カテゴリ:未分類( 422 )









明けましておめでとうございます。


メシクエでございます。












なんだか今年は、仕事もプライベートもフル稼働してて、


気が付けば、あっと言う間にお正月が終わってしまった気がします。


休んだ気があまりしなかったなw。


皆さんはどんなお正月をお過ごしでしたでしょうか。














今年の私は、年初からいつもとは全く違う人、場所、イベントに囲まれ、


不思議なご縁の多い年の初めを迎えました。













年を取ると、だいたいあらゆることに予測がつくというか、


こんな感じになりそうと思ったことが98%その通りになって、


良くも悪くも全てのことが定常運転になり、


そんなに大失敗もしない代わりに、ワクワクもしないし、驚きもしない。


ただ、今年は「思い切ってどんどん違うことをしていきなさい」


という神様の暗示なのか、


新年早々、予測の付かないこと、付かなかった結果が多く出ました。


狙った結果ではないけど、これもまた面白し。


まあ、たまには予測の付かないところに


人生の一部を張ってみるのもいいのかもしれないな、と思いました。














ここメシクエでも公言していますが、


私は、年末年始、お正月が大嫌いで、


それは、私なりにこうなって欲しい年末年始、お正月があって、


それが毎回叶わないからであったりもするのですが、


それは突き詰めていくと、


自分で自分に作ったルールに苦しめられているのであって、


今年はついにそのルールを壊して、


本当の意味で自由に、好きに振る舞う時なのかもしれないなと感じています。














なんだかつらつらと今年の想いを書かせてもらいましたが、


きっとそれは今年のメシクエにも何らかの形で


表れてくるのではないかと思うので、楽しみに眺めていてくださいw。











さて、新年一発目のメシクエは、


2019年ミシュラン1ツ星獲得、


ここメシクエでも「メシュラン2018」に選ばせていただいた


北参道「Sincere シンシア」が初めて手掛ける特製おせち。


初のおせちとあって、限定50台は即日完売していましたが、


そのおせちを元旦に開けたメシクエレポをお送りします。


続きは、明日のお楽しみ!


f0232060_2055161.jpg


f0232060_20551520.jpg








皆さんにとって、良い年でありますように。


多くの方に楽しんでいただけるようにメシクエをしていきます。


今年も変わらずのご愛読をどうぞよろしくお願いいたします。








2019年1月4日 


成沢理恵








by meshi-quest | 2019-01-04 08:00









今年もこのご挨拶を書く日が来ました。


本当に毎年1年が過ぎるのが早く感じます。












メシクエのご挨拶は本当に年末ギリギリに静かに時間を取って、


1年を振り返って、その時の気分を書いているのですが、


今年は、とてもいい一年でした。












もちろんアップダウンはありましたが、


あの辛かったこともここの布石だったのかと思えることも多く、


総合すると、結果的にいい年であり、物事が良い方向に転んでくれた年でした。













年始に、とある有名な占い師さん2名から


今年の私は激運発動すると言われ、


嬉しくはありますが、激運って(苦笑)と、


半信半疑で過ごしてきた日々でしたが、


夏を超えたくらいから激運は確信に変わり、


今年は12月の最後の最後まで激運発動してくれた一年でした。













この激運が、願わくば、壊れた警報のように来年も発動しっぱなしで、


2019年も走り抜けられたらいいなあと思ってたりします。


激運、楽しかったですw。


ありがとう、2018年。










今年も多くの人に毎日メシクエに遊びに来ていただき、


私の記事をを読んでくださったすべての方に感謝します。


来年もまた健康で、楽しいメシクエストをお送りできるように頑張ります。










2019年も、ぜひここでお会いしましょう。


今年もご愛読を本当にありがとうございました!









2018年12月31日

成沢理恵








by meshi-quest | 2018-12-31 08:08









残すところ、今年もあと1日となりました。


ホント早いなー。










振り返ると、今年は東京以外のメシクエストも多く、


また飲食関連の知り合いが増えたことで、


たくさんメシクエ情報やお誘いをいただき、


例年以上に色んな場所、色んなジャンルで冒険をした一年でした。













結構、経験値は溜まったように思いますが、


まだまだメシクエストの道は長く、


「ボス戦に行けなくもないけど、勝てるかどうかはまだ半々」


という意味で付けた「Lv34」はレベルアップをせずに、


来年もまた精進をしていこうと思います。













では、年末恒例となりましたメシクエが超勝手に選ばせていただく、


2018年ベストレストラン『メシュラン2018』を


発表させていただきたいと思います!!












以下、順不同。





■高円寺「鮨 波やし」


f0232060_23593243.jpg


f0232060_23491469.jpg


f0232060_00476.jpg


f0232060_011161.jpg


f0232060_001885.jpg









予約の取れない高円寺の名店「鮨 波やし」さん。


ご縁あって、今年のメシクエは「波やし」さん無くては語れないほど、


とにかく「波やし」さんでメシクエしまくっていました。












つまみと鮨の味はもちろんのこと、


しっかりとお腹いっぱいにさせてくれり種類と内容、


そのクオリティーでこんな安くいただけるのか?!という驚きの値段、


私的にはちょうど行きやすい場所、深夜までやってくれる営業時間、


しゃべりやすい雰囲気やアットホームなスタッフ、


全てにおいてバランスが良く


言うこと無しのお鮨屋さんでした。











大将の林さん、女将さん、すーさん、大変お世話になりました。


いつも深夜までわがまま放題に好きなものを食べさせてもらえて、


こんな素敵なお寿司屋さんはありません!


私の心のオア鮨です。












■広尾「熟成鮨 万」



f0232060_237556.jpg


f0232060_231118100.jpg


f0232060_23113021.jpg


f0232060_2394493.jpg


f0232060_2317828.jpg


f0232060_23332394.jpg


f0232060_23335048.jpg












今年はよく鮨をいただいた一年だったのですが、


鮨の中でも2018年6月にオープンした「熟成鮨 万」さんは


ものすごく印象に残り、通わせていただいた鮨屋さんでした。










全鮨オール熟成鮨になっていて、


熟成を極めた熟成士が毛細血管から丁寧に血抜きをして


その魚にあった一番良い熟成期間で寝かせた魚は、


今まで食べていた魚とはまるで違っていて、


熟成の奇跡を体験させてもらった気がしました。











■北参道「Sincere シンシア」





f0232060_22171426.jpg


f0232060_22143287.jpg


f0232060_22213174.jpg


f0232060_22272818.jpg


f0232060_22312452.jpg


f0232060_2238335.jpg


f0232060_22404018.jpg


f0232060_22455653.jpg












2019年ミシュラン1ツ星を獲得した、


北参道のフレンチの名店「Sincere シンシア」。











オーナーシェフの石井さんとは、


前職の神泉「bacar」オープンからのお付き合いで、


もうかれこれ10年以上になるが、


いただく度に「ああ、私は石井さんの料理が好きだな」としみじみ思う。










うまく言えないのだが、


目も、鼻も、舌も、全てが石井さんの料理が好きだと言っている。


一言で言えば、「幸せになれる料理」


こんなに人に「好き」と思えさせるにはきっと何かがあって、


やっぱりすごく努力や技術の総結集なんだろうなと思う。










以上、メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2018』でした!!










by meshi-quest | 2018-12-31 08:07









蕎麦打ち名人と呼ばれている高橋邦弘さんという方がいて、


その方が自家製粉に取り組んだ最初の蕎麦屋が山梨県の山奥にある。


蕎麦好きの方に連れてきてもらって、その蕎麦屋「翁」へやってきた。


f0232060_2175533.jpg


f0232060_2181551.jpg















本当に周りには山と田んぼしかなく、


空気が澄んでて、とても静か。


周りには駅も停留所もなくて、車でしか来れないような場所。


f0232060_2193020.jpg















店内も華美な装飾は一切なく、すごくシンプルで、静かな店内。


せっかく遠くまでやってきたのだから、


蕎麦のことだけ考え、蕎麦とだけ向き合って、と言われているような感じ。


f0232060_21112066.jpg


f0232060_21113168.jpg














メニューも本当に蕎麦だけ


天ぷらとか、サイドメニューとかもなし。


せっかくなので、ざるそばと釜揚げ田舎そばの2種をいただく。


f0232060_21125589.jpg














まずは、ざるそばから。


辛味大根と、わさびと、白ネギ。


究極に引き算され、蕎麦だけをしっかりと味わうような感じ。


風味も、茹で加減も絶妙で確かに美味しかった。


f0232060_21141790.jpg


f0232060_21143156.jpg


f0232060_21144233.jpg















次に、釜揚げ田舎そば


温かい蕎麦を冷たいつゆにつけていただく。


太くてコシがあり、甘味があって、蕎麦の味をしっかり感じられるので、


ざるそばより、個人的には田舎そばの方が好きだった。


f0232060_21162146.jpg


f0232060_21163236.jpg














自分もそうだけど、なかなかこんな場所まで来る機会はないかと思うが、


近くにサントリーの白州の工場と博物館があるので、


見学ついでに、蕎麦が好きな方は立ち寄られるのはいいかも。


f0232060_21181674.jpg


f0232060_21183378.jpg


f0232060_21184499.jpg


f0232060_21185370.jpg


f0232060_211968.jpg


f0232060_21191832.jpg


f0232060_21193195.jpg


f0232060_2119402.jpg











■「翁」
http://yamanashiokina.com/









by meshi-quest | 2018-11-22 08:08









「星のや富士」からのお勧めで、


ランチは星のやから歩いて3分くらいのところにある


「みずの風 蕎麦処」でいただくことにした。


f0232060_23142058.jpg


f0232060_23143399.jpg















メニューは、基本せいろ蕎麦天ぷらのみ。


余計なものはなく、蕎麦と天ぷらだけというメニューに非常に期待が出来る。


f0232060_23162370.jpg















店内は半分が日本人で、半分がアジア圏の観光客。


富士山の影響かもしれないが、


河口湖ってこんなにアジア観光客いるんだなあ。


f0232060_23184434.jpg














大根そばと天ぷらのセットをいただく。


せいろの上に千切りの大根が乗っているのだが、


この大根が甘くて、食感が良く、蕎麦とも合う。


f0232060_23243817.jpg


f0232060_23245168.jpg


f0232060_23251041.jpg














食後のそばの実アイスも美味しかったな。


香ばしくて、サクサク、プチプチのそばの実がクセになる。


心も胃袋もリラックスできる、美味しい蕎麦ランチだった。


f0232060_2326511.jpg









■「みずの風 蕎麦処」
https://tabelog.com/yamanashi/A1903/A190303/19009248/










by meshi-quest | 2018-11-19 08:07









グッモーニン!!!


「星のや富士」の朝でございます。


f0232060_22435780.jpg
















一瞬だけ顔を出した富士山は、本日終始ご機嫌斜め。


f0232060_2245171.jpg















ううん!でも、いいのっ!!


そこに朝食ボックスがあるから!!


f0232060_22462556.jpg














さーて、何が入ってるか、開けてみましょうかねー。


f0232060_22473097.jpg















1つめを開けると、こんな感じ。


大きなパンとか、ジャムとか、タッパーとか入ってる!


f0232060_22475955.jpg















全部開けると、こんな感じ。


超豪華なブレックファースト!!!


季節のサラダやケフィアヨーグルト、ミネストローネスープもある。


f0232060_22491796.jpg















大きなパンは、「星のや富士」のダッチオーブンで焼いたもの。


フワフワして、手でちぎりながら食べるのが、キャンプっぽくていい。


ジャムもすごく美味しい。特に白桃ジャムが良かったなあ。


f0232060_22511772.jpg


f0232060_22513813.jpg













朝食のおかずは、スキレットで焼き上げたオムレツと、


ソーセージロースト野菜の組み合わせ。


昨晩の狩猟肉ディナーはちょっと少なかったけどw、


朝食はボリューム満点、大満足の味と量だった。


f0232060_22524112.jpg













朝食もいっぱい食べたことだし、チェックアウトの12時まで、


ゆっくりと館内を散策してみる。


夜は真っ暗で気が付かなったけど、周りは本当にに囲まれてて、


階段上るとハアハア息が上がるほど、高台にあった。


フロントも朝の光が差し込んで、すがすがしい。


f0232060_22562229.jpg


f0232060_22571719.jpg


f0232060_225733100.jpg


f0232060_22574341.jpg


f0232060_22575721.jpg















フロントを抜けて、さらに上まで行くと、木漏れ日デッキがある。


気持ち良いイスがあって、森林浴を楽しめる。


f0232060_22584876.jpg


f0232060_2259215.jpg


f0232060_22591213.jpg















さらにまた上まで登ると、


ライブラリーカフェ


クラウドテラスという場所に出る。


私が昨日の夜に、思わず外で爆睡した寝袋はコレだったw。


こんなん気持ちいいに決まってるじゃん。


f0232060_2322220.jpg


f0232060_2323678.jpg


f0232060_2324656.jpg


f0232060_2325732.jpg















ライブラリーカフェには、


無料で飲めるコーヒーやお茶、


たき火で焼けるマシュマロなどが用意されている。


f0232060_2341860.jpg


f0232060_2343571.jpg


f0232060_2344758.jpg


f0232060_2345893.jpg










何から何まで用意されていて、


不自由なく、安全で、まさにグランピング!!


キャンプというにはほど遠いのだろうけどw、


キャンプっぽいことを味わいたい人にはとてもいいホテル。


面白かった!また季節変わったら来てみたいな。








■「星のや富士」
https://hoshinoya.com/fuji/









by meshi-quest | 2018-11-18 08:08









「星のや富士」での待望のディナーターーーーイム!!












「星のや富士」では3つのディナーが用意されていて、


①屋外での狩猟肉ディナー

②メインダイニングでのコースディナー

③キャビン(部屋)で食べるルームサービスディナー


があって、当然①が一番人気で、


数に限りががあるので、事前予約必至












実は、予約の時に部屋には余裕があったが、


この狩猟肉ディナーの予約の空きがなくて、


結局当初予定よりも2週間先の日程にした。














そんな待ちに待った狩猟肉ディナー。


通常のメインダイニングへ行く道とは違う山の小道を入って、


フォレストキッチンへ向かう。


f0232060_21281262.jpg















フォレストキッチンは、本当に山の中にあって、


アカマツの森の間にテントを張って、


その下にキッチンとテーブルが置かれている。


各キッチンとテーブルは独立していて、


1組に付き、1人のスタッフが付いて


グラマラスなキャンピングディナーを楽しませてくれる。


ちなみに、テーブルの下に遠赤外線があって、


コタツのようになっているので、外でも全然寒くない。


f0232060_2134415.jpg


f0232060_21365326.jpg


f0232060_2137634.jpg















狩猟肉ディナーの1品目は、鹿肉のパテ


上にはジンの原料のジェニファーベリー


付け合わせはくるみとクレソン。


赤すぐりを使ったジャムと共にいただく。


f0232060_21392283.jpg


f0232060_21393481.jpg


f0232060_21395178.jpg


f0232060_214069.jpg















2品目は、ゲストで作る参加型のイノシシスープ


作ると言っても、材料はすでに用意されてて、混ぜたりするだけw。


イノシシのつみれに富士で採れた色んなキノコの組み合わせ。


香り良く、イノシシのいい出汁が出てて美味しい!


f0232060_21424944.jpg


f0232060_21431323.jpg


f0232060_2143376.jpg


f0232060_2143483.jpg


f0232060_2144248.jpg















3品目は、鹿のトリッパと里芋を使ったスキレット。


鹿のレバーを入れ、


そこに真っ白になるくらいたっぷりのチーズを削って、


火にかけて煮込むこと10分。


トロトロチーズのトリッパトマト煮込みが完成。これもすごく美味しい。


f0232060_21472236.jpg


f0232060_2148271.jpg


f0232060_21481357.jpg


f0232060_21482383.jpg


f0232060_21485080.jpg














4品目は、富士で採れた松茸と、


イノシシのベーコンとのクリームリゾット。


これも材料を炒めたり、少し参加してキャンプ気分が味わえるw


かなり好みの味!量が少なめだったので、もっと食べたかったな。


f0232060_21593316.jpg


f0232060_2216080.jpg


f0232060_2216131.jpg


f0232060_22163994.jpg


f0232060_22165424.jpg


f0232060_2217562.jpg
















5品目のメインディッシュは、


イノシシのすき焼き鍋


イノシシのもも肉(左)とロース(右)。


牛脂の代わりに、なんとフォアグラを脂として使うこの贅沢!!!


フォアグラを最初に炒めるので、ものすごくいい香りが漂い、


味としてもちょっと洋風のすき焼きになる。


温泉卵の中にすき焼き肉を入れて・・・、外で食べるすき焼きは格別!!


f0232060_22205726.jpg


f0232060_222185.jpg


f0232060_22211814.jpg


f0232060_22212920.jpg


f0232060_2221397.jpg


f0232060_22215036.jpg


f0232060_22221389.jpg


f0232060_22222398.jpg
















6品目のデザートは、


赤葡萄、シナモン、スターアニスなどを入れた


赤ワインのスパイス煮込みバニラアイス


アフォガードのように冷たいアイスの上に、アツアツのホットワインをかける。


ほんのりお酒が効いた大人のデザート。


f0232060_22263911.jpg


f0232060_22265335.jpg


f0232060_22273123.jpg











どれもとても美味しいグラマラスなキャンプディナー。


狩猟肉は秋限定らしいので、秋のディナーは注目度大。


ただ、全体的に量が少ないので、ちょっと後からお腹が空くw。













部屋に戻ると、テラスのところに簡易たき火が用意されていた。


本物の炎が出てて、近くに行くと、結構熱い。


家に居ながらたき火できるなんて、グラマラスだな。


河口湖の夜景と一面の星空もロマンチックだった。(④へつづく)


f0232060_2239288.jpg


f0232060_22392181.jpg










■「星のや富士」
https://hoshinoya.com/fuji/









by meshi-quest | 2018-11-17 08:08









寿司グルメ界で有名な住所非公開の都内某所「ボブ寿司」にて、


久しぶりの貸し切り食事会。


大将も、お母さんもお元気そうで良かった!


いつもの端っこ特等席に座る。


ここが一番大将の仕事がよく見えて、楽しい。


f0232060_0183872.jpg















1品目は、煮あさりから。


お酒は恒例の持ち込みOKなので、各人が自由に飲みたいものを持ってくる。


f0232060_0352954.jpg


f0232060_0354431.jpg


f0232060_0355397.jpg















2品目は、自家製のあん肝


とても美味しく、そして、分厚い!


f0232060_0364312.jpg















3品目は、松茸と3種の貝を煮たもの。


本つぶ貝白バイ貝ハマグリ


どれも柔らかくて、甘味あって美味しい。


f0232060_0374654.jpg


f0232060_0381235.jpg















4品目は、自家製おつまみの4種盛り合わせ。


青柳の酢味噌がけ、生たらこの煮凝り、


ホタテのウニ焼き、ハモとズワイガニの真薯の4品。


ホタテのウニ焼きは、香り良く、ウニの甘味も加わり、絶品だった。


たらこは元はあまり好きではないけど、この煮凝りはすごく美味しかったなー。


f0232060_0401194.jpg


f0232060_0413945.jpg


f0232060_0415485.jpg


f0232060_042298.jpg















5品目は、生のクジラ肉


全く臭みなく、言われないとクジラだと分からない。


上品なマグロの赤身を食べているよう。


あまりクジラが美味しかった記憶がなかったが、


今まで食べたクジラの中で、確実にNo.1だった。


f0232060_0434012.jpg


f0232060_0435125.jpg


f0232060_044223.jpg
















6品目は、青魚の3種盛り。


こはださばいわし


このつややかな色!


脂乗ってて、ホント美味しかったー。


f0232060_045347.jpg


f0232060_0455022.jpg















7品目は、ウニと貝の黄色い盛り合わせ。


礼文島バフンウニ、小柱、赤貝ひも、青柳。


f0232060_0474159.jpg
















8品目は、秋刀魚松茸の蒲焼。


めちゃくちゃいい香り。


脂ノリノリの秋刀魚で松茸を包んだ、秋の贅沢な一品。


f0232060_0491615.jpg


f0232060_0493175.jpg














いよいよ、名物「ボブ寿司」にぎりへ。


まずは、マグロの赤身から。


このネタの厚みww


そして、こんなに厚くても、シャリとしっかり合ってて、すごく美味しい。


f0232060_0504262.jpg















続いて、トロ


シャリよりネタの方が大きい、こんな厚みのトロを食べれるのはココだけ。


泣ける旨さ。


f0232060_0521878.jpg














ヒラメと、九州阿久根のたい


f0232060_0533616.jpg


f0232060_0535445.jpg















苫小牧のホッキ貝に、青森の赤貝


f0232060_0545824.jpg


f0232060_0551345.jpg















天草の天然車海老と、北海道のイクラ


f0232060_056491.jpg


f0232060_0561660.jpg














とても美味しい江戸前の煮穴子と、かんぴょうで終了。


f0232060_0565793.jpg


f0232060_057582.jpg














デザートは、


マスカットオブアレキサンドリア晴王と、


ネクタリンと桃の掛け合わせた果物。


なんと、1粒500円もするブドウ。


めちゃくちゃ甘くて、とっても美味しいーーー!!


f0232060_0591694.jpg










最後のデザートまでスペシャルな「ボブ寿司」。


満員御礼、予約過多で、


特別に入れてもらって、それでも次の予約は来年5月。


今から待ち遠しい。












by meshi-quest | 2018-11-13 08:08








仲の良い翻訳会社さんと会食で、


駒澤大学にあるナポリ料理店「ナポリスタカ」へ。


その翻訳会社さんで働いているナポリ出身の人が


「本場に近い美味しい味」と絶賛してるとのことで、期待が高まる。


f0232060_1641555.jpg


f0232060_16411844.jpg


f0232060_16413784.jpg













まずは、前菜の盛り合わせから。


ボリュームが多いとは聞いていたが、本当にものすごい量で驚く。


ナポリのもちもち揚げパン・ゼッポリーネやチキンのマリネなど。


f0232060_1645448.jpg


f0232060_16452820.jpg


f0232060_16454353.jpg


f0232060_1646532.jpg












2品目は、ヤリイカのフリット。


カラッと揚がっていて、とても美味しい。


f0232060_1647525.jpg












3品目は、ポルチーニ茸のクリームパスタ。


太いマカロニのような独特のショートパスタに、


濃厚なクリームソースがよくからむ。


f0232060_16484268.jpg












4品目は、「ドンサルヴォ」という、


「ナポリスタカ」名物の星型ピッツア


可愛いだけでなく、チーズもトマトもたっぷりでとても美味しい。


見た目以上に生地も厚くボリュームあるので、これだけでだいぶお腹いっぱい。


f0232060_14571142.jpg











5品目は、デザートの盛り合わせ。


ティラミス、バニラとイチゴのジェラート、カシスのムースなど。


個人的には、イチゴのジェラートがお気に入り。


f0232060_150122.jpg


f0232060_1502445.jpg


f0232060_150457.jpg


f0232060_15173.jpg







普通のイタリアンとはちょっと違った、


ナポリ本場のイタリアンを楽しみたい時にはぜひ。






■「ナポリスタカ 駒場店」
http://napolistaca.jp/index.html







by meshi-quest | 2018-11-03 08:06








沖縄出張


いい天気だ。


このまま国際線のゲートに駆け込んで、どこか飛んでいきたい気分だ。


f0232060_1482086.jpg













いかん、いかん!出張だった・・・!


仕事を済ませて午後からの出発だったので、


羽田空港でランチ物色。


どこも混んでて並んでいたので、エスカレーター登って4階の


レストランフロア端っこにある居酒屋「黒長兵衛」へ。


f0232060_1492188.jpg














表向きは居酒屋ということもあり、


エスカレーターで4階ということもあってか、


ここは空いてて、すぐ入れた。


お店は鰻をウリにしていたのだが、鰻気分じゃなかったので、


いも豚の炙り定食(2000円)を注文する。


f0232060_1411508.jpg














空港価格の2000円は仕方がないにせよ、


うーん、あまり美味しくなかったなあ、残念。


豚も硬かったし、味もイマイチ。


鰻にしなかった罰なのだろうか・・・(泣)。


f0232060_14181957.jpg














若干ランチに傷心しつつ、その足で大好きな「KIHACHI」に向かう。


第二ターミナルは「KIHACHI」があるから、好き!


そして、「KIHACHI」のソフトクリームが大好き!!


f0232060_14221788.jpg


f0232060_14225040.jpg














「KIHACHI」のソフトクリームのおかげで機嫌よく搭乗。


そもそも13:30以降の午後便であっても、


軽食じゃなくて、ちゃんとランチを出してくれれば、


ランチ食べなくても済むのに・・・。


f0232060_14262296.jpg


f0232060_14263270.jpg


f0232060_14264781.jpg


f0232060_14265767.jpg











フライト代金はそんな変わらないのだから、


ビュッフェスタイルとかにして、


食べる人、食べない人が好きなもの選べる形でいいので、


ご飯出して欲しいなあ(激しく希望)。







■ANAの時間帯とその提供食事内容
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/inflight/guide/premiumclass/meal/index1.html





■「黒長兵衛」
https://kiwa-group.co.jp/kurocho_haneda/







by meshi-quest | 2018-10-27 08:03
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ