沖縄には、〆(しめ)ステーキなるものが存在する。


〆のラーメンならぬ、飲んだ後、帰りがけなど、


一日の最後をステーキで終わらせることだ。











ここ2年、沖縄の会社に関わらせてもらって、


頻繁に沖縄に行くようになって分かったのだが、


本当に沖縄の人は飲んだ後にステーキを食べに行ったりしている。


そして、町の至る所で、深夜までやっているステーキ屋がある。










郷に入ったら郷に従えなので、私も〆ステーキを経験すべく、


スタッフと共に国際通りにあるステーキ屋へ。


その名も「やっぱりステーキ」(笑)。


なんだかどこかで聞いたことあるような名前だが、


沖縄ではかなり有力で、有名なチェーンステーキハウスの1つ。


f0232060_14422836.jpg












そして、11時も過ぎようかという時間帯なのに、


やっぱり〆はステーキだと思っている人が沖縄には多いのか、


ランチ並みの混み方(笑)。


f0232060_14432073.jpg












食券を買って肉を選び、ライス、サラダ、スープはセルフサービスで、


机の上にある調味料を使って自由に食べるスタイル。


ボリュームもあって、かなり安い。


f0232060_14481573.jpg


f0232060_14483078.jpg


f0232060_14484297.jpg












ここはやっぱりおすすめの「やっぱりステーキ200g」(1000円)を選択。


付け合わせもなく、すごーくシンプルではあるが、


溶岩盤の上に置かれた肉の塊は、意外と柔らかくて、なかなか美味しかった。


f0232060_14511258.jpg


f0232060_14512723.jpg


f0232060_14513611.jpg











驚いたのが、替え玉ならぬ、替え肉の存在w。


そうか、沖縄では肉も替えるものなんだな・・・。


f0232060_14522365.jpg










■「やっぱりステーキ」
http://yapparigroup.jp/









# by meshi-quest | 2018-02-21 08:05 | 沖縄








沖縄は自由で、おおらかでいいなあ。


東京からやってくると、いつもそんなことを思ってしまう。










しがらみとか、時間とか、役割とか、世間体とか、


沖縄だって大変なことはもちろんいっぱいあるのだが、


東京でがんじがらめの状態でやってくると、


沖縄の雰囲気や時間の流れがふと羨ましくなることがある。


都会からの沖縄移住者が多いのは、よく分かる。










そんな沖縄のおおらかさは、食にもよく出ている。


那覇の一大繁華街・国際通りからちょっと路地に入ったところにある、


「食堂ぬーじボンボンZ 串かつ☆黒カレー部」へ。


f0232060_13810.jpg


f0232060_132538.jpg













那覇に数店舗ある、人気の食堂居酒屋で、


名物の黒カレーに、串かつが食べれる。


組み合わせとか、そんなの関係ねー。


好きなものを食べればいいじゃん的なノリが好きだ。


f0232060_161498.jpg


f0232060_162984.jpg


f0232060_164516.jpg











黒カレーもコクがあって美味しいし、


串かつも種類が豊富で、サクッと揚がっている。


その他にも、ハンバーグやちゃんぷるとかもあって、


高校生男子が喜びそうなメニュー構成なのだが、私もかなり喜んでる。


f0232060_18411.jpg


f0232060_19848.jpg










■「食堂ぬーじボンボンZ 黒カレー部」
https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47014982/








# by meshi-quest | 2018-02-20 08:07 | 沖縄








沖縄の夜は、現地の詳しいスタッフにお願いしている。


なんてったって、餅は餅屋だ。


郷に入ったら、郷に従うのがいいのだ。










私が役員をしている会社は、那覇の小禄という場所にあるのだが、


そこから車で約30分ほど、今日はちょっと遠出をして宜野湾へ。


スタッフおすすめの居酒屋「なんじゃぁぁれ」。


東京から来た私が喜ぶ、これぞ沖縄!という感じの


非常にフォトジェニックな一軒家居酒屋だった。


f0232060_034111.jpg


f0232060_0343133.jpg












中もいい感じ。


沖縄の民宿に泊まりに来たみたいだ。


f0232060_0351250.jpg


f0232060_0352333.jpg


f0232060_0354365.jpg












さて、ここに来たのは、雰囲気のためだけではなく、


名物のジーマーミ豆腐の揚げ出しをいただくためであった。


f0232060_0365587.jpg













沖縄でよく出てくる落花生を使った豆腐を揚げ出したものだが、


めちゃくちゃ美味しいとかなり行きの車でハードルを上げ続けられ、


こんなハードル、オリンピック選手でも超えられないよと思ってたが、


この「なんじゃぁぁれ」が、かるーく超えてきた。


めちゃくちゃ美味しい!!!


あまりに美味しくて、もう1皿、お代わりをしてしまった。


f0232060_040164.jpg













ジーマーミ豆腐の揚げ出しがあまりに美味しくて、


他の料理がややかすんでしまう感はあるのだが、


もずく、てびち(豚足)、ちゃんぷるなどの沖縄郷土料理から、


f0232060_0433015.jpg


f0232060_0434927.jpg


f0232060_04406.jpg


f0232060_0441025.jpg


f0232060_0442351.jpg


f0232060_044436.jpg


f0232060_045944.jpg


f0232060_0452221.jpg


f0232060_0453379.jpg












居酒屋に良くある定番メニューまで各種揃っていて、


安くてボリュームもあり、なかなかいい居酒屋だった。


f0232060_0462564.jpg


f0232060_0463886.jpg


f0232060_0464835.jpg


f0232060_047320.jpg













とにもかくにも、ジーマーミ豆腐の揚げ出しは必食。


あんなに外側だけサクサクしてて、中がモッチリしてて、


どうやって揚げているのか不思議なくらい。








■「なんじゃぁぁれ」
https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470404/47005539/








# by meshi-quest | 2018-02-19 08:07 | 沖縄








沖縄出張


ANAを使うときは、ほぼ100%ここに来てる気がする、


最近の羽田の行きつけ、いつもの「エッグセレント・バイツ」。


f0232060_0145559.jpg












モノレールを降りて、出国ロビーへ向かう途中にあり、


場所的にも導線的にもすごく便利。


羽田について、ちょっと軽くご飯を食べ、


一息つけてから搭乗前にメールチェックしたりして、


出張ばかりするような生活が始まってから、


羽田第二では何かと活用させてもらってる。











以前はなかったのだが、ワンプレートデリが始まった。


f0232060_0193123.jpg












日替わりの前菜を2種、メインを1種選んで、


ご飯が付いてくるワンプレートディッシュ。


内容も味もいわゆるカフェ飯で、すごく美味しいというわけでもないが、


好きなものを選んで気軽にランチが出来るので悪くない。


f0232060_020871.jpg


f0232060_0201983.jpg


f0232060_0204078.jpg












ちなみに、名物のエッグタルトもランチに安く付けられる。


エッグタルトは、相変わらず、絶品。


f0232060_023226.jpg


f0232060_023115.jpg












かなり居心地良くて、羽田に来るたびに立ち寄ってるのだが、


使い続けているが故の2つだけ要望を言うと、


店内から搭乗状況が分かる電光掲示板が見えるようにして欲しいことと、


テーブル席に電源を使える場所を用意してほしいこと。


この2つが叶ったら、「エッグセレント・バイツ」は最強なんだけどなあ・・・。








■「エッグセレント・バイツ」
https://www.eggcellent.co.jp/haneda









# by meshi-quest | 2018-02-18 08:06 | 沖縄








吉祥寺・井の頭公園近くにある中東料理カフェ、


「CHIOSCO by the park キオスコバイザパーク」へ。


表に食器や雑貨があるので、一見するとカフェに見えないが、


中では食事やカフェが楽しめる。


f0232060_14222720.jpg


f0232060_14224739.jpg












メニューは、トルコやエジプトなど中東料理を中心に、


ギリシャ、スペイン、台湾なども料理も並び、不思議なラインナップ。


それらをキッチン奥の大きな鉄板を使って調理をしている。


なので、中東鉄板料理、そんな感じだろうか。











前菜は、中東料理「フムス」を注文。


ひよこ豆とニンニクのペーストで、トルコに行った時に実際現地でも食べてきたが、


ここのフムスが、豆の甘みや風味がしっかり出てて、なかなか美味しかった。


フムスは、ピタパンと一緒に出てくることが多いが、このピタパンも美味しかった。


f0232060_1430283.jpg


f0232060_1430176.jpg












野菜は鉄板で焼く盛り合わせ。


1000円という値段を考えるとやや少なめではあるが、


魂のレンコンという名前の皮付きレンコンがいい感じ。


f0232060_1432063.jpg


f0232060_14331272.jpg












ここまでいい感じだったので、かなりメインディッシュへの期待が高まったのだが、


お店でウリにしていたラムチョップが肉がちょっとイマイチで、


焼きもイマイチで、前菜が美味しかっただけに残念ではあった。


f0232060_14372356.jpg











ランチも遅くまでやってて、昼からお酒も飲めるので、


ガッツリご飯を食べるというよりは、


フラッと井の頭公園散策がてら、ちょっと飲みながら、ちょっと前菜つまみながら、


そんな感じの関わり方がいいのかも。








■「キオスコバイザパーク」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13188225/








# by meshi-quest | 2018-02-17 08:05 | 吉祥寺
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ