクアウト用の状態で出てくる。


f0232060_1410144.jpg















頂点(2500円)を注文。


極上スープを謳ってて、どのカレーも2000円近くするため


気軽さはないが、野菜もたっぷり入ってて、


肉もホロホロ鳥の上もも肉骨付きを使っていたり、


素材にも味にも気を使っているスープカレー。


f0232060_14124078.jpg


f0232060_14124723.jpg


f0232060_14125615.jpg








美味しくできてはいるのだが、


ただ、カレー1つ2500円と考えると、少し悩んでしまうかもなー。


1回は食べてみたいけど、リピートが難しい印象。







■「マガリハチドリ下北沢」
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13229310/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ