カテゴリ:新宿( 195 )










懇意にさせてもらっている新宿御苑前の割烹、


「御苑前 せお」で蕎麦ランチ


夜のコースの〆で出てくる蕎麦がランチでも食べられる。













いつもの天せいろを。


元々蕎麦屋だった「せお」さんの出してくれる蕎麦は、


その辺の蕎麦屋さんに比べ物にならないほど美味しくて、


個人的には都内で一番好きな蕎麦


蕎麦の味、茹で加減、つゆの味、天ぷらの揚げ方、全てが最高。


f0232060_0131919.jpg


f0232060_013304.jpg
















天ぷらもボリュームがあって、種類も豊富。


何よりも揚げ方が上手で、全く重くならず、サクサクでめちゃくちゃ美味い。


天ぷらもそこら辺のお店よりずっと美味しくて、


都内の天ぷらとしても「せお」さんの天ぷらが一番好きかも。


f0232060_0142533.jpg














最後のそば湯がまた美味しい。


白く濁ったトロトロのそば湯は他にはない独独の味で、


蕎麦の甘味をしっかりと感じ、つゆとの相性がものすごくいい。


そば湯を飲みたくて、つゆをもう一度お代わりしてしまうほど。


相変わらず、「せお」さんの蕎麦は素晴らしいなあ。


f0232060_0165636.jpg








■「御苑前せお」
http://gyoenmae-seo.com/










by meshi-quest | 2018-12-29 08:08 | 新宿









京都駅のすぐ近くにある、


早朝5時から行列ができるラーメン店「本家 第一旭」


その「第一旭」の東京初進出店が新宿御苑前にオープンしたので、行ってみた。


f0232060_21374372.jpg















京都にしかなかったこともあってか、


貴重な東京店は連日大行列で、いつ行っても人が並んでいて、


真っ向から行ってもなかなか大変そうだったので、


夕方5時という半端な時間&雨模様という


バッドコンディションを狙ってみたら、すぐに入れた。


f0232060_21395285.jpg















特製ラーメン(1000円)を注文。


以前、朝の新幹線前に京都本店で食べたことがあり、


朝ラーが可能なくらいすごくあっさりしている印象だったのだが、


新宿店のソレは京都のアレとは全然違ってて・・・


見た目からして、かなり塩気を感じる仕様。


f0232060_2142343.jpg















この日はちょっと打ち合わせがバタバタしてて、


夕方のコレが1食目になってしまったわけだが、


1食目の私にはかなりきつい塩味で、うーん、期待してたのと違った。


どうやら本店とは味を変えてるという話も聞いたが、


東京でも本店と同じでいいのに、同じの方が良いのではないだろうか・・・。


f0232060_21444612.jpg









■「本家 第一旭 新宿店」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13229223/









by meshi-quest | 2018-12-27 08:01 | 新宿









懇意にさせてもらっている大好きな石井シェフのフレンチ、


北参道「Sincere シンシア」で友人と食事。


f0232060_12174435.jpg


f0232060_1218082.jpg















本日のお目当ては、今年から始めたという


今が旬、本気のアルバ白トリュフコース!!


アルバ産の白トリュフと言えば、1個数万円の最高級の白トリュフ。


どんな料理が出てくるのか、超楽しみ!


f0232060_1219864.jpg


f0232060_12192619.jpg















1品目は、活ボタン海老


ホントにバンバン跳ねてて、活きがいい。


これを一気に剥いて、1品目のアミューズに。


上の白いムースは、トマトのエキスを抽出したもの。


f0232060_12221131.jpg


f0232060_12223013.jpg


f0232060_12223822.jpg


f0232060_12225025.jpg















2品目は、「シンシア」名物の5つアミューズ


f0232060_12235847.jpg













まず目を引くのが、このウサギの最中


中にはイチジクフォアグラが入っている。


かわいい顔と裏腹にw、中はワインにガッツリ合う大人な味。


f0232060_12251818.jpg














円筒状のサクサククリスピー生地の中には、


和栗のムースがたっぷり。


上にはブランデーの香りが添えてあって、アクセントに。


f0232060_12263186.jpg














ミニケーキのようなかわいらしいアミューズは、鹿のパテ。


飾りつけが細やかでチョコレートケーキを見ているようだが、


ちゃんと赤ワインに合いそうなコクのある美味しいパテ。


f0232060_12283717.jpg















海老のチップスの上に、


白エビと菜の花のタルタルを乗せたもの。


f0232060_12292541.jpg














球体の卵のようなアミューズは、


サーモンクリームチーズの組み合わせ。


ものすごく柔らかく、そっと手で持たないと潰れてしまいそう。


f0232060_12303931.jpg















アルバの白トリュフ、キターーーーー(≧∇≦)!!!


デカイ!!!


そして、とんでもなくいい香りがするーーーーー!!!


f0232060_12323171.jpg


f0232060_12331523.jpg














3品目は、アルバの白トリュフの香りを存分に楽しむため、


シンプルに焼き立てのオムレツと合わせる。


トリュフと卵の相性はホント抜群!!


写真は4人前のオムレツ。


f0232060_12352925.jpg


f0232060_12354459.jpg


f0232060_12355357.jpg














付け合わせは、カプチーノ仕立ての洋風茶碗蒸し


オムレツの上にも、茶碗蒸しの上にも白トリュフいっぱい。


f0232060_12363050.jpg


f0232060_12364034.jpg


f0232060_12364979.jpg














「シンシア」の選べる絶品自家製パンは、


いつもの「シンシア」刻印ブリオッシュ栗の食パンで。


f0232060_12381359.jpg


f0232060_12383338.jpg















4品目は、北海道の活帆立と、


群馬県金子さんのめちゃくちゃ甘いのロースト。


そして、その上には白トリュフ


濃厚な貝出汁のクリームソースと白トリュフがたまらなく美味しい!!


f0232060_1240196.jpg


f0232060_12412416.jpg















5品目は、旬の蝦夷鮑秋トリュフのコンソメ。


ここは、白ではなく、黒トリュフ。


中には、キンキ馬肉まで入ってて、豪華な一品。


f0232060_1243938.jpg


f0232060_1243189.jpg















6品目は、ふぐの白子


クラッシックな鯛のパイ包み焼きの中に、


たっぷりの白子を詰め合わせた魚料理。


少し酸味の効いたクリーミーなソースと白子の相性がとてもいい。


当然、上には白トリュフも鎮座!


f0232060_12454348.jpg


f0232060_12461619.jpg


f0232060_12462482.jpg















7品目のメインディッシュは、熊本の和王の牛ヒレ肉


上には、フォアグラのロッシーニと白トリュフ


白トリュフに牛ヒレにフォアグラに、濃厚と芳醇の極みのような一品。


f0232060_1252888.jpg


f0232060_12522185.jpg


f0232060_12523110.jpg


f0232060_12524169.jpg















8品目の選べる〆の土鍋ご飯は、


5種のうち、白トリュフを使ったご飯にしようと思ったのだが、


悩んだ末、大好きなブイヤベースのリゾットにした。


こういうところに、ちょくちょくワンパターンな私のクセがが出てくるw。


f0232060_12552146.jpg


f0232060_12555112.jpg


f0232060_1256558.jpg















白トリュフはないけど、


ブイヤベースが相変わらずめちゃくちゃ美味しい!


f0232060_1256343.jpg















他の人が頼んだ白トリュフ和牛タルタルのご飯、


白エビフリットのかき揚げご飯はこんな感じ。


f0232060_12573587.jpg


f0232060_1258447.jpg















9品目のデザートは、


甘酒のムースと甘酒のアイスの雪のような白いデザート。


そして、ここにもなんと、白トリュフ!!


甘酒の甘味と白トリュフの香りと、


中に入ってるレモンのコンフィチュールのバランス良い美味しいデザートだった。


f0232060_130283.jpg


f0232060_1303680.jpg















最後はジオラマに見立てて、その中に隠された3つの小菓子


ヴェルヴェーヌ(レモンバーベナ)のハーブティー。


お土産には、カカオのマドレーヌ。


f0232060_133366.jpg


f0232060_1335650.jpg


f0232060_13431.jpg











「シンシア」初の白トリュフコースだったが、


最初から最後のデザートまで白トリュフを使い切る、


石井シェフ本気の素晴らしい白トリュフコースだった!


白トリュフの値段を考えたら、


全体的にものすごくリーズナブルなコースになってるので、


本気の白トリュフを味わいたい方はぜひ。








■「Sincere シンシア」
https://www.facebook.com/fr.sincere/








by meshi-quest | 2018-12-14 08:08 | 新宿








なんだかとんかつ気分だったので、


新宿にあるとんかつ専門店「とんかつ三太」へ。


ランチのピークは過ぎてる時間だったが、


サラリーマンやOLさん、観光客でほぼ満席。


f0232060_00422731.jpg



f0232060_00425506.jpg
















ロースとんかつ定食に、


大海老フライをトッピング。


マヨラーなので、キャベツ用にマヨネーズも追加注文(プラス50円)。


定食は、キャベツ、味噌汁おかわり自由。


f0232060_00461431.jpg



f0232060_00462908.jpg















「とんかつ三太」のとんかつはちょっと変わっていて、


パン粉に特徴があり、パン粉が太くて、しっかりしている。


昨今、キメの細かいパン粉も流行っているが、


このパン粉はこのパン粉でサクサクしてて、なかなか美味しい。


f0232060_00502789.jpg







ランチに分煙無しで喫煙可能になっていることと、


大将が気難しそうな感じで、厨房でスタッフに怒っていたりするのが気になるが、


とんかつ自体はとても美味しく、


キャベツもおかわり自由で、新宿では重宝するとんかつ屋さん。







■「とんかつ三太」







by meshi-quest | 2018-12-12 08:07 | 新宿









新宿御苑前にある焼肉・ジンギスカン屋、


「きんぐこんぐ」でランチ。


f0232060_21341327.jpg


f0232060_21342661.jpg


f0232060_21343664.jpg















トリプル定食(1500円)を注文。


トリプルの中身は、カルビハラミタンの3種。


f0232060_21355285.jpg


f0232060_21364176.jpg


f0232060_21365333.jpg


f0232060_213731.jpg














肉は各種3枚づつで、プラス500円で1種肉の追加が出来る。


ハラミカルビを追加。


気のせいかもしれないが、追加肉の方が厚みあって、美味しかった感じ。


f0232060_21384717.jpg


f0232060_21391128.jpg









■「きんぐこんぐ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13212604/









by meshi-quest | 2018-12-08 08:05 | 新宿








新宿御苑のまさに目の前にあるサンドイッチ専門店、


「&sandwich. アンドサンドイッチ」でランチ。


元々代官山にあった人気サンドイッチ店が御苑に移転してきた。


f0232060_227403.jpg












サンドイッチのメニューが豊富でどれを食べようか悩むが、


お腹が空いていたので、食べ応え重視で、チキンカツサンドを。


ジューシーなチキンカツに、たっぷり野菜が入ってて、


バランス良く栄養摂れて、お腹いっぱいになる。


f0232060_2212297.jpg


f0232060_22121844.jpg













他の人が頼んだフィッシュサンドも美味しそう。


f0232060_2213367.jpg


f0232060_22131330.jpg













さらに別の人が頼んだ大葉のサンド。


ヘルシーな野菜メインのサンドイッチもある。


f0232060_2214121.jpg


f0232060_22144736.jpg









通しで営業しているので、いつでもランチが食べれて、


御苑に会社がある私は個人的に超ありがたい。


御苑は外人さんも多いし、観光客も、オフィスも多いので、


インスタ映えするサンドイッチは、こっちの方が場所的にいいかも。






■「アンドサンドイッチ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13216867/









by meshi-quest | 2018-09-13 08:07 | 新宿








ハマグリラーメンで有名な幡ヶ谷の名店、


「SOBA HOUSE 金色不如帰」が


今年なんと新宿御苑前の路地裏に本店移転をして、


新宿御苑前に勤める我々には衝撃的なニュースとなった。


f0232060_13334085.jpg


f0232060_13335470.jpg













新宿御苑前には関係している会社が2つあるので、


自分がよく行く場所に美味しいお店が出来るのはホント嬉しいが、


これでいつでも行ける!と思っていたのは大きな勘違いで、


新宿御苑前の路地の中でもさらに人通りが少ないこの場所に、


連日ハマグリラーメンを求める行列。


そうこうしてると会議や打ち合わせでタイムアップを繰り返し、


なんだかんだで数ヶ月経ってしまい、


ようやく悪天候、かつ、会議中止の時を見計らって行けた。











ハマグリラーメンへの道はかなり遠かったが、


ここまでして頑張る甲斐(貝?)があるほど


本当に美味しいハマグリ出汁のラーメンがいただけた。


f0232060_13392583.jpg












まさに「金色」の名にふさわしい黄金色の澄んだスープは、


ハマグリのエキスが凝縮されてて、コクがあるのに、上品。


あまりスープを飲み切ることがない私も、気が付いたら結構飲んでた。


上には、スープの風味を変える数種の薬味が乗ってて、


自家製チャーシューも、穂先メンマも、味玉もすべて美味しい。絶品。


f0232060_13433118.jpg














ちなみに、夏は期間限定で塩つけ麺もやっている。


f0232060_1344183.jpg


f0232060_13442732.jpg


f0232060_13443940.jpg








鳴かぬなら鳴かせてみせよう不如帰ではあるが、


ホント美味しくて、普通に人間が鳴いてしまうレベル。






■「SOBA HOUSE 金色不如帰」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13222172/






by meshi-quest | 2018-08-29 08:08 | 新宿









新宿南口のオシャレショッピングビル、


新宿ニュウマンのフードコート内にある


「SUSHI TOKYO TEN」でランチ。


西麻布の本格鮨がリーズナブルに気軽に食べれる


人気鮨屋「すし天」の姉妹店。


f0232060_1872976.jpg


f0232060_1875158.jpg














手ごろな値段と、駅直結という好立地もあって、


ランチ時間はとうに過ぎてるのに外に待ちが出るほどの人気。


新宿という場所柄もあってから外人のお客さんも目立つ。


ふと厨房を見たら、知った顔があって、


某人気鮨屋で働いていた知り合いの若い板さんが


偶然ここに転職していて、ひょんなところで再開して驚き。


f0232060_188911.jpg














ランチは、おまかせの3000円コースのみ。


まず1品目は、しじみエキスたっぷりの温かい一口吸い物。


f0232060_1882137.jpg













2品目は、佐島のわかめ


f0232060_18121979.jpg













3品目はにぎりで、


気仙沼のかつおと、千葉のほうぼう


f0232060_1813754.jpg


f0232060_18131647.jpg


f0232060_18132577.jpg












4品目は、ミニ茶碗蒸し


f0232060_18141736.jpg












5品目は太刀魚、6品目はメスの水だこ。


f0232060_18152453.jpg


f0232060_18153515.jpg












7品目はさわら、8品目は中トロ、9品目はマグロのづけ。


f0232060_18163472.jpg


f0232060_18164381.jpg


f0232060_18165399.jpg












10品目は、箸休めの湯葉豆腐と、はりはり漬け。


f0232060_18173778.jpg












11品目はバフンウニ、12品目はあわび。


f0232060_18182983.jpg












13品目は穴子、14品目はたまご。


f0232060_18191576.jpg


f0232060_18192557.jpg












15品目は、しじみ汁


f0232060_1820467.jpg













16品目と17品目は〆の巻物で、かんぴょうとネギトロ


f0232060_18204466.jpg













最後にスイカが出てきて、ランチコース終了。


私の中では、すごく「内容とコストのバランスの良い鮨屋さん」という印象。


駅側という場所柄もあってか落ち着いて食べれる雰囲気ではなく、


美味しいけど、ものすごく何かに特化しているか?というと、


ぶっちゃけ、そうでもない。


ただ、それでもいいというか、素早く気軽に本格的な鮨が食べれて、


この値段でここまでの品数を出してもらえて、十分に満足感があるので、


これがすごく価値があって、魅力なんじゃないかなと思う。


f0232060_18245646.jpg











■「SUSHI TOKYO TEN」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130403/13193560/










by meshi-quest | 2018-06-12 08:07 | 新宿








伊勢丹に来たついでに、久しぶりにとんかつ「王ろじ」でランチ。


大正10年創業の、いつも行列が出来ている有名な老舗とんかつ店。


私が学生時代はここまで行列できてなくてすぐは入れたけど、


最近は東京のガイドブックにも乗っているのか、外国人も多く、


ランチの時間をとうに過ぎているのに、この行列。


f0232060_15214281.jpg













久しぶりの名物王ろじ漬


このおしんこが絶妙な味ですごく美味しい。


f0232060_1523918.jpg


f0232060_15232144.jpg













「王ろじ」と言えば、とん丼と呼ばれるカツカレーが有名だが、


学生時代に散々とん丼食べたので、あえてのとんかつセット(1800円)に。


f0232060_15252789.jpg


f0232060_15253624.jpg













この丸っこい、独特のフォルムな王ろじとんかつ


外がめちゃくちゃカリッとしてて、中は柔らかい不思議なとんかつ。


今流行りのレア気味&ジューシーとんかつではないが、


これはこれで唯一無二で美味しいとんかつ。


f0232060_15271125.jpg













ちなみに、王ろじは、この豚汁も独特で、


豚バラベーコンと玉ねぎを炒めて米麹味噌で作ってるのだが、


あくまで個人的な好みとして、この豚汁がどうもコクがなくて、


あまり好きになれない、昔から。


f0232060_1529546.jpg










■「王ろじ」
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000860/









by meshi-quest | 2018-05-28 08:06 | 新宿








懇意にさせていただいている


新宿御苑前ビストロ「シャルトロ」でランチ。


f0232060_12582920.jpg


f0232060_12583928.jpg


f0232060_12584820.jpg












ランチは、「シャルトロ」名物のフレンチリゾットをやってて、


肉と魚の2種類あり、定期的に内容や具材が変わったりするのだが、


個人的には、この牛カツのカレーリゾットがお気に入り!


牛のサガリ肉のパン粉焼きがドーンと乗った豪華なリゾット。


f0232060_1305390.jpg












リゾットのメニューは変わるので、


もし幸運にもこの牛カツカレーリゾットに出くわしたら、ぜひ!!


f0232060_1321193.jpg


f0232060_1322056.jpg










■「Chartro シャルトロ」
https://www.facebook.com/chartro916/?ref=nf







by meshi-quest | 2018-05-27 08:08 | 新宿
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ