カテゴリ:未分類( 405 )









グルメな知り合いからのお誘いで、


住所非公開、会員制焼肉「サトーブリアンJr.(ジュニア)」で貸し切りランチ。


ここは、阿佐ヶ谷にある予約困難大人気焼肉「サトーブリアン」の特別姉妹店。


目印はこの「佐藤」の看板のみw。


f0232060_12143581.jpg













店内は、ボックス席のテーブルが5つほどあって、


各テーブル6人くらい座れるようになってる。


雰囲気は、本店「サトーブリアン」と似ている感じ。


f0232060_12164374.jpg


f0232060_12165539.jpg


f0232060_1217722.jpg












本日は美味しい肉がいっぱい出てくるので、


早速赤ワインをボトルで、昼から宴会モード。


f0232060_121888.jpg


f0232060_12182849.jpg













まず1品目は、ビーフシチュー


大きな牛肉がゴロっと入ってて、まろやかな味わい。


f0232060_12192579.jpg













2品目から焼肉スタート!


牛タンハラミ


牛タンも、ハラミもめちゃくちゃ分厚くて、美味しい!!


f0232060_12212574.jpg


f0232060_12213734.jpg


f0232060_1221477.jpg


f0232060_1221566.jpg


f0232060_1222584.jpg













3品目は、かいのみしんしん


これもジューシーで、すごく柔らかい。


ちなみに、スタッフが焼いてくれるので、焼き加減も抜群。


f0232060_1223345.jpg


f0232060_12235781.jpg


f0232060_12241090.jpg













4品目は、箸休めのきゅうり


f0232060_122434100.jpg













5品目は、宮崎牛のヒレ


ヒレは2種類で、「ヒレミニヨン」というヒレの希少部位も!


f0232060_12255184.jpg


f0232060_1228685.jpg


f0232060_12281874.jpg












この宮崎牛の2種のヒレは、たれ焼きをして、


なんと、たまごを付け、ご飯の上に乗せて、すき焼き風の丼ぶりに!


たまごは「つまんでごらん」という、


手で黄身がつまめてしまうほどしっかりした新鮮な卵。


これは、幸せーーーーー!!


f0232060_12311037.jpg


f0232060_12311940.jpg


f0232060_12312749.jpg












6品目は、箸休めのトマト


f0232060_1232678.jpg













7品目は、こんな感じ。


・・・というか、このあたりから食べる方に意識が行ってて、


名前を失念してしまう痛恨のミスw。


f0232060_1234846.jpg













8品目は、「サトーブリアン」名物のブリ飯


シャトーブリアンというヒレの中央部にある最高希少部位を


ウニと共にご飯に乗せていただく、サトブリならではの丼ぶり。


ああ、口の中でトロける、言うこと無しの美味しさ・・・。


f0232060_12362242.jpg


f0232060_12364493.jpg


f0232060_12365151.jpg


f0232060_12365960.jpg













9品目は、牛のカツサンド


パンも特注で、このカツサンド、ホント美味しかった!!


f0232060_12381461.jpg


f0232060_12382227.jpg












10品目は、たっぷりお肉のボロネーゼ


見た目よりサッパリしてて、ペロッと食べれてしまう。


f0232060_1239462.jpg













最後は口直しのアイスで終了。


常連さんの特別会なので、いつもよりも品数も、内容も豪華。


サトブリ堪能、素晴らしい肉会だった!


f0232060_1243978.jpg















by meshi-quest | 2018-05-25 08:08








寿司グルメ界では有名な住所非公開の都内某所「ボブ寿司」。










私の周りに「ボブ寿司」の噂を聞いて、


「ぜひ行きたい!!」という方が多く、


今、順番に色んな方をお連れして、紹介していたりする。


本日も知り合いの鮨好きな方をお連れして、


大将の仕事を一番近くで見れる横奥席にてメシクエスト。


f0232060_19413671.jpg












1品目は、白魚から。


お酒は持ち込み制なので、


まずは私が持ち込んだ群馬県永井酒造の「水芭蕉」から。


スッキリ辛口で、水のようにサラッとしてて飲みやすい。


f0232060_19442812.jpg


f0232060_19443727.jpg












2品目は、白海老


白海老が好きなので、こんなにたっぷり食べれるのは嬉しい。


f0232060_19451998.jpg













3品目は、「ボブ寿司」名物の6種の前菜盛り合わせ。


エゾあわび、カニ爪、あわびの肝の佃煮、


岡山の子持ちしゃこ、すじこの醤油漬け、イカゲソの酢味噌と、


超豪華な上、高級食材をものすごいボリュームで出すのが「ボブ寿司」流w。


f0232060_1948618.jpg













4品目は、ヒラメのウニ巻き


ヒラメでウニを巻いてしまう豪華さもさることながら、


この巻かれているウニの量がまたすごい!


f0232060_19501478.jpg


f0232060_19502713.jpg












5品目は、三重県のサバと、福島県のイワシ


ツヤツヤしてて見た目ですでにイイモノであることが分かるが、


実際食べても、脂が乗ってて、めちゃくちゃ美味しかった。


f0232060_19514839.jpg













6品目は、貝尽くしの一皿。


襟裳の青柳、知多半島のトリ貝、有明のたいら貝


大将によるたいら貝講義付きw。


f0232060_19541362.jpg


f0232060_19543735.jpg


f0232060_1954217.jpg













7品目は、津軽海峡噴火湾のサクラマス


サクラマスは、マスではなく、の仲間で、


高級で上品なトロっとしたサーモンという感じ。


そんなサクラマスをこんな厚切りでいただけるとはw。


これもすごく美味しいなあ、鮭と酒が進む。


f0232060_19572824.jpg



f0232060_19591260.jpg














ここらか、いよいよ待望のにぎりへ。


紀州和歌山の1週間寝かせた中トロ


めちゃくちゃ美味しいのは言うまでもなく、


この美味しい中トロがこのサイズと厚みで食べれるのが幸せ。


f0232060_2011396.jpg












大トロだって、この厚み!!


f0232060_2014088.jpg













阿久根のと、下田のキンメ


f0232060_2023516.jpg


f0232060_2025446.jpg












熊本の天然車海老と、駿河のさより。


f0232060_2034490.jpg


f0232060_2035640.jpg












北海道のほっき貝と、赤貝。


f0232060_2044538.jpg


f0232060_2045640.jpg













愛知県知多半島のこはだと、東京湾の穴子。


f0232060_2053086.jpg


f0232060_2053728.jpg












最後は、今年初になる山形のさくらんぼ佐藤錦と、完熟みかん。


果物まで全く手抜きがなくて、最後の最後まで美味しい。


f0232060_2071257.jpg














by meshi-quest | 2018-04-19 08:08








南阿佐ヶ谷にある中華の名店「オトノハ」でランチ。


覚悟はしていたけど、開店前からもう行列w。


f0232060_1929217.jpg













いくら行列したって、席数少ない小さな店内で相席になろうとも、


やっぱり「オトノハ」の中華は美味しくて、


ディナーもいいけど、気軽にその味が食べれるランチは外せない。


f0232060_19305930.jpg













いつもの麻婆豆腐定食を。


今日の小鉢は、骨付きから揚げ


なんだか、から揚げ付きなんて、得した気分。嬉しいな。


f0232060_19322034.jpg


f0232060_1932336.jpg













「オトノハ」の麻婆豆腐は、


すごくコクがあって、ご飯が止まらなくなる味。


甘すぎず、辛すぎず、花山椒がきつすぎず、すべてがバランス良く、ちょうどいい。


何度食べても、しみじみと美味しいと思う麻婆豆腐。


f0232060_1934096.jpg













別注のデザートは、


これまたお気に入りの金木犀の杏仁豆腐


すごく華やかで癒されるいい香りがして、大好き。


f0232060_19353662.jpg











■「オトノハ」
http://otonoha.info/









by meshi-quest | 2018-04-18 08:08








とある晴れた日。


気分転換を兼ねて、調布飛行場に連れてきてもらった。


f0232060_131738100.jpg













ここ数年でやたら出張が増え、しょっちゅう飛行場には来ているが、


プロペラ機の飛行場に来るのは初めてだなー。


知らなかったけど、東京都の離島に行くにはここから乗るらしい。


さらに、私の母校である国際基督教大学とも近いらしいのだが、


大学時代にこっちに来たことが一度もなかった。


まだまだ東京にも知らない場所がたくさんあるんだな。











さて、この調布飛行場に「プロペラカフェ」という、


いかにもメシクエストにはもってこいの場所があるらしい。


ところが、看板にもプロペラカフェの場所が書かれてない上、


先に行くのを戸惑うような門番さんが立っていてw、


ここからは行けないんじゃないか・・・と思うのだが、


実は、クエストの正解としては、


この門番の横をそのまま素通りする、が答えで、この先にカフェがある。


f0232060_13222945.jpg


f0232060_1322394.jpg













というわけで、ゲームっぽいイベントをこなしつつ、


ようやくプロペラカフェに到着。


f0232060_13235689.jpg













中は、プロペラカフェというだけあって、


プロペラ機のプラモデルが並んでいたり、


カフェのオーナーさんの所有物の本物のプロペラ機が見れたり、


なんと、プロペラ機のシミュレーター体験まで出来て、なかなか楽しい。


f0232060_1326988.jpg


f0232060_13261871.jpg


f0232060_13262764.jpg


f0232060_13264076.jpg


f0232060_13265243.jpg











ランチは、色んなメニューがあって、


カフェの名前を看板にしたプロペラバーガーや、


f0232060_13281578.jpg


f0232060_13282448.jpg













ハンバーグなどもあり、飛行場のカフェと聞いていたので、


正直、味はあまり期待していなかったのだが、実際は普通に美味しかった。


f0232060_13293120.jpg


f0232060_13294611.jpg













カフェの窓が滑走路で、外からプロペラ機の離発着も見れたりして、


なかなか面白い独特なカフェだと思うのだが、


いかんせん、あの看板と門番さん問題をクリア出来るかが、


ここに到着できるかの最大の難関になっているような気がするw。


なので、老婆心ながら、メシクエにて本クエストの攻略情報を書き記す。








■「プロペラカフェ」
http://malibu.jp/









by meshi-quest | 2018-04-07 08:06








この度、メシクエは胃袋拡大により、レベルが34から35になりました。











嘘です(エイプリルフールです)。


変わらず、レベルは34で参りますw。





今日一日も皆さんにとって良い日でありますように!


今日も元気にメシクエするぞーーー!!










by meshi-quest | 2018-04-01 08:00








寿司グルメ界では有名な住所非公開の都内某所「ボブ寿司」を貸切。


今日も笑顔の大将ボブさんの寿司をたっぷり味わう会。


f0232060_1938083.jpg













お酒は、ボブさんの方針で、


自分たちで好きなものを飲んで欲しいということで持ち込み


1人1本以上というルールを設け、7人7本以上のワインや日本酒が勢ぞろい。


f0232060_19401547.jpg


f0232060_19403226.jpg













ボブ寿司は、大将ボブさんの完全おまかせコースのみで、


最初につまみが出て、最後ににぎりが出てくるスタイル。


まず、1品目は、青柳ほっき貝みる貝の酢味噌和え。


f0232060_1942428.jpg












2品目は、大きな蝦夷アワビとたこ。


相変わらず、高級食材が惜しげもなく、ものすごい大きさと量で出てくるw。


f0232060_1943575.jpg













3品目は、つまみの盛り合わせ。


ズワイ蟹、クジラベーコン、


アジ巻き、穴子の煮こごりなど、酒が進むものばかり!


f0232060_19461849.jpg













4品目は、熊本県産鯛のばふんウニ巻


鯛だけでも甘くて十分美味しいのに、なんと中にたっぷりウニも入ってる。


f0232060_19474858.jpg


f0232060_1948486.jpg













5品目は、青森県産赤貝青柳のお造り。


f0232060_19491430.jpg













6品目は、甘くて美味しい白えび


f0232060_19502988.jpg


f0232060_19504219.jpg











7品目は、千葉県産のサバと、気仙沼産のアジ


めちゃくちゃ脂が乗ってる!


f0232060_19521569.jpg













こんなにつまみをいただいて、ようやくここからにぎりスタートw。


まずは、中トロ


この厚さと大きさ!!


厚く大きくても、雑な味になってないのは、技術と食材の質が高いから。


f0232060_19555270.jpg












大トロもこの大きさ!!


f0232060_19561894.jpg











阿久根の美しいも登場。


すごく上品で、香りが良い。


f0232060_19573278.jpg


f0232060_19575296.jpg












天然車海老に、本みる貝、小柱軍艦。


f0232060_1959143.jpg


f0232060_19592981.jpg


f0232060_19594371.jpg












こはだに、名物のフワフワな東京湾の穴子。最後は、かんぴょう。


f0232060_2005660.jpg


f0232060_2011197.jpg


f0232060_2012989.jpg











ボブ寿司は、最後のデザートまでこだわっていて、


この完熟キンカン、今まで食べたキンカンの中で一番美味しかった。


f0232060_205243.jpg











そして、日向夏


初めて教えてもらったのだが、日向夏はわさび醤油と相性が抜群らしく、


「騙されたつもりで!」と言われてやってみたが、本当に美味しくて驚いた。


おそらく非常に甘くて香りの良い日向夏であることもあると思うが、


わさび醤油はおすすめしたい食べ方。


f0232060_2071159.jpg


f0232060_2072458.jpg











私があまりにも完熟キンカンと日向夏に感心をしていたので、


こんなにお土産までいただいた。


いつもありがとうございます!


またぜひお邪魔させていただきます!!


f0232060_2084244.jpg












by meshi-quest | 2018-03-14 08:08








この度、13年住んでいた家を引っ越すことにした。










自分からだと作れなかった『きっかけ』をもらって、


なんかその『きっかけ』に乗ってみようと思って、


そう思った時には、完全に頭も心も引っ越しモードになってて、


このままずっとここに住むんじゃないかと思うくらい


根が張った町と家だったけど、動いてみることにした。












13年は、長い。


この歴史が家の至る所にたっぷり残りすぎてて、


荷物の整理含めて、私だけでは到底引っ越し作業が出来そうもなかった。


あと、そんなに住居をしょっちゅう変える人じゃないので、


滅多にないこの機会に、大胆なことをしてみようと思い、


実は、我が家の内装をプロのインテリアコーディネーターさんを招いて、


彼女の相談をしながら、部屋の設計や家具の購入をすることにした。











あまり他の人には言ってなかったが、


かなり長い間準備をして、設計図や見積もりとにらめっこして、


おそらくこの記事が世に出ている頃には新天地に引っ越してる時だが、


きっと今までとはまた違う、楽しい生活を送ってるんじゃないかと思う。











今回の引っ越しでは、住んでいた家の家具をほとんど捨てて、


前から好きだった味のある古道具、古家具と言われるような、


いわゆるアンティークを家の中に置きたくて、


コーディネーターの彼女の紹介で実にいろんなお店を実際に見に回った。


f0232060_13554199.jpg


f0232060_13555547.jpg


f0232060_13561689.jpg


f0232060_13563119.jpg











大量生産のものと違って、すべてが一点モノであり、


出会いも、それと一緒に暮らしたいかの相性も大事。


外苑前、自由が丘、目黒、二子玉川、遠い時には青梅や福生まで行った。


おかげで、この数ヶ月でだいぶ家具に詳しくなった。











その彼女との家具巡りの旅の間で出会った


「CASICA(カシカ)」という古家具、古道具店。


倉庫のような大きな店舗だが、めちゃくちゃオシャレで、素敵だった。


f0232060_13595174.jpg


f0232060_140746.jpg


f0232060_1401934.jpg












当然、店内では古家具や古道具を売っているのだが、


オシャレなカフェも併設していて、


デリ形式で小皿で好きなものを選ぶランチが食べれる。


f0232060_142381.jpg


f0232060_1421229.jpg












ちょっとしたところにも、古道具や古家具が使われてて、オシャレ。


f0232060_143788.jpg












ランチは、並んでいる大皿から好きなものを3品選んで、


ご飯とお味噌汁が付いて1200円。


おかずは、プラス300円で追加もできる。


メニューが豊富で、どれも美味しそうで、悩んだ末、1品足して4品に。


f0232060_14115791.jpg











小松菜と油揚げの醤油麹出汁漬け。


最近かなり注目を浴びている醤油麹。


味がしっかりしてるので、ちゃんと白飯のおかずになるお浸し。


f0232060_14125016.jpg











鱈と馬鈴薯のグラタン。


優しくて上品な味わいの和風グラタン。


f0232060_14142464.jpg












のはちみつマスタードグリル。


これは、ご飯が進む味!


f0232060_14152881.jpg












最後は、鶏とプチトマトのココナッツアドボ


ココナッツ風味のシチューのような感じ。


パクチーも入ってて、エスニックな味わいで、ご飯が進む。美味しくできてる。


f0232060_1416942.jpg













食後に、和漢チャイを。


「和漢」というだけあって、いわゆるチャイより、


少し薬膳っぽい香りがして、体に良さそうな風味がする。


f0232060_14182349.jpg












家具を見るだけでなく、カフェだけでも十分楽しめるお店。


ちょっと遠いのでなかなか来れないけど、また機会があれば来てみたい。







■「CASICA」
https://casica.tokyo/









by meshi-quest | 2018-01-16 08:08








ご招待いただき、ザ・キャピトルホテル東急の中華レストラン、


「星ヶ岡」でディナー。


ここは、土・日・祝限定で、


都内で有名な高級中華オーダーバイキングをやってる人気店。


f0232060_1213131.jpg


f0232060_1214245.jpg


f0232060_122320.jpg













平日は、通常のホテル中華レストランとして営業しつつ、


土日祝は、高級中華オーダーバイキング目当てで


入口まで人が溢れている人気っぷり。


ちなみに、完全予約制で、予約ですぐ満席になる。












この「星ヶ岡」のオーダーバイキングが


なぜここまで人気かというと、


たとえば、このグランドメニューの


8400円フカヒレの姿煮


f0232060_12113128.jpg













これも注文すると、クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!


f0232060_1272270.jpg












オーダーバイキングのお値段が大人12,000円なので、


このフカヒレ姿煮を頼んだ時点で、2/3以上、元が取れてしまう。


そして、通常メニュー用のちゃんとしたフカヒレなので、


言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しい!!


f0232060_12101637.jpg













こんな感じで、普段だとなかなか手が出ないような高級中華を、


蒸し鶏や蒸し豚の前菜から、


f0232060_1213520.jpg


f0232060_12132547.jpg


f0232060_12133463.jpg












海老のチリソースやフワフワの卵白揚げなどの海老料理、


f0232060_12152368.jpg


f0232060_12153969.jpg












蟹身たっぷりのフカヒレスープに、


蟹爪揚げなどの蟹料理、


f0232060_12164118.jpg


f0232060_12165135.jpg













和牛のオイスター炒めや、茄子とひき肉の炒めなどの肉料理、


f0232060_12173234.jpg


f0232060_12174250.jpg












シュウマイ、餃子など、皮が厚めの本場中国式の本格点心、


f0232060_12184121.jpg


f0232060_12185027.jpg













最後は〆の麻婆豆腐にチャーハンまで、


グランドメニューにあるものがすべて好きなだけ注文できてしまう。


f0232060_12193577.jpg


f0232060_12194698.jpg












食材も高級なものを使っていて、味も美味しく、


ちょっと高級な中華で数皿頼んだ時点で、


これくらいの値段行ってしまうことを考えたら、


これだけ好きなものを食べれて12,000円はお得。











ちなみに、デザートもオーダーバイキングで注文できたのだが、


今回は特別にサプライズがあって、デザートは頼まずに、


同じ館内の「キャピトルバー」に移動。











まさかのホールケーキが出てきて、テンション上がる!


HAPPY BIRTHDAYはあれど、


HAPPY NEW YEARのチョコプレート見たのは初めてかもw。


f0232060_12253190.jpg








去年の年末に疲れ果ててた私を見かねた方からのサプライズプレゼント。


ご招待いただき、本当にありがとうございました。












ちなみに、


お茶が好きすぎて台湾やスリランカまで行った私が、


こよなく愛しているロイヤルブルーティーという


ワイングラスで飲む最高級茶があるのだが、


この『キャピトルバー』はこのロイヤルブルーティーを3種も常備してて、


しかも、グラスで飲ませてもらえる!!


f0232060_12295822.jpg













これ、お茶マニアにはたまらない話なのだが、


このマニアックなお茶が3本が常備されていることもなかなかない上、


開栓すると香りが飛んでしまうので、


ボトル売りしかしてくれないところが多い中、グラス単位で飲めるのがレア。











さらにちなむと、ロイヤルブルーティーの中でも、


私は個人的にこのFallin in Loveという名前のお茶が大好きで、


お茶の概念がひっくり返るくらい美味しい。


初めて飲んだ時の衝撃を今でも覚えてるほど感動するので、


お茶に興味があり、これに遭遇することがあったら、


ちょっと高いけど、ぜひ飲んでいただきい一品。


f0232060_12395081.jpg












■「星ヶ岡」
https://www.capitolhoteltokyu.com/ja/restaurant/hoshigaoka/




■「ロイヤルブルーティー」
http://www.royalbluetea.com/






by meshi-quest | 2018-01-12 08:08








明けましておめでとうございます。


皆さまはどんなお正月をお過ごしでしたでしょうか。












年末のご挨拶で、私にとっての2017年が辛かったことを書きましたが、


脱皮、大冒険、激運、奇跡、これが2018年の私だそうです。


ご縁があって、有名な占い師さん2名に見てもらって、


それぞれ多少言い方は違えど、2人からそう言われました。


なので、きっとそうなんだと思います。











2015年から2017年にかけては準備の年だったようで、


その最後の年の2017年は準備の最終段階、試練も多く、大変だった模様。


当の本人からすると、楽だった時なんて一度もなくて、


もうかれこれ何十年も準備し、


試練を受け続けてるような気分ではありますが(苦笑)、


思えば、2015年という年は、『会社員』として1つの会社に属すことをやめ、


今のように数社にまたがって仕事させていただくような


不思議なスタイルに切り替わった年でした。











この休み中に、ご縁があって、実に20年ぶりくらいですかね、


自分が生まれ育った町に降り立ち、そこの氏神様に参拝してきました。


ここで初宮参りもし、七五三もここに来ていたようですが、


またこの神社の鳥居をくぐる日が来るとは思ってもみなかったです。


f0232060_2255227.jpg













今年を終えて、2018年の年末のご挨拶を書いている頃に、


大喜びで良いご報告が皆さんに出来ていることを願います。


なんだか分からないけど、いいこと起きるといいなーw。












というわけで、激運発動しながら、


メシクエストもガンガンいこうぜでいきたいと思いますので、


今年もどうぞよろしくお願いいたします。










2018年1月4日 


成沢理恵








by meshi-quest | 2018-01-04 08:08







このメシクエの年末のご挨拶を書くたびに、


「もう1年経ったのか!」と、時の早さに驚かされます。











同時に、年末のご挨拶を書いているということは、


この1年間食べ続け、1年間書き続け、


そして、1年間多くの人にメシクエを愛していただいた証であり、


すごく感慨深く思います。











今年は、とある信頼している人から「非常に苦しい年になる」と言われていました。


特に後半なのですが、いやー、本当に大変でした。


その代わり、めちゃくちゃ勉強になった年でもあり、


色んな人に出会い、色んな物に出会い、色んな物を手にした一年でした。










なので、


「苦しいだろうけど、やめてはいけない。ものにするように。」


と言われていました。











すごく得るものが大きかった一年ではありましたが、


「これだけもらえるんだから、またやる??」と聞かれたら、


もう二度とごめんです(笑)。即答します。


2017年のような年はもうやりたくないですねw。












メシクエストとしては、


今まで出会えなかったグルメな人にあったり、


面白いグルメ会に参加させてもらったり、


旨いを探す大冒険の仲間が増え、フィールドが広がった一年でした。


去年まで行かなかったエリアやジャンルの記事も増えてたんじゃないかな、と。











さらに、ぐるなびさんが運営されている


メシコレという食通厳選グルメマガジンの公式キュレーターを拝命し、


ぐるなびさんにもちょこちょこ寄稿させてもらったりしています。


私の記事はコチラです。
↓↓↓↓↓
https://mecicolle.gnavi.co.jp/curator/meshi-quest/











来年の私は、ありがたいことに激運&大冒険の年だそうです。


2017年までずっと耐えて準備してきた何かが爆発するようです。


まだ当の本人がまるで未来の予測が付いてないのですが、


まあ、激運なら嬉しいので、楽しみに2018年に突入してみようと思います。











今年も多くの人に毎日メシクエに遊びに来ていただき、


私の記事をを読んでくださったすべての方に感謝します。


来年もまた健康で、楽しいメシクエストをお送りできるように頑張ります。










2018年も、ぜひここでお会いしましょう。


今年もご愛読を本当にありがとうございました!









2017年12月31日

成沢理恵







by meshi-quest | 2017-12-31 08:08
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ