カテゴリ:旅行_国内( 207 )









ミシュランガイド兵庫にも掲載された


神戸の人気フレンチ「anonyme アノニム」でディナー。


f0232060_2319696.jpg


f0232060_23191673.jpg












料理は基本1種類のコースで、


少しだけ黒板メニューとして追加のアラカルトがある。


まずはアミューズ、チーズのシュー。


f0232060_23233032.jpg


f0232060_23235184.jpg













2品目は、市川茄子アジを使った前菜。


市川茄子は、すごくトロっとしてて、甘味あり、とても美味しい!


アジのマリネと茄子の相性も良く、


上にかかっている白いアンチョビソースもバッチリ。


f0232060_2326360.jpg


f0232060_23261786.jpg













パンがめちゃくちゃ美味しくて聞いてみたら、


芦屋の有名なベーカリー


「ベッカライビオブロート」のパンとのこと。


ドイツのマイスターの資格を持つ店主のお店で、


某グルメサイトの全国1位も獲得したことがあるらしい。


神戸の中心街から離れてて、遠方からのお客さんも多く、


売り切れ続出のパンが「アノニム」ではゆっくりお代わりまでできるとは!


f0232060_23304338.jpg













3品目は、モッツアレラのムース。


中には生ハムと桃も入っており、ハムの塩気と桃の甘味がアクセントになってる。


f0232060_23321847.jpg


f0232060_23323271.jpg













4品目は、揚げニョッキ


上には香りの良いサフランのソース。


f0232060_23331721.jpg


f0232060_23332923.jpg














5品目は、トマトのスープ。


有機野菜とハーブがたっぷり入った飲むサラダ。


f0232060_23342881.jpg


f0232060_23344540.jpg













6品目は、カツオを使った魚料理。


が美しい、赤玉ねぎと赤キャベツと、


ブラックベリーソースの組み合わせ。


カツオも新鮮ですごく美味しい!


f0232060_23362172.jpg


f0232060_23363393.jpg













7品目は、長野県産あか牛のロースト。


柔らかく、サッパリしていて、食べやすい赤身。


付け合わせもソースも甘くて美味しい淡路の玉ねぎ


f0232060_2338249.jpg


f0232060_23383392.jpg













8品目のデザートは、マンゴーとレモンクリーム


前菜からデザートまでバランスが良く、満足感もある、美味しいコースだった。


肩ひじ張らずに気軽にカウンターでいただけるのもいい。


またぜひ季節が変わったら来てみたいフレンチ。


f0232060_23404465.jpg


f0232060_23405621.jpg








■「anonyme アノニム」
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28029526/








by meshi-quest | 2018-09-27 08:08 | 旅行_国内








仕事のパソコン片手に、神戸旧居留地にある紅茶専門店、


「Tea room mahisa motomachi ティールームマヒシャ」でお茶。


f0232060_22574133.jpg


f0232060_22575576.jpg


f0232060_22581167.jpg













紅茶専門店だけあって、すごい数の茶葉がメニューに並ぶ。


中でもミルクティーがおすすめのようで、


ミルクティーに合う茶葉がたくさんメニューにあるのが特徴。


f0232060_225922100.jpg













今月おすすめになってたアッサムストロング


ミルクティーでいただだく。


ミルクティー用にたっぷりのミルクと、


差し湯用のお湯もたっぷりももらえるのが嬉しい。


f0232060_2322666.jpg













デザートのベイクドチーズケーキと共に。


ケーキもちょうど良い甘さで、美味しく出来ていた。


紅茶好きな方はぜひ。


f0232060_236855.jpg


f0232060_2362386.jpg








■「ティールームマヒシャ」
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28000305/







by meshi-quest | 2018-09-26 08:06 | 旅行_国内








関西に詳しいグルメ友達から教えてもらった


神戸・三ノ宮駅近くにある「トラットリア コモッチ」へ。


f0232060_1763657.jpg













まずは、赤ワインで乾杯。


季節のフルーツを丸ごと凍らせた


「コモッチューハイ」も注文。


f0232060_1792054.jpg


f0232060_1793452.jpg













まずは名物の前菜の盛り合わせから。


メニューにある全部の前菜が少しづつすべて盛られてて、


何種類盛ってあるのか分からないw!!


f0232060_1712335.jpg


f0232060_17352761.jpg


f0232060_17124195.jpg


f0232060_17125252.jpg













2品目は、トリッパと牛スジのトマト煮込み。


トリッパは全く臭みがなく、柔らかく、すごく美味しく出来ていた。


f0232060_17202130.jpg













3品目は、三重県のブランド豚で、生産量が少ないため県外には出回らず、


全国でも「コモッチ」だけでしか食べられないという


骨付き三重豚カツレツ


三重豚、初めて食べたが、


めちゃくちゃジューシーで、上品な脂で、柔らかく美味しい!


f0232060_17242612.jpg


f0232060_1726480.jpg













4品目は、同じく三重県の貴重なブランド牛、


伊賀牛とうがらしのグリル。


これも生産量が少ないため県外には出回らず、


「コモッチ」と系列店のみでしか食べれないとのことで、


すごく柔らかくて、上品な牛肉で、素晴らしかった。


f0232060_1728211.jpg


f0232060_17284720.jpg













伊賀牛がとても美味しかったので、


部位を変えて、5品目は伊賀牛のうちもも「しん」の部分。


コクのある赤身。これまた美味しい。


f0232060_1730986.jpg


f0232060_17302843.jpg









神戸において、あえて神戸牛ではないのが面白いw。


伊賀牛、三重豚という三重のこだわりのブランド肉を楽しめる。


ボリュームもあり、居心地も良くて、とてもいいイタリアンだった。






■「トラットリア コモッチ」
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28041593/








by meshi-quest | 2018-09-25 08:07 | 旅行_国内








神戸出張






神戸でお気に入りのオリエンタルホテルの最上階にある


「ザ・バー ジェイダブリューハート J.W.Hart」でくつろぐ。


f0232060_1653840.jpg













神戸の山や港の絶景が見れて、


深夜までやってるロマンチックな大人なバー。


f0232060_16545355.jpg


f0232060_1655349.jpg


f0232060_16551461.jpg


f0232060_16552857.jpg


f0232060_16553831.jpg













夏は、半オープンエアのテラス席が心地よい。


f0232060_16575937.jpg


f0232060_16581251.jpg












フルーツカクテルが充実してるのが嬉しい。


スイカのソルティードッグ、美味しかったな。


f0232060_16585335.jpg







■「ザ・バー・ジェイダブリューハート」
https://www.orientalhotel.jp/restaurant/jwhart/







by meshi-quest | 2018-09-24 08:08 | 旅行_国内








高知出張






いつものように羽田第二ターミナルの「エッグセレント」カフェで、


ベンツモーニングを食べてから飛び立つ。


f0232060_1829459.jpg


f0232060_18295583.jpg


f0232060_1830346.jpg












高知到着して、早速ランチ。


地元の方に教えてもらった「土佐たたき道場」なる、


カツオのたたき専門の定食屋へ行ってみる。


f0232060_18314936.jpg


f0232060_18315810.jpg


f0232060_18324399.jpg













ここは単に食べるだけでなく、


カツオの藁焼きの体験もさせてもらえる。


f0232060_18334529.jpg


f0232060_18335846.jpg













体験付きの定食を注文すると、


おじさんが大きなカツオを切り始め、長い串に刺してくれる。


f0232060_18345844.jpg


f0232060_1835136.jpg


f0232060_18352198.jpg













それを焼き台まで持っていって自分で炙るのだが、


ちょっと斜め上を行くくらい、熱い


f0232060_18365295.jpg


f0232060_18373219.jpg













このくらい炎が出るのだが、串がそこまで長くないので、


炎と手錠で繋がれたように一定距離を保たれるので(苦笑)、


超熱い


f0232060_18424468.jpg












外側が黒くなり始めたら完成。


こんな感じ。


f0232060_18491331.jpg


f0232060_1857931.jpg













おじさんがカツオのたたきを切ってくれて、


自分で好きな薬味を入れて、たたき定食の完成。


f0232060_18513414.jpg


f0232060_18515369.jpg












さて、カツオのお味なのだが、猛暑ということもあるのか、


やや鮮度が落ちてる感もあり、


うーん、期待していたほどではなかったかな。


ただ、藁焼きの体験なんて、東京じゃまず出来ないので、


体験型定食としては1回はアリなのかも。


f0232060_1855422.jpg









■「土佐たたき道場」
http://www.tataki.co.jp/tenpo.htm







by meshi-quest | 2018-09-01 08:03 | 旅行_国内








ランチにお邪魔した「レストラン田むら」のスタッフの方に教えていただき、


近くに夏の暑さを癒してくれる素敵なお寺があると聞き、


散歩がてら青蓮院へ行ってみる。


f0232060_16282270.jpg


f0232060_16284535.jpg













祇園からもほど近い、有名な八坂神社の隣の隣にある。


八坂神社は何度も行ったことがあったが、


その近くに、こんな静かでのんびり出来るお寺があるとは知らなかった。


f0232060_16303642.jpg


f0232060_1631116.jpg


f0232060_16311696.jpg













素敵なお庭があり、縁側に座って、みんなが静かに緑を眺める。


この日の京都も額から汗が止まらぬ猛暑だったが、


風がよく通るので、ここだけ2、3度温度が低い気がした。


f0232060_16334963.jpg


f0232060_1634499.jpg


f0232060_16342073.jpg













JR東海の「そうだ、京都へ行こう」の、


このポスターの撮影場所になっているのも青蓮院のお庭だそう。


f0232060_16354434.jpg













素敵なお庭のおかげで、少しだけ暑さが和らいだ気がしたのもつかの間、


外に出ると、ドバーーッと汗が吹き出し、やっぱあつーーーーい。


というわけで、冷たさを求めて、かき氷の人気店「pageone ページワン」へ。


f0232060_16385994.jpg


f0232060_16391081.jpg













ここは、京都で一番古い、


明治16年創業の森田氷室本店がプロデュースしている氷屋で、


特に夏は大繁盛、店先に行列が出来ている。


未来の冷たさを取るか、今の暑さを取るか、


この行列に並ぶのを一瞬悩むが、せっかく来たので氷を食べることに。


f0232060_16413729.jpg


f0232060_1641517.jpg













名物の生搾りかき氷シリーズから、生搾り苺を注文。


ドドーンと盛り上がった、真っ赤なかき氷キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


真夏っぽくてイイねー!


f0232060_16433687.jpg













通常のイチゴシロップの上に生搾り苺が乗っていて、


生搾りなので、甘ったるさはなく、


程よい酸味もあるので、食べやすい。


f0232060_16452140.jpg













さらに、器が氷専門店ならではの、氷で出来た器


なんとなく、普通のガラスの器より、氷が溶けにくく、持ちがいい気がする。


f0232060_16464839.jpg









■「pageone ページワン」
http://www.pageone-gion.com/pageone/index.html








by meshi-quest | 2018-08-25 08:06 | 旅行_国内








祇園白川からちょっと歩いて路地に入ったところにある、


フレンチレストラン「田むら」でランチ。


東京で懇意にしているフレンチのシェフから教えていただいた。


f0232060_15352823.jpg


f0232060_15354289.jpg













スタッフの方がとても親切で気さくで、アットホームな雰囲気。


メニューはコースのみで、品数の多いおススメコースを注文。


f0232060_1535592.jpg













まず1品目は、甘いトウモロコシを使ったアミューズ。


トウモロコシをムース、アイス、フリットという異なる調理法で。


甘味と旨味が凝縮されてて、すごく美味しい。


f0232060_15391338.jpg













2品目は、ハモのコンソメスープ。


中にはパプリカで作った真薯(しんじょ)が入ってて、


フワフワでとても美味しい。出汁もすごくいい。


シェフが「うちはフレンチというより和食ですw」と笑って話してくれたが、


フレンチのコースでこのお椀が出会えるのは京都フレンチならではな気がする。


f0232060_15423925.jpg













3品目は、なんと八寸


フレンチのコースで八寸食べたのは初めてだなあw。


f0232060_15442970.jpg












鯖棒寿司に、琵琶湖の稚鮎の甘露煮。


f0232060_15451639.jpg












大山鶏の蒸し鶏に、イワシのマリネ。


f0232060_1546517.jpg












岩もずくに、白芋茎(ずいき)。


f0232060_15471032.jpg


f0232060_1547218.jpg











そして、こんなお椀や鯖棒寿司と共に、


ちゃんとフレンチのパンが出てくるのも京都フレンチならではw


f0232060_15482274.jpg













4品目は、ハモタコを使ったラタトゥイユ仕立て。


f0232060_15493815.jpg


f0232060_154951100.jpg













5品目は、フエフキダイのポワレ。


下の麺に見えるものはズッキーニをパスタ状にしたもの。


f0232060_15515038.jpg


f0232060_1552093.jpg













6品目は、丹波黒毛和牛の肩ロース網焼き。


ジューシーだけど、しつこくなくサッパリ食べれる味。


f0232060_1553403.jpg


f0232060_1554842.jpg














7品目は、普通のフレンチコースではまず出てこないw、


ご飯赤出汁香の物


お米がめちゃくちゃ美味しくて、ご飯だけでも味わい深い。


f0232060_15553391.jpg













8品目のデザートは、ピスタチオのアイスとマカロン。


ピスタチオの風味がしっかり出てて、これも美味しいー。


f0232060_15564374.jpg


f0232060_1557019.jpg












全体的にとても美味しく、ボリュームもあり、リーズナブル。


和と仏の融合というか、新和食というか、和フレンチというか、


いい意味でいいとこ取りがされてて私は好き。


和食とはこういうものだとか、フレンチはこうだとか、


本当はそんなの関係ないんだよね。美味しければそれが正義。


f0232060_16125931.jpg









■「レストラン田むら」
http://r-tamura.com/








by meshi-quest | 2018-08-24 08:08 | 旅行_国内








久しぶりの京都出張








ランチをどこで食べよかと散歩しながら迷っていると、


え、キメラって( ゚Д゚)!!!!


f0232060_152190.jpg













ゲーム会社勤務としてはここを素通りするわけには行かない。


ああ、キメラの『かえんのいき』辛かったなあという


ドラクエシリーズの思い出を蘇らせつつ、


祇園四条・八坂神社のすぐ近くにあるイタリアン「キメラ」に入店。


f0232060_1544046.jpg


f0232060_1552828.jpg













店内は、マダムの笑い声が聞こえる


広々とした上品な空間で、(当然だが)ゲームっぽさは微塵もなく。


f0232060_1571212.jpg


f0232060_1572160.jpg












メニューはコースのみで、品数多いおすすめコースを選択。


まずは、1品目はのコンフィ。


付け合わせは、別名「そうめんかぼちゃ」と呼ばれる金糸瓜。


ちょっと鮎に火が入り過ぎてる感じ。


f0232060_15123998.jpg


f0232060_15125781.jpg













2品目は、オマール海老の前菜。


生ハム、ポレンタ、ヤングコーンの組み合わせ。


パンは、フォカッチャと、パルミジャーノ&そら豆のパン。


f0232060_15143210.jpg


f0232060_1514401.jpg


f0232060_15144817.jpg













3品目は、穴子フォアグラのソテー。


上にはジロール茸と、下には実山椒のリゾット。


f0232060_15161317.jpg


f0232060_15162144.jpg













4品目は、イカスミのパスタ。


サルディーニャ産のカラスミをたっぷり使い、


ズワイガニと黄色いトマトソースで仕上げた彩りキレイな一品。


f0232060_15201833.jpg


f0232060_15202876.jpg














5品目は、たっぷりチーズ


イベリコ豚を使った濃厚なリガトーニ。


f0232060_15213898.jpg


f0232060_15215014.jpg













6品目のメインディッシュは、のグリル。


万願寺唐辛子に、鴨茄子の組み合わせ。


f0232060_1523811.jpg


f0232060_15232997.jpg












7品目のデザートは、メロン


いい意味でまんまメロンで、メロン好きの私にはたまらん一品。


中にはココナッツのブランマンジェ。


f0232060_15242640.jpg


f0232060_15243817.jpg













最後の小菓子は、オレンジピールのクッキーに、あかもものゼリー。


「キメラ」という名前は、インパクト絶大で、めちゃくちゃ素晴らしい!


ただ、「キメラ」のインパクトが強すぎて、


ここから想像してしまう伝説上の生き物との遭遇に期待するような


ワクワク感とか驚きとかは正直あまりなかったかな。


f0232060_1528841.jpg


f0232060_15281854.jpg









■「リストランテ キメラ」
http://www.gion-chimera.com/








by meshi-quest | 2018-08-23 08:05 | 旅行_国内








金沢最終日








金沢駅に着いたものの、なんだかまだ魚を食べ足りてない気がして、


未練たらたら、後ろ髪をギューッとひかれる思いになり、


急遽、金沢駅内にある「金沢まいもん寿司」に駆け込む。


腰まである私の長い髪はただでさえひかれやすいのだ。


f0232060_1739119.jpg


f0232060_17391699.jpg


f0232060_17392774.jpg












金沢地酒3種飲み比べ1000円なる素敵な文字。


あとは新幹線に乗って帰るだけだから、まいっかー。


f0232060_17411262.jpg











奥能登から直送のヒラマサに、シロエビ。


シロエビには、金沢名産の金箔付き。


f0232060_1743208.jpg


f0232060_17433177.jpg


f0232060_17434151.jpg












七尾港の朝獲れアジに、イワシ、トビウオ、甘エビ。


f0232060_17454197.jpg


f0232060_17455589.jpg


f0232060_17461796.jpg












太刀魚、のどぐろ、中トロ。


f0232060_17473696.jpg


f0232060_1747468.jpg












極上海苔「こんとび」を使ったのどぐろ手巻


f0232060_17505467.jpg












ウニといくらの北海巻に、なめら、中トロ炙り。


f0232060_1752237.jpg


f0232060_17523584.jpg


f0232060_17524648.jpg












くるまだいに、〆はカワハギ


f0232060_17532049.jpg


f0232060_17533253.jpg












味噌汁ものどぐろのあら汁で、


いやー、今旅はいっぱいのどぐろ食べたなw。


駅構内の鮨屋さんだったので、正直どんなもんかな・・・と思っていたが、


さすが海鮮の宝庫の町の鮨屋だけあって、クオリティー高い!


駅の鮨屋さんでもここまで出してもらえるなら十分、大満足。


f0232060_1755455.jpg










■「金沢まいもん寿司」
https://www.maimon-susi.com/








by meshi-quest | 2018-08-17 08:06 | 旅行_国内








金沢の観光地、ひがし茶屋街近くにある


人気居酒屋割烹「田むら」でランチ割烹コース。


〆のうどんが有名で、「田むらうどん」として全国でネット販売もされている。


f0232060_17184960.jpg


f0232060_1719572.jpg












まずは、小鉢から。


ブリかま、お造り、毛ガニの酢の物。


f0232060_17212384.jpg


f0232060_17214616.jpg


f0232060_17215521.jpg


f0232060_1722759.jpg













続いて、銀だら焼き


脂が乗ってて、これだけでご飯2杯食べれてしまう旨さ。


f0232060_17231786.jpg













いわし団子が入ったお吸い物。


とてもいい出汁が出ていて、全身に染みわたる。


f0232060_1724423.jpg











茶碗蒸し


シンプルだけど、これも出汁が効いてて、美味しく出来てる。


器はもちろん金沢の九谷焼


f0232060_1725026.jpg


f0232060_17253240.jpg











〆は、名物の「田むらうどん」


普通は温かいものらしいのだが、夏なので冷やしバージョン。


白く半透明な独特な食感の麺。


f0232060_1727821.jpg












食後のデザートともに、大将が得意の手品を披露してくれた。


最初は趣味でやってる程度なのではないかと半信半疑だったが、


これが本当にプロ級の腕前で、普通に驚かされたw。


恐れ入りました・・・。


居酒屋割烹でなく、手品割烹


もしくはマジシャンのいる割烹の方がイケる気がする。


f0232060_17282770.jpg


f0232060_17284971.jpg










■「田むら」
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000224/







by meshi-quest | 2018-08-16 08:06 | 旅行_国内
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ