人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧



2011年春にオープンしたばかりの西荻窪にある中国茶専門店、


「喫茶去 一芯二葉 (きっさこ いっしんによう)」へ。












中国茶をこよなく愛すご夫婦でやられている喫茶店。


特に、台湾茶に力を入れており、台湾の有名な茶農家へ


住み込みで茶作りをしに行った経験もある、とのこと。











メニューには、台湾茶をはじめ、中国茶、紅茶、日本茶など、


ものすごい種類のお茶が並ぶ。


お茶は、店内でも販売していて、気に入ったモノを買って帰れる。












おススメの台湾高山茶をいただいたが、


青い香りが広がり、味わい深く、とても美味しかった。












私も、中国、台湾マカオに行った時に大量にお茶を買ってきたが、


日本でこういうお茶が飲めるのは、お茶好きとして嬉しい。











そんな話を奥様としていたら、お茶好き同士、話が盛り上がり、


台湾茶の美味しい淹れ方まで教えていただいた。


やっぱりプロが入れると、全然香りの出方が違うなあ・・・。












■「喫茶去 一芯二葉」
http://issin-niyo.forestarium.com/
















■今日のカメ

■ここを入ります。
f0232060_21434079.jpgJR西荻窪駅北口から徒歩5分ほど。バス通り沿いの、この看板の路地を入ります。









■「一芯二葉」
f0232060_2146841.jpg昔、パン屋さんだったところの跡地。奥まったところにある一軒家です。









■店内の様子
f0232060_2148297.jpg静かで、アットホームな店内。席数は少なめ。










■テーブル
f0232060_21485097.jpg1名用のテーブル。小さな書斎机みたい。










■実は・・・
f0232060_21493844.jpg実は、この机、アンティークのミシン台でした。










■アリスの本
f0232060_21504529.jpgアリスが好きなのか、テーブルには、アリスの本や、白うさぎの置物が置かれていました。









■ウエルカムティー
f0232060_21585895.jpgウエルカムティーとして、冷たい紅茶を出してくれます。

この紅茶が、またいい香りで、とても美味しい。







■湯沸かし器
f0232060_21521267.jpg台湾から買ってきて、台湾で実際使われているという電気湯沸かし器で、お湯を沸かします。









■お茶セット
f0232060_21534946.jpg台湾式の本格的なお茶セットです。










■温めます。
f0232060_2155182.jpg受け皿にあふれるくらいお湯を注ぎ、温めながら、蒸らします。









■茶葉
f0232060_2156125.jpg台湾高山茶。
肝心の名前を失念。









■注ぎます。
f0232060_220481.jpgふざけているわけではなく(笑)、本当にこうやるのが正しいそうです。

一旦、ガラスの器にお茶を出します。







■お茶、できた。
f0232060_221129.jpg湯を沸かして、じっくり入れて・・・なので、正直、パッとお茶を飲みたい人には向きません。

心にも、時間にも余裕がある時に、ゆっくりお茶を楽しむお店。ちなみに、左の細長い茶碗は、お茶の香りをかぐためのもの。





■茶菓子
f0232060_2233687.jpgお茶セットのお菓子は、数種から選べます。これは、うぐいすもち。









■教えていただきました!
f0232060_2244379.jpg奥様から美味しい中国茶の入れ方を教えていただきました。









■茶葉
f0232060_2253750.jpg茶葉はこれ。
またお茶の名前を失念・・・。









■茶葉を入れる。
f0232060_226322.jpg中国茶用の急須は、急須自体が小さく、口も小さいので、どうやって茶葉を詰めてるんだろう・・・と思ったら、ちゃんとジョウロのようなものがあるんですねー。







■素早く入れる。
f0232060_2273626.jpgお湯の温度と、抽出時間が大事。素早く、最後の一滴まで出し切る。









■香りを楽しむ。
f0232060_2283090.jpg一煎目のお茶に、香り用の茶碗を入れて、その茶碗にまとった香りを楽しみます。
by meshi-quest | 2012-08-05 08:00 | 西荻窪


友人と昼食で、


久しぶりに、中目黒にある会員制和食「青家」へ。












青家の女将さんは、ちょっと前ににやっていた


ミニストップと青家のお弁当コラボ「幸せごはん」で


よく写真が出ていた青山有紀さんという若い女性。


夜は会員しか入れないが、ランチは誰でも気軽に入れる。












ランチは、野菜を中心とした京おばんさいのヘルシー定食。


野菜メインでありつつも、種類が豊富で、


味付けもしっかりしているので、食べ応えがある。











友人も、私も、前日えらく飲んだり、食べたりしていたので、


そんな翌日のランチには、ちょうど良かった。


美味しくいただいた。













■「どんつきの一軒家 青家」
http://www.aoya-nakameguro.com/















■今日のカメ

■ここを入ります。
f0232060_2111539.jpg東急東横線「中目黒駅」から徒歩12分ほど。ちょっと駅から離れています。

愛川欽也さんの劇場「キン・ケロシアター」
の隣りにある、この路地を入ります。






■「青家」
f0232060_2114397.jpgここだけみると、京都の和食屋さんに来たみたい。










■店内の様子①
f0232060_2116957.jpgテーブルがメイン。2階もあります。










■店内の様子②
f0232060_21164369.jpgカウンターも4席ほどあります。










■水差し
f0232060_21175736.jpgいい感じの水差し。夏ですな!










■京のおばんさい定食
f0232060_21194364.jpg京のおばんさい定食1400円。8種類のおばんさいと、玄米もしくは五穀米、スープが付きます。









■おばんさいアップ①
f0232060_2121539.jpgメインは、豚のしゃぶしゃぶとナッツの胡麻サラダ。









■おばんさいアップ②
f0232060_2123738.jpg左が有機根菜と大豆のラタトゥイユ、右がグリーンマローのピリ辛炒め。









■おばんさいアップ③
f0232060_21244552.jpg手前が人参のマリネ、京のお刺身湯葉。










■おばんさいアップ④
f0232060_2126360.jpg京がんものたいたんと、出汁巻きたまご。

京都では、煮た料理を「たいたん」と呼んだりします。


久しぶりに、麻布十番にある、


お気に入りのカジュアルフレンチ「カラペティバトゥバ!」へ。











これまで長年「カラペティバトゥバ!」でメインシェフをしていた方が独立され、


代わりに、新しく若いシェフがやってきたということで、その料理をいただいた。










今までの「カラペティバトゥバ!」の料理は、


過度な飾り付けをせず、シンプルだけれど、味はかなり個性的であった。












もちろん美味しいのだが、フレンチを食べ慣れていない人には、


正直、ちょっと食べにくい料理もあったと思う。










今回のシェフは、


オーナーが「若いのに、非常にセンスある人」と言うだけあって、


過度な飾り付けをしないシンプルさは継承しつつも、


いい意味で、味付けがオーソドックスで、とても食べやすくなった。












オーソドックスとは言っても、「古い」という話ではなく、


パッと見、シンプルなコーンスープも、


実は、とうもろこしの芯を捨てずに茹でて、煮汁を使い、香りを出したり、


すごく手間暇かけて、丁寧に作っている。











料理だけでなく、音楽だって、ゲームだってそうなんだろうけど、


極めてくると、つい、変わったことをしたくなっちゃって、


下手すると、ユーザーとの間に大きな溝ができてしまう。












ちゃんとユーザーを見ながら、


でも、ほど良く自分のやりやいことや技術を取り入れ、


きちんとサービスをするということ。











難しいけど、大事。


これが出来ているのは、素晴らしい。












■「Quand l'appetit va tout va! カラペティバトゥバ」
http://www5.ocn.ne.jp/~quand/















■今日のカメ

■「カラペティバトゥバ!」
f0232060_2121692.jpg東京メトロ「麻布十番駅」から徒歩5分ほど。ビルの2階にあります。









■店内の様子
f0232060_2141415.jpgいつもはカウンターですが、今日はカウンターが満席だったので、珍しくテーブルへ。









■カウンター
f0232060_215391.jpg予約で満席。










■ケヴェルツトラミネール
f0232060_216546.jpg「カラペティバトゥバ」での一杯目は、コレに決めてます。

「ケヴェルツトラミネール ドメーヌトラペ」。ああ、幸せになる白ワイン。






■コーンスープ
f0232060_220110.jpg冷製のコーンスープ。シンプルですが、すごく香りが良く、甘味も強く、とても美味しい!









■パン
f0232060_2205930.jpg小麦の香りと味がいい、バケット。










■「穴子のマトロート」
f0232060_2233596.jpg穴子を一度揚げて、赤ワインで煮込んだフランス料理です。









■穴子、アップ
f0232060_2253571.jpgコレ、絶品!
通常は、ウナギで作る料理ですが、ウナギよりもさっぱりしていて、とても食べやすかったです。








■紅茶のプリン
f0232060_2262827.jpgアールグレイのアイスと、アールグレイのプリンの組み合わせ。

アールグレイ好きとしては、たまらん味。香りがすごく出ていて、ホント美味しかったです。






■マカロン~夏~
f0232060_228142.jpgこれは、他の人の頼んだデザート。

パッションフルーツを使ったさわやかなマカロン。








■アールグレイ
f0232060_2285496.jpg「カラペティバトゥバ!」では、私が紹介した「ルパレデテ」のアールグレイを使ってくれています。

香りが良く、食事の邪魔をしない、美味しいフランスの紅茶です。


横浜で打ち合わせがあったので、


その帰り、数年ぶりに、我が生まれ故郷・蒲田へ立ち寄る。











昔、ママやおじいちゃんとよく行った、


蒲田界隈で地元の人に愛され続けているとんかつ屋「鈴文」へ。











見ていないので、詳細は分からないが、


NHKでやっている連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の舞台が蒲田らしく、


おばちゃんから「梅ちゃん先生」の話をされる。










蒲田と言えば、ちょっと前に、


逃走を続けていたオウム真理教高橋容疑者の最後の潜伏先として


あまり良い形ではなく全国に名前が知れ渡り(苦笑)、


ここで生まれ育った者としては、なんだかなあ・・・という感じだったが、


NHKによって、蒲田が今度は良い形で知ってもらえれば嬉しい。











鈴文の大将は、かなり年は取られていたものの、


とんかつを揚げる腕は衰えておらず、


レア気味のジューシーなとんかつは相変わらず美味しかった。













■「とんかつ 鈴文」
http://r.gnavi.co.jp/e321200/















■今日のカメ

■「鈴文」
f0232060_1413916.jpgJR蒲田駅西口から徒歩5分ほど。東京工科大の横にあります。









■店内の様子
f0232060_143836.jpgカウンターメイン。お店をリニューアルされたようで、昔よりキレイになっている気がします。









■大将
f0232060_144406.jpg寡黙な鈴文の大将。お元気そうで良かった。










■特ロース定食
f0232060_1454746.jpg昔から、この特ロースか、ヒレかつのどちらか。気分で決めてます。

今日は、特ロースで。2100円也。







■特ロース、アップ
f0232060_1481595.jpgほんのりピンク色。こんなに厚いのに、やわらかくジューシー。
by meshi-quest | 2012-08-02 08:00 | 蒲田


中野に詳しい方に案内され、


中野にある「もつやき専門店 カッパ 本店直営店」へ。











中野界隈では、有名なもつ焼屋。


オール1串100円で、安く食べて、飲めることで人気だそうだ。











いわゆる、大衆居酒屋。


暖簾をくぐって、年季の入った大将の顔が・・・と思ったら、


中には、中国人のかわいらしい女の子が2人だけ。











きっとこれから大将が奥から出てくるんだろうと思って、


もつ串を注文すると、なんとその女の子が塩を振り始めて、


焼き場でもつを焼き始める。











塩は赤いキャップのよくある食卓塩で、振り方もちとぎこちない。


しかも、焼くのはカラフルなマニキュアを塗ったお姉ちゃん。


正直、こりゃ期待できないな・・・と思っていたのだが、


出来てきた串を食べてみて、「あれ、意外と食べれるw」。











ちゃんとした焼き鳥屋で食べるような味ではないが、


100円でも臭みなく、ちゃんと火加減もいい感じの串が出てきた。











へー、中野は奥が深いな。
















■今日のカメ

■「カッパ」
f0232060_0164980.jpgJR中野駅北口から徒歩5分ほど。中野ブロードウェイ横の飲み屋街にあります。









■店内の様子
f0232060_0571434.jpg中国人のかわいらしいお姉ちゃん2人で切り盛りしていました。焼きもお姉ちゃんがやります。









■メニュー
f0232060_0583095.jpg1本100円のもつの串焼きメインで、もつの種類は豊富です。それ以外のメニューは少なめ。









■烏龍茶
f0232060_103183.jpg喉が渇いたので、まず烏龍茶。

こういう時に炭酸飲めないのは不利だなあ。ビールで一杯ができない。







■ハツとカシラ
f0232060_10617.jpgちゃんとうまく火が入っていました。これで100円なら十分。









■トロ
f0232060_144743.jpgトロ(直腸)です。これはタレで。










■おしんこ
f0232060_16418.jpgおしんこは、ちょっとイマイチかな。しかも、串が100円なのに、これは200円。
プロフィール
ゲームプロデューサー
成沢 理恵
「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる㈱スクウェア・エニックスを経て、 現在、ちゅらっぷす株式会社取締役、兼、ゲームプロデューサー。

ヒマさえあれば、国内、海外を食べ歩き、遊び歩く、生粋の遊び人。

その経験は、ゲームづくりにも活かされている、はず……。
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
お知らせなど
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ