カテゴリ:小田急線その他( 43 )










春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース


f0232060_11483092.jpg















オープンからお邪魔していてもう何回目の秋コースになるのか、


さすがに毎年何回もお邪魔していると、


仕方がないことなのだが、コースの流れや内容が被るところがある。


今年の夏のコースは比較的昨年のコースと被るところが多かったが、


今回の秋のコースは去年の秋と違う料理が満載で楽しかった!












本日も橋本シェフ目の前のアリーナカウンター席にて。


千葉県木戸泉酒造の、


樽薫の付いたブランデーのような日本酒をいただく。


初めて飲んだが、すごく美味しい食前酒。


f0232060_11505549.jpg


f0232060_1151449.jpg















本日のメニューは、この落ち葉の中から拾う。


f0232060_11514261.jpg


f0232060_1152196.jpg















カウンターの特別席2席は、


セララの料理アートの過程が目の前で見れるので楽しい。


まず1品目は、紅葉に見立てたグリッシーニの枝に、


和歌山県産豚ハムを巻き付けたもの。


f0232060_11544141.jpg


f0232060_11553318.jpg


f0232060_11554183.jpg


f0232060_11555452.jpg















2品目は、スパークリングマスカット


マスカットのシャンパンを二酸化炭素でエスプーマにしたもの。


口の中でマスカットがシュワシュワする不思議な食感。


f0232060_11572631.jpg
















3品目は、カンナくずに見立てた根セロリ


根セロリを薄く削って、食べられるカンナくずに!


中にはクリームチーズとフェンネルの香り。


f0232060_11595230.jpg
















4品目は、森の朝


秋のコースの名物の1つで、


朝もやをイメージした森の香りのするドライアイスの中に、


アボカドやピスタチオのムースを液体窒素で固めてを再現。

f0232060_1265040.jpg


f0232060_1242030.jpg


f0232060_1244724.jpg














ペアリングのドリンクは、


松の葉のシロップとジェニファーベリーを浮かべた


スパークリングドリンク。


f0232060_1254620.jpg















5品目も秋のコースの名物、落葉の森


秋の森の中でトリュフを探す豚を再現。


黒いトリュフに見立てたものは豚耳などを使った


トリュフ風味の揚げたてコロッケ。


巨峰に見立てたものはフォアグラと砂肝。


見た目にもかわいらしいだけでなく、味もちゃんと美味しい。


f0232060_1210574.jpg


f0232060_1210267.jpg


f0232060_12103458.jpg


f0232060_12105197.jpg


f0232060_1211013.jpg














去年との違いとして、さらに濃厚なキノコスープがセットに。


このキノコのカプチーノ仕立てのスープが


めちゃくちゃ濃厚で、香り良くて、美味しかった!


セララバアドの天然酵母絶品パンともすごく合う。


f0232060_1213239.jpg


f0232060_12131293.jpg















6品目は、秋の新作で、白イカを使った料理。


柔らかい白イカの中にギッシリ茸が詰まっている。


ソースは魚介から取った濃厚なビスクソース。


かなり好みの味で、めちゃくちゃ美味しかった!!


f0232060_12163461.jpg


f0232060_12164535.jpg


f0232060_12165269.jpg















ペアリングは、バラぶどうのジュース。


バラとぶどうって、こんなに合うんだなあ。


お姫様になったような気分になれる香りのジュースで、とても美味しい。


f0232060_1218693.jpg















7品目は、有明産の穴じゃこ・マジャクを使ったフリット。


ソフトシェルクラブのように殻が柔らかいので、


そのまま頭から尻尾までバリバリ食べれる。


付け合わせは酸味のあるマンゴーのマリネ。


f0232060_12203975.jpg


f0232060_122128.jpg















8品目は、丹波黒鶏の瞬間燻製。


藁を使って瞬間的に燻製をかけたもも肉と胸肉。


お皿の下にも燻薫が入っていて、


ほおずきで穴に蓋がされてて、それを外すと食べれる間も


藁の煙が出てきて、いい香りが楽しめるようになっている。


丹波黒鶏、柔らかくて、すごく美味しいー。


f0232060_12242441.jpg


f0232060_12243852.jpg


f0232060_12244794.jpg















ペアリングは、人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。


下にコブミカンの葉がついてて、ちょっとアジアンな香りに。


f0232060_12295950.jpg















9品目のメインディッシュは、静岡県のセレ豚


コクがあるのに脂身が少なく食べやすい豚肉。


いつものメインはソースでフレンチ風が多かったが、


今回は最初からソースに付けてあって、


和食の生姜焼きに近いというか、ご飯が食べたくなる味だった。


f0232060_1233896.jpg


f0232060_1233253.jpg


f0232060_1233341.jpg















ペアリングは、シティーワインと呼ばれる


江東区清澄白河で醸造しているフジマル醸造所の赤ワイン。


f0232060_12372955.jpg


f0232060_12374130.jpg















10品目のデザートは、どんぐりのアイス


で作ったパリパリのシートを壊すと、


中からやさしい甘さのどんぐりアイスとカカオのムースが出てくる。


f0232060_12392510.jpg


f0232060_12394240.jpg


f0232060_12395440.jpg














11品目は、小菓子の盛り合わせ。


松ぼっくりに見立てたアーモンドとチョコレート、


栗のマドレーヌ、あんぽ柿のマカロン、オリーブのグミなど。


一煎目と二煎目の違いを楽しむハンドドリップした日本茶と共に。


秋のコースも満喫させてもらった!!


f0232060_124217.jpg


f0232060_12421191.jpg


f0232060_12421928.jpg


f0232060_12422937.jpg


f0232060_12423844.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/

















春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で夏のコース


「セララバアド」は大きく春夏秋冬でメニューが変わることもあり、


1シーズンに1回は行くようにしているのだが、


今年の夏はご縁があって、先日もお邪魔してきていて、


今回珍しく、今年2回目の夏のコースとなった。


f0232060_12154667.jpg


f0232060_1216649.jpg












文才はないので、あまり気の利いた変化あるコメントは書けないが、


前回のメシクエと比べて、全く同じコースでも微妙に写真が違うことから、


「ああ、この人、マジで2回行ってるんだな」ということは


感じ取っていただけるのではないかと思うw。


f0232060_1216213.jpg













今日もカウンターのアリーナ席で。


1品目は、「イケバナ」


十勝のどろぶたの生ハムと香川のオリーブが、


クリスピーな食べられる木の枝に刺さっている。


f0232060_12225842.jpg


f0232060_12235955.jpg


f0232060_12241426.jpg














2品目は、液体窒素で瞬間冷却させたトウモロコシのムース。


トウモロコシのパウダーと共に、周りには水あめ。


食べると口の中でキャラメルポップコーンの味になる。


f0232060_12261034.jpg


f0232060_12315291.jpg














3品目は、「朝露」


水滴に見立てた球体の中は、梅昆布茶とじゅんさい


f0232060_12274570.jpg


f0232060_1227575.jpg


f0232060_1228773.jpg














4品目は、「花蜜」


食べられるナスタチュームの花びらをちぎって、


濾して透明にしたガスパチョの水面の上に浮かべる。


f0232060_12303519.jpg


f0232060_12305180.jpg


f0232060_123187.jpg


f0232060_12312193.jpg














5品目は、「夏の高原」


長野清水牧場のフレッシュチーズに、


レモングラスやラベンダーの夏を感じさせる香り。


目の前でどんどん高原が作られていく。


やっぱり料理は作っている様子が見れるのが楽しい。


f0232060_1234761.jpg


f0232060_12351491.jpg


f0232060_12352392.jpg


f0232060_12353632.jpg













続いて6品目は、「海辺」


ムール貝が苦手なので、擬態したムール貝の中には、


私だけ海老のビスクが入っている。


箱から取り出すボトルメールの中身は本日のメニュー。


f0232060_12374638.jpg


f0232060_123873.jpg


f0232060_12381626.jpg


f0232060_12382764.jpg


f0232060_12383930.jpg













7品目は、「夜海」


夜を思わせるレース状のイカスミ生地の下には、


白イカのスープ仕立て。


f0232060_12411197.jpg


f0232060_12412437.jpg


f0232060_12413329.jpg













8品目は、ハモと雑穀とクレソンのリゾット。


紫、黄色、緑のコントラストが美しく、そして美味しいリゾット。


f0232060_1243234.jpg


f0232060_12431475.jpg














9品目は、の瞬間燻製。


炒り番茶を敷いた器の中で、鮎を瞬間燻製。


番茶の香りをまとった、いい香りの鮎料理。


f0232060_124544100.jpg


f0232060_1246290.jpg


f0232060_12464596.jpg


f0232060_1247095.jpg














10品目は、栃木のとちの木牛のグリル。


付け合わせはまこもだけとじゃがいものピューレ。


f0232060_124923.jpg


f0232060_12491974.jpg


f0232060_12493055.jpg


f0232060_1249456.jpg














11品目は、「ピニャコラーダ」


フレッシュな搾りたてのパイナップルジュースを、


橋本シェフが豪快に液体窒素でアイスにしていく。


ココナッツのソースにラム酒も加わって、


食べられるカクテル「ピニャコラーダ」の完成!


f0232060_1251188.jpg


f0232060_12513016.jpg













12品目は、抹茶レモンムース


程よい酸味があって、かわいらしい夏向きのデザート。


f0232060_12523958.jpg


f0232060_12524962.jpg













13品目は、小菓子の詰め合わせ。


紫、緑、茶の組み合わせが、本当に美しい。


夏から秋への移り変わりを感じる。


エルダーフラワーエキスで作ったも、今年で見納め。


f0232060_12545491.jpg


f0232060_1255624.jpg


f0232060_12551582.jpg














14品目は、「線香花火」


関西の本物の花火屋さんで作ってもらっている花火の柄の部分に、


真っ赤なパチパチキャンディーを付けた特製線香花火。


まだ少し暑いけど、確実に夏は終わりに近づいてる感じ。


「セララバアド」に来ると、普段は考えないような、


季節のことをふと思い出させてもらえるきっかけがある。


f0232060_12571461.jpg


f0232060_12573454.jpg








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/


















春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で夏のコース


f0232060_1312447.jpg













いつもの橋本シェフの目の前の特別カウンター席に着席。


今日は各席に「セララバアドの旅」というタイトルの


小さなミニ冊子が置かれてて、夏のメニューが物語方式で語られてる。


f0232060_1342690.jpg













まず1品目は、「イケバナ」


夏らしい緑の木々の中に、


ビスケット生地で作られた枝ごと食べれる生ハム


ジュースのペアリングは、凍頂烏龍茶に柑橘を合わせた華やかな冷茶。


f0232060_136319.jpg


f0232060_1361475.jpg


f0232060_1314344.jpg














2品目は、キャラメルポップコーン


中にはトウモロコシのパウダーが入っていて、


口の中でサッと溶けてポップコーンの味になる。


f0232060_1383417.jpg












3品目は、「朝露」


大きな葉の上の球体の中には、じゅんさいと梅昆布茶。


f0232060_1395435.jpg


f0232060_13101093.jpg













4品目は、「花蜜」


ガスパチョのエキスだけを透明に濾したゼリー状の池の上に、


ガラスケースに入ったナスタチュームの花の蜜だけ吸って、


残りの花びらは池の上にちぎって、一緒にいただく。


花をちぎりながら、夏を感じさせる、どこか懐かしさもある一品。


f0232060_13165066.jpg


f0232060_1317062.jpg













5品目は、「夏の高原」


長野清水牧場のミルキーなフレッシュチーズと、


青草を感じるオリーブオイル、ラベンダーの香りの組み合わせ。


ジュースは、パッションフルーツ、きゅうり、ウイキョウなどを漬け込んだもの。


f0232060_13184426.jpg


f0232060_13185336.jpg


f0232060_1319235.jpg













ココットで作る「セララバアド」の絶品パン。


いつ食べても、ホント美味しい。


f0232060_13194364.jpg













6品目は、「海辺」


特別席は目の前で作る過程が見れるから、嬉しい。


ハマグリの濃厚エキスを使った白い波と、


フジツボのコロッケ、砂浜はアンチョビパウダー。


f0232060_132294.jpg


f0232060_13224230.jpg


f0232060_13225494.jpg


f0232060_1323477.jpg













ガラスケースの中にはボトルメールが入ってて、


取り出すと、中から本日のメニューが出てくる。


ジュースは、黄色いパプリカと生姜の組み合わせ。


f0232060_13241336.jpg


f0232060_1324224.jpg


f0232060_1324303.jpg













7品目は、「夜海」


本日も黒のワンピースを着てて、エブリデイ黒好きの私に、


橋本シェフから「この料理、成沢さん好きそうw」と言われるが、


本当に素敵で、カッコよくて、改めて黒っていいなと思う一品。


黒の部分はイカスミのチップ、中には白イカのスープ仕立て。


f0232060_1327748.jpg


f0232060_13273229.jpg













8品目は、ハモと雑穀とクレソンのリゾット。


ハモもカラッと揚ってて、リゾットも濃厚ですごく美味しい。


雑穀の紫と、クレソンの緑の色の組み合わせも好き。


f0232060_1330944.jpg


f0232060_1330219.jpg














9品目は、茄子の瞬間燻製料理。


中には炒り番茶の葉が敷いてあり、すごくいい香り。


ドリンクはスイカとハッカのジュース。


f0232060_1331599.jpg


f0232060_1332844.jpg


f0232060_13321670.jpg













10品目は、とちの木牛を使ったメインディッシュ。


付け合わせは、じゃがいものピューレ、まこもだけなど。


せっかくなので、肉だけ赤ワインを。


f0232060_13334697.jpg


f0232060_13335596.jpg


f0232060_1334365.jpg













11品目のデザートは、ピニャコラーダ


フレッシュのパイナップルジュースを絞って作って、


そのままその場で液体窒素の瞬間冷却をしてシャーベット状に。


橋本シェフの周りに液体窒素の煙がいっぱい。


f0232060_13364658.jpg


f0232060_13365617.jpg












12品目のデザートは、レモンのムース


周りには抹茶のパウダーが掛かってて、宝石みたいでキレイ。


f0232060_13373939.jpg


f0232060_13375282.jpg














13品目は、小菓子の詰め合わせ。


蓋を開けたら、がキラキラしてて、めちゃくちゃ素敵だった。


紫と緑の配色が大好きなので、これでもうヤラれた。


緑は、ヨモギのマカロン、シークアーサーのゼリー。


f0232060_13402735.jpg


f0232060_13403683.jpg


f0232060_13404683.jpg


f0232060_13405476.jpg


f0232060_1341322.jpg












紫色の球体は「蛍」という名前がついていて、


お茶とエルダーフラワーで化学反応を起こし、紫になっているとのこと。


明りに透かすと、ちゃんと蛍がいる!!


f0232060_13421783.jpg













最後は、線香花火


本物の線香花火と、パチパチキャンディーの食べる花火。


ハンドドリップの一番茶、二番茶を楽しみながら、


今日もセララバアドの夏の会を堪能。


f0232060_13434922.jpg


f0232060_13441766.jpg


f0232060_13442436.jpg










■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/

















春夏秋冬で必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で春のコース


f0232060_1413029.jpg


f0232060_14131558.jpg


f0232060_141328100.jpg













今回面白い試みをされてて、本日のメニューの裏にQRコードがあり、


そこからサイトにアクセスると、メニューごとに和歌が設定されてて、


和歌と料理を楽しむ、和歌ペアリングになっていた。


f0232060_14145954.jpg











1品目は、「桜」という料理。


本物の桜の中に、桜の枝に見立てた食べれる枝がいて、


そこに馬肉が巻き付けられている。


今年は桜が咲いて散るのが早かったから、これが最後の見納め。


ペアリングのドリンクは、いちご100%のジュース。


f0232060_14175193.jpg


f0232060_1418272.jpg


f0232060_14181512.jpg


f0232060_14182721.jpg












2品目は、ホタルイカとグリンピースの前菜。


下のせんべいのようなものは、タピオカを揚げたもの。


ペアリングのお酒は、日本酒で。


f0232060_14201767.jpg


f0232060_14202869.jpg


f0232060_1421186.jpg












3品目は、をイメージした、


「フイトンチッド」「トペニ」「ワッカ」という名前の


3種の前菜の盛り合わせ。


f0232060_14223353.jpg













フイトンチッドは、


樹木が微生物の活動を抑制するために発生する化学物質。


まさに、あの森林浴を楽しむ朝の森のいい香りが、


微生物にとっては地獄のような香り。


この前菜も、朝の森に降り立ったかのようないい香りが付けられてて、


中には松の実のサブレが入っている。


f0232060_14262366.jpg












これは、楓の樹液を球体状に固めたもの。


口の中で、フワッと球体が破裂して、素朴な甘みの液体が出てくる。


f0232060_14273414.jpg












これは、カリッと揚った豚皮の上に乗ったブータンノワール


リンゴが甘味と酸味のアクセントになってる。


f0232060_14284471.jpg












4品目は、枯山水


コケに見立てたアンチョビバターで、じゃがいもをいただく。


f0232060_14311050.jpg


f0232060_1431202.jpg


f0232060_14312846.jpg












こっちが本物ので、


f0232060_14314696.jpg











こっちが食べられるじゃがいも


f0232060_1432599.jpg













ココットで焼き上げた、焼き立てのパン。


「セララバアド」のパンは、外がカリッとしてて、


中はモッチリ、甘味があって、めちゃくちゃ美味しい。


f0232060_1433239.jpg


f0232060_14333346.jpg













5品目は、春の高原


長野県清水牧場さんのナチュラルチーズの上に、


ローズとクランベリーウォーターで作ったいい香りの泡が乗ってる。


お皿の周りに飛んでる蝶は、すべてリンゴで作られてて、食べられるもの。


f0232060_14352686.jpg


f0232060_143538100.jpg


f0232060_14354666.jpg


f0232060_1436040.jpg













6品目は、春の大地


アボカドとブラックオリーブで出来た土の上に春の野菜が育ってる。


f0232060_14372580.jpg


f0232060_14373418.jpg













7品目は、雨紋


しじみ出汁で作られた池の上に、鯉に見立てた海老が泳いでる。


波紋もちゃんと作られてて、芸術的!


f0232060_14384653.jpg


f0232060_14385437.jpg


f0232060_143936.jpg













8品目は、桜海老をふんだんに使ったリゾット。


出汁はあさりで、菜の花や大麦が入っている。


色鮮やかで香り良く、とても美味しいリゾット。


f0232060_14401325.jpg


f0232060_14402365.jpg












ペアリングの飲み物は、リンゴジュースと抹茶の組み合わせ。


これが意外と合ってて、りんごの甘ったるさが、


抹茶でうまく中和されるので、大人のリンゴジュースになっててビックリ。


f0232060_1442134.jpg













9品目は、春霞


深雪マス(ミユキマス)を使った魚料理。


最後に瞬間スモークがかかり、春の霞を見ているかのよう。


f0232060_14441538.jpg


f0232060_14442771.jpg


f0232060_14443789.jpg


f0232060_14445290.jpg













10品目は、岩手のホロホロ鳥


もも肉、むね肉で調理法を変えている。


ソースはキノコの濃厚なクリームソースで、


このソースがめちゃくちゃ美味しかった!


f0232060_14462440.jpg


f0232060_14463465.jpg


f0232060_14464785.jpg













11品目の最初のデザートは、芽吹き


チョコと貴醸酒のムースで土を作って、そこから新芽が出ている。


アイスは、生姜のさわやかなアイス。


f0232060_14481347.jpg


f0232060_14482737.jpg


f0232060_14483851.jpg












12品目の最後は、小菓子の盛り合わせ。


和紙という名前の、わたあめとエルダーフラワーを使ったお菓子は、


本当の和紙に見えて、いつ見てもすごいなあ・・・と感心。


f0232060_1450433.jpg


f0232060_14501637.jpg


f0232060_14502573.jpg













食後は、ハンドドリップした煎茶


1煎目と2煎目の色や香り、味の違いを楽しむ。


春のコースも堪能させてもらった。


次は、夏。また季節を感じにセララバアドに来ます。


f0232060_14514367.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/

















先日3周年を迎えた大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で冬のコース。


f0232060_11532015.jpg


f0232060_11545946.jpg


f0232060_1155980.jpg












常連特権(笑)、本日も橋本シェフの調理が目の前で見れるアリーナ席へ。


f0232060_11561572.jpg


f0232060_11562678.jpg













1品目は、冬を感じる「樹氷 コットン」


生け花が出てきたかのような、まさに冬の綿の枝。


f0232060_11581950.jpg












でも、実はこれは食べれる綿枝で、


ナッツキャラメルのわたあめ。


f0232060_1201660.jpg












こちらは食べられない本物。よく似てる。


f0232060_1204367.jpg












この枝は実は食べられる枝。


クラッカー生地で出来てて、ちゃんと樹氷のように


白く雪がかぶってるように作られてる。すごいな。


f0232060_1215586.jpg













2品目は、「毛玉 ビーツ」


真っ赤なビーツのサクサク生地の中に、西洋わさびのクリームが入ってる。


f0232060_1253723.jpg


f0232060_1254717.jpg












3品目は、「林檎」


まさに林檎の登場w。


周りは食べずに、中のマンチェゴチーズをりんご生地で巻いた部分を食べる。


f0232060_1274938.jpg


f0232060_128362.jpg












4品目は、黒米を使った料理。


黒米の上に、雲丹と馬肉、泡はシャルドネビネガーで風味付けされている。


f0232060_12111972.jpg


f0232060_12113198.jpg












5品目は、冬のコース名物の「食べられる折り鶴」


根セロリで作られた美しい折り鶴と、


付け合わせはインカの目覚めとフォアグラ。


この折り鶴、毎回食べるのを躊躇するくらい美しいのだが、


冬のコースに3年連続で来てることを考えると、


もうかれこれ、3羽くらい食い殺してしまってる気がするw。


f0232060_12125042.jpg


f0232060_12132179.jpg


f0232060_12133058.jpg














ここで、セララバアドのココットで焼き上げるパンが登場。


セララバアドのパンは、外がカリッとしてて、


中はモチモチしてて、パンだけでも売って欲しいくらい美味しい。


f0232060_23413973.jpg














6品目は、冬コース定番の「冬の大地」という一皿。


土に見立てたブラックオリーブパウダーの上に、


発酵バターで作った雪と、冬の野菜のソテーが埋まってる。


f0232060_23434852.jpg


f0232060_23435864.jpg












7品目は、カルドッソと呼ばれるスペイン風の魚介リゾット。


中には、蟹とホワイトアスパラガスと菜の花。


蟹の濃厚な風味がたまらない、とても美味しいリゾット。


f0232060_23462611.jpg


f0232060_2347336.jpg













8品目は、トリュフと百合根のムースを合わせた一皿。


トリュフのいい香りと、百合根の素朴な甘みが口に広がる。


f0232060_23484096.jpg













9品目は、セララバアドの名物にもなっている、


橋本シェフが目の前で燻製チップを焚いて作ってくれる瞬間燻製シリーズ。


今日の食材は、アンコウ


アンコウの周りにはじゃがいもをまとわせてソテーしてあるので、サクサク。


燻製のいい香りも食欲をそそる。


f0232060_23505949.jpg


f0232060_23511752.jpg













10品目は、とても柔らかく美味しい紀州鴨


ほんのり甘い紅玉りんごのピューレと合わせて。


f0232060_23555478.jpg


f0232060_2356615.jpg













11品目は、白いモンブラン


白いメレンゲの雪山の中にモンブランが隠れている。


f0232060_23575111.jpg


f0232060_2358428.jpg













最後の12品目は、白い吐息というデザート盛り合わせ。


寒い冬の日のガラス窓をイメージした入れ物は曇っていて、


f0232060_23592674.jpg













指で落書きが出来てしまうw。


f0232060_23595636.jpg












中を開けると、こんな感じ。


スノーボールというデザートは、


エルダーフラワーのジュースが入った球体の中に、


本物のスノーボールのようにキラキラした雪の結晶が入ってて、


球体を動かすと、ちゃんと中の結晶もキラキラと揺れる。


f0232060_023387.jpg


f0232060_02362.jpg












手紙を蝋で止めるシーリングスタンプは、


本物のようだが、ラズベリーソーダで出来たチョコレート。


この黒い封筒の中に何が入っていたかは秘密w。


f0232060_035738.jpg













今日も最後までワクワクとドキドキが止まらない、


楽しいセララバアドだった。


なんかフレンチと言うより、「セララバアド」という、


1つのブランドというか、いちジャンルの料理な気がする。








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/


















いつもお世話になっている代々木上原の大人気フレンチ、


「Celaravird セララバアド」が3周年を迎えたということで、


橋本シェフにご招待いただき、1/21(日)に行われた記念パーティーに行ってきた。


f0232060_1631379.jpg












「セララバアド」を愛する常連さんで賑わい、


店内はあっと言う間に、お祝いに駆け付けたお客さんでいっぱい。


いつもは着席式の静かな「セララバアド」が、


立食でこんなにワイワイしているのを初めて見たので、新鮮だった。











さすが「セララバアド」のパーティだけあって、


立食パーティーの料理もかわいらしく、そして、豪華。


自分のホームパーティーの時にも、


料理はマネ出来ないけど、せめて盛り付けだけでも参考にしたい。


ちなみに、一番乗りして写真を撮らせてもらったので、


おそらく誰も手を付けてない原型のパーティ料理写真撮ったのは私だけだと思うw。












まずは、冬のコース料理でも出るブラックオリーブとアボカドを土に見立て、


冬の野菜のソテーを並べた「北の大地」という料理のビッグサイズ版。


f0232060_16362475.jpg












大きくて、すごく良くできているので、食べれるジオラマ


まるで箱庭を見ているかのよう。


f0232060_16371389.jpg












ブリザードフラワーのようなサラダは、


色鮮やかで、崩すのが申し訳なくなるレベル。


f0232060_16404868.jpg












ピンチョスは、敷石を並べて、お庭のような飾りに。


f0232060_1641323.jpg












キノコとチキンのブルスケッタと、生ハムのブルスケッタ。


f0232060_16421913.jpg


f0232060_16425195.jpg













スパニッシュオムレツのピンチョス。


f0232060_16432199.jpg


f0232060_16433045.jpg











ハムとチーズの一口ホットサンド。


f0232060_16453195.jpg












コースの前菜に出てきたこともある「鯛茶漬け」


一緒に食べると、球体の中の茶漬けエキスと、


鯛の刺身が口の中で融合して、鯛茶漬けになる。


f0232060_1647260.jpg


f0232060_16471551.jpg












理科の実験室のような機械や器具が多いのも、


「セララバアド」パーティーの特徴。


橋本シェフが修行をされていた世界最高峰レストラン「エル・ブリ」の


名物料理でもある「メロンのキャビア」も登場。


メロン果汁を注射器に入れて、特別な水溶液で液体を球体に変える。


これが目の前で見れたのは嬉しかった。


f0232060_16522471.jpg


f0232060_16523957.jpg


f0232060_16525258.jpg












3周年記念のパンケーキも、


この大型機械でプリントをしている。


f0232060_16545055.jpg


f0232060_1655419.jpg


f0232060_1655201.jpg













サーカス団のようなワクワクの止まらない唯一無二のフレンチ。


これからも応援しています。


橋本シェフ、スタッフの皆さん、3周年本当におめでとうございました!!!








■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/

















仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で秋のコース。


f0232060_1411771.jpg


f0232060_1412055.jpg


f0232060_1412365.jpg











本日も橋本シェフの料理の様子が間近で見れる


限定2席の特別席で食事をさせてもらった。


料理をしてる姿が見れると、より一層食事が楽しくなるが、


特に「セララバアド」の料理は、美術で絵を描いてるようでもあり、


理科で実験をしているようでもあり、すごく特殊なので、


近くで見れるのは他店以上の楽しさと特別感がある。


f0232060_144716.jpg











食材も、味も、温度も、色も、香りもすべてが秋仕様。


「セララバアド」の秋を満喫させてもらった。


f0232060_1445928.jpg


f0232060_145048.jpg


f0232060_145472.jpg


f0232060_145698.jpg


f0232060_14581.jpg


f0232060_1451293.jpg


f0232060_1451596.jpg


f0232060_1451831.jpg


f0232060_1452110.jpg


f0232060_1452533.jpg










途中出てきた「スケット」という料理。


スペインの魚介の煮込みをアレンジしたものだそうだがが、


濃厚な魚介出汁がめちゃくちゃ美味しくて、何杯も食べたくなる味だった。


f0232060_1465716.jpg


f0232060_1465987.jpg










アーモンドとチョコで作った食べれる松ぼっくりも、


「セララバアド」らしくてかわいかったな。


f0232060_1474958.jpg











思えば、前回の夏のコースからもう3か月が経ったのかー。


「セララバアド」には、必ず春夏秋冬でお邪魔しているので、


私の中では「セララバアドに行く=季節が変わった」という図式があって、


変わる季節の準備をするかのような感じでもあり、


次の季節を食べれる絵本で楽しんでいる感じもあり、


とにかく「セララバアド」は私にとっても特別感のあるレストランだ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1411771.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。







■店内の様子
f0232060_144716.jpg
基本はテーブル席で、限定2席のカウンターは料理が間近で見れて、シェフともお話ができる常連さん用。








■メニュー
f0232060_1412365.jpg
落ち葉の中に本日のメニューが隠れてます。









■1品目
f0232060_1412055.jpg
「イケバナ」という名前の料理。









■アップ
f0232060_1458516.jpg
枯れ枝にそっくりなクラッカーの周りに、和歌山県産生ハムが巻かれています。









■ドリンク①
f0232060_1459451.jpg
ノンアルコールでペアリングをしました。オーガニックキウイの搾りたてジュース。









■2品目
f0232060_1445928.jpg
「オブジェ」という料理。米粉に青海苔をまぶしたスナック感覚の前菜。









■3品目
f0232060_151258.jpg
二酸化炭素を注入して炭酸が入ったマスカットと、マスカットジュレ。









■3品目
f0232060_145048.jpg
「森の朝」という料理。コケに見立てた、液体窒素で固めたアボカドとピスタチオのムース。ドライアイスにひのきの香りが付いてて、まさに森の朝が再現されています。







■ドリンク②
f0232060_145472.jpg
松の葉で風味付けされたジェニファーベリーのジュース。森林浴を飲んでいる感じ。









■4品目
f0232060_145698.jpg
「落葉の森」という料理。豚が落葉の森でトリュフを探している様子が料理になっています。食べられる絵本。








■アップ
f0232060_14581.jpg
トリュフに見立てているものは豚足コロッケ、豚はクラッカーで出来ています。









■パン
f0232060_1564459.jpg
「セララバアド」の絶品パン。香り良く、外はカラッと、中はモッチリ。ホント美味しい。









■5品目
f0232060_1465716.jpg
「スケット」というスペインの魚介の煮込み料理をアレンジしたもの。真ん中には甘いホタテ。魚介の濃厚な出汁がとても美味しかった。超好み。







■ドリンク③
f0232060_1511798.jpg
人参とオレンジとパッションフルーツのジュース。









■6品目
f0232060_15115479.jpg
キノコと大麦のリゾット。上には牛ハツのカツレツが乗ってます。これも美味しい!









■ドリンク④
f0232060_15124324.jpg
梨のジュース。わざと塩味を強めに効かせてて、個人的に好きな味。スイカも塩を振る派なので。









■7品目
f0232060_1451596.jpg
丹波黒鶏のボイルとローストの2種。下に、藁をいぶした煙が詰まっていて、瞬間燻製されています。ほおづきが付け合わせ。








■8品目
f0232060_15161631.jpg
セレ豚のローストと、紅玉のピューレ。セレ豚がめちゃくちゃ甘くて、美味しかった!









■ドリンク⑤
f0232060_15173574.jpg
玉露とザクロを合わせたジュース。ザクロのほのかな甘みと、玉露の渋みもあって、不思議な味わい。









■9品目
f0232060_1452110.jpg
「サルベージされた月」というデザート。柿のジュースが詰まった球体状のジュレ。









■10品目
f0232060_1452533.jpg
パリパリの栗のシートの下に、どんぐりで作った優しい甘味のアイス。









■11品目
f0232060_1520597.jpg
4種の食後の小菓子。









■アップ①
f0232060_15214125.jpg
サーカスの缶の中身。ジャスミンティーのマカロン、栗のマドレーヌ、オリーブオイルのグミ。









■アップ②
f0232060_1474958.jpg
チョコとアーモンドで作った、食べれる松ぼっくり。









■ドリンク⑥
f0232060_1523985.jpg
ハンドドリップでじっくりと出す玉露。左が1煎目、右が2煎目。同じお茶なのに、色も、香りも、味も全然違う。









仲良くさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で夏のコース。


春夏秋冬、必ずお邪魔しているので、


「セララバアド」に来ると、ああ季節が変わったんだな、としみじみ思う。


f0232060_21152197.jpg











定番の夏のコース料理から、今年初めて見た新作料理まで、


色鮮やかで、元気があって、


すべての料理からを連想できるようになってる。


f0232060_2118074.jpg


f0232060_211834.jpg


f0232060_21181021.jpg


f0232060_21461153.jpg


f0232060_21181363.jpg


f0232060_21183758.jpg


f0232060_2119245.jpg


f0232060_21192879.jpg


f0232060_21193179.jpg











新作料理の中で好きだったのは、この2つ。


真っ黒いビジュアルが印象的な「夜海」という一品。


イカスミを割ると、中から夜の海で生きてるイカが出てくる。


黒が好きな私として、すごく印象に残った料理。美しい。


f0232060_21221665.jpg


f0232060_21222994.jpg












もう1つは、「蛍」という名前の食後のお菓子。


スプーンの下から見上げると、球体の中で本当にホタルが住んでいるかのよう。


f0232060_21234419.jpg


f0232060_21235532.jpg











最後は、線香花火に模したパチパチキャンディー。


「セララバアド」の夏を満喫させてもらった。


f0232060_212573.jpg


f0232060_21252755.jpg









■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/








■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_21152197.jpg
小田急線「代々木上原駅」もしくは「代々木八幡駅」から徒歩12分ほど。駅から離れた閑静な住宅街の中にあります。








■テーブルセット
f0232060_21273567.jpg
テーブルセットはこんな感じ。










■ラベンダー
f0232060_2128899.jpg
ナプキンの上にラベンダーの花が乗っています。夏らしい。









■ペアリング①
f0232060_2129143.jpg
飲み物はすべてペアリングで、ノンアルコールか、アルコールかが選べます。私はアルコール有なのですが、白ワインが苦手なので、一部ノンアルドリンクを混ぜた特別ペアリングで。

まずは、ハニーワインから。甘さより、香りがはちみつ。




■1品目
f0232060_2118074.jpg
「イケバナ」という名前の付いた夏の木々をイメージしたアミューズ。枝に見立てたグリッシーニに生ハムが巻いてあります。








■アップ
f0232060_2132165.jpg
これごと全部食べられます。










■2品目
f0232060_21343727.jpg
液体窒素で固めたキャラメルポップコーン。口の中でスッと溶けて、コーンスープのような味になります。








■3品目
f0232060_211834.jpg
「朝露」という定番の夏のコース料理。









■アップ
f0232060_21361531.jpg
球体の中には、梅昆布茶とじゅんさいが入ってます。









■ペアリング②
f0232060_2137290.jpg
国産の白ワイン。









■4品目
f0232060_21383680.jpg
「花蜜」という料理。レンゲの花が夏っぽい。









■アップ
f0232060_2141323.jpg
中には、食用花ナスタチュームが入っています。









■もう1品
f0232060_21413971.jpg
夏の池をイメージした一品が来ました。トマトを透明にこしたガスパチョ。白くても、しっかりトマトの味がします。








■完成品
f0232060_21424274.jpg
ガラス瓶に入っていたナスタチュームの花の蜜をなめた後に、花をちぎって池の上に落とすと、この「花蜜」の料理が完成。すべて食べられます。








■自家製パン
f0232060_21435056.jpg
「セララバアド」の絶品パン。周りがカリッとしてて、中はもっちり。焼き立て、最高。









■5品目
f0232060_21461153.jpg
「夏の高原」という料理。ヤギミルクに、青草を感じるオリーブオイルに、レモングラスの香り。食べるときに、最初のテーブルにあったラベンダーの花を嗅ぎながらいただきます。まさに夏の高原にいるよう!






■6品目
f0232060_21181363.jpg
「渚」というお馴染みになりつつある、夏の定番料理。









■アップ①
f0232060_21492263.jpg
1つだけ隠れている、食べられるムール貝の中にはカレーが入ってます。









■アップ②
f0232060_21501115.jpg
ガラスケースの中には、ボトルい入ったメニュー。









■メニュー
f0232060_2151314.jpg
ボトルメールならぬ、ボトルメニュー。









■ペアリング③
f0232060_21522325.jpg
日本酒で、秋田の「春霞」。









■7品目
f0232060_21221665.jpg
「夜海」という料理。めちゃくちゃかっこいい!!黒の網から、下が透けてるのも素敵。









■中はこんな感じ
f0232060_21222994.jpg
イカスミの生地を割ると、中からイカの料理が出てきます。









■8品目
f0232060_21552816.jpg
穴子の雑穀リゾット。色鮮やかな緑は、クレソンの色。









■9品目
f0232060_21561995.jpg
瞬間燻製を使った料理。器の中に燻製の煙が入ってます。









■中はこんな感じ。
f0232060_2119245.jpg
鮎と茄子のピューレを使った料理。









■ペアリング④
f0232060_215812100.jpg
国産の赤ワイン。









■10品目
f0232060_21192879.jpg
とちの木牛とマコモダケを使ったソテー。










■11品目
f0232060_220324.jpg
生パイナップルをすりつぶして、洋酒を効かせ、液体窒素で固めた、ピニャコラーダ風の口直し。









■12品目
f0232060_222370.jpg
「夏の夕暮れ」という美しいデザート。中には桃のコンポートと、赤しそのスープ。









■使用後
f0232060_2225791.jpg
酸性のレモンシュガーが付け合わせになっていて、それをスープに溶かすと、ピンク色に変化。









■13品目
f0232060_224036.jpg
食後の小菓子は、サーカスの缶の中に。










■中はこんな感じ。
f0232060_2244423.jpg
ヨモギのマカロン、ホワイトエアチョコなど。










■「蛍」
f0232060_21234419.jpg
「蛍」という名前の小菓子。美しい紫色の球体の中は、エルダーフラワーのジュース。









■アップ
f0232060_21235532.jpg
下から見上げると、本当にホタルがいるよう。キレイ!









■「線香花火」
f0232060_212573.jpg
本物の線香花火と、先端がパチパチキャンディーになってて食べれる線香花火。本物は、最後にお土産でもらえます。








■食後のお茶
f0232060_2284123.jpg
ハンドドリップで丁寧に入れる煎茶。一煎目と二煎目をわざと比較のために並べて飲む。色も香りも違う。








懇意にさせていただいている大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で春のコース。


思えば、季節ごとに変わるコースを春夏秋冬食べ続けて、


今回で3回目の春をいただく。







今日も橋本シェフの料理が目の前で見れる


限定2席の常連さん用特別アリーナ席をご用意いただいた。


f0232060_12423236.jpg



































春らしく、新緑、木々の芽吹きを感じる前菜からスタート。


枝に生ハムが巻き付けられてて、よく見たら枝そっくりの枝もどきも、


枝のような色と質感を模したクラッカーで出来てて、なんと食べれた。


f0232060_12401419.jpg























f0232060_1240382.jpg























f0232060_1240582.jpg























f0232060_12411921.jpg

































石の中に、1つだけ食べられる石がある定番の『枯山水』という料理から、


『春の高原』や『春の大地』など、皿いっぱいに春が広がっていた。


f0232060_12481387.jpg























f0232060_12483139.jpg























f0232060_1249171.jpg























f0232060_12501389.jpg























f0232060_12505862.jpg























f0232060_12512013.jpg























f0232060_12514150.jpg























f0232060_1252247.jpg































春のコースで「セララバアド」らしいなあと感じた


今回初めて出てきた面白かった料理は、2つ。










1つは、『雨紋』という名前の付いた料理で、


春先のにわか雨をイメージしたものなのだが、


本当に水面に雨のしずくが落ちて出来たような、うずまきの紋が付いてて驚いた。


f0232060_1303359.jpg























f0232060_1305864.jpg


































もう1つは、食後に出てきた小菓子。


牛乳瓶の紙切れに甘いミルクの香りが付いてて、


牛乳瓶の香りを嗅ぎながら、赤い紙状のキャンディーを噛むと、


口の中で苺ミルクが完成するというスイーツ。



f0232060_1335350.jpg























f0232060_1341721.jpg























f0232060_1363526.jpg
































次は、初夏に予約している夏のコース。


夏のコースも、どんなワクワクする料理を出してくれるのか、今からとても楽しみ。







■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■テーブルセット
f0232060_139319.jpg本日は春のコース。テーブルセットはこんな感じ。










■メニュー
f0232060_13185858.jpgナプキンの間に挟まっている本日のメニューは森の動物たちの切り絵のデコレーションになっています。








■アルコールペアリング
f0232060_13355925.jpg飲み物は、アルコールかノンアルかのペアリングになります。

私はアルコールで。







■ノンアルコールペアリング
f0232060_13371786.jpg一緒に行かれた方はノンアルコールを選択。ノンアルコールも料理に合わせた果物や野菜を使ったジュースになってて、凝ってます。








■1品目
f0232060_12401419.jpg『桜』と名付けられた前菜。桜の枝が刺さっています。









■アップ
f0232060_1240382.jpgよく見ると、桜の枝の中に生ハムが巻かれているものがあって、さらによく見ると、その枝はクラッカーで出来ていて、ハムごと食べられます。

クラッカーの色が桜の枝のようにくすんでいて、曲がっていて、本物そっくりでした。





■2品目
f0232060_1240582.jpg『フィトンチッド』『トペニ』『ワッカ』という名前の3種の前菜。









■アップ①
f0232060_13241529.jpg松の実とキノコを使ったケークサレ(甘くないパウンドケーキ)のような前菜。

ガラスのケースの中に本物の檜が入っていて、蓋をあけると森林浴のような深呼吸したくなるような香りが出てきます。





■アップ②
f0232060_13271549.jpg楓の樹液を固めてゼリー状にしたもの。ほんのり甘みがあります。









■アップ③
f0232060_12411921.jpg豚の皮をパリッと揚げた上に、リンゴを煮たものが乗っています。









■3品目
f0232060_12481387.jpg『枯山水』という「セララバアド」の名物料理。

この中に1つだけ食べれる石があります。








■アップ①
f0232060_12483139.jpgちょっと色の薄い石が食べられる石です。










■アップ②
f0232060_13302694.jpg中は甘みがあるホクホクのじゃがいもです。










■アップ③
f0232060_13305952.jpg苔に見立て、液体窒素でフワフワに固めたアンチョビパセリバターでじゃがいもをいただきます。









■4品目
f0232060_1249171.jpgこれも春の定番料理『春の高原』です。










■アップ①
f0232060_12501389.jpgお皿の周りにいる蝶は、リンゴで出来ています。










■アップ②
f0232060_12505862.jpg長野県清水牧場のナチュラルチーズ。ローズとクランベリーの泡が掛かっていて、めちゃくちゃいい香りがします。








■5品目
f0232060_12514150.jpg『春の大地』という名前の定番料理。

ふきみそとアボカドを使って、上からブラックオリーブをかけた土の上に、季節の野菜や山菜のフリットが植えられています。かわいくて、美味しい。






■6品目
f0232060_1303359.jpg初めていただく『雨紋』という料理。白く透明なものはしじみのジュレで、その上に海老が乗っています。

まるで池に泳ぐ鯉のよう。






■アップ
f0232060_1305864.jpg水面に打つ雨の波紋をイメージして、ちゃんとうずまきの雨紋が再現されていました!すごい!!









■7品目
f0232060_1342636.jpg春らしく桜エビのから揚げをふんだんに散らした押し麦とウドのリゾット。









■8品目
f0232060_13431577.jpg桜チップの煙を閉じ込めて瞬間燻製をした料理。










■アップ①
f0232060_13443198.jpg中にはヤマメ、ホワイトアスパラ、のぜりと春の旬の食材が詰まっています。









■アップ②
f0232060_13451477.jpgソースは焼きミカンのペースト。










■9品目
f0232060_1346744.jpgメインディッシュは、ホロホロ鳥とそら豆。

ホロホロ鳥は、蒸しとローストの2種の調理法で食感や風味の違いを楽しめるようになっており、クリーミーなソースがかかっています。美味しい!






■10品目
f0232060_13475596.jpg『芽吹き』というデザート。ショコラのムースと生姜のアイスです。









■アップ
f0232060_13484262.jpg大地の割れ目から芽吹いてます。










■食後のお茶①
f0232060_13492461.jpg食後の飲み物は色々と選べますが、「おくみどり」の煎茶を選ぶと、ドリップをしてくれます。









■食後のお茶②
f0232060_13502357.jpg丁寧にドリップをした煎茶ならではの飲み比べ。右が一煎目、左が二煎目。

色も味も違っていて、一煎目の方がアミノ酸が強いため、出汁のような味がします。二煎目の方が、お茶っぽいお茶。





■食後の小菓子
f0232060_1335350.jpgかわいい缶に入ってやってくる食後の小菓子。










■中はこんな感じ
f0232060_1341721.jpg中はこんな感じになってます。










■「苺ミルク」
f0232060_1363526.jpg甘いミルクの香りがする牛乳瓶の紙を嗅ぎながら、イチゴ味の紙のキャンディーを食べます。不思議と、本当に苺ミルクになってますw。








■「和紙」
f0232060_1354425.jpg本物の和紙のような美しい綿菓子。










■「ヤラズノ雨」
f0232060_13553423.jpg『ヤラズノ雨』という名前の付いたエルダーフラワーのエキスのゼリー。雨のようにゼリーに筋が入っています。

ちなみに、「ヤラズノ雨」とは、お客さんを帰さないかのように突然降る雨のこと。





■「桜」
f0232060_13572737.jpg桜の枝の前菜に始まり、最後は桜のマカロンで終わる。春満開のコースでした。









春夏秋冬に必ずお邪魔している大好きなフレンチファンタジスタ、


「Celaravird セララバアド」で冬のコースをいただく。


前回同様、今回も橋本シェフの料理を間近で見られる常連特権のアリーナ席。



f0232060_14514095.jpg























f0232060_14521397.jpg























f0232060_14523637.jpg























f0232060_14532695.jpg

































冬のコースのお目当ては、何といっても、コレ。


食べられる折り鶴


春、夏、秋のコースにはない、冬を象徴するセララバアドの看板。



f0232060_14561446.jpg























f0232060_14571063.jpg























f0232060_14573030.jpg
































その他にも、冬から春の移り変わりを連想させる


ファンタジックで、美味しい料理がいっぱい出てきた。


f0232060_1459111.jpg























f0232060_14593721.jpg























f0232060_14595991.jpg























f0232060_1502240.jpg























f0232060_151496.jpg























f0232060_1512695.jpg























f0232060_152060.jpg























f0232060_1522635.jpg























f0232060_1525543.jpg

































最後のデザートは、「冬の窓」をイメージしたもので、


わざとガラスケースを湿気で曇らせて、


暖かい部屋から寒い外を眺めた時の雰囲気を表してる。


f0232060_1564179.jpg

































こうなると、窓ガラスには落書きしたくなるのが人というもので(笑)、


子供のようにガラスにいたずら書きをしてみたわけだが、


ふと周りを見たら、だいぶ大人なお客さん達もいたずら書きしてたので、


そういうもんなんだろうなー、とちょっと安心。


f0232060_1571158.jpg























f0232060_1575086.jpg






























■「Celaravird セララバアド」
http://www.celaravird.com/









■今日のカメ

■「セララバアド」
f0232060_1127489.jpg小田急線「代々木上原駅」から徒歩15分くらい。駅からちょっと歩いた閑静な住宅街にあります。









■テーブルセット
f0232060_112855100.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■メニュー
f0232060_1129403.jpgナプキンの中にしおりのように本日のメニューが挟まっています。









■食前のおつまみ
f0232060_1130481.jpg別注で希望者だけ生ハムやオリーブが出てきます。










■お酒①
f0232060_1132127.jpgドリンクは、アルコールか、ノンアルコールのペアリングになります。私はシャンパンや白が苦手なので、赤を中心としたペアリングで。








■1品目
f0232060_1133365.jpg冬メニューの定番の1品目「柚子 日本酒 H&C」です。

赤い印のところから飲むと、ほのかに柚子が香る温かい日本酒(Hot)と、冷たい日本酒(Cool)が同時に口の中に入ってきます。不思議なドリンクです。





■2品目
f0232060_11355836.jpg冬なので「毛玉」をイメージしたという一品。上の真っ赤な粉はビーツ。サクサク、フワフワなお菓子のような感じ。








■3品目
f0232060_1459111.jpgりんごが丸ごと出てきた!!と思ったら、実は仕掛けが・・・。









■アップ
f0232060_1137532.jpg芯が繰りぬかれていて、そのまま引っ張ると、チーズ味のアイスキャンディーになっていました!









■4品目
f0232060_14561446.jpg冬の看板メニュー「食べられる折り鶴」です。

何度見ても美しい。折り紙でもこんなきれいな折り鶴はなかなか作れないですw。







■アップ①
f0232060_14571063.jpg折り鶴は、根セロリで出来ていて、パリパリ食べられます。勿体なくて、いつも食べるのを最後まで悩んでしまうw。








■アップ②
f0232060_14573030.jpg付け合わせはフォアグラです。










■パン
f0232060_11412564.jpg自家製のココットで焼き上げる絶品パン。外がカリカリで中がモチモチ。めちゃくちゃ美味しいです。









■カウンター
f0232060_1143218.jpg本日も店内に1席だけある厨房目の前のカウンター席に座らせていただきました。盛り付けや料理の様子が見れて楽しい。常連さん特権w。








■5品目
f0232060_14595991.jpg「冬の大地」という料理。土に見立てたブラックオリーブのパウダーとジャガイモのピューレの上に、かわいい根菜が埋まってます。








■お酒②
f0232060_11461830.jpg次のペアリングは、秋田県新政酒造の「陽乃鳥」です。









■6品目
f0232060_1148199.jpg豚と栗の軽いチーズリゾットです。ほのかにフェンネルの香りがします。









■お酒③
f0232060_11544656.jpg国産のピノノワール。










■7品目
f0232060_11571640.jpg黒トリュフと百合根が入ったポタージュのような一品。









■お酒④
f0232060_11582067.jpg国産のメルロー。










■瞬間燻製の準備中
f0232060_11591295.jpg橋本シェフが大きなポリタンクを取り出して瞬間燻製料理の準備中。店内に桜チップのいい香りが立ち込めます。








■8品目
f0232060_1202071.jpg海鮮の瞬間スモークです。海岸に打ち上げられた瓶みたいw。









■中はこんな感じ
f0232060_121442.jpg帆立貝と洋梨が入っています。桜のスモークと洋梨の甘い香りがすごく合ってます。









■鴨を切ってます。
f0232060_14523637.jpgメインディッシュは紀州鴨。橋本シェフが自ら切り分けてくれます。









■9品目
f0232060_1241266.jpg紀州鴨のグリル。黒ニンニクのチップと、紅玉のピューレが添えられています。









■10品目
f0232060_1253180.jpg「白い吐息」という名前のデザート。

ミントのマシュマロを二酸化窒素でフワフワに固めたもので、口に入れると、一瞬で解けて、口から吐息のような白い煙が出ます。大人なお客さんがみんなで楽しんで口から白い煙を出してる様が面白いw。




■11品目
f0232060_1274845.jpgデザートはモンブラン。白いメレンゲで雪が積もっているように見えます。









■アップ
f0232060_1291431.jpg砂糖で出来た雪の結晶。これも良く出来ています。










■12品目
f0232060_1564179.jpg「冬の窓ガラス」をイメージしたという食後の小菓子。ガラスケースがわざと曇っています。









■落書き中w
f0232060_1571158.jpgいたずら書きをついしたくなるw。自分の名前を書いてみました。









■中はこんな感じ
f0232060_1575086.jpg京人参のマカロンなど、4種の小菓子が入っています。









■アップ
f0232060_12125230.jpg「スノードーム」という名前の小菓子ですが、球体の中に液体が入ってて、振ると中の星やキラキラしたものがおもちゃのスノードームのように揺れます。ホント、これすごい。







■食後の飲み物
f0232060_12143117.jpgホットのブレンドティー。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ