最近、鮨グルメ界の中で、たびたび名前を聞く阿佐ヶ谷「じゅうぞう」。


知り合いの方が貸し切り会を開くとのことで、お邪魔させてもらった。


f0232060_1751857.jpg


f0232060_1752713.jpg













中央線らしい雰囲気を醸し出す阿佐ヶ谷北口の飲み屋街を通り、


焼鳥屋、おでん屋、ワインバーなど、


賑やかなお店を通った一番奥にひっそりと佇む小さなカウンター鮨。


f0232060_178316.jpg












鮨は、つまみも、にぎりも食べれるおまかせコースが8000円で、


それ以外に日本酒などは各種取り揃っていて、


お腹いっぱい食べて飲んで、1万円ちょっとで楽しめる。


f0232060_17104445.jpg


f0232060_17105390.jpg












1品目は、マグロのすき身


上には、あおさと、黄身醤油がかかっている。


f0232060_17114364.jpg













つまみとにぎりが交互に出てくるスタイルで、


2品目は真鯛、3品目はさよりのにぎり。


付け合わせの新キャベツを自家製発酵させた浅漬けのおしんこも美味しかった。


f0232060_17124324.jpg


f0232060_17125239.jpg


f0232060_17134542.jpg












4品目はすみいかの肝、5品目は柔らかいタコ。


f0232060_17153158.jpg


f0232060_17153985.jpg













6品目は、にしんの白子


単品だとかなり濃いので、酢飯と和えているそう。


f0232060_17162834.jpg













7品目はトリ貝、8品目はサバのにぎり。


f0232060_17172740.jpg


f0232060_17173799.jpg












9品目は、赤貝の味噌和え。


赤貝をこんな感じで和えて出してもらったのは初めて。


f0232060_17183542.jpg













10品目は、大トロ


脂がしっかり乗ってて甘味あるので、


わさびたっぷり乗っててもあまり辛さを感じない。


f0232060_1720168.jpg













11品目はアナゴの肝、12品目はウナギの出汁卵とじ。


f0232060_1721962.jpg


f0232060_17212226.jpg













13品目は、ウニ


海苔の香りと、ウニの甘味をどちらも感じられるように


軍艦にはしないで、オープンサンドにしているのだそう。


f0232060_17224574.jpg













面白かったのが、14品目の車海老


普通、頭と尻尾が出てて、細長い形状をしているのだが、


「じゅうぞう」では、口当たりを考え、食べやすいように、


頭と尻尾が中に折りたたまれている。


なので、ちゃんと1本分の海老が入ってるのだが、コンパクト。


f0232060_1724432.jpg


f0232060_17245349.jpg












15品目の〆はアナゴ


お椀は、バイ貝や白みる貝で出汁を取ったお吸い物。


f0232060_17255010.jpg


f0232060_1726396.jpg











最近とても人気で予約も取りづらくなっているらしいが、


阿佐ヶ谷の飲み屋街で、こんな本格的なお鮨が食べられるのは素晴らしい。








■「じゅうぞう」
http://jyuzo.jp/


















メシクエをやっていて、よく聞かれる質問の1つに、


「いつも美味しそうなものばかり食べてますが、


定食屋さんとかって行かれるんですか?」がある。


その答えは、「YES!成沢クリニック!!」であり、


定食屋さんは、実は、結構好きで、好んで行っております。











吉祥寺でも色んな定食屋に行ってみていて、


その中でも今のところダントツに私の好みで、


大好きな味ど真ん中だったのが、ここ「もがめ食堂」。


f0232060_14495288.jpg


f0232060_145047.jpg












駅前のサンロード商店街をひたすら進んで、


途中にある紳士服屋さんのあるビルの、


ちょっと奥まった先にある階段降りて地下という、


なかなか知らないと来にくい場所にあるのだが、


ランチタイムは定食ファンでいっぱいで、待ちの列ができるほど。


f0232060_14525177.jpg













生姜焼き定食(900円)を注文。


小鉢がいっぱい付いているところとか、


小鉢の中に小さな刺身があったりするところとか、


言わなくても最初からマヨネーズが付いて来るところとか、


お米がとても美味しいところとか、


おばあちゃんの作ってくれた懐かしい味噌汁の味がするところとか、


何から何まで私の好みの定食だったりする。


f0232060_14551337.jpg


f0232060_14555715.jpg


f0232060_14566100.jpg


f0232060_14561623.jpg












生姜焼きもすごく美味しく出来ていて、


手料理のあの幸せな感じが味わえる。


濃さもいい感じで、ご飯をかき込みたくなるような、白米がグングン進む味。


f0232060_1458480.jpg










本来の定食屋さんの姿があって、


それでいて入りづらいような古さはなく、


毎日通いたくなるような、とてもいい定食屋。


久しぶりに、好みの美味しい生姜焼き食べさせてもらった。








■「もがめ食堂」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13202037/










# by meshi-quest | 2018-04-23 08:08 | 吉祥寺








新宿御苑前にある地元密着型の鮨屋「三ます」でランチ鮨。


店前を通るたびに、創業明治四十三年という看板が気になってて、


でもなかなか機会がなくて、ようやくランチに来れた。


f0232060_1646815.jpg


f0232060_16461933.jpg












今みたいに回転寿司屋が町中にあって、おしゃれな鮨屋もいっぱい増えて、


鮨がこんなに身近になる前は、こういう鮨屋さんがいわゆる「鮨屋さん」だったよね、


なんてことをしみじみと懐かしく思ってしまうような雰囲気。


f0232060_16481546.jpg


f0232060_16482557.jpg













ランチは、松竹梅の3種になっていて、


松すし(1600円)を注文。


中トロやいくらが入った全9種とお椀付き。


f0232060_16495872.jpg


f0232060_16501041.jpg


f0232060_16501978.jpg


f0232060_16502868.jpg


f0232060_16503894.jpg


f0232060_16504614.jpg











鮨は上を見てしまうとキリがなく、


昨今はクオリティーが高い鮨屋さんもたくさんあるので、


味としては正直可もなく不可もなくなのだが、


子供の頃に、地元蒲田で連れて行ってもらった鮨屋さんを思い出し、


個人的にはなんか新宿御苑前から数十年前にタイムスリップした気分で、


ちょっと不思議なランチになった。








■「三ます」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13011899/









# by meshi-quest | 2018-04-22 08:05 | 新宿








小腹が空いたので、おやつなのか、軽めの夕食なのか、


よく分からないタイミングで栄養補給。


健康的な和食が食べられるデリカフェ「FLUAX CAFE」へ。


f0232060_16312867.jpg













店内は割と広く、ゆっくり出来て、


代官山駅からも渋谷駅からもちょっと遠いこともあってか


比較的いつも空いている印象。


f0232060_16324216.jpg













おばんさいセット(1200円)を。


ショーケースの中から3種類のおかずを選ぶ。


鶏の塩麹から揚げと、ポテトサラダと、グリーンサラダ。


ご飯は、玄米にしてもらうことも出来る。


f0232060_1637381.jpg


f0232060_16373568.jpg


f0232060_16374440.jpg


f0232060_16375289.jpg


f0232060_1638199.jpg


f0232060_16381716.jpg










白味噌の豚汁がなかなか美味しい。


ちゃんとした夕食とかだと少し物足りないけど、


ランチだったり、軽めの夕食を食べるには便利。








■「FLUAX CAFE」
http://flux-cafe.com/

















春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で春のコース


f0232060_1413029.jpg


f0232060_14131558.jpg


f0232060_141328100.jpg













今回面白い試みをされてて、本日のメニューの裏にQRコードがあり、


そこからサイトにアクセスると、メニューごとに和歌が設定されてて、


和歌と料理を楽しむ、和歌ペアリングになっていた。


f0232060_14145954.jpg











1品目は、「桜」という料理。


本物の桜の中に、桜の枝に見立てた食べれる枝がいて、


そこに馬肉が巻き付けられている。


今年は桜が咲いて散るのが早かったから、これが最後の見納め。


ペアリングのドリンクは、いちご100%のジュース。


f0232060_14175193.jpg


f0232060_1418272.jpg


f0232060_14181512.jpg


f0232060_14182721.jpg












2品目は、ホタルイカとグリンピースの前菜。


下のせんべいのようなものは、タピオカを揚げたもの。


ペアリングのお酒は、日本酒で。


f0232060_14201767.jpg


f0232060_14202869.jpg


f0232060_1421186.jpg












3品目は、をイメージした、


「フイトンチッド」「トペニ」「ワッカ」という名前の


3種の前菜の盛り合わせ。


f0232060_14223353.jpg













フイトンチッドは、


樹木が微生物の活動を抑制するために発生する化学物質。


まさに、あの森林浴を楽しむ朝の森のいい香りが、


微生物にとっては地獄のような香り。


この前菜も、朝の森に降り立ったかのようないい香りが付けられてて、


中には松の実のサブレが入っている。


f0232060_14262366.jpg












これは、楓の樹液を球体状に固めたもの。


口の中で、フワッと球体が破裂して、素朴な甘みの液体が出てくる。


f0232060_14273414.jpg












これは、カリッと揚った豚皮の上に乗ったブータンノワール


リンゴが甘味と酸味のアクセントになってる。


f0232060_14284471.jpg












4品目は、枯山水


コケに見立てたアンチョビバターで、じゃがいもをいただく。


f0232060_14311050.jpg


f0232060_1431202.jpg


f0232060_14312846.jpg












こっちが本物ので、


f0232060_14314696.jpg











こっちが食べられるじゃがいも


f0232060_1432599.jpg













ココットで焼き上げた、焼き立てのパン。


「セララバアド」のパンは、外がカリッとしてて、


中はモッチリ、甘味があって、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_1433239.jpg


f0232060_14333346.jpg













5品目は、春の高原


長野県清水牧場さんのナチュラルチーズの上に、


ローズとクランベリーウォーターで作ったいい香りの泡が乗ってる。


お皿の周りに飛んでる蝶は、すべてリンゴで作られてて、食べられるもの。


f0232060_14352686.jpg


f0232060_143538100.jpg


f0232060_14354666.jpg


f0232060_1436040.jpg













6品目は、春の大地


アボカドとブラックオリーブで出来た土の上に春の野菜が育ってる。


f0232060_14372580.jpg


f0232060_14373418.jpg













7品目は、雨紋


しじみ出汁で作られた池の上に、鯉に見立てた海老が泳いでる。


波紋もちゃんと作られてて、芸術的!


f0232060_14384653.jpg


f0232060_14385437.jpg


f0232060_143936.jpg













8品目は、桜海老をふんだんに使ったリゾット。


出汁はあさりで、菜の花や大麦が入っている。


色鮮やかで香り良く、とても美味しいリゾット。


f0232060_14401325.jpg


f0232060_14402365.jpg












ペアリングの飲み物は、リンゴジュースと抹茶の組み合わせ。


これが意外と合ってて、りんごの甘ったるさが、


抹茶でうまく中和されるので、大人のリンゴジュースになっててビックリ。


f0232060_1442134.jpg













9品目は、春霞


深雪マス(ミユキマス)を使った魚料理。


最後に瞬間スモークがかかり、春の霞を見ているかのよう。


f0232060_14441538.jpg


f0232060_14442771.jpg


f0232060_14443789.jpg


f0232060_14445290.jpg













10品目は、岩手のホロホロ鳥


もも肉、むね肉で調理法を変えている。


ソースはキノコの濃厚なクリームソースで、


このソースがめちゃくちゃ美味しかった!


f0232060_14462440.jpg


f0232060_14463465.jpg


f0232060_14464785.jpg













11品目の最初のデザートは、芽吹き


チョコと貴醸酒のムースで土を作って、そこから新芽が出ている。


アイスは、生姜のさわやかなアイス。


f0232060_14481347.jpg


f0232060_14482737.jpg


f0232060_14483851.jpg












12品目の最後は、小菓子の盛り合わせ。


和紙という名前の、わたあめとエルダーフラワーを使ったお菓子は、


本当の和紙に見えて、いつ見てもすごいなあ・・・と感心。


f0232060_1450433.jpg


f0232060_14501637.jpg


f0232060_14502573.jpg













食後は、ハンドドリップした煎茶


1煎目と2煎目の色や香り、味の違いを楽しむ。


春のコースも堪能させてもらった。


次は、夏。また季節を感じにセララバアドに来ます。


f0232060_14514367.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ