カテゴリ:山手線その他( 101 )










2019年、今年の鰻初めを縁起良く「かぶと」でさせてもらったが、


時を開けずに、またすぐ「かぶと」に来れる幸せ。


f0232060_12412575.jpg















何度もお邪魔させてもらっているが、


思えば、大将の焼き台の目の前の席は初めてかも。


大将から「え、そうでしたっけ?!」なんて驚かれながら、


まずは、関東風の蒸して作るえり焼きから。


f0232060_12452894.jpg


f0232060_12455917.jpg


f0232060_12461592.jpg


f0232060_12463854.jpg















こちらは、関西風の蒸さないえり焼き。塩で。


今日は天然の入荷がなく、春先4月まではほとんど養殖のみ。


なので、あの1月の天然が入った日は相当レアだったんだなあ・・・。



f0232060_12471056.jpg















「かぶと」のうなぎ以外で必食の1つ、冷ややっこ


大桃豆腐という豆腐店から取り寄せてるそうだが、


箸で掴めないほどフワフワで、トロトロで、


何よりも大豆ってこんなに甘くてうまいのか!!と感激する味。


醤油は使わず、対馬の藻塩で豆腐を味わう。


豆腐の概念が変わる豆腐なので、これはぜひ。


f0232060_1250831.jpg


f0232060_1251045.jpg















「かぶと」名物の、うなぎの動いてる心臓


捌きたての証拠で、注文入ってから捌くからこそ出せる物。


毒があって苦いので、噛まずに丸飲みをする。


f0232060_12552633.jpg















ひれ焼き肝焼き


f0232060_125618100.jpg


f0232060_12562759.jpg














一口蒲焼尻尾焼き


尻尾焼きは数がないので、2本を3人でわけわけする。


f0232060_12571582.jpg


f0232060_12575296.jpg















尻尾に近いところの身とレバー


f0232060_12585474.jpg


f0232060_1259435.jpg















いよいよ、白焼き登場!!


1人1本づつ、写真は3人分。


皮がパリッとしてて、うなぎの甘味と旨味が詰まってて、


めっちゃくちゃ美味しい!!!


f0232060_1313429.jpg


f0232060_131489.jpg


f0232060_132054.jpg
















そして、メインディッシュの蒲焼!!


f0232060_1325019.jpg


f0232060_1332020.jpg


f0232060_1333393.jpg














「かぶと」ではお重の形にはせずに、


蒲焼とご飯を別に出すことで、蒲焼でも、お重風でも、


どちらも楽しめるようになっている。


ご飯は、大・中・小が選べるのだが、当然、大で!!


f0232060_1354371.jpg


f0232060_1355565.jpg


f0232060_137403.jpg










心臓から尻尾までのフルコース。


今宵も「かぶと」のうなぎは最高だった!






■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/


















2019年の鰻初めを、


東京一、いや日本一と言っても過言ではない、


池袋にある予約の取れない名店「かぶと」で迎えるこの幸せ。


しかも、店内に1つだけある小上がりの座敷席で、


鰻を味わうにはこの上ないシチュエーション。


f0232060_22343359.jpg


f0232060_2235751.jpg
















しかも、冬は寒くて動かないため、なかなか取れない天然鰻の入荷があり、


1月から3月くらいまではほとんど養殖しか出せないというところ、


本日は、天然と養殖の食べ比べも出来ることに。超ラッキー。













まずは、養殖えり焼き(たれ)から。


f0232060_22351735.jpg
















続いて、養殖(塩)とひれ焼き


ひれ焼きは、尻尾、腹びれ、背びれを巻いたもの。


f0232060_22421572.jpg


f0232060_22444455.jpg















名物の鰻の心臓の丸飲み。


ドクドク、ちゃんと動いてる!!


動いている心臓が出せるのは、


お客さんが揃ってから生きている鰻を捌いている新鮮な証拠。


心臓は苦いので噛まずにそのまま飲み込む。


f0232060_22471378.jpg


f0232060_22481483.jpg














養殖の鰻の


肝は苦手なので、写真だけ・・・。


f0232060_22491186.jpg
















いよいよ、天然鰻の登場!


冬のこの時期の鰻は海に出る前の鰻で、


全体的に黒っぽくなり、「下り鰻」「銀鰻」と呼ばれているそう。


まずは、天然から。


f0232060_22505836.jpg















天然ひれバラ身


天然物は貴重で数が少ないので、2人で1本を分け合う。


f0232060_22521223.jpg















天然レバー


f0232060_22524785.jpg


f0232060_2253323.jpg















養殖白焼き


臭みは一切ないので、わさび醤油など使わず、そのまま塩でいただく。


養殖でも十分すぎるほど美味しくて、あっと言う間に食べ終わる。


f0232060_22544551.jpg


f0232060_22554718.jpg















食べ比べで、こちらが天然白焼き


見た目からして、厚み、色、弾力、全てが違う!


もちろん天然だから必ず美味しいというわけではなく、


天然だからこその風味の違いがあり、味にバラつきがあるが、


今日の天然は、ここ最近の「かぶと」で食べた天然の中でピカイチだった。


f0232060_22575565.jpg


f0232060_22584100.jpg















そして、最後に蒲焼きの食べ比べ。


写真の左側2枚が養殖、右の縦の1枚が天然


養殖も脂が乗っててすごく美味しいのだが、


天然は旨味と脂のバランスが良く、弾力があって、めちゃくちゃ美味しい!


f0232060_2301292.jpg


f0232060_2303191.jpg


f0232060_2303955.jpg
















あまりの蒲焼きの美味しさに、ご飯をお代わりしてしまうほどw。


蒲焼きには、やっぱり白飯だよねー。


幸せな2019年の鰻の幕開けだった。


f0232060_2314587.jpg


f0232060_2321881.jpg


f0232060_2322732.jpg









■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/

















池袋にあるお気に入りのカフェ「egg(エッグ)東京」で、


仕事のメール返信しながらー、


打ち合わせの時間を待ちながらーの、


遅めのランチ。


f0232060_15562060.jpg















ニューヨーク・ブルックリンに本店がある


人気ダイナーの海外初進出1号店で、


「egg」の名前の通り、スクランブルエッグなど卵料理がたくさん揃ってて、


ホットケーキなどの卵を使ったデザートも完備の玉ラー垂涎のカフェ。














お気に入りのチキンハッシュ&お好きな卵料理セット(1700円)に、


自家製ポークソーセージケールのソテーをトッピング。


パンとかご飯とか無くても、タンパク質だけでしっかりお腹いっぱいになる。


f0232060_1603630.jpg


f0232060_1611195.jpg


f0232060_1605844.jpg















チキンハッシュは、クリスピーに焼いたハッシュドポテトの中に、


チキンコンフィセロリを包み込んだ料理で、


上品なフライドチキンとフライドポテトを一緒に食べてる感じ。


なかなか他のカフェではお目にかかれないメニューで、美味しいのでおすすめ。


f0232060_163422.jpg
















雰囲気も良く、夜までやってて、


人が多い池袋にも関わらず、駅近で、静かで空いてて、


本当に重宝していたカフェだったのだが、


なぜか池袋のちょっとお堅めの「としま産業振興プラザ」の1階で、


あまり人がいなくて採算合わなくなってしまったのか、


1/15より20時までの営業が5時ラストオーダー、6時閉店と、


個人的には超絶使いづらい時間帯に変更になってしまった(号泣)。












空いることはありがたいが、店にとってはビジネスに影響し、


結果、お互い不便なところに緊急着陸するという、


お店あるあるではあるが、このバランスは本当に難しいなあ。


また池袋での居場所を新たに探さないと行けないなあ・・・。








■「egg(エッグ)東京」
https://www.eggrestaurant.com/tokyo


















日本一と言っても過言ではない、


全国に名前が知れ渡る鰻の名店「かぶと」へ。


去年の秋に行って以来、1年間待ちに待ったこの日到来!!


f0232060_1672891.jpg













今回は私がいつもお世話になっている人達4名をお誘いして、


大将目の前のアリーナカウンター席を5人で陣取る。


晴れの良き日に、それぞれが飲みたいもので乾杯。


まずは、私はくくみ酒から。


f0232060_1611725.jpg


f0232060_1611201.jpg


f0232060_16113493.jpg


f0232060_16124254.jpg













大将の鰻捌きと焼きを見ながら、豆腐を食べて、串を待つ。


いい香りがしてきて、至極幸せなひと時。


f0232060_1616767.jpg


f0232060_16162398.jpg


f0232060_16165390.jpg


f0232060_1617620.jpg


f0232060_16171739.jpg














まずは、鰻の頭である、えり焼きのタレから。関東風


f0232060_16184029.jpg


f0232060_16191545.jpg













続いて、えり焼きの塩。関西風


f0232060_1620997.jpg















続いて、一番鰻で美味しいという


腹びれや背びれを巻いたひれ焼き


f0232060_16213580.jpg














「かぶと」名物のまだ動いている鰻の心臓


心臓は取り出して10分ほどで止まるので、


動いているのを食べれるのは捌きたて、新鮮である証拠。


苦いので丸飲みするのだが、すごく貴重な体験。


色々行ったけど、心臓食べさせてもらえる鰻屋さんは「かぶと」だけだなあ。


f0232060_16232570.jpg












胃、小腸、肝臓など色々巻き込んだ肝焼き


残念ながら、私は苦手なので、写真だけ。


f0232060_1626090.jpg













日本酒が止まらず、ぬか漬けつまみながら、追加。


f0232060_16264626.jpg


f0232060_16265764.jpg













本日は養殖鰻だけでなく、天然鰻の入荷もあったので、


大将が天然うなぎを捌き始める。


太さ(養殖は青いけど、天然は黄色い)、勢い香り


すべてにおいて違う。


f0232060_16291099.jpg


f0232060_16292941.jpg













「かぶと」恒例の鰻の生首嗅ぎ比べw。


左の養殖鰻はやや生臭いが、右の天然鰻は自然の香りがする。


魚の匂いではあるが、天然はあまり嫌な匂いじゃなくて、


生首も最後まで元気に動いていたりする。


f0232060_16314993.jpg















鰻のミニ蒲焼と、しっぽの部分。


鰻の肝臓は、1つ1つが1匹分なので、1串で10匹分ほどの貴重なもの。


f0232060_1635227.jpg


f0232060_16354483.jpg


f0232060_1636614.jpg


f0232060_16361688.jpg














いよいよ白焼き、登場!!


大将がお客さんの分の大量の串を作って、焼いてくれている。


f0232060_16381842.jpg


f0232060_16382935.jpg


f0232060_16384326.jpg













こちらが養殖


脂が乗っていて、何の違和感もなく、普通にすごく美味しい白焼き。


f0232060_16395554.jpg













こっちが天然


天然は入荷が少ない貴重なものなので、5人で少しづつ分ける。


手前が静岡、奥が岡山。養殖よりもサッパリしていて、弾力がある。


f0232060_16412630.jpg


f0232060_16413957.jpg













そして、フィナーレ。


待望のかば焼き登場!!!


養殖は1人1本、天然はみんなで少しづつ。


かば焼きの神様、かば焼きの最高峰。


この照り、たまらん!!!


f0232060_16433168.jpg


f0232060_1644823.jpg


f0232060_16441665.jpg













実に1年待ったかいのある美味しいかば焼きだった。


心からありがとう、「かぶと」さん。


f0232060_1645058.jpg


f0232060_16451287.jpg








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/
















池袋で打ち合わせがあったので、


いつものように「egg(エッグ)東京」に立ち寄り、


仕事のメール返信のお片付けがてら、遅めのランチ。


f0232060_12482376.jpg












ニューヨーク・ブルックリンに本店がある


人気ダイナーの海外初進出1号店が、


なぜか池袋のちょっとお堅めの「としま産業振興プラザ」の1階で、


池袋駅から近いものの、あまり人がいない方の池袋側なので、


いつも空いている上に、遅くまでランチが食べれるので非常に重宝してる。


f0232060_12505418.jpg












居心地も良いので、最近池袋でなんかあると、


高確率で「egg(エッグ)東京」に立ち寄ってる。


テーブルに白紙が敷いてあって、クレヨンもあるので、


打ち合わせのメモも取れるし、お絵かきも出来てしまう。


f0232060_12524812.jpg


f0232060_1253038.jpg












「egg(エッグ)」というだけあって、卵料理がウリなのだが、


卵料理は色々あって、さすが、どれもすごく美味しい。


お気に入りの卵を3つ使ったチーズオムレツ


f0232060_1255476.jpg


f0232060_12574989.jpg













シンプルだけど、しっかり卵の味がして、フワフワとろとろなオムレツ。


付け合わせはハッシュドポテトと、グリルトマト。


卵好きにはたまらない、ヘビロテ中のカフェレストラン。


f0232060_12593812.jpg








■「egg(エッグ)東京」
https://www.eggrestaurant.com/tokyo

















池袋に用事があったので、歩いている時にたまたま見つけた


ハンバーグステーキハウス「札幌牛亭 南池袋店」でランチ。


地下にカウンターとテーブル席があり、


入れ替わり立ち代わりでお客さんが入って賑わっていた。


f0232060_13521645.jpg


f0232060_13522681.jpg












ランチのハンバーグステーキセット(230g1500円)を注文。


トッピングで目玉焼きも。


f0232060_13544437.jpg


f0232060_13545322.jpg













肉自体は可もなく不可もなくで、普通のハンバーグだったが、


ソースの胡椒が強すぎて、全く味が分からないレベル・・・。


胡椒の辛さで、ハンバーグ全体が胡椒の味しかしなくて、かなり残念。


大きさや焼き加減は選べても、ソースは選べなさそうなので、


胡椒のような辛口コメントで申し訳ないが、


うーん、ちょっと再訪はないかもなあ・・・。


f0232060_1357258.jpg


f0232060_13571354.jpg










■「札幌牛亭 南池袋店」
http://www.ushitei.com/ikebukuro.html
















池袋での打ち合わせの帰り、


小腹が空いたので、ふと見つけたつけ麺屋「舎鈴」へ。


f0232060_12482496.jpg












なんで「舎鈴(しゃりん)」なんだろう・・と思ったら、


東京六厘舎の系列店とのこと。


f0232060_124943100.jpg


f0232060_12495330.jpg












野菜つけ麺の味玉トッピング。


濃厚民族好みの、いい感じの濃さのスープ。


その濃さに負けない太麺。


茹で野菜があるのも個人的にすごく嬉しい。


f0232060_12512886.jpg


f0232060_12514026.jpg


f0232060_1251473.jpg


f0232060_12515715.jpg












通し営業をしているので、遅めのランチにも対応してるのがさらにいい。


かなり好みの味で、とても美味しいのに、意外と空いてて、


客的にはすぐ食べれてありがたいのだが、


このクラスの美味しいつけ麺食べれるのに空いてるとは、


さすが、ラーメンの町・池袋だなあ・・・とも思ったり。


f0232060_12533253.jpg










■「舎鈴」
http://www.tsukemen-sharin.com/


















五反田に詳しい方からのご招待で、


五反田で大人気のとんかつ屋「とんかつ あげ福」へ。


同じく五反田の有名ステーキハウス「ミート矢澤」の系列店でもある。


f0232060_1442722.jpg


f0232060_1444699.jpg


f0232060_1445384.jpg











金猪豚(ゴールデン・ボア・ポーク)という、


黒豚デュロック


ゴールデン神出の4元種を交配させた


特別な豚を使っている、なにやらすごい豚がいただける。











金猪豚の上ロース定食(2500円)を注文。


極上いったろー!と思ったのだが、


かなりサシが強いらしくて、脂に酔う年になってきたので(苦笑)、諦めた。


f0232060_14144829.jpg


f0232060_14151270.jpg


f0232060_14152257.jpg













すでに上記の全体写真でチラッと見えてて、お気づきの方もいたかと思うが、



追加として、


ズワイ蟹たっぷりの蟹クリームコロッケ(750円)と、


天然海老フライ(580円)も後悔ないよう注文させてもらった。


何事も我慢は良くないのだ。


食べたい時が、食べ時。


f0232060_14185251.jpg












さて、お味だが、結論から言うと、ここ最近のとんかつで一番美味しかった!


サックサクで、揚げ方も上手だし、何より、豚肉がうまい。


脂もあまくて、赤身も柔らかくて、絶品だった。


濃厚な味わいのカニコロも、海老フライも素晴らしかった。


f0232060_1421129.jpg












あと、個人的には、とんかつ屋さんの豚汁をかなり重要視してるのだが、


豚汁もとても好みで、美味しかったことも追記しておく。


近くだったら、通っちゃうレベルで美味しいとんかつ屋だった。大満足。


f0232060_14224574.jpg










■「とんかつ あげ福」
http://www.agefuku.net/

















大手グルメサイトのうなぎ部門1位、評点4.5を超える、


1年先まで予約が取れない鰻店の超有名店、


池袋「かぶと」に1年ぶりにやってきた。


f0232060_16301971.jpg


f0232060_16302252.jpg











若大将もお元気そうで、お店の雰囲気も活気も変わりなく、


f0232060_16314932.jpg











こんないい席で、いいうなぎが食べれるとあっては、こりゃ、飲むしかない!


f0232060_16323019.jpg










うなぎの神様が微笑んでくれて、


いつも運次第の天然うなぎの入荷が本日アリ!


本日は、熊本県産の天然モノとのこと。


迷わず、天然と養殖の食べ比べコースをいただくことにした。










これは、熊本県の天然頭(左))と養殖頭(右)。


香りと、太さと、色と、活き、すべてが全然違う。


f0232060_16352175.jpg










こっちが、養殖


f0232060_164012.jpg


f0232060_16404548.jpg


f0232060_16404859.jpg


f0232060_164118.jpg


f0232060_1641534.jpg












こっちが天然


f0232060_16422073.jpg


f0232060_16422483.jpg


f0232060_16422773.jpg


f0232060_16423038.jpg











事前にうなぎをさばいて置くのではなく、


新鮮なままお客さんの目の前で生きたままさばくからこそ出せる心臓


まだ動いてる心臓を丸飲み。


f0232060_16444960.jpg


f0232060_1645895.jpg










最後は、天然と養殖のかば焼きでフィナーレ。


言うまでもなく、めちゃくちゃ美味しかった。


f0232060_1646559.jpg


f0232060_16463246.jpg










ちなみに、予約に関する重要なお知らせ


今までは来店時にそのまま次回の予約をして、


来る方のほとんどがリピーターで予約を取り続けるので、


ちょうど一年後にまた・・・みたいな感じだったが、


今年からシステムが変わり、


月初の木曜日に電話予約にて、


1か月ごとの予約をする形に。








今年の途中までの予約分があるので、


最短でも10月月初木曜日からの電話→来年2018年9月からの予約だが、


今まで全く予約が取れなかった人に取っては、ある意味チャンス。


電話さえ繋がれば、予約が取れる可能性がある。









なお、余談だが、新システム下において、


なんとか私も無事来年9月の予約が取れたのだが、


電話が全くつながらず(苦笑)、


時間を変えながら60回近くかけたことだけお伝えしておく。


逆に言うと、それくらいかければ運良く繋がる、とも言える。








なかなか楽に行けるお店ではないが、


それだけ鰻人に愛されてて、行く価値のあるお店でもある。








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/









■今日のカメ

■「かぶと」
f0232060_16301971.jpg
JR池袋駅西口から徒歩5分ほど。1年先まで予約でいっぱいの名店。フラッとは絶対入れず、予約必須。









■店内の様子
f0232060_16314932.jpg
先代から引き継いで、若大将が切り盛りする。カウンターとテーブルと座敷があるが、席数は少なめ。本日は、若大将のうなぎさばきが見れるアリーナ席に着席。







■日本酒
f0232060_16323019.jpg
酒道庵の「くくみ酒」。うなぎには日本酒!









■豆腐
f0232060_1742497.jpg
決まっているコースのみだが、希望者だけ別注で豆腐とおしんこが頼める。豆腐が甘くて、すごく美味しい。塩で食べる。







■おしんこ
f0232060_1753777.jpg
いい味に漬かってるぬか漬け。「かぶと」の豆腐とおしんこは美味しいので、別注することをおすすめする。








■えり焼き(たれ、養殖)
f0232060_164012.jpg
養殖のえり焼き。頭の部分で、少し小骨があります。









■えり焼き(塩、養殖)
f0232060_16404548.jpg
今度は塩で。









■ひれ焼き(たれ、養殖)
f0232060_16404859.jpg
腹びれ、背びれなどを巻いたもの。









■きも焼き(塩、養殖)
f0232060_16421452.jpg
うなぎの肝。肝が苦手なので、写真だけ。









■うなぎの心臓
f0232060_1645895.jpg
噛むと苦いので、そのまま噛まずに飲み込みます。元気の源。








■えり焼き(塩、天然)
f0232060_16422073.jpg
熊本県産天然うなぎのえり焼き。

まず、香りが養殖と全然違う。いい意味で川の野生の香りがする。味も養殖より、さっぱりしてる。






■ひれ焼き(塩、天然)
f0232060_16422483.jpg
天然はそのままの香りを楽しむように、すべて塩で。入荷数も少ないので、2人で1本。









■白焼き(塩、養殖)
f0232060_164118.jpg
「かぶと」は関東の蒸すうなぎではなく、関西風の焼くうなぎ。皮がパリッとしてて、養殖でも十分美味しい。








■白焼き(塩、天然)
f0232060_16422773.jpg
養殖の後に天然食べると、違いが明らかにw。さらに天然は美味しいw。









■かば焼き
f0232060_1646559.jpg
左側が養殖、右側が天然。脂の乗り方やキレが違う。









■ご飯セット
f0232060_16463246.jpg
炊き立てご飯と肝吸い。かば焼きをたっぷり堪能しました!








ご招待いただき、新橋にある鮨の名店「鮨 よしたけ」で食事。


本日は、常連さんのご招待だったので、


カウンターたった4席に目の前に専属の板さんが付いて握ってくれる特別個室


f0232060_1349392.jpg


f0232060_1350188.jpg












プリプリの生イクラと松茸の茶碗蒸しに始まり、


f0232060_13505825.jpg


f0232060_1351135.jpg












めいち鯛やイワシのお造り、千葉県富津の鰻の焼き物などを堪能。


f0232060_13521222.jpg


f0232060_13521688.jpg


f0232060_13521912.jpg


f0232060_13522245.jpg


f0232060_13522638.jpg


f0232060_13523114.jpg


f0232060_13523960.jpg












途中で出てきた大原の蒸しアワビ


アワビが柔らかくて美味しかったのはもちろんのこと、


緑色のアワビの肝を使ったタレがものすごく美味しかった。


タレをすべて食べきるための酢飯と絡むと、また一段と美味しい。


f0232060_13563752.jpg


f0232060_13563961.jpg












一通り、つまみが終わると、待望のにぎりがスタート。


目の前で、特別個室のために、付きっ切りで1人の板さんが握ってくれる。


真イカから始まり、最後の穴子まで軽くて食べやすく、美味しかった。


f0232060_140428.jpg


f0232060_1401498.jpg


f0232060_1402634.jpg


f0232060_1405497.jpg


f0232060_1411159.jpg


f0232060_1412324.jpg


f0232060_1413397.jpg


f0232060_1414497.jpg


f0232060_1415680.jpg


f0232060_142826.jpg


f0232060_1422432.jpg


f0232060_1423370.jpg









新橋の個室でお鮨いただくとか、なんだかすごく大人になった気分だ(笑)。








■「鮨 よしたけ」
http://sushi-yoshitake.com/









■今日のカメ
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ