人気ブログランキング |

カテゴリ:六本木・麻布・赤坂( 274 )









麻布十番にあった人気イタリアン「La Brianza ラブリアンツァ」。


常連さんのグルメ会にお呼ばれして、六本木ヒルズに移転後の初訪問。



f0232060_2350286.jpg
























f0232060_2350265.jpg
























f0232060_23504776.jpg



































アミューズの青海苔のモチモチパンや、


スペシャリテのトリュフと半熟卵のグラタンなども健在。


相変わらず、食べやすく、美味しいイタリアンだった。


f0232060_055948.jpg
























f0232060_071914.jpg
























f0232060_082057.jpg
























f0232060_084491.jpg
























f0232060_09768.jpg
































個人的には、以前の地元密着型の店舗は好きだったが、


六本木ヒルズになってアクセスも良くなり、リッチレストラン感も増して、


より一層お客さんが増えそうな気がする。


奥野シェフ、ありがとうございました!








■「La Brianza ラブリアンツァ」
http://www.la-brianza.com/









■今日のカメ

■「ラブリアンツァ」
f0232060_2350286.jpg日比谷線・大江戸線「六本木駅」から徒歩5分ほど。六本木ヒルズレジデンスC棟の3階にあります。









■店内の様子
f0232060_2350265.jpg本日は、10人越えの団体だったので、個室を使わせていただきました。









■テーブルセット
f0232060_23504776.jpgテーブルセットはこんな感じ。かわいいナプキンの折り方。









■乾杯ワイン
f0232060_0163930.jpg本日のコースはワインがペアリングされていたのですが、シャンパンが苦手なので、私は白ワインで乾杯。








■1品目
f0232060_055948.jpg青海苔を練り込んだモチモチパン。










■2品目
f0232060_0191018.jpg本当は、牡蠣が来る予定だったのですが、私だけ苦手なので、カンパチのカルパッチョに変更。









■本当はコレ
f0232060_0201220.jpg本当の2品目は牡蠣でした。苦手なので、写真だけ。










■パン
f0232060_0205623.jpg2種のパン。










■3品目
f0232060_0212313.jpg利尻島のウニのカッペリーニ。冷製パスタ。










■4品目
f0232060_022775.jpgプラチナポークのポルケッタと、ブラータチーズを使ったガスパチョ風前菜の盛り合わせ。









■5品目
f0232060_0241067.jpg「ラブリアンツァ」のスペシャリテ、半熟卵のグラタン。アツアツです。









■グラタン、アップ
f0232060_025359.jpg中からトロトロの半熟卵が現れます。










■6品目
f0232060_0255487.jpgチーズとオリーブオイルが掛かったパン。










■ワインいっぱい
f0232060_0263953.jpgペアリングのワインがいっぱい。飲みきれないくらいw。









■7品目
f0232060_0274577.jpg「パンソッティ」というラビオリ。プラチナポークとポルチーニ茸のラグーソース。









■8品目
f0232060_0291877.jpg口直しのグラニテ。










■9品目
f0232060_0294419.jpg宮崎和牛のサーロイン。めちゃくちゃ、脂乗ってます。









■10品目
f0232060_0302770.jpg量が選べる〆のトマトパスタ。好きなだけいっぱいパスタが食べられるのは嬉しい。









■アップ
f0232060_0312075.jpgこれで中盛り。ボリュームたっぷり。










■11品目
f0232060_032229.jpgデザートはティラミス。










■食後の飲み物
f0232060_0323238.jpgホットのダージリン。









仕事の会食場所を探していると、


どうしても「個室」問題にぶつかる。









他者に聞かれては困るような商談など、


仕事の会食では個室需要が高くなるが、


個室を抱えているお店は意外に少なく、


めちゃくちゃ高級か、会食には耐えにくい安居酒屋かで、


ちょうどいい塩梅の適度な雰囲気と、味と、値段のお店がなかなかない。









今回ご招待いただいた会食でお邪魔した、赤坂の割烹「折りおり」。


赤坂という土地柄もあってか、3名から最大56名対応の個室が、


なんと22室もあるというから、驚き。










料理も全員が満足できるような良い意味での王道の和会席で、


会食にはすごく重宝しそうなお店だった。


名物の〆の鯛飯は、豪華で美味しかったな。


f0232060_20133910.jpg
























f0232060_20144979.jpg
























f0232060_20151250.jpg
























f0232060_20154334.jpg
























f0232060_2016547.jpg
































■「折りおり」
http://r.gnavi.co.jp/ori/











■今日のカメ

■「箸付」
f0232060_20181925.jpgまずは、箸付から。自家製の寄せ豆腐。上には、イタヤ貝、とび子の餡がかかっています。









■「前菜」
f0232060_2017373.jpg7種の和前菜盛り合わせです。










■前菜、アップ
f0232060_2019583.jpg青菜のお浸し、鮎の真子和え、貝磯煮、枝豆チーズ、白瓜竜皮昆布射込み、鯛手毬寿司、三元豚岩塩焼き、です。








■「造り」
f0232060_20215898.jpg中トロ、鯛、ハマチ、ウニの4種。










■「焼物」
f0232060_2023595.jpg賀茂茄子と鴨の葱味噌焼き。ちょっと味噌が甘かったかな。









■「冷やし鉢」
f0232060_20154334.jpg夏野菜の冷やし煮物。冬瓜、サトイモ、パプリカ、ヤングコーン、アスパラです。優しい出汁の味。









■「酢物」
f0232060_2025592.jpgじゅんさいと、タラバ蟹と、はす芋の酢物です。










■「揚物」
f0232060_2016547.jpg花車海老の五色揚、帆立香り揚、です。カラッと美味しく揚っていました。









■「食事」
f0232060_20271280.jpg名物の鯛飯。豪華丸々1匹の鯛が入っています。いい香り。









■「留椀」
f0232060_2028126.jpg蟹の赤だし。










■「水菓子」
f0232060_20284674.jpg季節のシャーベットは、柚子でした。








ご招待いただき、赤坂にある隠れ家高級中華、


「メゾン・ド・ユーロン 酒家遊龍」でディナー。









賑やかな飲食店が立ち並ぶ赤坂のメイン通りから


裏路地にある住宅街に入り、


こんなところにお店あるのかなと心配になる頃、突然現れる。


f0232060_20381895.jpg

























f0232060_20384769.jpg




































ヌーベルシノワな中華コースは、


見た目にも美しく、どれも繊細で、食べやすかった。


f0232060_20505350.jpg


























f0232060_20511815.jpg


























f0232060_20514146.jpg







































「メゾン・ド・ユーロン」名物のフカヒレの姿煮も良かったなあ。


中国醤油でトロトロになるまでじっくり煮込んだフカヒレは、


食感も良く、風味良く、付け合わせの甘みある揚げパンとも相性が抜群だった。


f0232060_20523144.jpg

























f0232060_20531599.jpg































■「メゾン・ド・ユーロン」
http://www.yulong.jp/











■今日のカメ

■「メゾン・ド・ユーロン」
f0232060_20381895.jpg丸の内線「赤坂見附駅」から徒歩10分ほど。駅からはちょっと歩き、途中にちょっと坂があります。









■店内の様子
f0232060_20384769.jpg店内はゆったりしたテーブル席。奥には個室もあります。









■テーブルセット
f0232060_20564741.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■食前酒
f0232060_20572079.jpgまずは、キール。










■1品目
f0232060_210961.jpg「旬を味わう前菜の盛り合わせ」です。

うるいと自家製XO醤、アロエ、ウニ豆腐、くらげです。







■2品目
f0232060_2115222.jpg「新生姜ともずくのスープ」。さっぱりしていて食べやすい。









■3品目
f0232060_2124792.jpg「空芯菜のガーリック炒め」です。シャキシャキ。










■紹興酒
f0232060_214289.jpgここから紹興酒にチェンジ。










■4品目
f0232060_2145723.jpg鮮魚ソテーの黒酢ソースです。黒酢のバランスがちょうど良く、美味しい魚料理でした。









■5品目
f0232060_2163141.jpg「国産ハーブ豚の梅醤蒸し」です。

豚とレタスが梅の風味でサッパリして蒸されていて、これもすごく食べやすい。







■6品目
f0232060_2175117.jpg名物の「遊龍特製 フカヒレの姿煮込み ~揚げパンと共に~」です。









■フカヒレ、アップ
f0232060_20523144.jpg大きなフカヒレ。豪華!

見た目ほど味は濃くなく、ちょうどいい。しっかり味が付いてて、美味しいフカヒレでした。







■揚げパン、アップ
f0232060_20531599.jpg個人的に、めちゃくちゃ好きな揚げパン。素朴な甘みがあり、外側はカリッとしていて、めちゃくちゃ美味しい。

この揚げパンとフカヒレの相性もすごくいい。






■7品目
f0232060_21113935.jpg3種から選べます。私は高菜チャーハンにしました。パラパラで、美味しいチャーハンでした。









■8品目
f0232060_21122879.jpg濃厚な杏仁豆腐と、ほのかに花の香りがする中国茶。









■9品目
f0232060_21131932.jpgあんこを包んだ揚げ春巻き。食後の小菓子。








打ち合わせの待ち合わせ中。










星乃珈琲と言えば、スフレパンケーキ









そして、いま、イチゴフェア開催中となれば・・・


こうなるよね!




f0232060_13551120.jpg





























ふかふかで、美味しいイチゴパンケーキだった。満足。










■「星乃珈琲店」
http://www.hoshinocoffee.com/











■今日のカメ

■「星乃珈琲店」
f0232060_1357682.jpg大江戸線、日比谷線「六本木駅」から徒歩3分ほど。東京ミッドタウンの近くにあります。









■店内の様子
f0232060_13581273.jpg仕切りで区切られてて、プライベート感が保たれているテーブル。









■アールグレイ
f0232060_13593046.jpgホットのアールグレイ。










■イチゴパンケーキ
f0232060_14027.jpg名物の焼き立てスフレパンケーキに、たっぷりのクリームとイチゴ。

クリームの甘さもちょうど良く、美味しいパンケーキでした。









仲良くさせていただいている六本木のジビエ料理専門店、


「La Chasse ラシャッス」で、春のジビエ。










六本木にいることをすっかり忘れてしまうような、


洞窟のようなところで、ろうそくの明かりの下、


メインだけでなく、前菜の1皿目からジビエをたっぷり味わう。


f0232060_182967.jpg























f0232060_1829288.jpg























f0232060_18301069.jpg























f0232060_18294985.jpg
































稀少で、かつ、危険なヒグマ以外は、


ほぼシェフご夫妻が自ら銃を手に取り、山で狩ってきた獲物ばかり。


そこら辺の輸入や買ってきたジビエ料理店とは訳が違う。










なので、すべての料理に、どうやって獲ってきたか、どんな獲物だったか、


大きさだったり、場所だったり、リアルな世界観も一緒に皿とやってくる。


「ラシャッス」の美味しいジビエ料理はもちろんのこと、


シェフの狩り話を聞けるのも、「ラシャッス「」の醍醐味。









今日一番興味があったのは、この一皿。


「茨城県で仕留めた野ウサギのリエーブル・ア・ラ・ロワイヤル」


f0232060_18351088.jpg
























f0232060_1835529.jpg






























「リエーブル・ア・ラ・ロワイヤル」は、


元々、王様の食べる料理だそうで、


噛まなくても良いように、じっくり煮込んで柔らかくした肉料理だそう。


それを茨城県で仕留めた野ウサギを使って作った料理で、


その野ウサギを仕留めたニンジン畑のニンジンもグラッセとして添えられてる。










この一皿に、歴史と、狩りの話と、色んなモノが盛り込まれている。


世界観ごと食べさせてもらえるジビエ料理店は、都内でここだけだと思う。









■「La Chasse  ラシャッス」
http://la-chasse.org/default.htm










■今日のカメ

■店内の様子
f0232060_182967.jpg洞窟のような店内。テーブル席とカウンター席があり、席数は少なめ。すごく静かで、ゆっくり食事が出来ます。








■お気に入りの席
f0232060_1829288.jpg洞窟の一番奥にある、私のお気に入りの席。だいたいいつもココに座る。









■テーブルセット
f0232060_18301069.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_18294985.jpg1皿目からジビエなので、お店おすすめの赤でスタート。









■1品目
f0232060_18424662.jpgまずは冷製。

「茨城で仕留めた日本キジムースのブータンテリーヌ ココナッツの香り シェフが採ってきた天然セップ茸の温かいクレームで」(3200円)です。






■ブータンテリーヌ、アップ
f0232060_18445970.jpg血だったり、臓物だったりがあまり得意ではないのですが、そんな私でも美味しいと思うブータンテリーヌ。

全く臭みなく、濃厚ですが、やさしい味。キノコのクリームソースととてもよく合ってます。





■パン
f0232060_18462775.jpg濃厚なジビエと一緒に食べても負けない、しっかりとした味わいの自家製パン。









■パンのお供
f0232060_1850236.jpgオリーブオイル、イノシシの自家製リエット、バターです。









■2品目
f0232060_18504773.jpg次は、温菜。

「北海道で仕留めた蝦夷鹿の濃厚コンソメで作ったオニオングラタンスープ」(3000円)です。







■オニオンスープ、アップ
f0232060_1852676.jpg肉は入っていませんが、まるで肉を食べているかのような濃厚な出汁が出ています。すごく美味しい。

今年は蝦夷鹿が6頭獲れたそうで、その6頭分のエキスが凝縮されているそうです。






■3品目
f0232060_18351088.jpg温菜の2種類目。

「茨城県で仕留めた野ウサギのリエーブル・ア・ラ・ロワイヤル」(5200円)です。付け合わせのニンジンが目を引く一皿。






■野ウサギ、アップ
f0232060_1835529.jpg肉はすごく柔らかく、野ウサギの血やエキスを使った濃厚なソースもすごく美味しく出来ています。

オレンジ色の付け合わせのニンジンを見ていると、ニンジン畑で飛び跳ねていた野ウサギがちょっと頭をよぎりますが(苦笑)、感謝して、美味しくいただきました。




■4品目
f0232060_1858396.jpgメインは、日本キジとホワイトアスパラガス。

「茨城で仕留めた日本キジとフランス産ホワイトアスパラガスのアンサンブル ヴァンジョーヌ風味」(8500円、2名分)です。






■キジ、アップ
f0232060_1905734.jpgキジは、やや筋肉質で、しっかりとした食感。味としては、割とさっぱりしています。濃厚なクリームソースがすごく合ってます。








■デザート①
f0232060_1921819.jpgデザートは数種から選べます。

悩んだ末、「紅玉りんごのタルトタタン キャラメルソース シナモン香るアイスクリームを添えて」にしました。甘さ控えめで、とても美味しいタルトタタンでした。





■デザート②
f0232060_1935612.jpg「ラシャッス」の手作りアイスやシャーベットが種類豊富で、めちゃくちゃ美味しいので、いつも追加注文。

お気に入りのヨーグルトシャーベット。








ご招待いただき、六本木のジビエ料理専門店、


「La Chasse ラシャッス」で、誕生日のお祝いをしていただいた。











お祝いのディナーは、熊の手を煮込んだのパイと、


f0232060_22513929.jpg



































北海道占冠で獲れたヒグマの炭火焼


f0232060_22543526.jpg

























f0232060_2255867.jpg


































こんな熊尽くしの誕生日は、初めて(笑)。


どこの王国の姫君なんだろうw。









楽しくてたいぶ飲んじゃった。


素敵なディナーをありがとうございました!


この場を借りて御礼を。


f0232060_22563950.jpg





























■「La Chasse  ラシャッス」
http://la-chasse.org/default.htm










■今日のカメ

■赤ワイン
f0232060_22563950.jpg赤ワインをボトルで。美味しいワインでした。










■1品目
f0232060_2259438.jpg「茨城で仕留めた日キジ ササミ肉とフォアグラ アジャン産プラムのテリーヌ 日本キジの砂肝のコンフィとナッツを添えて」です。

日本キジって、食べていいんですね、知らなかったw。勝手に天然記念物かと・・・。





■アップ
f0232060_2325257.jpgまるでケーキのようなかわいらしい盛り付け!

全く臭みなどはなくて、むしろさっぱりしている冷菜です。







■2品目
f0232060_22513929.jpg「北海道でとれたヒグマの手の煮込みとそのひき肉、セップ茸のデュクセル、フォアグラのパイ包み焼き」です。

ヒグマの手、初めて食べた!濃厚ですが、全く臭みなく、すごく美味しいです。ヒグマの脂はすぐ溶けてしまうそうで、食感を残すためにも、低温で3日間くらいじっくり煮込むそうです。すごく手間掛かってます。



■3品目
f0232060_22543526.jpg「北海道占冠でとれたヒグマ 炭火ロースト」です。









■アップ
f0232060_2255867.jpg上品な牛肉を食べている感じ。これまた全く臭みはなく、牛肉よりはしっかりとした食感です。とても美味しい!








■デザート
f0232060_23105265.jpg大好きなラシャッスの手作りアイスクリーム。バニラ、シナモン、ヨーグルトの3点盛り。








ジビエの美味しい季節。


気に入っている六本木のフレンチ「le sputnik ル スプートニク」も


シェフがとてもジビエが得意とのことで、親友とお邪魔した。











鹿肉がなんとも美しい!!


f0232060_11431331.jpg
























f0232060_11433657.jpg




























濃厚で妖艶なピンク色の、プリッと弾力ありそうな、思わず触りたくなる肉。


エロ美味しい肉と表現すればいいのだろうか。


褒め言葉が見つからん。












前回の訪問では、ビーツで作られた真っ赤なバラの大輪料理に驚いたが、



今回は・・・、フォアグラが立ってる!!



f0232060_11454155.jpg
























f0232060_11461069.jpg




























フォアグラって、独り立ちできるんだな・・・。











他にも、デザートのような見た目の料理の中から、


フォーク差し込むと、黄色い黄身がドバッと出たり、


f0232060_11491951.jpg
























f0232060_1149438.jpg






























相変わらず、美味しくて、きれいで、不思議な料理が盛りだくさんだった。


しみじみと「好きだなあ、ここ」と思うフレンチ。








■「le sputnik ル スプートニク」
http://le-sputnik.jp/










■今日のカメ

■「ル スプートニク」
f0232060_1152149.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩3分ほど。東京ミッドタウン近くの路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_1153916.jpg席数は少なめですが、席の間隔が離れているので、居心地が良いです。スタッフがアットホームなので、一人で来られてるお客様もいました。








■テーブルセット
f0232060_11543215.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン
f0232060_122835.jpg私が好きなゲヴェルツトラミネールを事前にお店が用意して、冷やしておいてくれた!美味しいー。









■1品目
f0232060_1285416.jpg「ルスプートニク」のスペシャリテとも言える繭玉のアミューズ。









■繭玉、アップ
f0232060_129465.jpg繭玉の中には、真鯛ときゅうりが入っています。

繭玉は意外としっかりしてて、やや固めです。








■2品目
f0232060_12105350.jpgホタテとカブのミルフィーユ。










■アップ
f0232060_1213452.jpgホタテの柔らかさと甘味、カブのシャッキリ感と甘味、すごくバランスが良く、美味しい一品でした。









■パン
f0232060_12152879.jpg旨味があって、美味しいバケット。










■3品目
f0232060_1216562.jpgウッフ(フランス語で卵)の料理。白い部分は卵白、下には濃厚なキノコソース。









■中には・・・
f0232060_1149438.jpg中を割ると、黄身が溢れてきます。キノコのソースと卵黄が絡んで、とても美味しいです。









■クロッシュ登場。
f0232060_12182487.jpg白い煙に包まれたクロッシュが出てきました。










■燻製のいい香り!
f0232060_12191842.jpgクロッシュで煙を閉じ込めて瞬間燻製をかけています。









■4品目
f0232060_12214065.jpgさわらの瞬間燻製です。

春らしく、こごみ、菜の花などの山菜が添えられています。







■アップ
f0232060_12322435.jpg色鮮やかな緑!










■赤ワイン
f0232060_123324100.jpgお店おすすめの赤ワインを。










■5品目
f0232060_11461069.jpgフォアグラとマンゴーの料理。フォアグラを挟んでいるのは、カカオ風味のガレット。









■フォアグラ、アップ
f0232060_11454155.jpgフォアグラが立ってます!

マンゴーの甘味とフォアグラがよく合っています。








■6品目
f0232060_12415245.jpg白子とカリフラワーと長芋の料理。

真っ白で、雪のよう。美しい一品。








■7品目
f0232060_12431524.jpgフレンチ風のブリ大根。

いわゆる、醬油の茶色いブリ大根を想像していたら、全然違ったw。







■ブリ、アップ
f0232060_12443875.jpgブリの上から、ブリで取った出汁がかかっています。









■大根、アップ
f0232060_12452224.jpg大根は、赤大根、黒大根、黄色大根の3種。キレイ。










■8品目
f0232060_11433657.jpgメインディッシュは、エゾ鹿もも肉のソテーです。










■鹿もも、アップ
f0232060_11431331.jpg美しいピンク色をしてて、プリプリです。絶品!










■9品目
f0232060_12485488.jpgデザート1品目は、黒トリュフアイス。










■アップ
f0232060_12494427.jpg上にも黒トリュフが乗ってますが、味もしっかり黒トリュフになってました。









■10品目
f0232060_12505263.jpgデザート2品目は、華やかなピンク色のイチゴとハイビスカスのデザート。









■アップ
f0232060_1252239.jpgイチゴのジェラート、ハイビスカスのジュレが中に入っています。周りは、あめ細工。









■紅茶
f0232060_12532138.jpgホットのダージリン。










■小菓子
f0232060_12534563.jpg食後の小菓子。トンか豆のブランマンジェとミニシュークリーム。









ご招待いただき、麻布十番にある予約困難な隠れ家フレンチ、


「l'equateur エクアトゥール」でディナー。









見た目にも美しく、オマール海老、フォアグラ、馬肉等の高級食材の他、


すっぽんを使った変わった料理などもあり、


食べても美味しく、楽しませていただいた。


f0232060_130572.jpg
























f0232060_1312020.jpg
























f0232060_1314194.jpg

































フレンチですっぽんは初めて食べたかも。


コラーゲンたっぷりで、なんだか中華の豚足食べてる感じなんだけど、


でも、ちゃんとフレンチしてるから、あら不思議。


f0232060_19214381.jpg
























f0232060_1321638.jpg































電話予約は受け付けず、web予約のみだが、


すでに数ヶ月先まで予約がいっぱいだそう。









おそらく一度来た人が、気に入ってリピーターとなって、


そのまま次の予約をしていくので、なかなか空きが出ないんだろうな。









お店としても、新規顧客開拓を考えつつも、


一度来て、気に入ってくれた人の方が安心だし、


常連にもなってくれるわけだから、それはそれでいいんだろうな。









■「l'equateur エクアトゥール」
http://equa-teur.com/up/?page_id=489











■今日のカメ

■「エクアトゥール」
f0232060_19231758.jpg大江戸線「麻布十番駅」、「六本木駅」から徒歩15分ほど。このビルの2階です。駅から離れてる上、住宅街にあるので、ちょっと分かりにくいです。








■店内の様子
f0232060_19313874.jpgカウンターとテーブル。席は細かく仕切られているので、プライベート空間が保たれています。









■テーブルセット
f0232060_19323815.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■白ワイン①
f0232060_19331441.jpgお店おすすめの白ワインから。










■1品目
f0232060_19335521.jpgまずは、ハマグリを使った前菜からスタート。










■アップ
f0232060_19345691.jpgソースは、ハマグリとサフランのクリームソースです。









■2品目
f0232060_19354912.jpg真鯛のカルパッチョ。










■アップ
f0232060_19363298.jpgソースは、白子を潰してソース状にしたもの。臭みはなく、まろやかで上品な味わい。









■パン
f0232060_19374240.jpgパンとバター。










■3品目
f0232060_19384583.jpgパテ・ド・カンパーニュ。










■アップ
f0232060_130572.jpg豚足とジャガイモととこぶしも入っています。










■4品目
f0232060_1941474.jpgオマール海老を使った料理。ソースは、濃厚なアメリケーヌソース。









■アップ
f0232060_1312020.jpg甘くて美味しいオマールでした。










■5品目
f0232060_1942331.jpgフォアグラと牛タンの炭火焼。










■アップ
f0232060_1314194.jpg下には菊芋のピューレが敷かれています。










■白ワイン②
f0232060_19442284.jpg白ワインに合う料理が続くとのことで、珍しく立て続けに白ワイン。

最近、どうも白ワインが本当に相性悪いみたいで、2杯くらい飲むと、頭が痛くなる・・・。赤ワインは平気なのになあ。





■6品目
f0232060_19214381.jpgメインは6種くらいの中から2種選べます。

私は、まず1品目をすっぽんにしました。フレンチですっぽんは初めて!







■アップ
f0232060_1321638.jpgトロトロです。臭みはなく、ちょっと骨が多い。和風っぽさもありつつ、ちゃんとフレンチ。









■7品目
f0232060_19481691.jpg2品目のメインは、馬肉にしました。










■アップ
f0232060_1949622.jpgやわらかい馬肉でした。苦味がある野菜と、甘めのソースがよく合ってました。









■8品目
f0232060_195028100.jpgキルシュ(さくらんぼのブランデー)を使ったアイスと、ピスタチオのクッキー。周りにはパイナップルやベリーなど。








■9品目
f0232060_19524571.jpgダージリンと小菓子。









仲良くさせていただいている六本木のジビエ料理専門店、


「La Chasse ラシャッス」にて、この時期だけの特別料理。









いつものテーブル席ではなく、奥にある秘密の個室、


通称「またぎ部屋」で本物のイノシシ鍋をいただく。


f0232060_15215967.jpg


































よくあるイノシシ鍋は、肉がイノシシであって、


鍋の出汁は、味噌だったり、醬油だったりするが、


「ラシャッス」のイノシシ鍋は、


シェフが仕留めたイノシシの頭から内臓まで全部使い、


出汁から脂から、すべてがイノシシで出来ている。


f0232060_15251668.jpg





























肉だけでなく、本当にイノシシ1頭が獲れた時にしか味わえない冬の贅沢。


味も、香りもすごく濃厚で、イノシシのすべてを食べている感じ。


ものすごく脂が出ているが、天然の脂なので、


全く胃が重くなったり、気持ち悪くなったりもしない。










人によって好き嫌いは分かれるかもしれないが、


おそらく「ラシャッス」でしかいただけないと思われる、とても美味しい鍋だった。









フレンチの「ラシャッス」で鍋食べたのも初めてだし、


箸が出てきたのも初めてだなあ。


なんか、色々と感動。







■「La Chasse  ラシャッス」
http://la-chasse.org/default.htm











■今日のカメ

■「La Chasse  ラシャッス」
f0232060_15304367.jpg大江戸線「六本木駅」から徒歩8分ほど。住宅街にひっそりと佇む洋館がお店。









■またぎ部屋
f0232060_15215967.jpgいつもの客席とは違う、奥の秘密部屋「またぎ部屋」へ。

猟師さんからもらった剥製やシェフが仕留めた獲物の毛皮などが飾ってあります。






■赤ワイン
f0232060_15332469.jpgお店おすすめの赤ワインを。










■テーブルセット
f0232060_1534377.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■1品目
f0232060_15364774.jpg「北海道占冠でとれたヒグマの心臓とヒレのフリット オニオンキャラメリゼのチュイルとウチュウ芋のピュレ タスマニアレザーウッドハニー風味のソースで」です。







■ヒグマ、アップ
f0232060_15384413.jpg臭みは全くなく、ヒグマの濃厚な味わいに、甘味のある玉ねぎ、芋、ソースがとても合っています。









■パン
f0232060_15393961.jpg自家製パン。










■パンのお供
f0232060_15401324.jpgオリーブオイル、自家製豚のリエット、発酵バター。









■2品目
f0232060_1541269.jpg「御殿場のそば畑で仕留めたヤマバト 各部位を炭火ローストで」です。

そば畑の近くにいたヤマバトなので、エサでそばを食べているため、そばアレルギーの人はNGだそうです。





■ヤマバト、アップ
f0232060_1543919.jpgちゃんと頭から各部位に分かれて並んでいます。人体模型のよう。









■横から、アップ
f0232060_1544915.jpg半身分、頭の脳みそからすべて食べられます。

臭みは全くなく、食べやすい味です。身もしっかりしていて、美味しいです。







■囲炉裏、登場
f0232060_15452252.jpgテーブルの真ん中が開けられるようになっていて、中から囲炉裏が出てきました。









■本物のイノシシ鍋
f0232060_15463150.jpg1頭から10鍋分しか作れないという、頭も内臓も全部入れて出汁を取ったイノシシ鍋。贅沢品。









■イノシシ鍋、アップ
f0232060_15251668.jpgジビエならではの独特の味と香りがしますが、めちゃくちゃ美味しい鍋でした。イノシシの肉以外にも、モツや、大根、ニンジン、こんにゃくなども入っています。







■デザート
f0232060_15485873.jpg自家製のヨーグルトシャーベット、バニラアイス、キャラメルアイスの3点盛り。

「ラシャッス」は、アイスとシャーベットの種類が多く、どれもとても美味しいです。








六本木一丁目にあるフレンチ「Gaucher ゴーシェ」でランチ。










六本木界隈にはゲームやIT系の会社が多く、


まだオープンして1年とのことだが、


六本木に勤める数名の知り合いから名前を聞いていたレストラン。









自分で注いで飲むポタージュも美味しく出来ていて、


f0232060_16205028.jpg
























f0232060_1621189.jpg






























メインディッシュの豚ほほ肉のフリカッセも美味しかった。


f0232060_16232075.jpg

































ランチからしてとても丁寧な作りで、優雅なミニフレンチコースが楽しめた。


六本木界隈のおしゃれOLさんに人気あるだろうなあ。


今度はちゃんと時間を取って、ぜひ夜もお邪魔してみたいと思う。








■「Gaucher ゴーシェ」
http://gaucher.jp/










■今日のカメ

■「ゴーシェ」
f0232060_16262754.jpg南北線「六本木一丁目駅」から徒歩5分ほど。

六本木通り沿いの「G」の黒い看板が目印。お店はビルの地下にあります。







■店内の様子
f0232060_16284124.jpg黒と黄緑と白を基調とした店内で、シックで大人っぽい感じです。席数はそこそこあります。









■テーブルセット
f0232060_1630873.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■パン
f0232060_16303661.jpgシンプルな丸パン。










■前菜
f0232060_16205028.jpgランチはすべてコースで、メインの内容と値段が異なり、数種から選べます。今日は、メインが豚ほほ肉を使った料理になる1760円のコースにしました。

まずは、カリフラワーのポタージュ。具とスープが別になっています。





■ポタージュ、アップ
f0232060_1621189.jpg温かいスープを自分で注いでいただきます。ミニカップで2杯分くらいありました。美味しいスープでした。








■メイン
f0232060_1634443.jpgメインは、豚ほほ肉のフリカッセ(白い煮込み)です。下には、栗が入ったピラフが敷いてあります。

濃厚なクリームソースで、豚にもピラフにも合っていました。美味しいです。






■紅茶
f0232060_16353790.jpg食後のアイスアールグレイと、一口サイズのブラウニー。コースのセットで付いてきます。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ