人気ブログランキング |

カテゴリ:大江戸線その他( 38 )









築地市場に来たら、やっぱり魚が食べたくなるわけで、


そうなると、寿司が筆頭候補に上がるわけで。











なんかね、あんまり観光地だからとか、


そんな話は言いたくもないし、聞きたくもないんだけど、


築地場外の一等地にあって、すごく目立っていて、


そうなると逆に不安になるというか、半信半疑で入ってみたものの、


出だしの水茄子から、あまり美味しくなくて、


f0232060_16535777.jpg




























名物が炙りと聞いて頼んだ金目鯛炙りもあまり美味しくなくて、

f0232060_16544520.jpg




























海老も甘味がなくて、

f0232060_1655309.jpg



























クエの塩焼きは、すごく塩辛くて、食べ切れなくて、

f0232060_16561663.jpg
































大好きな寿司への想いがこっぱみじんこに砕かれ、


知り合いのイタリアンへ駆け込む、そんな夏のある日。










■「つきぢ神楽寿司」
http://tukijikagura.jp/













■今日のカメ

■「つきぢ神楽寿司」
f0232060_16592100.jpg大江戸線「築地市場駅」から徒歩3分ほど。築地場外のメイン通り沿いにあります。

すごく大きな看板とネオンで、目立ちます。







■店内の様子
f0232060_1705360.jpgカウンターとテーブル。

遅い時間はほとんど場外のお店が閉まってしまう中、ここは比較的遅い時間までやってます。







■アイス緑茶
f0232060_1721828.jpg本日は、休肝日。










■水茄子
f0232060_1715784.jpgあまり美味しくなかったなあ、この水茄子。シャキシャキしてないし、甘味もない。









■たまご
f0232060_1732587.jpg食べた中では、一番たまごが美味しかったかな。










■えび
f0232060_174466.jpgその鮨屋さんのことがよく分かるネタの1つと言われる蒸し海老。正直、全く美味しくなかった。









■金目炙り
f0232060_16544520.jpg金目炙りの、あの脂のジューシーさがまるでなかったです。炙りがウリと聞いたんだが・・・。









■まぐろ
f0232060_176436.jpg中トロ、赤身も、イマイチ。










■焼きアスパラ
f0232060_1763986.jpgアスパラ自体、あまり甘味なく、焼きの問題かシワシワ。塩もかけすぎ・・・。









■クエの塩焼き
f0232060_16561663.jpgクエも塩かけすぎ。なんだかなあ・・・もう。








お気に入りのフレンチレストラン、


「en.terrible アンテリブル」でディナー。










いつものワンパターンコンボで、


当然、ハンバーグも、サマートリュフも食べるとして、


f0232060_12111863.jpg
























f0232060_1212774.jpg

































夏らしく、鮎のパスタとか、ヤングコーンのグリルとかも食べたりして、


f0232060_12131795.jpg
























f0232060_12135015.jpg






























すごくバランスのいい食事をした一日だった。


こういう表現があっているのか分からないが。









■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/













■今日のカメ

■「アンテリブル」
f0232060_12161025.jpg大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。新橋演舞場近くの路地裏にあります。









■赤ワイン
f0232060_12164686.jpgお店おすすめの赤ワインをグラスで。










■自家製パン
f0232060_12172638.jpg「アンテリブル」の自家製3種のパン。パンが絶品です。









■1品目
f0232060_12184010.jpg「待ってたトマトとブラータのサラダ」です。トマトが甘くて、チーズも濃厚で、美味しい前菜です。









■2品目
f0232060_122095.jpgメニューに載っていないハム。シェフが農場にお願いして作ってもらったものだそう。









■ハム、アップ
f0232060_1221446.jpgこのハム、本当に美味しかったなあ・・・。

メインになれてしまうハムというか、ここ最近食べたハムの中で一番美味しかったです。合わせているソースも絶品でした。






■3品目
f0232060_12231019.jpg「サマートリュフのウッフブルイエ」です。

スクランブルエッグにサマートリュフがかかっていて、シンプルですが、すごく味が分かってしまう料理。卵もフワフワで、絶妙。とても美味しい。






■4品目
f0232060_12135015.jpg「ヤングコーンのグリル」です。










■ヤングコーン、アップ
f0232060_12253195.jpgすごく甘くて、ヒゲの部分も食べられます。










■ソースと塩
f0232060_12264797.jpgクリーミーなソースと、ハイビスカスの塩だったかな。









■5品目
f0232060_12274126.jpg穴子と万願寺唐辛子のフリットです。










■6品目
f0232060_1228348.jpgこの時期だけのお勧めという「鮎のパスタ」です。










■鮎、アップ
f0232060_12131795.jpg実は、鮎はあまり好きな魚ではないのですが、これはすごく美味しかったです。臭みもなく、さっぱりしている。








■鮎の肝ソース
f0232060_12302632.jpg鮎の肝を使ったクリーミーなソース。これをパスタに混ぜながらいただきます。









■7品目
f0232060_1231308.jpg上にトリュフ、中にはフォアグラの大人のハンバーグ。文句なしの安定の一品。









■8品目
f0232060_12325636.jpg「和牛ハラミ肉のグリル フレッシュマスタードソース」です。









■ハラミ肉、アップ
f0232060_12335137.jpgこのハラミもめちゃくちゃ美味しかったです。やわらかくて、ジューシー。









■デザート
f0232060_12343090.jpg本当は他のデザートに付けるミニプリンを、それだけ食べたくていただいちゃいました。

甘さも、固さもちょうどいいプリンでした。










メシクエストのパーティ編成は、LV.34の遊び人ひとりのこともあるが、


2人のことも、4人のことも、たまに馬車借りて10人以上になることもある。












ちなみに、今日のメシクエストは、おそらくジョブ的には「学者」な感じの方と、


LV34の遊び人という、運と知識に期待大のパーティー。


私があまり行かない本郷三丁目という場所へ学者様にご案内いただく。













さて、今日のクエストは、インド料理なのだが、


思い浮かべるインド料理とはちょっと違っていて、


フレンチインディアンというか、インド料理ビストロというか、


スパイシーでインド料理がベースではあるが、


どれも丸みがあるというか、上品で、繊細で、独特な料理だった。


f0232060_2049149.jpg
























f0232060_20492227.jpg
























f0232060_20494585.jpg


































以前マカオに行った時に、ポルトガル統治下時代の、


マカオ料理とも言えない、ポルトガル料理とも言えない、


2つが融合したマカオポルトガル料理というのをいただいたことを思い出し、


インドはイギリス植民地だったので違うにせよ、


フランス統治下のスパイシーな料理を出す国の料理はこんな感じだったのかなあ。










■「桃の実」
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13169750/














■今日のカメ

■「桃の実」
f0232060_2059152.jpg丸の内線、大江戸線「本郷三丁目駅」から徒歩3分ほど。大江戸線出口からの方が近いです。路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_2102598.jpgカウンターとテーブル。席数は少なめ。










■テーブルセット
f0232060_2105778.jpgテーブルセットはこんな感じ。最初のセットに、カレーで想定されるスプーンがないことからも、よくあるインド料理じゃない感じ。








■赤ワイン
f0232060_2122211.jpg料理がワインにも合うとのことで、早速赤ワインを。









■お通し
f0232060_2132481.jpgイワシだったかな?のマリネ。ほんのりマサラ風味のバジルソース。









■パン
f0232060_214351.jpg自家製のフォカッチャはお代わり自由。塩が効いていて、美味しい。









■1品目
f0232060_2141965.jpgいろいろと食べてみたかったので、アラカルトで注文。

まずは、ニガウリのタマリンド煮。タイ料理でよく使われる独特の風味と、甘酸っぱさが特徴。ニガウリの苦味も効いていて、大人なおつまみ。





■2品目
f0232060_218580.jpg「フランス産ホワイトアスパラガスエメンタールチーズのフォンデュ」(1450円)です。

チーズがいい香りで、ここにもほんのりインド風なスパイスが効いています。






■3品目
f0232060_21101256.jpg「ソフトシェルクラブとアスパラガスのソテー」です。

香草やスパイスが効いていますが、これも尖った効かせ方ではなく、まろやかで食べやすい。






■4品目
f0232060_2049149.jpg「サワラのバナナ葉の包み焼き」(1800円)です。

バナナの葉とスパイスのいい香りがします。








■中身は・・・
f0232060_20492227.jpg中には、スパイスで蒸し焼きにされた柔らかいサワラが入っています。

ソースは、スパイシーな辛味噌といった感じ。これは、ガツンとスパイスが効いてます。






■5品目
f0232060_20494585.jpgメニューに、「バターチキン」と書いてあったので、てっきりカレーかと思ったら、カレー風味ではありますが、ちゃんとしたチキン料理でした。

プーレジョーヌというフランス産の地鶏を使っているとのこと。すごく柔らかく、すぐに骨から外れます。美味しいチキン料理でした。




■6品目
f0232060_21192995.jpg〆は、ビリヤニ。土鍋の炊き立てが出てきます。










■中身は・・・
f0232060_21202828.jpgマトンのビリヤニです。

土鍋の周りの白いものは、密閉用のパン生地で、これも食べられるとのこと。







■混ぜると・・・
f0232060_21391919.jpg中からゴロゴロとマトンが出来てきました。スパイスがしっかり効いていますが、インド人が作る本格インド料理店で食べた現地風ビリヤニとかと比べると、やっぱりこっちの方がまろやか。







■デザート①
f0232060_21262231.jpgマンゴープリン。ちょっと甘め。










■デザート②
f0232060_21265467.jpg口直しに合う、スパイシーなバニラアイス。










■食後の飲み物
f0232060_21274036.jpgかわいいカップに入ったアールグレイ。







お気に入りのフレンチレストラン、


「en.terrible アンテリブル」で友達と食事。













いろんな人を連れてきても、みんな喜んでくれるし、


スタッフも良くしてくれ、毎月メニューが変わっても安定して美味しいので、


食事の場所で迷うと、よくお邪魔させてもらう一軒。













私中心の食事だと、どうしても好きなものをワンパターンで注文してしまうが、


たまに他の人が加わると、私が注文しないようなメニューが


メシクエにも登場することになるので、面白い。


カキのオムレツとか、私だけだったら、絶対注文しないもんなあー(笑)。


f0232060_21182058.jpg






























■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/















■今日のカメ

■赤ワイン
f0232060_21195721.jpg早速、赤ワインから。










■テーブルセット
f0232060_21202974.jpgテーブルセットはこんな感じ。









■1品目
f0232060_21212139.jpg「赤ピーマンのムース 生ウニ添え」です。

赤ピーマンとウニの相性がよく、私のお気に入りの前菜。








■自家製パン
f0232060_21223187.jpgアンテリブルの美味しい自家製パン。ついつい食べ過ぎてしまう美味しさ。









■2品目
f0232060_21233715.jpg「おすすめは?」と聞かれて、やっぱり好きなモノを答えるので、いつもの私のオーダーと似通ってしまう。

お気に入りのフランス産いろいろキノコのガーリックソテー。うまーい。





■3品目
f0232060_21182058.jpg3人のうち、2人がカキ好きだったので、メシクエには珍しいメニュー登場。

私は写真だけw。







■4品目
f0232060_21261440.jpgこれまたやっぱり頼んでしまう絶品トリュフのカルボナーラ。パスタは他にもあるんですが、悩んだ末、いつもここに落ち着く。








■5品目
f0232060_21273646.jpg「バルバリー種鴨のロースト クルミのキャラメルソース」です。

鴨がやわらかく、クルミとキャラメルの甘めのソースとすごく合っています。






■6品目
f0232060_21284770.jpg中にはフォアグラ、上に黒トリュフの、名物大人のハンバーグ。絶品。









■デザート①
f0232060_21295466.jpgボリュームたっぷりのモンブラン。










■デザート②
f0232060_21311845.jpgこちらは、クレームブリュレ。3人で2つくらいで十分なボリューム。








東京女子大で検診があり、最寄り駅の若松河田でランチを探す。


変な時間の病院予約だったので、ほとんどランチが終わってて、


なかなか食べるところが見つからず、


ようやくコンクリートに囲まれたメディカルビルのようなところに


ランチ看板が出てたので行ってみた。














が、どう見ても、病院っぽくて、正直食欲がここで2割減(笑)。


f0232060_1524974.jpg


























でも、興味の方が勝り、行ってみることに。


何事も、冒険。メシクエストなのだ。














ドキドキしながら、中に入って見ると、


外観以上に、病院っぽくて、ここでさらに食欲1割源。


特に、このエメラルドグリーンのテーブルクロスがすごく食欲を奪ってくる。


f0232060_1555424.jpg

































・・・と、まあ、ここまで来ると、


普通のレストランじゃないことはお分かりいただけると思うが、


どうやら、衣食住を通じて病気の改善を行う


NPO法人イムクルスという団体が運営するオープンハウスに迷い込んでいたらしい。














もちろん、一般の人も利用できるのだが、


お年寄りや糖分・塩分を制限している方のために、


メニューも糖分や塩分をほとんど使っていないような


私の冒険にはなかったものが数多く取り揃えられていた。


f0232060_15114192.jpg
































たまには、こうやって健康を考えながら


ご飯を嚙み締める日があってもいいかなと思いつつも、


正直、超薄くて、全く食が進まなかった。


ホントすみません、通常の冒険に戻らせていただきます・・・。














■「GENKI HOUSE ルーチェ」
http://www.em-seikatsu.co.jp/partner/shop/index.php?id=128

















■今日のカメ

■「ルーチェ」
f0232060_15153030.jpg大江戸線「若松河田駅」から徒歩5分ほど。抜弁天交差点方面に歩いていったメディカルビルの2階にあります。








■入口
f0232060_1524974.jpgレストランカフェを併設したオープンハウスで、中では商品の販売や情報提供などもしています。









■レストランフロア
f0232060_1555424.jpgなんと言うか、テーブルクロスのこの色がかなり奪ってきます、食欲を。









■店内の様子①
f0232060_1520814.jpg健康に関する色んな情報を知ることが出来ます。










■店内の様子②
f0232060_15205638.jpg減塩のお惣菜とか、玄米とかも販売しているので、ここで購入が可能です。









■ランチサラダ
f0232060_15215395.jpgランチに付いてくるミニサラダ。サラダはお代わり自由。

健康志向のお店なので、かなり野菜は期待していたのですが、正直あまり美味しくなかったです。あと、ドレッシングは逆に味が濃すぎて、意外。





■サービスパン
f0232060_1523478.jpgかぼちゃあんのパン。甘さ控えめで、美味しかったです。









■健康定食
f0232060_15114192.jpgメニューは豊富で、食べたいものを単品で組み合わせることが出来ます。

とりあえず野菜を中心としたお惣菜に、どうしても肉が欲しかったので(笑)、ヘルシーハンバーグをつけてみました。





■料理アップ①
f0232060_15255872.jpg減塩メニューなので、味は薄いですが、いろんな野菜が入った煮物です。









■料理アップ②
f0232060_15274366.jpg切り干し大根。










■料理アップ③
f0232060_1528969.jpgミートボールでお馴染みの「イシイ」が作っている鶏肉を使ったヘルシーハンバーグ。薄くて、コクがない・・・。








■ご飯、アップ
f0232060_15293097.jpg玄米ご飯です。雑穀なども選べます。





お気に入りのフレンチレストラン、


「en.terrible アンテリブル」で親友と食事。













今年は、特に秋以降だが、


「アンテリブルイヤー」と言っても過言でないくらい、


すごく密度高くお邪魔させてもらったお店だ。













行く度に、楽しませてくれるし、


美味しいし、居心地いいし、言うことない。













この記事が掲載される頃には、おそらく連日の忘年会ラッシュで、


肝臓も、心もヘロヘロになっていて(苦笑)、


残念ながら、もう年内の訪問は難しい気がするが、


来年もぜひ密に通わせていただきたいと思う。













ちょっと早いですが、シェフ、スタッフの皆さん、


今年一年、お世話になりました!













■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/















■今日のカメ

■テーブルセット
f0232060_20264366.jpgテーブルセットはこんな感じ。今日は、カウンターで。









■パン
f0232060_2028534.jpg自家製の3種のパン。相変わらず、絶品。










■1品目
f0232060_20284794.jpg「赤ピーマンのムース 生ウニ添え」です。

ピーマンの風味とウニの濃厚な甘味がとてもよく合っています。







■2品目
f0232060_20301536.jpg「焼きタラバガニとプンタレッラのサラダ」(2200円)です。









■焼きタラバ、アップ
f0232060_20323175.jpg「プンタレッラ」は別名「アスパラガス・チコリー」とも呼ばれる冬の野菜。やや苦味があります。

焼きタラバガニ、甘くて美味しいー。






■3品目
f0232060_20341970.jpgやっぱりまた食べてしまう「トリュフのカルボナーラ」。









■カルボナーラ、アップ
f0232060_20351362.jpg贅沢でいて、そして、とっても美味しいカルボナーラです。









■4品目
f0232060_2037389.jpg「バルバリー種鴨のロースト クルミのキャラメルソース」(2600円)です。









■鴨、アップ
f0232060_2038360.jpg鴨と合わせたクルミのキャラメルソースは初めてでしたが、甘さが抑えられていて、香ばしさもあり、とても美味しかったです。これはいい!








■5品目
f0232060_20392458.jpgこれまた、やっぱり注文してしまう名物「大人のハンバーグ」(2800円)。

この美しいプリプリの球体に魅せられてます。







■フォアグラ、ドーン!
f0232060_20404076.jpg上にはトリュフと赤ワインのソース、中にはたっぷりとフォアグラが入っています。ああ、幸せ。









■デザート①
f0232060_20414712.jpg洋梨のムースとシナモンのアイス。洋梨そのまんまのとてもいい香り。









■デザート②
f0232060_20424224.jpg「No.19」とナンバリングされた紅玉のパフェ。肉の後に、口の中がスッキリします。





ジビエ(狩猟で捕獲された鳥獣)が美味しい季節がやってきた。












この時期は、いろんなお店でジビエ料理をやっていて、


それぞれのお店から案内状をいただくのだが、


最近、とても気に入っていて通わせてもらってる


「en.terrible アンテリブル」からもジビエフェアの案内をいただいたので、


早速、お邪魔させてもらった。













「おおち山くじら」フェア。


「山くじら」とは、イノシシのことで、


肉の食感が、まるで鯨肉のようなので、そう呼ばれることがあるそうだ。













全く臭みなく、上質な牛肉を食べている感じ。


山くじらを堪能させてもらった。












■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/
















■今日のカメ

■「アンテリブル」
f0232060_1425222.jpg今日はジビエをガッツリ食べる予定だったので、最初から赤ワインで。









■山くじらのもも肉
f0232060_14272371.jpg仔イノシシのモモ肉の燻製ハムです。










■1品目
f0232060_14312660.jpg「仔イノシシ モモ肉の燻製ハムとイチジクのサラダ仕立て」(1600円)です。









■ももハム、アップ
f0232060_14343670.jpgいい色。深い味わいで、とても美味しい。










■自家製パン
f0232060_14351466.jpg美味しくて止まらなくなる、3種の自家製パン。










■2品目
f0232060_1435575.jpg「仔イノシシのパテ アンクルート」(1800円)です。

濃厚なパテ。ワインに合います。







■3品目
f0232060_1436152.jpg「アンテリブル」のお気に入りメニュー、「フランス産キノコのソテー」です。

キノコ好きにはぜひ。シンプルだけど、ホント美味しい。






■4品目
f0232060_14382275.jpgこれもお気に入りのメニュー、「トリュフのカルボナーラ」。









■パスタ、アップ
f0232060_14394290.jpg黒トリュフの香りと、クリームソースがとてもよく合っています。うまいー。









■5品目
f0232060_14403864.jpg「仔イノシシ 骨付き肉のロースト」(3000円)です。









■イノシシ、アップ
f0232060_14414079.jpg火入れも抜群、やわらかくて、とても美味しいローストでした!









■6品目
f0232060_14422767.jpg「大人のハンバーグ」(2800円)です。上には黒トリュフ、中にはフォアグラ。

前回初めて食べてすごく美味しくて、予想通り、やっぱりまた頼んでしまった一品。ワンパターンの性(笑)。





■デザート
f0232060_1445910.jpg今日はかなりのボリュームをいただいたので、デザートは軽めに。

洋梨のソルベと、日本酒のソルベ。日本酒は、ホントに日本酒の香りがして、甘酒を凍らせたような感じでした。





前回初めて伺って、とても美味しかったので、早速、再訪。












前回の訪問からあまり時間が経っておらず、


メニューがほぼ一緒だったので、


せっかくならば違うメニューをと思いきや、


ここはワンパターンの性で、結局80%近く前回と同じ料理を注文し、


前回の美味しさを辿る旅となった。













ただ、いくつかは新しいメニューも試していて、


前回から気になっていた「大人のハンバーグ」をついに注文。












ハンバーグの中にフォアグラ、周りにはラルド(豚の脂肪の塩漬け)、


上には黒トリュフと、かなり個性の強い食材のオンパレードだが、


これが絶妙なバランスでハンバーグを構成していて、絶品だった。












「大人のハンバーグ」が絶品であることを知ってしまった今、


またワンパターンの性で、次回も同じモノを頼みそうな予感w。













■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/
















■今日のカメ

■「アンテリブル」
f0232060_1833534.jpg大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。新橋演舞場近くの路地裏にあります。

カウンター、テーブル、個室も。席数は割りとあります。






■赤ワイン
f0232060_1862033.jpgお店おすすめの飲みやすい赤。










■自家製パン
f0232060_1865741.jpg自家製パン3種。「アンテリブル」のパンは、パンだけでも売って欲しいくらい、ホント美味しい。









■1品目
f0232060_188045.jpgアラカルトで注文。

まずは、「軽く炙ったサバのマリネ 刀根柿添え」(1800円)です。







■サバマリネ、アップ
f0232060_1891010.jpgサバもいい感じでマリネされており、ほど良く甘い柿ととても合っていました。









■2品目
f0232060_1811484.jpgフランス産キノコのソテー(1500円)です。










■キノコ、アップ
f0232060_18124194.jpg名の通り、フランス産のいろんなキノコをガーリックバターソテーしたシンプルな料理ですが、火の入れ方とか、食感、塩加減、香り、すべて抜群で、ホントに美味しい。

前回頼んで、また頼んでしまった。クセになる美味しさ。




■3品目
f0232060_18142245.jpg「スープドポワソン」(1000円)。濃厚な魚介出汁のスープ。これも前回食べて美味しくて、今回も注文。何度飲んでも美味しい。








■味変えるクリーム
f0232060_18155434.jpg最初は普通にスープを楽しんで、後半、このサフランのクリームソースを少し垂らすと、よりクリーミーなスープになり、1回で2度楽しめます。








■4品目
f0232060_1818947.jpg「大人のハンバーグ」(2800円)です。

皿が出てきたときから、すでにいい香りがテーブルいっぱいに広がっています。







■ハンバーグ、アップ
f0232060_18183596.jpg肉汁でふくらんだプリプリのハンバーグ。上には、黒トリュフがたっぷり。









■中は、こんな感じ。
f0232060_1819458.jpg中にはギッシリとフォアグラが入っています。濃厚ですが、くどさはなく、とても美味しい。









■5品目
f0232060_1820559.jpg揚げたてのカツが乗った、特製カツカレー。

こういうフレンチでカツカレーがあるのは珍しいですが、欧風で食べやすいカレーでした。







■デザート
f0232060_18215786.jpg「うちのモンブランは、ちょっと変わってますよ」と勧められたモンブラン。

確かに、いわゆるモンブランとは、ちと違う。







■モンブラン、アップ①
f0232060_18232651.jpgしっかりとしたマドレーヌのようなケーキの上に、栗のペーストが乗っています。デザートもとても美味しい。








■モンブラン、アップ②
f0232060_18253546.jpgチョコクッキーで出来た棒の上に、金粉のようなもの。魔法使いのステッキみたい。









■紅茶
f0232060_18262528.jpg食後の紅茶。ちゃんと香りが良く、最後の最後まで気が抜かれておらず、美味しいのが素晴らしい。

せっかく料理が美味しいのに、最後の紅茶が香りないティーバックだったり、コーヒーがインスタントだったりすると、一気にそれまでが帳消しになっちゃったりするからね。




ご招待いただき、築地にあるビストロ、


「en.terrible アンテリブル」で会食。













ご招待くださった方は、とてもグルメな方で


私とも行動範囲がかぶらないので、


お誘いいただくたびに、新発見があり、楽しみにしている。













今回もめちゃくちゃ素晴らしいお店を紹介いただいた。


雰囲気、料理の種類、味付けなど、すべてが好みで、


密かに、今年の個人的なナンバーワンかもしれない、と思っている。













食べたいものがたくさんあって迷う。


超近いうちに(笑)、またぜひお伺いさせていただきたいと思う。













■「en.terrible アンテリブル」
http://en.terrible.jp/
















■今日のカメ

■「アンテリブル」
f0232060_18235876.jpg大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。新橋演舞場近くの路地裏にあります。









■店内の様子
f0232060_18251873.jpgカウンターとテーブル。奥に半個室もあります。席数はそこそこあります。









■アジのサラダ
f0232060_1831438.jpgアジ(だったかな?)とマッシュルームのサラダ。

甘酸っぱいソースと、とてもよく合っていて、いい感じで胃が動く前菜にちょうどいい一品。







■パン
f0232060_1833412.jpg自家製パンが3種類。このパンがめちゃくちゃ美味しくて、ちょっと驚きました。

特に一番上に乗っている、サクッとしていて、でもすごく深い味のするバケットが、絶品でした。






■生ガキ
f0232060_1835279.jpg北海道厚岸産の生ガキ。私はカキが食べられないので、写真だけパチリ。









■フランス産キノコのソテー
f0232060_18383356.jpgキノコ好きとしてはたまらない盛りだくさんのソテー。

大好きなジロール茸(あんず茸)の他、紫シメジ、マッシュルームなど。






■スープ
f0232060_18394036.jpg「スープドポワソン」という魚介で出汁を取ったスープです。甲殻機動隊垂涎の、甲殻系のいい香りがします。








■スープ、アップ
f0232060_18425184.jpgよくメシクエでも書くのですが、スープって、実はものすごい量の材料を使って出汁を取り、時間もかかるので、スープを置かない店も増えています。

美味しい店でスープがあったら、必ずスープを頼むようにしているのですが、このスープはめちゃくちゃ美味しかったです。なかなかないなあ、こういう味を出せるお店。



■スープ用ソース
f0232060_18441849.jpgサフランとニンニクを使ったソースで、スープ中盤からスープの中に入れて味を変えてお楽しみください、とのこと。

クリーミーで、でも、元の魚介の濃厚なスープの味を邪魔しないように出来ていて、これもとても美味しい。




■メイン
f0232060_18469100.jpg「バルバリー種鴨のロースト クルミのキャラメルソース」です。









■鴨、アップ
f0232060_18471051.jpg火入れも良く、ビターで甘めのキャラメルソースとも、すごく合います。美味しかった!









■パスタ
f0232060_18492315.jpgトリュフのカルボナーラです。










■カルボナーラ、アップ
f0232060_1850363.jpg黒トリュフの素晴らしい香りと、軽すぎず重すぎず、ちょうどいいクリーム感。

ここ最近食べたカルボナーラで断トツに美味しかったです。






■パフェ
f0232060_18505592.jpg「No.19」という名前の付いたパフェ。

季節ごとに新しいパフェを作って、ナンバリングしているそうで、これは19番目の新作。リンゴを使っています。






■パフェアップ上
f0232060_18523726.jpgAppleですw。










■パフェアップ中
f0232060_18532841.jpgマカロン、リンゴのアイスなど、色んなものが入っています。









■パフェアップ下
f0232060_18545798.jpg下層には甘くて美味しい生のリンゴも入っています。









■おみやげ①
f0232060_185613.jpgご丁寧にお土産までいただきました。

パンを絶賛していたので、いただいちゃいました。嬉しいー。翌日の朝食で美味しくいただきました。







■おみやげ②
f0232060_18563927.jpgフィナンシェ。しっとりしていて、甘さもちょうどいい。これもすごく美味しかったー。





築地をウロウロしていた時に、小腹が空き、


店の外まで漂っていた海老の香りに誘われて、


「海老そば専門店 築地えび金」へ行き着く。












正直、予定外というか、全く期待していなかったこともあるが、


ぶっちゃけ、とても美味しくて、驚いた。


ここ最近で、一番印象に残ったラーメンかも。













濃厚民族が食べてるようなドロドロ系の濃さはないが、


いずれ【甲殻機動隊】の肩書きも掲げようかと思っているくらい、


実は、甲殻類が大好きで、特に海老好き。


海老がどこまでも濃厚で、すごくいい感じだった。満たされた。












我こそは甲殻機動隊という皆さんは、


ぜひ一食お試しいただければと思う。












■「海老そば専門店 築地えび金」
http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/cat-d/cat-14/638.html
















■今日のカメ

■「築地えび金」
f0232060_17535833.jpg大江戸線「築地市場駅」から徒歩5分ほど。

築地場外の波除稲荷神社の近くにあります。








■店内の様子
f0232060_1755305.jpgカウンターのみ。

昔ながらのラーメン屋という感じですが、2014年2月に出来たばかりで、まだ全体的に新しいせいか、なんだか映画のセットにいるみたいw。






■海老そば
f0232060_17573230.jpg甲殻機動隊垂涎の海老臭。いい香り。










■海老そば、アップ
f0232060_17585256.jpgとにかく、スープが絶品です。ついつい全部スープを飲み干してしまいそうなイキオイ。

麺も、出汁を取った後の海老殻をすり潰して自家製麺に練りこんでいるそうで、ちょっと変わっています。





■餃子
f0232060_1804962.jpg残念ながら、ごく普通の肉餃子。

これも、いっそのこと、海老餃子にすればいいのになあ。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ