人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 438 )










年始のご挨拶でも書かせていただいたのだが、


年末年始に色々とあり過ぎて(泣)、


自宅で籠って作業しようもんなら爆発しそうだったので、


新年は都内のホテルにエスケープをすることにした。













まるで絵葉書かのような


大きくて美しい東京タワーが目の前で見れる場所。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1444397.jpg
















そう、以前「メシクエ」にて


完全保存版ホテルクラブフロアの楽しみ方という記事を書かせていただいたが、



費用対効果を考えると都内No.1だと思っている


ザ・プリンスパークタワー東京


クラブフロアにお世話になっていた。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14451313.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14453282.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14454222.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14463663.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14465416.jpg















今回年始にザ・プリンスパークタワー東京の、


かつ、クラブフロアを選んだにはいくつか理由があった。






①2020年は東京五輪があるので、

東京に深く関わるものを見ながら新年を過ごしたかった。




②お隣が増上寺なので、初詣に行きやすい。





③年始は休みになるレストランやカフェが多いので、

ずっとご飯があって、混まずにゆっくり過ごせる場所の確保が必要。





温泉に入りたかった。

→パークタワーの地下には天然温泉があり、クラブフロアゲストは自由に使える。











これらの条件を満たせるところとしてパークタワーホテル一択で決まった。













ラウンジでウエルカムドリンクをいただく。


東京タワーにピントが合ってしまったw。


眼下には増上寺があり、初詣客がいっぱい見える。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1457872.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_14571921.jpg















年始はやっているお店が少ないので、


わずかやっているお店はたいてい激混みしてて、


ここパークタワーの1階のカフェやレストランも行列が出来てたが、


クラブフロアは優雅で、静かで、仕事や考え事をするには最適だった。


10時~17時半まではカフェタイムで、


ホテル1階のパティスリーで作っている美味しいお菓子やパン、


軽食やドリンクなどが食べ飲み放題になっている。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_151032.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1513086.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1513972.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1514872.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1515624.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15242.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_152126.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1521963.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1522761.jpg
















「ザ・プリンスパークタワー東京」のドリンクコーナーには、


私が大好きなドイツの高級ブランド


ロンネフェルトの紅茶が置いてあって、


個人的にそこもポイントが高いw。


ワインやウイスキーは17時半以降じゃないと出ないが、


ビールなどはカフェタイムから飲み放題で常備されている。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1544333.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_156187.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_156987.jpg














優雅なカフェタイム。ふー。


ちなみに、クラブフロアのイチゴのデニッシュがとても美味しい。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1571115.jpg















クラブフロアゲストルームはこんな感じ。


残念ながら東京タワー側の部屋は取れなかったが、


それでも朝は富士山が遠くに見えて、中も広々としてる。


ちなみに、年末年始は金額が通常のクラブフロア料金の2.5倍くらいになるが、


それでも食事含めてかなりの恩恵があるので、自分へのお年玉としてw。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15103789.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15105511.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1511473.jpg














いい感じに夕方になってきたので、


歩いて増上寺へ行き、初詣


お賽銭前も溢れかえるくらいの行列を覚悟していたが、意外と空いててビックリ。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15123514.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15125550.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1513575.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15131635.jpg














になった。


夜の東京タワーも美しい。凛としている。


こんな綺麗なタワーをずっと見れるのだから、クラブフロアはありがたい。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15152485.jpg
















17時半~19時半まではカクテルタイムで、


クラブフロア専属のシェフが出てきて、


焼き立てのステーキなどが振る舞われる。


お酒もワインやウイスキーなど各種アルコールが揃う。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15183475.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15191940.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15194299.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15195343.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15201061.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15204042.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15205155.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1521191.jpg















赤ワインを飲みながら、ステーキや軽食をいただく。


色々とつまんでると、かなりお腹いっぱいになるので、夕食も食べれてしまう。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15221674.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1522262.jpg














19時半~10時まではナイトキャップとなり、


アルコールにチョコやデザートなどお休み前のちょっとした飲みタイムになる。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1524327.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15244516.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15245342.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_152555.jpg















20時以降は、東京タワーが変化するらしい。


こんなカラーになってるとは・・・、知らなかった。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15231943.jpg
















になった。


次の日もよく晴れて、今日も東京タワーが美しい。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15263287.jpg
















7時~10時までがブレックファストタイム


朝食もクラブフロア専属シェフが出てきて、


卵料理だけでなく、なんと朝からステーキを焼いてくれる。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15282132.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15283851.jpg
















「ザ・プリンスパークタワー東京」のクラブフロアの朝食は、


すごく内容が充実してて、種類も豊富で、とても素晴らしい!


よくあるホテルの朝食メニューはもちろんのこと、


湯葉のキャビア乗せ、鯛のオーブン焼き、煮込みハンバーグまで揃ってる。


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15305260.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15313062.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15314069.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15315556.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15321181.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15322179.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15323944.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15325323.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1533215.jpg















朝食をモリモリ食べて、良い一日を。


チェックアウトが12時でゆっくりできるので、


ご飯食べた後に、地下の天然温泉でお風呂に入る、なーんて贅沢も可能!


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_1536533.jpg


赤羽橋「ザ・プリンスパークタワー東京」に泊まる。_f0232060_15361248.jpg










旅のためだけのホテルではなく、


都内に住んでてもたまには気分を変えて


あえて都内のホテルでのんびりとするのもいい。


2020年、良い年になりますように。











■「ザ・プリンスパークタワー東京」
https://www.princehotels.co.jp/parktower/











by meshi-quest | 2020-01-07 08:08









明けましておめでとうございます。


2020年、令和2年になりました。











・・・というか、「2020年になったようですね」が本音で(笑)、


年末のご挨拶にも書かせていただいた通り、


結局、色んなものと戦いながら年をまたいだので、


地続きで、年が明けた気が全くしていない今日この頃です。













皆さんは、どんな年末年始を迎えられましたでしょうか。












私は地続きになりそうなのが分かっていて、


気分的に家に籠ってるのは嫌だったので、


年始に都内のホテルにエスケープしていました。


東京タワーが目の前に見える場所で、


その様子はまた後ほどの「メシクエ LV34」でも書かせていただくとして、


今年は東京五輪もあるので、


東京タワーを見ながら新年を過ごしたいなと思ってました。


よく晴れたので、大きくて、綺麗な東京タワーが見れました。


2020年 年始のご挨拶_f0232060_13233358.jpg
















初めて増上寺という都内でも有名なお寺に行き、初詣をしてきました。


東京タワーのオーラがすごかったです。


2020年 年始のご挨拶_f0232060_13271567.jpg














毎年占ってもらっている占い師さんによると、


今までの場所から飛び出て、今年の私は未知の世界へ冒険に出る年になるようで、


これまでもずっと冒険続きで、


そろそろ宿屋で寝たい気分なんですが(笑)、


なんだかまた冒険が用意されている人生のようです。













今年も「メシクエ LV34」をご覧いただき、ありがとうございます。


皆さんが毎日読んでくださることが、本当に励みになっています!


口コミでも「メシクエ」を広めていただけてるようで、


日々来てくださる方が増え、とても嬉しいです。


今年もいっぱいメシクエストをしていく予定ですので、


どうぞ応援をよろしくお願いします。










2020年1月6日



成沢理恵













by meshi-quest | 2020-01-06 08:07









今年も年末のご挨拶を書かせていただく時が来ました。


まずは、今年1年もご愛読くださり、本当にありがとうございました。


心から感謝しております。













今年は例年以上にバタバタしていて、


今、このご挨拶を書いているこの瞬間も何かと戦っている感じで(苦笑)、


なんか1年が終わる気がせず、このまま地続きで2020年に突入しそうです。


子供の頃は明確に「お正月が来たな、来るな」感があって、


同じ1日の境目でしかないのに、そこに大きな意味を感じて


生まれ変わるかのようにカウントダウンをしていた頃が懐かしいです。













来年は個人的にすでに今まで以上にハードモードになることが分かってて、


逃げられないので迎え撃つしかないのですが(苦笑)、


未知なことが多すぎて、全く対応策が打てない今日この頃。


でも、いつでも冒険心を忘れずに、


また来年も365日元気にメシクエストが出来るように頑張ります。













今年も多くの方に毎日メシクエに遊びに来ていただきました。


私の記事をを読んでくださったすべての方に感謝します。










2020年も、ぜひここでお会いしましょう。


今年もご愛読を本当にありがとうございました!









2019年12月31日

成沢理恵








by meshi-quest | 2019-12-31 08:08









メシクエをご覧くださっている皆様、こんにちは。


いつも本当にありがとうございます!











残すところ、あと1日となりました。


怒涛の令和元年もなんとか終わりそうです。


毎年思いますが、ホント1年経つのは早いなー。













今年も東京を中心に、全国各地色々と食べ歩きの冒険に行ってきました。


今年は昨年よりも出張が多かったこともあり、


東京以外でのメシクエも色々とさせてもらった一年でした。












では、今年も、


年末恒例となりましたメシクエが超勝手に選ばせていただく、


2019年ベストレストラン『メシュラン2019』


発表させていただきたいと思います!!(以下、順不同)














■京都「一の傳 本店」





メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_1131661.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_1135833.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_114686.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_113423.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_1141011.jpg













「メシクエ」のようなサイトを書いてると、


よく色んな人から「最後の晩餐」の質問を受けるのだが、


まだ最終的に決まってないけど、


確実に京都「一の傳 本店」の銀だら西京焼き


白米と赤出汁のセットは私の中の候補の1つ。


西京味噌の漬かり具合といい、焼き加減といい、本当に最高。


色んなところで西京焼きを食べるけど、「一の傳」はホント美味しい。














■広尾「熟成鮨 万」





メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11113051.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11113646.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11114329.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11114943.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11115480.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_1112423.jpg












オープン一年でミシュランを獲得した白山大将の「熟成鮨 万」。


ネタの切り方、にぎりのフォルム、どれをとっても本当に美しく、


気が遠くなるほどの下準備と工程を経て出される熟成鮨は、


色んなお店で食べてきたけど、やっぱりどこにもなくて唯一無二。













■京都・祇園「祇園びとら、」






メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11284748.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11285242.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_1129577.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11291694.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11302247.jpg


メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』_f0232060_11303574.jpg












今年京都では一番お邪魔させてもらった創作フレンチレストラン。


お客さんの目の前で盛り付けたり、焼いたり、


目でも鼻でも料理を楽しませてくれて、


他のフレンチではなかなか出してくれないような


食材や調理法の料理を出してくれるので、いつ行っても飽きない。











特に、〆のバターと出汁で炊いた3色の大根ご飯が絶品で、


〆のご飯は本当は毎月変わるので大根ではないのだが、


大根ご飯が美味しすぎて、毎回特別に大根ご飯でお願いしてる。


大根がこんなにご飯と相性良くて、美味しいと思わなかった。絶品。


また来年も大根ご飯を食べたいw。












以上、メシクエが選ぶベストレストラン『メシュラン2019』でした!!











by meshi-quest | 2019-12-31 08:07









半蔵門駅と麹町駅の間にあるビストロ


「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」でランチ。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_1461195.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_146204.jpg













「ブレインストーミング」の名前の通り、


半蔵門、麹町というビジネス街にあってか、


仕事しながらの食事をコンセプトにしていて


店内に個室の会議室があったり、気兼ねなく仕事ができるのが新しい。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_148473.jpg













鳥取和牛のハンバーグと


鳥取県産ズワイガニを使った


クリームコロッケのランチ(1800円)を注文。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_1495916.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14103470.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14105153.jpg













食後のデザートとドリンク。


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14113927.jpg


半蔵門「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」へ行く。_f0232060_14115027.jpg










正直味は普通で、ボリュームは少なめ、値段は少し高めなので、


あとは堂々と仕事ができるという部分をプラスαでどう取るか、かな。








◼︎「半蔵門ビストロ ブレインストーミング」
https://www.bistro-brainstorming.com/










by meshi-quest | 2019-11-02 08:05









食通の知人にご招待いただき、


板橋にあるの名店「鮨 まつ本」で貸し切りグルメ会。


JR板橋駅から近く、


お店は7席でいっぱいくらいのこじんまりとしてて、


明るく楽しい大将山本さんと奥さんで切り盛りするアットホームな鮨屋さん。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16162956.jpg
















日本酒の品揃えがすごいと伺ってたが、


十四代の最高級ラインに始まり、


新政、而今、黒龍などの有名日本酒から、


大将が探してきた各地の鮨に合う銘酒まで噂以上の品揃えだった。


色々と悩んだ末、ラベルがかわいい雪男の日本酒を1杯目にいただく。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16214844.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16222556.jpg
















「鮨 まつ本」は大将のおまかせコースが基本で、


にぎりとつまみが交互に出てくるスタイル。


まずは、シンイカのにぎりから。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16235232.jpg
















次に、松茸根三つ葉のお浸し。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16244886.jpg















こはだサンマ


今年はサンマが不漁だと聞いたが、このサンマはとても美味しかった。


サンマの上には肝を焼いたものが乗ってる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16261095.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16262527.jpg















本ししゃも


スーパーで売ってるししゃもと味も香りも大違い。これぞ本物。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16271249.jpg
















アジのにぎりと毛ガニ豆腐


この毛ガニ豆腐、カニ身がぎっしり詰まってて、


濃厚でめちゃくちゃ美味しかった!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1628468.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16282294.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16284635.jpg
















卵を乗せたボタン海老のにぎりと戻り鰹


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16291943.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16293553.jpg

















軽く炙ったホッキ貝のにぎりと蒸し黒アワビ


黒アワビはをたっぷり味わえるように、


後から小さなシャリを入れて、肝飯にしてくれる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1631487.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16311970.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16312789.jpg















キンメの炙りにぎりとメヒカリの一夜干し。


どちらも脂ノリノリで、濃厚で、すごく美味しい!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16322982.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16324437.jpg
















口直しにサッパリと富山の白エビを挟んで、


いよいよ登場!


2週間熟成させた赤身中トロ。最高。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16344761.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1634397.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16355729.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16351693.jpg
















鱈の白子ポン酢とのどぐろの巻物。


のどぐろ、めちゃくちゃ美味しい!!


脂が海苔を貫通してくるくらい、脂乗ってる。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16373952.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16375511.jpg















ここまでどれも絶品だったが、


本日の最強と言っても過言ではないカワハギ


中には濃厚なカワハギのもたっぷりサンド。


泣ける旨さ!!!


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16401785.jpg
















イクラウニのミニ丼ぶりに、


手ガニの茶碗蒸し。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16413511.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1642432.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16421261.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16422026.jpg















フワッフワの煮穴子


口の中でホロッととろける。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_164372.jpg
















最後は、ネギトロ巻


これでもか!というくらいネギトロ入ってて、


食べてる間に海苔の間から出てくるくらいw。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16442492.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16443379.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16444119.jpg
















〆のもものすごく美味しかった。


甘さ控えめな上品な玉子ケーキを食べている感じ。


2層になってて、


フワフワのスフレ部分とカスタードのようなトロッとした部分があり、


これはここだけでしか味わえない美味しい玉だった。


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16464613.jpg


板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_1647242.jpg
















ほうじ茶プリンまでいただいて、


こんなに高級で美味しい鮨とつまみを食べまくったので、


いくらになるのかと思ったら、あまりの安さに正直驚いた。


板橋という場所柄もあるのだろうけど、


東京の中心繁華街でいただくお鮨の1/3くらいのお値段。


この味とボリュームをこの値段で出されてるのでれば、


きっとすぐに予約困難店になるだろうな・・・。


素晴らしい鮨屋さんだった。



板橋「鮨 まつ本」へ行く。_f0232060_16503257.jpg











■「鮨 まつ本」
https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13185463/











by meshi-quest | 2019-10-31 08:08









全国で複合型高級レストランを運営するXEXグループの


クルージングパーティーに招待いただき、


お邪魔させてもらった。


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13122728.jpg















天王洲にあるTHE CRUISE CLUBを貸し切り、


料理やおもてなしをXEXグループが行うパーティーで、


XEXグループ会員や一般など100名近い方が参加した。


10月にオープンする元SMAP稲垣吾郎さんのお店も


XEXグループプロデュースなのだが、そんな告知などもあった。


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13153629.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_1315458.jpg















まずは、クルーズの前にビュッフェ式の食事。


船の上で食べるのかと思ったが、


船では夜景をしっかり楽しめるように先に食事をするようだ。


料理は同じくXEXグループの


「SALVATORE CUOMO」(サルヴァトーレ・クオモ)が


イタリアンなパーティー料理を用意していた。


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_1320054.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13201648.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13202413.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13203236.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13205626.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13211497.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13212186.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13212843.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13213680.jpg















デザートはこんな感じ。


クルージングも楽しみではあるが、


やはりXEXレストランのパーティーということで、


料理にも期待はしていたところ、よくあるパーティー料理で、


味もディナーの「SALVATORE CUOMO」より全体的に落ちてる印象。


ちょっと残念だった。


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13243965.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13245850.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_1325697.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13251488.jpg















食事も終わり、いざLADY CRUISE号で東京湾へ出航!!


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13263815.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13271058.jpg















久しぶりに船に乗ったなー。


東京って、綺麗だな



XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13304132.jpg


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13305339.jpg
















実は、船が苦手で(苦笑)、


車や電車や飛行機は全く平気なのだが、


小さな揺れる船は一発KOで、船酔いをしてしまう。


屋形船とかかなり危険。


だが、東京湾が穏やかというのもあり、


また、このLADY CRUISE号が大きく静かなのもあって、


全然平気で、すごく楽しませてもらった。


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13314368.jpg














なかなか見れないレインボーブリッジ裏側


東京生まれ、東京育ちなのだが、


なかなか東京を改めて見るような機会がなくて、


東京っていいなと思える1日だった。


XEXクルージングパーティーへ行く。_f0232060_13342521.jpg













■XEXグループ
http://www.xexgroup.jp/





■THE CRUISE CLUB
https://cctokyo.co.jp/












by meshi-quest | 2019-10-08 08:05







ご縁があって、初めて千葉県の南部、御宿(おんじゅく)という場所に来た。


近くの御宿海岸は、童謡「月の砂漠」の発祥の地だそうで、


「アジアの美しいリゾート地のような白い砂浜が広がってる」と聞き、


「またまた〜〜!」なんて、ちょっと侮っていたら、


サーセン!!!本当に綺麗で、素敵な海岸で驚いた。


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_2038344.jpg













千葉にこんなのどかで、いい海岸があるんだな。


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_2038449.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20391066.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20392253.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20393411.jpg













さて、ランチにせっかくなので海鮮を食べようと、


ネットで調べて良さそうだった「白鳥丸」というレストランへ。


土産物屋も併設してて、観光地っぽいレストランだが、


清潔感もあり、雰囲気も良く、広々としてて良かった。


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20421056.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20422062.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20423147.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20424165.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20425385.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_2043863.jpg













ちょっと遠出すると、


子供のようにウキウキして、テンションが上がってしまうたちで、


テンション上がったついでに、胃も緩んでしまう。

地魚の刺身と西京漬け焼きの満足御膳(1950円)に、


伊勢海老の味噌汁(1000円)を付けたランチがコチラ!!


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20455567.jpg












刺身も新鮮で、西京焼きも美味しく出来てて、


観光地レストラン=高くて、イマイチではない、ちゃんとした定食がいただけた。


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20473946.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20475796.jpg













伊勢海老もドーーーン!!!!


半身丸ごと入ってて、いい出汁が出てた!


これは1000円でも頼む価値あるわ〜。


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_2049281.jpg












さらに、この日の私の胃袋はこれだけにとどまらず・・・、


焼きハマグリもドーーーン!!!


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_2050615.jpg


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_20501586.jpg












大海老フライ(1800円)も、ハイ、ドドーーーーーーン!!!


海老フライ、ここまで大きいと、先の方がパン粉でごまかされてることも多いが、


この海老は、ちゃんと先まで身があって、プリプリでめちゃくちゃ美味しかった!


海鮮大満足!


千葉・御宿「白鳥丸」へ行く。_f0232060_205321.jpg








◼︎「白鳥丸」
http://www.shiratorimaru.com/









by meshi-quest | 2019-06-30 08:08






ご招待いただき、キャピタル東急内にある高級中華「星ヶ岡」へ。


「星ヶ岡」は土日限定


高級中華オーダーバイキングをやってる。









フカヒレ燕の巣黒アワビまで、


なんと、大人11,000円で食べ放題になる!!


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_13554564.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1356222.jpg












まずは、蒸し鶏のネギソースに、大根の甘酢漬け。


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1462650.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1465532.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1471040.jpg












1枚7,100円フカヒレの姿煮


この時点で、バイキングの半額以上の料理。


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1491862.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1493121.jpg












蟹肉入りフカヒレスープ


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14114412.jpg












和牛のオイスターソース炒めと蟹玉蟹爪


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14145232.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1415774.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14151951.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14153512.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14173850.jpg












アメリカイセエビのチリソースと海老のマヨネーズソース。


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14184863.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_1419122.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14191296.jpg












北京ダックと特製シュウマイ。


特製シュウマイは、


皮が厚く、肉たっぷりで、小さな肉まんのような感じ。


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14202385.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14204680.jpg


溜池山王「中国料理 星ヶ岡」へ行く。_f0232060_14205649.jpg








11,000円というこの値段で


メニューにある高級中華をここまで全て食べ放題と考えると、かなりお得。


この料理を単品で頼んでたら、それこそ、うん万円もかかってしまいそう(苦笑)。


結構一品料理だけでお腹いっぱいになってしまうのだが、


他にもご飯もの、麺もの、デザートまで食べ放題。


いろんな高級中華を気軽に色々と食べたてみたい人にはオススメ。






■「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/









by meshi-quest | 2019-06-29 08:08









寿司グルメ界では有名な住所非公開の「ボブ寿司」。


常連でも本当に予約のなかなか取れないお店になってて、


昨年お邪魔してから約半年ぶりくらい。待ってました!














まず1品目は、プリプリの新鮮な白魚から。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18241765.jpg















2品目は、前菜の盛り合わせ。


長崎の真蛸、マグロのづけ、かわはぎと穴子の煮こごり、


黒あわび、アジ巻き、イワシ巻きなど、豪華絢爛。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18264720.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_1827817.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_1827168.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18272518.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18274477.jpg















3品目は、礼文島のバフンウニと五島列島のアオリイカ


北と南の絶品食材のコラボレーション。


アオリイカのネットリ感に、ウニの甘味が溶け込んで最高!


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18294925.jpg















4品目は、巨大なふぐの白子


こんなに大きい白子が生で1人3つも来るなんてw(影に隠れてもう1個いる)。


全く臭みなく、チュルっと喉を通る感じ。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18315747.jpg
















5品目は、八戸で捕れた生のミンククジラ肉


調査捕鯨で年間捕獲量が決まってる貴重なクジラ。


生クジラ肉は、高級な赤身を食べているかのような味で、


ホント驚くくらい美味しいのだが、


その希少で、高級なクジラ肉を「ボブ寿司」ではこんなに厚切りで出すw。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18344940.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18344196.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_1835159.jpg















6品目は、足だけでも3kgあるという大きなミズダコ


海の中にこんな大きなタコ見たら、モンスターだと思うだろうな・・。


旬のミズダコは、身もさることながら、吸盤がめちゃくちゃ美味い!!


このみずみすしくて、コリコリした触感はクセになる。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18391860.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18393171.jpg















ここから、いよいよにぎりへ。


「ボブ寿司」名物のシャリより大きなトロw。


普通はこんなな大きさの脂乗ってるトロを食べたら、


胃がもたれたりしてしまうのだが、


シャリの味、バランス、握り方、全てが完璧なので、


ただただ「美味しい!」だけが残る、ホントすごいにぎり。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18422421.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18424134.jpg















お腹に近い大トロの部分も、この大きさ!


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_1843822.jpg
















ヒラメタイキンメの白身もこの大きさ!!


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18441991.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18442841.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18443630.jpg















ホッキ赤貝もめちゃくちゃ大きくて、甘くて美味しかったな。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18455029.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_1846398.jpg















大きな車海老と特製の穴子


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_1846529.jpg


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_1847109.jpg















相変わらず、寿司愛をたっぷり感じる、唯一無二のお寿司だった。


正直家からはかなり遠いけど、そんなことも気にならず、


「ボブ寿司」だけのために足を運んでしまうくらい美味しい。


次の予約を入れてあるので、次回が待ち遠しいな。


住所非公開「ボブ寿司」へ行く。_f0232060_18484939.jpg














by meshi-quest | 2019-06-27 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ