人気ブログランキング |

カテゴリ:山手線その他( 110 )










池袋にあるお気に入りの卵料理カフェ


「egg(エッグ)東京」で遅めのランチ。


f0232060_1701786.jpg
















いつもだと、だいたいチーズオムレツか、


チキンハッシュという


ハッシュドポテトの中にチキンコンフィとセロリが入ってる料理を頼むのだが、


この日はなんかカレー気分だったので、


アメリカ南部のチキンカレーという


カントリーキャプテンという料理を注文してみた。













カントリーなキャプテンの登場!


ふもと赤鶏とトマトと自家製鶏がらスープを煮込んだカレー。


f0232060_175811.jpg















少し辛めなのだが、上のポーチドエッグを割って


卵と絡めて食べると、まろやかでちょうどいい味になる。


いわゆるカレーとはちょっと違うけど、これはこれで美味しい。


f0232060_177314.jpg










■「egg(エッグ)東京」
https://www.eggrestaurant.com/tokyo


















高田馬場から徒歩7分くらいのところにある、


味噌ラーメン屋「さっぽろ羅偉伝」へ。


子供の頃は全く味噌ラーメンが好きではなかったのだが、


大人になってきてから味噌ラーメンが好きになり、


醤油よりも味噌を選ぶことがあるほど積極的に食べるようになった。


f0232060_16593369.jpg















味玉味噌ラーメン(900円)のもやし増し(100円)。


味噌ラーメンはこのもやしを食ってると言っても過言じゃないほど、


もやしが美味しく感じられるなあ。


f0232060_1738081.jpg


f0232060_17383176.jpg











■「さっぽろ羅偉伝」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13173414/




















日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」。


秋もこうして無事にお邪魔し、「かぶと」のうなぎが食べれて、ありがたや。


f0232060_13142995.jpg















早速、くくみ酒飲みますよーーーー!!


うなぎ恋しや、待ち遠しや。


f0232060_13164687.jpg


f0232060_13165990.jpg















美味しい冷奴と有機野菜を使ったぬか漬けをつまむ。


f0232060_1318735.jpg


f0232060_13181417.jpg















関東風の蒸したうなぎの頭、えりやき。たれで。


f0232060_13191083.jpg
















関西風のパリッと焼いたえりやき。こっちは塩で。


f0232060_1320533.jpg
















名物のうなぎの心臓


滋養強壮のために、そのまま胃に飲み込む。


今日は天然うなぎの入荷が少なく、


養殖の心臓だったからなのか、いつもより少し元気がなかった。


天然の心臓はしばらく眺めてても、すごくしっかり動いてたりする。


f0232060_13215872.jpg


f0232060_1322586.jpg
















養殖のひれ焼き


うなぎの旨味が詰まった串。


f0232060_13253589.jpg
















養殖の肝焼き


f0232060_1326774.jpg


f0232060_13261612.jpg















天然のうなぎの頭、えりやき


養殖と全く香りが違ってて、水とか草の自然な香りがする。


f0232060_1327338.jpg
















天然ひれ焼き肝焼き


f0232060_13312615.jpg


f0232060_13313672.jpg
















養殖のレバー天然のレバーの食べ比べ。


私はレバーが食べられないので、写真だけw。


f0232060_13322270.jpg


f0232060_13323035.jpg


f0232060_13323788.jpg















いよいよ、白焼き登場!


まずは養殖の白焼きから。


養殖も脂が乗ってて、味のバランス取れてて、とても美味しい。


f0232060_13342211.jpg


f0232060_13343041.jpg
















続いて、天然の白焼き


天然なので、入荷は運!


今日は天然の入荷が少ないので、貴重な天然を分け合う。


養殖よりサッパリしてるけど、こちらも風味があって美味しい。


確かに希少性はあるけど、天然だからいいというわけではなくて、


もうこれはそれぞれの好み。


f0232060_1336467.jpg


f0232060_13365380.jpg
















最後は、お待ちかねのメインディッシュ、蒲焼!!


天然の入荷が多い時は、天然も蒲焼をやるのだが、


この日は数が少なかったので、先ほどの白焼き分で天然終わり。


これは養殖の蒲焼。


f0232060_13384667.jpg
















蒲焼、美味しい!!!!


ホカホカの白飯が合うこと、合うことw。


うなぎはフレンチでも使われたり、世界でも料理されることが多いが、


個人的には日本の、このうなぎ&白飯が最強だと思ってる。


f0232060_13412897.jpg


f0232060_1341411.jpg


f0232060_13414775.jpg











■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/




















今、都内飲食業界で


最も注目を浴びていると言っても過言ではない、


日本料理の名店「日本料理 晴山」(せいざん)で秋のコースをいただく。


f0232060_16562051.jpg


f0232060_16562873.jpg


f0232060_16563550.jpg
















日本料理に合わせて、スッキリ辛口な日本酒をいただく。


大きな銀杏の素敵なテーブルセット。


f0232060_16582933.jpg


f0232060_16583927.jpg
















1品目は脂乗ったカマス松茸壬生菜の合わせ。


金山寺味噌でいただくサッパリとした前菜。


f0232060_170135.jpg


f0232060_170273.jpg


f0232060_170345.jpg
















2品目は、ふかひれ毛ガニのお椀。


これでもか!というくらい


ふかひれと毛ガニが詰まった大きな団子がものすごく美味しい。


出汁も体に染みわたる。


f0232060_172631.jpg


f0232060_1721472.jpg
















3品目は、アカムツ車海老のお造り。


アカムツの刺身がすごく甘味とコクがあって、美味しかったな。


f0232060_173746.jpg


f0232060_1732120.jpg
















4品目は、浜名湖の朴葉飯蒸し


鰻とご飯、最強の組み合わせ。


中に栗も入ってて、秋の味覚満載。


f0232060_1754412.jpg


f0232060_176227.jpg
















5品目は、甘鯛の松笠焼き。


ウロコがパリッパリですごく美味しい。


ソースは焼き茄子のソース。


f0232060_1771436.jpg


f0232060_1772985.jpg
















6品目は旬の松茸をフライにした一品。


松茸のいい香りが口いっぱいに広がる。


f0232060_1783758.jpg
















7品目は、稚鮎の軽い揚げ物。


日本酒にすごく合う味。


f0232060_1795290.jpg


f0232060_1710726.jpg
















8品目は、ブリ大根餅


脂乗ってる濃厚なブリの下に、モチモチの大根餅。


めちゃくちゃ美味しい。


普通のブリ大根より、こちらの方が数倍好きw。


f0232060_17112675.jpg
















9品目は、〆の名物イクラご飯


赤い宝石がご飯の上にドバーーーッと乗ってる。圧巻。


f0232060_17123769.jpg















美味しくて、美味しくて、イクラご飯が止まらないw。


ちなみに、余った分をお土産にして、


翌日いただいたが、翌日になってもすごく美味しかった。


f0232060_1714037.jpg


f0232060_1714857.jpg
















10品目は、巨峰とブランマンジェのデザート。


甘さ控えめで、いい感じの口直し。


最初から最後まで流れるように繊細で上品で、


言うまでもなく美味しい日本料理。


さすがの晴山さんだった。


f0232060_17153934.jpg


f0232060_17155148.jpg












■「晴山」
https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13127807/



















日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」。


最近はホント熾烈な予約獲得争いが勃発しており(苦笑)、


常連でもなかなか予約が取れない状況だが、


何とか定期的に貴重な席をいただけてお邪魔できてる。ありがたや。


f0232060_18223983.jpg













今回はたまたま4人テーブル席が確保できたので、


ゲーム業界の方々とうなぎ会をする。


日本酒くくみ酒とお通しの大根のおしんこ。


f0232060_18235758.jpg


f0232060_18243376.jpg












えり焼きは関東風のタレの蒸し焼きと、関西風の塩の蒸さずに焼く2種。


ひれ焼きはタレで。


f0232060_1829956.jpg


f0232060_18292488.jpg


f0232060_1829374.jpg













恒例のうなぎの心臓の丸飲みw。


苦いので噛まずに、元気に動いているうちに胃に入れる。


注文が入ってから生きている元気なうなぎを捌いている証拠。


f0232060_18305335.jpg













今日は栃木県から天然うなぎの入荷があったようで、


天然と養殖の食べ比べが出来ることに。


天然は入荷に波があるので、入荷された時のみ。


天然は養殖に比べて、首も太く、黄色く、生首のままでも元気に動いてるが、


養殖のうなぎは青白くて、首も細く、しばらくすると生首は動かなくなる。


「かぶと」では単に食べるだけでなく、うなぎの勉強もさせてもらえるので、


ここに来るようになって、すごくうなぎの生態に詳しくなったw。


f0232060_18335864.jpg


f0232060_18342080.jpg


f0232060_18351226.jpg













一口蒲焼に、くし巻きレバー


f0232060_1836821.jpg


f0232060_1836376.jpg


f0232060_18364978.jpg













いよいよ、白焼きの登場。


まずは養殖から。4人で2匹なので、1人半身づつ。


養殖も脂乗っててすごく美味しい!


f0232060_18384858.jpg













天然の白焼き


養殖に比べて、肉厚で、筋肉質で、サッパリしてる感じ。


どちらも美味しくて、あとは好みかな。


f0232060_18402477.jpg


f0232060_1840363.jpg













そして、蒲焼へ。


4人分だと迫力あるなあww


f0232060_1843292.jpg


f0232060_18425032.jpg












こっちが養殖


f0232060_18434067.jpg












こっちが天然


天然は入荷量が少ないので、みんなでわけわけ。


f0232060_18442512.jpg












炊き立てのホカホカご飯の上に、蒲焼ドーーーーン!!!


ああ幸せだわ〜。


f0232060_1846318.jpg








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/
















本日7月27日は土用の丑の日だそうで、


メシクエでもうなぎのお話。













うなぎと言えば、やっぱりココ!!


日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」。


本日は予約の関係で、珍しく17時からの早い会にお邪魔することに。


夏だから17時でも全然外は明るいや。


f0232060_13324784.jpg

















大将の絶品うなぎが焼き上がるのを、


くくみ酒冷奴で待ちながら、ここで土用の丑の日の小話をw。


f0232060_1337741.jpg


f0232060_1337157.jpg















うなぎは万葉の頃から日本では食べられていたそうだが、


土用の丑の日は江戸時代に平賀源内さんが


うなぎ屋のご主人から夏の売上が下がる悩みを相談されて、


「うなぎを食べると夏バテに良い!」ということを謳ったことで流行ったそう。


日本初のコピーライティングとしても有名な話。


実際うなぎはビタミンAやBを豊富に含み、疲れを癒す効果があるが、


実はうなぎの一番美味しい旬としては、


冬ごもりのために栄養を蓄えるで、夏ではない。


さらに、昔は栄養不足に栄養あるうなぎで疲れが取れたが、


最近の研究では、現代人は栄養過多なので、


疲れている原因が栄養ではなく自律神経の失調であり、


うなぎで疲れを癒していた時代とは違うという発表もあったりする。


f0232060_13465172.jpg

















面白いもんだなーw。


でも、時代が変わってもやっぱり美味しいものは美味しくて、


栄養がどうであろうが、美味しければそれで良し!!


いい香りが店内に充満し、そろそろ大将のうなぎが焼き上がってきた!


えり焼きは関東風のタレの蒸し焼きと、関西風の塩の蒸さずに焼く2種。


ひれ焼きは、うなぎのしっぽや腹ビレなど、


一番美味しいとされるところを巻き込んでたれで焼いたもの。


f0232060_13434978.jpg


f0232060_1344994.jpg


f0232060_13445923.jpg















本日は浜名湖から天然うなぎの入荷あり!


天然と養殖の食べ比べ、決定!!


f0232060_13473169.jpg


f0232060_13474194.jpg















明らかに違う天然うなぎと養殖うなぎの首の太さ!


生首になってからもうなぎは生きてるが、天然は元気いっぱいで、


香りも天然の方は草っぽい、川っぽい香りがする。


f0232060_1348581.jpg
















名物のうなぎの心臓の丸飲み。


今年ももうすでにだいぶ「かぶと」さんで心臓飲んでるな、私w。


f0232060_1351392.jpg
















天然えり焼き、ひれ焼き、くし巻き(尻尾近くの身)。


f0232060_135344.jpg


f0232060_13531687.jpg


f0232060_13532476.jpg


f0232060_13533433.jpg
















そして、いよいようなぎのメインディッシュへ。


大将の仕事に目が釘付けw


白焼き、キタ――(゚∀゚)――!!


f0232060_13574592.jpg


f0232060_13575561.jpg


f0232060_1358219.jpg


f0232060_13583747.jpg
















こっちが天然


f0232060_13582218.jpg















こっちが養殖。お酒が進む。


f0232060_13591068.jpg
















最後は蒲焼の登場!!待ってました!!


f0232060_140880.jpg


f0232060_140185.jpg















こっちが天然


f0232060_1404610.jpg
















こっちが養殖


f0232060_141795.jpg















幸せなうなぎをいただいた。


いいビジュアル。


いい写真が撮れる料理は、たいてい味もホント美味しい。


f0232060_1474040.jpg


f0232060_1475020.jpg


f0232060_1475962.jpg









■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/

















上野の東京都美術館に行った帰りに、


上野恩賜公園の中にある「パークサイドカフェ」でランチ。


上野はほとんど用事がなく、あまり来ることがないエリアの1つ。


公園内のカフェということで勝手に期待を下げていたのだが、


意外とキレイで、メニューもしっかりしって、驚いた。


f0232060_1684682.jpg
















ランチはパスタがメインで、


その他、サラダプレートやリゾットなどもあった。


蒸し鶏焼き白菜のマスタードクリームソース。


野菜もしっかりしてて、味もちゃんとしていて、


何よりもボリュームがやたら多くて驚いたw。


2人前くらいはありそうなパスタ量。


f0232060_16105787.jpg


f0232060_1611549.jpg















もう1人の方が頼んだミートソースもボリューム多いw。


1種類だけ食べてると飽きてしまいそうだったので、


クリームとトマトで、半分シェアしたらちょうどいい塩梅になった。


味はちゃんとしてて、公園カフェとは思えない感じ。


最近の公園はすごいんだなー。


f0232060_16132771.jpg















食後に頼んだハーブティーも、


ちゃんとフレッシュのレモングラスやミントなどを使ってて、


ティーバックじゃないところも好感触。いい感じ。


f0232060_16141753.jpg









■「パークサイドカフェ」
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13140438/

















日本一と言っても過言ではない


予約の取れないうなぎの名店「かぶと」で春うなぎ。


予約はホント取れないのだが、その取れない予約を何とかするのはグルマンの意地w。


f0232060_1623398.jpg












春も何とか席が確保できたことにくくみ酒で乾杯。


池袋「大桃豆腐店」謹製の冷奴は、


今まで食べた豆腐の中で、個人的に一番美味しかった豆腐。


美味しい日本酒に、絶品冷奴を食べながら、


うなぎの焼ける香りを味わいつつ、目の前で大将の究極のうなぎを待つ。


すでに幸せすぎるシチュエーション!!


f0232060_16335131.jpg


f0232060_16314099.jpg


f0232060_16331039.jpg


f0232060_16341279.jpg













まずは、うなぎの頭のえり焼きから。


関東風に蒸し焼きされたタレバージョンと


関西風に蒸さずに焼いた塩バージョン。


f0232060_16361589.jpg


f0232060_16375390.jpg


f0232060_1638737.jpg













名物のうなぎの心臓ヒレ焼き


うなぎの心臓は、生きたままの状態のうなぎを


お客様の注文が入ってから捌いているという新鮮な証拠。


滋養強壮になるが、噛むと苦味があるので、


動いたままの心臓は丸飲みするw。


いろんな有名店のうなぎを食べてきているが、


うなぎの動いた心臓を見れるのも、その心臓を食べさせてくれるのも「かぶと」さんくらい。


f0232060_16421587.jpg


f0232060_16404361.jpg


f0232060_1641067.jpg













「かぶと」では、良い天然モノの入荷があった時にだけ、


天然と養殖の食べ比べをさせてもらえるのだが、


本日は運良く岡山県児島湾の天然の入荷があり、ラッキー!


f0232060_16453677.jpg












そして、天然の入荷があった時の恒例のうなぎの生首比べw。


天然は、慣れた大将でも捌くのを苦労するくらい、身が引き締まってて、活きが良い。


天然は太さも、色も黄味掛かってて、養殖とは全然違うのだが、


生首の匂いや動きも違ってて、


天然(左)は首をはねてもまだ元気なのに、


養殖(右)はすでに死んだ魚の目をしてて、動かなくなっている。


天然は川や藻の匂いがするのに、養殖は魚の匂いがする。


天然の証拠、天然モノのうなぎから釣り針も出てくる。


f0232060_16503086.jpg


f0232060_16512113.jpg


f0232060_16513455.jpg


f0232060_16514758.jpg













養殖の肝焼き一口蒲焼


f0232060_1654678.jpg


f0232060_16543667.jpg













しっぽ焼きくしまき


うなぎって、心臓から尻尾まで余すとこなく全部食べられるんだなー。


f0232060_1714151.jpg


f0232060_1731368.jpg












天然モノが焼き上がり、


天然の頭のえり焼きヒレ焼き


天然は数に限りがあるので、2人で1串をわけわけする。


f0232060_1751355.jpg


f0232060_1755940.jpg













いよいよ、白焼きの登場。


まずは、養殖の白焼きから。


養殖でも十分過ぎるくらい美味しい!!


f0232060_177558.jpg


f0232060_1781492.jpg


f0232060_1783772.jpg


f0232060_17484637.jpg


f0232060_18162955.jpg













こちらは、天然の白焼き


やっぱり厚みも、味も全然違う。


天然だから美味しい、養殖だから普通ということは全くなく、


天然の方が味にブレがあって、養殖の方が味が安定してることもあるが、


今日の天然は最高に美味しかったなー!


f0232060_18203634.jpg


f0232060_18205625.jpg













メインディッシュの蒲焼の登場!!


白飯も準備万端!!


f0232060_18215975.jpg


f0232060_18221465.jpg












こっちが天然


f0232060_18224825.jpg













こっちが養殖


天然は数が少ないのでわけわけしつつ、養殖は1人1本!


f0232060_18232249.jpg













そして、やっぱり蒲焼には白飯が似合う!


f0232060_18254041.jpg


f0232060_18261100.jpg


f0232060_1826135.jpg












本当に美味しかった!完食!


ごちそうさまでした!!!


f0232060_18265779.jpg








■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/


















私のラーメン師匠とお出かけ。


ランチは当然ラーメン


いつもこんな場所にこんなお店があるのか!と驚くばかりなのだが、


今回も正直あまり綺麗とは言えない夜の風俗、飲食街通りの一角に、


めちゃくちゃオシャレなラーメン屋があって、ビックリ。


f0232060_2234411.jpg


f0232060_22345465.jpg
















店内もオシャレで、カフェみたいな雰囲気。


f0232060_22354174.jpg


f0232060_22354997.jpg














スープは、鶏清湯と鶏白湯の2種類があって、私は鶏白湯を注文。


麺も細麺と太麺が選べ、もっちり食感の平打ちぢれ麺に。


こちらが鶏白湯塩(780円)の味玉トッピング。


f0232060_22382830.jpg
















さすがラーメン師匠オススメだけあって、


見た目も美しいが、味もめちゃくちゃ美味しくて、好み。


具材も、姫筍や鶏つくね、低温調理チャーシューと手の込んだものばかり。


味玉も味付け、半熟さ加減も抜群だった。


全てのバランスが良く、久しぶりに美味しい白湯ラーメンをいただいた。


f0232060_22412931.jpg









■「案山子」
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13220520/



















2019年、今年の鰻初めを縁起良く「かぶと」でさせてもらったが、


時を開けずに、またすぐ「かぶと」に来れる幸せ。


f0232060_12412575.jpg















何度もお邪魔させてもらっているが、


思えば、大将の焼き台の目の前の席は初めてかも。


大将から「え、そうでしたっけ?!」なんて驚かれながら、


まずは、関東風の蒸して作るえり焼きから。


f0232060_12452894.jpg


f0232060_12455917.jpg


f0232060_12461592.jpg


f0232060_12463854.jpg















こちらは、関西風の蒸さないえり焼き。塩で。


今日は天然の入荷がなく、春先4月まではほとんど養殖のみ。


なので、あの1月の天然が入った日は相当レアだったんだなあ・・・。



f0232060_12471056.jpg















「かぶと」のうなぎ以外で必食の1つ、冷ややっこ


大桃豆腐という豆腐店から取り寄せてるそうだが、


箸で掴めないほどフワフワで、トロトロで、


何よりも大豆ってこんなに甘くてうまいのか!!と感激する味。


醤油は使わず、対馬の藻塩で豆腐を味わう。


豆腐の概念が変わる豆腐なので、これはぜひ。


f0232060_1250831.jpg


f0232060_1251045.jpg















「かぶと」名物の、うなぎの動いてる心臓


捌きたての証拠で、注文入ってから捌くからこそ出せる物。


毒があって苦いので、噛まずに丸飲みをする。


f0232060_12552633.jpg















ひれ焼き肝焼き


f0232060_125618100.jpg


f0232060_12562759.jpg














一口蒲焼尻尾焼き


尻尾焼きは数がないので、2本を3人でわけわけする。


f0232060_12571582.jpg


f0232060_12575296.jpg















尻尾に近いところの身とレバー


f0232060_12585474.jpg


f0232060_1259435.jpg















いよいよ、白焼き登場!!


1人1本づつ、写真は3人分。


皮がパリッとしてて、うなぎの甘味と旨味が詰まってて、


めっちゃくちゃ美味しい!!!


f0232060_1313429.jpg


f0232060_131489.jpg


f0232060_132054.jpg
















そして、メインディッシュの蒲焼!!


f0232060_1325019.jpg


f0232060_1332020.jpg


f0232060_1333393.jpg














「かぶと」ではお重の形にはせずに、


蒲焼とご飯を別に出すことで、蒲焼でも、お重風でも、


どちらも楽しめるようになっている。


ご飯は、大・中・小が選べるのだが、当然、大で!!


f0232060_1354371.jpg


f0232060_1355565.jpg


f0232060_137403.jpg










心臓から尻尾までのフルコース。


今宵も「かぶと」のうなぎは最高だった!






■「かぶと」
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13016660/









プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ