カテゴリ:中央・総武線その他( 90 )









大好きな高山シェフのイタリアンの名店「メゼババ」でディナー。


かなり西に住んでいる私にとって、


かなり東の亀戸は、メゼババに来る以外に降りたことがない。


私の亀戸といえばメゼババであり、メゼババといえば亀戸だったりする。


f0232060_20251067.jpg












今日の食材を見せてもらうだけで、ワクワクが止まらない。


めちゃくちゃ大きな三重県尾鷲の釣りアジに、


f0232060_20273648.jpg












愛農ポークの塊肉に、


f0232060_20281442.jpg












近江牛の塊肉。


正直、選べん!!!!全部食べたい・・・。


f0232060_2028586.jpg













メニュー検討のクールダウンをするために


みんなでとりあえず乾杯。


そして、炭酸飲めない私は、一口だけ泡をいただいて、


早速、赤ワインを開けさせてもらう。


f0232060_20302868.jpg


f0232060_20304412.jpg












高山シェフが釣りアジをおすすめしていたので、


まず1品目は、釣りアジのマリネを。


このアジ、めちゃくちゃ濃厚で美味しいーーーー!


f0232060_2032073.jpg


f0232060_20321236.jpg













2品目は、岩ガキ


いつも見るたびに思うのは、色んなカキを色んな店で見てるが、


やっぱり「メゼババ」の岩ガキが一番大きくて、輝いてるということ。


そして、残念ながら、そんなカキを食べられない私。


f0232060_20333779.jpg


f0232060_20335024.jpg












3品目は、セミ海老のサラダ。


大きなセミ海老がドーーンと盛られてて、超豪華。


セミ海老が甘くて、プリプリで、すごくうまい。


f0232060_2035811.jpg


f0232060_20352320.jpg












いつも基本、赤しか飲まない、飲めない私のために、


好みを伝えて高山さんが用意してくれた白ワインがめちゃくちゃ美味しくて、


珍しく今回は途中で赤を切り上げて、白ワインを飲み続けることに。


f0232060_20364698.jpg












4品目は、「メゼババ」の定番、白いんげんカラスミ


実は、白いんげんも、カラスミも、あまり得意な食材ではないのだが、


「メゼババ」のこの料理はすごく美味しくて、ペロッと食べてしまう。


f0232060_20385468.jpg


f0232060_2039337.jpg












5品目は、大好物の鶏バター


美味しすぎるので、もう一回言ってしまう、鶏バター。


f0232060_20402830.jpg













鶏のエキスと、ハーブをまとった濃厚なバターは、


パンに付けていただくのだが、美味しすぎて、今度はパンが止まらないw。


f0232060_20412723.jpg


f0232060_20413553.jpg












6品目は、ウサギのフリット。


他店でも何度もウサギのフリットは食べているが、


このボリュームと、この大きさはない。


骨付きで、ものすごく柔らかく、ジューシー。


から揚げ好きにはたまらん一品。


f0232060_20425736.jpg


f0232060_204398.jpg













ここで、また高山さんが美味しい白ワインを投入。


さっきの白もものすごく美味しかったが、


それを超えて、この白ワインが美味しくて、


ホント珍しくずっと白ワインを飲んでる本日。


f0232060_2044149.jpg













7品目は、夏トリュフのオムレツ。


オムレツが夏トリュフに覆われてるーーーー!!


f0232060_20452497.jpg


f0232060_20453619.jpg












8品目は、「メゼババ」パスタの定番、レモンのパスタ


ほんのり酸味が効いてて、夏に合う、さわやかなパスタ。


f0232060_20464253.jpg


f0232060_2047353.jpg












ここで、ラスト赤ワインをもう1本。


f0232060_20474025.jpg












9品目は、赤ウニのカペリーニ。


たっぷりの赤ウニ、強めの塩を効かせて、磯の香りが引き立つ冷製パスタ。


f0232060_20491738.jpg


f0232060_20492517.jpg












10品目は、デザートで、


本日はイタリア・シチリアの伝統菓子カンノーリ


他店だと、よくカンノーリの中身がカスタードクリームのことがあるが、


本当はリコッタチーズ100%で作られるものらしく、


「メゼババ」のカンノーリも本場通り、リコッタを使ってる。


f0232060_20514126.jpg








本日も特大満足のイタリアンだった。


高山シェフ、ご馳走様でした!!






■「メゼババ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE17/SUB1701/100000849456/

















最近、鮨グルメ界の中で、たびたび名前を聞く阿佐ヶ谷「じゅうぞう」。


知り合いの方が貸し切り会を開くとのことで、お邪魔させてもらった。


f0232060_1751857.jpg


f0232060_1752713.jpg













中央線らしい雰囲気を醸し出す阿佐ヶ谷北口の飲み屋街を通り、


焼鳥屋、おでん屋、ワインバーなど、


賑やかなお店を通った一番奥にひっそりと佇む小さなカウンター鮨。


f0232060_178316.jpg












鮨は、つまみも、にぎりも食べれるおまかせコースが8000円で、


それ以外に日本酒などは各種取り揃っていて、


お腹いっぱい食べて飲んで、1万円ちょっとで楽しめる。


f0232060_17104445.jpg


f0232060_17105390.jpg












1品目は、マグロのすき身


上には、あおさと、黄身醤油がかかっている。


f0232060_17114364.jpg













つまみとにぎりが交互に出てくるスタイルで、


2品目は真鯛、3品目はさよりのにぎり。


付け合わせの新キャベツを自家製発酵させた浅漬けのおしんこも美味しかった。


f0232060_17124324.jpg


f0232060_17125239.jpg


f0232060_17134542.jpg












4品目はすみいかの肝、5品目は柔らかいタコ。


f0232060_17153158.jpg


f0232060_17153985.jpg













6品目は、にしんの白子


単品だとかなり濃いので、酢飯と和えているそう。


f0232060_17162834.jpg













7品目はトリ貝、8品目はサバのにぎり。


f0232060_17172740.jpg


f0232060_17173799.jpg












9品目は、赤貝の味噌和え。


赤貝をこんな感じで和えて出してもらったのは初めて。


f0232060_17183542.jpg













10品目は、大トロ


脂がしっかり乗ってて甘味あるので、


わさびたっぷり乗っててもあまり辛さを感じない。


f0232060_1720168.jpg













11品目はアナゴの肝、12品目はウナギの出汁卵とじ。


f0232060_1721962.jpg


f0232060_17212226.jpg













13品目は、ウニ


海苔の香りと、ウニの甘味をどちらも感じられるように


軍艦にはしないで、オープンサンドにしているのだそう。


f0232060_17224574.jpg













面白かったのが、14品目の車海老


普通、頭と尻尾が出てて、細長い形状をしているのだが、


「じゅうぞう」では、口当たりを考え、食べやすいように、


頭と尻尾が中に折りたたまれている。


なので、ちゃんと1本分の海老が入ってるのだが、コンパクト。


f0232060_1724432.jpg


f0232060_17245349.jpg












15品目の〆はアナゴ


お椀は、バイ貝や白みる貝で出汁を取ったお吸い物。


f0232060_17255010.jpg


f0232060_1726396.jpg











最近とても人気で予約も取りづらくなっているらしいが、


阿佐ヶ谷の飲み屋街で、こんな本格的なお鮨が食べられるのは素晴らしい。








■「じゅうぞう」
http://jyuzo.jp/
















昨年秋にオープンしたばかりの三鷹「すし さき田」で、


友達のランチ貸し切り会があり、お邪魔させてもらった。


小さな店内だが、靴を脱いで、


掘りごたつのような感じでカウンターに座るスタイルで、とても落ち着く。


f0232060_14335171.jpg


f0232060_1434151.jpg


f0232060_1434117.jpg












大将は、鮨の名店「久兵衛」で修業されていただけでなく、


魚の勉強をするために大手の仲買店でも修行されてる、


まさに魚を知り尽くしたプロフェッショナル。


f0232060_14374836.jpg












1品目は、白魚から。


日本酒は、さっぱり辛口の宮城県平考酒造の「日高見」。


f0232060_14391815.jpg


f0232060_14392826.jpg


f0232060_14393894.jpg












2品目は、まはたのお造り。


f0232060_14401599.jpg












3品目は、蝦夷アワビと明石の真だこ


アワビもたこも、すごく柔らかくて、美味しかった!


f0232060_1441372.jpg












4品目は、ボタン海老


火を入れすぎずに、ちょっとレア気味に。


f0232060_14425469.jpg











5品目は、あん肝


優しい味わいで、これもすごく美味しくできていた。


f0232060_14434252.jpg













6品目は、とり貝。甘味がある。


f0232060_14442083.jpg











7品目は、めぬけのしゃぶしゃぶ。


これもすごく甘味あって、美味しい。


f0232060_14445955.jpg












8品目は、軽くあぶったサワラ


f0232060_14453932.jpg












軽くつまんだ後に、にぎりがスタート。


まずは、スミイカ、かすご鯛、サバ。


f0232060_14464440.jpg


f0232060_14465786.jpg


f0232060_1447785.jpg












次に、福井と京都の赤身、中トロ、大トロ


同じ中トロでも、産地や部位が違うと、味も香りも全然違う。


f0232060_14485274.jpg


f0232060_14491170.jpg


f0232060_14492246.jpg


f0232060_14493512.jpg











続いて、天草のこはだ、大粒の小柱、ウニ。


f0232060_14503467.jpg


f0232060_14504462.jpg


f0232060_14505436.jpg













最後は、江戸前の煮はま煮穴子


鮨の仕込みでは、煮はまが一番難しいそうで、


火を入れすぎるとすぐ硬くなり、火を弱めると生臭くなるので、


すごく技術とコツがいる仕込みになるそう。


あまり普段は好んで煮はまを食べないのだが、


味が濃すぎず、薄すぎず、柔らかくて、美味しい煮はまだった。


f0232060_14533966.jpg


f0232060_14535596.jpg












玉子がすごくフワフワで、カステラのようで、とても美味しかった。


美味しいので、おまけで端っこももらっちゃったw。


f0232060_14543816.jpg


f0232060_14545255.jpg











全体的にすごくバランスが良く、食べやすく、美味しいし、


三鷹のこの近辺でこんな雰囲気の寿司屋さんがあまりないので、


一気に人気店になりそうな予感。


1つ欲を言うと、全体的にバランス良く、優等生すぎるので、


もう1つ、人に言いやすい何か個性があると、もっといいなあという感じ。








■「すし さき田」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13216828/
















昔、秋葉原にオフェスがあった時に、


香川が本店の美味しいうどん屋「香川 一福」の


都内一号店が神田に出来て、オープン直後にすぐお邪魔し、


長らく通わせてもらったのだが、最近、神田以外にもちょこちょこ店舗が増えてる。










立川に用事があった帰りに、立川にも「一福」があったことを思い出し、


ちょっと遅めのランチを。


f0232060_18262323.jpg










おー、空いてるーーーー!!!!


神田店が出来た頃には、ランチからだいぶ時間が過ぎてても、


外に行列が出来てるほどだったので、


こんなにすぐに入れて、すぐ食べれるなんて、幸せ!


f0232060_18273077.jpg










こんなに空いてるけど、味はちゃんと変わらず「一福」クオリティー。


必食の鶏天たまご天をはじめ、天ぷらモリモリで美味しくいただいた。


相変わらず、「一福」は美味しいな。


うどんも美味しいし、つゆも最高。


f0232060_18321518.jpg


f0232060_18323450.jpg


f0232060_18333135.jpg










■「香川 一福」
https://www.facebook.com/ippukutachikawa/
















常連さんにお誘いいただき、久しぶりに「メゼババ」へ。


来たくても滅多に来れない、


予約取れずの超有名イタリアンなので、喜びもひとしお。


わーい、わーい!


f0232060_14572253.jpg


f0232060_14573683.jpg











どれを食べても美味しくて、1料理ごとに記事が書けちゃうレベルなのだが、


f0232060_1521578.jpg


f0232060_1521817.jpg


f0232060_152284.jpg


f0232060_1522149.jpg










ドドーンと登場、近江牛!!


ついつい拝みたくなるような神石的な、


すごく神々しいオーラを放ってる肉塊。


f0232060_1531084.jpg












近江牛は温かいカルパッチョとして、


ローズマリーと熱々に熱したオリーブオイルをたっぷりかけていただく。


写真撮っただけでも、美味いことが分かってしまうくらい、すごい肉。


f0232060_155215.jpg


f0232060_155625.jpg












そして、萩沖で採れた大アサリは、


これでもか!というほどたっぷり惜しげも無く使って、


濃厚なアサリ出汁をたくさん吸ったボンゴレとして登場。


f0232060_1575598.jpg


f0232060_1575728.jpg











そして、本日のメインディッシュは、コレ!


イタリアから直輸入の生ポルチーニ茸!!


ポルチーニは大の大好きで、この時期にいろんなお店でいただくが、


今まで出会った中でも、こんな大きくて、こんなに香りがいいものは初めて。


f0232060_159553.jpg











生の美味しいポルチーニは、シンプルにソテーが最高。


傘の部分はとろーり半熟卵とともに、


柄の部分はシンプルに焼いただけでめちゃくちゃ甘くて美味しい。


f0232060_15112937.jpg


f0232060_15113528.jpg


f0232060_15113989.jpg










マリオになった気分。


マリオがきのこ食べて、ワンナップしたり、大きくなる気持ちが分かるわ。


こりゃ、テンション上がるw。


ヒーハー!!!!









■「メゼババ」
https://retty.me/area/PRE13/ARE17/SUB1701/100000849456/











■今日のカメ

■「メゼババ」
f0232060_14572253.jpg
総武線「亀戸駅」から徒歩8分ほど。居酒屋が並ぶ、ちょっと怪しげな路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_14573683.jpg
カウンターのみ10席ほど。本日は、常連さんによって、貸切。そして、メニューも通常メニューではなく、常連さん仕様。







■シャンパン
f0232060_1521578.jpg
お店オススメのシャンパン。まずは、乾杯。










■1品目
f0232060_15203911.jpg
イタリア産の生サラミと、佐渡の黒イチジク。この黒イチジク、甘さのバランスが良く、すごく美味しい。









■2品目
f0232060_15224725.jpg
水牛のチーズと、アンチョビと、岩城島のレモン。レモンがいいアクセントで、爽やかな風味の前菜。









■パン
f0232060_152284.jpg
イタリアンの濃い味に負けない、どっしりとしたライ麦パン。









■3品目
f0232060_1522149.jpg
沼津のメヒカリのフリット。シンプルなフリットだけど、めちゃくちゃ美味しくて、骨までそのまま食べれる。









■近江牛、登場!
f0232060_1531084.jpg
ものすごいインパクトのある近江牛の塊。ツヤツヤ。










■赤ワイン
f0232060_1529795.jpg
飲みやすい赤ワイン。










■4品目
f0232060_155215.jpg
近江牛の温かいカルパッチョ。切り立ての近江牛の上に、熱々のオリーブオイルとローズマリー。いい香り。近江牛も柔らかくて、脂のバランスも良く、すごく美味しい!







■5品目
f0232060_1575728.jpg
萩沖の大アサリのボンゴレ。濃厚な出汁のボンゴレ自体美味しいのはもちろんのこと、メゼババで使っているパスタが美味しい。太麺で、やや硬めで、しっかりと小麦の味がする。絶品。









■巨大ポルチーニ茸、登場!
f0232060_159553.jpg
メインディッシュは、魚でも肉でもなく、生のポルチーニ茸。それだけの価値と味のある、素晴らしいポルチーニでした。








■6品目
f0232060_15112937.jpg
メインディッシュの生ポルチーニ茸のソテー。傘の部分は、パルメザンチーズをかけて半熟卵とともに、柄の部分はシンプルなソテー。ポルチーニがこんなに甘いとは!!今まで食べたどのポルチーニ茸より美味しかった。生涯忘れない・・・。






■7品目
f0232060_15354695.jpg
手作りのカスタードプリン。ビターカラメルで、大人の味。







知り合いのグルメ会に誘われて、


三鷹にある名物居酒屋「寿栄広(すえひろ)」へ。









最寄駅の三鷹駅、吉祥寺駅のどちらからも遠く、


雰囲気的にも、知り合いがいないとなかなか入れないような


完全地元密着型の居酒屋。


f0232060_18135638.jpg


f0232060_1814122.jpg











この一見、ごく普通の居酒屋に、


各地からかなりのグルメな方々が、


わざわざ20名近く集まったのには理由があり、


f0232060_18175538.jpg










めちゃくちゃ厚切りの新鮮な大トロや中トロ、カキに海老、手作りのつまみなど、


すごいボリュームと飲み放題で一人4000円くらいという


驚異の安さをこの舌で確かめるため。


f0232060_1819297.jpg


f0232060_18193094.jpg


f0232060_1819466.jpg


f0232060_18195951.jpg











ちょっとこの日は仕事があって、


私は途中で退席することになってしまったが、


このトロの刺身は、美味しかったなあ。


これが食べれただけでも十分w。


f0232060_18221536.jpg










この後も、参加者の皆さんはビールやサワーを飲みながら、


〆の雑炊まで楽しく飲み食べされたそう。


ホント遠いので、わざわざ行くまではお勧めしないが、


近くにあったら、近所のおじ様方にすごく喜ばれそうな居酒屋。







■「寿栄広(すえひろ)」
https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13056207/
















荻窪にあるお気に入りのフレンチ「Valinor ヴァリノール」でディナー。



f0232060_1971750.jpg























f0232060_1974279.jpg























f0232060_198342.jpg























f0232060_1982370.jpg

































「ヴァリノール」は、どの料理もすごく丁寧に作られてて、


どれもとても美味しいが、特に、魚料理が突出して美味しい。


コースの中でも、全体的に魚を使った料理が占める割合が高い。


f0232060_1911451.jpg























f0232060_1912149.jpg























f0232060_19125092.jpg























f0232060_19131320.jpg























f0232060_1913515.jpg























f0232060_19142050.jpg































毎回、すごく「魚」の印象が強いので、お店に聞いてみたら、


シェフが魚がお好きなのもありつつも、


荻窪という町が高齢者のお客さんが多いそうで、


そんな方々にも食べやすく、負担にならずにフレンチを楽しんでもらえるように、


特に、魚料理には力を入れられているそう。







確かに、毎回しっかりいただいて、満足しているのに、


胃に負担が少なく、すごく食べやすい。


荻窪界隈で、おすすめの美味しいフレンチ。







■「Valinor ヴァリノール」
http://www.valinor2011.com/index.html









■今日のカメ

■「ヴァリノール」
f0232060_1971750.jpgJR荻窪駅南口から徒歩3分ほど。










■店内の様子
f0232060_1974279.jpgテーブルと半個室。いつも端の席が落ち着くので、ここをいただいてます。









■テーブルセット
f0232060_19213937.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■メニュー
f0232060_198342.jpg実は、この花瓶の中に入っている螺旋の紙がメニューになっています。グラスを回すと、一連のコースが見えます。素敵。








■赤ワイン
f0232060_1982370.jpgいつものように、最初から赤スタート。










■アミューズ①
f0232060_19234382.jpg柚子と生姜を使った胃を温める飲み物。ほんのり甘さがあります。









■アミューズ②
f0232060_19244338.jpgブラックオリーブを使ったマドレーヌと、海藻バターを使ったサブレ。アミューズからして、すごく美味しい。いくつも食べたくなるw。








■1品目
f0232060_1911451.jpg何やら、モクモクとスモークが出ている料理が登場。スモークから磯の香りがします。









■アップ
f0232060_1927620.jpg菊芋とトリュフとホタテを使った前菜。










■2品目
f0232060_1929181.jpg瞬間燻製の料理。ガラスケースの中がモクモクしています。









■開けると・・・
f0232060_19293886.jpg中はこんな感じになっていて、鰆の瞬間燻製、パセリのマヨネーズソース、上には米粉のチップスが乗っています。








■3品目
f0232060_19281193.jpg三重県熊野の蛤を使った濃厚な出汁の雑穀リゾット。これ、めちゃくちゃ美味しかった!









■パン
f0232060_19322327.jpg「ヴァリノール」のパンは、ちょっと独特で、美味しいです。バターは黒ごまバター。









■4品目
f0232060_19131320.jpg勝浦の金目鯛を6日間熟成させて、軽く炙ったもの。上にはナスタチウムと、ポロ葱の緑のソース。









■5品目
f0232060_19352417.jpgメインの魚料理は、すずきのソテー。イカスミのブイヤベースソースと、京都の甘みあるほうれん草が添えられてます。

このすずき、火入れが抜群で、めちゃくちゃ美味しかったです。ホント魚料理が突出して美味しい。





■6品目
f0232060_1938575.jpg肉のメインディッシュは、ヴィクトリアの仔羊。すごく美しい。バラの花に見えるのは玉ねぎの赤酢漬け。

この仔羊も、臭みなく、すごく食べやすかった。






■7品目
f0232060_19395791.jpg口直しを兼ねて、チーズとサラダ。

パルミジャーノチーズにベビーリーフ。その上に、若摘みオリーブのオイルが掛かっています。







■8品目
f0232060_19413098.jpgビーツを使った真っ赤なシャーベット。周りには抹茶のメレンゲが添えられてます。









■9品目
f0232060_1942251.jpg2つ目のデザートは、キウイのソルベ。










■アップ
f0232060_19435785.jpg下には、カリッと焼いたトーストが添えられてます。









■食後の飲み物
f0232060_19443287.jpgレモングラスのハーブティー。カップがかわいい!










■小菓子
f0232060_1945888.jpgミニシュークリーム。










■お土産
f0232060_19453594.jpg一口パウンドケーキをお土産にくれます。楽しかった食事の余韻が家まで残るので、ちょっと嬉しいサービス。









市ヶ谷の路地裏にある古民家ビストロ「燕食堂」でディナー。


意外と駅から近い場所にあるが、


家と家の間のような場所にあって、知る人ぞ知る隠れ家ビストロ。


その分、静かで、アットホーム。一人でも入りやすい。


f0232060_1825439.jpg























f0232060_1845617.jpg























f0232060_1853689.jpg

































野菜をふんだんに使った料理、自家製のシャルキュトリー、


天然酵母の自家製パンが人気で、メニューもバリエーション豊富。


国産ワインにこだわり、他ではあまり見かけないお酒も飲める。


席の間隔も空いているので、ゆっくり食事が楽しめる。


f0232060_18403326.jpg
























f0232060_18405799.jpg
























f0232060_18412513.jpg
























f0232060_18414834.jpg
























f0232060_18421019.jpg
























f0232060_18423422.jpg
























f0232060_1843178.jpg































市ヶ谷でいいビストロ見つけたなあ。


割と、地下鉄乗り換えとかで市ヶ谷使うからありがたい。






■「古民家ビストロ 燕食堂」
http://tsubameshokudo.com/







■今日のカメ

■「燕食堂」
f0232060_1825439.jpgJR市ヶ谷駅から徒歩5分ほど。駅からすぐの路地裏にあります。ちょっと入口は分かりづらいです。









■店内の様子
f0232060_1845617.jpgソファ席とテーブル席。席の間隔が空いてるので、ゆっくり食事が出来ます。









■テーブルセット
f0232060_2023545.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■赤ワイン
f0232060_1853689.jpgお店おすすめの赤ワイン、山梨の「ルバイヤードマスカットベリーA」。ワインは基本すべて国産。









■パン
f0232060_20262179.jpg天然酵母を使ったパンがお通し。バターはブラックオリーブを練り込んだバター。









■1品目
f0232060_18403326.jpg本日のテリーヌ。里芋のテリーヌの上に、ズワイガニを乗せたもの。野菜もたっぷり。1皿の量も多めです。

里芋を使っているだけあって、テリーヌに粘り気があります。





■2品目
f0232060_18405799.jpg前菜の3種盛り合わせ。










■前菜アップ①
f0232060_20284273.jpg甘酒を使ったラタトゥイユ。ほんのり日本酒の香りがします。









■前菜アップ②
f0232060_20293621.jpgカリフラワーのムースのタルト。カリフラワーの風味がしっかり残っています。









■前菜アップ③
f0232060_20301669.jpgひよこ豆のファラフェル。豆コロッケ。中はカレー風味。









■3品目
f0232060_2031771.jpg自家製のシャルキュトリー盛り合わせ。










■アップ①
f0232060_18412513.jpgフロマージュ・ド・テッド。豚の頭や耳などの肉をふんだんにつかった加工品。









■アップ②
f0232060_18414834.jpg鴨のスモーク。










■アップ③
f0232060_18421019.jpgパテドカンパーニュ。










■4品目
f0232060_18423422.jpg「燕食堂」名物のハンガリー産鴨胸肉のロティー。柔らかくて、臭みもなく、食べやすい鴨肉でした。野菜もいっぱい。








私のゲーム師匠でもあり、


同時にラーメン師匠でもある方と打ち合わせ終わりに、食事。


当然、ラーメン屋に行く。









後楽園にちょっと変わった演出で


ラーメンを作ってくれる店があるということで、


後楽園「本枯中華そば 魚雷」へ。


f0232060_1322560.jpg































店名のインパクトもものすごいが、


店前に飾られている魚雷のオブジェもすごい。


一見すると、何屋だか分からないw。


f0232060_13235679.jpg























f0232060_13241980.jpg
































店内に入って、早速目にするのが、


このカツオ出汁がたっぷり詰まったサイフォン


コーヒー以外でサイフォン使ってるの初めて見た!!


f0232060_1326854.jpg
































「魚雷」では、サイフォンで出汁を取っているそうで、


料理の専門家ではないので、サイフォンの効果のほどは分からないが、


少なくとも見てるだけで楽しいし、誰かに言いたくなる口コミ効果は絶大だ。









トッピングも変わっていて、メニューの中から3つ自由に選べて、


ラーメンとは別皿でやってくる。


参加型ラーメンというか、少し自分なりのアレンジが出来るのが楽しい。


f0232060_13273220.jpg























f0232060_13275363.jpg























f0232060_13281490.jpg























f0232060_13283371.jpg































ラーメン自体は、とてもあっさりしていて、食べやすく、


サイフォンのカツオ出汁にあるように、カツオが強めに出ている醤油味。


ラーメンというより、上品な蕎麦をいただいてる感じだった。







■「本枯中華そば 魚雷」
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13103739/








■今日のカメ

■「本枯中華そば 魚雷」
f0232060_1322560.jpgJR後楽園駅から徒歩5分ほど。都営三田線「春日駅」からだと1分ほど。









■魚雷が目印
f0232060_13241980.jpg店の看板として、でっかい魚雷が付いています。










■店内の様子
f0232060_1335813.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめ。










■サイフォン
f0232060_1326854.jpgカウンター席の目の前で見れるカツオ出汁が詰まったサイフォン。めちゃくちゃインパクトあります。









■トッピング
f0232060_13283371.jpgトッピングがメニューから3種を自由に選べます。










■「特選本枯そば」
f0232060_13273220.jpg「特選本枯そば」(970円)を注文。トッピングは別皿できます。









■ラーメン、アップ
f0232060_13275363.jpgサイフォンのカツオ出汁が入ったラーメン。

ラーメンというより、蕎麦を食べているような感じで、あっさりしていて、軽いです。







■トッピング
f0232060_13281490.jpg特選には最初から味玉、鶏チャーシュー、豚チャーシューが付いてて、それ以外にメンマ、キクラゲ、岩のりを選びました。鶏は美味しくて、豚は普通かな。

個人的な感想として、長ネギが大きめの切り方になっていたのが気になって、この上品な蕎麦っぽい出汁であれば、小口切りの方がネギの風味が活かせそうな気がした。









荻窪フレンチで、いま、一番人気の「Valinor ヴァリノール」にて、


ランチコースをいただいてきた。


f0232060_1375611.jpg























f0232060_138175.jpg































噂以上に、ランチコースで久しぶりの大ヒット


ランチのコースはなんかどこか物足りなくて、


ディナーに比べての値段の都合もあって、


仕方ないのだが、どこか料理も抑え気味感を否めなかったりするが、


ディナー同等くらいの、とてもクオリティー高い、


パワー全開のフレンチがいただけた。


f0232060_1313087.jpg























f0232060_13133595.jpg























f0232060_1314537.jpg























f0232060_13143192.jpg























f0232060_1315417.jpg
































昼も、夜も、またぜひ行きたいなあ。


肩ひじ張らずに、気軽に本格的なフレンチ楽しめて、


とても満足度高く、美味しい。


いいレストランだった。







■「Valinor ヴァリノール」
http://www.valinor2011.com/index.html










■今日のカメ

■「ヴァリノール」
f0232060_1375611.jpgJR荻窪駅南口から徒歩3分ほど。










■店内の様子
f0232060_138175.jpgテーブル席と、手前に半個室があります。

フロアスタッフの方もすごく親切で、居心地良かったです。







■アミューズ①
f0232060_1320541.jpg今回は、4500円のコースにしました。まずは、胃を温めるための生姜柚子湯。









■アミューズ②
f0232060_13205729.jpg五島列島の鯖のマリネと、ブラックオリーブを使った黒いマドレーヌ。









■前菜①
f0232060_1322174.jpg鰆の瞬間燻製です。

理科の実験に使うようなガラスケースに、燻製の煙と鰆が入っています。すごく香りが良く、軽い燻製に中はほどよくレアになってて、美味しかったです。





■パン
f0232060_13241660.jpg固めのしっかりとした食べ応えのあるパン。結構好きな味。









■バター
f0232060_13245766.jpg黒ゴマを練り込んでるバターです。フレンチで、バターに黒ゴマ入っていたのは初めてかも。









■前菜②
f0232060_13133595.jpg北海道産の白子と、生で食べられる長谷川マッシュルーム、焦がしバターのソースです。









■アップ
f0232060_13265281.jpg白子と焦しバターの濃厚な組み合わせで、めちゃくちゃ好み。マッシュルームもすごく香りよく、生で美味しくいただけます。








■魚料理
f0232060_13283151.jpgたらを使った魚料理。緑色のソースは樋口農園のほうれん草。

この鱈、めちゃくちゃ甘みあって、火入れ抜群、すごく美味しい!






■肉料理
f0232060_1330586.jpg丹波黒鶏を使ったメインディッシュ。柔らかい鶏肉でした。付け合わせもソースも牛蒡を使ってます。冬っぽい組み合わせ。








■デザート①
f0232060_1315417.jpg赤人参のアイスに、柿と、ヨーグルトシャーベットが乗っています。口直しにピッタリ。









■デザート②
f0232060_1332324.jpgかぼちゃアイスに、抹茶のメレンゲとレンズ豆のクレームブリュレ。

甘さがちょうど良く、フレンチなんだけど、どこか和風なデザート。これもすごく美味しい。






■食後の飲み物
f0232060_13335089.jpgホットのダージリン。










■お土産
f0232060_13342410.jpg一口サイズのレモンケーキ。お土産もらえるのは、嬉しいサービスですね。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ