カテゴリ:秋葉原・神田・御茶ノ水( 74 )









秋葉原のランドマーク・万世橋のすぐ隣にある「肉の万世」7階、


しゃぶしゃぶ・すき焼き専門店「七福神 秋葉原本店」へ。


f0232060_1432679.jpg


f0232060_1433859.jpg












一時期、所属していた会社が秋葉原にあって、


毎日のように秋葉原に来ていたのに、万世に来たことがなかった。


近くにあると思うと、いつでも行ける気がしちゃって、


意外と行かなかったりする、あるある。










「肉の万世」ビルは、地下1階から10階まであり、


すべて万世グループの肉に関する飲食店が入っており、


上の階に行くほどお値段が高いという暗黙のルールがあるようだ。











「七福神」は、ビルの7階にあり、


会食やデートで使えそうな上品で静かな空間になっており、


1階入口のギラギラな赤ちょうちんの雰囲気とは打って変わっている。


f0232060_1481961.jpg


f0232060_1483229.jpg












しゃぶしゃぶか、すき焼きが選べるので、しゃぶしゃぶを。


年取ったせいか、最近、すき焼きより、俄然しゃぶしゃぶ派になってきた。


f0232060_1494913.jpg


f0232060_1410121.jpg


f0232060_14101335.jpg














「肉の・・・」と謳っているだけあって、


普通のランクの肉でも、たっぷりサシが入ってて、


通常のしゃぶしゃぶ屋さんの「上」クラスのクオリティーがある。


肉もやわらかくて、とても美味しい。


逆にこれ以上サシ入ってると、脂強くて、食べきれないかも・・。


f0232060_14115363.jpg


f0232060_1413653.jpg


f0232060_14133383.jpg


f0232060_14134722.jpg













しゃぶしゃぶも美味しかったが、素晴らしかったのは窓からの眺め。


秋葉原の一番の大通りが万世橋のところで曲がっていて、


その曲がりの一等地にあるからこそ見える、


秋葉原の大通りを正面ど真ん中から見下ろす不思議な景色。


これは、一見の価値があった。


f0232060_14154624.jpg














■「肉の万世 七福神 秋葉原本店」
http://www.niku-mansei.com/contents/02honten/07sitifuku.html















毎日、ぶっちゃけ、超寒い。


12月ですでにこんなに寒くて、2月生き残れるのか不安だ。


こんな時には、鍋に限る。


ご招待いただき、都内唯一のあんこう鍋専門店「いせ源」へ。


f0232060_12432634.jpg


f0232060_12433984.jpg











入口で、すごい顔したあんこうがお出迎え。


歓迎されているのか、寒すぎて顔がこわばってるのか、


はたまた私を食おうとしてるのか、よう分からん形相。


f0232060_12444948.jpg













「いせ源」は、創業天保元年の由緒あるあんこう鍋屋で、


その建物は、東京都選定歴史的建造物にも指定されている。


f0232060_12472475.jpg













下足番の方がいて、靴はすべて木札で管理されている。


なんだか昔のお風呂屋さんみたいで、ちょっと楽しい。


f0232060_12482560.jpg












メニューはすべてあんこうのみだが、


鍋だけでなく、フワフワでまろやかなあん肝をはじめ、


あんこうの煮凝り、あんこうのから揚げなど、一品料理もある。


f0232060_1250919.jpg


f0232060_12502499.jpg


f0232060_12503897.jpg


f0232060_12505037.jpg













一品料理のあんこうを堪能したところで、


いよいよあんこう鍋の登場。


あんこうの身、コラーゲンたっぷりの皮、あん肝、


しいたけ、三つ葉、ウド、豆腐などが入る。


f0232060_12513333.jpg













10分ほど煮込みとこんな感じ。


しっかり濃いめの醤油出汁があんこうに染み込む。


f0232060_12531613.jpg


f0232060_12535556.jpg












〆は、当然雑炊。


あんこうの出汁がしっかり出ている濃いめのスープに、


たっぷりの青ネギと卵がたまらなく美味しい。


f0232060_125526.jpg


f0232060_12551237.jpg












寒くてどうも調子が上がらない時、


たまには日本伝統の古き良きあんこう鍋で温まるのも良し。









■「名代あんこう鍋 いせ源」
https://isegen.com/



















お仕事の打ち合わせついでにランチ。










アロハ全開のハワイっぽい雰囲気の中で、


ハワイは行ったことがないけど、こんな感じなのかななんて思いながら、


やっぱりここはロコモコを食べねば。


f0232060_133618.jpg

























f0232060_1332972.jpg


































正直、味は普通だったけど、


「ロコモコ」というだけで、数パーセント私の中で価値が上がる。


大人の『お子様ランチ』的な感じがあって、ロコモコはいい。









■「MUU MUU DINER 100% CONA COFFEE」
http://www.salt-inc.co.jp/muumuu-diner/











■今日のカメ

■「MUU MUU DINER」
f0232060_137106.jpg都営三田線、新宿線、半蔵門線「神保町駅」から徒歩5分ほど。飲食店が密集している路地裏にあります。








■店内の様子
f0232060_133618.jpgハワイアンな店内。ソファ席、テーブル席など、席数も多くて、ゆったりしています。









■ランチサラダ
f0232060_1391933.jpgランチセットに付いてくる、ほんのりスパイシーなポテサラ。









■ロコモコ
f0232060_1310949.jpg味も、ボリュームも、可もなく不可もない、普通のロコモコ。もう少しハンバーグにジューシーさがあると良かったな。









秋葉原は、食べるところがいっぱいあって、


そういう点では困らないのだが、ややジャンルが偏っている。


土地柄か、ガッツリ、脂っこいものが多いので、


ちょっと静かにさっぱりと和定食でも・・・となると、ちょっと悩む。









ここ「小割烹おはし」は、電気街口目の前という駅近にあって、


和カフェのようなおしゃれな空間で、静かに、かつ、気軽に和定食が食べられる。


f0232060_12122611.jpg























f0232060_12124615.jpg























f0232060_12145363.jpg























f0232060_1213645.jpg





























味としては、そこまで特筆すべきところはない普通の定食だが、


個室が結構完備されてて、店内も広いので、


仕事でランチミーティングする時に便利で、助かってる。









■「小割烹おはし」
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13182148/











■今日のカメ

■「小割烹おはし」
f0232060_12162910.jpgJR秋葉原駅電気街口目の前。秋葉原駅前プラザビルという駅前の飲食ビルの5階です。









■店内の様子
f0232060_12122611.jpg今日は、ソファー個室。ゆったりしていて、ランチミーティングにも便利。









■鶏から揚げ定食
f0232060_12124615.jpgランチは、色んな種類の定食から選べます。ドリンクや和風デザートも充実しています。









■おかずアップ①
f0232060_1213645.jpg胡麻豆腐。ちょっと餡が甘めかな。










■おかずアップ②
f0232060_12201630.jpgネギ味噌。










■おかずアップ③
f0232060_12204678.jpgきんぴらごぼう。










■おかずアップ④
f0232060_12145363.jpg鶏のから揚げ。ピリ辛ソースがかかっています。









ご招待いただき、久しぶりの秋葉原で、ガッツリ肉祭り。


インフルエンザ予防したマスク姿の牛がお出迎え。



f0232060_18481773.jpg



































早速、本日のリストの中から、希望の部位と、熟成期間と、グラムを選ぶ。


人気の肉は、早い者勝ちだ。


f0232060_18492563.jpg























f0232060_1849483.jpg
































32日熟成のしんたまと、20日熟成のサーロイン。


なんとも妖艶な色合いをしている。


f0232060_18532456.jpg























f0232060_1853494.jpg























f0232060_18541041.jpg































そして、待つこと20分、焼き上がった!!


f0232060_1856968.jpg























f0232060_18563068.jpg


































最近、「熟成肉」置く店増えたけど、熟成はそんなに簡単なものじゃなく、


どこにでもやれて、どこでも食べれるような代物ではない。


やっぱりちゃんとしたお店の本物の熟成肉は味が違う。











あっと言う間に、450gが2匹の肉食獣の胃の中に消え、


あまりの美味しさに、30日熟成のリブロースも追加注文した。


f0232060_18593072.jpg






























アバンギャルドな肉だった。







■「暴走熟成肉庫 肉アバンギャルド」
http://meat-avantgarde.com/










■今日のカメ

■「肉アバンギャルド」
f0232060_1922611.jpgJR秋葉原駅昭和通り口から徒歩5分ほど。










■牛が目印
f0232060_18481773.jpg店前にある牛のオブジェが目印。










■カウンター①
f0232060_19811.jpgカウンターとテーブル。席数はやや少なめ。










■カウンター②
f0232060_1983532.jpg目の前のショーケースには、山積みされた熟成肉が!









■本日の熟成肉メニュー①
f0232060_18492563.jpg熟成肉は、在庫がこのようにボードに張り出されていて、その中から自由に選びます。ドラフト会議みたいな感じ。








■本日の熟成肉メニュー②
f0232060_1849483.jpg紙には、部位と、熟成期間と、グラム数が書かれています。









■しんたまとサーロイン
f0232060_18532456.jpgまずは、32日熟成しんたま230gと、20日熟成サーロイン220gをチョイス。選んだお肉は、ちゃんと焼く前に見せてくれます。








■サーロイン、アップ
f0232060_1853494.jpg熟成がかかって、すごい色味を放っています。










■しんたま、アップ
f0232060_18541041.jpgこちらも、赤とも、紫とも言える、妖艶な色です。










■サングリア
f0232060_1914325.jpg肉が選び終わったら、お酒飲みながら、単品つまみながら、焼けるのを待つのみ。

フルーティーなサングリア赤で乾杯。







■お通し
f0232060_1915343.jpgお通しのコーンポタージュからして美味しい。










■馬ユッケ
f0232060_19163991.jpg馬肉のユッケ。さっぱりしていて、食べやすい。










■バーニャカウダ
f0232060_19171450.jpg濃厚で美味しいバーニャカウダソースでした。










■グラタン
f0232060_19175275.jpg美味いに決まっているミートポテトグラタン。卵入り。









■メンチ
f0232060_19183661.jpgジューシーな自家製メンチ。










■しんたま、焼けた!
f0232060_1856968.jpgしんたま230gと、サーロイン220gが焼けました。










■しんたま、アップ
f0232060_1922788.jpgやわらかくて、脂も控えめなので、とても食べやすいです。









■サーロイン、アップ
f0232060_18563068.jpg柔らかくて、ジューシー。こっちも美味しい。










■鶏肉も。
f0232060_19235125.jpg鶏肉のグリルもいただきました。皮がパリッとしていて、美味しかった!









■パエリア
f0232060_19244565.jpg〆は「肉屋のパエリア」で。ご飯を邪魔するくらいに(笑)、肉が入っているパエリアです。出来立てが美味しい。








■最後に、また肉。
f0232060_19262177.jpgなんか最後にまだ肉が食べたりないね、ということになりました(笑)。

30日熟成のリブロース270gをいただきました。サーロインよりもジューシー。






■チーズケーキ
f0232060_19274243.jpgキャラメルチーズケーキ。デザートも美味しくできていました。









■シャーベット
f0232060_19283689.jpg白桃のシャーベット。








色々な方から噂に聞いていた神田のイタリアン、


「L'Alleanza ラレンツァ」へ。









ランチもとても良いと聞いていたので、


「グランリュッソ」(4400円)のランチのフルコースを頼んだが、


正直、値段を考えると、あまり良さが感じられない内容だった。










とても広々としていて、優雅で、


スタッフの接客もきちんとしていて、居心地は良いし、


料理の盛り付けも美しいし、確かにいいレストランなんだとは思う。


f0232060_15434782.jpg























f0232060_1544680.jpg























f0232060_15443934.jpg






























だけど、味として特筆すべき、印象に残った料理はなく、


もちろんまずくはないのだが、美味しかったとも言い切れなかった。











このスタッフの数を考えると、


こういう部分で経費削減しないといけないんだろうな、


なんてことを客側が食事中にふと思ってしまうような料理もあり、


噂や値段がハードルを上げてしまっている感もあるが、残念だった。









昔ながらの常連さんはいいと思うのだが、


あえて、素人の戯言として言わせていただくと、


昨今これだけ色んな工夫をしていて、


美味しくて、値段も頑張っているレストランがある中で、正直競争力に欠けるなあと。








すごくいろんな方から勧められたイタリアンだっただけに、


思うところもいっぱいあって、残念。





■「L'Alleanza ラレンツァ」
http://www.lalleanza.jp/











■今日のカメ

■「ラレンツァ」
f0232060_16252223.jpg銀座線「末広町駅」から徒歩15秒ほど。JR秋葉原駅電気街口からも7分ほど。お店は地下にあります。









■店内の様子
f0232060_16264138.jpg席数はかなりあり、広々としていました。とても接客は丁寧で、気持ちの良いスタッフさんでした。









■テーブルセット
f0232060_16273645.jpgテーブルセットはこんな感じ。

今日は、メインに魚も肉も付く、「グランリュッソ」(4400円)というランチコースにしました。







■パン
f0232060_1630279.jpg自家製バターがフワフワでとても美味しかったです。パンは普通かな。









■1品目
f0232060_16304765.jpgまずは、アミューズで「根菜のミネストローネとニョッキ」です。









■2品目
f0232060_16331217.jpg前菜は3種から選べます。これは、「エゾ鹿とフォアグラのテリーヌ リンゴのチャツネ添え」です。









■テリーヌ、アップ
f0232060_16343152.jpg臭みなく、美味しく出来ていました。










■3品目
f0232060_1635111.jpgパスタは4品から選べます。これは、お店おすすめのスペシャリテ「3時間煮込んだ牛タンのクリームフィットチーネ にんじんのサラダと共に」です。








■牛タン、アップ
f0232060_16363147.jpgこの料理を勧めてくれた人がいたので頼んでみたのですが、パスタ自体に感動なく、牛タン、パスタ、にんじんが全部バラバラで、味がまとまってないような感じでした。バラバラのモノを食べている感じ。






■4品目
f0232060_16382468.jpgメインの魚は2種から。これは「カナダ産オマール海老のロースト グラタン仕立て」です。









■オマール、アップ
f0232060_15434782.jpg決してまずくはないですが、正直あまり美味しくなかったかな。

オマールとか、ランチで出すにはコストが合わないのだと思うのですが・・・、それにしても、こういうレストランに来る人は、そこそこ他店でいいモノ食べてて、舌が肥えてる可能性があり、味がばれちゃう気がします。



■5品目
f0232060_16414553.jpg肉料理は3種から選べます。これは、「エゾ鹿のソテー 香草パン粉をまぶして グリーンペッパーソース」です。








■エゾ鹿、アップ
f0232060_15443934.jpgこれも、決してまずくはないのですが、エゾ鹿の良さ、ジビエの良さがあまり感じられない内容でした。








■6品目
f0232060_164436.jpgデザートの盛り合わせ。

色々と食べれるのはいいと思うのですが、これまでの盛り付けの感じとガラッと変わったなあ・・・(笑)。









知り合いと話をしていた時に、


意外と「3331 アーツ千代田」の存在が知られてないことを知り、


メシクエにもちょっと書かせてもらうことにした。









銀座線「末広町駅」から徒歩1分、JR秋葉原駅からも歩ける距離に、


2005年に統合によって閉校してしまった千代田区立練成中学校を利用した


複合文化芸術施設「3331 アーツ千代田」がある。


f0232060_1634837.jpg
























f0232060_164872.jpg































見た目は、そのまま中学校で、


中に入ると、あちこちに中学校の趣を残したまま、


芸術系の展示やイベント、カフェやショップなどがある。


f0232060_166551.jpg























f0232060_1662479.jpg























f0232060_1665150.jpg























f0232060_1671034.jpg























f0232060_1673040.jpg






























いま、普通に中学校とかに足を踏み入れちゃうと、


家族でもない限り、タイーホになってしまうけど(笑)、


ここは堂々と誰でも足を踏み入れて、ノスタルジックな雰囲気に浸れる。









ちょっとした息抜きや考え事するのに、結構好きな場所。







■「3331 アーツ千代田」
http://www.3331.jp/











■今日のカメ

■「3331 アーツ千代田」①
f0232060_1634837.jpg銀座線「末広町駅」から徒歩1分ほど。JR秋葉原駅電気街口からも7分くらいです。









■「3331 アーツ千代田」②
f0232060_164872.jpg2005年に閉校した千代田区練成中学校をリノベーション。外側はまんま校舎。









■中の様子①
f0232060_166551.jpgカフェスペース。黒板もあります。










■中の様子②
f0232060_1662479.jpgカフェのイスと机は、もちろんコレ!










■中の様子③
f0232060_16122219.jpg窓も広く、ちょっとした打ち合わせや仕事するのに、いいです。









■中の様子④
f0232060_1665150.jpg手洗い場所も残ってます。










■中の様子⑤
f0232060_1671034.jpg学校らしい階段。










■中の様子⑥
f0232060_1673040.jpg連絡ボックスは、いろんなイベントのちらし入れに。









■中の様子⑦
f0232060_16143545.jpg色んな展示ベントをしています。










■中の様子⑧
f0232060_1615825.jpg青い恐竜と赤い恐竜の作品。どちらも青と赤の小さなおもちゃを組み合わせて作られています。









■恐竜アップ①
f0232060_1616955.jpgトーマスとドラえもん発見。










■恐竜アップ②
f0232060_1617163.jpg恐竜の目の周りで、ミッキーが手を繋いでいました。









■中の様子⑨
f0232060_16175925.jpg子供専用の遊び場もあります。










■中の様子⑩
f0232060_16183216.jpg「まばたき写真館」という証明写真マシン。まばたきして目を閉じた瞬間をパチリ。








何事も早いほうがいいと思うので、


ひと足お先に、年越し蕎麦をば。



f0232060_12215644.jpg
































鴨ドーン!!


f0232060_12223056.jpg































成沢家では毎年年末のおせちに気合入れすぎてて、


それでお腹いっぱいになっちゃうので、年越し蕎麦まで到達できないんだよね。









さて、打ち合わせの帰りに、たまたま見つけて、フラッと立ち寄ったのだが、


なかなかサラリーマンいっぱいで混んでたので、


人気店なのかなと思って、家に帰って調べてみると、


色々と、蕎麦ファンの方々から相当叩かれているお店のようで。









虎ノ門にある「港屋」という蕎麦屋のインスパイアらしいのだが、


インスパイアどころか、パクリだという書き込みが多く、


「港屋」を調べてみたところ、行ったことはまだないけど、


確かに、写真見る限り、似てる鴨。









世の中、色々とありますな。


来年は、ゆっくり過ごしたいなあ・・・(願望)。








■「WAG ワグ」
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13167058/











■今日のカメ

■「WAG ワグ」
f0232060_12285615.jpg都営新宿線「神保町駅」から徒歩5分ほど。JR御茶ノ水駅からも歩けます。駿河台下交差点の近くです。









■カウンター
f0232060_12302859.jpg店内の真ん中に設けられた大きなカウンターのみ。カフェのようなオシャレな店内です。









■鴨つけそば
f0232060_12215644.jpg鴨つけそば。880円だったかな。










■鴨そば、アップ
f0232060_12223056.jpg普通盛りでも、大盛りくらいの量があって、ボリュームたっぷりです。鴨もかなりたくさん乗っています。








■つけ汁
f0232060_12325360.jpg具沢山なのはいいですが、つけ汁がかなり甘めで、胡椒が強め。ちょっと苦手。

蕎麦も、鴨も美味しくできていただけに、つけ汁は残念。








アメリカのNYブルックリンをコンセプトとした、


熟成肉ビストロ「BROOK KITCHEN ブルックキッチン」へ。









水色とオレンジのオシャレな店内と、


NYブルックリンで買い揃えているというインテリアの中で、


f0232060_18202889.jpg




























熟成肉をメインとしたカジュアルなアメリカン料理が食べられるお店。


f0232060_1862193.jpg























f0232060_1864580.jpg























f0232060_187567.jpg
























f0232060_1872784.jpg






























老舗和食店やサラリーマン御用達の居酒屋が立ち並ぶ神田では、


異彩を放っているビストロだが、


ちょっと軽く食事しながら仕事の話をするのに適してて、


仕事帰りの若いサラリーマンやOLさんが多い。










正直、熟成肉単体で考えると、熟成肉の良さをあまり感じられず、


各料理も、若干味が強かったり、荒い印象を受ける。


あと、土地柄、仕方がないかもしれないが、割と客がにぎやか。


なので、仕事の会食だったり、ちょっと大事な食事の時には向かないと思うが、


会社の同僚でワイワイ賑やかに飲むには、合っているビストロ。









■「BROOK KITCHEN ブルックキッチン」
http://brook-kitchen.com/












■今日のカメ

■「ブルックキッチン」
f0232060_1821449.jpgJR神田駅西口から徒歩3分ほど。賑やかな飲み屋街の一角にあります。









■店内の様子
f0232060_18202889.jpg店内はすごくオシャレで、神田というより、アメリカンな感じ。









■テーブルセット
f0232060_18225592.jpgテーブルセットはこんな感じ。










■タルタル
f0232060_18234449.jpg「タスマニアンキングサーモンとアボカドのタルタル」(1300円)です。

濃厚なクリーミーソースと、サーモンとアボカドがよく合っていました。






■生ハム
f0232060_182536.jpg秋の味覚の柿と生ハムを合わせた一品。

組み合わせは悪くないんですが、アマレットとオリーブオイルが強すぎて、柿と生ハムの味が分からなくなってました。ちと残念。






■パン
f0232060_18265817.jpgバケットとリエット。リエットは、普通かな。










■カルパッチョ
f0232060_187567.jpg「マダイのカルパッチョ グリーンマスタードソース」(1400円)です。

見たまんまで紫オニオンがやたら多すぎて(笑)、ちょっと困る。マダイが少なめなので、オニオンサラダを食べている感じ。





■バーニャカウダ
f0232060_18321680.jpgバーニャカウダソースがよく出てきて、とても美味しかったです。









■熟成肉
f0232060_1833468.jpg熟成肉は数種から選べます。これは、一番脂の少ないシンタマ(150g3200円)です。

ちょっと硬めで、熟成の旨味があまり感じられなかったかな。








元々あまりうどんが好きではない私が、


今年夏にオープンしたばかりの香川の名店「香川 一福」のうどんを食べ、


あまりに美味しくて驚いた話
をメシクエに書かせてもらったが、


早速、また食べに行ってきた。


f0232060_11495974.jpg




























「好きではなかった人がまた行ってしまう」というのは、


相当なことだと思うが、ここのうどんは、ホント相当だと思う。










ちなみに、前回は恐る恐る1玉にしていて、


今回は、調子に乗って、1.5玉ににしてみたのだが、


1.5玉もチュルッといただけるくらいの美味しさだった。


天ぷらも結構頼んだが、軽くてサクサクで、ペロッと食べれてしまう。


f0232060_11524363.jpg
























f0232060_1155506.jpg






























1つだけ残念なことがあるとすれば、


オープン直後は、テーブルにネギが山盛りで、


大好きなネギ食べ放題だったところ、



それは止めてしまったようで、ネギは最初から適量入ってて、


テーブルにはネギの替わりに揚げ玉になってしまったこと。









それは、まあともかく、相変わらず、美味しいうどんだった。









■「香川一福」
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13185500/











■今日のカメ

■「香川一福」
f0232060_11565370.jpgJR神田駅から徒歩5分ほど。外堀通り沿いの神田司町交差点近くにあります。オフィス街に行列が出来ているので、目立ちます。

ネギ食べ放題が揚げ玉に替わり、ちょっと淋しいカウンター。





■1.5玉
f0232060_11495974.jpg「そのまま」(だし温、うどん冷)の1.5玉を注文。










■うどん、アップ
f0232060_11524363.jpgコシがあって、すごく美味しいうどん。

そして、なんと言っても、この透き通る出汁!一見薄く見えますが、出汁がかなりしっかり効いています。






■天ぷら、ドーン!
f0232060_1155506.jpg「一福」の天ぷらは美味しいので、豪華に色々と頼んでみました。









■天ぷら①
f0232060_1205645.jpg野菜天の盛り合わせ。ピーマン、茄子、ゴボウ、カボチャなど。これだけいっぱいあって、300円しないくらい。








■天ぷら②
f0232060_1221086.jpg鶏天、大好き。柔らかくて、とても美味しい。










■天ぷら③
f0232060_1224767.jpgちくわ天と、前回売り切れで食べられなかった半熟卵天ぷら。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ